家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地域の消防団は本当に必要か----消防団のあり方を考える
2010年07月01日 (木) | 編集 |
いつもこのブログを読んでくださるみなさま、ありがとうございます。
アクセス解析を見ていて検索キーワードでコンスタントに入ってくるのが、
「消防」です。「消防 勧誘」「消防 不要」とか。
以前、消防団についての記事を書いてから、です。
私自身は、「消防団が不必要」とは言い切れません。
しかし、おかしいところはあるんじゃないかな・・・と、感じています。
(追記:タイトルを『地域の消防団は本当に必要か』から、
『地域の消防団は本当に必要か----消防団のあり方を考える』に書き直しました。)

私の悩みの種は、夫が入っている地域の消防団にもある。

夫は「誘われてやむを得ず」入団したのか、「地域のことを何かしなきゃ」
という"使命感"(?)なのか、よく分からない。
問題は、私が迷惑を被っていることだ。

本職の消防無線でのやり取りが入ってくる無線機が家の中に置いてあり、
やり取りが聞こえてくる。
私は音にはとても敏感なので辛いのだが、使命感に燃えている夫は帰宅後、
日曜日と、無線を自分のそばに置いている。
で、サイレンなんか鳴ろうものなら、一目散に自転車に乗って詰め所に行くのだが、
よく分からんのは、じゃ、何のために本職の消防士がいるんだ?ということ。

「準公務員」ということで、報酬が支払われている、とネットで調べてみるとそのように書いてあるのだが、報酬は支払われてないよ。
地域の「団」には支払われてるんだと思う。あと、1軒1軒で集める消防費。
だけど、個人的には何ももらっていない。
むしろ、「補助金が少ないから」とか言って、旅行に行くお金は自分で積み立てろ、と。
お金がかえって家から出ているぞ。
だったらどこぞの会社のようにダラダラ会議をしないで飲み会なんぞやらないで、
ペットボトルのお茶1本飲む時間で済むだろうが、会合なんてさ。
うちの地区は少ない方で会合は月一回だけ。だから良い方なんだろうけど。

確かに、なんでもプロに任せてしまうよりも、そういう会合があると、地域で顔の知らない人ばかりではなく横のつながりが出来るだろう。それは、いい事だと思う。
しかしね、それと消防団が必要か不要かというのはまた別の問題じゃないか。

そして、またまたよく分からんのが、消防団の「操法大会」というものだ。
この前、CATVで私の市のある地区の操法大会出場の結団式(?かどうかは分からないが)の模様を放送していた。団長さんなのか役員さんか、高校野球の「選手宣誓」みたいな、ちょっと軍隊式とも思える挨拶をしていたのだが、・・・・「何この軍隊式みたいな言い方」と思った。
夫が消防団に入る前は私は関係ないと思ってぼーっと見ていたが、なぜいちいち軍隊式?
かなり奇異な感じで、笑ってしまう。
まあ、そりゃいいとして、
火事が起きたら本職が消しに来るのに、消防団のあのポンプ車は必要あるのか?
というのを考えてしまう。維持費もエライかかることだろう。
私は、よほど交通の不便な山中や離島でもない限りポンプ車は必要ないのでは、と思う。
:ちょっと追記。
ここで言いたいのは、「ポンプ車は、操法大会のためにあるの?」
「操法大会のためのポンプ車ならば、必要ないのではないか」ということである。

火事よりも、高齢化が進んで突然の心停止とか、そういう時にどうしたらいいのか、が、
問題ではないか。
何も消防服をどうでも着てやらなんでもいい事だと思う。
消防団に存在意義があるとしたら、会合でゲームやってそこでお酒を飲んで喋ってくるだけでなく、消防団を解放的にして地域住民を集め、家族に心肺停止の人が出たらとか、大火事になる前に出来ることを住民に教えるとか、そういうことをやるべきじゃなかろうか。(やってるのかな?ネットでは調べても分からなかった)
9月1日に地域の防災訓練があるが、形骸化していて、組の役員だけが出ればいいようになっている。(もちろん、参加したい人は参加してもいい)
そうではなく、もっと消防団をオープンにすればいいじゃんね、と思うけどね。

もちろん、消防団というのは地域によってかなり役割が違ってくると思う。
地震や津波の被害が予想される地域では、また役割が違ってくるだろう。
都会では、田舎とまた違うだろう。都会でも、地形や事情によって異なるだろうし。

これを書いていて残念なのは、夫にはこのことは言えない、ということ。
私の意見など聞くに足らないもの、と「うるせえ」というのがもろに顔に出ているから。
それに、私が消防の会合にのこのこ出て行ったら「あの家じゃ奥さんが来てね、あーだこーだ訳の分からんこんを言っただっちゅうよ。」と、ウワサになってしまう。

山梨の方言が出てしまいました。

長くてすみません。あとね、私が嫌いなのは、
「地域のために頑張ってるんだから」というひと言。
合理的なことが広まって、地域のつながりが薄れてきたということもあるだろう。
なんでも合理的にすりゃいいってもんじゃない、とも思います。
しかし、おかしいものはおかしいと感じるのです。


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/01(木) 23:49:52 | | #[ 編集]
広義の正義
多くの人にとって、
広義の正義のための我慢は心地よいものです。
一人が我慢を続けても制度や仕組みが変わることはありません。
社会全体のことに対して個人が犠牲になる必要はありません。

旦那さんが活動することを選んでいる以上、
それは社会のためではありません。
自分のために我慢をする必要が旦那さん自身の中にあるのです。
その原因を解決することができれば旦那さんいとって消防の活動は意味がなくなるでしょう。

2010/07/02(金) 22:06:34 | URL | 勇 #-[ 編集]
勇さん、コメントありがとうございます。(^o^)
☆勇さん、こんばんは。こちらは雨です。v-279
近いですが、そちらも、かな?^^
いつも私のブログを訪問して下さって、嬉しいです。

> 多くの人にとって、
> 広義の正義のための我慢は心地よいものです。

私は今まで消防のことには、ほとんど「無関心」でしたが、
「広義の正義のための我慢」という言葉には、考えさせられました。
「地域のために」という父の言葉は正しいですが、
それと、疑問を持つことは別でしょう、と言いたくなるのですよね。。

(消防のことについては、「準公務員」などまだ書くことがあるのですが)
それとは別に、私と夫の関係も考えてしまっていました。

> 旦那さんが活動することを選んでいる以上、
> それは社会のためではありません。
> 自分のために我慢をする必要が旦那さん自身の中にあるのです。
> その原因を解決することができれば旦那さんいとって消防の活動は意味がなくなるでしょう。

勇さんが下さったコメント・・・私には、こういう発想はまったくありませんでした。

ちょっと考えました。。。
私はもしかしたら、「自分が正しい」ということを前面に出しすぎていなかったか、
とか、もしかしたら夫は、私より上に立ちたいという劣等感の裏返しのような感情を持っているのか、とか、会社で嫌なことがあるから消防で張り切ろうとしているのか、など、
考えてみようかと思いました。
勇さんがご自身のブログに書かれたあのエントリも、参考になります。
勇さん、ちょっと視点を変えてみると、また違いますね。
勇さん、ありがとうございます!
2010/07/03(土) 19:25:51 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
☆☆さん、コメントありがとうございます!

> 自分のアイデンティティになってる人も

そうなんですよねぇ。
読者の方が下さったコメントを読んで、
そんなことも考えました。
もしかしたら私は、「自分の正論」を夫に押し付けていないか。
とか。

行方不明になった人が出た時など、大規模に捜索する時は、
地域の消防団は欠かせないと思います。
書きながら、また、コメントをいただいてまた考えたのですが、
いきなり、「要らない!」のではなく、
「これはどう考えても無駄?」ということを取り除けばいいのだと思います。
しかし、地域のしがらみなんかもあって、
「これって無駄??」という思いを持っている人がいても、
口にしにくいと感じます。
「郵政民営化」みたいに超合理的にでは困りますが、
といっても消防にも無駄はあると思いますが、言い出す人はいません。
私がそのうちに言い出す勇気は・・どうかな。
「組長」が回ってきたら(多分10年後くらい)、言うかもしれないです。
ありがとうございます!
2010/07/04(日) 07:56:06 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
ご訪問・コメントありがとうございます。

>もしかしたら私は、「自分の正論」を夫に押し付けていないか。
  とか。

 ケースにもよりますが、
  押し付けてもいい場合だってかなりあると思います。
 一般に偏向しすぎた流れに対しては、
 押し付けても、ひん曲がりがなかなか是正されないですね。
 この場合、強引に押し付ける力を非難する声が
 第一声で飛び交いますが、それでは、それまで
 偏向に偏向を重ねた多数派の力に対しての
 非難はどう組み入れられるのかも斟酌されないと
 いけません。多数派の逃げ道は多いですね。

 正論のぶつかり合いは魅力的です。
 但し、ああいえばこういうだったり、声が大きくなったり
 言葉をかぶせたりしないことが大事であります。
 何が正論か?とか、正論とはそもそもなんだ?という
 問いかけが産まれることは心が揺さぶられます。
 酔ってますのでいつものトンチンカンお許しを・・・。
2010/07/05(月) 00:18:07 | URL | syuuhou #-[ 編集]
syuuhouさん、いつもありがとうございます!
☆syuuhouさん、おはようございます。v-22

>  一般に偏向しすぎた流れに対しては、
>  押し付けても、ひん曲がりがなかなか是正されないですね。

まったく、「偏向し過ぎる=流れ速すぎ」な感じで、
いったん中に入ると、あれよと言う間に自分も流されてしまいそうです。
でも、自分の中の自分は流されたくない気分です。

>  多数派の逃げ道は多いですね。

今の民主党などを見ていると、特に、菅直人総理大臣・・
あなたは、逃げない人ではなかったか、と本人に聞きたくなってしまうのですよね。
「なんなの?その変わりぶりは。( # ゚Д゚)」とか、チクチクやりたくなります。

>  正論のぶつかり合いは魅力的です。
>  但し、ああいえばこういうだったり、声が大きくなったり
>  言葉をかぶせたりしないことが大事であります。
>  何が正論か?とか、正論とはそもそもなんだ?という
>  問いかけが産まれることは心が揺さぶられます。
>  酔ってますのでいつものトンチンカンお許しを・・・。

この記事のことなのですが、結局私は夫に、
「あまり○○(夫の名前)の気持ちを考えずに一方的に文句みたいに言って、ごめんね」
と、謝りました。
私にも悪いところがあったのは事実です。
> 声が大きくなったり言葉をかぶせたりしないことが大事
それは夫ですね・・。こんなところでアレですが、疲れています私。
優しくていい人なのですがね、夫の会社は零細企業で仕事がどんどんきつくなる割には、土曜日の休みがありません。お酒の量も増えているし健康に悪いしもし倒れたらどうするんだろうと思います。お酒の量が増えているのは私のせいなのだろうか、とか。(しかしあまり私自身、「じぶんのせいで」と考えると多分体調を崩すのでそれでは困ります。それに母のこともあるし、「もう、知らない」「何とかなるわ」とドライに考えている自分もいます。)
syuuhouさんすみません、なんかこんなところで。
>  酔ってますのでいつものトンチンカンお許しを・・・。
syuuhouさん、酔っていたっていいのです。
わたしこそ、トンチンカンにsyuuhouさんにこんな恥を晒してしまいまして。
コメントいただけたことが嬉しくて。syuuhouさんトンチンカンじゃないですよ。
syuuhouさん、ありがとう。(´;ω;`)ブワッ
2010/07/07(水) 05:24:49 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/07(水) 23:40:59 | | #[ 編集]
☆☆さん、コメントありがとうございます!

そうだったのですか。地震が多いのでしょうか。
大丈夫でしたか?

消防のことについては、自分でいろいろ考えてみた結果、
やはり必要なのかなぁ・・という考えに達しました。
大規模災害で、どこから手をつけていいか分からない、という時に
自衛隊が出動するように・・。
ただ消防団は、地域によって、必要度に差があるような気はします。
私の家から2キロくらい離れた場所には比較的大きな川があり、
昔はよく氾濫したそうです。
でも、私の家の周りは、水害やその他の自然災害は少ないです。
なので…いざという時に他の地区に応援に行くためには、
やはり必要なのでしょうねぇ。。
活動が頻繁なところと、そうでないところは地域性が出るのは仕方ないのでしょうか。
また、コミュニティーを円滑にするという面では、確かに、そう感じます。ただ、
家族と一緒にいる時間を少なくしてまで活動をしている(地域がある)、というのが問題だと思いました。


☆☆さん、私のブログをいつも見てくださってありがとう。v-350
(ハートマークにしてしまいましたがね。(笑))
車に乗る時間が多いのですね。
腰に負担かかりますよね。。。大事になさってくださいね。
痛いの、飛んでけ!。*・゜(n‘∀‘)η゚・*・゜゚・*:.。..。.:*e-420
(念を入れておきましたよ。(笑))
2010/07/09(金) 05:06:27 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック