家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天皇制と大相撲
2011年11月30日 (水) | 編集 |
デイリースポーツオンラインより、大相撲のニュースを紹介、転載。

================================

大関昇進の稀勢の里「精進します」 
(先代師匠の遺影の前で大関昇進伝達式で口上を述べる稀勢の里(中央)。手前は先代師匠夫人の高谷典子さん。奥は師匠の鳴戸親方=福岡市内の鳴戸部屋宿舎)

大相撲九州場所で10勝を挙げた関脇稀勢の里=鳴戸=について、日本相撲協会が30日、福岡市内で来年初場所(1月8日初日、両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、大関昇進を満場一致で決めた。

 これを受け、同市内の鳴戸部屋宿舎で昇進伝達式が行われた。場所前の7日に亡くなった先代師匠・高谷俊英さん(元横綱隆の里)の遺影が見守る前で、現師匠の鳴戸親方(元幕内隆の鶴)、先代師匠夫人の高谷典子さんと並んで使者を迎えた稀勢の里は「ありがとうございます。謹んでお受け致します。大関の名を汚さぬよう精進します」と口上を述べた。

(2011年11月30日)

================================転載ここまで。

すみません、天皇制と大相撲って、テーマがとても大きすぎるようなのですが、
取り上げてみました。

ちょうど今日昼間私は、
新しく大関になった「稀勢の里」の”大関昇進伝達式”の様子を見ていました。
厳かな雰囲気です。
相撲は「国技ではない」とされているようですが、「神事である」との見方もあるので、そういうことを言われるらしいのです。(らしい、としか今私にはいえませんが)
ただ、いろいろ「手をつけてはならないタブー」があったであろう相撲界も、
元横綱・朝青龍みたいに自由奔放な人が出てきてずいぶん、変わりました。
それに比べて・・・と、そこで私は天皇制を思い出しました。

天皇制の話に戻ります。
このまえ私は自ブログ記事で、「天皇は高齢なので、もう引退してはどうか」「もっと言うと天皇制廃止でもいいのでは?」と書きました。
”天皇引退”について、同じようなことをツイートしている人がいたので、紹介。
(リンク先の緑虫さん(@takashi_aso)のツイートより、赤い文字の部分)

:::::(2011.11.30) @takashi_aso 言われてみれば確かに。 RT @thoton: 同意です。今の天皇制は高齢者虐待です。 @4AG868686 @jijii_kuso 天皇制も隠居を設けるべきですね。定年退職みたいに。 死ぬまで働いておじいちゃんイジメにしか見えません:::::::

秋篠宮さんが誕生日の会見のときに、「今後の皇室のあり方を考えるときに、その過程で、天皇の定年制が必要ではないか」というようなことを述べました。
秋篠宮さん、よくぞ言ってくれました。
私も、そう思います。もう高齢の天皇には、ゆっくり過ごしてほしいです。

ついでにひと言。(このひと言は余計かもしれないが)
「被災地を心配する天皇陛下」を美談に仕上げて放送する大手マスコミ、
そういう演出はやめてください。


スポンサーサイト

ちくわ
2011年11月29日 (火) | 編集 |
ちくわのわーさんちくわのわーさん
(2011/10)
岡田 よしたか

商品詳細を見る


こんばんは。なんだか、疲れました。
何かを検索していて(何か、は忘れました)ニュー速まとめで見つけました。

「ちくわのわーさん」が、よいです。なぜか、「わーさん」なのですよ。
みなさんのコメントがよかったです。

-----------------------

マジキチな絵本みつけたwwwwwwwwwwwwww:ヴィブロ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/16(水) 23:03:42.67 ID:EVQzCOxu0


貫通型か

・・・・・ふう

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/16(水) 23:04:45.46 ID:6y3lMEiF0


なんぞこの触手的な物体はwwwwww

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/16(水) 23:05:59.61 ID:PpxIOlFs0


夢にでそう てか子供泣くだろこれ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/16(水) 23:10:42.38 ID:FlIlfcxn0


どっちが口でどっちがおしりなん


----------------------------

   ↑ 「どっちが口でどっちがおしりか」という疑問に一票!

体全体が一本の管なのでしょうか。

(微妙に寄生虫を思い出させる絵です)
(かわいいとは言い難いけど、ウケる)
(この本を姪っ子に買ってあげるかどうかは悩む)


政治活動って何?「政治的」って何?(´・д・`)
2011年11月28日 (月) | 編集 |
こんにちは。
ブログのカテゴリを「日本人気質。(?)」にしてみました。

昨日は、大阪府知事選と大阪市長選が同時に行われ、「維新の会」の松井さんと橋下さんが、
それぞれ当選しました。
今朝、ツイッターでも私はブツブツとつぶやいてしまいましたが、
「やっぱり」と思っただけでした。
2005年、「生まれて初めて自民党に票を入れた」という、私の父が言った言葉----
---「やっぱり、小泉さんくらい勢いがある人でないとダメだ」-----
を思い出しました。
(私はそうではありませんが、父は完全に「B層」な感じです
ちなみに夫は「自分の考えてることは間違ってない!」という自分党です)
(私は頭が文系ですが、いたって物事を科学的に見ようとするタイプです)
それぞれ個性があっていいなぁ U´・∀・`U  なんてね。

そしてもう一つ思い出したのは、小学校の給食で配られる牛乳に放射性セシウムが入っている疑いがあるからと心配している母親たちが何か活動をしようとしているときに、その行為(活動)が「政治的だ」と(誰が言ったのかどこの地域か忘れてしまったのですがツイッターで見かけました)言われた、みたいなことです。(牛乳の話は3ヶ月ほど前のことです)

参照:
<「子どもの未来を考える会 嵐山」>:『署名活動と政治』2011年7月25日付

日本では、「政治家」以外の人が子どもの健康のことを心配して活動すると、
「政治的だ」と見なされるようですね。
そして小中高生でも大学生でも、政治的なことを話題にしようとすると「キモい」だの
「引く」だの思われるのか、空気を読んでいるのでは?と私は勝手に想像しています。
例えば私の親せきが集まったときなども、「政治的な話」はタブーです。
(下手すると、「出しゃばっている」みたいに思われてしまう)
(皆さんの職場でも、そんな感じなのでしょうか・・多分)
曖昧に笑って、「困りますよねーー^^」と、かわいげに微笑んでいる方がいいのです。

私は日本でしか生きてきませんでしたが、日本って居続けると疲れます。精神的に。
放射性物質に対して「神経質になって」ストレスで寿命が縮まるのではなく、
「神経質にならざるを得ない状態を理解されない」のが原因で対人関係でストレスを抱え、
体調を崩す元になるのだと思います。
子どもの将来の健康のために、内部被爆が怖いと思うのは神経質ではなく当然で、
(大人も子どもも、内部被爆には注意を払わなければならないと思います。)
そしてそのために親が放射線を避けようと行動しても、これも当然のことなので、
「放射線さぁ、そんなに神経質にならなくても」と言う人に対しては、「そうだね~^^」と一応笑顔で返しておいて、あとは何回同じことを言われても、
「うんまあそうだね~(´=^・^=`)」と返していると向こうは飽きて相手にしなくなります。

(予約投稿です)


誕生死
2011年11月26日 (土) | 編集 |
fc2のアクセス解析の、「検索キーワード」を久しぶりに追って見ましたが、
ところどころで見られるのが、『誕生死』です。
このブログに近づくのさえ憂うつになっていましたが、このことは書こうと思いました。

生まれてくることができなかった命とは、
きちんと別れることが大事だと思います。

悲しみの波が寄せては返ってきてしまうという方、この動画を見てみませんか?

In Memory of Baby Ella Rose Cook July 17, 2008

海外の映像ですが、家族みんなで赤ちゃんとお別れをしています。
とても、あたたかな雰囲気です。
こんなふうにお別れをしてもらえた赤ちゃんもいることを知り、
少し救われる気がしました。

私は赤ちゃんと対面することもかなわず抱かせてももらえず、
「見ないほうがいい」の医師の一点張りであきらめてしまいました。
もっと食い下がればよかったのに、疲れてしまっていました。言い訳です。
そのあとは、赤ちゃんのことを忘れないでいるものの、記憶は封印しました。
そうならない方がいいです。

お別れをしっかり、する方がいいと思います。


2011.11.25(fri
2011年11月25日 (金) | 編集 |
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ブログを書くのに疲れてしまいました。
私はツイッターをしたりfacebookをしたり(つい最近また登録)
あともう一つ書いていますが、
ここがメインです。それは間違いないです。

すみません、疲れました。
(いろいろしすぎて、ということではなく、
原発事故も忘れられていくようなこの国に住むのが、疲れました・・。)
頭に来ることばかりです。
と、言いつつもまたすぐ復活するとは思います。
コメントのお返事ができずに、申し訳ないです。

TPPと放射能汚染と農協 (TPPは反対だが、農協も問題ありな気がする)
2011年11月23日 (水) | 編集 |
こんばんは。時間がなくなってしまったので、さっと書きます。

言論プラットフォーム「アゴラ」、
2011年11月10日。経済・環境ジャーナリストの石井孝明さんの記事。

「ぽかん」とした農業団体を助ける必要があるのか =福島の小さな農協の「鈍さ」から大きなTPP問題を考える

この中から、気になる部分を抜粋、転載させていただいた。

=================================転載ここから。(赤字は私の意見)

福島の農業団体をめぐり、興味深い体験をした。

「福島の農作物は放射能で危険である」。こうした風説を原発事故以来、流す人々がいる。こうしたデマについて私は義憤を感じている。(私の記事:放射能対策、恐怖克服で2次被害を抑えよ:http://agora-web.jp/archives/1397204.html) 

石井さんは「こうしたデマ」と言い切っているが、福島の農作物が危険というのがデマではない場合、つまり「実害が出るのではないか」という不安になる例はある。(お米から基準値以上の放射性セシウムが出た、など)(というか、基準値がそもそも高過ぎる)

::::::::::::::::::::::::::::中略
「福島の農作物の安全を取材したいのですが、検査体制、また現状の放射線量の影響分析を取材させてください」。私はいくつかの東京や福島県の農業団体に電話した。日本の農業団体は、地元の農協(JA)、県のJA、中央団体、さらに金融のJAバンク、農業補助金にぶら下がる多数の組織がある。複雑怪奇な状況だ。

まず情報を持っていそうな団体を見つけるのに一苦労。どの団体にも広報窓口はない。ある質問では、所管課と書いてあるのに「担当者がいない」「分からない」と5件ほどたらい回しにされ、結局「県に聞いてくれ」という回答だった。職員が放射能汚染問題の全体を、誰一人として把握していないのだ。

福島中通りを担当するJA新ふくしま(福島市)とのやり取りは滑稽味を帯びていた。地元農協は、集荷販売、営農指導を担当する。「現在の営農指導の状況」「組合員の紹介」「放射能対策」を教えてほしい、と連絡した。

すると、たらい回しの後で、「メールをあまり見ないのでファックスを送ってほしい」と言われた。今は21世紀のはずだ。返事があったが、質問に答えていないので、趣旨を明らかにして再度質問したところ、営農課からファックスが帰ってきた。

わざわざ大文字でしかも無記名。「大変申し訳ありませんが、お断り申し上げます」とだけ、ファックスに記されていた。理由はよく分からない。礼儀の面でも、広報体制の面でも問題だろう。

別ルートで地元の60歳代で、福島近郊の放射能被害に苦しむ大規模農家の方に話を聞いたが、「ああ、農協は役立たないよ」と苦笑が返ってきた。

消費者は放射能、そして価格、どうやったら買えるかに関心を寄せている。急成長の食品販売会社のオイシックス(東京)のホームページには、美しいレイアウトの中にそれが全部盛り込まれている。(HP:http://www.oisix.com/)

民間優良企業との質の差が大きすぎて比べるのは気の毒だが、社会主義的組織のJA新ふくしまのホームページをみてみよう。放射能対策と安全かどうかの状況、どこで買えるかという消費者に必要な基本情報が分かりづらいし、掲載されていない。農協は農家の販売代理の役割を担うはずだが。そして消費者に必要な情報はないのに、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)反対のページのバナーだけは目立つように貼ってある。安全の追求と消費者への広報よりも、無意味な政治運動の方が、この組織にとって大切らしい。(HP:http://www.shinfuku.jp/)

武田教授や小出教授を「トンデモ」みたいに言っているが・・・(武田教授はそういう部分があるかも)この記事を書いている石井さんは、私は放射性物質に対する危機感が無いと思うが(内部被曝の危険性を分かっていないのではないか)、
農協への批判は、的を得ている部分があると思うし、同感する部分も多い。


:::::::::::::::::::中略
■福島の農業をつぶしに来た人々になぜ立ち向かわないのか

私は怒るという感情は、福島の農業団体にはない。取材でつっけんどんにされるのは記者にとって日常茶飯事だ。それよりも福島をめぐる危機に、適切に情報面で立ち向かおうとしないことに驚いている。

福島の農業は風評によりつぶされようとしている。「東北では畑に青酸カリをまいたようなもの」と武田邦彦氏は語り、「福島は人が住めない」と小出裕章氏は繰り返す。武田、小出両氏は煽動の才能という点だけでは大変優れた方々だ。こうした人、そしてそこにかかわる有象無象が、「福島の農産物は危ない」と騒ぎ続ける。福島の農業を社会的に情報面から抹殺しようとしている。

> 武田、小出両氏は煽動の才能という点だけでは大変優れた方々だ。
というよりも、「なるべく内部被曝をしない方がいい」ということを伝えようとしているのだと思う。


悪質なデマへの反撃は、農家にとって急務のはずだ。しかし一戸ごとの農家がそれを行うことは難しい。福島の農業団体が行うべきだ。それなのに数多くの団体が意義ある反撃をしているとは思えない。そもそも社会主義国のように大量にある農業関係団体のどこが行うべきなのかさえ分からない。

情報面で福島の農家が風評被害に直面して、嬲られ続けているのは気の毒だが理由がある。農業関連団体が効果のある対策をしていないためだ。

■農業にぶらさがる人々を助ける必要はない

私はこれまで農業で、先進的な農家を何戸も取材した。農家、そして食をめぐる関連事業者は傾向として、トップクラスと、その他大勢のレベルの差が、思考面でも、行動面でも、倫理面でも他業界と比べて大きすぎる傾向がある。

メディアの注目を受けるほどの農家はどの方も大変優秀だ。革新的な農業を行い、消費者と対話し、自分で販路を切り開いていた。普通のビジネスと同じように「お客様目線」で、「売り方」「社会的意義」など関心を持ち、日本の農業を守る気迫を持つ方が多かった。

優れた農家はそろって農協を批判していた。地元JAを取材すると、確かにがっかりする例が多かった。一部の例外を除き、社会主義国の「コルホーズ」を連想するような効率の悪さを感じた。すべてそうとは言わないが、農協職員の大半にとって地方の「就職口の一つ」で、日常業務をこなすだけなのだ。農協職員だけで、全国に23万人もいるそうだ。本当に農家の役に立っているのだろうか。

おりしも、TPPの交渉開始が話題になっている。私はTPPに賛成だが、日本の農業にとってあまり関係がないと思う。今の農家の平均年齢は60歳代後半。数年中に構造を変えなければ立ち行かなくなることは自明だ。

「国際競争にさらされる農家を守れ」という主張が繰り返される。誰もがその「大きな主張」を肯定するだろう。しかし私は自分の見聞した「小さな話」にひっかかる。福島の農協、そして各地の農協でみた鈍さや非効率性が、日本の農業の足かせになっているのではないかという疑問だ。

私は日本の国土と食を守る、まじめな農家に協力したい。しかし農業予算にぶら下がって、「ぽかん」として役立たない人々を助けるつもりはない。

=============================転載ここまで。(太字、下線は私)

> 「ぽかん」として役立たない人々
というのは、農協幹部のことだと思う。普通の農家ではない。
TPP反対集会で挨拶するような、農協の幹部のおじさん。
あと、農協から票をもらっている自民党の人とか。



泉谷しげる
2011年11月21日 (月) | 編集 |
こんにちは。
カテゴリを「どっちでもいい話」にしてしまいましたが、どっちでもいい話でもないです。

私のブログは「天皇制を廃止したらどうかね?」と言ってみたり「おじさんに大根もらった」とか書いてみたり、脱原発を書いたり女子高生のひざ掛け腰巻を取り上げたり、なにしろ、ごった煮です。
コメントありがとうございます。
なんといいますか、恐縮です。シャキッとします。(`・へ・´)

ところで、少し前の話になりますが、
歌手で俳優の(なのだろうか)泉谷しげるさんが、「東日本の野菜を買おう、ライブで復興を応援しよう」と呼びかけて、ライブを開催しようとした話題です。

以下、「フードアクションニッポン」のHPより、転載、引用。

==============================

第1回 日比谷ライブ&マルシェ2011 ~東日本と愛をかわそう~
開催日 2011年11月12日(土)~11月14日(月)
東日本の野菜を買おう。
ライブで復興を応援しよう。

開催日:2011年11月12日(土)、13日(日)、14日(月)
開催場所:日比谷公園
ライブ:日比谷公園大音楽堂(野音)
(土・日) 14:00会場 15:00開演
マルシェ:日比谷公園にれの木広場
(土・日・月) 11:00~18:00
特別協力:フード・アクション・ニッポン推進本部

============================

ということらしいです。

その情報がツイッターに広まったとたんに、
「泉谷しげる許せん」「泉谷しげるにはがっかり」という、非難が殺到しました。
ちょっと、びっくりしました。
(何もそこまでソッコーで反応しなくても、と思いました)
確かにねぇ・・食べて応援は良くないけど。

(今見たら、泉谷しげるが「原発業界御用学者リスト」に載っていた。・・・。)
原発業界御用学者リスト @ ウィキ - 泉谷しげる

私は、泉谷しげるの呼びかけには違和感を持ちながらも、「泉谷しげるっていい奴なんだよなぁ」(泉谷さんすみません、「奴」とか言ってますが親しみを込めて)という感想でした。
泉谷さんで一番印象に残っているのは、テレビ朝日の「スーパーモーニング」で今から10年くらい前に取り上げていた、ある少年事件のことです。泉谷さんが、遺されたご両親を取材していました。
泉谷さんは終始深刻な顔で、殺害された少年のご両親の心に寄り添っている感じで、
「もしも早く警察が動いていたら、少年は殺されずに済んだかもしれない」という事件だっただけに、警察に対して、とても怒っていたのを思い出します。
テレビの取材で芸能人が行ったりしますが、これほど真剣に遺族に話を聞き、怒っている人は見たことがない、という印象で、私は、泉谷さんというとそのことが強く心に残っています。

要するに、「とてもいい人」で、それだけに誤解されることもあるのかな・・・
今回、本人がツイッターやブログで、「炎上後」の思いを書いています。
泉谷しげるさんのブログ

そして、泉谷さんで印象に残っていることは、忌野清志郎の葬儀で「バカヤロー」と言って、彼が泣いていたことです。
ああ・・よほど大親友で、うらやましいなぁそんな関係・・と思っていたら。
泉谷さんは、「忌野清志郎から絶交されていた」そうです。おどろきです。

うごさんのブログ:「アナーキー読書感想文」(2011年9月6日)より、リンク。
「ぼくの好きなキヨシロー」 加奈崎&泉谷
うごさんがブログ記事で、「ぼくの好きなキヨシロー」という本を紹介しているのですが、
そこから少し、転載させていただきます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::転載ここから。

 まずは、清志郎から「チャッピー」と呼ばれていた泉谷しげる。
 彼は、清志郎が入院する前から、絶交されてしまい、入院時も面会謝絶。
 確か、泉谷自身、清志郎の死を認めたくないと言って、葬儀には出なかった
 ような。その悔やみっぷりが出ていたのか、2009年の春だったか、
 池袋で私は、泉谷が「雨上がりの夜空に」を熱唱しているところに
 遭遇したのですが、何度も「キヨシロー!」と絶叫する
 彼の姿は、友を失った悲しみというには、何か別の絶叫にも聞こえました。
 それは、本書を読むとわかるのですが、泉谷しげるの清志郎に対する
 思いは、同じ芸能人・ミュージシャン同志というより、

 「世界で一番熱狂的な清志郎ファン」

 と言う以外ありません。しかし、悲しいことに、その好きで好きで仕方がない
 思いが、時には、余計なおせっかいな言動となり、そして清志郎を激怒させ、
 何度か絶交されるチャッピー。そもそも、一番最初に清志郎から
 授けられたあだ名は「ゲロ」。
 (※じつは泉谷は初ステージで緊張のあまりゲロを吐いた。)。
 彼の思いは、永遠の片思いだったのかもしれません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::転載ここまで。

好きで好きで仕方がない→絶交される って、すごいな・・そんな人間関係あるの・・
と、私は、ある種のショックを受けてしまいました。
なのでつい、うごさんのブログにコメントを書き込んでしまったわけですが、
私のコメントへのうごさんのお返事。
「ぼくの好きなキヨシロー」 加奈崎&泉谷
こちらでご覧になってください。
うごさんが、忌野清志郎について、
泉谷しげるについて、さらに詳しく書いてくださっています。

あと、ここ重要!
うごさんのブログ記事、面白いです。是非、訪問なさることをおすすめします。
「アナーキー読書感想文」(ブログトップです)

うごさん、世の中であまり知られていないような本を、たくさん紹介されています。
風俗・世俗関係のものは、私はけっこうお気に入りです。

(「夜と女と毛沢東」・・ある死刑囚も読んだらしいです。
辺見庸の本は私には内容が重くて読むのが大変ですが(でも好きだけど)、
これはサラサラと読めて、しかもウケる場所が多かったです)

今日はちょっと記事が長くなってしまいました。


天皇はもう、「天皇」を引退した方がいいと思います。
2011年11月19日 (土) | 編集 |
こんにちは。

天皇の体調がすぐれないようで、(医師団によると、天皇は「マイコプラズマ肺炎」で、抗生物質を投与したということらしいですね)心配です。
早く体調が回復して、ご本人のお気持ちも晴れるようお祈りしています。

ところで私がそんな天皇明仁を見ていて思うのは、
「もう、体力が限界ではないか」ということです。
天皇は現在78歳、12月23日の誕生日を迎えると79歳です。

そんなに、何が何でも国事行為は天皇じゃないとダメなものが多いのだろうか。

(すみません、私は憲法や天皇に関する法律などをすっ飛ばして、今、自分の頭の中にあるものだけでここに書いています。)
こちら参照→憲法第7条・天皇の国事行為

今の天皇や皇后の美智子さんは、とても温かくて、私は好感を持っています。
しかし、昔から窮屈でがんじがらめで古めかしい皇室に閉じ込められているという印象で、それは皇太子と皇太子妃の雅子さんにも当てはまっていると思います。
気苦労も相当なものだと想像します。雅子妃の心の病気がなかなか治らないのは、そんなこともあってだと私は思います。

「天皇はもう引退したらどうか」という話ですが、
皇室に関する法律を今すぐ変えるのが無理かもしれないのですが、いい加減、もう高齢になった天皇にはゆったりしてもらい、皇太子に天皇を交代するのがいいのではないかと私は思います。
高齢になった天皇が国事行為を執り行う様子は、私にはあまりにも痛々しく見えて、「もっとご自身の好きなことをして余生を過ごして欲しい」と感じるのです。

さらに、踏み込んで言うなら。

日本の皇室ももっと自由になっていいと思うのですが。
女性皇族は、
一人でも男の子を産まなければならないという重圧からも解放されてほしいです。

雅子妃の病気が4~5年目に入ったくらいのころに、私はこのブログを始めました。
検索でこのブログに「働け 雅子」や「ロイヤルニート雅子」というキーワードで来る人がいます。(検索することの是非はいいのです。最近も、「働け 雅子」という検索キーワードがありました)
そこで私は考えてしまったのですが、(これは私が自分のツイッターでもつぶやいたことですが)雅子妃は、「ニート」でも「働け」と言われる立場でもなく、すでに、
「皇室に永久就職した」、と捉えています。

なんといいますか、<皇室は日本人の家族の「手本」になっている>というか、「そうであって欲しい」みたいな空気が「世間様」の中にあり、(宮内庁や政治家やマスコミや「文化人」がそうしたいのか?という空気があるように思う、)私はそれにとても違和感を感じます。

さらにもっと踏み込んで言ってしまうと、
「天皇制を廃止したらどうだろうか」、ということです。


揺れ
2011年11月17日 (木) | 編集 |
おはようございます。大変な寝坊です。遅く寝ても、今までこんなことはなかったのですが・・・。

夜中に散歩に行ってお風呂に入って、1時半くらいに眠剤(リスミー1mg)を飲んで寝て、どれだけ経ったのか分かりませんが、私は激しい揺れで目が覚めました。本当に、揺れている!と思って大声で夫を起こしました。夫は「えっ?・・」と言っていたようですが私はそのまま、また眠ってしまったようです。
大きい地震はなかったらしく、よかったです。

自分が揺れていたのかな。寝てるのに。そういうこともあるんだろうか。
自律神経失調症かその類か何かかもしれないです。
季節の変わり目というのでしょうかね。

薬は、ODしたり飲みすぎたりはしていないんですよね・・少々忘れるということはあっても。

山梨の町は、夜はもうどこもやってないんだ・・この居酒屋休み?と思ったら私は、自分が12時近くに歩いていることに気づいていませんでした。携帯の万歩計が元に戻っていて、「これじゃ今日何歩歩いたか分からないじゃん!見とけばよかった。」と、がっかりです。


運転免許更新に行ってきました
2011年11月16日 (水) | 編集 |
こんにちは。

きのう私は、運転免許更新に行って来ました。
5年間交通違反をしていないので、「優良」(だっけな)のうちに入り、
講習を聞くのは30分で済みました。(でも長く感じたけど)
衝撃だったのは、5分間くらいのビデオ映像でした。
交通死亡事故が少し映ったのですが、
「死んでいる」と分かっていても病院に運ぶ決まりになっているのか・・・
救急車で運ばれる二人。
運転していた女性は救助すれば大丈夫のように見えても、動いていませんでした。
助手席の男性は一見軽いケガのようでいて、亡くなっているようでした。
私も交通事故に気をつけます。みなさんも、お気をつけて。もちろん、歩行者の方も。


--------------


帰りに、母の実家のある町の公園に寄って、ぶらぶらと散歩してきました。
この公園を通り過ぎることはあっても、車から降りて歩くのはとても久しぶりです。

いとこたちが母の実家に集まった時に、よく、この公園で遊びました。
「信玄堤」という所です。
小学校3年生くらいの頃を思い出していました。
ちょうど葉っぱの落ちる今くらいの時期、みんなで歩きました。
私達子どもはあちこち騒ぎながらブランコに乗ったり、ふざけたりしながら。
冷たい風と、落ち葉。
父と母は、珍しく二人で歩いていたような。

きのうは、
車に乗っているときは日に当たって、窓を閉めると暑いくらいだったけれど、
公園の林の中はひんやりとした空気で、少し寂しくて、木を見上げながら、
私は、「ああ・・・お母さんいないな・・」と、当たり前だけど思いました。

昔からある、遊歩道みたいに作られた、石が並んでいて、
それが土に埋もれそうになっている部分もあったけれど、まだ「道」だと分かる状態で、
それを見たらうれしかったです。
少し土手状に高くなっていて、そこにアスファルトの道がありますが、
私は「あっ、道だー」と、一人つぶやき、その遊歩道を歩かずにはいられませんでした。
歩いているだけで、楽しかったです。

小学1年くらいの時に泳いだ川も少し覗き込んでみたくて、川の方に近づきました。
そうしたら、公園沿いにある施設の中のイチョウの木の葉が黄色いのに気づきました。
その黄色があまりに鮮やかで、見とれてしまいました。

公園沿いには、昔と同じでお墓もありました。
私はしばらく、お墓をぼーっと見ていました。
午前11時半くらいになっていました。

:::::::::::::::::::::::::

帰りに、まったく知らないおじさんに「大根持ってくか?」と声をかけられました。
戸惑いながらも大根を1本、もらいました。
大根が山のように積んでありました。
新聞紙をもらって大根を包む間、私はおじさんに「育てていらっしゃるのですか?」
と聞いたらおじさんは、
「ううん、もらっただよ」と言いました。

大根は葉っぱが大量でバッサバッサしていて、車に着いた私は「どうしよ・・」と思いながら、交通安全講習でもらった「安全運転自己チェックシート」と薄い冊子をトランクに敷き、
葉っぱの部分をそこに置いて、大根を持ち帰りました。

***************************

免許証の写真。
5年前に比べて、私は顔がかなり丸くなってしまいました。
夫に「これ見て。いやじゃんねー太った。(笑)」
と言ったら、夫が「んー。かわいいじゃん」と。
意外な言葉に少し照れつつも、うれしかったです。


2011年11月5日(土)の脱原発@渋谷原宿/ツイッターデモ&経産省前テント広場
2011年11月11日 (金) | 編集 |
こんばんは。
再びこんばんは。(すみません、書き直しです)

11月5日、私は脱原発のツイッターデモに参加してきました。
まずは、前回8月27日のもそうでしたが、今回も私に同行してくださったTさんに、
お礼申し上げます。
ありがとうございました。
前回よりも、手製のプラカードを持っての参加の人が多いと感じました。
これは良いアイデアだと思ったのは、「静かなゆるいゾーン」を設けて、
車椅子を使う人やベビーカーもゆっくり参加できる雰囲気になったことです。

行って良かったです。
ツイッターデモの写真画像を見てみると、
先頭の方に美女が4人!横断幕を持っています。(きれいなお姉さんたちだった!)
あと、ドラムや太鼓を叩いている人たちが、イケメンです。(これは重要!)

個人的には、このブログをずっと見てくださっている方はご存知だろうと思いますが、
ゴールデンレトリバー犬の、ラグの写真ボードを持って行って良かったと思っています。
ラグが福島から家族と離れざるを得なくなった怒りをぶつけてきました。

限界(玄海)原発を再開してしまったのには、ものすごい怒りを感じました。
なんで?なぜ。

----------------------

福島について、気がかりなこと。

同行してくださったTさんは最近、福島に行ってこられたそうですが、
共産党の人が作成した放射線量計測値のマップを、私に見せてくれました。
福島高校がありました。福島市です。
驚いたのは、1μSv/h以上のところがほとんどで、低くても0.9μSv/h。
1.4くらいが平均でした。
観測地点は福島市の至るところ・・・数十箇所くらいです。

1.4μSv/hなんて、人が住んでいてはいけないのでは?と思うのですが、
住んでいる。
健康被害が出てきてしまい、「避難せざるを得なくなる」という事態になるのだろうか・・
と思いました。
とにかく、福島に住んでいる人の健康が心配です。
山梨からも、福島に野菜等を送る支援団体の方たちがいて、
そういうところでつながるところだけつなげて・・・
とにかく、13日の女子駅伝はやめてほしいのですが。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

Tさんはツイッターデモに行く前に、取材に行くとおっしゃっていました。
こちら→経産省前テントひろば
『経産省前にみんながやってきて脱原発の広場にしてほしい。』とあります。
ここに人があふれて、ウォール街みたいに人がたくさんになったら面白いのに、
と思います。
分からないのは、「なぜ右翼がテント広場に嫌がらせに行くのか?」ということ。
右翼は国粋主義なんでしょう。じゃ、脱原発を支持すればいいじゃん。
放射性物質は日本を破壊するので、嫌がらせは愛国者らしくない行為ですね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

泉谷しげるのことが気になります。
興味深いエピソードを、あるブログで見かけたのを思い出します。
記事にします。


TPPについて---農協を通さないで米を販売する米農家の意見
2011年11月10日 (木) | 編集 |
こんにちは。
朝日新聞2011年11月3日付・7面より。

攻防/TPP賛否を問う
減反やめ 海外に目を
より、全文転載。

(すみません。書き忘れた部分を追加)

転載ここから。


<コメ輸出を手がける農業経営者 佐藤彰一(さとう・しょういち)氏>
 1998年に仲間の農家7人とコメの加工・販売会社「米(ベイ)シスト庄内」(山形県庄内町)を設立。102ヘクタールで独自ブランド「めだかのお米」を生産。消費者に直接販売し、輸出も手がける。57歳。

----佐藤さんは、コメの海外輸出の草分けです。きっかけは?
 「減反なんかせずに、田んぼ全部でコメを作りたかった。3年前、コメを作っても輸出向けの作付けは減反にカウントできる制度ができたので、やってみようと。俺らが作ったコメが海外でどんな評価を受けるのか試したかった。5㌔袋一つからスタートしたが、10㌔になり、1㌧になり、豪州、ロンドン、パリ、ベルギーと、2009年産米は60㌧輸出した」

 「パリだったら、2.5㌔のカリフォルニア産あきたこまちの価格は11ユーロ(約1200円)。日本産コシヒカリは38ユーロで売られているが、うちのコメは、農協などを通さない単純な流通なので17ユーロ。勝負できる」

----順調ですね。
 「とんでもない。3月11日の大震災を境にがらりと変わった。原発事故で7月まで輸出が止まり、10年産は在庫40㌧を抱えた。輸出業者から『風評被害で売る自信がない』と言われ、11年産の輸出はゼロ」

----努力が台無しに?
 「そうは思わない。リスクはあっても、海外には日本のコメが売れるマーケットが絶対にある、という確信がもてた。先日も、中国の富裕層が日本のコメを食べているというので、インド人から 『うちの富裕層向けにも出してほしい』と頼まれた。国内ばかりに目を向けず、グローバル需要をとらえるべきだ。日本がTPP(環太平洋経済連携協定)にどう対応すべきかという点からも、自分なりに小さな扉を開いたんじゃないかと思っている」

----TPPを推進すべきであると。
 「いまは賛成とも反対とも言えない。農業政策をどう見直すのか、政府の考えを見極めたい。国内でコメが余り、作らせないようにしたのが減反。減反はやめ、大豆などの転作作物を作ってもらうために投じている無駄な税金を、分散した農地の集積など競争力の強化策にも使うべきだ」

----経済界も、TPPをてこに農業改革を断行すべきだと言っています。
 「ただ、経済界もコストの安さだけを求めて海外に工場をどんどんつくった結果、国内の雇用がどうなったのか、もう一度振り返ってみるべきではないか。農業を効率化すれば、農村に人があふれる。輸出で潤う企業に対し、こうした人たちの雇用を義務づけたらいい。企業栄えて国滅ぶ、では元も子もない」

(聞き手・大津知義)



========転載ここまで(一部、太字は私)。

原発が事故って危険猛毒物質(放射性物質)が海に垂れ流されているところに、
TPPときたものです。
ツイッターのTL(タイムライン)を見ていて、頭が混乱しています。
「ネットウヨク」とされるような人たちや、その反対系の人が「TPP反対」と共に闘っている。そして、自民党と共産党の議員までが共にTPP反対で手を組んでいる光景も見られる。

このブログの読者様、そして「TPP」「サルでも分かるTPP」などで来られた方、
私が中途半端なところがありますが、これだけは表明します。

私は、TPPには反対です。
しかし!


しかしね。

上の転載記事の米生産業者さんの言っていることは、もっともだと思うのです。

太字の部分、
『農協などを通さない単純な流通』というのは重要だと思います。

私が知っている部分だと、山梨県の桃の生産です。
私の母(故人)は、2005年、2006年と近所の桃の共選所に短期アルバイトで行きました。
桃農家は桃を収穫すると、農協に出荷しますが、
”手間隙かけてなるべく農薬を少なくしたり土に除草剤を使わない桃”も、
”農協が売る農薬を桃の病気予防に散布して、除草剤も使っている桃”も、
農協に行ってしまうと(サイズが同じだと、ということだと思いますが)、
買い取り価格は同じだそうです。
実際に、母の友人は桃農家ですが、「農協に出すといくらにもならないから、知り合いに直接売っていたら評判がよくて、そこからまた売って欲しいという人がいて、それで全部売れちゃうから、農協には出していない」と言っていたのを覚えています。

農協の批判をするのは、TPP反対という立場では良くないかもしれませんが、
農協の組織自体が巨大で非効率なところがあると思います。私はそう感じる。

かといって、農協には良いところもあり、農家同士が繋がって情報交換の場ということもあるだろうし、隣のおじさんはもう高齢なので桃は少ししか作っていませんが、農協主催の旅行に行ったり、
そういう部分は解体せずに、
流通の複雑さを何とかしたらどうか、と思います。

けれど、もう一回。私は、TPPには反対です。
今は全農と手を組んで、とにかくTPPには反対し、
議論はそれからでもいいと思います。


TPP TPP 「サルでもわかるTPP」
2011年11月07日 (月) | 編集 |
こんにちは。
「何?このタイトル」。と思われた方、いますよね。
ラップ調で歌ってみてください。(´・д・`)
しかし・・でも・・これを読んでみたら、TPPを簡単に賛成してしまうと、
エライことになる??というのが私の感想です。

TPPのことを記事にしてみようと思ったのは、私がツイッターで、「TPP参加すると盲腸(虫垂炎)で病院にかかると、百万円単位で治療費を請求されてしまう」という内容をリツイートしたら、
このブログの読者様が
「それは心配です。ブログ記事に書きますか?」と尋ねて下さったのが発端です。
TPPに参加したら良くなさそうだということは分かっても、
何が何だか・・難しい。私には難しいです。けれど、書いてみました。


「サルでもわかるTPP」----TPPは農業問題じゃないヨ!放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題!

↑これをざっと読むと、

■「交渉内容はとても幅広く、24もの分野に渡っているよ。」
とある通り、TPP=農業だけ、と思い込んでいた私はびっくりです。
ようするに・・・例えば私の住む山梨の町の橋の補修工事をするのに、
外国の企業に発注されて、外国の人が工事をしている、なんてこともあるのだろうか、
と、想像してしまいました。

■そして、<生活するだけで精いっぱいになった庶民は外国の安い農産物を買い求めざるを得ず、農薬漬けの野菜を買わなくてはならなくなるのか・・>(しかし原発事故で放射能汚染が広がって(政府が汚染を広げて)いることを考えると、どちらがいいのか)など、
心配してしまいます。

■気がかりな医療については、具体例に近いようなものがないと、
私には理解が難しい・・・また、改めて記事にしようと思います。

YouTube版
サルでもわかる TPPがヤバい7つの理由
  ↑ これは分かりやすいです。
全部で5分44秒。
3分45秒辺りに、「国民皆保険制度が崩れます」という字幕、問題点が流れます。

ICT甲府さまの記事を、ここにリンクして紹介します。
ICT甲府: TPP参加後の山梨県を徹底検証すべきだ

なかなか、TPPのすべてを理解することは、難しいですよね・・。
そしてICT甲府さん、「ゲンダイネット」の記事を引用なさっているのですが、
そこに、経済学者の池田信夫さんも取り上げています。
(池田信夫さんは、私はツイッターで見かけたのですが・・・
あまりにも「ええっ!」ということを言っていて(私が経済に疎すぎるからか?)、
驚いたことはあります。(池田さんて「トンデモ系?」という意味で))

ICT甲府さんが書かれた記事の一部を転載、紹介します。

「ICT甲府  2011.11.06
TPP参加後の山梨県を徹底検証すべきだ」


転載ここから。::::::::::::::::::: 


一方、池田信夫さんは2011年11月05日付け、TPPをめぐる問題と非問題 を掲載しています。
経済学も知識が薄い私には理解できないことも多いのですが、『経済学の標準的な答は、グローバル化による格差拡大を止めるべきではなく、それによる成長率の上昇分を所得再分配に回すべきだということだ。・・・TPPをめぐって論じるべきなのは、こうした本質的なグローバル化の意味なのだが、それに気づいている人さえほとんどいない。TPPについてのアメリカのアジェンダ設定は明らかにこうしたパラダイム転換を踏まえているのに、日本人はそれに気づかないで被害妄想を繰り返している。日米の戦略のレベルの違いは、絶望的に大きい。』 と末尾に池田さんが書いています。


これが記事の結論なのだと考えると、私が直感的に分かるのは、こういう大局的な経済と社会の関係、本質的な事が理解できない人々と、理解していて自分達の権益確保のために理解できない人々を巧みに操っている人々の能力の差が大きいということです。
ですから、理解できない人々=TPP賛成派 でしょう。私は理解できない人だけど、このような意味で直感的に反対です(^o^)
でも直感するばかりではなく、「アメリカが設定したアジェンダによる日本のパラダイム転換」 はどのようなものとなるか、それをなんとか理解しないといけないのです・・・。

池田さんは日本は貿易収支の黒字で喰っているよりも、金利や配当で食う資産大国だと言われていますが、それが国民の生活の安全・安定・安心にどう結びついているか、私にはわかりません。というより金利で食える生活など私の人生で想定外。私は自分自身に貯金してきたものを今は取り崩して食っている、その貯えが尽きたときはこの世にオサラバです。

池田さんの別記事、2011.10.26 「被害妄想と時代錯誤の「黒船」TPP論争 問題は農業保護でも貿易自由化でもない」 ここでは、『今のうちに輸出立国から、資本輸出と製品輸入で資産を有効利用する経済構造に転換しなければならないのだ。』 と。だからTPP参加を反対する意味は無いということでしょう。
これも上と同様に経済・社会の発展段階の理論から導かれるのかも知れませんが、資本輸出するその資本はどこから得られるのか、そこんとこが経済学オンチの私には理解不能。雑巾を絞るように国民から搾り取るような状況を想像してしまいますが、そんな答えでは落第点ですね(^_^;)

転載ここまで。::::::::::::::::::::::::::::

最後の部分、
> そんな答えでは落第点ですね(^_^;)

そんなことはないと思います。

> 雑巾を絞るように国民から搾り取るような状況を想像してしまいますが、

とも書いていらっしゃいますが、想像することは大切だと思います。
何も考えずに、「TPP=開国」「TPP=日本も乗り遅れるな」
と、鉄板的に考えるよりは、はるかに良いと私は思います。


経済学者の池田信夫さんにひと言、苦言を・・・。
(ICT甲府さん、
分からないような表現をする池田信夫さんの方が悪いのだと思います)

「アメリカが設定したアジェンダによる日本のパラダイム転換」
って、
何が言いたいのかまったく分かりません・・。
もっと分かりやすく書いてほしいと思います。


怒り
2011年11月05日 (土) | 編集 |
おはようございます。
今から、渋谷でのツイッターデモに行って来ます。
寒さと孤独と寂寥感の朝です。
ブログをアップしてしまいました。

このブログもう見に来るのいや・・とか、
方向性が・・と思われても仕方ないです。

それほど、私は怒ってしまっているのですから・・・




P1010233_convert_20111105102224.jpg

=========================================

プロフィールの画像を変えました。
可愛いでしょう!?(笑)

コメントの返信が遅れていて申し訳ないです。
帰ってきたら、必ず。

あと、ひがしさん、TPPの情報ありがとうございます。
農協について、記事にしたいことがあります。

とにかく行って来ます。


がれき
2011年11月04日 (金) | 編集 |
被災地からのがれきが東京に搬入されました。

搬入途中、ゆっくり走っている貨物列車がテレビ映像に映されました。
そっくりそのまま、重なる映像がありました、自分の頭の中で。
アウシュビッツです。

到着したがれきが、コンテナから出されました。
ただのがれき、燃やせばいいというものじゃありません、おそらく。

放射能汚染地図から見て、3月の原発水素爆発の規模からして、
汚染されていることは、確かです。

彼らがれきは、最終的な地にたどり着きました。
焼かれる。
あの人たちもそうだった。あの収容所が最終地点。

3.11から変わってしまいました。

目に見えない、恐ろしさ。

放射線と人間が恐ろしい。


あの映像とアウシュビッツを重ねるなんておかしいと思う人もいるかもしれません。
もちろん、私自身も「そんな物語じゃない」と頭の中ではそう思っています。

けれど、日本の「空気」、人間関係の中の空気、ネットの中の空気を感じ取ると、
重ねずにはいられなくなってしまうのです。

回りくどく「安全なのに大騒ぎしすぎ」という人に対しては、嫌気が差しますね。
「食べて応援」のマスコミも、頭良い人たくさんいるだろうに・・と呆れます。
あの事故のまま変わってないけど、それは分からないの?と言いたくなります。

脱原発は、しなくてはならないと思います。
だから、手を繋げるところは、手をつないだ方がいい。
嫌気がさしてもそこで切らずに。
自分と意見が違うから、だから、聞いた方がいいと思う。
私は八方美人だろう。曖昧だ。面倒くさい。

まとまらないですがね。
とにかく、
あんなものが爆発して空気が汚れてダラダラ漏れてて、
良いわけが無いと思います。



~山梨から~
2011年11月04日 (金) | 編集 |
おはようございます。

まずは、お礼を申し上げます。

ICT甲府さま、私のブログをリンクしてくださり、ありがとうございます!
恐縮です。
山梨のガイガーカウンター計測値の情報を、
みなさんそちらに寄せていらっしゃるのですね。
参考になります。
近々、こちらもリンクさせていただきます。

ツイッターでも、新たに山梨の人とつながることができました。

:::::::::::::::::::::::::::::

コメントの返信が遅れていて申し訳ないです。

書きます!