家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空と風と、月と、星。
2010年01月06日 (水) | 編集 |
なぜか、無意識にお正月を焼き付けようとしている。
考えたくないのだが。

2日早朝、母のところへ行く時、西に沈む月が見えた。

元旦の夜のうぴしの散歩の時は、少し欠けていたのか、月は。
それより少し前が、満月だったのかな。
空が澄んで星もよく見えた。
夜の散歩は寒かったんだけれど、
風がキーンと硬い感じが気持ちよかった。

母の行動の一部介助は、定期的に行かないと、母の体に悪影響を与えます。

一日4回、この時間帯だけは決まっていて、私にしかできません。
母は同じ家に住む父を頼りつつも、私の方が気が楽なようです。

この4回が決まっているので当然、私は大変です。
でもね・・元日の夜は疲れているだろうと思い、
いつもより早めに行きました。
そして裏口のドアを開けたら母が、「にこっ」と笑って私を待っているのです。

この、「にこっ」という笑顔は久しぶりに見ました。私に対してだけの顔だと思いました。

.......................................

ずっと、幼い頃から、母が私のことを一度も褒めてくれない事を不満に思っていた。
母の病気が進んでしまってからは、もうそんなことはいい、と「吹き飛んだ」気持ちでいたが、
そうでもなかったかも。
あの時の母の笑顔で、すべてのことを自然とゆるした。とても癒された。
ずっと無意識に心の中で抱え込んで苦しかったことが、なくなった感じがした。
今は、大変ではあるけれど、だんだん、
パニックになってしまう母もすごくわがままな母も、受け入れられる気がする。
何よりも、やっと、「母に認めてもらえた」という思いがある。
(母はそんなことを私が思っているなんて、みじんも感じていないだろうが)


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/06(水) 01:07:04 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
☆☆さん、コメントありがとうございます!

もうここ数年、山梨では本格的な雪が降っていなくて・・だからなのか・・・
「こちらの方は雪です」と聞くと、あたたかい気分になります。

> すごく素敵なおはなしです。

☆☆さん、いつもありがとう。

☆☆さんのブログは静かでさりげなく、
でも時々「ぁはははっ」(または「ブッ」とか)と爆笑してしまったり。
気分転換になったり、励まされたりしています。e-68
2010/01/11(月) 05:47:01 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック