家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頼れるものを本屋さんで必死に探した
2009年10月23日 (金) | 編集 |
この前の、『勝間和代さんのコトバ』の続き。

今から10日くらい前の私の心は、もしも心に足がついているとしたら、
足が折れて、倒れそうだった。

こういうときはいつも、高校の時の社会科の先生の言葉を思い出す。

「困った時には、本を読むといいんです。」

心の足が崩れ落ちないような言葉を必死で探していた。
その先生の言葉も、辛い時には取り出して、「何か本を読もう、探そう」と、
今までもそうしてきた。

本屋さんをウロウロしていたら、その前の前の日くらいに新聞の書評欄で見かけた、
ある詩集があった。著名な人。
本の装丁のきれいさに引かれ、手に取って読んでみた。

詩集というのは、どこかまどろっこしいというか、
読むのが面倒みたいな気持ちが私にはあって、本屋さんで購入しても、
「いいな」という1,2編だけ読んで後はそのまま本棚に・・
というところがあるのだが、読んでみて、その詩集は迷わず買った。

そして、山梨に向かう帰りの特急電車の中の窓側の席でひとり、
さっそく、袋から取りだして詩集を読んだ。


死。


死は、「ゆるがない」という感じがする。生きていれば、死ぬ不安に襲われるけれど、
近しい人がいなくなるかもしれない恐怖に襲われるけれど、
死は、どこか安心するみたいなところがある。変だけど。

今生きているだれもが、いつかは死ぬ。

あるサイトを辿っていって見てしまった、交通事故死者の、事故直後の遺体。
紛争、戦争で亡くなった兵士の、テレビでは映さない遺体。

その人の詩集のある一編の詩を読み、それらの遺体を思い出した。

電車は空いていて、半個室のような座席で、「死」をうたう詩を、
思わず微笑みながら読んだ。

続きはまた。




::::::::::::::::::::::::::::::::
で、いきなりここでナンですが、きのう22日は私の誕生日でした。
39回目です。
39回目ともなると、もうどうでもよくなってくるような。

20代前半の時に職場の同僚と行ったゲームセンターで「あなたの寿命」
というゲームをしたことがあるが、私は「38歳で死ぬ」と出た。
38か・・・。
まだ若いなぁ。でも、今から十何年後かだし、いいか。
と思っていた。
とりあえず、38年は生きた。これからは、どうなるのだろう。

「自分自身の心をコントロールすることが重要です」
なんていう処世術みたいな言葉があるが、
人生、自分でどうしようもなくコントロールできないことがあるから、
それに翻弄されるのも・・・悪くはないと思うが・・
なんて、そんなのん気なことを言ってる場合じゃないんだけどね。


:::::::::::::::::::
全然関係ないことを。

お気に入りのあるブログで、「何!?この人」と思ってしまうようなコメントをしている人がいたのだが、こんなことは良くないかなと思いつつも、そのコメンテーターに対してチクチク書き込んでしまった。
すみません、私です。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/23(金) 04:23:22 | | #[ 編集]
おめでとうございます
一日おくれちゃいましたが、お誕生日おめでとうございます。
以前は、本を読む事などほとんど無かった私も、最近は少しばかり本を読んでます。でも、ほとんどは購入せずに図書館で借りてますけどね。
2009/10/23(金) 14:04:53 | URL | katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
お誕生日おめでとうございます。♪

″才能あふれる文章″やはり間違いなかったと感じている今日この頃。

新人と呼ばれていた時から気になっていました。

さすが、本物。俺とは違う。これからは″前向きに明るくGO!″はどうでしょう。


きっと、ゆうこさんが明るい記事を書いたら、みんなのモチベーションもUP!しますよ。(笑顔)


もう一度、アホになってやってみませんか。僕にとっても最後のチャレンジなんですけどね。(苦笑)
2009/10/23(金) 23:17:38 | URL | YOSHI #-[ 編集]
☆☆さん、コメントありがとうございます!

なんだか、「39歳になってしまったわ~(´・д・`)」
という思いもなくはなかったのですが、
そうかぁ。そういう考え方もありますねぇ。
もう少しで、また同じ年齢差になってしまいますね。(笑)
そう思うと、年をとるのも、楽しくなります。
ありがとうございます。(´・ー・`)
2009/10/25(日) 05:40:53 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: おめでとうございます
☆katsueiさん、おはようございます(^o^)☆
私の誕生日へのお祝いのお言葉、ありがとうございます!うれしいです。e-68

図書館って、あの雰囲気がいいですよね。
といいつつ、返すのが面倒・・となってしまう私はほとんど行ったことがないのですが、
もっと活用しないと、本当はもったいないですよねぇ。
(街中を散歩しながら図書館に着いて、本を選んで、また歩いて帰って・・
というシチュエーションに憧れますが、山梨は車で移動するしかないことが多いです。
歩いて図書館・・・というのに憧れます。^^)
katsueiさん、ありがとうございます。
2009/10/25(日) 05:49:33 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
☆YOSHI さん、おひさしぶりです。コメントありがとうございます!
とてもうれしいです。v-411

> ″才能あふれる文章″やはり間違いなかったと感じている今日この頃。

YOSHI さん、"才能あふれる文章"というのは、私のこと・・(?)と受け取っていいのでしょうか。
(といいますか、すでに勝手に受け取っていますが(笑))

いえ、全然ですねぇ。
ブログは、「誰か聞いてえぇぇ~(;n‘д‘)η」という思いというか「飢え」が強く、
それで書いていますが、公開されてコメントもいただくとなるとさすがに、
自分だけの紙の日記帳に書き殴る風にというわけにもいかず、自然と鍛えられるとは思います。

> きっと、ゆうこさんが明るい記事を書いたら、みんなのモチベーションもUP!しますよ。(笑顔)

明るい記事って、そういえば、ないですね~。
私はけっこう「バカっぽい」のが好きなのですが、なぜか暗くなるんですよね。
うーん。YOSHIさん、確かに、ですねぇ。こんど明るい記事も書こうかな。
しかし明るい記事のほうが、意外と難しかったりするんですよねぇ。でも、書いてみようかな。

> もう一度、アホになってやってみませんか。僕にとっても最後のチャレンジなんですけどね。(苦笑)

もう一度…?ですか。
やはり、この年代になると考えます。
「アホになってやってみる」って、いいですね。
YOSHI さん、ありがとうございます。
2009/10/25(日) 06:06:36 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック