家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


修羅場
2010年10月20日 (水) | 編集 |


そういえば、椎名林檎の歌にも「修羅場」ってあったような。

きのうの夜11時~11時45分くらいまでは、我が家は修羅場でした。
修羅場?そうそう。文字通りの修羅場。

きっかけは、私が電子署名した、環境保護団体のグリーンピースの人からの電話でした。
政府のお金に頼らず活動しているので、ひと月1000円でも、お願いできませんか、
という話だった。
もちろん私は最初からその方の話を信用しているわけはなく、グリーンピースのHPをよく見てみたり、・・・でもなぁ・・クレジット・・。
ダンナにその事を話したら、一言も発せずとても嫌な顔をしていました。

(そりゃダメに決まってるよな。
私クレジットとか面倒なことではなく、自分の貯金の郵貯からだったら大丈夫、郵貯からの引き落としは取り扱っていないと言われたら、じゃあ現金書留で一年分の1万2千円を送ります、と言おうと思っていた。)

きのうは、ダンナはものすごい機嫌が悪かった。こわい・・こわいよ~。
でも、理由が全く分からんな、と思ってダンナに、
「ねえ、今日機嫌悪くない?何か会社で嫌なことがあったとか?」と聞いたら、会社じゃない、

私が「あのさ、言いたいことがあったらはっきり言わないと分からないんだよ」というと、
「グリーンピースみたいな、あんなシー・シェパードのジャンキー野郎みたいのに何で、ウチが寄付しなきゃならないわけ?」と、今まで私が見たこともない嫌な顔で言う。「そんなものにクレジットカードなんか使われちゃたまったもんじゃないわ、っったく。」と。
私;「あ、だからね、私は郵貯引き落としか現金書留がいいと思ってるんだけど、それでもダメなら、寄付は諦めるから」と言ったら納得していたようだ。

これからが、説明すると長くなり過ぎるので端折ります。

この話をきっかけに普段のことについてもああだこうだと話が移り、
私は「ふんふん、そうか」と、冷静に聞いていました。
ダンナは怒り狂って自分の箸を手で折ってしまい、 流しに投げつけたわけですが・・・
「な、なんで?」と思いながらも私は至って冷静で、普通に片つけました。
で、その後私は母のところへ行ったのですか、今度は台所の箸ほとんどが手でへし折られていました。
床にもこぼれてたし。。足に刺さるし拾ってたら手の爪の間にも刺さるし・・けっこうな量の破片でした。10時15分くらいでダンナはもう寝ていましたが、やむ終えずその部分だけ掃除機を出してきて吸い取りました。
そしたらダンナが!すごい勢いで「いいかげんにしろ!オレは犬や猫じゃないぞ!」、
と言い出して、起きて来て、掃除機をガンガン投げつて壊しました。スゴいホコリ。

参りました・・。私に、「この家は自分が支配したいんでしょ」「オレが何か言っても、”でもさ・・”ってすぐ否定するし。(それはあなたが断言型で私を見下しているからだからです)」
私のことを指差して何回も「あ・ん・た・が・ね!」と言われたのでかなり凹みました。
翌朝だったか、「自分も言いすぎた」みたいなことが書いてあったが、私はもうダンナとはうまくやっていけないと決定的に思ってしまった。手紙は捨てた。
ダンナは私とは違い小さい頃からお金持ち家庭で育った。バブルの頃、自分で稼いだお金とはいえ四百万の車に乗り、次が約350万。今の車は230万。(200万円は向こうの親と私の親両方に出してもらっています。)私は、どこのメーカーでもいいから安い大衆車で十分だと思っていた。それにバイクも所有している。
なんでさ、私の、月1000えんのグリーンピースへの寄付がいけないんだろうな。

母は、「ゆうこがうまくダンナをおだてて円満にやっていけばいいじゃん」と言います。
何で、私が負担するだけなの?
妹がちょうどきたので話しましたが、妹は、それでもダメならしょうがないと言っていました。
(妹は離婚暦ありです。そういう人は珍しくありませんね)
いずれにしろ今何か行動を起こすわけには行かないので、とりあえず我慢します。
離婚しないという手もあるでしょう。
しかし人生は短いのに、「ああ我慢してるな」と自分で感じたら、お互い不幸です。
なにも無理をすることはないと思いました。
&、健康第一でないとなりません。


長いわ。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/08(水) 06:43:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック