家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「もし私がヒロシマとナガサキのことを予見していたら、1905年に発見した公式を破棄していただろう」(アインシュタインの言葉)
2010年10月18日 (月) | 編集 |
オバマ大統領は今年9月、核実験を行いました。
そしてオバマ大統領は昨年、ノーベル平和賞を受賞しました。

ブログ記事のタイトルは アルベルト・アインシュタインと日本2005年02月28日(月)
中澤英雄さん(東京大学教授・ドイツ文学)の論文から引用しています。

サイト:「萬晩報」より。)


以下、asahi.comより、転載。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

米が9月に未臨界核実験 オバマ政権下で初、ネバダで
2010年10月13日10時5分

【ワシントン=望月洋嗣】米国が核爆発を伴わない未臨界核実験を9月半ばに実施していたことが12日、分かった。実験は2006年8月以来4年ぶりで、「核のない世界」を提唱するオバマ政権下では初めて。オバマ大統領には核廃絶の主導役として期待が高く寄せられてきた中で、国際的な批判も出そうだ。

 米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)の発表によると、実験は「バッカス」と名付けられ、原爆開発でも知られるロスアラモス研究所が9月15日、ネバダ核実験場で実施した。核分裂連鎖反応が起きない量のプルトニウムに爆発の衝撃を与え、その動きを調べる内容で、核爆発は起きなかったとしている。データを収集し、保管中の核兵器が爆発事故を起こさない「安全性」や、実際に使う時に設計通りの破壊力が出せる「信頼性」を維持することが目的だという。

 オバマ政権は、安全保障上の核兵器の役割を縮小するとし、ロシアとの新たな核軍縮条約の早期発効や核テロ対策などに力を注ぐ。ただし、核兵器が存在する限りは現在の核戦力を維持する方針も明確にしており、核関連設備の近代化や管理体制を強化するために関連予算を増額していた。あらゆる核実験を禁じる包括的核実験禁止条約(CTBT、未発効)の批准を目指す一方で、未臨界実験は同条約に違反しないとの立場だ。

 だが、未臨界実験は、核兵器の廃絶を目的とするCTBTの精神に反し、同条約の空洞化につながるとの批判は根強い。また、核爆発が本当に起きていないかどうか、地上から検証することは難しく、そのことに懸念を表明する国も多い。

 米国はクリントン政権下の97年に初めて未臨界実験を実施し、今回は24回目。ブッシュ前政権は10回行った。NNSAは今後の実験計画について「実施の際には公表する」とだけコメントした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

「未臨界核実験」については、私でも分かりやすい説明文がありました。

2000年9月14日付の「しんぶん赤旗」より。

こちら → 未臨界核実験とは?

> データを収集し、保管中の核兵器が爆発事故を起こさない「安全性」や、実際に使う時に設計通りの破壊力が出せる「信頼性」を維持することが目的だという。

「実際に使う時に」??
去年、チェコのプラハで『核兵器のない世界』を謳ったのは何だったのか、オバマ大統領。

> ただし、核兵器が存在する限りは現在の核戦力を維持する方針も明確にしており、核関連設備の近代化や管理体制を強化するために関連予算を増額していた。

これも、”ノーベル平和賞受賞”が聞いて呆れてしまうな・・。

しかし未臨界・・。私にはあまりよく分からないのだが、うっかりするとアメリカ側の「もっともらしい」言い分に「そうかそうか」と理解を示してしまいそうな自分がいる。
だけど、≪高性能の爆薬を起爆剤に使い、その衝撃波をプルトニウムに当て≫、・・・
やっぱり、核実験だな。

オバマさんは、ノーベル平和賞を受賞するに値しなかったのではないか。
そんなこと去年の段階でノーベル賞委員会も分からなかったのかな。
見切り発車だな。「少しでもマシ」だからと?でも核実験はレベルが違う。

私はオバマさんの平和賞受賞を懐疑的に捉えていた。
だって、あのアメリカがだよ、そう簡単に『核兵器のない世界』を実行できるかな、と。
絶対にできない、とまでは言わない。でも相当長い年月がかかるだろう。
今年受賞が決まった、中国の民主活動家の劉暁波(りゅう・ぎょうは)さんと違うのは、
「真剣さがあるかどうか」。
オバマ大統領には、切羽詰った真剣み、
核のない世界を是が非でも実現したいという強い意志が感じられない。

.............................................................

朝日新聞2010年8月31日付「天声人語」より、抜粋、転載。
================================
<八月五日(日)晴れ>。
少女の日記は<明日からは、家屋疎開の整理だ。一生懸命頑張ろうと思う>と結ばれている。
13歳。原爆で亡くなる前日だった。平和と安穏を求める8月の言葉から
▼広島の平和記念式に米国大使が初参列した。
東京都に住む被爆者、野村秀治さん(78)は「行動」に期待する。
「見たいのは、『核のある世界』の幕を開けた米国が核廃絶の先頭に立って行動する姿です。
その時、私は初めてあの国を許せる

========================================転載終わり。
(下線・文字着色は私)(すみません、文字訂正:(誤)膜を空けた → (正)幕を開けた)

「町田稲門会」というサイトに、野村秀治さんのことが載っています。
その中の、第2回サロン・ド・町田リポートという記事(2007年9月17日付)中より。
(野村さんは)”自身は広島の原爆爆心地から3・5キロの至近距離で被爆、爆心地そばの病院に入院中だった祖母と弟さんが犠牲となった”


(予約投稿です)


コメント
この記事へのコメント
「核なき世界」は真っ赤なウソ?
 こんにちは。

 先月臨界前核実験を行ったアメリカ、オバマ政権になってから初めての核実験と言いますから、世界に与えた衝撃は大きいでしょう。

 プラハで宣言した「核なき世界」はウソだったのか? と批判されておかしくありません。他国に核放棄と謳いながら自分たちは核実験する。ダブルスタンダードに他ならないし、国際社会からの批判は避けられないです。

 困ったことにアメリカはCTBTに批准しておらず、未臨界実験はCTBTに違反しないとしてますが、明らかに屁理屈です。オバマ政権は批准を目指してるけど、国内の反対派(共和党議員の一部や大半の退役軍人か)を考慮して二の足を踏んでいるのでは? と思います。

 核なき世界を掲げながら自分たちがやっては国際社会に示しが着かないのは百も承知だし、そんなことでよく北朝鮮やイランを批判できるなと言われて当然ではないでしょうか。イランに関しては「これがアメリカの本性だ」と言いそうな気が・・・? アメリカやイスラエルに対して過激発言ばかりするアフマディネジャド大統領のことだからこう言いかねないし・・・。

 今回の核実験強行に一番怒っているのは、広島と長崎でしょう。
2010/10/19(火) 15:14:55 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
アジシオ次郎さん、コメントありがとうございます!
☆アジシオ次郎さん、こんにちは。(v-279雨です~)

> 困ったことにアメリカはCTBTに批准しておらず、未臨界実験はCTBTに違反しないとしてますが、明らかに屁理屈です。オバマ政権は批准を目指してるけど、国内の反対派(共和党議員の一部や大半の退役軍人か)を考慮して二の足を踏んでいるのでは? と思います。

それは私も、そう思います。
「核なき世界」ならば、まずCTBTに批准するべきなのに、
ノルウェーのノーベル賞委員会は何をやっているんだ、と、言いたくなります。
あと、アメリカでは景気がずっと悪いから、ここら辺で未臨界実験をして、
「オバマもけっこうやるじゃん」的なことを国民に見せたかったのでしょうか。
(そんな風には思いたくないですが・・)

> そんなことでよく北朝鮮やイランを批判できるなと言われて当然ではないでしょうか。

私もアジシオ次郎さんに同意です。
自分(アメリカ)は持っていてもいいけど、あなた達はダメです、
なんていう理屈は通らない、と、ごくごく一般常識的に思うのですが、
アメリカの偉いおじさん達(オバマやその他)はそうは感じないのでしょうね・・。

>  今回の核実験強行に一番怒っているのは、広島と長崎でしょう。

そうだと思います。
実際に、生身の人間や動物がいる場所へ核攻撃を受けたのですから。
頭上に放射能が降り注いで、後から被爆地に入った人まで、
それによって亡くなったり後遺症に悩まされています。

ブログ本文にも書きましたが、東京に住む被爆者の野村秀治さんの、
「見たいのは、『核のある世界』の幕を開けた米国が核廃絶の先頭に立って行動する姿です。その時、私は初めてあの国を許せる」
という、この言葉ほど心に重くのしかかる言葉はないと思いました。
特に、「その時、私は初めてあの国を許せる」という部分です。
それは、私の夢でもあります。
私が生きている間に核のない世界を実現することは、
原子力発電の問題もあるし、これは容易ではないでしょう。
でも、「声を上げても無駄」だ、という風にはなりたくないです。
現に自分も原子力発電の恩恵にあずかっているのだから、
考えなければ、そして、できる範囲で行動を、と思っています。
アジシオ次郎さん、ありがとうございます。
2010/10/21(木) 16:45:43 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  ノーベル平和賞を受賞していたオバマ大統領のアメリカによる核実験が行なわれました。 すでにノーベル平和賞を無駄にしていたオバマ大...
2010/10/21(木) 00:16:14 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室