家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第1077回「身近にいる野生動物」---【東京のドングリを北陸地方に送り、ツキノワグマのいる山奥に置いて行っても大丈夫なのか?】
2010年11月06日 (土) | 編集 |

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「身近にいる野生動物」です。実家にいたとき、家のそばに山があったので、庭に季節ごとの鳥が遊びに来たりしていました。他にもヘビが出たり、猿がきたりもしたことがありますが…友達は、深夜イノシシが出るから危ない、と言ってたこともあります。ほうじょうが今いる所は、あんまりそういった動物は見かけませんがこの前ハトとスズメが落ちてい...
FC2 トラックバックテーマ:「身近にいる野生動物」



ハトは見かけますが、スズメは少なくなったような気がします。
カラスもあまり見かけないかなぁ。
今年秋になって「多いわ」と思うのは、カメムシ。(7mm四方くらいの)
異常に多いです。我が家の周りに変な風に繁殖している雑草が原因かとは思うものの、
あまりに数が多い。

以前は、家からちょっと離れたところに昔の武家屋敷跡の森があり、そこのお堀跡の斜面にキツネが住んでいて、たまに見かけました。向こうは、私とうぴし(以前いた愛犬)の「射程距離」に入らないよう、サッサッサッと遠ざかったものです。
でも、森の木が伐られてから、キツネは姿を見せなくなりました。

....................................................

ちょっと考えたこと。

ツイッターでフォローしている複数の方々の情報で知ったのですが、
都会の公園のドングリを地方の山に送って、熊に届けて食べさせ(熊は食べるのかな?)、
冬眠までに体力をつけさせて、なんとか、熊(ツキノワグマ)を守れないか、
という活動があるそうです。(終了しているところもあるかも)
そういう考え自体には賛成なのですが、(それ以前に熊が出たと言っては射殺・殺すというのが多過ぎ(今年に入って全国で2000頭以上だそうです(10月27日テレ朝報道ステーションより))、
都会のドングリを遠く離れた地方の山に・・ということは本来の自然界ではあり得ないでしょうから、私はちょっと心配だな・・気になる、と思って見守っていました。

ツイッターで、「東京のドングリを石川に送りました」というのを見かけました。
で、偶然、「都会のドングリを地方の山に散布することの環境への影響」というような主旨の題名のrdfファイルを発見。
”北陸地方のドングリと例えば東京のドングリでは、微妙に遺伝子が違う”
というようなことが書かれていました。

rdfファイルと下記の”山へのドングリ散布への疑問”は、
ブログ:「Bellの日常」様で知りました。
「Bellの日常」の管理人様のご意見も書かれています。
そうです・・管理人様のおっしゃるとおり、両者とも、熊を保護していきたい、熊が生息できる環境を保ちたいという思いは一緒だと、私も思います。

「山へのドングリ散布」に慎重派のサイト。
「月のツキノワグマ研究所」
エコツーリズムの環境集団

.................................................

私自身が、ドングリの実や熊に関して、無知だということに気づきましたね・・。

電気も無くてスーパーや便利なホームセンターもなく、
そういう世界で生きていかざるを得ないのなら、山の方が動物や木の実も豊富で、
山の中に住んで、いろいろ、嫌でも知識が身に着くでしょうねぇ・・。
もちろん、そんな生活を送るのは大変だから、こうやって平地で私は生活しているんだけど。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック