家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月13日 (日) | 編集 |
また、今日が来てしまった。

きのうの早朝の電話は、きたのかどうか、結局不明である。
というのは、
もちろん私は、きのう朝も夜も夜ダンナに聞いてみた。「電話がきたよね、5時50分くらいに。」
「それにさ、わたしの悪口言ってたでしょ。言ってたよね。」
と詰問調で一気に聞いたのでダンナは少しびっくりして不快そうに、
「悪口言ってない。電話は、なんか、音が鳴っててうるさかった気がする」と
言っていた。

ああまた今日が来た~。
母は、ベッドに寝るばっかりにセットして、後は寝るだけの時が一番いいと言う。
「このまま目覚めなきゃいいのに」と、たまに私に言う。なんて答えていいのか分からない。

きのうはダンナが昼からいなくて夜も遅かったのでご飯をつくらないでいいとほっとし過ぎて、
ほとんど何もしないでいてしまった。
最近では昨日なのか今日なのか分からなくなるくらいだ。


自分のすべきことを・・?

むかし(大昔)、同僚の人とゲームセンターで余命ゲームをした時、私は2回やって、
死ぬ年齢は38歳と42歳だった。

母が、母屋にいる白いねこ(ちゃこ)の世話が重荷だという。毛がすごい抜ける。
元の飼い主の妹は「お母さんが癒されるから」というが、
メルヘンチックにそんなに軽く言うな、と私は思う。
母は、もし自分の体調が大変になったらまったく世話が出来ないだろうから、
小型犬と小さい子どもがいる妹の家に、ちゃこを帰す(返す)という。
そうなれば、ちゃこがどうなるかは自明の理で・・。

私はちゃこのために、まだまだ、死ねなくなってしまった。
ちゃこは、この家の中で一番立場が弱く、言葉も話せないし体も4キロ弱しかない。
最近では、ちゃこは私のことを頼っているのが分かる。
いざとなった時に、ちゃこに話そう。だいじょぶ、何とかこの家にいられるようにするからと。



コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
いろいろ心配ですね。

ちゃこは、女のこ?でしょうか。
全部、白い猫なのでしょうか。
ぴょん吉は体重5キロ、太り気味です。
2009/12/13(日) 09:38:05 | URL | ブーゲンビリア #-[ 編集]
Re: タイトルなし
☆ブーゲンビリアさん、こんばんは。v-483
いつもコメントをいただき、ありがとうございます!
嬉しいです。^^v-353

> ちゃこは、女のこ?でしょうか。
> 全部、白い猫なのでしょうか。

ちゃこは女の子です。
全身真っ白で、紫外線に弱いのです。
なのに、廊下で日にあたりたがるので、
皮膚が弱くなってしまって。
顔は可愛いのに、そこが。(笑)
(今度、ちゃこをアップしてみましょうか(・ー・)

> ぴょん吉は体重5キロ、太り気味です。

5キロっていうと、ちょっと重いのでしょうか。
(以前家にいた、ミミちゃんというオス猫は4.8キロくらいでした^^)
この前の、PC画面の裏から手を出すぴょん吉さんの顔が・・いたずらな瞳が・・
可愛いすぎて、萌え萌えしてしまいました。
ブーゲンビリアさん、ありがとうございます。
2009/12/13(日) 18:17:58 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック