家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地域の消防団について
2010年06月18日 (金) | 編集 |
私の住む地域では、近年、消防団員の担い手が少なくなっている。
私の夫は確か1年半くらい前だったか、消防団の人に勧誘され、
消防団に入団した。

地区の消防団の2009年度の会計報告が回覧板で回ってきたので見てみた。しかし収入の内訳が詳しく書いていないので分からないのだが、
「区費」の中に消防費も含まれていて、徴収している。

夫から、「区費からは消防の旅行のお金までは出せないから、
実費で積み立てて消防団の旅行に行くことになった」、と、しばらく前に言われた。
月3000円を5月~11月まで。約2万円か。
そんなお金は出せない、と夫に言ったらすごく不機嫌になった。
そのことを母に話したら、母は、「消防もちょっとおかしいとこがあるけど、
消防団が無いって訳にもいかんら。(いかないでしょう)」と。

母が「お母さんが出してやるから」と言うが、そういう問題ではない。
夫はどうしているのか知らないが、消防の旅行積立金を自分で出している。

地域の消防団自体が不要とか、悪い、ということはないだろう。
でも、無駄が多いように思う。ただ、それを言い出せない無言の圧力は感じる。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック