家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


薬物注射による死刑執行の失敗例(アメリカ)。 自ブログ過去記事を振り返ります。
2014年05月29日 (木) | 編集 |
こんばんは。今日は少し重い話題です。
死刑制度の続き。約5ヶ月ぶりです。

私は以前(2013年12月16日)、死刑は刑であるが、国家による殺人でもある。
という記事を書きました。
その中で、
『私は、今の絞首刑は、残虐だと思います。
その点では、死刑を今すぐ廃止すのは無理でも、
薬物注射など、できるだけ苦痛の少ない方法に変えた方がいいのでは、

と、思います。』

と書いて記事を結びました。
しかし、薬物による死刑執行では、アメリカで失敗した死刑囚が何人かいる、
というのを(今年)4月になって知りました。
最期は眠るように・・という、ドラマや映画のような死刑囚の死を想像していました。
でも、違いました。
(死刑で「きれいな死」を想像する自分の心は、無意識にグロテスクです)


下に、アメリカで死刑囚に対する死刑執行が失敗した例を、リンクします。

■AFP BBニュース(2009年10月18日付)
AFP BBニュース 「 米国の死刑、執行失敗例では中世並みの悶絶」

■CNNニュース(2014年1月17日付)
死刑に使う薬物変更、10分間あえいで死亡 論議も 米オハイオ州 2014.01.17

■The Huffington Post国際(2014年05月01日付)
アメリカで死刑執行に失敗 死刑囚は意識回復後に死亡

AFPの2009年の死刑執行の失敗例では、
死刑囚は、『9月、ローメル・ブラウン(Romell Brown)死刑囚の刑執行では、致死薬注射が試みられたが、針を刺すのに連続18回失敗し、』という状態だったようです。
執行する側の不手際なのか薬物が合わなかったのかそれとも違う理由か不明ですが、
この頃はまだ、
「薬物の在庫がなく、本来とは違う薬物で失敗」という理由ではないようです。

2014年1月の例では、(一部抜粋、転載。色文字の部分)
米国ではオハイオ州など多くの州が死刑執行の際に薬物を投与しているが、欧州の医薬品メーカー各社が自社の製品を米国の死刑に使うことを禁じたため、代替薬の使用を迫られていた。
オハイオ州は、デンマークのルンドベック社が製造する麻酔薬のペントバルビタールを使っていたが、ペントバルビタールの在庫が昨年9月で底を突いたことから、マグワイア死刑囚の死刑では初めて、鎮静剤のミダゾラムと鎮痛剤のヒドロモルフォンを組み合わせて使った。

デンマーク製の麻酔薬の「在庫が底を突いた」という理由で他の薬物にしたら、
死刑囚が『約10分間にわたってあえぎ、体を震わせながら死亡した。』
ということです。

今年4月29日の失敗例では、(引用、抜粋。色文字の部分)
『死刑囚は最初の薬物が投与された約10分後に意識を失ったと宣告されたが、その約3分後に息が荒くなり、体を動かして頭を上げようとし、声も出したという。州は注入に問題があると判断して執行を中止したが、死刑囚はその後死亡。執行開始から約40分たっていたという。』(「The Huffington Post国際」が「朝日新聞デジタル」から引用)
これも、『ヨーロッパの大手製薬会社数社が、死刑執行のための薬物販売を拒否しているからだ。』(上リンクHuffington Postの記事より)
というのが理由でしょうか。

ヨーロッパの製薬会社が、死刑執行のための薬物を売るのを拒否していて、その代替として他の薬物を使ったら、死刑執行時に、死刑囚に著しい苦痛を与えた、
というのを私が知ってからもう一ヶ月は経っていますが、
なかなか重い内容で書くことができませんでした。
上にも書きましたが、繰り返し。
昨年12月16日の記事で私は、
『薬物注射など、できるだけ苦痛の少ない方法に変えた方がいいのでは、
と、思います。』
と書きましたが、それはちょっと、考え直すべきだと思いました。
薬物でも、「すんなりと死ぬ」わけではないと知ったからです。


スポンサーサイト

手抜きであっさりハンバーグ。(細けぇことはいいんだよ!?)
2014年05月23日 (金) | 編集 |
こんにちは。

この前私は、夕方になって焦ってしまいました。というのは、
夕ご飯を何も考えていなかったからです。
気がついたら夕方6時くらい・・。
体調や気分が悪いと、そういう時もあります。

その時に冷蔵庫にあったのは、かなり固めの木綿豆腐1丁(生協で購入)、
賞味期限が3週間は切れた豚挽き肉(密封・生協で購入)、
その他、卵や、中途半端に残っている野菜類。

どうしよう、間に合わないな。。と思ったときに思い出したのが、
以前(かなり昔ですが)の職場(病院)の給食の献立の、ハンバーグ。

ここからいきなり、その時つくったハンバーグの材料を紹介です。

豚挽き肉(300グラムくらいありました)

木綿豆腐(300グラム(約1丁))

玉ねぎ



そして、作り方。

木綿豆腐の水分を切る。
キッチンペーパーをぐるぐる巻きにして(水が切れればいいです。ケチらない)、または、
そこら辺にある、清潔なハンカチ(タオルではないもの)を豆腐に巻くまたは覆って、
水分を取る。

玉ねぎをみじん切りにする。
(私は、超急いでいたので、ミニチョッパー(フードカッター)で切りました。
まな板で切る場合、
粗みじん切りでない方がまとまりますが、そこそこみじん切りで大丈夫です)

ボールに、ひき肉と①と②、卵を入れます。
卵は、ハンバーグの具の「つなぎ」です。
卵を入れると、まとまります。
塩、こしょうも少々入れます。
塩は、パパパパパパパ、くらいです。

具材を、手でこねます。
この時に、手が汚れてしまって後で洗うとまた時間がかかる・・・という場合、
薄い使い捨てのビニール手袋があればいいですが、ない場合、
ビニール袋に手を入れて、その中でこねると楽かもしれません。

こねる回数は、私は、今回は53回でした。
(なぜ53回か、というと、
ギョウザの名人という人がテレビに出ているのを以前見たことがあるのですが、
具をこねる回数は44回、と言っていて、44回が一番よいそうです。
念を入れて、53回にしました)

ここで、「パン粉」をまぶして、パパン、パパン、とするやり方もあるのですが、
(そうするとまた食感が違う)
急いでいたので、省きました。

フライパンで焼きます。
フライパンに薄く油を引き、少し熱した後、
手のひらサイズ(私は楕円形の6センチくらい)に丸め、
厚さ1.5センチくらいの形にして焼きます。
中火よりももう少し弱火くらいで片面約5分、ひっくり返してまた5分くらい。
ご家庭のコンロの火加減によっても違うので、その辺は焼き具合を見ながら。
(5分だと、焼きすぎになる場合もあります。我が家は5分です)

ソースは、特に作らずに、完成したハンバーグにケチャップを丸型にかけて、
その中にソース(中濃)を落とす、という適当なやり方で食べました。


まとめです。

木綿豆腐がないわ!という場合、
ちょっとやりにくいかもしれないですが、絹豆腐でもいいかもしれないです。
(私は作ったことがない。今度やってみます)
豆腐がない場合は、豆腐なしでも、いいか!という感じで。
(そうすると、普通の、お肉だけのハンバーグになります)

そして、焼く手間隙の時間がない!という場合、
丸めた後に、レンジでチンしても完成します。
(その場合、500W(ワット)で3分くらいでしょうか。機種によって調節してください)
フライパンで焼くのではなくレンジでチンにした場合、
「蒸す」感じになるので、出来上がりは、焼くよりもしっとりすると思います。


まとめのまとめ。

ボールにひき肉と豆腐(木綿)とみじん切り玉ねぎと卵を入れて、塩コショウを入れて、53回練る。そして6センチ楕円形(厚さ1.5センチ)にして、両面およそ5分焼く、ソースはケチャップとウスターでも中濃でも適当にかける
という、ハンバーグ料理です。
豆腐が入っている分、胃にもたれない感じがします。

拍手コメントありがとうございます!以下、返信。U´・ー・`U

[READ MORE...]
景色が遠くまで見渡せました。5月18日
2014年05月18日 (日) | 編集 |
今日の写真です。
さっき、山梨の甲州市勝沼のぶどうの丘まで、一人で行ってきました。

(ブログアップの時間がなくなってしまいました。これは途中です。
すみません、画像・文章、あとで追加・追記します)※修正・追加しました!

日曜日、とても天気がよく、1年で最も気持ちの良い気候です。
私の家の台所から見える、景色。
倍率が高く性能の良い双眼鏡があれば、人が歩いているのも見えそうなくらい、
空気が澄んでいました。


空の色と雲の流れがきれいでした。
車を駐車場に停めて、ちょっと歩いて、私のお気に入りの場所に。
ここはさすがに、日曜日でも誰もいませんでした。
P1010560_convert_20140518183259.jpg
 ↑ ここは、とても眺めがいいのです。


ぶどう畑。
もう少し左上に行くと、勝沼ぶどう郷駅が見えます。
P1010562_convert_20140518183444.jpg
 

この花は、ジャーマンアイリスなのだろうか。
雑草だらけのところに、たくましく咲いている。
1998年1月の大雪で倒れたぶどう棚がそのまま朽ちている、後ろの背景。
F1000212 (1)ぶどうの丘 20140518


ぶどうの丘は、私が子供のころに(1977年)整備されました。
おそらく、その頃からずっとある看板だと思います。
F1000213(2) ぶどうの丘 20140518


ぶどうの丘が整備された翌年、親戚一同で、この碑の前で記念写真を撮りました。
その時はまだ宿泊施設も緑の木もなく、ぽつんと、記念碑があるだけでした。
F1000214(3)ぶどうの丘 碑 20140518


宿泊棟の裏側の施設に入って一休み。
セブンティーンアイスを食べました。^^
F1000216(4)ぶどうの丘 セブンティーンアイス 20140518


・・・・・・・・

ちょうど1年くらい前、友人が山梨まで遊びに来てくれて、
ここで一緒に景色を眺めました。
友人は、自分の住んでいるところとは景色がぜんぜん違う、山が・・
と、笑顔でした。
その時この場所での風は、昼間で、じっとしていると暑かった。
あの時はその後、ほぼ反対側のフルーツ公園へ行ったなぁ。
フルーツ公園、日が暮れて寒かった。

今日は友人は隣にいない。
風に吹かれ、そう思いながら、
柵によりかかって私は、しばらく景色を眺めました。
F1000218(6) 気持ちのいい風 ぶどうの丘 20140518


余談ですが、
本当は、母が使っていた、まあまあ立派な一眼レフデジカメで撮りたかったのですが、
なんと、出かける間際に、使い方が分からない!
メールで夫に聞こうにも、夫はバイクのツーリングに行っていて、
返事など期待できるわけもない。
最近デジカメにはまり始めた父に聞こうと思ったけれど、
説明に1時間・・でなくても20分はかかるぞ、そりゃ困ると思って、泣く泣く、
2003年製オリンパスの(多分)300万画素の壊れそうなデジカメと携帯を持って、
撮影。
オリンパスはメディア(カード)が古くて、使えたり使えなかったり。
でもまあ、なんとかここまで撮影できました。

今度また来られたら、
連れて行ってあげたいところが二つ三つ。U´・ー・`U


「美味しんぼ」について。
2014年05月12日 (月) | 編集 |
こんにちは。

漫画雑誌の、ビックコミックスピリッツ(No.24号)を買ってきました。
F1000211 スピリッツNO。24 5月12日発売 表紙

今、話題になっている「美味しんぼ」を読むためです。

~これまでの流れ~
■「ビッグコミックスピリッツ」22・23合併号(4月28日発売)の雁屋哲さん作の「美味しんぼ」(福島の真実編)に、[福島第一原発に取材に行くため主人公が福島県を訪れるが、そこで鼻血を出すシーンが描かれた]
というのが、今回の《騒ぎ》の発端。(なのでしょうか)
~その後の動き~
「美味しんぼ」の表現で抗議 福島・双葉町、小学館に 2014年5月7日
(朝日デジタル)
小学館発行『スピリッツ』の『美味しんぼ』(第604話)に関する抗議について(福島県双葉町HP)(2014年5月7日)
「県民への差別助長」双葉町が小学館に抗議 「美味しんぼ」の鼻血描写
(msn産経ニュース・2014.5.7)

参照:
■「美味しんぼ」作者の、雁屋哲さんのブログ
『雁屋哲の 今日もまた』

=================

私自身は、漫画(コミック)そのものをほとんど読んだことがないので、
この話題はツイッターで知りました。
それで、《問題》となった22・23合併号のスピリッツの「美味しんぼ」を読み、
今回も買って読みましたが、
なぜ今頃になって(原発事故から3年も経っているのに)、
漫画の作者が鼻血描写をしたことで騒ぐのか、と思いました。
「美味しんぼ」の『福島の真実』編は、今回で23回目の連載なのですね。
読んでみたら、雁屋さんが取材して作品にしたことも、もう、語りつくされている内容ではないか。それが、井戸川前双葉町長という実在の人物が出てきたから、《騒がれる》ことになったのだろうか。

しかし、「美味しんぼ」はあくまで、作者が描く作品、だと私は思うのです。
今回の号では、主人公の山岡が「しかし、驚いたよ。俺だけでなく、親父も鼻血が出ていたとはな。」と、”心配”している。これは山岡の物語であり、山岡の福島取材であり、その中で、前双葉町長の井戸川さんが出てきて自分の体のことを話しただけではないか。
双葉町は小学館に抗議(何の抗議だ、と私は思った)をしたのだが、
それはやり過ぎだと思う。


連休にお花畑へ
2014年05月09日 (金) | 編集 |
こんばんは。
連休も明けて3日経ちますね。
しかしもう、今日が何日何曜日なのかも分からなくなってきました…。
5月病というわけでもないし、
もうすぐ6月になるというのに、しっかりしないと。
(意味不明ですみません)

5月に入った4連休のうちの一日、
家からちょっと離れた県内の観光地に、夫と行ってきました。

連休は一日くらいどこか行きたいな、息抜きになるかも・・
と思い、北杜市明野の、「ハイジの村」に行ってきました。

4月にちょっと寄った、ハーブガーデン旅日記のチューリップはきれいでしたが、
ハイジの村にもチューリップや沢山の種類の花が植えられていて、
眺めたりして、楽しめました。
園内は、昔より広くなっていました。


このぬいぐるみは、私が友人からもらったもの。
連れてきました。^^
心なしか、笑顔・・・。
F1000190 ‏ハイジの村5月4日 2014 1


ほほーっ。チューリップ!
F1000193 ハイジの村 5月4日 2014年 2


こっちを向いて。
ちょっと、ピンぼけ・・・。^^
F1000192 ハイジの村 5月4日 2014年 3


連休の最終日、テレビを見ていると、
レジャー施設に子供を連れて行った親たちのインタビューが流れました。
「ガソリン代は上がったし・・
やっぱり近場がいいですかね」
「安・近・短、で(笑)」
といったような話が、ちらほらと。

この時期は…4月5月、特に時間があっという間に経つように感じられ、
儚くもあるような気がします。
母と同年代の人を見ると、
「昔のフラワーパーク、こんなにきれいになったよ・・」
と、心の中で私は、母に話しかけてしまっていました。



「戦略的『日本人的』コミュニケーション」をとった私
2014年05月07日 (水) | 編集 |
連休が終わりました。
何となく・・・疲れました。何が疲れたのだろう。

家事専業なのにもかかわらず私は(だからか)、きのうの夜、量販店で買ってきたアルコール度数19%のリキュールを、ロックで少し飲みすぎてしまい、酔いすぎてしまった。
で、阿呆だから今日は(珍しく、です)寝坊をしてしまった。私は毎日毎朝ご飯を炊いて、味噌汁を作っています(前日の味噌汁が余った時には、インスタントです。夫は前日の味噌汁は絶対に飲みません)が、自業自得ですが、今日は前日のアルコールのせいでしんどかった。朝、起きられずにいました。夫が作業着に着替えて出かける時になって(その作業着も私が用意するのですが、作業着・タオル・Tシャツの三点セットが出せなかった)、やっと起きて見送りました。
夫はいつもより少し、不機嫌でした。そりゃそうですよね・・奥さんが寝坊しているのだから。申し訳ない。ごめんね本当に、と何度か言ってしまった(何度も言われる方が余計ムカムカするかな、とか思いながら)。夫は「うん」と言っていたけど、目は笑ってなかった。当たり前。
我が家は朝は毎日NHKや民放テレビを流しているのですが、ちょうど夫が出かける2分前くらいに、韓国の大統領の顔が映った。韓国史上おそらく最大の船舶事故に、今度は電車の事故。大統領が責任を追及されている、という報道は毎日流れている。朴槿恵大統領の顔は表情が暗かった。支持率が急落しているという。

夫の話に戻って。なぜ、韓国の大統領の話が出てきたのか。
夫は私のことを心配してくれるし、地域の人や友人からも好かれて良い人です。しっかりしている人です。ただ、どういう理由かは知らないが、韓国人や中国人の不祥事になると(言い方悪いけど)「ざまあ」という話になる(私はそういうのは好きではない)。それを知っていて私は、テレビの中の朴槿恵大統領を見やりながら、「大変だよね、この人も」と、何気ないように見せかけて夫に言った。(不機嫌が少し直るのではないか、と思ったのです。)
その時、無言で不機嫌そうだった夫が朴槿恵大統領について言及した。「あのオバさん、ものすげえ強硬派っつうじゃん。それにオバさん、親の七光りだっていうし」と口を開いた。私は「へえ。それにしても大変だよね」と返事した。
その瞬間、「ああ、嫌だな自分」と思った。まるで、「いじめることで『絆』を強める」小学生のようです。
私が朝寝坊したことが原因の、夫の機嫌の悪さが"朴槿恵大統領への悪口"で、少し良くなったのだろうか、と、見送る瞬間に思った。

F1000170 4月27日の白いタンポポ 2014年


=======================

追記。上記の私の気分とは全く関係なく、韓国で相次いだ船舶や鉄道の事故について。
大体の人は、「韓国のことをあれこれ言ってる場合じゃない、日本だって同じようなもんだろう」と、韓国を悪く言う日本人や、延々と放送する日本のマスコミを苦々しく思っている人も多いだろう(私の夫については、大統領や韓国人への態度(思うこと)は置いておいて、事故については私と見解が同じ)。
しかし、一部では、
「やっぱり韓国は(韓国だから)ダメだ」などと言う人もいるかもしれない。

けれど、日本だって、原発事故や、中央道のトンネル崩落事故、JR北海道の脱線事故が起こっている。インフラが老朽化している部分の点検は徹底しているのか、効率重視になってはいないか、という部分では、
韓国とよく似ていると思う。対岸の火事ではない。


南スーダンの国連平和維持活動(PKO)での、昨年12月半ばの首都での戦闘。その時、日本の陸上自衛隊は。陸自井川隊長インタビュー。---「最低限の自衛だけは」考えた---朝日新聞より。
2014年05月03日 (土) | 編集 |
こんばんは。ゴールデンウィークです。
今日は憲法記念日でもあります。
読者さまの多少は関係ない、記事を書かねばと思いました。

PKO(国連平和維持活動)の、南スーダンでの自衛隊の活動のことが、
先日(4月21日付)、朝日新聞で報じられていました。
新聞紙面の画像をスキャンしたので、ぜひ、読んでみてください。
クリックすると、大きくなります。

【1】
img008_convert_20140503180745.jpg

【2】
img007_convert_20140503175957.jpg

【3】
img009_convert_20140503181138.jpg


【4】
img010_convert_20140503182049.jpg


紙面にもありますが、南スーダンの避難民が武装勢力に襲われても、日本の自衛隊は武力で対抗して避難民を守る、というわけにはいきません。
自衛隊自身が襲撃された場合、または襲撃されそうな場合はどうするか。
今回の井川隊長の判断は、本当にギリギリだったのではないか・・・
そのように思いました。

【2】の紙面画像の
「法改正か撤退か国民的議論を」 ---記者はこう見た---
より、一部転載。ここから===========
現地を取材した私の考えでは、選択肢は二つしかない。憲法解釈を見直し、PKO協力法なども改正して派遣部隊に避難民を守るための武器使用を認めるか、現地が内戦状態にあることを認め、「停戦」を前提とする現行法を順守して南スーダンから撤退するかのどちらかだ。
============

>PKO協力法なども改正して派遣部隊に避難民を守るための武器使用を認める

となると、そこを突破口に、次々にあらゆる理由をつけて、
自衛隊の武器使用基準は緩くなっていくのではないか、という危惧があります。
それに、「憲法解釈」ですが、
解釈で内容を事実上変えることが出来るとなると、
それは、憲法ではなくなってしまう。

そして、私が今日ブログを書かずにはいられなかったのは、
少しでも、僅かな人でも、
国家権力から自分たちを守る憲法のことに関心を持ってほしい、
そんな思いからです。


食料品にまで消費税をかけるのは、なぜか。(日本の場合)
2014年05月01日 (木) | 編集 |
またまた、消費税のお話です。

ツイートを貼って紹介させていただきますが、
『日本は 食料品への軽減税率を 導入しない?、できない? んでしょう?
明確な説明されたことあります?』
って、その通りです。説明されたことはない。

生きていくのに必要不可欠な食料品、
そしてどうしても必要な日用品にまで消費税を一律に掛けてしまうのは、なぜなのか。

食料品等にはかけないようにしよう、という議論もあったようですが、
実際には現在、消費税を納めなければならないということは、
食品日用品は非課税もしくは増税しないという議論は、立ち消えになったとしか思えません。

上に紹介した方のツイートの、国税庁のリンク。
こちら→https://t.co/QtfiPeO6Mvより、一部抜粋、転載。

===================
(税大論叢(44号~46号)>論叢46号)
食料品等に対する軽減税率の導入問題

・・・・
2 研究の概要等
(1) 逆進性の実態と対応策
(※管理人コメント:消費税に「逆進性」(収入が少ない世帯ほど、収入に対する消費税の割合が高くなってしまう)逆進性は、認めているようです。)
・・・・
(2) 食料品等に対する軽減税率制度のあり方についての考察
・・・・
イ 対象となる食料品の範囲(※管理人注:ここからが問題だと思う)

 軽減税率の対象となる食料品の範囲については、低所得者層への配慮という政策目的に照らせば、日常的な食料品に限定することが望ましい。
 しかしながら、家計調査などの客観的なデータに基づき、対象となる食料品を合理的な基準で選定することは困難である。また、「生鮮食料品」や「基礎的食料品」として特定することについては、既存の制度に確立した概念がないほか、食料品は一般的に生鮮なほど高価なものが多いといった問題もあり、生鮮食料品等の概念を用いて税法で新たに特定し、定義づける意義、実益は見出せない。そうすると、対象範囲を限定する方法としては、主要国にも見られるように、いわゆる贅沢品を限定列挙して軽減対象から除外することが現実的かとも考えられるが、贅沢品の範囲をどのような基準で特定するかなど問題も多い。
 このように、食料品の一部を合理的な基準で区分することは困難であり、また、食料品の中に税率区分を設けることは国民の間に混乱を生じかねないことから、過去の政府提案においても食料品全体が特例の対象となっているものと考えられる。
 また、軽減税率の設定は消費税の適用税率を異にするものであることから、対象となる食料品の判定に混乱が生じないよう、その範囲を明確にする必要があるが、これを法令だけで網羅的に規定することは不可能である。したがって、法令の解釈、あるいは予想される限界事例等について、通達等により予め統一的な取扱いを定めることが重要となる。

==========================転載終わり。

(※管理人注:下線は私が引きました。これを読んでみると(特に私が独断と偏見で下線を引いた部分ですが)、何だかんだ言い訳をしながら、食品は軽減税率を設けない方針、という風に受け取れます)


国税庁:「食料品等に対する軽減税率の導入問題」には、
食料品以外の生活必需品についても、書いてあります。
ぜひ、読んでみてください。