家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アニマルライツ(動物の権利)について、考えること---(ツイッターより) 〔2〕
2010年09月19日 (日) | 編集 |
①key5_0412 単純な疑問なのですが、イワシやサバの場合はどうなのですか?個人的には人間の感情移入度合いに影響されてるように思うのです。なので犬や猫の虐待など大反対ですが気になってます @JOY_SEVEN: RT @vegetarian_kei: 【あなたはイルカを殺せますか?】
6:07 AM Sep 14th Twitter for iPhoneから

vegetarian_kei 殺さない方が良いじゃん。単純~~ RT @key5_0412: 単純な疑問なのですが、イワシやサバの場合はどうなのですか?個人的には人間の感情移入度合いに影響されてるように思うのです。なので犬や猫の@JOY_SEVEN@vegetarian_kei【あなたはイルカを殺せますか?】
6:23 AM Sep 14th ついっぷるから

JOY_SEVEN 難しい問題ですね。本来は命を犠牲にしてはいけないでしょうね。私個人の考え方としては、全部やれたらいいけど、痛みや怖さを感じる動物をせめて救えたらと。 RT @key5_0412: 単純な疑問なのですが、イワシやサバの場合はどうなのですか?
9:40 AM Sep 14th モバツイから

④key5_0412 それは新しい視点でした!1つの回答のように感じます。ありがとうございますRT @JOY_SEVEN: 全部やれたらいいけど、痛みや怖さを感じる動物をせめて救えたらと。 RT @key5_0412: 単純な疑問なのですが、イワシやサバの場合はどうなのですか?
11:12 AM Sep 14th Twitter for iPhoneから

⑤vegetarian_kei ライオンと自分とを比べようと思った事なんてないもん。ライオンが人間だったら菜食を勧めるね。@key5_0412その場合、肉食動物はどう思われますか?シマウマを食べるライオンなどです。議論しかけるつもりはないんですが、ずっと気になってたことなので伺いたいです。@JOY_SEVEN
5:19 PM Sep 14th ついっぷるから

⑥vegetarian_kei 焼肉屋なんて近くにあったら迷惑すぎて最悪ですよ!!動物の火葬場があるのと同じ。気持ち悪い。何も考えてない人は平気かも知れないけど・・・・・・・・焼肉すごい http://bit.ly/aywAY8 ←音に注意!
5:01 AM Sep 15th ついっぷるから

上から、古→新 の順です。(①~⑥まで番号を振ったのは私です)
気になったツイートを転載して、動物愛護について自分で考えようと思いました。

①、②:イルカ漁は静岡でもあるらしいが・・
「key5_0412」という人の質問「イワシやサバの場合はどうなのですか?個人的には人間の感情移入度合いに影響されてるように思うのです。」は、新鮮だった。イワシやサバも、イルカと同じく海で生きてるし。

③の JOY_SEVEN さんの答え。「本来は命を犠牲にしてはいけないでしょうね。」には、
考えさせられる。「命」ということでは、私が今着ている綿100%のシャツも、元は命だから。麻(リネン)も、そうだし。人間がつるつるした肌になってから、衣服は切っても切り離せない。
シルク(絹)は蚕に繭(マユ)を作らせる。
「自然のまま」ではなく、人間の都合で蚕を働かせることになるし。

④「痛みや怖さを感じる動物をせめて救えたらと。」
イワシやサバは、痛みを感じるのだろうか。そんなこと考えてもみなかった・・。

⑤「ライオンが人間だったら菜食を勧めるね。」という答えは、なかなかユニークだな。
私だったら、「そんなのありえない」とだけしか、言えないかもしれない。
そして、人間は世界の人全員が肉を食べないでも生きていけるか?とか、もしそうなったら、生態系は?とか考えてみた。うーん・・・。むむむー、だね。
全く自然のままに任せれば、「先進国」なんてひ弱だから、人口が減るだろうな。

⑥リンクしてあるのはYOUTUBEで、撮影場所が日本か外国かどこかはっきりしないが、
屠殺場での、牛やおそらく羊の、最期の場面も映っている。
これを見ると、料理の材料としてスーパーから肉を買ってきて使い忘れてダメにする、
なんてことは絶対出来ないと思った。

リンク先の緑虫さんのブログ記事を思い出しました。
『蒙古単車紀行譚』、モンゴルの知られざる面が書かれています。必見。面白いです。)
モンゴルでは、自分の家で羊を解体して食べるのは日常なのだそうです。
「夕暮菜日記」の2008年8月29日付の記事を紹介します。
『蒙古単車紀行譚8/19-1』をぜひ、ご覧下さい。
屠殺場の牛や羊の映像を見てからこれを見ると、また違うなぁと自分で思いました。
(注意:生きている羊が解体される様子です。いきなり「残酷」な場面ではないですが、
生きている状態の羊の画像は一枚で、あとは解体の様子が写されています。
動物の解体などが苦手な人は、見ないほうがいいと思います。)

動物愛護については、私は毛皮のことを書いてきましたが向き合うのがつらくなり、
そのままです。
「キムン・カムイ」というアイヌ言や、北海道のヒグマを思い出します。
イギリスの近衛兵の帽子(クマの毛皮)とか。また、書こうと思います。


コメント
この記事へのコメント
価値観の押し付け
 こんにちは。

 動物愛護を掲げ、動物の権利を掲げる考えですが、ただ自分たちの価値観を押し付けているとしか言えませんね。PETA(動物の倫理的扱いを求める人たちの会)を見たら。

 毛皮を着ている著名人に赤インキをかけたり、ファーストフードチェーンの前で抗議したりと過激なパフォーマンスで批判し、肉食をやめて菜食主義になろう。なんてこれは動物愛護と言うよりも価値観の押し付けに他ならないです。捕鯨問題にもいえることですが。

 動物の命を奪いたくないから菜食主義になれ、だったら植物の命は何なのだ? 動物の命を思いやる反面植物の命はどうでもいい、それでよく菜食主義者を名乗れるな。です。動物も植物も同じ生物なのに。
 人間は生きる為に他の生物の命を奪うという「原罪」を背負っている以上、自分たちの価値観を傘に他人や他国の食文化を否定すること自体間違ってます。

 動物愛護はいいことだが、だからと言ってそれを利用して肉食をやめろ、菜食主義者になれ、毛皮を着るな。単に自分たちの価値観を他人に押し付けて自分たちこそ正しい! と主義主張を押し付けたいだけのワガママな考えでしかありませんから。これがまた動物愛護のイメージを悪化させていることにもなりますし。
2010/09/21(火) 14:57:26 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
アジシオ次郎さん、ありがとうございます!
☆アジシオ次郎さん、こんにちは。
いつもコメントをありがとうございます!(^o^)

>  動物愛護を掲げ、動物の権利を掲げる考えですが、ただ自分たちの価値観を押し付けているとしか言えませんね。PETA(動物の倫理的扱いを求める人たちの会)を見たら。

必ずしも、「ただ自分たちの価値観を押し付けているとしか」とも、
私は言えないのですが、PETAについては、
毛皮というとすぐ自分たちが裸になりたがるのは困ったものだと思います。
あれでは、裸になっている人だけに目が行ってしまっています。
それを本人達が気づいていないという、痛い感じが出てしまっています。

>  動物愛護と言うよりも価値観の押し付けに他ならないです。捕鯨問題にもいえることですが。

過激なパフォーマンスよりも、例えば「無駄な毛皮製品を減らすにはどうしたらいいのか?」を考えてほしいのですが、シー・シェパードもそうですが、
一歩間違うとあの人たち(PETAのような)は「アングロサクソン系のジャンキー野郎」に見えてしまう・・と感じます。(ちょっとひどい言い方ですが)
捕鯨問題も、「調査捕鯨」というのをイメージ的に曖昧にしている日本も良くないと思いますが、(シー・シェパードはそういうところを突くんですよね)
昔からの海沿いの地域の食文化である食用鯨をターゲットにした映画『ザ・コーヴ』などは、
何か勘違いな批判作品だと思います。

>  人間は生きる為に他の生物の命を奪うという「原罪」を背負っている以上、自分たちの価値観を傘に他人や他国の食文化を否定すること自体間違ってます。

それは言えていると私も思います。

>  動物愛護はいいことだが、だからと言ってそれを利用して肉食をやめろ、菜食主義者になれ、毛皮を着るな。単に自分たちの価値観を他人に押し付けて自分たちこそ正しい! と主義主張を押し付けたいだけのワガママな考えでしかありませんから。これがまた動物愛護のイメージを悪化させていることにもなりますし。

明らかに「それを(動物愛護を)利用して」いる人もいるかもしれませんが、
私は、「動物にも生きる権利は当然ある」と思っています。だからこそ、
「単に自分たちの価値観を他人に押し付けて自分たちこそ正しい!」となってしまうと、
不毛な議論になってしまうと感じます。
それでは逆に動物を「野蛮な」(私も含めて)人間から救うことは出来ないです。

ちょっと元気のない私でしたが、アジシオ次郎さんのコメントでスイッチが入りました。
アニマルライツについて、続きを書こうと思います。
アジシオ次郎さん、ありがとうございます。
2010/09/21(火) 17:19:18 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック