家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弱っている人を支える方法の一つとして・・
2010年08月31日 (火) | 編集 |
最近の一時期、つらくて本当に参ってしまった時がありました。
母は体調が良くない時が多いです。
それに、私まで引きずられてしまうのです。母のせいじゃない、
誰のせいでもない。
悪いのは、病気。
そう分かっていても、母の涙と具合が悪そうな姿を見ていると、
何とかならないか・・と思ってしまって、それが続いていました。

病院の点滴室で、ピンク色が表紙のベースの、かわいい雑誌がありました。
その中で、これからの私のヒントになりそうな言葉を見つけました。メモしました。

「がん経験者のジャンヌ・ギルス・ハックニーは、がん治療において最も重要なことは、
看護師が患者の要望や心配事を感じ取り、患者の話に耳を傾け、不安を受け止めることだと指摘します。」


> 看護師が患者の要望や心配事を感じ取り、患者の話に耳を傾け、不安を受け止めること

「看護師」を「私」に、「患者」を「母」に置き換えてみました。心の中で繰り返しました。
私は医者ではなく母を治せませんが、母の傍らにいて、「そうだよね」「痛いねぇ」と、
話を聞くことはできる。

母が元気な頃からずっと、私は母に甘えてばかりでした。
今度は母が、私に甘える番です。何かが、吹っ切れてきました。

スポンサーサイト

頭を休もう
2010年08月30日 (月) | 編集 |
ついついスイッチが入ってしまうと、ガーっと書いてしまうのですが、
疲れてしまいますよね・・。
ずっとここを読んで下さっている方も・・。

以下、続きを読むは「タイツ・レギンス・トレンカ」について、です。

[READ MORE...]
「メディアとカネ」の続きです。 (´・д・`)
2010年08月30日 (月) | 編集 |
●ジャーナリスト・上杉隆氏の今日午後12時ごろのツイート。
  ↓
uesugitakashi 官房機密費問題こそ「政治とカネ」の頂点、かつ核心。 RT @kaidukun: RT @inoo1978 小沢首相VS記者クラブ 小沢首相が誕生すれば記者クラブを頂点とする日本のメディアシステムが崩壊し、「政治と金」の説明責任を求められるのはメディア側になる 上杉隆氏の主張に注目

> 官房機密費問題こそ「政治とカネ」の頂点、かつ核心。

私も上杉さんと同じ意見です。
上杉さんが靖国神社に参拝したのを知って、「ふーん。」と思いましたが、
それとは別に、こういうジャーナリストを応援したいです。

●ジャーナリスト・長野智子氏のツイート(8月28日)
  ↓
nagano_t これについては何度もツイートしてますが、マスコミでもらったことがあること自体信じがたいこと。ただ取り上げるにあたって、官房機密費をもらった本人が口を開かないかぎり、名誉毀損にあたる可能性もあるので取り上げるのは難しいといわれてます。ただ私自身は諦めてません。
9:08 PM Aug 28th webから hato17宛

> 官房機密費をもらった本人が口を開かないかぎり、名誉毀損にあたる可能性もあるので取り上げるのは難しい

そうなのか・・・。マスコミ関係の人、自ら口を開ける人がどのくらいいるのか?
> ただ私自身は諦めてません。
諦めないでほしいです。私は長野さんも応援します。

●今日午前11時くらいの「きっこさん(きっこのブログ)」のツイート
  ↓
kikko_no_blog 「小沢一郎は代表に相応しくない」と言っている人たちに理由を聞くと口を揃えて「政治とカネの問題」と答えるが「では小沢の政治とカネの問題とは何か」と聞くとほとんどの人が正確には答えられない。マスコミに刷り込まれたイメージだけで「小沢=悪」と決めつけていることがよく分かる。

そうそう、そうなんですよ。
小沢さんは確かに、ウツボ(?)に似ているというか怖いおじさん系の顔をしているし、
「壊し屋」とニックネームをつけられているし、イメージは良くないかも。イケメンでソフトな感じの政治家(実はそれが一番曲者だろうが)よりも、損をしているかもしれない。
残念なのは、小沢さんがどんなに良い政策を持っていたとしても、小沢さんから、国民に伝えようという熱意が伝わってこないということ。(でもそういう政治家って、たくさんいるなぁ・・)
私は、小沢さんの「ウツボ」(or雷魚?orゴンズイ)以外の顔を知らない。
したがって、
小沢さんのことを支持も批判もできない。
ただ、鳩山さんが総理辞任の時に一緒に小沢さんを辞めさせておいて、今度は「恩返し」とか言って応援するのは、よく分からない。
だが、「一度、小沢さんに総理大臣をやらせてみたらどう?」という思いもある。


それじゃあ、「メディアとカネ」はどうなんでしょう?(´・д・`)
2010年08月29日 (日) | 編集 |
TBSの朝の番組・・関口さんが出てるやつ・・「サンデーモーニング」。
あれを見ていたら、
「政治とカネの問題が解決しないうちに・・」とアナウンサーが言っていた。

出たっ、「政治とカネ」!! \(; ゚Д゚)/

前原国交相もそんなようなことを言っている!
っていうか、ありとあらゆる人の口から出ていて、
小泉(元首相)さんの時の「構造カイカク(改革)」みたい・・と思ってしまった。
(とりあえず言っとけばいい、みたいな点で)

以下のリンクは、私が官房機密費について、自分のブログに書いた記事です。
最初は(今年の)5月21日、最後は7月23日です。
それから先は、上杉隆さんや岩上安身さんのツイッターを見ていたりしましたが、
私には難しくて、正直に言って「ついていけなく」なり、書いていません。

なぜ、大きく報道しないの?国策捜査について---官房機密費
官房機密費と腐敗臭のするマスコミ(ゴミよりひどいじゃん)
一つ前の記事の続き---こんなのもありました。(ジャーナリスト:上杉隆さんについて)
慣らされないようにしたい
『官房機密費、退陣直前は2.5倍に』
官房機密費とマスコミ
「内閣官房機密費」は「便利なお金」か??
『沖縄県知事選に官房機密費3億円』 初証言(鈴木宗男議員)

そして。 ↓ 8月13日の産経ニュースより。
官房機密費「公開は国益害す」 情報公開訴訟で内閣総務官が証言(2010.8.13 21:36)

> (官房機密費の事務を担う内閣官房の千代幹也は)内閣総務官使途などの公開は「あり得ないこと」と述べ、「情報を公開すると本当の意味での情報収集活動ができなくなり、国益が害される」と訴えた。

これは、「国益が害される」と言ってしまえば相手を黙らせることができる、
とも取ることができるよね。

私が希望すること。

●官房機密費を実際に受け取った全てのマスコミ関係者は、詳細を明らかにする。
●民主党代表選出馬予定の小沢一郎さんについて、「政治とカネの問題の決着がついていないのに」と批判する政治家全ては、まず、過去に使った官房機密費の内容を明らかにするように、政府に働きかけること。


「8.27 新宿ど真ん中デモ」を見学してみて 
2010年08月28日 (土) | 編集 |
頭がスッキリしてきました、やっと。
朝、記事をアップしましたが、全面的に書き直しました。

きのうのデモの感想。
新宿駅東口アルタ前はかなりの人だった。
警察官がすごかったな。制服の警官ではなく、目が変に鋭い人も何人か見かけた。
見物人みたいな人(私か)も、かなりいた。

デモに加わる勇気なんて、なかったなぁ・・。
というより、あのイベントの中心になってやっている人は、
半端ではない強い思いがある、というのがひしひしと伝わってきた。
沖縄に基地集中しすぎとか、日米安保はいらないとか。
よく事情を知っているだろうし。
だから、私みたいにうじうじしているのが加わるのは気が引けた。

ただ・・・どこか違う。
「一般の人」との間に、「膜」ができている。それが、気になった。
どう説明すればいいんだろう。
これがもし、アメリカのホワイトハウス前で出来たら、
相当違うだろう。そう思う。
米軍基地の張本人が真ん前にいるのだから。

(デモ出発前の演奏を聴いている時、
大木晴子さんが、私の隣の隣にいらっしゃるのが分かった。
すみません、また話しかけられなかったです。勇気なし。。。
大木さん、とても存在感あったです。)


デモをしている集団というと、どうしても一般人と離れているように見えてしまう。
訴えていることは「正しい」と思うのに。

ただ私は、デモ(デモンストレーション)を否定するわけではない。
伝えるって大事だよね。
伝え方、伝わり方が重要なんだと思う。

追記:
新宿西口の小田急付近で週に一度(土曜日)、「一人でもデモ」を続けている方々(大木晴子さんもその中のお一人です)の、静かな意思表示は中々、続けられるものではないと思う。素晴らしい。
「一人で」「わたしはこう思います」と、表明するのは勇気が要る。
大勢で歩くのとはまた別の、かなり思い切った勇気。
「一人でもデモ」が、新宿駅だけでなく、山梨の甲府駅でも出来たら。
全国に広がったら。

「お前が一番最初にやってみればいいじゃん」
って今、誰か私に声をかけたような。
それができたら、すごいね。なかなか、そんなことできない。
ただの変な人で終わるんじゃないだろうか、と考えて、気が引ける。
突き抜けた強い意思がないと、とてもできないだろう・・。


             

.....................................................

きのうは写真を撮りましたが、どこに保存をしたんだか・・・・。
アップには少し、時間がかかるかもしれません。

暑い。U´・ヘ・`U
やっぱり頭が・・。


「政治とカネ」 愚民思想 スイカ頭
2010年08月27日 (金) | 編集 |
母に、「私さぁ、鉛筆が頭の中にぎっしり詰まってる感じの時があるさ。」(ぞぞっ‥寒)
と話したら母は、「お母さんはすっからかんのスイカ。」と言って、
笑った。
「スイカの収穫時期」で検索してこのブログに来て下さった方、ありがとうございます。
ウチでは2個目が収穫できました。(ほとんど、いや全てダンナの功績)
そろそろまた、収穫できる時期です。→「スイカの収穫時期」

.............................................................

鳩山さんが総理を辞めた時に小沢一郎さんと会談し、親指立てポーズをした・・・
それは、幹事長を辞めさせたよ、というサインだと、後で分かった。そう解釈した。
なのに・・なぜ・・小沢さんは出馬する??
「エラい人」の考えてることは分からない。情報過多で分からない。

『車輪を再発見する人のブログ』というブログの、「愚民思想の意味不明」
というエントリから、その中の一部を転載。

********************************************

相変わらず大衆は愚かだというような主張がそこらじゅうで見られる。その隠れた意図は大衆は馬鹿だ、合理的で賢明な知識人が先導しないといけないというものだ。
しかし、歴史的に見るとここ二世紀の悲劇の大部分は知識人が愚かな理想や幻想、自己中心的な思想に支配されたことが原因だった。
また、マスコミが馬鹿だ、政治家が馬鹿だ、
ああこれは愚かな大衆の責任だというのもあるが、それも知識人の大部分が愚かであることを棚に上げて大衆に責任を擦り付けているだけである。

*********************************************

テレビで政局のことを説明している。
民主党の、「党内勢力図」というボードを使って。
至極親切心から、ボードを使って「分かりやすく説明」している。
なんとなく、見ていて疲れた。
どこの局も同じようなことやっていて、・・・それはまあ、
私も同じかもしれないが。


では、行ってきます。デモは眺めてるだけです。勇気なし。
今日は夜、妹が来てくれることになりました。
ダンナに、どこへ何しに行くかと言うのを忘れた。
「おみやげ買ってくるわ」
「わーい!」
途中まで話してたのにそこから忘れた。


8月27日、新宿へデモの様子でも見に行こうか
2010年08月27日 (金) | 編集 |
大木晴子さんのツイッターより。(8月17日)
 <8月27日は金曜日です。あなたは夜は、何処にいますか。新宿の側だったらギャラリーでもいいです。あなたの眼で見つめてみませんか。「沖縄を踏みにじるな!」と声をあげる人たちの眼差しと向き合ってください。きっと、何かが変わる。黒猫ろくも歩きます!http://bit.ly/6x6N6Y

デモの時間→ 18時:街頭宣伝 19時半:デモ出発 となっています。
新宿東口アルタ前広場19時半デモ出発
詳しくは、「続きを読む」でご覧下さい。
[READ MORE...]
警察がこんなことをするなんてね・・・私はここで知りました。8月15日の靖国で。
2010年08月26日 (木) | 編集 |
こんにちは。またまたしつこく、靖国神社について、です。
この前の靖国大好き安倍ちゃんの記事に、ブログ「Afternoon Cafe」の秋原葉月さんからいただいたコメントで、8月15日に靖国神社で起こった事を知りました。
ブログ書いている場合じゃないですが、見逃すわけにいかなくなってしまいました。
びっくり、です。驚き、ですねぇ・・。

「おまえ今頃そんなこと言ってるのかよ?(  ゚,_ゝ゚)www」と笑われていもいいのです、
知らなかったので、私は。警察のこういう部分を。

ブーゲンビリアのきちきち日記でたまに、「公安が・・」と書かれているのは、
そういうことだったのですね・・。

違法行為をする右翼はおとがめなしで、デモンストレーションをあきらめた抗議者は逮捕~非民主的な日本 - 情報流通促進計画by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
より、以下転載:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◆ ◆ ◆ ML(メーリングリスト)の引用開始 ◆ ◆ ◆

靖国神社周辺での弾圧に対する抗議声明

 2010年8月15日正午過ぎ、靖国神社での黙祷儀式に抗議した人が2名逮捕されるという事件が起きました。救援会は以下のように当日の事件経過を確認しています。

当日正午前、靖国神社に抗議するために数十名の人々が集まっていました。しかしあまりにも多くの公安警察官と機動隊が行く手を阻んだために抗議行動は中止になりました。そのため抗議に集まった人々は、靖国神社の南門とは逆方向の半蔵門駅に向かって、大勢の警察官に囲まれながら歩道を歩いて帰ることになりました。

 しばらく進んだ頃、右翼団体の車両が抗議者たちの前に突然停まり、車両から人が飛び出してきました。そのときです。周囲を囲んでいた私服刑事のうち2人がAさんに抱きついたのです。刑事らはAさんを他の人々から引きはがそうとしました。そのため、一時的に混乱が起きます。しかしそれも周囲の人々の抗議によって一旦は収まります。ところが先ほどの私服刑事はAさんの腕を掴んで離さず、Aさんは連れ去られてしまいました。このときAさんは身に着けていたTシャツを破かれています。さらに近くにいたBさんが人々からムリヤリ引き離され、倒されました。そこに4名の警察官がのしかかって暴行を加えています。彼は首を絞められ蹴られ、焼けたアスファルトに額を叩きつけられた上で引きずられています。そしてBさんは頭部と手に怪我を負ったまま連れ去られているのです。

 その後分かったことですが、Aさんは「公安条例違反」、Bさんは「公務執行妨害罪」の嫌疑を不当にもかけられて逮捕されたのです。けれどもAさんは「公安条例違反」に当たるようなことをいっさい行っていません。彼らを含めた抗議者は、行動を中止した後に靖国神社から離れて引き上げる最中であり、警察発表にある「無許可デモ」などおこなっていないのです。さらにBさんに関しては、一部マスコミ(毎日、産経、時事通信)が「警察官に暴行した」などという誹謗を行っています。しかしこれは警察が流す嘘をそのまま報道したものであり、暴行されたのは実際にはBさんなのです。

 これまでも国家権力による民衆への横暴は数限りなく行われてきました。
 2人の仲間は決して暴力を振るっていません。むしろ暴力を振るったのは警察官です。民衆のものである天下の往来を歩く事を阻み、あまつさえ暴行し閉じ込める。暴力で相手を封じ込めようとしているのは一体誰なのでしょうか。

 私たちはこのような横暴を決して許しません。これは国家権力による人類に対する冒涜であり侮辱です。私たちは不当逮捕に断固抗議するとともに、2名の即時の解放を求めます。

2010年8月17日
815救援会(2010)
◆ ◆ ◆ MLの引用終了 ◆ ◆ ◆

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

警察は右翼と仲がいいのかな?仲良しなんだろうか。
これを読んで、私はそう思いました。そして、寒々しくなると同時に、
靖国神社の存在の異常性を改めて感じました。

「Afternoon Cafe」の8月25日付の記事、
非民主的な靖国‘特高警察’に抗議します~ヤメ蚊さんのブログから転載を、
ここに転載させていただきます。
秋原さんが、今回の警察の行動を批判しています。私も、秋原さんに同意します。

************************転載ここから。

靖国は日本の電波発信基地総本部のようなもの。民主主義的なものの考え方、人権の進歩の足を引っ張る精神的支柱がここにあります。
日本の民主主義は戦後65年たっても戦前を克服できていないこと、そしてこういう場所である靖国神社は、戦没者を悼み再び戦争の惨禍を繰り返さぬよう平和を誓う場所としてふさわしくないことを、このエントリーでも再度繰り返して強調しておきましょう。

靖国神社のあり方に反対する活動を行ったら警察が弾圧し、抗議者を妨害する右翼の横暴については警察が見逃す、という戦前の特高警察を地でいく警察の民主主義の蹂躙、人権弾圧に激しく抗議します。
日本は、有形力をもって権力行使する警察が民主主義を踏みにじるような思想に荷担して国民を弾圧する非民主主義国家であることがよくわかります。

************************転載終わり。


死刑について---『死刑絶対肯定論』という本。
2010年08月26日 (木) | 編集 |
少し前に、「千葉景子法務大臣の7月28日の死刑執行でブログを書くモチベーションが落ちた」というようなことを、ブログに書いた。
それ以来、死刑について書くのは気が重すぎて、なかなか書けなかった。

村野瀬玲奈の秘書課広報室で、村野瀬さんが中国での死刑について記事を書いていた。
「死刑適用罪を減らす中国」(2010.8.26)

村野瀬さんが引用した毎日新聞の記事、「◇中国の死刑制度」の中で
〔執行方法は1996年まで銃殺に限られていたが、現在は薬物注射が主流となっている。〕
という部分に、なんともいえない思いになった。
薬物注射でも失敗して苦しむ人がいるのは、アメリカからのニュースで知ったことがある。
日本の首吊りと薬物注射では、どちらがより苦しいのか。

いや、ちがう・・。もしも、冤罪だとしたら。
いや、冤罪でなくても国家権力が人を殺すのはやはり、人殺しの肯定になる。


ある無期懲役囚が書いた本のタイトルをメモしておいたのに、なくしてしまっていた。
でも、ふと今朝、出てきた。
2010年7月17日か18日付の朝日新聞の広告欄にあったのが、
下の本。

死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書)死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書)
(2010/07)
美達 大和

商品詳細を見る

「商品詳細を見る」の中から転載:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
出版社/著者からの内容紹介
 哀しい事実だが、犯罪者のほとんどは反省しない。監獄法の改正後、圧倒的に「自由」になった刑務所では、今日も受刑者たちの笑い声が響いている。裁判では頭を垂れるも内輪では「次は捕まらないよ」とうそぶく彼らを前に、何をすれば良いのか。犯罪者を熟知する著者は、彼ら自身を「死」と向き合わせるために「執行猶予付き死刑」を導入せよ、と説く。現役の無期囚が塀の内側から放つ、圧倒的にリアルな量刑論。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

本は手元にあるわけではないし、読んでもいない。
けれど、著者が無期懲役囚ということで紹介してみた。


バケツで稲を育てています
2010年08月26日 (木) | 編集 |


8月25日夕撮影。

高校時代に変な先生がいて(古語の教師)、よく、「頭(こうべ)をたれい」のところで、
(あと、何の物語か忘れたが「大音声(だいおんじょう)を発し・・」のところでも)
先生一人がだみ声を出して、にやけていたのを思い出した。変な先生ほど覚えている。

あとどのくらいだろうか、収穫まで。
一合以上はあるかもしれない。
まさに、こうべ(頭)を垂れている、稲。
バケツ稲用の稲だから楽だけど、けっこう手間がかかるよね・・農家が作ってくれる米。

これなら食べられるし。成長楽しみだし。
植えたのは確か・・6月の初めくらいだったか。
苗がとても小さくて頼りなく、本当にお米ができるの?と思った。
眠い。(ρw-).。o○ おやすみなさい。。


ケニー
2010年08月24日 (火) | 編集 |
wall-904-1024x768.jpg
ケニー。
この話は・・見たことないかも。


靖国参拝をしなかった総理と閣僚に対する、安倍(晋)ちゃんの言葉
2010年08月24日 (火) | 編集 |
すみません、安倍晋三元総理。安倍ちゃん、とか呼んじゃって・・。

今日はなぜか、「靖国神社」というキーワードで来てくれる人が多いです。
ありがとうございます。
ちょっと追記。(18:26)
詳しくは、「靖国神社 8月15日」が3名、「靖国神社 戦争美化」が1名です。
(「多く」はないですね。^^;)

いろいろ検索していて、「はだしのゲン状態の靖国神社」というタイトルが目に止まりました。
『法華狼の日記』(管理人は「hokke-ookami」さん)というブログです。

初の「全閣僚、靖国参拝せず」民主党政権下で異例の8・15 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
より、
「 境内には、首相と仙谷由人官房長官、岡田克也外相を批判する写真も地面に張り付けられていた。特定政党・政治家が名指しでこうまで批判されるのは、街宣車が行き交う15日の靖国でも珍しい光景だ。」
という部分を、hokke-ookamiさんが引用なさっていました。

で、問題の写真は産経の阿比留瑠比さんのブログで私も見てみたんだけど・・。
ん??と思いました。ちょっとびっくりですね。張り付けられています、地面に。
(どんな写真かを見たい方、「産経 阿比留瑠比 イザ」で検索して下さい)
何故こんなことを?というか、靖国神社とどう関係があるのか、分からない。

あと私が、「またか」と思ったのは、靖国神社を8月15日に現職総理と閣僚が参拝しなかったことについて、安倍晋三元総理が感想をチラッと述べた部分です。
初の「全閣僚、靖国参拝せず」民主党政権下で異例の8・15 (2/2ページ) - MSN産経ニュース
に、
----安倍晋三元首相は閣僚の不参拝について、「首相や官房長官が方針として決めたのであれば、信教の自由上、問題がある」と指摘。石原慎太郎東京都知事は「英霊が浮かばれない」と嘆いた。----
と載っています。

石原慎太郎さんについては相変わらず「またか」、と思うが、安倍さんについてはもっと、
「またか・・」と思いますね。
菅総理の"談話"について、「日本を貶めるようなことはやめろ」だの言うし、
今度は、「首相や官房長官が方針として決めたのであれば、信教の自由上、問題がある」
って・・宗教の自由上??

この前私が靖国神社のことについて書いた記事に、
秋原葉月さんが、
----靖国は神社神道ではなく国家神道、宗教というより政治カルトチックな存在に思えます。
明治時代に「天皇のために死んだ臣民を祀り、天皇が参拝して死者を讃える」ことを目的に作られた政治的な神社なので、靖国の存在自体がどうしても戦前の皇国史観や軍国主義の肯定にならざるを得ないと私は感じます。----
というコメントを寄せて下さった。
私もその通りだと思うんだよね。
靖国神社は宗教か?いや、そうじゃないと思う。<政治カルトチックな存在>---同意。

「宗教の自由は日本では認められているのだから、"靖国を参拝しない"のを首相や官房長官が閣僚にまで"強制"させるのは、おかしいじゃんけ。」と、こう言いたいわけだね?安倍さん。
っていうかね、安倍さん、もっと別のところで目立ってほしいよ。
政権を「投げ出し」たって、また選挙で選ばれたんだからさ。
(嘆かわしいことに、そういう国会議員は安倍さんだけではなく、何人もいますねぇ。
読者のみなさん、思い浮かびますよね・・。
あるいは、何人もというか、何十人?「政局」になってしまっているし。)


自販機がなくなってしまった寂しさ
2010年08月24日 (火) | 編集 |
きのうの夜ダンナが、「焼酎を割るものがない!」と言って騒ぎ出したので、
「ああ、じゃあ桃ジュースがあるよ」と言ったら
「甘いのはダメだなー」と、自転車で自販機へ買いに出た。


近所に居酒屋があるのですが、その居酒屋で管理している自販機がわたしは好きでした。
うぴしの散歩でよく通りました。
「ヒロくん」という犬がいておじさんみたいな顔してて、可愛かった。
ヒロくんはいつの間にかいなくなり、うぴしもいなくなった。

ダンナが帰ってきて、「あの自販機なくなってたさ。向かい側の駐車場の自販機で買ってきた」と、コカコーラゼロを2本。

そうなんだ。。寂しいな・・。
一時期、あの自販機で小さい箱のスナック菓子も売っていた。
「あっ、うぴし、お菓子が売ってるよ~すごいね」と、眺めては通り過ぎて。
ジュースとかお茶をたまに買ったりした。
うぴしと一緒に歩きながら飲むあったかいコーヒーって、おいしかったんだけど。
うぴしが向きを変えて急に私を引っ張って、うまく飲めなかったこともあったけど。(笑)

あったか~い缶コーヒーが恋しい時期が、
早く来ないかな・・・。
「あったか~い」っていうのが、いいよね。。うぴしぃ・・。U´・ェ・`Uノシノシ ←しっぽ


韓国併合という言い方
2010年08月23日 (月) | 編集 |
菅総理が「談話」を発表してしばらく経つが、今度は「小沢問題」(と自分で書いていてつくづく、軽いなぁと思うが)で大手マスコミは騒いでいる。(「小沢問題で揺れる民主党」(?))

私は歴史の授業で「日韓併合」と習ったと記憶しているが、
最近気になるのは、「韓国併合」が多用されていること。

あくまで私のイメージだが、「日韓併合」は日(日本)が先に来ていて日本が主体になって韓国(現在の韓国+北朝鮮だよね)を"合併"させた、となる。
しかし「韓国併合」では現在の北朝鮮が抜けているし、「自然の成り行きでそうなった」、みたいな誤解を後世の人にも与えかねないのでは、と感じる。

私個人の意見だが、言葉の持つイメージは大きいと思う。
「韓国併合」の流れになってきたのは、みんなが使っているからということだろうか。

----------------------------------------------------

今日は母と病院です。
行ってきます。 U´・ェ・`U

(きのうは夜中に蝉が鳴いていて、うるさかった・・。)


やりたいこと、行きたい場所
2010年08月22日 (日) | 編集 |
「ママ投げ出し 2児死亡」という記事が今日の朝日新聞社会面に載っていた。
(それにしてもあんなに顔を出さなくてもいいのに、と思ったが)

容疑者の写真の下に、サッカー日本代表の試合に応援に行っていて、
その写真が撮られた時、「2児に最期の食事を与えてから20日たっていた」
とあった。託児所のない職場で働くようになって、
そこからあの容疑者は変わってしまったようだ。

自分の身に置き換えてしまった。


[READ MORE...]
住民税を払えない人にも、消費税値上げを負わす気か
2010年08月21日 (土) | 編集 |
この前の、消費税についての続きです。

8月15日付山梨日日新聞に、市民税などを滞納している男性が給料を差し押さえられそうになった、という記事が載っていた。

以下、山梨日日新聞 みるじゃん より、転載。:::::::::::::::::::::::::::::

2010年08月15日(日)
差し押さえ 困窮者は悲鳴 県内市町村、滞納税の徴収強化
悪質事例の見極め課題


山梨県内の市町村が税滞納者の財産を差し押さえるケースが急増している。2009年度の差し押さえは計4065件で、08年度の約1・5倍。財政状況が厳しい中、各市町村とも払えるのに納めない悪質な滞納者への対応を強化していることが背景にある。一方で、日々の暮らしに困窮する住民が差し押さえで窮地に追い込まれるケースも。各市町村の徴税担当者は「滞納者の財産や生活状況の把握に努めている」としているが、対応にも限界があるようだ。
         ◇
 韮崎市で年老いた母親と一緒に暮らす40代の契約社員男性は昨年春ごろ、市役所から届いた一通の封書を開いて絶句した。入っていたのは「滞納金額を徴収するため、給料を差し押さえます」と書かれたA4判の紙切れだった。
 男性は市民税など約16万円を滞納。月収は約10万円で、つつましく暮らしても生活はぎりぎりだ。貯金もない。滞納分を引かれた給料で暮らすのは想像できなかった。
 そんな状況で告げられた差し押さえ。「払う気がないんじゃない。お金がないだけ。苦しい生活を説明しに市役所に何度も出向いたのに、差し押さえだなんてあんまりだ」。男性は知人の神田明弘市議と一緒に市役所に行き、担当者と交渉。市は結局、滞納税の支払いを3年間猶予したが、男性の怒りは今も治まらない。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

市県民税などの税金を、「払えない人」と「払える能力があるのに払わない人」
がいる。
「払えない人」に対して、給料を差し押さえたらどうなるかというのは自明の理だと思うが、
この男性は市役所に相談に行ったが、中には、消費者金融などから借り入れてでも、払ってしまう人もいるかもしれない。それが続けば、元々返せないのだからおそらく借金は膨らみ、思い詰めて自殺または家族を巻き込んで心中ということにもなりかねない。

政府・与党は、いろいろ批判を受けて消費税の話を一気に潜めてしまったが、
ほとぼりが醒めた頃に、消費税を上げるように話を進めているのだろう。法人税値上げや輸出の益税のことになど、触れもしないで。

この男性は母親と、月給10万円プラス母親の年金で暮らしていると思われる。
しかし、親が無年金という人もいると思う。
消費税を10%に値上げしたら、生活は更に苦しくなる。

「そんなこといったって、この借金じゃどうしようもない。これから高齢者も増えて医療費も福祉費も増える。だから消費税値上げは仕方ない」と言う人がいる。
「消費税増税仕方ない」、という前に、お金持ちほど優遇される今の税制自体を見直さないと、日本は低所得の人が多くなっているのだから、お金が無くて病院に行けない、お金が無くて学校に行けない、という人がどんどん増えるのでは?と思う。
国際競争力を低下させるため、日本で法人税を上げることはできない」という錦の御旗は、日本国民の生活のことを思って、ではない。
消費税を上げる方がかえって、国際競争力を低下させるのでは、と、私は思います。


ぬいぐるみ療法??
2010年08月21日 (土) | 編集 |
朝から頭痛です。朝からバファリン。朝から風邪薬。朝からでパスを飲むわけにも。
眠ってしまう。

どうも。おはようございます。

私はぬいぐるみが好きなのですが、それには訳があって・・
ブログのカテゴリ名から、分かる方もいるかもしれませんが・・。

最初は小さなアザラシのぬいぐるみでした。
だんだん、増えてしまった。

お気に入りは、ツイッターに一緒に写っているクマです。


[READ MORE...]
消費税を上げると、国民生活が行き詰まる可能性が高いと思う。
2010年08月20日 (金) | 編集 |
『村野瀬玲奈の秘書課広報室』より、消費税について。

東京新聞の、消費税についての記事が(他紙に比べて)良い、ということで村野瀬さん、
拝見ました。
鋭いところを突いているので、読者の皆様ぜひ、
村野瀬さんのブログにアクセスしていただきたいです。
斎藤貴男氏の新著「消費税のカラクリ」を薦めながら、橘木俊詔氏と神野直彦氏にツッコミを入れてみた。

元は、vanacoralさんの、『vanacoralの日記』---2010-07-30 消費税10%で失業率10%!?---
です。私も持ち帰ってここで紹介させていただきます。

以下、転載。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【特報】
消費税増税なら「失業率10%、年間自殺者5万人超」 ~ジャーナリスト・斎藤貴男氏に聞く
東京新聞 2010年7月30日

 今日から臨時国会が始まる。予算委員会では、先の参院選で飛び出した菅直人首相の「消費税増税」発言が焦点の一つになりそうだ。ジャーナリストの斎藤貴男さんは最近、消費税が2けたになれば「失業率は10%、年間自殺者も5万人を超えるだろう」と、衝撃的な予測を主張している。理由は消費税の構造自体にあるのだという。 (篠ケ瀬祐司)

 斎藤さんは新著「消費税のカラクリ」(講談社)で消費税率が二けたに上がれば、5.2%の完全失業率(五月の速報値、総務省調べ)が10%台へ悪化すると説いた。消費税のしわ寄せを最も受けてきた中小零細企業や自営業者が追い詰められるためだという。

 「中小零細企業や自営業者は消費税文を値引きして納入したり、消費税分を価格に転嫁できずに安売りをしてきた。これがよりひどくなり、行き詰まりかねない。失業して労働市場に流れ込めば、失業率を確実に二けたに押し上げるだろう」
それは消費税が3%から5%に引き上げられた一九九七年の翌年以来、くしくも続いている年間自殺者三万人超という"惨状"の深刻化も招くという。

 「消費税は赤字でも納めなければならない。払えなければ、滞納するしかないが、税務当局の消費税取り立ては格段に厳しい。過去、それが原因とみられる自殺もあった。それだけが原因ではなくても(自殺の)引き金になりかねない」中小零細の自営業者らを心理的な面から圧迫する危険もあるという。
「中小零細企業や自営業者らへのしわ寄せが自明なのに消費税が増税されるとする。その意味を彼らは『世の中が自分たちをもう要らないと言っている』と受け止めるだろう」

 さらに斎藤さんは格差社会の元凶である非正規雇用の増加の一因に消費税があると解説する。

 正社員に支払われる給与は消費税の「仕入れ税額控除」の対象にならないが、派遣社員らへの報酬は控除の対象。つまり、非正規雇用の割合を増やせば、その分の消費税の納付額が減るのだ。
「正社員を非正規に切り替える理由は人件費削減が主だが、消費税の納付額の節約にもなる。消費税率が10%になれば、非正規への転換がますます加速するだろう」

 中小零細業者や街の商店主の苦悩が深まる一方で、消費税は製造業の大企業などへ「事実上の輸出補助金」(斎藤さん)を与えてきたという。

 そのからくりは消費税の「輸出取引の免税(輸出戻し税)」制度にあるという。同制度は外国の付加価値税などとの二重課税を避けるため、国内で仕入れた商品を輸出する場合、仕入れで支払った消費税分が輸出業者に戻ってくる仕組みだ。
理屈の上では、仕入れの際の消費税分を取り戻すだけで輸出業者に得はないはずだ。だが、「実際の商取引では輸出する大企業側が価格を決める」(斎藤さん)ため、下請け業者は消費税分を値下げされがち。そのうえで免税分の還付を受ければ、その分は輸出業者のもうけになるという。

 「消費税率10%」発言をした菅首相は「ギリシャの財政破綻(はたん)は対岸の火事ではない」と訴えた。ギリシャ政府は財政再建策として、消費税に当たる付加価値税の増税などを打ち出している。
しかし、斎藤さんは「ギリシャは国債の約半分を外国投資家が買い、日本の国債はほとんど国内の金融機関などが買っている」と海外マネーへの依存度の違いから、
両国の財政危機を一括(くく)りにはできないと指摘する。

 年一兆円の自然増が続く社会保障費や、基礎年金の国庫負担率維持に必要な歳出を賄うための安定財源は消費税以外にないとの見方も根強い。
これに対しても、斎藤さんは「社会保障費のために消費税と決まり文句のように言うが、それはおかしい。社会保障費が必要ならば不公正税制の見直し、特に所得税と法人税をまっとうに取ればいい」と言い切る。

 所得税は一九八〇年代前半まで税率が十九段階に区分され、最高税率は75%だった。その後、徐々に段階、最高税率ともに減り、九九年には四段階で最高税率37%に。現在は六段階で、最高税率は40%(所得金額千八百万円超)だ。「所得税の累進税率を見直せば税収はたちまち増える」

 法人税の実効税率は約40%。民主党は参院選マニフェストで税率引き下げをうたっている。

 斎藤さんは「社会保険料の事業主負担の割合など、日本の企業負担は諸外国の法人より軽い」と法人税率の引き下げに反対。大手銀行の法人税納付ゼロ状態が続いている例などを挙げ「こうした点を見直せば、法人税収は上がる」と強調する。

 さいとう・たかお 1958年、東京都生まれ。日本工業新聞、週刊文春記者などを経てフリーランス・ジャーナリストに。主な著書に「サラリーマン税制に異議あり!」「強いられる死 自殺者三万人超の実相」など。都内在住。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 こうした斎藤さんの主張には、異論もある。同志社大経済学部の橘木(たちばなき)俊詔教授(経済政策)は「日本人が今一番不安なのは社会保障。年金や介護、医療などの改革には必ず新しい財源が必要になる。消費税を上げ、使途を福祉目的に限定して使えばいい」と語る。
 深刻な財政赤字の克服についても、こう解説する。「社会保障の財源を用意すれば、これまで赤字国債に頼っていた財政赤字も削減できるメリットがある。日本はギリシャのような財政破綻をしないという見方があるが、今後も財政赤字が拡大すれば分からない」

 政府税制調査会の専門化委員会委員長を務める神野直彦東大名誉教授(財政学)も「社会保障の充実を図る消費税増税と所得の多い人の負担を増す所得税増税が『車の両輪』。税制全般を見直す必要がある」と説く。
 「世界的な金融危機が起きた場合、いつ何時、日本が起債できない事態になるかも分からない。少なくとも借り入れに依存しない財政構造を備えておく必要がある」

 消費税以外の方法はないのか。橘木教授は「国際競争力を低下させるため、日本で法人税を上げることはできない」と指摘。「高額所得者の税率をアップする方法もあるだろうが税収額は少ないだろう。『広く浅く』課税する消費税が一番いい」

 中小・零細企業の倒産が相次ぎ、失業者が増えるなどの影響が出るとの斉藤さんの主張に対し、橘木教授は「食料品や教育、医療などは税率をゼロにするほか、低所得者に徴収した消費税を還付するカナダの方式を取り入れることもできる。そうすれば、倒産などの影響は弱めることができる」と反論している。
(秦淳哉)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デスクメモ
 政治では昨今、ブレる人があきれるくらいいる。人間不信の風潮は増すばかりだが、今回登場した斎藤さんはブレない人だ。楽な道を知っているのに背を向ける。とはいえ、彼とて生身だ。「これだけ書いても世の中は変わらないのか」。そんな愚痴を耳にした覚えがある。でも、前傾姿勢は崩れない。(牧)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

以下は、私の意見です。
日本の自殺者は1年間で3万人を超えてから、ずっとその状態が続いています。
報道で知る限り、借金や経済的なことで苦しみ、それが自殺の引き金になって、
という人の割合が多いと感じます。

消費税率アップと自殺率の上昇のことは、村野瀬玲奈さんも私も、過去に
ブログで書いています。

「自殺と消費税値上げ」 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1796.html

「政治には素人の私の素朴な疑問」 http://upishi.blog5.fc2.com/blog-entry-1307.html

上の東京新聞の記事で、同志社大経済学部の橘木教授の、「国際競争力を低下させるため、日本で法人税を上げることはできない」というところで私は思わず、
「出たああっ!」と叫んでしまいました。

国際競争力を低下させるため、日本で法人税を上げることはできない

錦の御旗、という感じです。
この紋所が目に入らぬか、ではないですが。

このまえ、住民税が払えなくて給料が差し押さえられそうだ、という山梨県内に住む男性の新聞記事を読みました。あと、朝日新聞の国際面の小欄の、消費税についての「ん?」と思える記事。
書きたいことはまだあるのですが、長くなってしまう&時間がないです。また。


靖国神社について・2
2010年08月18日 (水) | 編集 |
靖国神社について、今ツイッターを見ていて気になったことを。

私は、ジャーナリストの上杉隆さんをツイッターでフォローしているが、
上杉さんがリツイートした中に、

「靖国神社には最初からA級戦犯が合祀されてたわけじゃなくて、松平宮司(当時)の暴走だったのか…。正式な形ではA級が合祀されてないという解釈も出来ると。うーん…はっきりさせて欲しい。A級戦犯の魂がないなら俺だって堂々と行けるじゃん。上杉隆氏ナイス指摘。」

というのがあった。

> A級戦犯の魂がないなら俺だって堂々と行けるじゃん。

ふーん。A級戦犯の魂がなければ、それだけで「堂々と参拝できる」んだ。
靖国神社に、参拝したい人は行けばいい。宗教の自由は日本では保障されているのだから。
私は、遊就館をお金を払って見てきたけど、自分の心の中で違和感があるので、
4年前のあの時、あそこまで行って参拝はしてこなかった。

作家の辺見庸さんの最近の『水の透視画法---宙に黒い正弦曲線』から、辺見さんのつぶやきとも取れる一説を紹介。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 車はいっこうに動かない。「タイニイ・バブルス」が流れている。ウクレレがかろやかだ。外は燃えさかっている。風景の上皮は二十年前と大して変わらない。今はただ万象の内実が狂っている。そして残忍なほどに暑い。運転手がまたしゃべりはじめた。「お客さん、どうですかね」と気をひいてから、後ろむきのまま唐突に問うた。「よさげなものがいま、いちばん悪いんじゃないですかね」。そう聞こえた。「善さげ」と私は漢字をあてた。だれが見たってあくどいものはみんなでやっつければいよいけれども、善さげなものはとても手に負えない。世の中、善さげなものばかりだ。みんな善さそうなふりをする。運転手はそんなようなことをぶつぶついった。なんだかよくわからなかった。運転手は口をつぐんだ。エアコンがうなった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

戦没者を悼むことは、もちろん、悪いことではない。

けれどもしも、「靖国神社の存在を否定するなんて非国民」という人が出てきたら。
非国民、とまではいかなくても。

「日本人なら卒業式で国旗に頭を下げて国家を歌うのが当たり前」
「ごちゃごちゃ言う方がおかしい」
とか、そう言う人を想像してしまったな、今。

そうそう、「善さげ」なものはいろんなところに、はびこっているね。
気をつけよう。


ネットに依存し過ぎるとどうなるか
2010年08月17日 (火) | 編集 |
例えば本屋さんで本をブラブラ見ているとき、私は文庫本の棚で、
好きな作家の名前をつい、探している。
好きな作家の本は家にも多い。(「多い」といっても多くはないけど)

本を読む時、一方通行である。
本を書く人は読み手に向けて、一方通行。
だがそれは、大昔からそうだった。
電源を入れて立ち上げるとかそういうことはしないで、
一秒あれば、開ける。
本って、紙質やB4であるとかA5変形型とか、そういうのも楽しみで。装丁とか。

一方通行で、その作家のことを知ったような気にもなってしまうが、
実際に個人としてきちんと接してほしくてコンタクトを取ろうとしたら、
普通は、相当思い切ったことをしなければならない。厚い壁がある。

双方向でそういう厚い壁がないのが、ネットのよさだと思う。
私のように、社会の窓としている人もいるだろう。お遊び的に使っている人もいるだろう。

しかし、
ネットや、アバターでチャットみたいな会話が出来る仮想空間やケータイの掲示板は、
現実に自分も相手も存在しているが、深い話は出来ない。
相手の年齢性別も見えない場合もあるし自分も、偽ることさえ出来る。

ネット(TVパソコンやケータイ、モバイル系も含めて)
が中心の生活になってしまうとどうなるか。
だんだん、「それだけが現実」になってしまうのだろうか。
「友だち」「彼氏・彼女」と言っていても、それはネットの中の友だちや彼氏・彼女であって、実際の、ではない。その辺を分かっているのなら、ネットが中心の生活にはならないだろう。
でも、そうではなく「実際に友だち・彼女じゃん」と思っていたら。
(例外はあると思う。何回かやり取りをしてオフ会をする場合。同じ目的のために、集まる場合。友達になれるかも。お互いをぶつけ合う恋愛に発展することもあるだろう。そういう場合は「きっかけ」だと思う)

ダンナがアバターをつくってチャットしている、PS3の仮想空間の中で、ダンナは
ネットやネットゲームが大好き(そう)な16歳の男の子と「友人」になった。
ダンナがPS3に接続するといつもその子がいるので、「友だちっていってもみんなPS3の中だけの人で、彼女ができたと喜んでいたけど、オレがそいつに、"いろいろ聞いてみろ"って言ったら男だったって。」
と、PS3への接続時間が一日のうちでも相当長いんじゃないかな、と心配していた。

私は秋葉原事件の加藤被告を思い浮かべた。
ケータイ(電話)が仕事以外の時間のほとんどの自分の「居場所」なら、
そこで否定されたら----
(ただもちろん、それでなぜあんなに人を殺したり傷つけたり、それが理解できないが)
ということを考えた。
加藤被告には、実際に涙を見せられる居酒屋の店主だって仲間だっていたのに。
私が勝手に想像するに、彼はケータイの中では、
「すごい人」または「一目置かれる人」でいたかったのか。(想像だが)

ツイッターについて。
好きなブロガーさん(例えばブーゲンビリアさん)と、
ちょっとしたやり取りが出来るのが楽しい。ぴょん吉さん(ねこ)のこととか。
ツイートを見るのも楽しい。夕焼けのこととか、料理のこととか。
あとは、自分でも一日に何回かつぶやいたりするけど、
なかなか知り得ない情報を収集する、ということに使っている。


マンネリ化する味噌汁の具問題を考える
2010年08月16日 (月) | 編集 |
おはようございます。

毎日お味噌汁作ってると、だいたい具が同じになってきちゃって・・。
これがまた、ねえ。飽きてしまうのですよ。

味噌汁に大根。(普通だな)
   みょうが。(今飲んでますよ)(お行儀悪いですね)

味噌汁にきゅうり。(・・・もわーんとしそうだが・・おばあちゃんは入れてた)
   にモロヘイヤ。(と言ったら、母の顔が曇ったのでやめる)
   にゴボウ。(普通か)

味噌汁にいちご。(という地域ってあります?(´・д・`) )
   に明日葉
   にこんにゃく
   にスイカの皮
   にゴーヤ
 
味噌汁にカニ 味噌汁にウニ。 味噌汁に鯉 味噌汁にちゃこ(ウソ)(ちゃこごめん)

何種類組み合わせあるだろうかな。

ちょっと中途半端で終わっちゃって


では。今日も一日・・暑いですが。|゚ー゚)ノ

追記。
ああ、そうそう。味噌汁に「じゅんさい」を入れて食べてみます。
  

8.15 ~敗戦記念日~
2010年08月15日 (日) | 編集 |
「これは、いい!」と思ったものは、人に勧めたいものです。

母がこの前ぽつりと、「なんで、戦争って終わらないんだろうねぇ・・」と言いました。
私は、答えられませんでした。

このブログのリンク先『夕暮菜日記』(緑虫さん)の2009年8月30日付記事より、
「ゲーリングのセリフ、在日特権」から、引用させていただきます。

引用ここから。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「通常、民衆は戦争を望まないが、人々を指導者の言いなりにするのは簡単です。国が攻撃にさらされてると国民を煽りなさい。平和主義者のことを、国に危機をもたらし、愛国心がないと公然と非難しなさい。どの国でも同じように効果があります」
ヒトラーに後継者指名されていたゲーリングの言葉だ。

(中略)

カルデロンのりこさんの両親は強制送還されたのに、在日米軍人は犯罪を犯しても83%が不起訴。
『在日特権』を振りかざして悪行をなしているのは、だれなのだ?
そして、それを許すどころか、思いやりを示しているのは誰なのだ?
勇ましいネトウヨ諸君には、ぜひとも米軍を叩いてほしいものである。
そして愛国者なら、そんな思いやりを攻撃してほしいものである。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::引用ここまで。

注):カルデロンのり子さんは両親が「不法滞在」している間に日本で生まれ育った。
「法律法律」と、小うるさい人に限って、米軍のことを叩けないんだと感じる。
彼女に対し、「ゴネ得」とまで言う人がいる。
ゴネ得してるのは米軍なので、まさに緑虫さんのおっしゃるとおりです。
困りますね、変な「ウヨク」。

そして。
ゲーリングという人の言葉を改めてよく読んでみて、私は納得してしまいました。

> 国が攻撃にさらされてると国民を煽りなさい。

「中国は脅威になる」とか、「韓国の竹島(独島)問題」、とかね。
「北朝鮮がミサイル撃ってきたらどうするんだよ?」とか、
「米国の核による抑止力は必要」、とかね。


> 平和主義者のことを、国に危機をもたらし、愛国心がないと公然と非難しなさい。

そうそう、『サヨク・在日・プロ市民』(fc2ブログのジャンル「政治・経済」の「テーマ」にあります)、
とかね。


緑虫さんが1年前に書かれたブログ記事なのですが、
(村野瀬玲奈さんの言葉を借りると)「記憶と記録のために」、
この記事を紹介したいと思ったのです。
8月15日にふさわしい記事だと感じたからです。

(緑虫さん、事後報告ですが....m(_ _)m)


靖国神社について
2010年08月15日 (日) | 編集 |
8月15日の靖国神社へは、用事のついでに一度だけ、行ったことがある。
小泉元首相が雨の降る早朝に参拝した、2006年。
そのことを以前にも、このブログに書いたことがある。

その時にびっくりしたのは、昔の軍歌と思われる歌を歌っている集団がいたのだが、
若い人が多かったこと。20代くらいの人もいた。
4年前なのでまた違っているかもしれないが。

バリバリ、まんま日本軍の軍服という高齢男性がいた。迫力があった。
コスプレであんなのが着られるわけがない。あの場所で。

.....................................................

「NOヤスクニ」とネットで表現する人を、最近見かけた。
そういう言い方は、私は、嫌いではない。
そこでふと、4年前に靖国神社で直接自分の目で見た、あの軍服の高齢男性を思い出した。

戦争体験者が減っている。
靖国神社を、「ウヨク」として見ていた私は、4年前と考えが少し変わった。
あのおじいさんはどんな戦争体験をしたのだろう、と、それが知りたくなった。
宗教は関係なく、靖国神社に集まった若い人に、
直接あの戦争を体験した人が、戦争体験を聞かせることは出来ないだろうか。

「NOヤスクニ」は、分かる。
【靖国神社:明治以降の日本の戦争・内戦において政府・朝廷側で戦没した軍人らを祀る神社】と、靖国神社のHPに書いてある。
神社に祀ったら、神様になってしまうではないか。

明治以降の日本の戦争・内戦において政府・朝廷側で戦没した軍人=神様

神様だよ、神様。靖国神社は戦争を美化している、と私は感じた。

しかし、
「NOヤスクニ」を、私自身は掲げたいとも思わない。
そうした時点で、自分とは違う考えの人との間に、膜が出来る。
実際にあの戦争を体験した人の証言だけは、誰が聞いても変わらない。

(「正しい戦争認識が必要」ということを、作家の浅田次郎さんが最近、テレビ番組で話しているのを聞いた。日本はいつまでも、それが定まらないような印象を与えている。子どもたちにはもちろん大人にも、そういうことが必要だと感じる。「三国人」とか「日本は天皇を中心とした神の国」とか言う人を、有権者が選挙で当選させるから、隣国から信頼されないということもある。)

「NOヤスクニ」と表現した人を指して、"左"とか"プロ市民(?)"
とレッテルを貼るのは間違っていると思う。
靖国神社を参拝しただけで、"あの人は右"と指差すのも間違っていると思う。
二者には、「違い」はあるだろうけど。

.....................................................

総理大臣が参拝に行くのは、「私人として」というのはあり得ないのではないか。
総理大臣は、国の顔だと思う。
小泉さんは、「村山談話を踏襲」しておきながら、靖国神社を参拝して中国と韓国との関係を悪化させた。
菅総理は、靖国神社を参拝しないという。

私は、4年前に行った時に、一般人も参拝できる場所で、
お参りをするということはしなかった。

あの時、「遊就館」を見てきた。
そのパンフレットに書いてあった文章の一部より。
「・・・近代国家成立のため、わが国の自存自衛のため、更に世界史的に視れば、
皮膚の色とは関係のない自由で平等な世界を達成するため、
避け得なかった多くの戦いがありました。
それらの戦いに尊い命を捧げられたのが英霊であり、その英霊の武勲、御遺徳を顕彰し、
英霊が歩まれた近代史の真実を明らかにするのが遊就館の持つ使命であります。・・・」
遊就館も戦争を美化している、と私は感じた。


ブログを書く意欲が湧かない時
2010年08月14日 (土) | 編集 |
こんにちは。きのうはついつい、グチを書いてしまいました。
あまりにも気分的に大変だったもので・・。
でも、もう大丈夫です。ありがとうございます。


ところで・・
私が毎日見ているブログがあって、そのブロガーさんが、
「記事を書くモチベーションが上がらない」というようなことを書かれていた。
それは何となく・・分かるなぁ。

私が最近、一気にモチベーションが下がったのは、千葉景子法務大臣が
7月28日に死刑を執行した時。
よりによって、去年と同じ日に、死刑制度廃止派の人が。
それから何日かたって朝日新聞に、死刑執行を発表する、
千葉さんの記者会見の記事が載っていた。
そして、おおよその死刑執行場のイラストも。

本でも読んだことがあったが、いかにも残酷だと思ったのは、
死刑の刑場の一番下に、排水溝があること。
あれは、死刑囚が最期に糞尿を垂れ流してしまうからなのだろうか。
それとも、人によっては、血を流してしまうようなことがあるからか。
いずれにしろ、あの排水溝は死刑囚から出た体液(汚れ)を掃除して、
水で流すためにあるのだと思う。
それが何とも言えない嫌な気分で、「非人間的」とかそんな言葉では
表現できない。

元刑務官が明かす死刑のすべて元刑務官が明かす死刑のすべて
(2006/05)
坂本 敏夫

商品詳細を見る


私は昨年この本を買ったのだが、始めの方しか読んでいない。
あと、イラストだけ。読み進めるには、重い。

........................................................

私自身は、ブログを書く意欲はどうかというと、決して、
「ある」というわけではない。

かといって、私がブログを書き続けたところで何も変わらない、とまでは思わない。

しかし、自分がブログに記した主題そのものではなくて、
「細かい事実の違い」を突っつくように指摘する人がいる。
明らかな間違いを指摘してくれるのは、却ってありがたい。
そうではなく、「自分のブログで書けばいいのに」、と感じる時がごくたまにある。
それは、他のブログを見ていても同じ。
文字では限界があるのは分かる。でも、コミュニケーションをする、自分とは違う意見の人の意見も聞く、という態度ではなくて、「間違い探し」に終始して書き込みをする人。
そういうのは無視すればいいんだろうけど。

ブログに、双方向の良さがあるのにと思う。

.......................................................

菅さんが思っていたよりも「市民派」でなかった事でも、
私は一時的に、ブログを書く意欲を失った。

分からない。それとも、情報過多病に私が陥っているのかもしれない。
いや、そうでもない。やはり。

アメリカは豊かな国どころか、少数の金持ちばかりが良い思いをする国になっている。
ジャンクフードで人々は太り、心は乾き過ぎているように思える。

広島の平和記念式典のあいさつの後、平気で「核の抑止力は必要」と言う首相。

.......................................................

それでもやはり、やっぱりね、
続けるかな。私は、ブログを。


ツイッターでつぶやけないからブログでw
2010年08月13日 (金) | 編集 |
あのー・・・。こんばんは。
あまりにも自分がかわいそうなので、ちょっと愚痴ってもよろしいでしょうかw


[READ MORE...]
0813早朝(お盆ですね・・)
2010年08月13日 (金) | 編集 |
おはようございます。・・・。( ´ - д - ` )
ここには書けませんが、エライ状態で生活しているので、無理が来たのかしら…。
だるいです。
腕はみずみずしい大根みたいになってるし。。けへへへぇ… |ι´Д`|っ 

そうそう、ペルセウス座流星群が見られるとか新聞にあったけど忘れて、今。
もう少し早ければ、というか暗ければ、OKだったのかな。
あらま、曇ってるわ・・。いや、北の方角は。曇ってる。

きのうは山梨代表の日川高校の、甲子園での初戦をテレビで見ました。
「3点を追う8回に2点を返し、なお1死満塁の絶好機を作ったが、4番の丸山博之外野手(3年)が併殺打に倒れた。(日刊スポーツ)」
そうそう、負けてたのに3-2まで追い詰めて、逆転?と思ったら、
何でそこでスクイズなんだよwwwと、めずらしくダンナと意見が一致。
そうそう、あそこでスクイズなんかしないで選手に任せて思いっきりチャンスの球を打てば良かったのにwwwあれで向こうには手の内が見えたし流れが変わっちゃったじゃんけwww
と、テレビの中の監督に文句を言ってしまいました。
池谷監督は、自身が日川の3年生だった時に夏の甲子園に出ている。
私はあの時10歳だったが、10-0でボロ負けしたのは覚えている。
そして30年が経ち、今度は監督としてチームを率いるも・・残念!惜しい。
頑張れ池谷監督!また日川を甲子園に連れて行って下さい。

何だか、ブログでつぶやいてますわ。
今日の朝の味噌汁は、里芋に青菜にしいたけにみょうが、にしよう。
どうしても具がマンネリ化してしまうが。


日韓併合100年の首相談話全文 
2010年08月12日 (木) | 編集 |
以下、47ニュースより、転載。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日韓併合100年に際しての菅直人首相談話の全文は次の通り。

 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど100年前の8月、日韓併合条約が締結され、以後36年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷つけられました。

 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることはできないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここにあらためて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明いたします。

 このような認識の下、これからの100年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

 日本と韓国は、2千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。

 日韓両国は、今この21世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、2国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国のきずながより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。
2010/08/10 11:53 【共同通信】 

転載終わり。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

まず、菅首相の談話について。

> 当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷つけられました。

・「深く傷つけられました」が、ちょっと他人事のような。日本を主語にして、「日本は朝鮮半島を植民地支配し、国と文化を奪い、民族の誇りを深く傷つけました。」ではないのか。
・「北朝鮮」も含まれているのだが、それはどうなるのか。


> この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここにあらためて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明いたします。

何度「談話」を発表しても、胃に大量の空気が入ったような、奥歯が沁みるような嫌な虚しい気分になるのは、なぜだろう。「日韓併合100年だから」、談話発表?
『ここにあらためて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを』の部分、
企業で不祥事を起こして記者会見で頭を深々と垂れる会社の重役などを想像してしまう。
あるいは、公務員の飲酒運転で県民に「おわび」をする、上司の人。
ああいうのを想像する。
私は「日韓併合についての談話」については知識があまり無くて、イメージ(印象)としてしか発信できないが、そんな感じだ。
テレ朝のスパモニのコメンテーターの鳥越さんが、菅さんの首相談話のことを「そういう気持ちを持っていないといけない」みたいに、好意的に言っていたが(私にはそう取れた)、
違う。なんか、違う。「大変申し訳ありませんでした」と言いながら頭を垂れて、
それで「みそぎ」をする、みたいな。何回繰り返してきたのだろう。
(日本側からの補償などについては、私は詳細を知らないので、省く。)


そして、以下はwikipediaの「韓国併合」より、抜粋して転載。

-----------------------------------------------------

大日本帝国統治下の朝鮮を植民地と呼ぶかどうかについての論争
抜粋:ただし、欧米による先行のモデルとの差異を論じるべく「日本型」植民地支配がどのようなものであったかについては継続して論争が続いている。のみならず「大日本帝国の統治政策は同時代に欧米諸国の行った異民族統治とは異質で、善政である」「植民地という言葉は諸外国が異民族統治に対して行った悪政に使われる言葉である」という認識から、双方を植民地という言葉で同一に形容することへ批判する見方もある。この立場からは、日本の朝鮮支配について「植民地」という表現を用いるべきではないという主張がなされることがある。

抜粋:現在においては、外務省条約局による「内地の法体系とは異なる外地法によって外地法令が適用された地域」という外地の定義を援用し、朝鮮において大日本帝国憲法が適用されず、日本内地とは異なる法体系で治められていた点をもって、植民地であったとする主張がある。なお、小渕内閣時に出された日韓共同宣言においては、村山内閣時の「戦後50周年の終戦記念日にあたって」(村山談話)を踏襲し、過去の日本の朝鮮統治について、「植民地支配」という表記を用いている(日本の戦争謝罪発言一覧も参照)。また、国交のない北朝鮮との間で出された日朝平壌宣言においても同様に「植民地支配」表記が用いられるなど、現在の日本政府の公式見解となっている。

(私)日韓併合までの、一般市民などの動きだと思われる。
     ↓
抜粋:これを不満とした元兵士などを中心として抗日目的の反乱が起きたが、兵のほとんどが旧式の装備しか持たず、兵としての練度もなかったためにほどなく鎮圧された。武力抵抗の排除を目的とする軍隊の解散でもあったが、残存兵力はその後の抗日義兵闘争に加わったともされる。

抜粋:この抗日義兵闘争は韓国全土に広がり、朝鮮駐箚軍司令部編『朝鮮暴徒討伐誌』(1913年)という日本側の公式統計だけでも1907~1909年の期間で韓国人に16,700人もの死者が出る大規模なものだった。
→参照(私):<朝鮮史から民族を考える 12> 反日義兵「戦争」[朝鮮新報 2008.3.7]

抜粋:『三・一独立運動』:三一運動は、朝鮮の人々に今なお深く記憶され、独立運動の様子を描写したレリーフがソウル特別市のタプコル公園に作られており、毎年3月1日に同公園に人々が集い独立運動を偲んでいる。注:【三・一独立運動(さんいちどくりつうんどう)は、日本統治時代の朝鮮で起こった独立運動。1919年3月1日に起こったことからこう呼ばれる。】

----------------------------------------------------抜粋終わり。


> 「大日本帝国の統治政策は同時代に欧米諸国の行った異民族統治とは異質で、善政である」
> 「植民地という言葉は諸外国が異民族統治に対して行った悪政に使われる言葉である」

抗日闘争や独立運動で人が死んでいて、どこが「善政」なんだ、と思う。
「日韓併合はありゃ侵略じゃない。植民地支配でもない。」と言うのは、
違うんじゃないだろうか。

そう言いたがる大手メディアや一部政治家がいるから、「談話」が虚しくなるのだろうか。
日本の首相が、過去に犯した大きな過ちを振り返ること自体は、良い事だと思う。
そうしないと、また繰り返すとも限らない。そんなの分かっているのに、菅さんの今回の「首相談話発表」はなぜ、虚しく感じるのだろう。

「日韓併合」については、私は小中学校や高校の歴史の授業で習った。
しかし、私の認識は、「(どういう経緯かは知らないが)日本と韓国がくっついて、今現在の日本に比べて領土が広かった。」くらいのものだった。
血を流したり、辛酸を舐めている朝鮮半島の人がいたことなど、想像もしなかった。
ただ、小学校の時の先生ははっきりと、「侵略だった」と言ったのは覚えている。先生の怖い顔と「日本はひどいことをした」という言葉だけは、引っかかっていた。
そして、新聞の一般市民の戦争体験者の話などを読んでいくうち、自分の心の中では、「日韓併合って侵略だったんだな」と感じるようになった。

日韓併合について、戦争の概念とか「国際法」とか、そういうことには私は詳しくなく、「鳥瞰図」的に見ることはできていないかもしれない。
でも、併合された朝鮮半島の人たちの悲しい思い、それを一番大事にしたい。



傾倒 憧憬 現実 死にたがり
2010年08月12日 (木) | 編集 |
「死にたがり」

(ある若いブロガーさんのブログに貼ってありました。出会えてよかった曲かな。)
(元は初音ミクなんだけど、男性が歌ってるのにしました)

(音量に注意!)






8月は、いつでも悲しい。毎年悲しい。

でもね・・・とりあえず、生きていかないと。

自分が一番大事だと言いながら、
自分は一人では生きていけない。


バングラディシュ製のバッグのブランド「マザー・ハウス」の紹介です。(かわいいのがたくさん♪)
2010年08月11日 (水) | 編集 |
この前、「ブランドモノ」について少し書きましたが、
有名ブランドでもカッコよく使いこなしている人は見かけます。
一人もいないというわけじゃありません。

しかし、質流れ品のバーゲンだか何だか、中古品の○イ・ヴィ○ンの山をかき分ける姿は、あまり美しいとはいえないと思います。(テレビで見たのですが)

「マザーハウス」というブランドのバッグを、私は持っています。昨年秋、フラフラ行って辿り着いた新宿駅西口の小田急百貨店の中の店舗(2F)で見つけました。
(カメラに写せません。容量が…どうやってPCにデータを移すのか(( ;谷)ゞ)
私が持っているのは、秋冬の服に合わせられそうな、山羊皮とジュート(バングラディシュの特産品)がミックスされている、コロンとした形の丸いボストンバッグ(小)です。

「マザーハウス」はこちら
バッグ 通販,かばん 販売 途上国発 ファッションブランド マザーハウス

ネットから購入もできます。


『核のない世界』という言葉はうつくしい。広島---あの時の本当の姿は---
2010年08月11日 (水) | 編集 |
〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻
(1993/04)
中沢 啓治

商品詳細を見る


「はだしのゲン」の作者の中沢啓治さんが、たしかテレビ朝日の番組だったと思うけれど、
きのう、怒りを含んだ表情で話しているのを見た。
中沢さんは6歳の時に、広島で被爆している。
校門の門柱の影にいて、直接熱線を浴びずに済んだという。

番組の中で中沢さんは、私の記憶だと、
「核兵器廃絶などときれいごとみたいにいろいろ述べているが、被爆の直後の惨状はひどいものだった。もっともっと、怒らなければいけない。」という風に話していた。
私のおぼえている限り、おおむねそのような内容だっと思う。(番組を見ていた方、ちょっと違うというところがありましたら指摘してください)
彼は被爆者ではあるが、
広島で毎年8月6日に行われる平和記念式典に、一度も参加したことがないという。

とにかく、中沢さんの怒りの表情は本物だった。

中沢さんは被爆した後自宅に戻るが、父と姉と弟が家の下敷きになっていた。家族を助けようとするが、火の手が迫ってきてどうしようもない。目の前で、三人を亡くしてしまう。
1967年に中沢さんの母親が亡くなるが、荼毘にふされた後、骨が残っていなかったという。
「原爆は母から骨まで奪った」
原爆を題材に漫画を描くことはしないと決めていたらしいが、
火葬された母親に骨が残っていなかったことに、憤怒(ふんぬ)ともいえる感情が沸いた---
それが「はだしのゲン」を描く原点---中沢さんはそのようなことを言っていたと思う。

「はだしのゲン」は、私は中学の時に読んだ。
教室に、みんなが読むようにと担任の先生が置いていた。

「はだしのゲン」は、絵が怖かった。
熱線による火傷で全身の皮膚が垂れ下がってしまっていたり、
被爆直後は助かっても傷口からウジが湧いてしまい、苦しんで死んでいく姿。
それよりもまだ幼い時、何度か「ピカドン」のアニメも見た。
怖かった。
私はブログにあれこれ書いているが、正直に言うと結局自分が一番大事で、
自分があんなひどい目に遭うのはいやだ、あんな風に死にたくない、
そういう思いが、
「戦争は好きじゃない」「日本は二度と同じことを繰り返してはいけない」
ということを、ここに書く原動力の一つになっている。