家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


nipponの今後
2010年01月22日 (金) | 編集 |

「公設派遣村」にいた人のその後が、気になっていた。

以下、毎日jpより転載。(毎日新聞2010年1月17日付)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
公設派遣村は昨年12月28日に渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開所。今月5日からなぎさ寮で支援が継続された。都によると、17日までに登録者562人のうち419人に対し、生活保護や住宅手当など区市の支援が決定。ほかにハローワークの就職安定資金融資を受けた人が1人、就職による自主退寮が15人、帰郷や理由不明の自主退寮が13人、寮内での飲酒による強制退寮が2人、死亡が1人。111人が所在不明になっている。18日までなぎさ寮に残った利用者はバスで近くの駅まで送られ、入居するアパートや住居が決まるまでの一時滞在場所として区市が準備したカプセルホテルへ向かった。

 「今日から自分の部屋で安心して眠れる」。マンガ喫茶から日雇いの仕事に通う生活を続けてきた男性(30)は、江東区で生活保護を受けることが決まり「早く仕事を見つけたい」と話した。別の男性(54)は「困った人が来年も支援を受けられるよう、恩返しのつもりで頑張る」。住居が定まり介護関係の就職を決めた男性(54)は「何割かは自立を果たしている。こういう事業は重要だ」と話した。

 昨年の派遣村村長で今回は内閣府参与として事業にかかわった湯浅誠さんは「労働行政を担う国と福祉行政を担う自治体の関係など問題点もあった。低家賃住宅の確保と通年の支援体制の強化が課題だ」と話した。【市川明代、東海林智】
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

MSN産経ニュースでは、また違う書き方をしている。
『“延長派遣村”での就職決定は15人 都は退所者の追跡調査へ』
(2010年1月18日22:51)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「1月4日以降の入所者で就職が決まった人は3%未満」(産経)ということだ。
そうだよね・・こんなご時世じゃ・・。
「1月4日以降の入所者562人のうち、就職者は15人で3%未満。生活保護などの受給が決まった人が419人で4分の3を占め、」(産経)
とあるが、
路上生活を余儀なくされている人で、年末年始に公設派遣村に行かなかった人は、
生活保護など当然、受けられていないんだろうな・・。

テレ朝のスーパーモーニングでこの前、大阪の「あいりん地区」のことを、取材して放送していた。
高度経済成長期からずっと、「年越し派遣村」のような状態だという。
40代の、島根だったか鳥取だったか、そこから来た男性が路上生活をしていた。
でも、収入が安定してお金が溜まらなければ、自分の住むアパートだって見つからないじゃん。
もちろんそんなことは分かっていて、その日を生きていくのだけで精一杯なんだよね。。
確か、30代の人もいたと思う。
男性ばっかりだった。
たとえ炊き出しなどがあっても、あの場所に女性が行くのはとても危険だと思った。
路上生活の女性たちは、もっと過酷だろうと想像してしまう。東京でも、きっと。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

あんまり悲観的にばかりなってもいけないが、今や、日本全体が「公設派遣村」
みたいになる可能性があるのかな、なんて。
私は心配性で怖がりで、ついそんな風に考えてしまったりすることもある。
経済格差、拡大してるね・・・
病気なんかあると、なおさらだね・・・
暗っww

::::::::::::::::::::::

きのうは私は精神科に行ったが、やはり医師に「依存」に足を突っ込んでいることは言えなかった。
自分で何とかする。
今なら、何とかなる。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック