家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国松考次警察庁長官(当時)銃撃事件---「オウムの犯行だった」と公表しても、気分はすっきりしない。
2010年04月02日 (金) | 編集 |
気になったニュースがありました。

MSN産経ニュースより。

以下、転載。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見
2010.3.30 13:15

 平成7年3月の国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件が公訴時効を迎えた30日、警視庁の青木五郎公安部長が会見し、「事件は教祖の麻原彰晃死刑囚(55)=本名・松本智津夫=の意思の下、オウム真理教の信者が組織的・計画的に敢行したテロ」とする捜査結果の概要を公表した。時効が成立した事件で犯行グループを名指しして捜査結果を公表することは極めて異例。概要は31日から30日間、警視庁のホームページでも公表する。
(警視庁ホームページ→警視庁
---「■お知らせ の一番上の部分に、長官襲撃事件の概要がPDFファイルで載っています)

 公表された概要では、A~Hまでの仮名で元信者らの事件前後の行動を詳述している。青木部長は公表した経緯について、「事件の重大性やオウムが観察処分を受けていることなどに鑑みて公表することにした」と説明。「人権侵害に当たらないか」との質問が出たが、「犯行主体を明らかにする上で必要な限度で事実を公表した。公益上との均衡を考慮した」と述べた。

 また、事件が時効を迎えたことの教訓としては、「情報収集の対象としてオウムのような新しい脅威に十分な注意を払っていなかった」とし、「国民の協力で対処能力を高めていきたい」と話した。

 警視庁は30日に捜査結果の書類を東京地検に送付した。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。(下線は私が引きました)

そして、この「警視庁の異例の会見」を受けての、『アレフ』(「オウム真理教」が前身の宗教団体)の、荒木浩広報部長の発言。
<荒木浩広報部長は「国家賠償訴訟も視野に入れた措置を検討する」と述べた。
 抗議書では「当事者らの反論の機会を封じたまま、特定の個人・団体を犯人視する見解を公表することは重大な人権侵害で、名誉を著しく毀損する行為」としている。>

注:<>内は4月1日付朝日新聞社会面の「アレフ、HPから削除求める」という記事より抜粋。


再びMSN産経ニュースより。
以下転載。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

長官銃撃事件捜査結果、アレフが削除要請
2010.3.31 22:35

(警察庁長官銃撃事件の時効成立を受け、現場に設置されていた情報提供を求める看板が撤去された=30日午前、東京都荒川区)
 平成7年3月の国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件をめぐり、警視庁がオウム真理教(現アレフ)によるテロと断定した内容の捜査結果を公表したことについて、アレフの荒木浩広報部長は31日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、同庁のHPに掲載されている公表内容の削除を求める要請書を同庁に送付したことを明らかにした。

 荒木広報部長は、「刑事手続きを行うことなく、特定の個人・団体を犯人視する見解を公表するのは職権を乱用した重大な人権侵害」と指摘。要請に応じない場合、名誉棄損による賠償請求訴訟などを起こすことも検討するという。

 さらに、「つじつまを合わせて一つのストーリーを作り上げようとしている。非常に不自然」と非難した。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

この出来事について、私が考えた(思い出した)こと・・。

◇「オウムってすごい変な人たちで、気持ち悪い。」とサリン事件の時やその後の " サティアン " の強制捜査の時に強くそう思ったこと。
◇「" 公文書偽造 " や " 有印私文書偽造 "とか何でも出てくるだろうから、警察はオウムの悪い人を早く捕まえて欲しい。」と、自分が過去にそう思ったこと。
◇国松考次警察庁長官銃撃事件で、テレビの報道を見て、「これはオウムがやったんだよね」と自分はそう思い込んだこと。
◇冤罪事件の被害者、菅家利和さんのこと。

長くなってしまいそうなので、続きはまた書きます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック