家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私の居場所は
2008年04月07日 (月) | 編集 |
昨日だかおとといだかその前の日だったか、地方新聞の全国面3面記事に、
小さくて弱いものに対する酷い行為が載っていた。
途中まで読んでしまった。
全部読むには耐えられなくて、思わず目をそむけた。

そのことを時々思い出しては、辛くなる。
だからか何だか、分からないけど、嫌な夢を見てばかりだ・・。
飛行機が家の近くに墜落しそうになる夢、
あとは忘れてしまったけど、嫌な夢だった。
今日の白昼夢は最悪だった。
歯を食いしばりすぎて、あごが痛くて目が覚めた。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


どれが本当の自分か。
家族と一緒の時
一人の時
うぴしと二人の時
パソコンに向かっている時
どれも本当の自分だろう。

でも、居場所、となると、
どこだか分からない。

どこが居場所か。どこが本当の
居場所か、となると、
考えても分からない。

多分、ずっとこれからも探し続けるだろう。
そのうち、見つかればいいけれど。

結婚しているから、パートナーがいるから、
家があるから
仕事があるから
そういうことじゃない。

いつかは、見つけたいんだけどね 


あーあ。こんな状態じゃ嫌だな。
37にもなって、大人と言えるのかね。 


線路はどこまでも続かない。
死んだらそこで終わり。



(ブログ拍手を取ってしまいました。今まで拍手してくださった方、ありがとうございます。)



コメント
この記事へのコメント
居場所かぁ。
いくつになっても、どんな環境に身をおいても、ふと考えてしまいますよね。

今の私なら、大切な家族との空間。
私を大好きと言ってくれる娘の傍らや、お帰りなさい言える相手がいる
空間こそが、居場所ですね。
たまに見失いそうになるときもあるけど…

でも、自分の存在が確認できる居場所って、
自分がここだぁって思えるのって、
なかなか見つからないというか、気づかないのかも。
存在意義まで、考えるとなお。

それでも、自分を思い、家族を思い、受け入れて寄り添い、生きたいです。
2008/04/07(月) 06:26:11 | URL | ryoko #-[ 編集]
♪ryokoさん♪
ありがとうございます。
ryokoさんの、このコメントをよく読み、はっとしました・・。
<<たまに見失いそうになるときもあるけど・・>>
そうですねぇ・・。今、ダンナの大きな声の笑顔と、
私を心配する母の顔が思い浮かびました。
ryokoさんのコメントを読んで、あたたかい気持ちになりました。
こうやって、私の内面の極めて個人的なことでうじうじ言っていられるのも、
私を包んでくれる家族あってのことですねぇ。
ryokoさん嬉しいです。ありがとうございます。
2008/04/07(月) 14:35:45 | URL | OK #-[ 編集]
OKさんへ
“私を包んでくれる家族あってのことですねぇ。”
うんうん!身近であればあるほど、気づけない存在の温かみ。
忘れたくないですね。

そんな風に気づけるOKさん、素敵。
でも、こうやってコメントを書いたり、読ませてもらったりしていると、
なぜか気づけるチャンスが多いんですよね。
素直になれるというか。
なんかいいですよね。
2008/04/07(月) 22:48:49 | URL | ryoko #-[ 編集]
♪ryokoさん♪
うーん、そうですねぇ。いや、私はもしかしたらryokoさんからコメントをもらってなかったら、
一歩間違うとただのセンチメンタルな人になってしまう可能性大でした。
こうやってコメントをいただいたりブログを訪問したり、自分や家族以外の、
いろいろな人の考えを知るというのは確かに、チャンスは多いですね。^^
2008/04/08(火) 00:46:25 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック