家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


承認欲求?
2009年12月17日 (木) | 編集 |
私はなぜ、自分がブログを続けているのか、考えてみました。
「ブログをやめる理由」で、検索してみました。
そして、そこで、「承認欲求」という言葉を知ります。
もちろん読んで字のごとく、おおよその意味は分かります。
その言葉で検索して、あるサイトへ。

そこでは「承認欲求と対人恐怖」について書かれていて、
驚くほど、私とそっくりだった。読んでいて、頭が重くなった。
私は、そんなにひどい家庭環境で育ったわけではない。
母も父も真面目でよく働いて、私と妹を育ててくれたが・・。

「承認欲求と対人恐怖」、か。
考えてしまった。
私は、「承認欲求」が強くて、ブログを続けているのかもしれないと思った。
母屋の方のデスクトップ型は使えるが、急に「問題が生じたので終了します」となったり、
そうなる回数が多く、私にはお手上げで使っていない。
自分のは、この1台のみ。ダンナは、自分のものを使われるのを極端に嫌がるので、
ダンナのパソコンは使えない。
となると、これが突然壊れて(2002年購入)、使えなくなったらどうするんだろう。

ケータイは持っていない。家族の中で唯一、私だけ。
いくら、出かけないといっても、持っていない人も珍しいのか。
そうじゃない。
私は、電話で家族に呼び出されるのが煩わしいから、持たない。
持ちたくないからである。(ちょっと不便と感じる時もあるが)
(なのに、ストレスがたまり過ぎると妹にはこちらから電話をして話しまくるが・・)

ケータイはなく、パソコンが突然使えなくなっても、私は買いにも走らないんじゃないだろうか。
むしろ、パソコンなんて無ければ、と思う時さえある。
そう思うんなら、矛盾してる…。「承認欲求と対人恐怖」。
なおさら、自分のことがよく分からなくなってきた。

考え過ぎ?
まあ、考え過ぎっちゃ考え過ぎだけどね。「承認欲求」なんて言葉を知ったからかな。

今日は、母のリハビリと泌尿器科に付き添って、帰ってきたら午後1時ちょっと前。
母やダンナといる時は、自分が自分でないように「何者?」と思う時がある。昔はもっと、家族に対して、私は優しかったような。
うぴしとちゃこ(猫)は、言葉が通じない。言葉が通じない関係の方が、何で良好なんだろ。自分の思い通りに解釈できるから?見返りを求めないから?
ますますよく分からない、自分というもの。

(こんなブログでも見てくださる方がいる限りは、あと、自分が病気にでもならない限りは、
こうやってgdgdと書いてるでしょう。

(ってなこと書いてますが、「ブログやめるやめる詐欺」ではないですよw
これからも同じペースで更新します。)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック