家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1945年8月9日午前11時2分、アメリカ軍は長崎に核攻撃をしました。
2010年08月09日 (月) | 編集 |
原子爆弾のことを話すときに、
「広島と長崎に投下された。」と、表現する場合が多いと思う。
それは正しいと思う。
でも今日は敢えて、「核攻撃」という言葉を使った。

アメリカ人の中には、「原爆投下は正しかった」「戦争を早く終わらせた」
と思っている人が少なくない、という。

『超左翼おじさんの挑戦』というブログ(管理人は松竹伸幸(まつたけ・のぶゆき)様)の、
「長崎原爆資料館にて」 という記事を拝見したのだが、
そこで、"オーストラリアの捕虜として幽閉されていた被爆者の証言"が取り上げられている。
長崎の収容所で被爆したオーストラリア人捕虜でさえ、
"原爆は必要だったと証言する"のだ。
私は、このことを初めて知った。そして、ショックを受けた。

松竹さんはブログ記事の中で、「被爆した人の中にも、そう感じる人がいる。その現実を受け止めて、核兵器の問題を語らなければならない。」と書いている。

あの時、日本軍や日本政府がもっと早く戦争をやめていたら、
アメリカに降参していたら、原爆は投下されなかったのだろうか。
そういうことは以前から考えていたのだが、捕虜になり被爆した人の話を知り、
また考える。

私は今日も、怒りをもって、黙祷します。



コメント
この記事へのコメント
原爆の日に思うこと
 こんにちは。

 今日長崎で行われた平和式典、田上長崎市長は、改めて核保有国のリーダーに「核のない世界」を強調し、日本政府に対して核廃絶に向けてリーダーシップを取るべきだと協調しました。

 32カ国の代表が出席したくらい、世界が核廃絶に同調する動きが高まってますが、広島の式典に参加したアメリカは参加しなかったことについては「アメリカは核をなくす気があるのか?」です。去年オバマ大統領が「核なき世界」を演説したのにも関わらず、です。

 未だに「原爆投下は正しかった」「戦争を早く終わらせた」というアメリカ人の考えには「『勝てば官軍』の名の下に戦争を正当化している」です。アメリカ人にとって残酷だと思うのはナチスによるユダヤ人虐殺ぐらいですか? アメリカは相変わらず、戦争を商売と自国の正義と価値観を振りかざす道具としか見てないのでしょうか。ただイラクであれだけ裏目に出たからその考えも薄らいでるけどね。
 戦争を正当化し一般市民が何万人死んでも戦争を正しいとする考え、だから中東などでアメリカは嫌われるのではないでしょうか? 記憶に新しいイラクでのブッシュに対する靴投げつけ事件は、イラクにおいて未だ反米感情が高いことを証拠付け、イラク人のアメリカに対する恨みつらみが深いことを感じました。それでもアメリカはイラク戦争を「独裁者サダム・フセインを倒してイラクに自由をもたらした」だけ後世に教えるんでしょう? その後統治政策で失敗してテロや宗派対立の絶えない状況にしたのに。

 すいません、原爆がテーマなのに、戦争を美化するアメリカの価値観及びイラクとアメリカの関係に持ってしまって、広島、長崎両被爆地の犠牲者全てに今日私も黙祷を捧げたいです・・・。2度と核兵器を許してはいけない、今核疑惑の最中にある北朝鮮やイランも核の愚かさを知るべきです。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来てくださいませ。ちなみに勝手ではありますがリンクさせていただきましたので、これからもちょくちょく遊びに期待と思います。
2010/08/09(月) 16:11:16 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック