家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安倍元首相、鳩山首相を批判する
2010年05月15日 (土) | 編集 |
コメントをたくさんいただいているにもかかわらず、返信が遅れていてすみません。

スイッチが入ってしまったもので、先に記事をまた書いてしまい、
すみません。

今朝なのかきのうの夜か記憶があいまいだが、
安倍元首相と義家弘介参院議員が一緒にテレビに映っているのが目に入った。
どうもあれが、気になっていた。
安倍さんを見ると、いろいろな意味でスイッチが入りますね。
「ムッカー・・・(゚Д゚#)」という感じで。

以下、読売オンラインより転載:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

安倍元首相らが審議拒否案、5月末決着出来ねば
5月14日22時51分配信 読売新聞

 超党派の国会議員で作る「創生日本」会長の安倍元首相ら自民党メンバーは14日、党本部で谷垣総裁と会い、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で鳩山首相が「5月末決着」を実現できなかった場合、6月以降は国会で審議拒否するよう求める提言書を提出した。

 安倍氏は会談後の記者会見で、「国際約束、国民との約束を首相が守らないなら、その首相の下で我々は議論できない。約束を軽々しく破る首相なら(審議しても)何の誠実な答弁でも約束でもない」と批判した。

 同時に「民主党はいかさまのマニフェスト(政権公約)で政権をとった。選挙をやり直すべきだ」とも訴えた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

安倍さんと義家さんが一緒に映ってたのは、鳩山首相への批判に関するインタビューなのか。
安倍さんと義家参院議員のつながりって何?と、まずそれが気になった。
調べた。
『創生「日本」』という団体というか、政治グループのメンバーだった。

安倍晋三さんは、会長ということだった。
この挨拶には、失笑してしまったが・・。

『創生「日本」』のHPより一部抜粋、転載::::::::::::::::::::::::::::::::

未来に向かって日本が「誇りある国」として発展していく為には、戦後レジームからの脱却がなんとしても必要です。
民主党政権の成立によって私達の問題意識は、より鮮明になったと言えるでしょう。なぜなら民主党政権こそ、戦後レジームそのものだからです。
創生『日本』に決意と覚悟を持った保守政治家が結集しました。
私達はまだ少数がもしれません。しかし草の根保守の人々は全国で立ち上がり始めました。
真面目に額に汗して働き、家族を愛し、地域を良くしたいと願っている日本の未来を信じる人達。そして日本を貶めるのではなく、日本の未来の為に汗を流したいと願う若者達です。
私達は全国各地で街頭で、あぜ道で闘いを始めます。
皆さん、日本の未来の為、共に闘いましょう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

言いたいことが全然伝わってこない文章だと思った。
安倍さんの挨拶の下には『創生「日本」』の運動方針 というのがあるが、そこに、
「われわれは、戦後ただの一度も憲法を改正できず」
と、書いてある。主語が「われわれ」なんだけど、(われわれって、自民党??)
"憲法は国の最高法規である"と同時に、"権力が突っ走ってしまわぬように国民が権力を縛る役目もある"と私は思うのだが・・・。
それを、(繰り返し書いてしまうが)
「われわれは、戦後ただの一度も憲法を改正できず」
なんてさ。
「上から目線」って言葉はしっくりこないかもしれないが、そんな感じ。

安倍さんについては、国会議員であること自体が「あり得ない」感じなので論外だが、
義家さんには、なんか失望した。
国会議員になると聞いた時も、それよりかは悩んでいる生徒と直接向き合ってあげて欲しい、
と思ったが、何か変えたいという意思があるのかなぁと、少し期待していた。
彼は教師だったが、
自分の教え子に憲法について突っ込まれたら、何て答えるんだろう。


ちょっと間が開いてしまって申し訳ないのですが、
憲法9条について拍手コメントをいただきました。ここで返信を。

☆☆さん、そちらにもこっそり(笑)訪問させていただいています。
この記事への拍手コメ、とても嬉しかったです。ありがとうございます。

(拍手コメントで☆☆さんは「子どもの前で憲法の前文を朗読しながら泣いてしまった」
と書いてくださいました。)
日本国憲法前文も、ずっとこのままがいいなと、私は思います。
日本が世界に誇れる国宝だと、思います。

また、いつもながらちょっと長ったらしい記事ですが、
もしもお時間がありましたら過去の私の憲法に関する記事をお読み下さい。
「紛争屋・武装解決人、大学教授の伊勢崎賢治さん」についての記事です。
参照:「憲法9条は日本人にはもったいない」、と。[1]
    「憲法9条は日本人にはもったいない」、と。[2]
    「憲法9条は日本人にはもったいない」、と。[3]

ちなみに、私の自衛隊に対する考えは、この時と今とでは微妙に違っています。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック