家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


光市母子殺害事件のルポルタージュ本、タイトルも被告の実名入りで思うこと・2
2009年10月07日 (水) | 編集 |
”2ちゃんねるで書き込まれていることは便所の落書きみたいなもの”という風に
言った人がいたが、それが意外とそうでもないと、私は感じる。
私が読んでいる朝日新聞の声欄の「朝日川柳」や「かたえくぼ」なんかには、
うんそうだよね確かに・・と思う句なんかがあるけれど、
2ちゃんねるでもたまに、「その通りじゃん・・鋭いな」というのがある。

きのう見たのをもう一度転載。

52 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 17:22:22 0
素人に懲戒請求煽って    
自分はトンズラしたバカがいましたね
   あれも死刑囚を利用した
      売名なんでしょうね

橋下大阪府知事がまだ府知事になっていない時に、橋下さんは元少年の弁護団に対して懲戒請求をテレビ番組の中で呼びかけた。
橋下さんの1~10までもが悪いということはないが、テレビ番組で懲戒請求呼びかけは幼稚な行動だと思った。
『○○君を殺して何になる』の増田さんは完全に「売名行為」だとも思わないが、
そう感じる部分は、ある程度あるような気がする。


81 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 20:42:36 0
>>70

そんなの人の生死観による


僕の姉は酔っ払いに車ではねられて死んだけど、その酔っ払いは謝罪も残さずに
自殺したらしい。

罪の意識から逃れるために簡単に「死」を選ぶ人もいる。そういった連中は
殺してしまうより、暗い独房で一生罪の意識を持ちながら、人知れず死んでほしい。

”死刑になりたかったから殺人をした”という理由で人を殺した人がいる。
「そんな奴は当然死刑でいい」という声が聞こえそうだが、
やはり私は、そういう殺人犯でも「死刑」にはしたくない。
外国では死刑を廃止している国が多いとかいう話を出す人もいるが、確かにこの時代、国際社会でいろいろな国と付き合っていくためにも、日本の人権意識が問われるということはあると思う。
外国云々・・そういうことだけじゃない。
(それにしちゃ欧米(オーベー)は人殺しの道具を持ち過ぎている気がするけど)
世の中から自殺はなくならないだろうが、私自身はそれでも一人も自殺してほしくはないと思う、というのと似ている。奇麗事と言われようがね。



104 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:19:48 O
このままA君が死刑になるのと本当に心から改心するのとではどっちがいいんだ?

106 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:31:41 i
心から改心して重労働で被害者に賠償金を貢ぎ続けるなら許容されるかも

108 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:50:38 0
>>106
さだまさし「償い」
*ただし鬼畜殺人犯は許されない

117 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 10:58:10 0
>>104
お前がムショに行って、つきっきりで改心させてやれ。自費でな。
お前が主観で「改心した」と感じても、塀の外には出すな。
Aが死ぬまで、一生おまえが自費で養え。

やったこと、裁判の経緯を知っている者から言わせたら、
こいつが反省して、しかもマジメに社会に寄与して生を全うできる性分の人間とは
到底思えない。

そうかもしれない。この、「元少年」(という言葉もよく考えれば変だが)が今の時点で本当に反省しているかどうかなんて、誰にも分からないだろう。
そして、死刑を存続させるほうがいいという人の中からは、必ず「生かしておくなんて税金の無駄」という言い方が、時々出てくる。

「厳罰化」というか、「世間が重罪に対して厳罰を科したい空気」というのは以前よりさらに、広がっていると思う。それは被害者感情・遺族感情からすると分かる気がするけれど、それとこれ(被害者や遺族のケア・更生という面)とは分けた方がいいと私は思う。
でも、裁判員裁判で殺人事件を裁くとなると、死刑判決を避けたがる人が多くなるのかなという気がするが・・。(検察側、弁護側の持って行きかたも関係してくるのだろうか。)


123 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 21:29:36 0
犯人の処刑台の処刑ボタンを被害者ないし被害者の遺族にさせればいいのに

124 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 22:22:34 O
>>123
てか一般国民も加えればいいと思う
携帯死刑執行ボタンみたいなのをすべての成人に持たせて、
一定以上の数を押されたら即座に死刑囚の足元の床が割れるとか

123:それでは江戸時代に戻ってしまう。
124:私の夫はそんなようなことを言っていた。国民の中で選ばれた人が何十人も死刑執行ボタンを持って、”「こいつ死刑」と思ったら押させる”とか。


153 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/10/03(土) 19:41:23 0
>>1
少なくとも妻と乳飲み子の娘を無残に殺したガキを殺せば、被害者の
本村氏の心情も多少楽になるだろう。
私見だが、私なら妻と乳飲み子を殺したガキがこの世に生き続ける
ことを許さないがな。まして、被害者の無念を差し置いてガキを擁護
するようなことを公の目に曝すようなセカンドレイプは断じて許されない
と思うが。死刑反対派の弁護士といい、この野田という屑といい、
こんな奴等がのうのうと暮らしてるなんてな。世の中間違っているよ。

そこまでは斬り捨て過ぎだと思う。「153」の人は単純に見すぎているように感じる。

死刑反対派の弁護士については、読めば読むほど法律的なことが出てきて難しい。あくまで私の考えでしか言えないが、
ただ単に、「死刑反対派の弁護士」ということで反発している人もいるかもしれないが、
元少年には殺意がなく、誤って殺してしまったように説明したあの記者会見・・・私は、あそこで出てきた和田さんという弁護士の”異常さ”が目に付いた。
死刑反対派の弁護士がいてもいいと思うし、いても当たり前だと思う。
でも、元少年を死刑にしないために「事実を捻じ曲げているのではないか」という印象を持った。弁護士はただ無罪を勝ち取るためだけにいるのではないと私は思う。少年は弁護を受ける権利は当然ある。でも、それとこれとは別問題で、安田さんの行動は理解できなかった。”「死刑反対派」だから”無罪にしたいとでもいう思いが伝わってきて、あの会見は不快だった。そしてもちろん、橋下知事が以前行った行動も理解できない。


163 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/10/04(日) 16:17:58 O
凶悪犯罪者をダラダラと生かしておくのは税金の無駄だろ?
執行しないならキチガイ法相の個人資産で連中の食費を賄え。

こういう風に言う人が必ず出てくる。
死刑制度とは、ただ税金の無駄遣いとかそういう問題ではないだろう。


いちばん最初の52に戻って、
この、『○○君を殺して何になる』という本を出した増田さんという人、名前を売りたいという気があるかどうかは知らないが、
元少年の名前を出す必要はないと感じる。
「東電OL殺人事件」という、佐野真一さんというノンフィクションライターが書いた本では、殺された被害者の実名が記されていた。
「被害者○○さん」という匿名ではなく、実名で書いてこそ・・みたいなことが書いてあったが、読み終わってみれば、ただ単に「晒した」だけという感じだった。作家自身の思い入れが強過ぎる。
佐野さんの本と『○○君を殺して何になる』という本は違うかもしれないが、確かに名前を出すのは法律に違反しているだろうが(だから弁護団が出版差し止めを請求しているんだろうけど)、
実名を出せばいいというものでもないような。

その前に、元少年の名前は、2ちゃんねるの掲示板でフルネームで○○△△と実名で出ているのを、たまに2ちゃんねるを見る程度の私でさえ、何回も見た。もう彼はすでに、十分晒され過ぎている。
だから、増田さんという著者や弁護団は何となく、「ずれている」という感じがしてしまうが…。


付け加えて、「犯罪者本人が見せ物になることが君のお役目だ」とコメントくださった方、
それはどうかな・・と私は思います。

のりピー(酒井法子さん)が覚せい剤で逮捕されて保釈された時のあのカメラのフラッシュのすごさ、スマップの草なぎ君が全裸になって逮捕され、移送された時の騒ぎ・・・
それらと、何か不祥事を起こして事務机を並べてその前で頭を深々と下げるお偉いさんたち・・・
それをテレビで流すテレビ局、テレビで受け取って溜飲を下げる視聴者・・・
そういう風景を私は思い出しました。
「晒せ」と「死刑にしろ」は似ていて、うまく言えないのですが、そういうところに日本人の幼稚な国民性を感じます。私自身も、そういうところがあるのは否めないということを承知で言っています。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック