家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここはおそらく一割二割の私でしかない
2010年03月24日 (水) | 編集 |
最近、妹の第二子が誕生した。
なにしろ、心配だった。無事に産むことができて、よかった。

まだ白紙の状態なんだね、赤ちゃんって。
でもよく考えてみたら、私だって白紙の部分がまだ、
残っているじゃないか。
ということに、気づく。

..........................................

ちょっとあれこれ書きますが・・・

やっぱり家族の世話をするのは「女性」なのか。
今回の妹の出産もそうだが、手伝わないといけないことも出てくる。
(だがしかし私はうぴしも母もいるのでなかなか)
私が・・と進んで行かないのは、「いかがなものか」的なんだろうか。
結局気が利かない、いまいち役に立たないのか、私は。
確かに空気は読まないで、今まで生きてきた。
(変な風に読みすぎたこともあったけどね)
空気読まないというよりも明らかに「自分勝手」な場合もあった。
母のようには、いかない。真似はできない。

独り暮らしや男性のみの世帯は別として、
家族の世話をしないといけないのが女性というのは暗黙の了解か?
んなことないでしょ。
と思うからやっぱり私は、浮くんだろうな。
(母の期待に沿えない。母から見ると、「もっとちゃんとしなさい」となる)
と考えてもしゃーない。
私は私だ。知らん。
かといって、「妹が複雑な状況で子を産んだのは自己責任だから」なんて、
イラクで人質になった人を責めるようなことを私はしない。(笑)
無理なく、自分が出来ることをしてあげるだけ。
すこしだけ、力を余分に貸してあげるだけでいい。
まあでも、
言いたいことたくさんあるんですけどね・・妹には。
子どもの将来とか心配で。
言わない方がいいこともありますよね・・。

............................................

ブログは続けます。

ただ、 
『仮想空間では、人は他者の上に立てると錯覚するのだ』

ということだけは、肝に銘じて。

この言葉は、今になってはもう、誰が言ったのかも忘れた。
自分のブログにも書いたことがある。
誰が言ったかは重要じゃない。

(追記:思い出しました・・。
「人は人の上に・・ではなく、"他者の上に"でした。直しました)
元は、自ブログ2008年9月30日の、フィンランドの銃乱射事件についての記事でした。
『銃を乱射する人』


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック