家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」
2012年08月31日 (金) | 編集 |
こんばんは。
写真家・福島菊次郎さんのテレビドキュメンタリーの感想・その他追記を書きました。

-----------------------------

この前、「紹介する」と書いた映画です。ちょっと間が開いてしまいました。
映画は多分、「もののけ姫」以来観に行ったことがないのでは・・・
(もののけ姫は”何となく”観に行ったような記憶が)
という私ですが、久しぶりに、「これは見逃せない!」映画です。
福島菊次郎さんのことを初めて知ったのは、今年7月21日付の山梨日日新聞の、~今 原爆を語る~という特集記事の、第6回目---〔被爆者追い続けた写真家 福島菊次郎さん〕です。
記事を切り取って、手帳に挟んでおいてしばらくして、
このブログのリンク先の、8月9日付のうごさんのブログ記事で、映画の予告動画を観ました。
うごさんの記事より、引用。
『40歳の時、プロカメラマンになろうと、離婚して、子連れで、
上京したという決断。その半生は半端じゃありません。
いったい、何が、彼にそうさせるのか?』


映画「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」~予告編~

とりあえず、映画の上映予定、山梨から一番近い新宿のシネマに、ネットの上映時間と合っているかどうか、聞いてみました。
K's cinema 
〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35-13SHOWAKANビル3F
03-3352-2471

今、映画「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」を上映中なのですが、
上映時間のスケジュール(10月5日まで)
■12:15 ■14:25 ■16:35 ■18:45
となっていて、9月14日(金)まではこの時間で、
9月15日~10月5日の上映は、■10:10 の一回のみになるということです。

『ニッポンの嘘』公式ツイッター(8月29日より)
=====『ニッポンの嘘』監督長谷川です。9月2日(日)新宿K's cinemaにて12時15分の回上映後にフォトジャーナリストで「DAYS JAPAN」編集長の広河隆一さんとトークイベント実施!ジャーナリズムの『今』についても色々とお話しを伺いたいです。興味がある方、是非お越し下さい!=====
ということで、9月2日、イベントがあるので多少上映時間は違ってくると思います。


『ニッポンの嘘』公式サイト|トップ

テレビ朝日の情報番組(番組名不明)の「山本晋也の人間一滴」というコーナー
91歳反骨報道カメラマン 福島菊次郎 原爆被爆者の叫び


毎日放送の、ドキュメンタリー映像です。

一度、ざっと見てみて私が印象に残っているのは、(5)の、5月の連休(2010年だと思われる)の米軍岩国基地の、年一度の一般開放の「米軍祭り」の様子です。
米軍基地会場で、幼稚園児くらいの女の子が、ビニールを膨らませた遊具で、楽しそうに跳ねている写真。
米兵とみられる若者3人にカメラを向け、撮る福島さん。気さくにポーズをとる若者。
「一般開放」と言っていますが、米軍基地の「お祭り」です。

写真のネガを見ながら、取材者に、米軍基地について話す、福島さん。

『昔撮ったものとは(2010年撮影のものは)突っ込みがまるでない。
基地が出来て3回ぐらい行ったけども 感じがだんだん変わった面から言えば
当初は明らかに(基地に)反対。
2度めの時はそういう抵抗感が全然なくなった。
今度はいよいよもう 和気あいあい。・・・・(福島さん、やや苦笑気味に(と感じた))
日本はアメリカの植民地になってしまった。』(そのまま書き出し)

抵抗の涯てに ~写真家・福島菊次郎の"遺言"~ (1)

抵抗の涯てに ~写真家・福島菊次郎の"遺言"~ (2)

抵抗の涯てに ~写真家・福島菊次郎の"遺言"~ (3)

抵抗の涯てに ~写真家・福島菊次郎の"遺言"~ (4)

抵抗の涯てに ~写真家・福島菊次郎の"遺言"~ (5)

抵抗の涯てに ~写真家・福島菊次郎の"遺言"~ (6)

山口県の柳井市で自給自足の生活時代には、自分で自分の棺おけを作ってみたり、
「自分は孤独死する可能性が高い」と話したり、彫金という趣味を持っていたり、
転んで擦りむいて腕から血が出て、振り返って、取材者に、「この調子」
と言ってみたり、福島さん自身がユーモラスなところがあって、
「いやぁ・・でも、自分で自分の棺おけ・・・私も作りたい」と思ったりして、
グイグイと引き付けられます。


映画の予告編では、福島の警戒区域の入り口で警備に当たる警官を撮っています。
「僕たち、写すのが仕事だからごめんなさい」
サッとカメラを構え(これが、カッコいい!)、シャッターを切る福島さん。

映画では、テレビのドキュメンタリーでは映しきれない部分も見られると思います。
これはぜひ、映画館に観に行きたい作品です。
自分と向き合うというような意味でも。

最新の情報は、こちらをご覧ください。
『ニッポンの嘘』公式ツイッター (nipponnouso) on Twitter


スポンサーサイト

「救い」とは。
2012年08月27日 (月) | 編集 |
こんにちは。暑いです。エアコンかけないとPCは使えません。
今日は「更新する」と書いた内容ではなくてすみません。
カテゴリは「ただの日記」です。

私はこの前ツイッターで知ったのですが、スペインで百余年前に描かれたキリストの絵を修復したら、「こんなんなってしまった」という話題を見て、笑いのつぼに入ってしまい、
1,2日してテレビニュースで見たような気がしますが、また昨日、ツイッターで流れてきて、そうしたら、今スペインでちょっとした観光名所っぽくなってるみたいな情報でした。
「元の絵」「修復後」両方観るとやはり笑ってしまうのですが、2ちゃんねるに書き込まれたコメントも良いです。
とりあえず、そのまま2ちゃんねるからコピペ&リンクを。

ここから。=====================================

【文化】「世界最悪」の修復キリスト画大人気!訪問者が急増…スペインボルハ市へ保存求めるオンライン嘆願書に1万8千人もの署名★2
1 :春デブリφ ★:2012/08/27(月) 00:43:46.85 ID:???0
★「世界最悪」の修復キリスト画が大人気、訪問者が急増

 「世界最悪の修復」でサルさながらに変貌してしまった102年前のキリストの肖像画
を見ようと、スペイン北東部ボルハ(Borja)を訪れる人々が数百人規模に急増している。

 この肖像画はスペイン人画家エリアス・ガルシア・マルティネス(Elias Garcia
Martinez)が1910年に描いた「Ecce Homo(この人を見よ)」で、ボルハ市内の教会の
柱に直接描かれている。傷みが目立ち始めたため、年齢が80代とされるセシリア・
ヒメネス(Cecilia Gimenez)さんが善意で修復を試みたところ、オリジナルと似ても
似つかないとして地元住民から苦情が殺到。静かな町だったボルハに、世界中の
メディアの注目が一気に集まった。

 肖像画は本来、いばらの冠をかぶせられたイエス・キリストの姿を描いたものだったが、
「修復」後は顔色の悪いサルのようで、目鼻立ちはバランスが悪く、頭を毛皮が
覆っているように見えるありさま。一部メディアはこれを史上最悪の修復と伝えた。
 25日には教会の外に、興味津々の訪問者の行列ができた。公共テレビ放送のインタ
ビューに応じたある女性は、「以前の絵も大変素晴らしかったけれど、わたしは本当に
これ(修復後の肖像画)が気に入っています」と語った。

 ボルハ市に原画を復元する計画を思いとどまるよう求めるオンライン嘆願書には、既
に1万8000人もの署名が集まっている。

【AFP=時事】【翻訳編集】 AFPBB News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120826-00000009-jij_afp-int
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/spain/?1345973937

元ニューススレ
【文化】キリストがサルに変身?19世紀の名画、素人が「修復」→えらいことに…スペイン★8
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1345942846/
※写真 キリストの宗教画の修復前(左)と修復後(AP)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20120824/dms1208241535016-p1.jpg

(注:下はちょっと面白いです)

4 :名無しさん@13周年:2012/08/27(月) 00:45:22.97 ID:
歴代の巨匠もやっていることだな
http://www.oesquema.com.br/urbe/wp-content/uploads/2012/08/EcceHomo_EliasGarciaMartinez_09.jpeg

==============================ここまで。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20120824/dms1208241535016-p1.jpg

ネット情報によると完成ではなくまだ修復途中・・ということらしいですが、
年齢が80歳代だというセシリア・ヒメネスさんという女性は、私が想像するに、自分の技術を生かしてというよりも、ボロボロになってしまった肖像画を見て「何とかしないと」という善意の気持ちが強く、その勢いだけで「修復」してしまったのかなという気もします。

上の修復後の、紙を巻いているのを表現している部分、上下とも、その部分がすでに原画と全く違っているような。というか、直接柱に描かれているのだから、「もうちょっときれいに・・」とやっているうちに巻きの部分が太くなってしまったのか。(でも「修復途中」だから直す予定でいたのか)
ネット画像だけでは不鮮明ですが、キリストの目線が、元の絵は「うつろ」というか「ああああ・・・・」という苦悶とも取れる目ですが、修復後は「ん?」と、きょとん・として可愛くも見えます。(「白目を剥いてる」とのコメントも)

まあこんな話題ですがすみませんもうすぐ終ります。

================2ちゃんねるのコメント再び。


108 :名無しさん@13周年:2012/08/26(日) 12:40:56.95 ID:
上にしかなかった「クルクル」が下にも描き足されているところに
この婆さんのセンスを感じる



247 :名無しさん@13周年:2012/08/26(日) 19:39:26.25 ID:
アインシュタインの名言
第三次世界大戦はどう戦われるか、わたしにはわかりません。
しかし、第四次大戦ならわかります。石と棒を使って戦われることでしょう。

ヤバいぞ この婆さん 予言者だ。世界の終末を描いてた。


※(海外の方によるコラージュという画像が貼ってありました)
blog-imgs-44.fc2.com/n/e/w/news020/EcceHomo_EliasGarciaMartinez_07.jpeg
http://grm10img.emol.com/Fotos/2012/08/25/file_20120825200837.jpg
http://grm10img.emol.com/Fotos/2012/08/25/file_20120825200936.jpg

(現地の様子だそうです)
blog-imgs-44.fc2.com/n/e/w/news020/ecce-homo-cecilia-538x300.jpg

=================

http://www.oesquema.com.br/urbe/wp-content/uploads/2012/08/EcceHomo_EliasGarciaMartinez_09.jpeg
歴代の巨匠の絵、間違い探しみたいな感じもします。



いじめられたら、どうすればいいのか。
2012年08月23日 (木) | 編集 |
こんにちは。体調を崩しました。夏バテのようです。気持ち悪い。
まだ調子良くないです。ブログ書いている場合ではないです。
しかし、スイッチが入ってしまったので。


本題です。
8月23日付の朝日新聞教育面を見ていて、気になることが。
頭の中に「これを書こう」という内容が残っているうちに。

いじめに悩む君へ 明日への助言

記事冒頭引用========ここから
 2学期が近づく夏休み終盤------。いじめに悩む子どもにとっては気が重い時期だ。学校生活をどう生き抜くか。最近、いじめの乗り切り方を具体的に助言する本やブログがお目見えしている。一部を紹介する。
==========ここまで。

■対抗せずうまくかわす。・・・玉聞伸啓さん
(「いじめと戦おう!」という本が紹介されている)
■孤独な時は漫画描いて。・・・高橋陽子さん
(漫画で、”ポツンと一人で座っている女の子”の絵。
(一人で椅子に座っていても)『マンガ描いてると場がもつんだよ』とある)

お二人の助言の言葉が①~⑩までありますが、
新学期に向けて 本やブログから
のコーナーで私が気になったのは、
②笑顔のトレーニング(いじめられると、人と話す機会が減り、笑顔が減る。暗い顔だと余計にいじめられやすくなる) ④陰の実力者を頼る とか、

ですね・・・。

ようするに、「いじめられて辛かったら逃げろ」ということは、一言も書いていない、
ということです。

「学校でいじめられても、うまく時間をやり過ごす方法」


とでも言いましょうか・・。なんかねぇ・・。

大津市での「いじめ自殺事件」以来、朝日新聞では、
「いじめられている君へ」 「いじめている君へ」 「いじめを見ている君へ」
という題名で、元ボクサーやタレント、作家など、いろいろな分野の人が子どもたちに話しかける形で、助言的な文章を載せていました。
一つ残らずではないですが、私もざっと読んでいました。
本になったそうです。

こちら→
完全版 いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ完全版 いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ
(2012/09/20)
朝日新聞社

商品詳細を見る


私が一番同感したのは、8月7日付の映画監督の井筒さんの、
”いじめている君へ”の「逃げて生き延びるんや」、です。
一部を紹介。(太字部分)
・・・・いじめっ子の中でも序列がある。弱いのは、いじめられたくないから反抗せずに従う。寂しいから強いヤツに寄ってく。
 根っこには退屈があるんだろう。ゲームにテレビに映画。時間つぶしのものばっか。いい大人が、百均ショップで売ってるような薄っぺらい道徳を君らに押しつけて、金だけ取ってる。
 僕は「逆境に勝て」とか、カッコつけたようなことは言わない。一つ言えるのは、そんなくだらん世界からは「全力で逃げろ」。いじめられてる子はもちろん、付き合いでいじめてる君も。


井筒さんは、「逃げ道がわからなかったら、通りすがりのおっちゃん、おばちゃんでもいいから、『困ってる』って言いまくれ」、とも書いています。
これは人によっては難しいかもしれないけれど、とりあえず、学校に行きたくなかったら、自分の部屋に立てこもって、親が「どうしたのか」と聞いてきたら、思い切って打ち明ける方がいいと、私は思います。
でも、そうはなかなかいかない子もいるかもしれない。そういう場合はどうしたら。
たとえば、「子ども相談室」みたいなのがあったらとりあえずそこに電話して、匿名で話して、
それから親に必死で訴える、とか。

映画コメンテーターのLiLiCoさんは10歳のときにいじめられるようになって、
「考え方を私は変えたよ」と書いていましたが、分かるけれども、なかなか、
そこまで強くなれる子はいないのでは。

いじめる子の方も、心に問題を抱えていると思います。
傍観者も、ちょっとした「空気」の動きで、あっという間にいじめに加わる。
私自身がそうでした。私の心の中の黒い部分です。

:::::::::::::::::::::::::::::::

井筒さんは、「ゲームにテレビに映画。時間つぶしのものばっか。」と書いていますが、
今はそれにメールやネットが加わって、SNSとか、もうワケが分かりません。
子どもタレントの「はるかぜちゃん」がツイッターで「死ね」と罵られたとつぶやいていましたが、まだ、はるかぜちゃんは11歳なので、そんなのやってて大丈夫かな・・と心配ではありますが。

話が逸れましたが、私は高校一年くらいから、学校という場所になじめなくなってしまいました。友達といえる友達は、一人も居なかったです。それは自分の性格が原因ということもあります。
その傾向は、今も変わっていないです。暗いのはしょうがないと開き直れれば楽になるのでしょうが、41歳の私でも難しい(否、歳は関係ないだろうか)。
でもあえて。暗くていけないということはないです。思いっきり暗い性格が、役立つ時がある。

これは以前にブログに書いたかもしれないですが、高2の時の地理の先生が、
ある日の授業でふと、
「悩んだ時には、本を読みなさい」と言いました。普段の授業の、何でもないワンシーン。
しかしこれは、心にずっと残っています。

それ以来、社会人になっても、何かあるとふらっと本屋さんに行って立ち読みしたり。
映画も、良い映画を見ると、ほのぼのしたりしますね。
ハリウッド製のアクション映画で、たくましい男性主人公が悪者と闘って退治して、普通死ぬでしょという場面でもピンピンしていて、最後は美女と結ばれる---こんな映画ばっかり観ていると頭が麻痺するような気がします。

(紹介したい映画・動画があるのですが、近いうち(一週間以内)に書きます。
(しかし野田さんの「近いうちに」は国民を馬鹿にしきっています。困ったものです))

すみません話が逸れました。

けれど、本当にいい本に出会ったのは、正確にいうと、ここ一年です。
6月30日付のこの記事や、古書ますく堂さんの記事でも書きましたが、古書店というか、
古本屋さんとの出会いは、とても大きかったです。
そして、
私が、何十・何百万あるか分からないブログの中で、今は一番、愛着を感じているブログ、
アナーキー読書感想文(うごさん)
との出会いは、私の人生に影響を及ぼすほどです。いえ、及ぼしました。
私は、「偉人」は完璧な人と思い込んでいたり、例えば山下清を「聖人」っぽく見ていたり、
うごさんのブログを読んで、「うーん・・自分は何も知らなかったんだな」というか、自分の見方は凝り固まっていた部分もある、と、かなり気づきました。
うごさんありがとう。何というかね・・ありがとう。

長いです。すみません。

もしも、性格が暗いということで悩んでいる人がいたら。
自分の性格が、世間一般からすれば「暗い」のではないか、と思っていても、そこが話しやすい、とあなたのことを見ていてくれる人はいるかもしれないです。多分います。
だからそれは、個性なのだと思います。

よかった・・ブログ書いてたら段々、気分が良くなってきました。
体調何とかなりそうです。



今年の夏の思い出
2012年08月19日 (日) | 編集 |
今年の夏の、宿題。私も、
「もうちょっとで夏休みが終わりだ~」という気分を味わってみようと思いました。

もこちゃん
8月上旬。姪っ子の誕生日に家に行ったのですが、
姪っ子がほかの事に夢中になっている間に、もこちゃん(ぬいぐるみの名前)を
連れてきました。きれいに洗い、脱水して乾かしているところです。
魚とりの網に捕らえられている猫・・・みたいな感じです。
母が、姪っ子にプレゼントしたものです。なかなか、リアルに出来ている猫です。


ゴーヤとはぐらうり
これも、撮影は8月上旬くらい。私がスケッチブックに描いた絵です。
ゴジラの尻尾のような怪獣みたいだな、と思った私は、
「見て、ジャミラだよー」と夫に言いました。
夫:「ジャミラはぜんぜんちがうような・・」 
ん?違いました。「ジャミラ 画像」で検索で見られます。
ゴーヤの絵の下に描いた植物は、「はぐらうり」というキュウリです。
ゴーヤは見たままをそのままに、はぐらうりは丁寧に描こうとしたら、
ゴーヤの方が生き生きとしていますね。食べるのに楽なのは、はぐらうりです。

ひょうたん?
これも、「はぐらうり」です。
面白い形になりました。あまり育ちすぎると、普通のキュウリとは違い重さもあって、
凶器のような感じです。
または、ボーリングのピン、みたいな。

モビルスィーツ
夫のお兄さんが、子どもと夏休みに「ガンダムカフェ」に行ってきて、
いただいたお土産です。人形焼。
モビルスーツ・・??かと思ったら、スィーツ、でした。
サンライズの承認シールつきです。

P1010337_convert_20120819171341.jpg
「大人のブロック」(勝手に名前付けてますが)シリーズ、
超ミニミニ・カマキリブロック(「レゴ」)みたいなものです。
甲府の雑貨屋に寄った時、私が自分で作ってみようと買ってきたものです。パッケージ。

カマキリの超ミニブロック
パッケージを開けてみたところ。
意外と簡単そう?
こんなに説明書が丁寧に書かれているのなら、私でも数時間でできるかな。


「天皇」「天皇制」について、少し。
2012年08月18日 (土) | 編集 |
こんにちは。マジョリティさん、この記事にコメントをいただいて、ちょっと時間が経ってしまいました。天皇について、思っていることなのですが・・・。
「天皇」と「天皇陛下」、呼ぶのにどちらの方が多いのか。どちらでもいいと思うのですが、ほとんど天皇と会う機会などないにもかかわらず、家族と会話する時には、「天皇陛下」と、気づくと言っていますね・・。なぜでしょう。で、皇后に対しては、美智子さんと呼んでいます。無意識ですね。私の場合「皇后さん」「美智子さん」とは言っても、皇后陛下とは、なぜか言わない。美智子さんが”私たちの”「お母さん」っぽいから?

あの記事を書いたのは、あの時(昨年11月)「天皇は過労死するのではないか」と単純に思ったからです。「天皇でないと(代わりがいない)公務」というのが、増えていってしまったように思えるんですね。何でもかんでも、「天皇に出席してもらおう」、のような。そんなに天皇や皇太子が来ることが重要なのでしょうか。

天皇は私が子どもの頃から天皇で、象徴ではあるけれども、「象徴」って何?と父に聞いたことがありますが、「例えば、家紋みたいなもんだ」と説明された覚えがありますが、よく分かりませんでした。
私は、「天皇陛下に会ったり、呼ばれたりした人って、すごい・・・。」と思っていました。無意識に、です。しかし、いろいろ知るにつれ(ここ何年かのごく最近のことです)、よく考えてみたら、第二次世界大戦(日中戦争・太平洋戦争)では、「天皇陛下万歳」と言って死んでいった人がそれこそ大勢いたし、戦時中、天皇・皇后両陛下の「ご真影」を守るために、学校では、私の、新聞で読んだ読者投稿欄のうろ覚えではなくネットで調べたところ、「奉安所」が設置されたそうですが、空襲時に奉安所のご真影を守るために死んだ教師、生徒がいたようです。
命よりまず「御真影」が気にかかり 水島朝穂~『三省堂ぶっくれっと』No.120 September, 1996 より。)

そこで、「なぜ1945年に天皇制はもうご破算・清算(天皇制廃止)と、ならなかったのか」、という疑問が湧きます。
「天皇陛下万歳」と言って死んでいった・・・なのに終戦になったらころっと変わり、同じ人物なのに「天皇陛下天皇陛下」と慕う日本国民・・・おかしくない? と、気がついたのは、繰り返しになりますが、私はここ数年です。で、今度は、天皇・皇后は日本国民を励ます役目なのか。
現天皇個人には、第二次大戦については何の責任もないと思います。
私は現天皇・皇后はどちらかというと好きだし、人柄も良いと思います。しかし本心を抑えて無理やり天皇制を「国民(というよりも国家)のために」続けているなら、もう天皇制をやめた方がいいのではないか、と思うのです。日本国民の精神的な柱として天皇制が続いているのかな。そのために犠牲になっているものは、何だろう。そんなことを思います。

天皇制についてあなたは全然分かってないな、と思われる読者さんもいるかも、ですが、
コメントをいただき、つらつらとこんなことを考えていました。



「みんなで決めよう『原発』国民投票」 について。
2012年08月17日 (金) | 編集 |
こんにちは。
「みんなで決めよう『原発』国民投票」について、です。
参照:たかしズムさんの【今井一氏の「原発国民(都民)投票」について思うこと】
ありがとうございます。ちょっと、遅れました。

原発をこれからどうするかという国民投票については、ツイッターなどで見かけていて、それに、私のフォロワーさんや、ブログを通じての友達も、都民投票の受任者で活動したことがあり、関心は持っていましたが、書くのは荷が(気が)重いというか、このブログでは、いままで取り上げませんでした。

「たかしズム」さんの記事より、
120804「原発」都民投票トークバトル 「原発をやめられない社会」をやめませんか?
上のリンクは、Ustream.tvの動画です。
(その前の、山本太郎が出ているという動画は見られませんでした)

山本太郎が、「みんなで決めよう『原発』国民投票」の賛同人から抜けたというのは、ツイッターで本人のツイートを見て知りました。

まず、この映像を見ての感想です。
たかしさんは、『何しろ、この討論は酷かった。四人で一人を「罵倒」するという、とんでもない番組になっていった。』と書いておられたのですが、5人がテーブルでトーク出演していて、福士敬子東京都議会議員だけが、
原発国民投票反対派です。
たしかに、今井さん千葉さん高橋さんがしゃべりまくっていて、福士都議が話せる雰囲気ではないな・・と思いました。

この動画の17分付近で、ツイッターで発言を積極的にしている、高橋裕行さんが出てきます。声が大きいですね。まあそれはおいといて、高橋さんの隣の人は誰なのか・・・どこかの教授らしいですが、あの人いる意味が分からなかったです。
千葉麗子さんは、妖艶な雰囲気を持っている方だという印象。やはり、芸能人です。
(なぜか、お酒飲みながらなんですよね、この会。今井一氏に千葉さんがしなだれかかっているように見える場面もあり、そこら辺が気にはなりましたが)
芸能人について。「脱原発」「原発反対」を表明する芸能人もいますが、私自身日ごろから注意しているのは、芸能人は自分が商品で、売れないとならないということです。
坂本龍一が世界的に有名だから売名ということはないだろうといっても、「広告塔」にされてしまう可能性はあります。「原発」国民投票に関心がない人でも、坂本龍一のファンなら坂本龍一の考えに寄ってしまうだろうということです。


しかし、まず。自分自身が反省です。チバレイ(千葉麗子)さんのことを、「しなだれかかっている」だの、高橋裕行さんは態度がデカイだの、
私はそんなことを言える立場にない、ということを、思い知りました。
「みんなで決めよう『原発』国民投票」について、実は自分の考えが何も無かった、
ということに、これを見てようやく気がついたのです。
ユーストの動画が撮影されたあの場所で、原発の是非を、「みんなで決めよう」と議論(になっていたかどうか...はともかく)している時点で、尊敬に値すると思いました。
政府批判をしながらも、何となく「最後は上の人(...って誰だよ)が決めたことに乗らざるを得ない」と思っている私などよりは、ずっと、誠実で逃げない姿勢です。(すみません自己弁護ですが、私は国政選挙や知事選で白票を何度か出すなど、抵抗はしています)

ユーストの動画の何分くらいだったか、(たしかチバレイさんが)
(原発)都民投票=反原発、じゃないんだよね」というようなことを言っています。
その一言に、
都民投票=反原発 と思い込んでいた自分の頭の偏り(というか無知)にびっくりです。
これを見てやっと気がついた感じです。(たかしさんありがとう)

高橋裕行さんが、「ただただ『命のためです』って言ってるんだったら、それは俺は民主主義じゃないと思う』と、25分付近で発言。
まあね・・・そうだよね・・。

で、みんなで決めよう「原発」国民投票のHPを見ると、
「脱原発」または「原発推進」を呼びかけるグループではないと、明記してあります。
こちら→みんなで決めよう「原発」国民投票・・・って何?
「★おまかせ民主主義から脱却しよう!」という、掛け声みたいなのがありますが・・
分かります。

反対さえしていれば、掛け声さえしていれば、原発がなくなるわけではない。
確かに、そうです。

ユーストの、高橋さんの発言の後、”20代から「no nukes」と旗を持って運動をしてきた”という47歳女性が、「今回『反原発じゃダメなんだな』と感じたのは、日本は法治国家で、議会のテーブルに乗せて、国会が最終的に日本のことを決めるっていう責任があるということが法律に謳われている。だから、『みんなで議会のテーブルに乗ろうぜ』会 なんだ、と・・・」と話しています。
「みんなで議会のテーブルに乗ろうぜ」会って、分かりやすい。そうですね。

「みんなで決めよう『原発』国民投票」とは違いますが、都民投票の場合の流れ。
分かりやすいイラストつき→原発都民投票
みんなで決めよう!「原発」都民投票 都民投票とは(2011.12.19))より。


けれども、です。
私は、原発を稼働させるかさせないかを国民投票で決めるということには、
あまり賛成できません。いえ・・反対、です。その理由は。
続きます。


伊丹万作の 「戦争責任者の問題」
2012年08月15日 (水) | 編集 |
こんにちは。
ちょっと更新の間隔が開いてしまいました。

今日は「終戦記念日」ですが、ブログ記事のカテゴリは「福島」です。

アクセス解析を見ていて、検索キーワード「伊丹万作 戦争責任者の問題」
が、13日から今現在まで、54アクセスです。
ありがとうございます。

「伊丹万作 戦争責任者の問題」------日本人はあのころと変わっていない。
私のブログの、2012年12月8日の記事です。

伊丹万作さんのことが、どこかで取り上げられたのかな、と思ったら、
やはりそうでした。
私は最近、新聞を読むのがしんどくなってしまい、遠ざかっていたのですが、
12日付の朝日新聞に、『伊丹万作の伝言』という記事があったようです。

伊丹万作 戦争責任者の問題
より、一部抜粋、転載。
 ・・・・このことは、戦争中の末端行政の現われ方や、新聞報道の愚劣さや、ラジオのばかばかしさや、さては、町会、隣組、警防団、婦人会といつたような民間の組織がいかに熱心にかつ自発的にだます側に協力していたかを思い出してみれば直ぐにわかることである。・・・・

私が下線を引いた部分に、「警防団」というのが出てきます。
今でいう、地域の「消防団」です。
私の夫の話を聞いていると、”消防団というのは、何ににでも使えてしまうのだな・・”
と感じます。
高齢化が進んで地域に消防団員のなり手がいない、といえども、
「消防団(警防団)の精神」というものは息づいていて、
悪用などという言葉を使いたくないのですが、そう思ってしまうのは、
福島県での、地域住民による、
放射性物質の除染活動に消防団も参加しているということがあるからです。

たとえば、
http://www.iwaki-ks.or.jp/ (NPO法人 いわき環境システム)
8月8日付で『放射線・除染講習会のご案内』というイベントが紹介されていますが、
==========
○対象者 地域で放射線測定や除染活動を実施する団体のリーダー(町内会、PTA、消防団等)
==========
とあります。

ソ連のチェルノブイリ事故の除染では、効果があまり期待できないと言われていますが、
福島では除染=地域に戻れること=良いこと のようにされ、
それに、除染=掃除ではないのに、被曝のことはなかったことのようにされ、
警戒区域が解除されたりしています。
放射線量は、大丈夫なのだろうか。大丈夫ではないと思いますが。

最後に。
伊丹万作さんの言葉を、紹介。
「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。

これは重要だと思うのです。

あれから、何度もだまされている。

何をどういう風にだまされたか。

だまされないためには。


「続きを読む」は、毎日新聞の記事を紹介します。
チェルノブイリで、大規模除染を断念したという、今年4月の記事です。全文転載。


原発国民投票について、もう少しお待ちください。すみません。


[READ MORE...]
『馬鹿な主婦』はいると思う。そしてそれは『馬鹿な○○』に置き換えられる。
2012年08月10日 (金) | 編集 |
「たかしズム」!たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログより。
私のブログを、管理人のたかしさんが紹介してくださり、
私もそれに応えて書こうという気が湧いてきました。

たかしさんの記事、今井一氏の「原発国民(都民)投票」について思うこと
では、ツイッターでのつぶやきを記事になさっていますが、
そこで、「みんなで決めよう 原発国民投票」について、たかしさんは、
『福士氏の言うように「夫の会社に言われたから、原発存続に投票します」という「バカな主婦」が多数を占める「日本の現実」を、今井一氏は、どう考えるのか?』
と書いていて、
「バカな主婦」に対してコメント欄で抗議をした人がいたことで、たかしさんは、かなり前の私が書き込んだコメントを思い出して下さったわけです。

分かります。これは・・・。
「郵政改革選挙」で、小泉さんがYシャツにノーネクタイで腕まくりをして(アレを「セクシー」とでも見間違ってか?)、「純ちゃーん!」と、黄色い声を張り上げたおば様方を、私はテレビで、「何じゃこりゃ」と思いながら見ていました。
そのおば様たちが、たかしさんのおっしゃる、「バカな主婦」の代表みたいな感じ・・・
なのでしょうか。
しかしこれは、「バカなおじさん」「バカなOL」「バカなサラリーマン」
「バカな市民」にも言い換えられるような気がします。

何が、バカにさせるのでしょうか?

やはり、私は、「テレビ」ではないかと思うのです。
あの頃も、ツイッターがある今現在も、「テレビの力」は、やはり大きい気がします。
テレビというよりか、踏み込んで言えば、テレビに限らず「既存の大手マスコミ」、
みたいな。
2ちゃんねるの情報が主な人は2ちゃんねるに傾くかもしれないし。
自分が接する機会の最も多いメディアが判断力を奪うのではないか、というか。

どっぷりテレビを見ていた私は、たとえば、死刑の方法は本で知ったのですが、
山口県光市母子殺害事件の遺族が「極刑を」と訴える姿を見て、「何て立派なんだろう」、
「犯人には死刑しかない」「無期懲役じゃ、甘い」と、思ってしまったのです。
しかしその後私は、問題はそんなに単純ではなく、犯人を死刑にすればいいというものではない、ということに気づきました。
その後、大阪や秋葉原で無差別大量殺人や凶悪事件も起こりましたが、
「テレビが煽っている」感は否めません。
大津の「いじめ自殺事件」では、個人情報を晒したり。ネットも然り、だと思います。

「バカな主婦」という表現について、の話に戻ります。

きのう私は、妹が置いていった本で、何か売れそうなものはないか、
探していました。偶然いい本見つかった、という感じです。

男と女の心が底まで見える心理学―愛される理由、愛されない理由 (知的生きかた文庫)男と女の心が底まで見える心理学―愛される理由、愛されない理由 (知的生きかた文庫)
(1998/09)
バーバラ アンジェリス

商品詳細を見る


という、本です。
著者は、バーバラ・アンジェリスさんというアメリカの心理学者(女性)。

その中から、p187の「中身のない愚かな女性」の部分を、そのまま転載。

ここから。====================
「僕がいちばん興ざめするものは、自分のまわりでいま何が起こっているかまったく知らず、自分の爪のこととか最新ファッションのことを考えるか、テレビを見るしか能のない女性ですよ。惚れ惚れするような美人は大勢いたけど、彼女たちが口を開いたとたんにがっかりですよ。何がいちばん大切なのか、さっぱりわかっていないんだから」
「男である僕にとって大切なのは、自分の愛する女性を誇りに思えること、彼女をどこに連れていっても、誰に紹介しても恥ずかしくない、彼女は自分のことは自分でできると思えることですね。確かに、美人やプロポーションが素敵な女性は好きだけど、僕がいちばん魅力を感じるのは賢い女性です。僕にはいい刺激ですよ」
 私の調査に協力してくれた男性たちも同じ意見だった----つまり、見かけ倒しの女性には魅力を感じないというのだ。すべての男性がIQの高い女性や高学歴の女性、あるいは知性を誇りにしている女性を求めているというのではない。男性の知的レベルも人それぞれだ。
 だが、男性は妻や恋人が身勝手で見かけ倒しの、自分のことしか頭にない人間だとは思いたくない。男性は次のような女性に不満を感じる。

●ファッション雑誌は読むが、新聞は決して読まない女性。
●他の女性のゴシップやワイドショーなどのテレビ番組、低俗な新聞で見つけた記事の話しかしない女性。
●軽薄で頭の軽い女性。
●自分を磨く努力をほとんどしない女性。

 口ではそんなことはないと言うかもしれないが、男性はどんな女性を恋人や妻に持つかで、自分がどの程度の男かを判断している。他のお琴が自分の妻や恋人をどう思うかは、男性にとって重要なことなのだ。男性は愛する女性を誇りに思う必要がある。
 しかも、男性はふつう、感じることよりも思考することのほうが得意なので、女性とは体だけでなく頭の相性もよくなくてはならない。心のこもった楽しい会話は、彼らの頭だけではなく、体にとっても刺激的だ。
 そして、愚かなまねをする女性、体を武器に男性をつかまえる女性、頭を使わない女性、”ふしだらな女”を装う女性、自分の能力をフルに活用しない女性は、その行為によって自らの品位を傷つけているのだが、そのような女性を見ることほど心が痛むことはない。
 不幸なことに私たち女性は最近まで、知性は男性の領域で、女性の役割は可愛い女になって、男性を幸福にすることだと信じるように社会によって教育されてきた。ありがたいことに時代は変化しつつあり、また、女性にも恋人や夫と同じだけの知性や才能がある。この事実に目覚めなくてはならない女性は、いまでも少なからずいる。
 男性は知性の領域では一歩先んじているので、女性は自分の進歩のなさにイライラして、”ただのつまらない女”というステレオタイプに逆もどりするすることも多い。
 これまで存分に知性を働かせてこなかったと思う人は、いまこそ変わろうと決心しなさい。まず新聞やレベルの高い雑誌や本を読むことからはじめよう。何もかも知る必要はない。だが、いま世界で何が起きているかを知るだけで、あなたは自分の能力に自身が持てるようになるだろう。もっとよく理解したいと思うものについて、どんどん人に質問をしなさい。賢くなればなるほど、あなたは自信にあふれ、彼はあなたに魅力を感じるようになるだろう。
 覚えておいてほしい。「賢さ」は「セクシー」だ!

======================転載ここまで。太字は私による。

いわゆる、「女性が男性にモテるためには」、のような「モテ方指南本」
みたいですが、意外と面白かったです。

太字の部分に一番共感したがために、この項目を全文転載しました。

訳が「~~しなさい」という命令口調なのが気になったり、「新聞やレベルの高い雑誌や本」を読め、と言っているけれど、私の父が「NHKは高尚な番組だけをやる。民放はくだらんものばっかだから見ない」と、けっこうトンデモなNHK大好きなのと同じで興ざめだったりするするので、バーバラさんの意見には私は全面的に同意はできません。
それに、
『「賢さ」は「セクシー」だ!』などと言っているけれど、
私は、女性にも男性にも、例えば、
「こんな頭が良さそうな人がこんなくだらないこと言ってる!」
「頼りがいがありそうなのに、寂しそうに悩んでいる」
などと、「ギャップ」にその人に対して「ドキドキ」を感じるので(感じることもある)、
ちょっと違うなーと、バーバラさんとはその辺も見方が違うのですが、
女性の役割は可愛い女になって
というところ、
「たかしズム」のたかしさんは、いえ、たかしさんに限らず私も、他の人も、
無意識に、「女性はそういうものだ」という植え付けをされてきたような気がするのです。
それは、逆に言えば、
「男性はこういうものだ」、と、男性女性すべてが思い込んでいないか?
ということにも、つながるような気がします。

私は作家の辺見庸のファンですが、彼の著書(「独航紀」だったと思う)に、『私は神経質な主婦のように掃除機をかけた』という文章が出てきます。(「神経質」は「ヒステリー」だったかもしれない。どっちにしろ、そういう表現だった)
たかしさんの記事で、私はその部分を思い起こしました。

すみません、まとまらなくなってきてしまいました。長いです。

「たかしズム」にコメントを寄せた方が怒るのは分かりますが、
「バカな~~」で、うまい例を思いつきましたが、
反原発デモで、例えば原発再稼働反対の首相官邸前デモで、若い人が広げてきたやり方に対し、「こんなのはデモじゃない」という60代団塊世代男性がいたとしたら、
それは「バカなおっさん(またはおじさん・オヤジ)」ということになります。
「軽薄な」という意味でもあります。

たかしさんの「バカな主婦」という表現には、私は、
こういう解釈をしました。

引き続き、原発国民投票のことは、また、別の記事で書きます。



山梨へのがれき、「受け入れなし」に。
2012年08月10日 (金) | 編集 |
このブログのトップにリンクしている、「山梨放射能情報ネットワーク」より。

山梨での瓦礫受け入れに関する情報

山梨県への、東日本大震災で発生したがれき受け入れについて、
8月8日の山梨日日新聞紙面で、
『宮城県、岩手県両県のがれきについて環境省は山梨県に受け入れを求めないことを決めた。』と伝えています。詳しくは、上のリンクからご覧ください。


山梨では、放射能汚染がれき受け入れに反対する有志の方が署名活動を立ち上げ、
たくさんの方々の署名をもらい、県庁に提出しました。
県議会では、「広域処理に協力すべき」という意見が強かったようですが、
「絆」という言葉で「みんなの力でがれき処理」など、新聞広告まで出して、
本来なら移動すべきでない放射能汚染がれきを都市部で焼却してしまった政府の罪は重いと、
私は思います。
震災がれきを受け入れている、
東京都の清掃工場から出る放射性物質の量がどのくらいなのか、
今ここではっきりとは分からないのですが、相当、
東京の空気(もちろん水も)がかなり汚染されてしまったのではないでしょうか。

沖縄にまで、がれきを運ぶという話もあったり、
大阪では正式にがれき受け入れが決まってしまいました。
山梨がラッキー、という話ではないです。

「なぜ受け入れに反対する?」と、ツイッターの中で揉めたこともありました。
放射性物質に汚染された震災がれきを受け入れること、無駄に広域に広げて処理して空気・水・土壌を汚染することは、「絆」ではないです。



タイトル未定です。とりあえず、アップです。
2012年08月09日 (木) | 編集 |
こんばんは。

おとといの夕方くらいに気がついたのですが、
「何か、”スイカの収穫”以外で今日はすごくアクセス多い!?」
と気づき、アクセス解析を見てみたら、
「たかしズム」!たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ
こちらのブログの、たかしさんが私のブログを紹介して下さっていました。
たかしさん、ありがとうございます!

記事は、こちらです。→今井一氏の「原発国民(都民)投票」について思うこと

私のことを、たかしさんは、「男性的」といっています。
コメント欄が興味深いです。
たかしさんの記事中、『馬鹿な主婦』について。
今日、偶然にも妹が置いていった本の中に、面白い見方を見つけました。
少々お待ちください。
原発国民投票について、『馬鹿な主婦』について、
私も記事を書こうと思います。ちょっと待っていていてくださいね。





広島への原爆投下から67年、広島平和記念式典について紙面で伝えない朝日新聞
2012年08月07日 (火) | 編集 |
きのう8月6日、広島平和記念式典が行われました。

私はその様子を、NHKで朝、見ていました。
広島に原爆が投下されて67年経ちました。
松井一実広島市長は、平和宣言の話の中で、「核と人類は共存できない」
と、言いました。
「核兵器」ではなく、「核と人類は」、と言ったのは、良かったと思います。
しかし、
原発そのものを廃止するべきかどうか、それについて明言しなかったのは、
物足りないというか、もう少し踏み込んで欲しかった気がします。

最悪だったのは、その後です。
広島市長の、「核と人類は共存できない」の「核」は、
東電福島原発の事故のことを連想せずにはいられず、当然、
原子力発電のことも含まれているのに、
野田首相は、
まったく誠意を感じられない、取って付けたような、
継ぎはぎして取り繕った文章を棒読みしただけで、平和記念式典の中で、
これだけひどい首相は今までいただろうか、と思いました。
時事ドットコム:野田首相あいさつ全文=広島原爆忌



そして、問題は朝日新聞の記事です。
私は今朝、6日の広島平和記念式典のことを読もうと、さっそく新聞を開きました。
(新聞批判はするけれども、とりあえず私は紙メディアが手っ取り早く、まず見ます)

ところが、いくら探しても、平和記念式典自体のことが、
出ていない。
女の子と男の子が出てきて、平和の鐘を打つところも、平和記念公園の写真もない。
どういうことなのだろう。
(山梨日日新聞では、少しではあるが、取り上げている)
朝日7日付一面は、消費税増税についてと、原発事故対応時の東電のテレビ会議ビデオについて、です。平和記念式典のことは、どこにもない。社説にもない。
高校野球とオリンピックとスポーツには、中央に9面割いています。

34面の社会面に、
焦土の花に希望重ね 8.6郡山の中学生、広島へ 「原発事故に負けたくない」との見出しで、郡山の中学生が広島平和記念式典に参加し、黙祷をささげたというニュースがありました。
そこから、中学生の一人の話を一部転載。
==========ここから。
「なんでこんな目に遭うんだろう」。同じく訪問したI.Aさん(13)=(郡山)市立三穂田中=も、事故が恨めしかった一人だ。
昨夏、健康被害を心配する母親と妹の3人で約1ヶ月、つてを頼り香川県に避難。しかし友達と別れたくないと母親を説き伏せ、郡山へ戻った。広島へ来たのは、「復興の原動力」を知りたいとの一心だった。
式で、高齢の女性から「福島から来たの?」と声を掛けられた。女性はいとこが被爆死したと語り、「大変だろうけど応援しとるけえ、がんばりんさいよ」と励ましてくれた。何げない一言が心にしみた。
「福島復興のために必要なのは、相手を思いやる気持ちを忘れないことかなって思った。友だちにも伝えたい」(小河雅臣)

==========ここまで。太字は私による。

> 福島復興のために必要なのは、相手を思いやる気持ちを忘れないことかなって思った。

それよりも私は、まだまだ中学生のあなたの健康がとても心配です。
朝日新聞はそういうこと考えていないんですかね。


子供たちの健康被害を憂う放射能汚染事情 福島県郡山市




このyoutube動画を見ると、郡山の学校等で測定した、
放射線量が出てきます。高い値です。

フィンランド製プロ用放射線測定器 ガイガーカウンター サーベイメーター RADOS RDS-30 Mirion Technologies (amazon.comより)
という測定器を使っています。


今、朝日web版ではどうかと思ったら、web版(朝日新聞デジタル)では、
広島平和記念式・野田首相あいさつ(全文)が載っていました。
これに対する朝日のコメントは見当たりません。

これからも、私は朝日新聞を読みます。
権力をチェックする/批判するという、マスコミがすべき仕事を朝日新聞は放棄して権力の手先になっているようなので、そういうメディアは、読み手がチェックしていかなければなりません。



8月3日、二人に対し死刑執行
2012年08月04日 (土) | 編集 |
ロンドンオリンピックの最中なのですが、二人の死刑囚に対し、
死刑が執行されました。

東京新聞:滝法相で初 2人の死刑執行 相模原・京都の殺人など:社会(TOKYO Web)
より、全文転載。
=========================ここから。

2012年8月3日 夕刊

 法務省は三日午前、静岡県三島市で女子短大生に乱暴し殺害した服部純也死刑囚(40)=東京拘置所=と、京都府と相模原市で計二人殺害した松村恭造死刑囚(31)=大阪拘置所=の二人の死刑を執行し、発表した。執行は小川敏夫前法相時の今年三月二十九日以来、約四カ月ぶりで、民主党政権下では三度目。被害者一人での執行は二〇〇八年四月以来。今回の執行で、未執行の確定死刑囚は百三十人になった。

 滝実法相就任後の執行は初めて。六月の就任直後の会見では「司法当局が死刑の裁断を下した以上、度外視した判断はできない」との考えを示していた。

 確定判決によると、服部死刑囚は二〇〇二年一月二十二日、静岡県三島市の路上でアルバイト先から自転車で帰宅途中だった上智短大一年生=当時(19)=を車に連れ込んで監禁し、乱暴。翌日未明、市内の山中で灯油をかけ、ライターで火を付けて殺害したとして、殺人や逮捕監禁、強姦(ごうかん)罪で〇八年三月に最高裁で死刑が確定した。

 松村死刑囚は〇七年一月十六日、京都府長岡京市で伯母=当時(57)=を刺殺し現金約二万円や背広を強奪。七日後の二十三日、相模原市で大叔父=当時(72)=を金属棒で殴り殺害、現金約三千円や携帯電話を奪ったとして、強盗殺人罪で〇八年三月に京都地裁で死刑判決を受けた後、控訴を取り下げ四月に死刑が確定した。

===========================ここまで。

重い気持ちです。

辺見庸・著の「たんば色の覚書 私たちの日常」p63,64より引用。

18 『世界には絞首刑用の鉄鐶(テッカン)をそれと知ってこしらえている工房がまだ存在するのであろうか。

19 世界には絞首刑用の鉄鐶をそれと知ってこしらえている職人が存在するのであろうか。


(※「鐶」・・・旺文社国語辞典には、『①金属製の輪』とあります。)

1ページ遡って。

17 「テッカン」という音も「鐶」という漢字も私は好きではない。音が乾きすぎていて、そのくせ、漢字がずいぶん偉そうなのも気に入らない。呑気な音で手の負えない性悪を隠しているような。だからかえって覚えていたのかもしれない。テッカン=鉄鐶は垂線と深い関係がある。垂線は単純なロープではないのだ。垂線の先端はいうまでもなく輪になっていて、その輪を二つの孔が開いた楕円形の鉄鐶でとめ、輪と頸(くび)にすき間ができないように人の頸の太さに応じて鉄鐶の綱を調節する。輪を人の頸にかけたとき、鉄鐶はぴたりとうなじの一定箇所に密着するのでなければならない。人の音と言葉を闇の中に宙吊りにし、やがては音と言葉を絶つためには、それより上でも下でも左でも右よりでもいけない。その厳密性を想像しない詩と詩人を私はこばむ。私は頸の後ろに密着する鉄鐶の冷たい感触を、自分のうなじに全感覚を集めて想像し続けなくてはならない。国家というものになにか感触があるとするなら、私のうなじにあたる鉄鐶のそれではないか。

私は、辺見さんのこの本を読む数年前に、絞首刑で人体はどうなるかというのを彼の別の著書で読み、それ以来、死刑に対して重く考えるようになってしまった。

要するに、死刑囚は「確実に死ぬようにしなければならない」。
「失敗」があってはならない。


「国家による殺人なのだから、
自分も死刑囚の殺害に手を貸しているようなものだ」といった、死刑制度反対派の人のブログやツイッターなどでの発言に対し、
私はその気持ちに少しでも近づこうとしてみた。
しかし、どうしても、実感がなく、そうはなれない。実感として、感じるのが難しい。

たとえば、「さつき」さんという人の、きのうのつぶやき。
この方は、死刑制度反対派のようです。

■さつき ‏@novluno
「ひとを殺したら償いが必要(ドヤァ)」ってひとからエアリプもらったけど、だから死刑にして殺してるのはわたしでありあなたなんですが、あなたはどう償うんでしょうか???他人ごとすぎ。ドヤ顔してるおまえがひとごろしなんだよ。気持ち悪い…

■さつき ‏@novluno
罪を償えなんて、誰に向かって言えるのか?「市民権」のあるあなたもわたしも、みんなで排除して殺して罪を背負ってる。死刑執行のボタンを押したのはあなたであり、わたしでもある。あなたは今夜眠れますか。


130人の死刑囚がいる。最近は死刑判決が多くなっているので、「死刑しなければどんどん増えていく」のか。それがすでに狂気だ。

自分の大事な人が誰か殺されて、「仇討ち」と称して犯人を殺せば、「殺した」実感はものすごいだろう。しかし私は今は、ツイッターでの「さつき」さんのように潔くは言えない。
自分も死刑囚を殺している一員という自覚を感じるのが難しい。

その代わりに、死刑囚が死ぬ直前の、
首の後ろの、「鉄鐶」の感触はどんな感じか(死刑囚しか感じることのない)、とか、
鉄鐶やロープは次の人に再利用するのか、
ロープだけで、鉄鐶だけ使い回しで、ロープは新調するのか、と、
そっちに気が行ってしまう。

だから結局、人を殺した殺人犯とはいえ、国で殺しているんだよね、犯人を。

「国で」、と書いて、自分が、という意識がない。そこが良くない、おそらく。






全然、つながらないかもしれない、ずれたことを私は考えた。

だったら、自殺は。

あるひとを自殺に追いやったのは、誰だろう。


最初から死にたくて生まれてくる人はいなく、生きている途中で死にたくなる。
「イジメられた」ことを苦にして自殺する若い人のことを報道しているのを見るが、
誰かが、死に追いやった。それは事実である。誰かが、死に追いやった。
「誰か」とは、教室でいじめを見ていた、その他大勢みたいな人たちも入る。


参照:
死刑について---『死刑絶対肯定論』という本。[2](2012年6月6日)



第五福竜丸の被曝隠し、乗組員のその後・核実験・福島原発事故の、原発被害県の漁業協会についてのツイート 8月4日追記。朝日がリンク転載記事を消せと言ってきた。
2012年08月04日 (土) | 編集 |
少し前のツイッターからのつぶやき情報になりますが(6月10日)、
1954年のアメリカの水爆実験による、第五福竜丸の被曝についてのツイートです。
まとめました。

ツイッターアカウント「@ngalyak 」さんの、連続ツイート。
今年6月10日に行われた、
原子力資料情報室(CNIC)市民科学 研究成果発表会の講演の様子です。
重要だと思った部分を、書き出しました。

参考ホームページ:
認定NPO法人高木仁三郎市民科学基金  市民科学研究 成果発表会のご案内(6/10) 
の中の
山下 正寿さん『ビキニ水爆実験被災船員の実態調査と事件の実相解明』

===================ツイートのまとめ、ここから。

HOSOKAWA Komei ‏@ngalyak
【第13報告】16:39-17:12 山下正寿さん「ビキニ水爆実験被災船員の実態調査と事件の実相解明」・ビキニ被災した漁船、全体の3分の2弱が高知県の船だった。

@ngalyak
・ひとつの船の乗組員の健康状態(聞き取り)調べるのに、だいたい3ヶ月かかる。各地に四散しているので。新聞記者が協力してくれて、なんとか追跡できた。現在の健康状態を探った。

・この調査中に福島第1原発事故がおきた。漁村地域のがれき処理の関係者のことが心配だった。放射能のこと知らない知らされないうちに被曝する(つまり、ビキニ事件と同じことが起きるのではないか)と心配。

・昨年6月、茨城県大洗を訪問、まず漁協の専務理事を歴訪。驚いたのは、みな「何とかなるだろう」「何とかして欲しい」という発想。とにかく放射能についての情報が現地に入ってなかった。ビキニ事件のことは皆、知っていたが、福島事故とつなげてはとらえていなかった。

・福島の汚染水の放出、漁協の了解など取り付けていない。漁民はみな、海底の汚染を実感してる。とくにウニが駄目。獲ってない。・ビキニ事件では内臓から汚染されたので、茨城特産のアンコウなんかでも「肝が危ないですよ」と伝えると、「肝を食わなきゃアンコウじゃない」という返事。

・10月には相馬に行った。ここも情報、全然はいってない。「あんたが漁業調査に来た初めての人だ」と言われた。底曳きやってるから、瓦礫がどこにどう溜まるかは分かる。潮の流れで分かる。

・漁に出られず、待たされているのが一番辛い。沿岸漁はしばらく駄目なので、高知などに来て、カツオ漁の研修を受けてはどうか、と提案した。後日、50人の若い漁民が遠洋漁業の研修に高知にきたので、嬉しかった。

・放射能は海水で薄まる、と水産庁は言う。ビキニでは薄まらなかった。海水温の差があると混ざらない。塊のまま移動する。高知の足摺岬の近くまで放射能水塊が流れてきた。福島沖は親潮あって、渦になって拡散する。そこはビキニの場合と違う。

・(配布の図版)ビキニ、キャッスル作戦の降灰分布と汚染濃度分布。第5福竜丸のほか日本船16隻が船体汚染された。第5福竜丸では3〜5Svの被曝だったと推定。

・健康状態を調べると、甲板員の死亡率が高い。中にいた機関員は生存率が高い。ガンも多いが、脳腫瘍が目立つ。血管破裂による突然死も多い。今、診察データの分析を医師に依頼しているところ。

(以下、質疑)細川理事:乗組員が四散しているのはなぜ? ── 山下:マグロ船は船頭が若いのを確保し、組で乗り組んだが、腕の良い船員は引き抜き合いがあって、あちこちの船に乗った。室戸船籍の場合、7〜8割は室戸の漁民、残りは全国各地から。三浦岬も、船籍は高知でも全国から乗組員を調達。

山下: 第5福竜丸よりも長く現場水域に留まった船では、第5福竜丸よりはるかに死亡率が高い。生存者がいない船もある。久保山愛吉よりも先に死んだ19歳もいる。海水を浴びたり、海に入ったりしていた。

山口響さん: 米国の公文書で分かったことは? ── 山下:ブラボー実験で米国本土・西海岸も被曝した。日本の5倍。予測に反して東に流れたことが記録されていた。核実験は、観測網をはりめぐらせたうえで実施したので、放射能がどう流れたかは全部記録がある。

貴田選考委員: 乗組員の曝露量は分かっているのか? ── 山下:マグロは測った(100カウントこえたら廃棄)、人間は測っていない。船を測るついでに測ったこともあって、500カウントを超えた例も記録されている。4隻ほど測って、乗組員が病院送りにされ、こっそり検査していた。

..こっそり検査していた。乗組員が抗議して、露見。その後、ほかの乗組員の検査はされなかった。政府は「第5福竜丸だけの被災」にしたかったのだろう。厚生省は乗組員の検診をすべきだったのに、していない。

・第5福竜丸の乗組員には「見舞金」を渡して、ほかの船から妬ませ、孤立させた。声をあげにくくした。今後福島への対応のあり方が同じようになるのではと危惧する。/以上、山下正寿さんの報告。

=====================ここまで。


山下正寿さん=(高知県太平洋核実験被災支援センター事務局長)。

福島第一原発の事故の前、2011年3月2日に、朝日新聞web版の”MY TOWN高知”に、
第五海福丸の元操機長だった、山中武さんへの取材記事が載っています。

ビキニ水爆直後の体験克明に 船員の日記57年ぶり発見 2011年3月2日

を、リンク。

(注:2012年8月4日:加筆)
※ここから、全文、このブログにリンク先からの文章を転載していました。しかし、朝日新聞大阪支社の方ですか??よく見ていますね。2011年3月2日の、東京電力福島第一原発の事故が起こる前ですが、それでもダメなのかな?勝手に下書き状態にされました。
ここを見てくださっているみなさん、「第五福竜丸の船員の方の日記」はとても重要なので、リンク先から読むことをぜひ、おすすめします。



---------------------------------

テレビなどを見て、「普通に」暮らしていると、
福島の情報は入ってきません。
まるで、北朝鮮の「将軍様」が国内の視察に行って、
輝かしい自国の工業製品や産業を褒め称えるように、
「福島は頑張っている」というような、そんな情報が多いです。

第五福竜丸に関して、私の感想意見を書こうと思ったのですが、
コピー&ペーストのみ、のような形になってしまいました。
こういうことを忘れていきたくないです。