家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10月5日付の朝日新聞・「声」欄より--『人を励ます保護費こそ価値』という投稿文について思うこと・2
2009年11月04日 (水) | 編集 |
この前の自ブログ記事の続き。
朝日新聞の「声」欄より、
近畿地方の地方都市在住の59歳男性の投稿記事を、もう一度転載。
....................

 生活保護のケースワーカーをしていて、心にひっかかりを感じてきた。受給が決まった人から「これで医療はタダになるのか」「いくらもらえるのか」などと聞かれるときだ。
 そういう人に言いたい。「世の中にフリーランチ(ただ飯)はない。生活保護費も医療費も、元はあなた以外の人が、あなたの自立を願って財布から出したお金だ」と。
 世の中の常識が間違っている代表例が「お金」だ。その価値は株価のように激しくうつろう。人それぞれの思い込みが頭の中で大きくなったり小さくなったりするからだ。一枚の千円札は裕福な人には昼飯代だが、ホームレスにとっては何日間かを食いつなぐ貴重な生活費になる。
 生活保護費をもらっても、自立資金と考えて努力し生活保護から抜け出す人もいれば、逆に自立する力がありながら安定収入に満足して依存してしまう人もいる。
前者の人に使われてこそ保護費のお金は生きる。人を励まし生かして使われるお金には価値があるが、人を堕落させ希望を生まないお金に価値はない。

......................

私は、「フリーランチ」という言葉を初めて聞いた。
フリーランチ、かぁ・・。

生活保護の理念とか、この人の言いたいことは至極その通りとは思うのだが、
お金がないと、今の世の中、一日でも生きていけないだろう。
寒くってもお腹が空いても、ちょっと具合が悪いなぁと思っても、
お金がないと・・・。

だから・・
「これで医療はタダになるのか」「いくらもらえるのか」というのは、お金がないということは、
生きること自体に切羽詰っているということだから、
そのように聞くのは当然だと思ってしまうんだよねぇ・・私は。

そして、最後の4行が気になる。

「逆に自立する力がありながら安定収入に満足して・・・」とあるが、
生活保護で生活している人のことを、「自立する力がありながら」とは、
どうしてそんなことが分かるのだろう。
この投稿者は生活保護のケースワーカーをしているとあるが、どこを見て、
そのように思うのだろうか・・と考えた。
もちろん、不正に受給(生活保護しか手段がない、と装って)している人しようといている人は間違いなくいると思われる。
でもほとんどの生活保護費受給希望者は、本当に切羽詰って、人間らしく尊厳を持って生きたくても、自分ひとりではどうにもならない事情があるからではないのか。と、私は想像するが。

> 人を励まし生かして使われるお金には価値があるが、人を堕落させ希望を生まないお金に価値はない。

そうなのかな・・。分かるよ確かに。
「元はあなた以外の人が、あなたの自立を願って財布から出したお金だ」というのは。
が、自分がもし、明日寝るところもない食べる物もない・・となった時にそんなこと言われると、
さらに鞭打たれるような泣きたい気分になるだろう。
(この人が実際に、生活保護の受給が決まった人にこのように言っているのかは知らないが)

「人を堕落させ希望を生まないお金に価値はない」

この「お金」というのは、生活保護費にも当てはまるのか。
「”努力して生活保護から抜け出す人”に使われてこそ」価値があるのか・・?

「ちょっと待った。」と思うのはそこだが・・。
待ってよ。感情でモノを言ってどうする、という気もするが、一部の役所の人のように、クールで論理的に考えられない私は、
「本当に困っているのに、そんな事思わなきゃいけないんですか!!!」と、
自分がもしそういう立場になったら、怒ってしまいそう。

「・・・させていただく」という敬語(自分がへりくだる謙譲語(?))を、テレビなどで聞かない日がないこの日本。
へりくだって、頭を下げて”腰が低い言葉”で、
「これで医療はタダになるのか」「いくらもらえるのか」と聞けば、”効果的”なのか。

生活保護のケースワーカーの人だって、困っている人が相手なのだから、
苦労するだろう。そういうのも分かる気がする。
分かる気がする、というだけで、その苦労の詳細まで私は知っているわけではないが、
この投稿文には、考えさせられてしまった。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック