家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ありがとう。そして、またね。U´・∀・`U
2010年04月09日 (金) | 編集 |
母には絶対に、私の泣いた顔は見せられない。

今さっき、近所の人が来て、うぴしに声をかけてくれた。
「いままでありがとう。・・寂しくなっちゃうじゃん。」
「でも、がんばったね。」

収まった涙も、誰かのひと言で決壊する。
だからまた、顔を洗ったりして。

きのうは、うぴしはやっと立てていた。
朝の4時には、家の周りを歩いて一周できた。
そして午前中いつもの畑に行ったら、「4ヵ所全部行くの・・」という顔をしていたので、
「分かったよ。」と抱きかかえて行った。

畑に生えているタンポポの綿毛を、
いつものようにうぴしの頭にちょっとだけ振りかけた。
かわいかった。
うぴしはちょっと、困ったような顔をしていた。
耳はいつものように垂れていた。
その後うちに帰ってきて、しばらくしてから元気がなくなってきた。
それでも、
私が作った味噌汁の具の豆腐と、かぼちゃ入りホットケーキを牛乳に浸してあげたら、
おいしそうに食べた。

きょうの早朝からはもう、意識がなかった。
私はずっと、見守った。
ダンナは会社に行く前にうぴしに声をかけた。
それから幾時間も経ち・・・
うぴしは最期はゆっくり息をして、楽になったような顔をしていた。


すごく、いい犬だった。陽気でおふざけで優しい、
でも小心者(そこがまたかわいい)。
私にとって、世界で一番の犬。
「不審な人?」と思ったら吠えまくったよね。
自分の気に入らない犬が通っても吠えまくったね。(笑)

今までありがとう。


コメント
この記事へのコメント
記事を拝見しました。
そちらの春は美しいですか。

うぴしちゃんからの贈り物のようです。
たくさんの春の花。ゆうこさんへ心をこめて。
うぴしちゃんは優しい。

ご冥福をお祈り致します。
2010/04/09(金) 22:58:23 | URL | えん #Km/0nKmk[ 編集]
えんさんへ。
おはようございます。
えんさん、コメントありがとうございます。
泣けてきて仕方ありません。

そう・・おととい、天気が良くて午前中の散歩では
うぴしはやっと立ちながらでしたが、私と一緒で嬉しそうでした。
桃の花、タンポポ、菜の花、新緑の芽・・。
ピンクに黄色に黄緑・・きれいな色ばかりの中を、
うぴしと私だけしかいない畑の中を、
お話しながら。

うぴしは、優しい犬でした。
えんさん、ありがとう。
温かい言葉をありがとう。
2010/04/10(土) 05:58:30 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
旅立ちの直前にしっかり食事を食べられたんですね。
うぴしくんからのこれまでのお礼とゆうこさん一家のこれからへの励ましという無言の意味が込められたのだと思います。
もう一つ、うぴしくんも しっかり元気に旅立ちたかったんですね。

ご冥福をお祈りいたします。
2010/04/10(土) 12:36:48 | URL | syuuhou #-[ 編集]
syuuhouさんへ。
syuuhouさん、コメントありがとうございます。

そうなのです。
うぴしはもう、横になったままで歩けませんでしたが、
食欲はまだありました。
私の手作りの味噌汁の具にホットケーキを食べてくれたので、
(しかもすごい勢いで(笑))
私自身も、嬉しかったです。そんなにおいしいの?と話しかけました。

> うぴしくんからのこれまでのお礼とゆうこさん一家のこれからへの励ましという無言の意味が込められたのだと思います。

syuuhouさん、温かいお言葉、
とても、嬉しいです。
「無言の意味」・・そうですねぇ。
言葉が通じなくても、
うぴしの精一杯の心だったのかな・・。

> もう一つ、うぴしくんも しっかり元気に旅立ちたかったんですね。

syuuhouさん、うぴしはほんとうに大往生だったと思います。
うぴしらしくて。
今朝は泣いていた私ですが、
だんだん受け入れられるようになってきました。
それでも、明日は永遠のお別れなので、また泣くかもですが。。

syuuhouさん、ありがとうございます。
2010/04/10(土) 17:47:13 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
ご無沙汰しております。
そしてお疲れ様でした。
室外犬を16年以上も飼うのはほんとに大変だったと思います。
先日の写真からは想像もつきませんが、季節の変わり目だからでしょうか・・・

...実は、私も以前、室外犬(雑種)を亡くしました。
飼ったその日から覚悟はしていても、そのときがくるとやはりつらいものですね。
でも、最期を看取ってあげられただけうぴし君は幸せだったのではないでしょうか。
きっと、うぴし君も「ありがとう」の気持ちでいっぱいだったと思いますよ。
お体お大事に・・・
2010/04/10(土) 19:49:14 | URL | ちーず #-[ 編集]
ちーずさん、いつもありがとうございます。
ちーずさん、こんにちは。
温かいコメントをありがとうございます。

> 先日の写真からは想像もつきませんが、季節の変わり目だからでしょうか・・・

そうですねぇ・・。
季節の変わり目、というのはあると思います。
それと、動物にも人間にも生きているものには必ずやって来る、死・・
避けられないんだなぁとつくづく感じました。
うぴしに限って死ぬ事はない、
永遠に私の側にいてくれるような気がしていたので・・
(そんなことあるわけないのに)

> ...実は、私も以前、室外犬(雑種)を亡くしました。

ちーずさん、そうだったのですか。。
その時はきっと、お辛かったでしょうねぇ・・。

> でも、最期を看取ってあげられただけうぴし君は幸せだったのではないでしょうか。

うぴしが年をとってきて、痩せたなぁ・・と感じつつもまだ元気なうちから、
「おまえが死ぬ時は私が絶対、そばにいてあげるからね」
と、頭をくっつけながら言っていました。
おとといも、私は早朝、うぴしがもし死んでいたら・・と思うと、
(その時はもう鳴き声が聞こえていなかったので)
怖くてなかなか、ガレージに行ってあげられませんでした。
あんなことをうぴしに言っておきながら・・です。
なので、いつも毎日顔を見に行く時間に行きました。
その時間になってしまいました。
もう、目を開いていて意識がなかったです。
うぴしの腸が動き出すのが音で分かりました。
そして、おしっこが出て、ウンチがきれいに出て・・。

> きっと、うぴし君も「ありがとう」の気持ちでいっぱいだったと思いますよ。

今日埋葬してお別れをしましたが、
ガレージに行っては保冷剤を替えるたびに、自分の頭とうぴしの頭をくっつけて「モコモコ感」を刻み込んでおいたので、うぴしはさらに穏やかな顔になっていました。

ちーずさん、いつも見てくださっていてありがとうございます。
2010/04/11(日) 18:25:12 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
どうもですノシ
犬は家族だからね、何回か私も泣きましたよ。
最近は、7~8年前溝に落ちていた迷い老犬を助け
警察や保険所に問い合わしましたが、飼い主が見つからず、オマケに痴呆症犬で大変でした。
1年後に亡くなりましたが涙がでました。
うぴし君は愛につつまれ暖かい気持ちで亡くなって幸せだったと思いますよ・・・
2010/04/12(月) 09:34:20 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
今知りました・・・
うぴしちゃん 亡くなってしまったのですか・・・
知りませんでした・・

この間までなんとか元気にしていたのに、こんなにあっという間に逝ってしまうなんて・・

でも、こんな亡くなり方って、飼主孝行というかなんというか、・・
うらやましいです。
苦しんでいるところをずーっと見なくてはならないのは、飼主さんも辛いし、犬も辛いですよね。
うぴしちゃん 眠るようになくなったんですよね。老衰なのかな。
きっとあまり苦しんだりしなかったのではないかと思います。

でも、寂しい。会ったことはありませんでしたが、とっても寂しいです。とっても可愛いワンちゃんでしたよね。
この間も、犬親さん募集していた老犬ちゃん(河川敷に捨てられていたんだそうです。)が急性フィラリアで亡くなってしまって、とてもショックでした。うぴしちゃんの死も、私にはとてもショックです。

ゆうこさん 辛いでしょうね。寂しいと思いますが、時間が解決してくれると思いますので、焦らず、悲しかったらたくさん泣いたらいいと思います。

うぴしちゃん 今までありがとうね。

ゆうこさん 落ち着いたら、また うぴしちゃんのこと聞かせてくださいね。

2010/04/13(火) 11:26:46 | URL | chamneko #k8hoI9U.[ 編集]
Re: タイトルなし
☆塗仏ひがしさん、こんにちは。
すみません、少しお返事が遅くなってしまいました。

> 犬は家族だからね、何回か私も泣きましたよ。

家族ですよねぇ・・犬って・・。
私にとってはうぴしは、「家族」以上の存在でした。
心の中に、ずっと居てくれるのです・・
私の心の中で、じゃれたり眠ったり・・
晩年は、ほとんどお互いの心の中が通じ合っていました。
友達ともきょうだいとも違う、
自分が唯一、素のままでいられる、そんな犬でした。

> 最近は、7~8年前溝に落ちていた迷い老犬を助け

塗仏さん、そうだったのですか・・。
よく、自宅に迎えるという決心をなさったなぁ・・と思います。
大変でしたねぇ・・。
でも、その塗仏さんに助けられた犬は、
最後はとても幸せな気持ちだったのではないでしょうか・・
困り果てて保健所に連れて行ってしまう人もいると思いますが、
しかも痴呆症状が出ていれば、
なかなか自分で預かるという決断する人はいないと思います。
大変でしたねぇ・・。
温かい話だなぁと思い、ほっとしました。

> うぴし君は愛につつまれ暖かい気持ちで亡くなって幸せだったと思いますよ・・・

塗仏さん、ありがとうございます。
2010/04/14(水) 16:07:17 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 今知りました・・・
☆chamnekoさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

そうなのです。。
うぴしは、肝臓の機能が良くない・・と言われたのが多分、
昨年の5月下旬くらいでしたが、それからは「ウルソ」という薬(錠剤)を一日一回、与えていました。
(食生活の方は、「油モノを控えながら、
ワンちゃんが食べたがるものをあげて下さいね」と言われたので、
野菜も混ぜつつ、フードも混ぜつつ、胃腸の調子を見ながら(うぴしは晩年、おなかをこわしやすくなっていたので)気をつけていました。)
ただ、母が退院した頃から与えたり与えなくなったり・・
最後にウルソを処方してもらったのは11月で、
与え終わったのが去年終わりくらいだったかな・・。
それからは被毛などが薄くなりつつも(以前からだんだん、でしたが)
特に病院に行くようなトラブルもなかったので、
それにうぴしの世話は朝夕の(時には昼も・・)散歩から病院から、
私が全部しなくてはならないので、母の一部介助や病院付き添いも増えて、
ウルソをまた買いに行ったり、定期胃検診を受けさせないと・・
と思っていた矢先でした。
うぴしが死ぬ2週間くらい前に、いつものかかり付け病院に行こうとしたら水曜午後休診になっていて、じゃあ明日まで待ってみる?と言うとうぴしは、すごく不安そうな顔をしているのです。
それでかかりつけではないところに行ったわけですが、
「血液検査したほうがいいね」と言われて血を取られて検査をされました。
そして、黄色い注射と白い液体の注射をされて帰ってきました。
(聞けば良かったのですが、何の薬ということは分かりませんでした)
しかし、うぴしは元気になったので、これでよかったかなぁとは思いましたが、
その病院には検査結果を聞きに行かなくてはと思いつつ、
いろんな事が重なり行けないまま、うぴしは死んでしまいました。
(結果を電話で教えてくれすらしないのです)
と書くと、「そうだったの・・・」という感じになってしまいますが、
死ぬ前の日まで、畑に連れて行って欲しいと私にせがみ、
夫が抱き上げて小屋に入れてあげると、いつものうぴしのように、
「ニコニコ」ととってもいい顔になるのです。
ニコニコして元気でいつもどおりのうぴしを見たのは、
これが最後になりました。


> うぴしちゃん 眠るようになくなったんですよね。老衰なのかな。

今となっては分からないのですが、
もしかしたら、腎臓系が悪くなっていったのかな・・
写真を、時間を追いながら見ていると、だんだん、痩せていっている様子が分かります。
もちろん、母のことはあったにせよ。、
私がもうちょっと何とかしてあげれば、うぴしはもう少し・・
という後悔はあります。
夏は厳しくても、もうちょっと居てくれたのかな・・とか。


> きっとあまり苦しんだりしなかったのではないかと思います。

このことは私にとって重要なことで、
今は無理なのですが、このブログにアップしたいと思います。
ちゃむねこさんのあの記事とも関連して、
いろいろ考えてしまいました。

> でも、寂しい。会ったことはありませんでしたが、とっても寂しいです。とっても可愛いワンちゃんでしたよね。

可愛かったです。
いつも、モコモコ頭にスリスリしては、癒されていました。

(河川敷に捨てるなんて、痛まし過ぎますね・・・
そのワンちゃんの心の中を思うと、「苦しかったね・・」と、
言ってあげたくなります。)

> うぴしちゃん 今までありがとうね。
> ゆうこさん 落ち着いたら、また うぴしちゃんのこと聞かせてくださいね。

chamnekoさん、温かいお言葉、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
うぴしのことは、また書こうと思います。
2010/04/14(水) 19:14:57 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/19(月) 22:12:27 | | #[ 編集]
おはようございます。
19日22:12 にコメントを入れてくださった方、
そのような大変な時に私のブログを訪問してくださったことに、
感謝しています。
そして、私に温かい言葉をかけてくださり、ありがとうございます。

そうだったのですねぇ・・。
とても長い間、一緒に過ごされたのですね・・。
私も、そうでした。
言葉は通じないけれど、尻尾や頭、肉球で全身で、
つぶらな瞳で・・・少し経ちますが、私の場合はいまだになかなか、
立ち直れません。波が襲ってきます。仕方ないですね・・。

とても元気で走り回っていた頃や、皆で散歩に行ったことを思い出すと、
私は精神的に落ち込むこともあります・・。しばらくは仕方ないですね・・
そうですねぇ、お互い健康には注意いたしましょう。

大変な時に、コメントをいただき本当にありがとうございます。
ご冥福をお祈りいたします。

ブログ、毎日拝見しております。
また、訪問させていただきます。
(メールでメッセージを送らせていただこうかと思いましたが、
うまくいかないかも・・と思ったので、ここでお返事を。。。)
2010/04/21(水) 05:43:56 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック