家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


津波
2010年05月14日 (金) | 編集 |


白昼夢を見た。
自分はなぜか、海辺にいた。海辺の、杭があるところ。
杭が打ってあった。なぜか。

家族も一緒だった。
他に誰かもいた。
みんな私よりも少し沖にいた。


嫌な予感がした。大きなうねりを、体で感じる。
と思ったら大きな波がこっちに来るのが分かった。

なぜか、家族のところで波は低くなり、
私のところでハワイのあのウェーブみたいに大きくなった。
飲み込まれた。
流されもせず、周りが青い世界になって苦しいだけ。

二度目の波が来た。
一度海水が引いてから来るのが分かった。
間に合わなかった。
杭に摑まってすごい波の力を必死で耐えた。
濃い青い色の水だった。暗い青い色。
きっと三度目が来る。
海岸から逃げようと必死で走っているのに進まない。

高い建物があって、逃げ込んだ。
が、階段がない。
木でできた黄色い壁の隙間から、階段が見える。
変な細長い建物だった。狭い。
壁に寄りかかって、必死で木の壁を蹴破った。
梯子のような角度の階段が見えた。

そこで目が覚めた。
後味悪い夢ばっかり。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック