家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忘れてはいけない、福島第一の水素爆発。2011.3.14の新聞報道写真から
2011年09月28日 (水) | 編集 |
2011年3月14日付・山梨日日新聞記事の写真。
この後にこの新聞紙を破いて、ごみの蓋用にしようと思っていたのですが、
なぜか、ずっと取っておきました。今日、改めて見ました。
これは、朝刊です。
この後、午前11時1分に、3号機で水素爆発が起きました。

「放射線のことを考えるのは疲れた」という人は多いと思います。
けれど、やはり深刻なことには変わりないと思います。

原子炉の炉心も、どうなっているのか、「どうなっているのか不明」
ということも政府では言いません。
なのに、原発維持の方向で行ってしまっていいのかな?
「ソフトランディング」という言葉を、ツイートで目にした。
何年のソフトランディングか。3年か、5年か。それも見えない。

hukusima




スポンサーサイト

石巻日日新聞の皆様、「国際新聞編集者協会」の特別賞受賞おめでとうございます!
2011年09月26日 (月) | 編集 |
NHKニュースウェブより、転載。

ここから。:::::::::::::::::::::::::::
9月26日 4時48分
被災地の石巻日日新聞 特別賞
東日本大震災による津波で新聞を印刷できなくなったにも関わらず、手書きの壁新聞を作って被災者たちに情報を届け続けた宮城県石巻市の「石巻日日新聞」が、「国際新聞編集者協会」の特別賞を受賞しました。

オーストリアに本部があるIPI=国際新聞編集者協会の年次総会が25日、台湾で開かれ、宮城県石巻市を中心に発行されている日刊紙「石巻日日新聞」が特別賞を受賞しました。「石巻日日新聞」は、東日本大震災による津波で輪転機が動かなくなり、さらには停電によってパソコンも使えなくなりましたが、6人の記者たちが取材を続けて手書きで記事を書いて壁新聞を作り、それを市内の避難所や市役所などに貼り出しました。壁新聞は、震災が発生した翌日からパソコンで印刷ができるようになるまでの6日間、作り続けられ、多くの被災者に被害状況や生活に密着した情報を届けました。輪転機などが津波に巻き込まれるという極めて困難な状況に陥ったにも関わらず、記者たちがあらゆる手を尽くして被災者たちに情報を伝え続けた姿勢が国際的に高く評価され、今回の受賞につながりました。

転載終わり。:::::::::::::::::::::::::::::::::::

輪転機が動かなくなり、手書きで壁新聞を書いて各避難所に張り出した・・・
ということは、同じものを何枚も、ということだと思います。
手書きの文字というのは、温かみがありますね。^^
避難所の人たちも、記者が手書きで書いたというところに、安心感を持ったのではないでしょうか。

石巻日日(ひび)新聞の記者さんたち、素晴らしいです。
記者の中にも被災した人がいたであろうに、
暗い話題が多い中で、こういう話は元気付けられます。

働く、ってなんだろうな。
「傍を楽にするから『はたらく』っていうんだぞ」と、小学校のときに教わって、
心に残っていた。
私は、働いているのだろうか。
ちょっと考えてしまったな。


石巻日日新聞は今年4月、アメリカのワシントンの博物館でも展示されたそうです。

関連記事:

震災翌日、油性ペンで号外 米で展示へ 石巻日日新聞 asahi.com 2011年4月16日10時25分


お墓参り
2011年09月25日 (日) | 編集 |
今日は、お墓参りに行こうと思います。
ただ、考えると頭が重いのは、車で1時間もかかることです。

最近、2,3日続けて、母が私の夢の中に出てきました。目が覚めたばかりの頃には、母の声も覚えていました。そして母は、やたらに嬉しそうに笑っていました。

何か期待しているのかな?と思った私。お墓参りかな。
「お彼岸には来てくれるよね?」と、呼んでいるのかな。

食材調達を怠ったら何も無いことに気がつき、23日に買い物に行ったら、
おはぎが売られていました。
「そうだ、おはぎじゃん。彼岸はおはぎだ~」と思ってすぐに買い、お仏壇に供えました。
そうしたら、母は夢には出ませんでした。


近所のおじさんが、大腿部を骨折してしまい、今年の4月から長く入院していて、父から聞いた話によると4,5日前に退院したそうです。
おじさんは私の父に、「お盆にお線香上げられなかったから」と、我が家の墓地までお墓参りに行きたいから連れて行ってくれるか、と聞いたそうです。
父は「ありがてえこんで」(ありがたいことだ)と思い、おじさんと一緒に母のお墓参りに行ってきた、と言っていました。きのうの昼間です。
私は、おじさんの気持ちがとても、嬉しかったです。
母は、近所の人からとても慕われていました。困っていると黙って見ていられない性格で、
相手の領域に入り込み過ぎないように気をつけながら、
おじさんがウチの柿の木の消毒をしてくれた時など、お礼にとご飯を作ったり、助け合いの精神を強く持っている人でした。誰に対しても、そうでした。

今回のお墓参りは遠いし、どうしようと思っていました。
しかしおじさんがそこまでして行ってくれたのなら、私も母のお墓参りに行こうと思いました。

「死に仏より生き仏が大事」、と母はよく言っていました。
今の私に対しては、「おはぎ買ってきてくれたんだから、お墓参りは無理しなくていいよ」
と思っているかもしれない。(だから夢に出てこないのか?)
「そういいながら絶対に期待してるよね。そうでしょう」と、お仏壇で普通に会話したり。
(母は生前、私に対してはそういうところがありました)
母が死んだことはもちろん分かっていますが、まだ死んだ気はしない。
家族が死んでみると分かるのですが、私もそのうち死ぬ。近所の人も。
自分が生きているうちは死者は生きていて、死者と会話して、会話といっても自分自身との対話だったり、母は、そういうことを思い起こさせてくれる存在です。


【若者の「脱原発」ハンストと、大人からの「嫌がらせ」】----村野瀬玲奈の秘書課広報室より
2011年09月23日 (金) | 編集 |
このブログのリンク先の、村野瀬玲奈さんの記事の紹介です。

(2011年9月23日付)
若者の「脱原発」ハンストと、大人からの「嫌がらせ」

村野瀬さんの記事の冒頭の部分、
「....こういう場所でこういう方法で反原発・脱原発の意思表示をした人たちがいたことに賛同と共感と同意と敬意と感謝と連帯の気持ちを込めて、紹介。」
という部分、
私も同感です。

村野瀬さんの記事中の「東洋経済オンライン」より、一部を転載させていただきます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■若者たちが「脱原発」を訴え経産省前でハンガーストライキ、ツイッターで広がる賛同(3)

発の負の遺産をこれ以上背負いたくない――。脱原発を求めて、10代後半から20代前半の若者4人が東京・霞ヶ関の経済産業省庁舎前で9月11日から10日間のハンガーストライキを行っている。
-------------------
今回、ハンガーストライキを行っているのは、岡本直也さん(20)、米原幹太さん(21)、関口詩織さん(19)、山本雅昭さん(22)の4人。岡本さんと米原さんは地元の友人だが、ほかの2人とは福島第一原子力発電所事故後に岡本さんらが不定期に開いている「若者会議」で知り合った。
-------------------
「将来を想うハンガーストライキ」と題した声明文では、「私たち若い世代には、すでに日本の54基の原発が生んでしまった、半永久に消えることのない核のゴミと福島原発から漏れ続けている放射能を残されてしまいました。(中略)私たち若い世代は、原発の負の遺産をこれ以上背負いたくありません。そして最も放射能の影響を受ける子どもたち、その子どもたちに繋がっていく命に、これ以上の負の遺産を残したくありません(原文ママ)」と、訴える。
-------------------
ツイッターで集まる賛同者

 ハンガーストライキ、という身体を張った抗議行動はともすると、パフォーマンスとも受け止められかねない。実際、最年少の関口さんは「命を粗末にする形の表現方法はどうなのかな、と悩んだ」と話す。静岡・浜岡原発と同じ東海圏の名古屋出身の関口さんにとって、原発はつねに脅威だった。が、「これまでは何もせず、結局は原発(維持)に加担していたのと同じ。原発をやめたいと思っているだけではダメで、思いを発信することが必要だと思った」

 実際にはハンガーストライキが「向こう見ず」な行為でないことは、声をかけた岡本さんがいちばんよくわかっている。“実績”があるからだ。

 幼なじみの影響もあり、2年ほど前から原発問題に関心を持った岡本さんは京都の大学を辞め、新規原発の開発が進む山口県へ移住。現在は漁師の手伝いをしながら、建設中止を求める運動に力を注ぐ。

 今年1月には山口県庁前で、上関の埋め立て工事中止を求めて、米原さんら仲間5人と10日間のハンガーストライキを実施。厳冬の中、布団にくるまりながらの活動となったが、その様子がツイッターなどで広まり、多くの人が応援に駆けつけた。
 
 山口県庁経由で全国から1000通を超えるファクスも届いた。「メディアの報道よりも、一般の方々が関心を示してくれて、深く考えてくれたのがうれしかった」(岡本さん)。

 今回も実施4日目にして手応えを感じている。大学の同級生などそれぞれの知人や恩師のほか、ツイッターやユーストリームの中継でストライキを知った老若男女が、日々大勢訪れる。また、英フィナンシャル・タイムズ(FT)やロイター通信に取り上げられるなど、世界のメディアの耳目も集めている。

 実際に「若い世代だからこそやりたかった」と岡本さんが語るとおり、若者がストライキに臨む意義は小さくない。この日も、ツイッターで活動を知った若者が話を聞きに訪れていた。
 
 関口さんも「普段、友達と原発について話すこともなかったし、原発問題に対してこれまで対話が足りなかった。だけど、若者会議やこうした場を通じて、恋愛でもいいし、原発でもいいし、対話をすることが大事だと思った」と話す。

 福島第一原発事故からわずか半年、いまだ事故収束のメドすら経たない中、原発問題への世間の関心は早くも薄れつつある。若者が起こす無言の「抗議」は、国民の「関心」に再び火をつけることができるだろうか。
(倉沢 美左 =東洋経済オンライン)

:::::::::::::::::::::::::::::::転載ここまで。

ツイッター内でも、この話題はタイムライン(TL)で流れていました。
私も、積極的にリツイートなどはしなかったものの、無事に終わるといいなぁ、と、
見守っていました。
村野瀬さんが記事中で、経済産業省前でハンストをする若者に対して取った警察官の行動に、別のブログのリンクを加えて言及していますが、私も、警察官の行動は残念だと思いました。
村野瀬さんの記事から.

ブログ:「雪裏の梅花」【若者は将来を想い、役人は保身を思う】(2011年9月15日付)
より、ブログ管理人の"雪どけ水"さん。
=====================
困ったお邪魔虫。警察がハンストの若者たちに嫌がらせをしにやってきた模様。
日よけが歩道から若干はみ出していることを理由に日傘の撤去を求めてきました。そんな言い分は「そしたら傘さして歩けねーべよ」でしょう。
====================

雪どけ水さんのタイトルがいい、と村野瀬さんは書いていますが、私もそう思います。
だいたい、「今の若者は大人しい」だの「車を買わないで外出もしないで草食系」だの決め付ける人がいますが、こういうことで若者が目立つと叩く人がいるのですね。

そして、ついでにもう一つ紹介。
子どもの学校給食食材に放射性物質が含まれる懸念があるために、自分の子どもを学校に通わせるのを止めた決断をなさった親御さんのブログです。
こちら
ブログ:「できない、困って→問題解決」様 より、リンク:2011年9月 1日 (木) 【北九州市立光貞小学校学校長廣木雄司様/担任教諭様:学校給食における放射能対策に懸念があるため子供たち2人の登校を止めます】

こちらのブログでは、コメント欄での応答が見ごたえあります。
「子どもを親の政治的なことに巻き込むのか」みたいなコメントがありますが、
政治的なことというより、親が子どもの体を心配しているのだと、私はそう思いました。
「政治的なこと」って言われて片つけられちゃうと、困りますね。将来のがん発症リスクを少しでも減らしたいと心配する親もいると思いますが。
(もちろん、この方のように思いきった行動に出られず、悩んでいる親もいると思う)
コメント欄で、匿名で管理人に食ってかかる人に言いたいが、だったら、「政治ごっこ」をしているような政治家を見つけて自分の発信メディアでそういう人を批判すれば?と。

長くてすみません。ついでに。

まあ警察のすることは「嫌がらせ」と取られても仕方ないことろがありますね。
交通の「一時停止義務違反」で一時停止をしなかった人をわざわざ捕まえてみたり。
何が嫌がらせと感じるかというと、一時停止をするかどうかを見張っていて、一時停止をしないと違反を取るというやり方です。
「あのさあ、そこにいるんだったらさ、堂々と分かるように立っていて、通行する車に、
『一時停止!』と先に注意しなよ」と、何度思ったことか。(私は捕まったことはないですが)
きのうは私は国道を通りましたが、「シートベルト」と書かれた看板を持って、
警察官が立っていました。
軽微な交通違反に対し、そういうやり方なら好感が持てるのですが。

※訂正です。
すぐ上の記事、シートベルトの看板の件、「警察官が立っていました」と書きましたが、
正しくは「山梨県の交通安全委員会」です。警察が交安委員に依頼しているそうです。


お絵かき
2011年09月21日 (水) | 編集 |


台風が通過しています。
お隣の柿の木が、我が家というよりも線路に倒れるのでは?と、
気が気ではないです・・。
(山梨の韮崎というところで、何年前だったか、倒木で中央線不通ということがありました)

いきなりこの絵ですみませんが、更新の間隔があいてしまい、「茶を濁す」ということです。
(約3年前、私がお絵かきツールで描いた絵です・・)
(このブログをずっと見て下さっている方、「またこれかよ」と思ってますかね)

これは、私の家の前を通った動物です。
母が目撃していました。
「オニフスベ」という、白い大きなきのこも、この頃に発生していました。
隣の隣が空き家なので、居ても不思議ではないと思います。
キツネは、今年の6月くらいに、家から歩いて10分くらいのところで目撃しました。


脱原発デモの時に在特会に挑発されたら、にこやかに手を振ろう!(^▽^)ノ
2011年09月18日 (日) | 編集 |
9月11日の脱原発デモ@新宿では、12人が警察に逮捕された。
「逮捕された」っつっても、不当逮捕だと私は思う。

2011.9.11在特会に抗議しようとした脱原発デモ参加者逮捕の瞬間【1】

この動画に対しての、感想。脱原発デモに批判的なものばかり取り上げてみました。
YouTubeコメント欄から転載。
-------------------ここから。

■1、
不当逮捕って言うなら逮捕までの経緯を長く撮影して公表しないと­分からん。

そもそも許可取ってるのか?保守系のデモより左翼系というか国家­破壊系(反原発、平和、人権、反自衛隊)の連中のほうがよっぽど­タチが悪い。平和を唱える彼らはなんで尖閣デモには顔を出さない­んだろう?大企業じゃ許さないといいながら花王のデモにも参加し­ない。中国が原子力空母を作ると言っても韓国が海洋基地を作ると­言っても反応なし。おかしくないですか?平和と脱原子力がスロー­ガンなんでしょ?いつものプロ市民ぶりをみせたらいいのに。化け­の皮がはがれてるよ。在特会は日本を破壊する左翼系への対抗も活­動内容にはいってるんじゃないかな。日本を守る!!がテーマだし­ね。そりゃ原発より効果的な方法があったら彼らも反原発に廻って­いたと思う。でも今は風評被害が最大の問題になってるんだから反­原発なんて展開するほうが悪影響だと思う。実際温泉街の三分の一­程度の放射能でも強制退去させられてその環境変化のせいで体の悪­い7名がすぐに亡くなった。でも放射能で死んだ人まだ一人もいな­いよ。まぁ反原発は耳障りいいし、医療系は大儲けしてるだろうね­。
tsukasa4649ne 1日前

■2、
警察官思いっきり押してんだから逮捕されて当然だろ。感情論で擁­護してるお花畑や反日極左は日本から出て行け。日本は法治国家で­す。

大体、マジメに反原発考えてる連中に見えるか?

どう見たって今日も日本のために頑張ってる原発作業員馬鹿にして­るだろうよ

反原発の連中は国旗をなぜ掲げない?

どういう連中なのか、自分で調べて自分の頭で考えろよ
no3hodai 2 日前

■3、
本来の目的とは明らかに違うよね。

まさか、在特会の連中に抗議するためにデモに参加した訳じゃない­よね。

何言われようが、一心不乱にデモ行進することが大事。

逮捕者がでるデモなんざ誰も信用しないよ。


ReGZ1122 2 日前
------------------------------------------転載ここまで。

1、デモの許可は取っているだろう。
風評被害が最大の問題になってるんじゃなくて、風評被害ではなく、実害だよすでに。
出た!「放射能で死んだ人まだ一人もいな­いよ」!


2、「反原発の連中は国旗をなぜ掲げない?」
国旗を揚げてるから愛国者とでも言いたいのか?頭にカビが生えてるな。

3、「逮捕者がでるデモなんざ誰も信用しないよ。」
警察が勝手に逮捕したんだろうが。

以上、YouTubeのコメントを読んでの私の感想。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

今度行こうかと思っているデモについて私は今日、つぶやいていた。
そこで、考えてしまったこと。ツイートのやり取りは、@katsuei_sgyさんと。

■ ゆうこ: 24日 脱原発デモ@渋谷に行こうかどうしよっか 考え中  #原発川柳 全然川柳じゃなくて字余りだけど、それよりも今、体調を整えなければいけないわね。離脱(=^・^=)

■ @katsuei_sgy :考え中 逮捕されるか デモ参加

■ ゆうこ: 「新宿の911デモ」で警察が強引にでっち上げて罪のない市民を逮捕しましたが、24日のツイッター有志によるデモは、雰囲気としてはのんびりした感じです。なにしろ、「緊張し症」の私が参加できるくらいなので。^^

■ @katsuei_sgy :警察は逮捕しようと思えば誰でもできちゃうんですよね。私は今捕まってる場合じゃないから参加できない。

katsueiさんの、「私は今捕まってる場合じゃないから参加できない。」
というひと言が、重い。その通り。
katsueiさんは一家の大黒柱で、お父さんです。
例えば一人暮らしの人だって、逮捕されれば拘留され、
その間に解雇される危険もある。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

911新宿脱原発デモには、なぜか「在日特権を許さない市民の会」が出てきた。
リンクしたYouTube映像では、脱原発デモ側に逮捕者が出たとたん、
「おめでとうー!」という大音量の声がしている。
何なんだよ。

もしもああいうイカレた人たちが脱原発デモ側に対して野次ったり挑発してきたら、
満面の笑みで「にっこり」と、(^▽^)U´=^・^=`Uみたいな顔して、手を振りましょう。
「まだ原子炉からタレ流れてるの」「一緒にデモしよ♪」
「つーか、ここにいる人みんな平等に被曝してんのよ^^」
と、話しかけるといいと思う。

最後になりましたが、このブログのリンク先のブログ「Afternoon Cafe」の
秋原葉月さん、とてもいい記事を書いています。(私なんかよりずっと・必見)
こちら
ヘイトクライム団体、在特会とつるむ日本の警察



動物レスキュー(福島の犬・猫)への支援お願いの記事です。
2011年09月14日 (水) | 編集 |
福島を中心に、犬や猫の保護活動を行っている団体「アニマルレスキューチーム ~happy road~」さんです。
スタッフの中には、被災した人もいるらしいです。
そんな中、犬や猫の保護、預かり、飼育は大変だと思います。頭が下がります。

こんな大変な時に、犬や猫なんて・・・と思われる方もいるかもしれないのですが、
犬や猫は暑い・寒い・痛い・痒いなど、言葉で言い表せないので、人間が保護してあげなければなぁ・・と、私は思うのです・・。
アニマルレスキューチームのブログは、
こちら→アニマルレスキューチーム ~happy road~

もしも、支援物資を送りたいという方がいたら、お願いしたいです。
重要な点だけ、「アニマルレスキューチーム ~happy road~」から転載します。

==========================転載ここから。

【支援物資について】【9/14日現在も受け付けています】

ヤマト運輸限定 ですが、センター留めで受けつけています。
(他社の運送会社を利用する場合はメールか携帯電話でお問い合わせ下さい)

******************************************************
特定の営業所に留め置きを希望される方の送り状の記入方法
http://www.yamato-hd.co.jp/information/info/notice_1103_01_01.html
【 特定の営業所に留め置きを希望される場合 】
(1) ご依頼主様は、お届け先様に、荷物を発送した旨と、この「お問合せ伝票番号」をお伝えください。
(2) お届け先様と連絡のつく電話番号をご記入ください。
(3) 正しいセンターコードと営業所名をご記入ください。
正しいコードと名称が分からない場合は、こちらで検索するか、フリーダイヤル(0120-01-9625)または最寄りのサービスセンターにお問合せください。
******************************************************
【ヤマト運輸】(私の住所記載が必要な場合携帯までご連絡頂きたいと思います)
【お届け先】

センターコード:015150
磐梯高原センター留め
アニマルレスキュー 佐々木恵
090-5843-6033(非通知設定拒否しています)
******************************************************
皆様には大変お手数をお掛けしますが、発送連絡はメールでお願い致します

(伝票番号も一緒にお願いします)(未着を防ぐ為にご協力下さいませ)

アメブロ以外の方は・・・megusan2008@yahoo.co.jp(必ず発送連絡を頂きたいと思います)

-----------------------------

【必要な物資ですが。。。】 (賞味期限切れ、開封済みは受け付けていません)
・ペットフードドライ(犬用・猫用)(小分け袋はOKです)

・缶詰

・レトルトパウチ入りウエットフード

・おやつ類(犬用・猫用)(小分け袋はOKです)(大変不足しています)

・ペット用ミルク

・ペットシーツ(未開封の物)
・バスタオル(新品か洗濯して綺麗な状態の物)
・タオル(新品か洗濯して綺麗な状態の物)

・中型犬用~大型犬用のしっかりした首輪とリード(新品か新品同様の物)

・小型犬用の首輪とリード(新品か洗濯をして綺麗な状態の物)

・室内で使う置き型タイプの消臭剤

・う〇ち袋(ペット用の物)

・猫砂(トイレ用)(LION製・ペットキレイ・ニオイをとる砂)

こちらの商品ですと砂の飛び散りが少なく使い易いようです。


・ペット用ウエットティッシュ(シャンプータオルは十分な量集まりました)

(赤ちゃん用でもOKです)(殺菌効果のある物もお願いします)
(※ペット用ウエットティッシュは、現在かなり不足しているようです。
特に、殺菌効果のあるものがよい、とのこと。
※犬用ササミジャーキーも不足、ということです。)


・フード入れ(新品か新品同様の物)

・おもちゃ(犬用・猫用の新品か新品同様の物)

・ペット用の洋服(新品か洗濯して綺麗な状態の物)

・オムツ(ペット用、小型犬~大型犬用)

============================転載ここまで。(赤文字の※部分は私による)

もしも、支援物資や資金を送ることができる方がいたら、よろしくお願いいたします。

「アニマルレスキューチーム~happy road~」さんは、ブログの足跡から知りました。
私も、今から援助物資を送ろうと思っています。


「9.11はアメリカ政府の陰謀」は私は信じないが・・・
2011年09月13日 (火) | 編集 |
10年前にアメリカで起きた同時多発テロ「9.11」は、
アメリカ政府の陰謀(自作自演)だった-------そういう説は、以前からあります。
おとといも、ツイッターに流れてきました。
「だからあれは、陰謀だってば」と言い切る人もいました。
今日の朝日新聞でちょうどいい記事を発見しました。
2011年9月13日付朝日新聞オピニオン面
【わたしの紙面批評 朝日新聞紙面審議会委員・内田樹(うちだ・たつる)さん/寄稿 
より、一部転載。

=========ここから
~情報格差の拡大~
 「情報の良否が判断できないユーザー」の特徴は、話を単純にしたがること、それゆえもっとも知的負荷の少ない世界解釈法である「陰謀史論」に飛びつく。ネット上には、世の中のすべての不幸は「それによって受益している悪の張本人」のしわざであるという「インサイダー情報」があふれかえっている。「陰謀史論」は彼らに「私は他の人たちが知らない世の中の成り立ちについての”秘密”を知っている」という全能感を与えてしまう。ひとたびこの全能感になじんだ人々は、それ以外の解釈可能性を認めなくなる。マスメディアからの情報を「世論操作のための「うそ」だと退ける。

=========転載終わり。

9.11陰謀説について検索したら、SF作家の山本弘さんという方に行き当たりました。
山本弘のSF秘密基地BLOG 911陰謀論に思う 2010年9月11日
この方は、「陰謀論者の主張はことごとく間違いであることが、この数年間にほぼ完璧に立証されている。」という陰謀否定派です。説明のためのリンクがあります。

私も、9.11陰謀説否定派です。
そこまでして大掛かりに自作自演をするのか、という疑問と、「WTCビルの周りのビルも次々に倒れていったのがおかしい。あれは爆破では?」と以前テレビの特集で言っていた人がいたが、だったら科学的に証明できるのか?という疑問が出てくるからです。

しかし、それで急に思い出したのが、「陰謀論にはまる危うさ」という表現(朝日新聞)です。3年前の自ブログ記事をグーグルで検索したら出てきました。

約三年前、
田母神俊雄・元防衛省航空幕僚長/空将は、論文:「日本は本当に侵略国家であったのか」
を書きました。そのことについて私はブログ記事を書きました。
(私の記事は田母神氏の論文について識者が朝日新聞で語ったことについて、私自身の感想を書いていますが、あまりに冗長で参考にならないので、すみません、ここではリンクはしません)

田母神論文では、<盧溝橋事件は中国共産党の謀略だった。>と、言い切っています。
言い切り型が気になります。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

話が陰謀から少しずれるのですが、防衛大臣の発言について。
今度防衛大臣になった一川氏保夫参院議員が「安全保障に関しては素人だが、これが本当の文民統制になる」と言ったらしいですが、この発言が責められているようです。
「日本の周りにはアブナイ国があるんだから、そんなのん気なこと言ってる奴が防衛大臣じゃ困るね」と言いたい人は少なからずいるでしょうが、私はそうは思いませんでした。
むしろ、一川防衛大臣の「これが本当の文民統制になる」、は、「その通りだ」と強く思いました。


2001年9月11日と2011年3月11日、私は何をしていたか
2011年09月11日 (日) | 編集 |
2001年9月11日。「9.11」のテロの日。

ずっと、雨が降り続いていました。一週間くらいだったか、長い間、エアコンを除湿にしていたのを覚えています。そのころはまだ、私の母も元気で祖母もいました。先代の猫・ミミちゃんとうぴし・ミクちゃんという小型犬もいて、賑やかでした。

夫はもう寝るか寝ないか、そのくらいの時間。夜、9時40分前くらいだったか。
夫が「みんなのゴルフ」というゲームにはまっていたのを、妙に覚えています。
天気が悪く、エアコンをドライにして、肌寒かったような。
テレビのチャンネルをニュース番組にしたら、二つ並んだビルの一つに飛行機が突っ込んだという速報を流していました。
「高度が低すぎたのかな・・」「何なんだろう・・」「事故?」
そのうちに、二機目がビルに突っ込みました。
「これって、テロ?」
夫も起きてきて、ずっとテレビを見ていたと思います。
しばらくして、一つ目のビルが崩壊するのを中継で見ました。

-----------------------------------

2011年3月11日。東日本大震災の日。

午後2時46分。私は多分、新聞を読んでいたかネットを見ていたか。
グラグラと揺れが来たのが分かりました。一瞬、貧血かな・・と思ったがそうでもない。
あれ・・長い、と思ったら全然揺れが止まらない。
そのうち、不安になって立ち上がりました。えっ・・まだ揺れてる・・。
地震で恐怖を感じたのは初めてでした。
私の家の中では物は倒れませんでしたが、「これは大変なことになった」と思いました。
さっそく家族と連絡を取ろうと思ってもつながらない。(少し経って、つながりました)
関東にいる友人がとても心配になり(もしも海に近いところにいたら、と)、メール、
新宿に職場があるいとこにも何度もメールをして、無事を確認し、ほっとしました。
いとこは八王子在住ですが、
京王線に何とか乗れて、自宅に翌午前1時に着いたとメールをくれました。

テレビをつけたら、釜石がNHKの中継で映っていました。車が走っていました。
まだ今ならあの車大丈夫逃げられる、と思っていたら、最初は港にしずしずと増えていた海水が、すごい勢いで港や町に一気にあふれていきました。
仙台市若林区上空の、ヘリからの中継も見ました。
私は、ツイッターでつぶやき続けていました。

夫は3月12日13日と、地区の消防の旅行の予定でした。
しかし、消防部員たちと連絡がつかず、私がフォローして繋がっていた、消防部員の人とツイッターで夜になって連絡を取り、そこから何とかなりました。直接みんなで集まり、旅行は中止ということになりました。

計画停電が実施されました。
私の家は3回、当たりました。4回だったかな。
電気に頼り切っている、と実感しました。井戸水をモーターでくみ上げているので、
停電になると水も使えませんでした。

地震が起きる前、私は、山口県の上関原発建設がどうなるか、気にかかっていました。
それなのに、まさか、福島で原発事故が起きるとは思っていませんでした。
事故後も、チェルノブイリ原発事故くらいの期間で収まるだろうと、勝手にそう予測していました。
メルトダウン、メルトスルー・・・半年も経つのに原子炉から放射性物質が漏れ出ている・・
こんなことは予想もしていませんでした。
今では、私は「脱原発」「反原発」を訴えて・・というか、「原発を停止しないと次の事故がいつ起きてもおかしくない」ということを思ってツイッターでつぶやいていますが、しかし、水素爆発が起きてもまだ、日本の技術なら早く収まる、当時はそう思っていました。
そのうち、それまで隠れていた、否、自分が詳しく知ろうともしなかった、原発や放射性物質についての様々なことを、知ることになりました。


なぜ?どうして?が増えてきた、姪っ子へ本のプレゼント
2011年09月09日 (金) | 編集 |
おはようございます。ちょっと前までここにあった記事は、[期間限定]です。
スペースがもったいないのでそのまま活用しました。
-----------------------------------------------


この前の続きですが、私が妹から聞いた、4歳の姪っ子のこと。
ママに次から次へと、いろいろ質問するのだそうです。

「おつきさまは、なんであとついてくるの?」とか、
「こおりはどうして、こおっているの?」とか、
「なんでふゆは、さむいの?」とか。

「おつきさまは、なんであとついてくるの?」は、答えられるようで答えられない。
ネットなどで大体調べて分かったような気になっても、
4歳の子どもが楽しくなるように説明できるかな?

姪っ子の質問とはちょっと違うけれど、この本をプレゼントしたいと思いました。

おつきさま こっちむいて (幼児絵本 ふしぎなたねシリーズ) (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)おつきさま こっちむいて (幼児絵本 ふしぎなたねシリーズ) (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
(2010/01/06)
片山令子

商品詳細を見る


というのは、私は8月中旬に、ある原発関連の本を探していたのですが、
それと一緒に絵本を探していて(自分の心が落ち着くように・・自分用です)、
この本に出会いました。(実は、姪っ子からの質問の前です)

男の子の、「ねえねえおつきさま、どうして ずーっと、 ほくのあとを ついてくるの?」
ということば、「まさにこれだ」と私は思ったのですが
ただ、「なぜ月が自分の後をついてくる様に見えるか」という答えにはなっていないけれど、最初は細い三日月だったのが、読みおわるころには、満月になっている。その過程を一緒に、「わあ、おもしろいね、なんでだろうね」と楽しむのもいいかなぁ、と思いました。

片山令子さん・片山健さんの絵本は「たのしいふゆごもり」をここでも紹介したことがありますが、ほかに、
「おばあさんの青い空」という本を持っています。

おばあさんの青い空おばあさんの青い空
(1994/01)
片山 健

商品詳細を見る


この本はあまり「幼児向け」という感じではないです。
隣の家に人がいないって寂しい。。。そんなことをしんみり思ってしまう本かな。
おばあさんの隣の家の木の葉が、家に降り積もり、
それをおばあさんがホウキで掃除する場面が好きです。

(アマゾンの画像が入っていますが、アフィリではないです)

きのうは月がきれいでした。
よく、歴代の愛犬と一緒に、月を見ました。


このブログの過去記事紹介・「(旧陸軍)甲府連隊」
2011年09月08日 (木) | 編集 |
ブログのアクセス解析で重要なものの一つは、私は「検索キーワード」だと思っています。
最近、「甲府連隊」で検索してこのブログに来てくれた人がいました。
こういうことは、忘れたくないです。ありがとうございます。
過去記事を紹介します。2010年12月17日 (金)付の自ブログ記事。

山梨の「(旧陸軍)甲府連隊」、沖縄で551人が戦死していた

------------------------------
「甲府連隊」とはまったく無関係な記事を、私は「続きを読む」に書いていました。
(そのことは忘れていましたが、読んで思い出しました。こっちの方が本記事より長い)
伏字だと分からないので今回は事実をそのまま続きで。
(私の書き方が悪く、内容がイマイチ分かりにくくてすみません)
------------------------------
検索で来る人で多いのが、「犬 便秘」「犬 浣腸」「老犬 浣腸」です。
これはほとんど毎日です。
あと、「ぬいぐるみ療法」も多いです。


[READ MORE...]
【なぜこれほどの尊い命が失われてしまったか  検死医が目の当たりにした“津波遺体”のメッセージ 】
2011年09月06日 (火) | 編集 |
少し前の記事です。紹介するのが遅れました。

ダイヤモンドオンライン・【第1回】 2011年8月23日 吉田典史 [ジャーナリスト]
より、リンク。

「生き証人」が語る真実の記録と証人~大震災で生と死を見つめて 吉田典史

なぜこれほどの尊い命が失われてしまったか 検死医が目の当たりにした“津波遺体”のメッセージ


最初の一部分を転載。========================

 私は3月から、防災学者、警察、消防、自衛隊、さらには被災地の自治体職員、医師、そして遺族など、多くの「震災の生き証人」たちに会い、取材を続けてきた。なかには、「亡くなった人たちは必ずしも『天災』だけが原因で命を奪われたとは言い切れない」と感じたケースもあった。

 この連載では、そうした人々が実際に体験したこと、感じたことをベースにしながら、震災にまつわる「生と死の現実」について私なりに斟酌し、今後の防災で検証すべき点を提言していきたい。

=========================ここまで。

この前私がブログに、
<『日本では放送できない 報道できない 震災の裏側』 YouTube>(8月18日)
という記事を書きましたが(「2」も)、
その中で、津波で亡くなったと思われる遺体を初めて見ました。
「防災無線を最後まで放送し、そのまま津波に飲まれた」
「警察官が車に乗った市民に呼びかけ、自らは迫り来るであろう津波から逃げなかった」
という話は、聞きました。
「息子は、歯を食いしばったまま亡くなっていました」とかも。

見る方は、どうしても美談として受け取ってしまうところがあります。
私も、こういう話を聞き、胸が詰まってしまいました。
けれども、冷静な見方も大事で、ニューヨークタイムズの写真を集めたという、遺体も映っている動画を見て、初めて実感として伝わってきました。


朝日新聞は「声」欄に自社が言えないことを載せる?という都市伝説(?)
2011年09月05日 (月) | 編集 |
朝日新聞を父が昔から購読していますが、朝日がん大賞に山下俊一氏を選んだことは、理解できません。山下氏は、「放射能は笑っていれば寄って来ない」だの「福島の子どもの年間放射線許容量20mSv(ミリシーベルト)」を進めた人です。(福島県の放射線リスク管理アドバイザー)
バリバリ素人のこの私が少し勉強すれば20mSv/年なんて「とんでもなく危険だ」と分かるのに、
なぜ、この人に「がん大賞」?と思いました。

その割には、朝日は読者が投稿する「声」欄には、
「福島の子に詳細な健康調査を」(福島県郡山市・50歳)
一部抜粋。
===国は、毎時3.8μ(マイクロ)Svとしていた小中学校などでの屋外活動制限値を毎時1μSvに変えた。一見歓迎できそうだが、実は、郡山市や福島市などが校庭の表土入れ替えを行い、1μSv以下になった現実を後追いしているだけである。===
とか、
「(福島に)帰れるという期待抱かせるな」(山梨県甲斐市・64歳)
一部抜粋。
===福島県富岡町にある自宅は警戒区域とされ、自宅に立ち入ることができない。・・・もはや除染どころではなかろう。・・・そこで提案したい。一つは、警戒区域では地主の希望を聞いて、土地家屋の買い取りか借り上げを進める。二つは、福島第一原発の周辺に汚染物質を貯蔵することだ。
・・・ことここに及んで、国が「帰れる」という期待を抱かせ続けることがごまかしのような気がしてきたのだ。===

とか、
そういった投稿を載せている。
「個人が借金するには支払能力がないと、借りられない。なのに、行政では借金が可能であり、行政の長や議員に責任が及ばない。マスコミは丁寧に説明してほしい」という大まかな主旨だが、それも載せている。
いずれも2011年9月5日付。

台風の、「湿った空気 近畿に集中」という記事が一面にある。
もちろん大事だ。
けれど、放射性物質飛散予想の「SPEEDI」はどうなっているのか、
ということは追及しない。
これは変だよ、朝日新聞。

私は購読を止めることも出来ないが、「おかしい」とは言い続ける。

ついでに、今日の天声人語は変だった。
なでしこだのどじょうだの、はやぶさだの、お腹いっぱい。
んで、本屋に行くと、「天声人語を書き写すノート」というのが売っていて、
「なんだかなぁ。」と思ってしまったよ。


戦艦大和の最後
2011年09月04日 (日) | 編集 |
こんにちは。

きのうの夜、テレビの「ディスカバリーチャンネル」というドキュメンタリー枠(すみません、うまく言えない)で、太平洋戦中に撃沈された、「戦艦・大和」のことを放送していました。

(なぜ、我が家でディスカバリーチャンネルが視聴できるかとか、どんだけテレビ見てるのアンタ、とか、そういうことはまた後々、どこかで説明します)

日本の戦艦大和は、その当時世界で最大級の大きさを誇り、そして、
アメリカ軍によって撃沈された-----という、「悲劇」だけは、私は知っていました。
当時アメリカ軍が保有していた戦艦の大砲の最大(または有効)射程距離は約11km、
それに比べて、大和は最大(または有効)射程距離が46km、という途方もないものでした。
(最大または有効というのは、「敵にダメージを与えられる距離」、という私なりの理解です)

1941年12月16日、戦艦「大和」竣工(完成)。
1945年4月7日、戦艦「大和」、沈没。(米軍に攻撃される)

大和に対する私のイメージは、「戦時中を過ごした人が郷愁を感じるもの」
「悲惨な死を迎えた兵士たち」「国力を無視したあまりにも無謀な代物」という、<ステレオタイプ的な>見方でした。
しかし、戦艦大和の最後を知り、こんなにあっけなく・・・と、事実を淡々と受け止める心境になりました。

1945年4月、日本の戦況は悪化して、4月7日、沖縄水上特攻部隊(第2艦隊)が壊滅し(「あの戦争は何だったのか」・保阪正康著の”太平洋戦争に関する年表”より)、
大和は洋上で味方がいなくなり、ついに、米軍に撃沈されます。
その様子を次に。

■米軍は飛行機(戦闘機)から、大和の甲板をひととおり爆撃。

■うまく沈むように、大和の船の片側一方だけを攻撃。

■バランスを失った大和は、沈む。沈む途中、船内部で数回の爆発。

■船体がいくつかに折れて、海底に突き刺さる。

という、沈没の過程だったようです。

ディスカバリーチャンネルでは、海底の大和の現在の様子をとらえました。
船首には、直径2メートルの「菊のご紋」。
大和の乗組員だったのか太平洋戦争の兵士の生存者か、うろ覚えなのだが、年齢おそらく85歳過ぎくらいであろう男性が、大和の菊の紋について、「天皇陛下の船だったから」というようなことをインタビュアーに答えていました。
「戦艦大和」が無用の長物だと言われていたことや悲劇的なことについてはここでは触れませんが、
あまりのあっけなさに、私は、「なんだったの・・」と思いました。

その後、先の本「あの戦争は何だったのか」を引っ張り出してきました。

以下、気になる箇所を転載。

新潮新書「あの戦争は何だったのか---大人のための歴史教科書」
保阪正康著・2005年7月20日発行・P158~P160より。

===================================

 ここに至る状況に、そしてまた次に来る”半狂乱”化した状況へ導いたのは、誰に責任があったからなのだろうか。
 果してそれを、一概に「東條が悪い」、「軍部が悪い」で片づけてしまっていいかというと、私は、そうは言い切れないと思うのだ。

 この戦争の”突破口”を開いた責任は、確かに海軍にあったと思う。「ミッドウェー海戦」での情報隠蔽などということもあった。しかし、かといって、昭和十八年に至る状況を、「海軍が悪い」だけですませてしまうことはできない。
 さらに「昭和天皇に責任はない」とも言い切れないだろう。だが、「天皇の責任だ」といった瞬間に、それは”逃げ”になってしまう。その責任は緻密に多様化しながら考えるべきことだろう。
 また反面、この時代ほど、日本国民が”総力を結集した”ことはなかったのも事実だ。
 国民は、「ぜいたくは敵だ」「欲しがりません勝つまでは」とのスローガンの下、貧しさに耐え、装飾品の類は軍需物資のため全て供出した。そして女性たちは出征した兵士のために千人針を縫い、国民学校生までもがみな工場で働いた。日本国中がただひたすら一つの方向に、団結して向かっていったのである。
 その結果が、並外れた、視野狭窄ともいえる”集中力”を生み出していたことを全否定はできないはず。しかし、結局、”総力を結集した”方向が、「お国のために死ぬこと」になってしまったのである。
 その”集中力”とは何だったのか-------。それを問うことが現在の課題であると私は思っている。

==================================転載ここまで。

「東條が悪い」を東電に、「軍部が悪い」を政府に変えると、今とよく似ていると思います。
しかし、時代は変わり、「がんばろう日本」と無邪気にがんばる人、
「がんばろう日本」?がんばれねえよ(#゚д゚)ペッ、という人、様々です。そこが救いかな。
「今は戦時だ」と言う人もいます。外国から見てもそうかもしれません。
(原発事故でこれから何が起こるか分からないという意味で)「戦時だ」と言う人もいるかもしれないですが、人によって感じ方は一様でないと思います。危機的環境なのは、事実だと思う。

『視野狭窄ともいえる”集中力”』-----
みんな一方向だけを向くこと、自分と少しでも意見が違うと「もうダメ」となること、私はそういうのだけは避けたいと思っています。


おつきさま
2011年09月02日 (金) | 編集 |
こんばんは。
やっぱりぶどうを食べ過ぎてしまいました。。だめ、食べすぎは。

もう少しで、十五夜です(12日)。月見団子つくろうかどうしようか考え中。

この前、妹と電話で話していて、妹の上の子(4歳)の話になりました。
最近、姪っ子は「なんで?なんでそうなるの?」と聞くことが多く、
例えばどんなことかというと、
「おつきさまは、なんであとついてくるの?」とか、
「こおりはどうして、こおっているの?」とか、
「なんでふゆは、さむいの?」とか。
私が4歳の頃は、そんなこと考えなかったわ、と思いつつ、
すごい、理系かなぁ?などと私はつい夢を託すおばバカになり、でも、
「・・ちょっと待って・・そういえば・・ああーっと。答えられないねぇ・・(^^;」と、
妹と話していました。
(「こおり」と「ふゆ」は私でも答えられそうです)
妹は、答えられる母親になりたいのだそうです。妹よ・・・すごい。
私は多分、「うわぁ、お月様痩せちゃってるねぇ、きょうは。」とか、
「ほら~、見てみい、お月様今日は太ってるよ~」などと言ってごまかすでしょう・・・

という話の続きは、また今度書きます。

[READ MORE...]
外国人参政権について
2011年09月01日 (木) | 編集 |
こんばんは。

首相が変わる少し前に、ツイッター内で「人権侵害救済法案」と「外国人参政権」の話題が、ぽつりぽつりと流れてきました。
「人権侵害救済法案」は、私は可決に反対です。
いくらでも権力側にいいように利用されてしまう可能性がある、と思います。
今日は、外国人参政権のことに触れてみたいと思い、ある「元外国人」を思い出し、
検索してみました。「有道出人」さん(米国出身)です。

有道 出人(あるどう でびと)の日本語ホームページ

上にリンクした有道さんのHP(日本語)の更新は最後が2008年くらいでしょうか、少し古いのですが、
私は彼のことをずいぶん前に、「小樽温泉入浴拒否問題」(『外国人お断り』という、温泉施設入り口の看板等)で知りました。
永住権ではなく、日本国籍を取得し、日本人です。

このHPを見てびっくりしたのは、「女子学生堕落マニュアル」と「外人犯罪裏ファイル」という本のことです。
「外人犯罪裏ファイル」については、某コンビニで売られていたらしいですが、
「女性学生...」も、本屋やコンビニなどで、子どもの手の届く所に置いてあるのでしょうか。こんな本を作るほうが云々も(外国の方から見れば)あるでしょうが、それ以前に「売るなよ」と言いたいです。
外国人への差別がこのようにしてある、ということをお伝えしたく、
有道さんのHPを紹介しました。

そしてもうひとつ、良いブログを見つけました。デンマーク人女性のブログです。

在日スウェーデン女性の目から見た日本---また外国人参政権の話、頭の固い政治家 (2010年1月30日付)

一部を抜粋し、転載させていただきます。

ここから===============================

今朝のニュース番組で外国人の参政権が取り上げられました。

多くの日本人は恐れていますね、、、何を恐れているのかよくわかりませんが。

この問題と女性の社会進出問題が似ています。外国人でも女性でも差別されていますね、、そして、日本の政治家、おじさんたちは一番恐れていますね。外国人に参政権を与えるといい影響もあるかもしれません、でもそういう考え方はできないですね。そとから新しい発想を受け入れることも大事だと思いますが、、

永住権を持っている外国人は91万人ぐらいだと思いますが、この90万人に選挙権を与えると国が乗っ取られるのでも思っているのでしょうか?。そう思うなら、外国人を受け入れることをやめた方がいいと思います。

国際社会、などは表面的な言葉だけですね。私たち、永住権を持っている人は、日本人と同じように毎日暮らしをして、仕事、家庭など、皆さんと同じ生活をしています。そして私たちも自分の子供たちのため、少しでもいい社会を作りたいと思っています。しかし、外国人であることだけで、さまざまなところで差別も受けています。私自身はそういう差別をほとんど経験したことがないのですが、差別をされてきた人がいっぱいいます。


-------------------------------------------------------

先ほど、女性問題と外国人問題が似ていると書きましたが、日本人は外国人の安い労働力が欲しいです。
あるビジネスマン達の集まりで、労働力が足りないという話が出ました、そこで出席したスウェーデンの男性が「女性の能力をもっと生かして、女性を使えば?」と話しをしたら、日本人の男性たちは「それはだめ、女は家庭を守って、足りない労働力は外国人をとるしかない」!!!!!とそれを聞いたら強い怒りを覚えます。つまり、外国人は安く雇って、利用すればいいということです。実際に、日本の多くの工場などは外国人労働者を使っています。安い給料で。安く働いて、自分の意見は主張しないで、ということですね。女性も同じです。女性は、働くなら、安いパートの仕事、家庭に支障のない程度、つまり家政婦として頑張って、安い給料で働いて、後は黙っていればいい、という考えの男が今の日本にいっぱいいるということです。


========================================ここまで。

この方のおっしゃるとおりで、『女性問題と外国人問題が似ている』と、
私も感じます。
『実際に、日本の多くの工場などは外国人労働者を使っています。』という部分、
研修という名目で外国人研修生を安く使っているという実態は、実際にあるようです。

私自身は「外国人参政権」のことに詳しいわけではありません。
ただ、特に在日韓国人や北朝鮮人など、韓国圏(韓国と北朝鮮)の人が何十年も住んでいて消費税も払っていて、選挙権がないということに驚いたことがあり(かなり前のことです、私の無知もあり)、
例えば祖母や祖父が韓国圏から来て、在日三世で日本語しか話せなくて、自分の国に帰ったことがなくても「外国人登録証明書」というのを携帯する義務がある、というのを知り、何ともいえない気分になったわけです。

しかし、何十年もいるのに、もう日本に定着していて祖国に帰る予定がない、犯罪を犯していないというのであれば、滞在年数などを考慮して、地方自治には参政権を与えるべきだと思います。
外国籍の人が市県民税を払っているかどうか、ちょっと今ここでは調べていないのですが、
消費税は払っています。
スウェーデンの女性ブロガーさんも言っているように、外国人労働者に頼らざるを得ない現状もあるのですから(介護など福祉の分野でも今後)、そういう理由です。

在日スウェーデン人女性のブログは、全文読んでほしいです。
私には、かなり納得できる内容でした。
コメント欄も面白いです。
ブログ主さんが、

「日本人自身はもう少し政治に関心を持って欲しいし、せっかく取得している参政権をしっかり使って欲しいです、、」とコメントに返信していますが、その通りです。
(まあでも、「外国人に地方参政権を与えるな」「中国・韓国・北朝鮮に乗っ取られる」と、方向を間違えてギャーギャーわめいている人たちがどのくらいいるかよく知りませんが、
そこまで言うのだから『日本を守りたい』のだろうから、そういう人たちの投票率は高いものと思いますけれど。)