家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HOMEとHOUSE(1)
2008年04月08日 (火) | 編集 |
今日のタイトル、「HOMEとHOUSE」は、朝、見つけてきた言葉。
(ちょっと借りてますよ^^)

この前は「私の居場所」という記事を書いた。
そして今朝、HOMEとHOUSEという言葉に、ある犬たちの事に思いを寄せざるをえなかった。

一匹は、ヒロくんという、うちの近所の飲食店で飼われている雑種の雄犬。
うぴしと同じくらいの中型犬で、茶色くて耳が小さく立っている、
とても人懐こくて可愛い犬。
その家の西側の、朝しか日の当たらないコンクリートの上にブロックを4つ敷いて、
その上に小屋が置いてあって、その中で過ごしている。
この小屋が、木で出来ているけど古くて傷んでいる。
(台風のときはビニールで緊急的に覆われていたけど)

うぴしの散歩でここを通るようになって3年くらい。
見ていてかわいそうだなと思うのは、一枚の敷物も無いこと。
木の小屋に、そのまま寝ている。真冬も、そのままだった。
今年は2月が寒くて、私は毛布とか入れてあげようかと思ったのに、それが出来ない。

今書いていて思った。やっぱ、思っているだけじゃダメだな。
冬じゃないけど、小屋と体がそのまま接するのは不快感があるだろうな。

それと、この家の人たちがヒロくんを可愛がってあげているのかどうか、
気になる。散歩は行っているようだけど、
ヨシヨシなでなでと、家の人がヒロくんを触っているところを見たことがない。
だから、いつもいつも、目が寂しそうな目をしている。
私とうぴしが行くと、全身で嬉しそうにしている。
もっともっと、触ってあげたいけどそうもいかない。

うーん・・。ヒロくんはこの家の娘さん(40代前半くらいで既婚で一緒に住んでいる)
がどこかからもらって来たらしいけど、うーん・・。
私はこの家の人と挨拶ぐらいはするが、話はしたことがない。

やっぱり思っているだけじゃダメだよね。「泥棒の反対」、やってみるか。


私が自分の居場所云々と言う前に、ヒロくんはあまりにも過酷すぎる。
ヒロくんにとって、ヒロくんの目を見た限りこの場所は、HOMEじゃない。
HOUSEでしかない。「寂しいよ、だれかかまって。U´・ω・`U」と言っている。
うーん。まったくね。




コメント
この記事へのコメント
OKさんへ
普段、飼い主さんからの温かい愛情表現を
受けてないのかもしれませんね。
そういう犬は目が本当に、悲しそう。
人間と一緒で、キチンと伝わってくるんですよね。
だからこそ、OKさんやうぴしがいくと全身で答えてくれるんでしょうね。
なんか、嬉しいけど、その分切なくもある。

犬という動物は、飼い主が絶対。
だからこそ、飼う人は、中途半端な気持ちで
飼ってはいけないと感じる。
犬だけとは限らずに。
2008/04/08(火) 23:35:13 | URL | ryoko #-[ 編集]
♪ryokoさん♪
ryokoさんおはようございます。ありがとうございます。
そうなんですよねぇ、本当に。あまりにも嬉しそうなので、そこから去り難くなってしまうほど。
私や私の家族も以前、中途半端な気持ちで犬を飼っていたことがあり、自戒を込めて、です。
うちの近所には、かわいそうな(風に見える)わんこがけっこういて・・。
でも、どうしてやることもできず、ヒロくんは手の届くところにいるのでなんとか。
2008/04/09(水) 09:22:55 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック