家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頭が疲れたので普通に日記
2010年04月30日 (金) | 編集 |
昨年秋に政権交代したのはいいが、みんなして(というイメージ)、
鳩山総理や民主党に「お前じゃダメだ、民主党もダメだ。」みたいなことを言う。
どうすりゃいいんでしょうね。(ちょっとヤケ気味)

まあたしかに、自民党政権よりかはマシになった部分もある。
しかし・・・
みんな、小泉さんの「パッパと物事を進める姿勢」「刀のような切れ味」(?)
を懐かしいとでも思っているのだろうかな。
「みんな」ってのがミソだな。
みんな、そんなこと思ってるわけないな。
小泉さんが首相になって2年ぐらいしてから、すでに政策の弊害(貧富の格差とか)
が現れていたように思う。
その後は、首相は1年ごとに交代してしまうし。
「1年ごとに交代する」のが頭についてしまっているな。
誰が首相になれば、みんな納得するのだろう。「みんな」。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

全っ然関係ない話だが、沢尻エリカちゃんのあの夫の捨て方は、あれはひどいと思う。
高城さんというハイパーメディアクリエーターの人に対して私は、偏見を持っていた。
自分の才能をひけらかしてエリカちゃんをはべらせて、
きっとありゃ浮気でもしてる。「チャラ男」なイメージ。(高城さん、すみません。)

だが、どこのテレビ局だか忘れたが彼のインタビューを見ていたのだが、
至極まっとうなことを言っているのでおどろいた。
離婚について、エリカちゃんからメールが来たという。
インタビュアーの目を見て筋の通ることを言っている高城さんは、
ごく普通の感覚の持ち主で真面目な感じがした。
「二人でちゃんと膝を交えて話し合わないと・・」というようなことを言っていた。
それはそうだよね。
DV旦那ならともかく、コミュニケーションも無しになぜ別れたいか説明もしないでいきなり、
「もうあなたのことが嫌だから」(私の勝手なイメージ)なんてね、訳分からんよね。
まあでも、夫婦のことってその二人にだけしか分からないことってあるからなぁ。

メディアって怖いよね。特にテレビとか。
イメージを作り出すのがうまい。

『中身がなくても イメージがあればいいよ』? (ブルーハーツの歌の歌詞)

じゃあ、ネットはどうだろう?
「ネットじゃこういう意見が多数」
「『マスメディアは本当のことを伝えない』(”しーたろう”というネットの中の人の言葉)
から、ネットの方がいい」?

頭が疲れたので普通に日記にしたのに、結局頭が疲れてる。
いい天気ですね。一年が早い。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

追記。「しーたろう」さんについて。「しーたろう」さんはブロガー。
「しーたろう」さんのブログ→【日本を】『日本解体法案】反対請願.com【守ろう】
今日の朝日新聞の社会面:『「みる・きく・はなす」は いま』
というコーナーに載っていた。
扇動社会② ネット上増幅する不信というタイトルがついている。
記事の冒頭を一部転載。
--------------------------------------
 私も覚醒したのだと思う。
 外国人参政権などに反対するメールをワンクリックで300通も一斉送信。仲間10人と合わせて、1ヶ月で4万通がネットに放たれる----。
「ミステリアスな存在でいたい」。ネットでは「しーたろう」と名乗る。都内在住の女性だが、氏名も年齢も明かさない。「今やっていることは、自分じゃなく、日本のため。充実した毎日です」
--------------------------------------転載終わり。
(↑この「私」はしーたろうさんのことだと思うが)

東京都の児童ポルノ条例改正案---(「非実在少年」ですね)---については、
自ブログ記事にも書きましたが、私も条例改正案には反対です。
『非実在青少年』って何なんでしょうかね。』---漫画の児童ポルノ規制

選択的夫婦別姓については、私は賛成です。
夫の、または妻の名前に合わせざるを得ないことで、
個人の自由を奪われているような気がするのです。
ちなみに我が家は、結婚後夫が私の姓になりました。
今の制度のままの「別姓」ということは、日本では法律的には結婚していないことになってしまう。
そのことによって生じる不利益が問題だと思う。
事実婚で夫婦と子どもが一緒にいても、夫は独身ということになり、子どもが妻の姓であれば、
妻は母子家庭ということになりその反対であれば父子家庭であり、
子どもの立場が不安定になる。
法律で選択的夫婦別姓を認め、制度もそれに合わせて調えるのが良いのではないか。


スポンサーサイト

何のための基地なんだか訳が分からないが、とりあえず書いてみます。----普天間を「テニアン島」に?----について。
2010年04月29日 (木) | 編集 |
おはようございます。
きのうの夜は、父が母にまた暴言を吐いて母が泣いてしまうし大変でした。
私は自分の家と向こうの家を行き来して、何だか疲れました・・・。

などと言っていてもPCは開くのですよ、これが。普天間基地についてはこの朝っぱら早くから書かずにはいられなくなってしまったので、ちょっと・・。
(たくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。嬉しいです!
先に記事を書いてしまい、すみません。)

................................................................................

沖縄普天間米軍飛行場のテニアン移設案がある、ということを一つ前の記事で書きましたが、
それ以降、「テニアン」または「テニアン 普天間」というキーワードで
検索して来て下さった方が、7名ほどいらっしゃいました。
そして、記事に対しいただいたコメントの中でヤフーニュースへのリンクを貼って下さった方がいらしたのですが、J-CASTニュース配信のその記事を読んで、脱力しました・・。

以下、「Yahoo!ニュース」より、転載です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
普天間基地移設先に「テニアン島」? 北マリアナ連邦が積極誘致へ
4月28日19時22分配信 J-CASTニュース

 迷走が続く米軍普天間基地の移設問題に、自ら手を挙げる海外の候補地が浮上した。太平洋・ミクロネシアの米自治領北マリアナ諸島連邦が、上院議会で「普天間誘致」を決議したのだ。下院でも決議されれば、正式に日米両政府に誘致を働きかける模様だ。

 沖縄や徳之島で大規模な基地反対集会が開かれ、事態打開の道はほとんど無いとも言われる中で、日本政府にとって土壇場の「逆転ホームラン」となることはあるのか。

■全会一致で「テニアン島が移設先として最適」

 北マリアナ諸島連邦(以下、北マリアナ)はグアムの北側、サイパンやテニアン、ロタなど14の島で構成される米国の自治領だ。サイパンは、日本人にも観光地としてなじみが深い。

 2010年4月16日、北マリアナの上院議会は、普天間基地の移設先としてテニアン島が「最適の場所」として、米国国防省と日本政府に移設の検討を働きかけるとの決議を、全会一致で可決した。

 テニアン島は、現在も米国防省が島の3分の2を租借している。4月9日~11日には、社民党の照屋寛徳衆院議員らで構成する党の「沖縄基地問題対策プロジェクトチーム」のメンバーが北マリアナを訪問。テニアン島の米軍租借地内などを視察した。照屋氏は自身のブログで、北マリアナ議会のテノリオ下院議長と会談したときの様子を綴った。

 その際議長は、「テニアン島民がこぞって海兵隊移駐を大歓迎している事は事実だ。自分もテニアンへの移駐を支持する」と述べたとしている。テニアン市長をはじめ、意見交換した現地の人からも、部隊移駐による雇用増やインフラ整備に期待するとの話を聞いたと書いた。

 今後北マリアナ下院で同様の決議が行われ、両院通過となれば正式に普天間移設の候補地として名乗りを上げることになりそうだ。

■テニアン住民に反対の声なし

 一方で日本国内をみると、移設先問題は混迷を深めるばかりだ。普天間基地のある沖縄県では4月25日、県内への基地移設に反対する県民大会が開かれ、主催者発表によると約9万人を集めた。また、県外移設先として有力視されている鹿児島県徳之島でも、4月18日に1万5000人が参加しての反対集会が行われている。

 鳩山由紀夫首相は、辺野古沿岸部を埋め立てて滑走路を建設する現行案に戻ることは否定している。だが、かねてから発言している「腹案」についてはいまだ実態が明らかにされず、手詰まり感が漂っている。

 テニアン島は実際に移転先とはなりえないのだろうか、北マリアナの英字紙「サイパントリビューン」の記者で、「テニアン島に普天間基地を誘致」の記事を執筆したハイディ・ユハニュオ氏はJ-CASTニュースに対して「地元では経済的な利益が得られることを期待しているようだ」と答えた。

 ユハニュオ氏が地元の議員らに取材したところ、直接的な金銭的支援も含め、米兵がテニアンに住むことで飲食業などをはじめとした事業が地元経済を潤す効果を考えていたという。また、基地誘致決議に反対するテニアン住民の声は「一切聞こえてきません」とユハニュオ氏は話す。

 現地では積極誘致を目指しているようだが、日米両政府からはこの案を検討するという話は聞こえてこない。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載ここまで。

「現地では積極誘致を目指しているようだが、
日米両政府からはこの案を検討するという話は聞こえてこない。」

あ、そう。そうなの。結論そうなの?「はいはい、」って感じか?

というよりも私は勉強不足だったのだが、北マリアナ連邦というのは米国の自治領だったということを知らず・・。
それに、
「ユハニュオ氏(北マリアナの英字紙記者)が地元の議員らに取材したところ、直接的な金銭的支援も含め、米兵がテニアンに住むことで飲食業などをはじめとした事業が地元経済を潤す効果を考えていたという。」
ということだよねぇ、結局。「基地カモーン!━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━!」ってさ。

私がこの「普天間基地移設問題」について書くのはかなり無謀で自分でも訳が分からないのだが、
『リアリズムと防衛を学ぶ』を拝見すると、もちろん中国や台湾も絡んでくるようである。

ただ、”訳が分からない”といっても
私が一つ前の記事で言いたかったのは、
「なぜマスコミは、このニュースを伝えないの?」
ということだった。
「伝えるまでもない」ってこと?


まあ確かに、沖縄は地理的に便利な場所にあるっちゃあるよね。
だけどね、「周辺の安定」という名目で、やっぱり押し付けていることは事実だよ。

これは私の言葉ではありませんが、ネット上で拾った言葉ですが・・。
(自分じゃうまいこと言えないので)
『日本に都合のいいことは「善」、そうでないものは「悪」という非論理的な価値判断』
そういう考えではうまくいかないことも、何となく分かる。

でも、何か事が起きたら、真っ先に犠牲になるのは戦争の現場の住民、
子どもや女性、病人、お年寄り、動物、植物・・弱い立場の存在だ。
現場で流れ弾をよける兵士だって、弱い立場の存在だと思う。
今は、劣化ウラン弾の放射能にさらされる危険もある。
米国の上の立場のエライ人には、それが分からないのだろうかな。
「戦争や武力解決は時代遅れ」という日が来て欲しい。
そんなの、非現実的?この前だって、中国が海自護衛艦スレスレで通ったじゃん、って?
そりゃそうなんだけど。

ちょっとまとまらなくなってしまいましたが、
私はブログで、気になることや引っかかることをそのままにはしておけなくて、
またこんな長文になってしまいましたが。

やっぱね、米軍基地はね、ワシントンかニューヨーク移設。
私もそう思いますよ。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
(追記)そして、
私が普天間のことについて書くきっかけを与えて下さった緑虫さん、ありがとう。



普天間基地について、テレビや大手新聞が伝えないこと---エライこっちゃなニュースですよ。
2010年04月28日 (水) | 編集 |
ああ、ショックだわ。
家事をしながら母のことをしながら1時間半くらいかかっていたのに、
PCフリーズして記事が消えました・・。

そんなことぐらいで私がめげると思いますか?
もちろん、書きなおしますわ!

だって、それくらいの大ニュースなのですよ。

リンク先のブログ『夕暮菜日記』【普天間の移設先を、沖縄県内にする理由がなくなった】
で緑虫さんが、沖縄の米軍普天間飛行場のことについて書かれていました。

それが、このこと。
『琉球新報』(4月22日付)より、転載。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
テニアン「最適地」 北マリアナ 上院が誘致決議
2010年4月22日
 【東京】サイパン島、ロタ島、テニアン島など14の島からなる北マリアナ連邦の上院議会(9議員)は16日、国防総省と日本国政府に対し、米軍普天間飛行場の移設先の最適地として北マリアナを検討するよう求める誘致決議を全会一致で可決した。4月上旬にテニアン島などを訪問し、同議会と面談した社民党の照屋寛徳沖縄基地問題対策プロジェクトチーム座長が21日、同議会に確認した。
 下院議会(20議員)は27日、同様な誘致決議を行う方向で、照屋氏は下院議会の決議後、官邸に対し、内容を報告し、テニアンなどへの移設を本格的に検討するよう重ねて求める。
 上院議会の決議では、普天間飛行場の移設先、在沖米海兵隊の移転先について北マリアナは「最適地」とし、「移設を心から歓迎している」と強調。「最適地」とする理由については、(1)東南アジアにおける防衛戦略上、地理的に優位(2)自然環境が豊かで近代施設、娯楽施設も提供でき、在沖米海兵隊員や家族の生活に適している(3)テニアンは1999年、土地の3分の2を国防総省と賃貸契約を結んでいる(4)志願兵の割合が高いなど米軍に対する協力体制ができている―などを挙げた。
 照屋氏によれば、下院議会のテノリオ議長は「上院議会と同時に決議する予定だったが上院が先になった。27日に決議する」と連絡があったという。
 照屋氏は「北マリアナの皆さんがテニアンへの移設を強く望んでいることの表明だ。より現実的実効性のある案として、真摯(しんし)に受け止め、移設先として本格的に検討してほしい」と話した。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::以上、転載終わり。(下線は私)

要するに大雑把に言うと、
「だったら、私たちのところへ基地を持ってきてもいいですよ。」と、
北マリアナ連邦の議員の人たちは言っているわけである。
しかも、「移設を心から歓迎している」とまで言っているのである。

そもそも米軍基地がアメリカ国土以外になぜ居座るの?ということもあるし、
北マリアナ連邦普天間からの基地を受け入れた場合、
私は、そこに住む人たちのことも気にかかるのだが、
それはまた別問題として、
なぜ、このような重大なことが、大手テレビや新聞では伝えられないのだろう?
ということは、緑虫さんがご自身の思いをブログで書かれているので是非見てほしい。
私も、緑虫さんに同意です。

緑虫さんはブログで、「私はこのニュースをぜひ広めたい。」と
書かれている。
私も、同じ思いです。
ブログやサイトを運営されている方には、
この記事をそのままリンクして下さってもいいし、
コピペしてもいいし、ブログネタとしても使っていただければ、
と思います。なにしろ、「ちょっとー、皆知ってたぁ?」
と、伝えたいです。


............................................

ついでに・・・
民主党政権については、マスコミはいろんな”評論家”が憂い顔で出てきて、
「迷走迷走」ばっかり言っていますね。
でも、「核の密約問題」だって民主党政権にならなければおそらく出てこなかったと思うし、
「子ども手当て」も方法の是非は別として、
子ども(教育)にもっとお金をかけないと、という方向性も出てきたし。

何も、「政策がぶれないこと」。
ただそれだけがいいというのではないと思う。
  

合成洗剤追放宣言を掲げ、町長選に出馬した人がいた!
2010年04月27日 (火) | 編集 |
どうも、こんばんは。

今朝私が作った味噌汁は、
里芋・もやし・人参・長ネギ・しいたけ・・という具沢山でした。
長ネギ辺りで具が多いことに気がつき、でもしいたけはもう切っちゃったからなぁ・・と、
無理やり入れてしまい、もう少しで溢れてしまいそう・・というところで、
ギリギリ大丈夫でした。

何のつながりか??
要するに私のブログは、内容が「ごった煮」(syuuhouさん、ちょっとお借りします)
ということです。
合成洗剤の話になると熱くなってしまうのですが・・・

このブログのリンク先の『ブーゲンビリアのきちきち日記』のコメント欄で、
”四万十:川ちゃん”さん(私は「川ちゃんさん」とお呼びしていますが)が管理しておられる
『IKIKI⇔いきき・・・・・・・四万十:川ちゃんの環境ブログ』というブログに、
出会いました。
そして、たまに拝見していたのですが、とても気になる記事が続いていました。
それが、下にリンクを張った記事です。
こちら→『合成洗剤追放宣言(四万十町町長選)vol.1』

私は、中学くらいの時に一度、その時はアトピーではなかったけれど夏になると顔や腕にひどい湿疹が出て、困っていました。
その頃からかな・・シャンプーや洗剤に興味を持ち始めたのは。
そして高校生の頃、ある夏の日祖母から、
「昔はこの辺でも川でお米を研いだり、蛍(ほたる)なんかホウキで追い払っても払いきれないくらい、たくさん飛んでいたんだよ。」と聞かされ、とてもびっくりしました。
この辺の川の水を触ったら手をキレイに洗わなければいけないとか、
「川=汚い水」というのが普通の感覚だったからです。
(追記:こんな所に蛍が飛んでいたというのも信じられませんでした)
昔は「川でお米を研いだ」「川で洗濯をしていた」というのが驚きでした。
(追記)この辺りは田舎といっても、(全国的にそうでしょうが)
高度経済成長期(昭和30年代後半くらいからか)から、人間の生活も川の様子も変わってきてしまったようです。

長くなりそうなので、次回に続きます。


増山麗奈さんの個展に行った時のこと・1
2010年04月26日 (月) | 編集 |
こんにちは。月日が経つのは早いです。早い~。
17日に増山さんの絵の個展に行ってから、もう10日くらい経ってしまいました。

........................................................

増山さんを知ったきっかけは、
この記事に書いてあります。→『増山麗奈さんというアーティストを知っていますか?』
そして最近の記事→『アート展のお知らせ』では、私は絶対に行くとか書いていますが、
その日は思いもしなかった雪が降ってしまい、「中央線止まったらダメじゃん・・」と
あきらめかけましたが大丈夫でした。行ってきました。
そしてその次の日、→『このブログのテーマは「死」なのかもしれない』という記事で、
増山さんのアート展のことについて少し触れました。
今日はその続きです。

..........................................................

母の調子が比較的良かったのと、今日を逃したらもう行けないかも!という思いで、
雪なんか降ったから特急が走らない可能性があるわ、と迷いながら出かけるのは少し遅くなりました。
場所はメモして行ったものの、有楽町で降りればいいものを新橋で降りてしまい、
「ああっ、いつもテレビで映る所だ~」とのん気に思いながら雑貨のお店もちょっと覗いてしまい、結局迷ってしまい、すごく短距離だったのにタクシーに乗らざるを得ませんでした。
(場所は、小さな洋菓子店の2Fでした。)

恐る恐る階段を昇っていったら、増山さんご本人が迎えてくださり、
「もしかして・・山梨からの人?」と私に訪ねられました。
緊張してしまってどのように答えたか覚えていないが、「あっ、そうです。ある方のブログを見てそれからファンになって・・。"『喜八ログ(管理人は喜八さん)』"っていうブログなんですけど・・」
と言ったら増山さんは、「ああ、そうなんだ~」とにこっとして下さいました。

しかし、「土曜日にレセプションパーティーがある」ということはちらっと見ていたものの、
まさか雪が降って到着がこんなに遅くなるとは思わず、ちょうど"レセプションパーティー"
の時間になってしまいました。
すでに増山さんや画廊のご主人の方や10人くらいの方がいらっしゃいましたが、
皆さん顔見知り?という感じで、私は、困った時間に来てしまったなぁ・・と内心思ったものの、
後でよく考えたら、とても貴重な体験だったと思いました。

続きます。


パソコンをしまい外に出よう。
2010年04月25日 (日) | 編集 |
山梨県立美術館でやってる「絵画のプラクシス(実践)展」、
行ってきます。
ギリギリか・・
でも行こう。





追記。(26日早朝)


[READ MORE...]
何でもアリの『サウスパーク』が好きなんだけど、作者の身の安全が心配だ・・・
2010年04月24日 (土) | 編集 |
私はアメリカで放送されている『サウスパーク』というアニメが好きで、
よく見ます。
「何でもアリ」どころか「みんな狂ってるwwww」という場面もあり、
笑いすぎて気持ち悪くなったこともあります。

今回のシーズン14のエピソードでは、イスラム教の預言者に
熊のぬいぐるみを着せてしまったことから、「イスラム過激ウェブサイト」
から警告を受けたとか。

[READ MORE...]
中国軍が公海上で海自の護衛艦に異常接近----過剰反応は確かにいけないが、どういうもんなんだろ。
2010年04月24日 (土) | 編集 |
きのうの夜は、舛添さんの新党と舛添さんの過去の発言のことが気になって、
遅くまで記事を書いていました。
そしたら、間違って消してしまった。
で、では簡潔にまとめようともう一度書き始めたらそれも消してしまった。
くじけました・・。

おはようございます。
少し調子が良いと思ったら、起きた瞬間にあのめまいが来ました。
眩暈・・または、目眩・・眩しい・・
きみのそのまぶしさでめまいを起こしてみたい・・・
なんてそういう目眩なら大歓迎ですが。あは。何じゃそりゃ。
・・すみません。なんだろう、ストレスが原因かな。
今もめまいがするものの、歩けないほどではないです。


毎日見ているブログのコメント欄が気になっていました。
「米軍米軍言ってるけど、じゃあ中国のやってることは気にならないの?」
     ↑
要約すると、こんなような内容でした。

これについて、いろいろ探してみました。
多分、このことかと・・・。

以下、日経新聞ネット版より、転載::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本の安保意識試す中国軍
日経新聞2010/4/23日付社説

 中国海軍が今月に入って、鳩山政権の安全保障問題への対応を試すような行動に相次いで出ている。中国海軍の艦載ヘリコプターが2度にわたり、公海上で海上自衛隊の護衛艦に異常に接近したできごとだ。

 中国側艦載ヘリによる最初の接近事件が起きたのは、8日だった。東シナ海で中国艦隊を監視していた海自の護衛艦に、艦載ヘリが距離にして約90メートル、高さでは約30メートルまで近づいた。ヘリの飛行速度を考えれば、文字通り目と鼻の先だ。自衛隊によると、「安全に影響を及ぼしかねないくらいの近距離だった」という。

 政府は外交ルートを通じて、中国側に危険な行為をやめるよう申し入れた。ところが21日になると、今度は沖縄本島の南方約500キロメートルで、中国軍の艦載ヘリが再び海自の護衛艦の約90メートルの距離まで迫ってきた。

 日本側の申し入れを無視し異常接近を繰り返す中国軍の行動は、単なる偶発とは考えにくく、容認できない。自衛隊に対する挑発とも受け取れる中国軍の行動に対し、鳩山政権がどう対応するのかを、試すねらいがあったと見る軍事専門家が多い。

 普天間基地問題で日米同盟がきしむなか、鳩山政権や自衛隊がどこまで強気な姿勢を見せるのか。中国側はそれを瀬踏みしたのかもしれない。日本側の対応はお粗末だった。

 政府は21日、中国側に抗議したというが、最初の接近事件について、中国側に申し入れたのは4日後の12日だった。しかも、鳩山由紀夫首相は13日早朝の日中首脳会談で、この問題を取り上げなかった。友愛の政治家らしい対応は、中国側への誤ったシグナルとなりかねない。

 中国艦隊による公海の航行や訓練は国際法に抵触しないが、今回の問題はひとつ間違えれば予期せぬ衝突につながりかねない。日本側は中国側に明確な説明を求め、再発防止のためにクギを刺しておく必要がある。首相は危険な行動を控えるよう、首脳会談で求めるべきだった。

 中国海軍は海洋権益を押さえるねらいから、活動の範囲を東シナ海から遠洋に広げている。過剰反応は禁物とはいえ、鳩山政権は米国などと緊密に連携し、中国の軍拡への対策を急ぐ必要がある。それが無用な紛争を防ぐ最善の道だ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

うーん。。
私は、「軍事」には疎いです。「国防」も。
このことはどのように捉えたらいいのだろうと思ったが、気になったので
このブログで取り上げてみたのですが、感想をうまいこと書けません。

「南沙諸島」というキーワードも出てきました。
中国軍についてもよく知らないし「南沙諸島」も初めて目にしました。

> 日本側の申し入れを無視し異常接近を繰り返す中国軍の行動は、単なる偶発とは考えにくく、容認できない。
うーん。。。まあね。

> 鳩山由紀夫首相は13日早朝の日中首脳会談で、この問題を取り上げなかった。友愛の政治家らしい対応は、中国側への誤ったシグナルとなりかねない。
確かにそれは言えているだろうが・・。

> 中国艦隊による公海の航行や訓練は国際法に抵触しないが、今回の問題はひとつ間違えれば予期せぬ衝突につながりかねない。
予期せぬ衝突?衝突なんて起きたら、エライこっちゃよ。

> 過剰反応は禁物とはいえ、鳩山政権は米国などと緊密に連携し、中国の軍拡への対策を急ぐ必要がある。それが無用な紛争を防ぐ最善の道だ。
米軍と緊密な連携、か。。。
無用な紛争って軽く書いてるけど、「紛争」もエライこっちゃですよ。
中国の軍拡・・・それも憂えるべきだろうが・・
米軍は軍拡し切っちゃってるからもう、新聞紙なんかは麻痺してるのかしら。


まとまらず、書きっぱなしですみません。
ちょっと気になったもので・・。

.........................................................

追記です。(13:24)

はっきり言って、「中国軍」とか「海自の護衛艦」とか、私には馴染みがありません。
ただ、現実はこうなの?
ということが、このサイトにあります。どうしても気になるので載せました。
          ↓
『リアリズムと防衛を学ぶ』2010-04-21 【中国海軍の沖縄通過は何を意味するのか?】
(『リアリズムと防衛を学ぶ』はこのブログのリンク集に加えてあります)

上のサイトのエントリの中で気になるのは、
「憲法9条」について、”9条が紛争の呼び水になっている?”(言い方は変えてあります)
というコメントがあることです。
私自身は、憲法9条は、金よりもプラチナよりもレアメタルよりも、
価値があるものだと思うのですが。


第947回「最近のヘコんだ出来事は何ですか?」
2010年04月22日 (木) | 編集 |


FC2 トラックバックテーマ:「最近のヘコんだ出来事は何ですか?」



ああ・・うう・・・
実は今、ヘコんでいます。凹むという字ですね。

今、ひとつ前の記事の続きを書こうと思っていました。だって雨だし。
2回目の洗濯物を布団乾燥機にセットしました。
そしたら、急に来ました、
「♪この岸壁に 母が来た~♪(だっけな)」ではないですが
来ました、めまいが。これはおそらく良くないめまいです。振り向くと全ての世界が変わり、
まともに歩けません。頭がジンジンします。



ついでにもうちょっと書くと、坂本冬美さんの『また君に恋してる』はいい歌ですね。
※すみません、まちがえてました。「今君に」じゃなく「また君に」ですね。
訂正しました・・・・。痛い間違え。凹みますわ。

まだ君に恋してる 今までよりも深く
(↑ココもまちがえてました)

(以前詩の作者を間違えてアップした時にはこっそり親切な人が教えてくれ(ry
頭がまたじんじんしてて困ります。。
マウスをプチプチする(スクロールか)と目が回ります。

「今までよりも深く」 ですよ。 いいちこをあの人と飲みたい・・・。
みたいな気分に。




あのー・・・・
とりあえず寝ます。
この期に及んでまだPCを見ている阿呆。

もう2,3箇所寄るところがあるのでそしたら寝ます。
皆さんも、お体にはどうかお気をつけて。





愛犬との別れのとき・1
2010年04月22日 (木) | 編集 |
この前の、「日常から隠された死」の続きです。

うぴしは今年の初めごろまで、正確に体重を測ったわけではないですが、
年を取ったなぁという感じで骨が浮いてきてしまったのですが、
13Kgくらいを維持していました。(若いときは15Kgくらい)
2月ぐらいになって吐いたり、下痢を繰り返すようになり、それから痩せてきたなぁ・・
という体型になっていきました。
その度に整腸剤を与えたり食事を考えたのですが、
うぴしの体の内臓そのものの機能が、徐々に低下していったのかもしれないです。

でも、できるだけ一緒にいたいなぁ・・と、
夏は窓式のクーラーを取り付けてやって・・とか、考えていました。
もうちょっと、一緒にいられるかな・・と。


[READ MORE...]
深海
2010年04月22日 (木) | 編集 |
海の上は、私が今、生きている場所。
海の中は、そんなに深くないところは
とてもにぎやか。
地球の仲間(人間が勝手に「仲間」とか言ってるけど」)がたくさんいる。


海の底は、おそらく暗いだろう。
海の底といっても、いろんな深さがある。
私が行きたいのは、
海の底の中でも世界で一番深い淵。
溝。

光の届かない死の世界?
んなもん、海の底の栓を抜けばゴーっと水がぬけて、
淵だろうと溝だろうと、一気に生の世界になるさ。
いや、
それこそ死の世界。


地球が死に向かっているのは、
必ずしも悪いことじゃない、
人類が生まれた時点で決まっていたことなのかも。
地球自身が生んだ人類に、まさに今、浸潤されている。

もっとも、人類という"癌"(自分も含めて)が居なくなれば、
緑に覆われて再生するだろうか。
元気になれるだろうか、地球は。


死は甘い。
死は美しい?(嘲笑)
死は怖い?(嘲笑)

死を甘いものだと感じている自分がどうしようもない。
甘いなんて想像しているのはおそらく、自分は死んだことがないから。
死ぬ瞬間ってどんな感じ?
なんて聞いてもね、誰も答えられないよそんなこと。


もしかしてFOされてる?と思う時。
2010年04月21日 (水) | 編集 |
どうも、こんにちは。
晴れです。よかった~~。晴れると忙しいです。
それにいろいろあるのでこんなことをしている場合ではないのですが、
思ったことをざっと。

FO=フェードアウト→友人関係をだんだん遠ざける、みたいな意味があるようです。
最近、ちょっと気になることが。
いや、前からなんだろうか?(なにしろ私は鈍感なので・・)

まあ、それはちょっと置いておいて。
皆さんは、友人からFOされたことはありますか?
私は、あります、以前・・。けっこう前ですね、もう。

十何年か前の私の誕生日の日、友人が突然、家にケーキを持って来てくれた事がありました。
うれしかったです。「ありがとう!」と、喜びました。
しかし私ときたら・・・
その友人の誕生日を知っているにもかかわらず、なんと、忘れてしまったのです。
(年中行事ではなく、友人(親友)はその年に限って私の誕生日にケーキを、
ということでしたが)
その後、どうも友人の様子がおかしいのに気づいた私は、友人の誕生日から一ヶ月ほど経ってから「ああっ!そうだ!」と思い出し、「本当にごめん」という内容の手紙と手作りクッキーを手渡しました。
手紙は本当に時間をかけて書いたのが通じたのか、「ゆうこちゃんの誠実な人柄がとても伝わってきました」みたいな内容の返事の手紙をくれました。
でも、すっきりしなかったですねぇ・・。
それは、友人の態度があまりにもガラっと変わってしまったので。
まあね、もらっておきながら忘れている私が悪いのですがね。
その前からも、能天気な私の態度に業を煮やしていたのかもしれません。
今は、彼女とは疎遠です。

CO=カットアウト→友人づきあいをやめること を自分の方からしたこともあります。
「専業主婦で子どもがいない」という、私と共通点のあるその人は悪い人ではありませんでしたが、近所の主婦に対する愚痴の手紙は全部で60通くらい送ってこられ、お茶をしてもかなりの時間をその人の愚痴で費やされ、
ぐったりした私はFOしようと思いましたが相手に通じなかったので、COしました。


ステキな勘違い
2010年04月19日 (月) | 編集 |
この前ニュースで、
アメリカ人が自分の国の大統領であるオバマ氏に何か抗議している映像を見かけた。
かなり真剣だ。明らかに目くじら立ててる人もいる。

おっ、やる時はやるね、さすがアメリカ人。

「オバマさん、あんたさ、ノーベル平和賞もらったよね。
そりゃさ、ロシアと核兵器廃絶に向けて手を握るのもいいさ。
けどね、その前にあれ見てみい。
アフガニスタンとイラク。それにパキスタンだよ。

何だよ、未だにあのひどい状態はさ。
うちらの兵士だってまだ死者が出てる。

核兵器のない世界に?
分かるよ。
けど、じゃあ、パキスタンやらアフガンで無人機攻撃で死んでる民間人は何なの?
民間人とテロリストの区別は何だよ?
『間違えました、すみません。』で済ますのか?
アホかアンタは。
核兵器でなくても、死なせたり大怪我させておいてそのまんまなの?
っていう人がたくさんいるんだよ。
何がノーベル平和賞だアホか。

返せ! 返せ! ノーベル平和賞 返せ! (ラップ調で)」

と、主張しているのかと、私はてっきりそのように思い込んでしまった。
が、実際は違っていた。
[READ MORE...]
このブログのテーマは「死」なのかもしれない
2010年04月18日 (日) | 編集 |
きのうは、東京の銀座まで出かけてきました。
そうです、増山麗奈さんの個展です。
「山梨から来られたんですか?!」と、その場にいた人何人もに言われた。
(個展初日は、福井から来られた方もいたそうです)
「そうです。麗奈さんの個展どうしても観に行きたいと思っていたので。」
と答えた。
「そういうフットワークの軽さ、すごいと思いますよ~」
と言ってくれた人もいたのだが・・・
本当はフットワーク、ものすごい重い人間です私・・・


現実があまりにも重くて(母のことです)、
逃げるように電車に乗ってしまいました。
(増山さんの個展も『女電車~WOMAN TRAIN』と名付けられ開催されていた)
(もちろん父には、母のことをお願いと強く頼んで行きました。大丈夫でした)


重いですね・・現実。ここには詳しく今の母のことは書けませんが、
こうなったら地獄の果てまでも(大げさか)母に付き合うしかないという気分です。
と書くと重いので、「とりあえず私が一緒に走るわ。」にしておきましょうか・・


............................................

東京に行く途中の電車で、
昨年母と見に行った桜の木がたくさんある駅も、通過した。
もう、葉桜になっていた。
1年後のことなど、あの時は想像も出来なかった。

あの時の母は、もうそこにはいなかった。

鉄道マニアの人が電車と桜を一緒にカメラに収めようとしているのを見て
あれこれ話したり、
観光客が連れて来ていた犬を触って「かわいいね~」と言ったり、
そんなことがうそみたい。

花びらが散ってしまって葉桜になって、新緑になる前の桜の木を、
電車の窓から眺めた。
その折重なる色が、とても重く見えた。
天気が良いのに、そこだけ死んでいるみたいに。

..................................................

増山麗奈さんの個展に行ってきたことを、また、もう少し詳しく書こうと思います。


雪が降ってびっくり
2010年04月17日 (土) | 編集 |
自宅の庭のあじさいです。
今、撮影したばかりです。
早朝はもうちょっと、雪が積もっていました。

ボーっとパソコンを見ていたのですが、
いざ、じゃあ味噌汁でも作るか・・と思って台所に立ったら、
なんだか、窓の外が白い。

まさか!と思ったら、
そのまさかだった。
・・・。

雪ですよ、雪。4月17日に雪。
「最後の雪」なんて記事を書いたが、まだ降ってるじゃん。

雪にはならないだろうと思ったのは甘かった。
野菜の高騰は大丈夫か!?
今からぐずぐずお天気はまだ続くのだろうか。
こういう時に、野菜は暖かい時に暖かくないと育たない、
ということを今更だが身にしみて知る。



(↑クリックすると拡大します・・・でいいのかな

寒そうなあじさいの新芽。
左の葉っぱは「ジャーマンアイリス」だと思います(多分)。


介護の仕事をしたいのだが
2010年04月17日 (土) | 編集 |
ここ何ヶ月かで、以前からうすうす思っていたことを、
強く思うようになってきた。
私は、仕事として介護職につきたい。
ということを。

母に話したことがあるが、
「そんなの絶対にやめろし(やめなさい)。絶対に大変だし、
その割には給料も安いから。」と
その度に言われる。
確かにね・・・。
体を壊してやめたとか、離職率がかなり高いとか、
そういう報道が多い。

母は一部介助が必要だが、母の意を汲んで私が母の行動を助けると、
母の顔が明るくなるのが分かる。
祖母と一緒に住んでいたので、私は、近所の年配の人とも話が合う。
年配の人やお年寄りは行動がゆっくりで、私も心が和む。

けれどもね・・・
この数字はざっとなのだが、だいたい、契約社員などの非正規社員・正社員を含めて、
年収200万円~350万円というところである。
人を人が介護するという、こんな重要な職業が、この年収でいいのだろうか。

医療は技術によって、人の命に直接関わってしまう。
一歩間違えると患者の命を落とさせてしまう。
だからもちろん、給料がそれなりに高いのは当たり前だと思う。

医療と介護では報酬が違って当たり前であろう。
けれど、プロの介護職も人の生活に密着していて、
介護を受ける人のQOL(生活の質)にかなり関わってくる、と私は感じる。
だから、介護職の人がやる気を出せるような給料でないと、または環境でないと、
いつまでたっても何年たっても、「福祉に就職するのは絶対にやめた方がいい」
と言われるのだろう。

私はそのうち、介護職になりたいと本気で思って、資格を取ったりする気になるだろうか。


「日常から遠ざけられている死」の続きを書きたいのですが、
もう少し、お待ちを。

[READ MORE...]
アート展のお知らせ
2010年04月16日 (金) | 編集 |
またまた今日も急いで書いているので誤字脱字がないかチェックを怠っているのだが・・
朝なので寝ぼけてしまわぬよう、気合を入れています。
(でも・・・
きのうは車をこすってしまった。左側。2回も。
2回目はメリメリッと音がしたので、ダメか・・・と思ったが、
意外と傷は何もなかった。(でも、よく探せば出てくるのでしょうね…))


ところで、お知らせです。
このブログのリンク先のブーゲンビリアさんのブログで知った、
『喜八ログ』というブログがあります。
喜八さん、すみません、また無断でリンクして記事を書いてしまいました。

この『喜八ログ』で知ったのが、「増山麗奈さん」という、
アーティストでなおかつ、いろいろな活動をされている方です。
(増山麗奈さんのブログ→『増山麗奈の革命鍋!』
「アーティスト・活動家」という枠にはとても収まりきらない、カッコよく素敵な人です。
喜八さんが増山さんのことを「師匠」と呼ばれているのも頷けます。

喜八ログ:増山麗奈さん個展情報(東京・銀座、04-12~24)
興味のある方は、ここにアクセスしてみてください。

実は私はものすごく増山麗奈さんのファンになってしまい、この前記事にも書きましたが、
3月中旬の甲府の「蘇生する空間展」に作品を見に行ってしまいました。
今回も、麗奈さんのHPを覗いたら、
「この個展(銀座の)でしか観られないものもあります」
みたいな事が書かれていて、是非行きたいと思いました。
今回は行かれそうです。
人間いつ死ぬか分からんです。絶対に行こうと思っています。

増山さんの作品の一部→増山麗奈個展「女電車~WOMAN TRAIN」


突然ですが、ブログは私の生活には欠かせないものとなりました。
増山麗奈さんを知ることができたのも、ブログのおかげ・・

最初は・・
緑虫さんをどこかのブログのTB欄で見かける→緑虫さんのブログの読者になる→
ブーゲンビリアさんのブログを知り、読者になる→『喜八ログ』を知る→
増山麗奈さんを知る。

ここにあげた皆さん以外にも、いつも読んでくださる方、
コメントを下さる方、皆さんありがとうございます。

家の中にずっといると、じめじめしてしまって、いけませんねぇ。
外は、今日も一日中寒そうですが、きょうは妹の家にでも行ってこようかと思います。


なぜ私を置いていったのか
2010年04月16日 (金) | 編集 |
きのうの夕方、「くぅーん」とうぴしの鳴き声が聞こえたような気がした。
でも、そんなわけない。
多分、いろんな生活音がそう聞こえるだけ。
分かってるんだけどねぇ・・。

もういないという事実は大きく、
うぴしのお墓の前で、
「ねえ、散歩に一緒に行けないじゃん、もう。」
と言ってみる。

寒かったんだけど、いい風が吹いてきた。
少し湿った風だった。
そんなことを思っていたからうぴしが、
「しゃうがないな、じゃあこれだけでも」と、
吹かせた風だったのか。。

そうだった・・・
あの畑にも、あれ以来ずっと行っていない。
一人では散歩になんか行く気にならない。


日常から遠ざけられている死
2010年04月15日 (木) | 編集 |
初めての永遠のお別れは私が5歳の時。ひいおばあちゃんだった。
86歳で、当時としてはかなり長生きで、ほとんど老衰のような感じだった。
寝ているようなのに変だな・・とは思ったが「死んでいる」のは分からなかった。
でも、ひいばあちゃんを見かけなくなり、私にアメ玉をくれないようになって、
はじめて、「もういない」ということに気づく。
ああ、あのきれいな花がたくさん並んで、みんなが集まった時がそうだったんだ、と。

お祭りで買ってきた、ひよこ。
犬のリッキー。フィラリアで、私が小6の早朝、死んでしまった。
近所の家の猫。(自分の家より私の家になついていた)

母方の祖母の死。
父の叔父(当時62歳)の死。
一緒に住んでいた祖母の死。

ここには書ききれないくらいの生きとし生けるものとの、永遠の別れ。

でも今まで一度たりとも、自分が関わって「見送った」ということはなかった。
動物は、母がよく面倒を見てくれていた。
ひよこを土に埋めたのは覚えている。たしか、小さなお墓もつくった。
でも、意味が分かっていたかどうか----分かっていなかったと思う。
(父はあっさりしていて、私が可愛がっていた犬が、私が会社に行く前にはヨロヨロと立っていたのに、帰ってきたら「死んじゃったよ。かわいそうだったな。」
と言われ、もう土の中・・ということもあった。)
そして、
亡くなった人はほぼ全員、病院で息を引き取っている。

私と一番近しい、2003年に亡くなった祖母でさえ、体調を崩してからは医師や看護師が祖母の体を管理し、体をきれいに拭いてあげて顔色を良くするために顔に化粧をする、というのも看護師に任せた。
それは、日本中のかなり大部分の人が、そうしていると思う。
そして、祖母の肉体が火葬されるまで遺体が傷まないようにするのに、
ドライアイスを入れたり時々様子を見たり・・それは、葬祭業者に任せた。

祖母は3回も内臓の大きな手術をしながら、その度に乗り越え、
88歳でも元気だった。しかしちょっとしたことで風邪をこじらせて肺炎になり、
入院してから1ヶ月で、その年の秋に亡くなった。
88歳まで長生きしてくれて、「ゆうこ、ゆうこ」と私を頼りにしてくれて、
性格はきつかったが(母は大変だっただろう)、いいおばあさんだった。

最初は、私は泣いた。涙があふれ出てくるのだった。
祖母の棺が玄関を出るときとか、棺が火葬にされる前とか。
かなりのことを葬祭業者に任せたが、
亡くなったのは夕方→その次の日は一日家にいる→お通夜→お葬式(火葬)
と、日数をかけたので、きちんとお別れできたような気がする。
それでも、祖母に体に触れたのは、ほんの一部分だけ。
手とか、額とか。
どのようにしてきれいにしてあげたのかとか、そんなことを聞いてはいけない気がした。

うぴしのこと。
うぴしは、今年2月くらいに寒暖の差が大きくなった頃から食べたものを吐いたり、
元気がなくなったりしていた。でもその度に病院でもらった整腸剤を与えたり、
食事を工夫したら、食欲が戻ったり散歩に行きたがったり、
元気な、本来の陽気な性格のうぴしになっていた。
しかし、また体調を少し崩したり・・。そういうことを繰り返していくうちに私は、
「うぴしはもしかしたら、もうそろそろ死へ向かいつつあるのだろうか」
と考えるようになった。

血液検査の肝臓の値が良くないといわれていたので、しかしまたは、腎臓か・・
と思ったりした。また検査してもらって、点滴治療とか積極的にすべきか・・
(母のこともあるので私が全部を完璧にしきれない・・というのもあったが)
結局、積極的治療などせずに、うぴしの表情だけを見て、毎日一緒にいた。
私は以前よりも、うぴしがどうして欲しいのか、すぐ分かるようになってきた。
うぴしも、私のことを信頼してくれていた。

続きます。


『自主憲法、経済成長めざす』?
2010年04月12日 (月) | 編集 |
ちょっと時間がないのだけれど、どうしても書きたくなったことがあった。
4月11付の山梨日日新聞一面に、新党「たちあがれ日本」のことが載っていた。

最初のところをちょっと抜粋。

:::::::::::::新党は結党趣旨書で①打倒民主党②日本復活③政界再編----
を三つの「使命」として明記し、::::::::::::::::::::

「日本復活」って・・すごい大雑把だな。
民主党を倒すとかどうのよりも、具体的な政策は、展望は何もないのかな。
あるわけないか。
いやざっと読んで見ると、あるようだが、国民の弱い立場の人のことは考えていないようだ。
与謝野さんは新党結成にあたり『反民主、非自民』と言っているが、
何で『反自民』とは言えないんだろう?(あまりはっきりは言いたくないのかな)

それに、「自主憲法」って、何だろ。
「自主」って。
今のが「押し付けられてる」とでも?

2面の、「理念、政策民主と開き」では、
【「たちあがれ日本」が「第2自民党」と指摘されている】
みたいなことが書いてある。

「理念、政策民主と開き」
の記事から、一部抜粋。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【国家像・憲法観】
 新党は、日本の伝統と文化を守り、自主憲法制定を目指すことを綱領の一番手に揚げた。平沼赳夫(<注:訂正:(いくお)(漢字が出ない))と書きましたが、「赳夫」の誤りでした。すみません。>)代表の持論の「真正保守」が色濃く反映された形。永住外国人への地方選挙権付与は断固反対を貫くとしている。自民党も会見は立党以来の党是。今年の党大会では「日本らしい保守主義」を政治理念とする新綱領を決定した。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::抜粋終わり。

「日本の伝統と文化を守り」が好きだなぁ、この人たち。
「日本らしい保守主義」・・・・どんなんが日本らしいんだろう。
今のこの時代に、何か変だよ。

今、急いで書いていて「何か変」としか言いようがないのだが、
「何か変だ」と感じる。
が、おそらく私のように感じる人たちはたくさんいて、「たちあがれ日本」を支持する人はあまり多くなくて、あの人たちが勢力を拡大するなんていうこともなさそうだから、心配しなくていいのかもしれないが、
私は平沼さんのことをちょっと誤解していたようだ。
(注:訂正:すみません、間違って「平山」と書きましたが、正しくは「平沼」です。)
「郵政民営化反対」を掲げていたので「この人って自民の中でもマシな人??」
と感じたりした時もあったが、この記事を読んで、
また、他のブログで取り上げているのを見て " イメージ " が崩れた。全然違った。

すみません、まとまりがなくて。
それに、エントリが急に異色になってしまったのですが、
「自主憲法制定」が気になってしまって。
では。


星になる
2010年04月11日 (日) | 編集 |
NHKスペシャルを少し、見ていた。
2009年、ハッブル宇宙望遠鏡を宇宙飛行士が船外活動で修理して、
解像度を上げた---というような始まりだった。

131億光年か、132億光年か・・
今から遡ることそのくらい前の、原始の宇宙が見られたという。

光の速さで131億光年・・。
1億年だって、1000万年だって、100万年だって、1万年だって、
気の遠くなるような時間なのに。


昔友人と二人で、山梨県の清里の近くの大泉というところの、
一般人でも天体が見られる施設に、夜、「体験見学」みたいな感じで行ったことがある。
土星の輪を実際に望遠鏡で「生」で見た時には、びっくりした。
びっくり、と言うのも変だけれど、
「本当に土星って輪があるんだ~。すごいね。」と、女友達と二人、
野外で着膨れながらはしゃいだ。

説明してくれた人が、「皆さん、死んだら星になるというのは本当なんです。」と言った。
ビッグ・バンの前には何があったのだろう。
今いる宇宙が生まれたのは、死んだ宇宙があったから?
いろいろ、ぼんやりと考えた。

地球はそのうち、太陽に飲み込まれるらしいが、
その太陽も太陽系もどこかに吸収されてしまうのか。
ブラックホールみたいな場所に、すごい重力で引き込まれる?
そしたら地球なんて、今住んでいる人間も動物も、
あるものは全て、凝縮されちゃうのか。
もちろん、人類は滅びているのだろうけど。

で、新しい銀河や星が生まれたりするのだろうか。

じゃあやっぱり、うぴしも星になるんだ。
私も星になるんだ。
いつか、うぴしと一緒になれるんだ。

少し、死というものが怖くなくなった気がする。

でもまだ、うぴしがもういないことを受け入れられない自分がいる。
慣れていない。
薄暗くなってガレージのシャッターを閉めて、
蛍光灯を一本つけておいた。いつもと変わりなく。
小屋とか毛布とか、まだそのまま。
でももう、うぴしがいない。。
今日、埋葬した。
うぴしのモコモコ毛の感覚を覚えておきたくて、頭と頭をくっつけた。

「さようなら」って言いたくないな。やっぱり。
時間が解決するしかないね・・こういうのってね・・。


『愛し君へ』
2010年04月10日 (土) | 編集 |


うぴしへ。

私は今、この歌の歌詞にあるような気分です。
飼い主である(まだ、永遠のお別れはしていないので過去形ではありません)
私は、やっと、少し気分が落ち着いてきましたよ。

7年くらい前の、熊みたいな顔をして「何かちょうだい!」ミ゚Д゚,,彡
と食べ物をねだって吠える瞬間のうぴしの写真が出てきました。
ものすごい必死な顔だったので、笑ってしまったよ。


~~愛し君へ~~

いっそ 抱きしめて
抱きしめて 離さないよ
このまま 傍にいて欲しい
何も問わずに

いっそ 最後まで 最後まで
信じられる力を 僕にください
例えばそれが 偽りでも

朝の光に 君が消えてしまいそうで
僕はまた眠った振りをした
眩し過ぎる思い出たち
こっちを向いて 笑っているよ
あの日溜りの中で

愛し君よ 愛し君よ
何処にいるの 
今すぐ逢いに来て欲しい
例えばそれが幻でも
いいから

~~~~~~~~~~~


(作詞作曲:森山直太朗)
 CDアルバム【森山直太朗 傑作撰2001~2005】より、書き写しました。


本当はね、この歌は失恋のことを書いた歌だと思う。
でもね・・失うという意味では同じで・・
失ってはいないんだけど(うぴしが私に遺してくれたことがあまりにも多かったので)
失っている・・・そんな気分で。

でもねうぴし、私、前を向いていくよ。
泣きまくるのは仕方ない、それが普通だ。
ちょっとは落ち着いてきたけどね・・。
本当に、
目に見えない大事な大事なことを私に教えてくれたよ、うぴし。


すみません、このブログの読者の方・・。
臆面もなく、自分自身のこんな気分をさらしてしまって。
ありがとうございます。


もう散歩には行かないんだ・・
2010年04月10日 (土) | 編集 |
まだ、うぴしと私は実際的に・・というか、つながっています。
それはまだ遺体がガレージにあって、
今日か明日、永遠のお別れをすることになっているから・・

私は今、一人ぼっちになってしまっているような気がします。
心配してくれて悲しんでくれる近所の人や家族もいるのに。
たった一人で荒野にさらされているような気分です。

いつも、一緒にいたから。

どこかへ出かけて、うぴしのことを心配しなくてよくなっても、
全然うれしくない気分になるのだろうか・・・。

朝から、涙涙です。
でもきっと、泣いた方がいいんだよね・・。

散歩に行かないなんて、変だ・・。
うぴしがいるから、気分に張りがあったのに。

隣の家の桜の木の花びらが、ガレージに舞い込んでいる。


寂しい
2010年04月09日 (金) | 編集 |
寂しい。今まで経験したことがないような、喪失感。
今朝、まだうぴしが生きていた頃とは大違いの。

今頃は散歩に行ったり散歩から帰ってきたり、
いつもはドタバタとしていた。
なのに、
うぴしはもう、鳴かない。吠えない。

寂しくて寂しくて、悲しくてどうしようもない。

昔二人で(一人と一匹で)歩いた道を、もう一度ウォーキングでもしようか・・。


ありがとう。そして、またね。U´・∀・`U
2010年04月09日 (金) | 編集 |
母には絶対に、私の泣いた顔は見せられない。

今さっき、近所の人が来て、うぴしに声をかけてくれた。
「いままでありがとう。・・寂しくなっちゃうじゃん。」
「でも、がんばったね。」

収まった涙も、誰かのひと言で決壊する。
だからまた、顔を洗ったりして。

きのうは、うぴしはやっと立てていた。
朝の4時には、家の周りを歩いて一周できた。
そして午前中いつもの畑に行ったら、「4ヵ所全部行くの・・」という顔をしていたので、
「分かったよ。」と抱きかかえて行った。

畑に生えているタンポポの綿毛を、
いつものようにうぴしの頭にちょっとだけ振りかけた。
かわいかった。
うぴしはちょっと、困ったような顔をしていた。
耳はいつものように垂れていた。
その後うちに帰ってきて、しばらくしてから元気がなくなってきた。
それでも、
私が作った味噌汁の具の豆腐と、かぼちゃ入りホットケーキを牛乳に浸してあげたら、
おいしそうに食べた。

きょうの早朝からはもう、意識がなかった。
私はずっと、見守った。
ダンナは会社に行く前にうぴしに声をかけた。
それから幾時間も経ち・・・
うぴしは最期はゆっくり息をして、楽になったような顔をしていた。


すごく、いい犬だった。陽気でおふざけで優しい、
でも小心者(そこがまたかわいい)。
私にとって、世界で一番の犬。
「不審な人?」と思ったら吠えまくったよね。
自分の気に入らない犬が通っても吠えまくったね。(笑)

今までありがとう。


知りたい
2010年04月09日 (金) | 編集 |
先月30日、元厚生労働省事務次官宅連続襲撃事件(夫妻殺害・もう一軒で元事務次官の妻は包丁で刺され怪我を負う)で殺人や殺人未遂などの罪に問われた、小泉毅被告に死刑判決が言い渡された。(さいたま地裁)


逮捕されて警察官が両脇を固める中、小泉被告のあの「憮然とした」というか無表情ながら堂々としている姿が思い浮かんだ。
テレビを見ながら、「オレがやったことが、何が悪い。」とでも言いたげだ、
と当時思った。

小泉被告が何故あんなに、自分が子どもの頃の飼い犬の死にこだわっていたのか、
「保健所で飼い犬が処分された」---
そのことが本当に、計画を綿密に練って何人もの人を襲撃する理由になりえたのか。

長崎市長の殺害事件、オウム真理教の村井幹部の刺殺、
石井紘基民主党衆院議員(当時)の刺殺(個人的な恨み、と報道されていたが・・)など、
そのような事件がかつてあったことを思い出すと、
これも単純に小泉被告の「チロ(飼い犬)の恨みを晴らす」というのを
そのまま受け取っていいものかとは思う。
しかし、これと私が小泉被告に聞いてみたいと思ったことはまた別問題なので、
これらの事件には触れない。


もしも、飼い犬のチロの恨みを晴らすのだったら、チロ以外にひどい目にあっている犬----
例えば「悪徳ブリーダーに天誅を加えてやる」とかは思わなかったのかな。
怒りが、「犬を粗末に扱う人全体」には、いかなかったのだろうか。

3月18日の第6回公判でさいたま地裁で被告は、
【「今回の決起は犬を殺された私怨というのがあった。あだ討ちだった」】
---ネットニュースサイト「IZA β版」より---
と言っている。
私怨、かぁ・・。
分からない。
でももし、小泉被告の話が本当だとしたら。
(もちろん、警察の発表が捻じ曲げられていて報道が本当に正確になされていないかもしれないことも考慮に入れてだけど)
そんなに、飼い犬のチロのことが好きだったの?
何か、執念めいたものを感じる。
チロに対する、執着というか。
どうして、30何年も前のことを。


【父親の話によると銃刀法違反の現行犯で逮捕された小泉毅容疑者は、小学校から中学までは、地元山口で過ごしている。「犬を可愛がるとても優しい子だった。」と語っていた。

高校卒業後、佐賀県大学理工学部へ進むが、中退。その後コンピュータ会社へ就職するが2~3年でやめる。続いて横浜近辺で宅配の仕事に就く。そこも2~3年で辞める。その後、家業を継ぐために山口へ戻るが、10年ほど前、ネットで見つけたコンピュータ関係の仕事に就くからといって埼玉県北区にある現在のアパートに引っ越す。その後、無職のようだ。近隣との付き合いは全くなかった。】

   ↑ あるブログからの引用です。


小泉被告は当時は働いておらず、1000万円ほどの貯金で暮らしていたというが・・

テレビで、小泉被告の若い頃のスナップ写真を見たことがあるが、
あんな怖そうな顔ではなく、普通だった。


ここから、msn産経ニュースより、一部抜粋。私が気になった部分。
この事件の初公判。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【元厚生次官ら連続殺傷 初公判(7)】「わが人生に一点の悔いなし」父への手紙で“決意”(14:40~14:57) (3/3ページ)
2009.11.26 16:44

---------前略-------

 《ここから、検察官が小泉被告の関係者の証言を明らかにしていく。最初は、小泉被告の妹だ》

 検察官「チロの散歩は、兄と私で交代でやっていたように思います。エサやりは母でした。小学校3、4年のとき、散歩をしていてチロがどこかに行ってしまいました。保健所に連れて行かれたと思って、泣きながら家に帰りました」
-------中略--------
《続けて、当時の山口県職員の証言が明らかにされた》

 検察官「当時は、○○保健所が犬の捕獲をすると、2日間公示して、さらに1日の猶予を置きました。猶予期間が満了すると、犬は処分されていました」

 《検察官が県職員の証言の後に、一言付け加えた》

 検察官「小泉被告が持っていたお守りにはチロの毛が入っており、『昭和49年4月5日』と、いなくなった日が書かれていました」

 《最後に検察官は、小泉被告が勤務していた会社の同僚女性の証言を明らかにした》

 検察官「平成16年11月ごろ、私が飼っている猫の話をしたら『どんな猫ですか』と明るい声で聞いてきました。それ以来、小泉被告は積極的に私に話しかけてくるようになって、私のことを『お母さん』とも呼びました。なんで動物にこだわるのかを聞いたら、小泉被告は『人の善しあしは動物が好きかで決めているんです』と言いました。また『チロという犬を飼っていたが、処分された。どうして引き取るまで待ってくれなかったのか』と淡々と話していました。『これがチロの毛なんですよ』と言って、綿毛のようなものを見せてきたこともありました」

 《検察官は小泉被告の動物への執着ぶりを示し、また一言付け加えた》

 「小泉被告の自宅からは『ポチたま』というタイトルの、犬やネコが映ったDVDが見つかっています」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::抜粋終わり。


3月30日のmsn産経ニュースから一部分を抜粋。 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

元厚生次官ら連続殺傷事件〈小泉毅被告〉判決要旨 さいたま地裁
2010.3.30 18:23

 捜査段階で、小泉被告の精神鑑定を行った獨協医科大学越谷病院精神科、井原裕医師も、当公判廷で、被告は今回強い思いこみに従って事件を起こしたが、妄想性障害を疑う必要はなく、精神疾患に罹患していないと述べている。
 弁護人は、井原鑑定が不完全なものであったと主張するが、精神鑑定の鑑定人として十分な資質を備えており、公判における小泉被告とのやりとりを含むその証言内容からしても、診断や結論について疑う余地はない。
 小泉被告は犯行当時、行為の是非善悪を弁識し、その弁識に従って行動する能力を欠いていたり、その能力が著しく減退した状態にあったとは到底認められず、完全責任能力を有していたことは明らかだ。弁護人の主張は採用できない。
 小泉被告は当公判廷において、「私が殺したのは、人ではなく、心の中が邪悪な『マモノ』である」などと述べ、無罪を主張しているが、小泉被告独自の見解であって、採用の限りではない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::抜粋終わり。(下線部は私)


人の命を奪えばどうなるかとかは、考えなかったのか。

>「私が殺したのは、人ではなく、心の中が邪悪な『マモノ』である」

何故そんなに、34年前の自分の愛犬チロのことを引きずっていたのか。
ただの自己中なのか。
言葉で表すとどのくらい、チロのことが好きだったのか。
「チロのこと」は何かの言い訳なのか。例えば自分の挫折感とかの。
自分勝手だ。
どんな理由であれ、人殺しは許されない。

でも、なぜか小泉被告の考えに同情する自分がいる。
同情なのか同調なのか。
幼い日の小泉被告にとって、愛犬チロはどんな存在だったのか。
唯一、自分を受け入れてくれる存在だったのか。
そんなことを考えてしまった。


4月8日風邪だかなんだか花粉症?アレルギー?
2010年04月08日 (木) | 編集 |
おはようございます。・・・・。

全然関係ないですが、今から22年前の今日、雪が降ったのを覚えています。
高校の入学式の日。私は3年生。
やたらに寒かった。

風邪ではないですが、頭の中に砂利が詰まってる気分です。
頭の中に砂利詰まったことないけど・・・。

きのうは
なべの蓋をなくしてしまい、クイッくるワイパーもなくし、(どこへいったんだ)
(私が移動させたとしか)
大変でした。なべの蓋は見つかりましたが、あれは見つからない。
どこだ。ああまあ別に大変じゃないな。探そう。
またはいずれ見つかるだろう・・探さなくても

皆様も、どうか健康にはお気をつけて・・・。

ああそうだった
今度からパキシルとかの薬を朝飲むようにしました。
うぴしのためにいつでもスタンバイOKにしておかないとならないです。
うぴし

やはり人生に笑いは必要だ。ありがとう、「たちあがれ日本」。
2010年04月07日 (水) | 編集 |
今日は、近所の畑の桃の花がほぼ、満開になりました。
お花見をする人や宴会をする人、遠出をする人もいるでしょう。
が、そんなこととは一切関係なく過ぎていく、
自分の重い日常・・・。(いろいろ考えるとね・・しょうがないけどね・・)
春なのに、気分はこんなん。(3月に降った雪)
               ↓ 

    P3100151.jpg

私は今日もなんだか、
低く耳鳴りがしていて、気分のどんよりさ加減は半端じゃありませんでした。

が、しかし!



自民党の与謝野さんが結成しようとしている「新党」の名前決まったというニュースを今、
パソコンで見たら。


新党:「たちあがれ日本」


(。A 。 )まーじーーwwwwww (;*‘∀‘ *)(*‘д‘ *;)

笑った。

と同時に、ちょっとイケナイことも思い浮かんでしまった。
「バイアグラ党」とか「まだまだだ党」とか、あと何かいいのないかな・・
逆に「ちんぼつ党」とか?
・・・すいません、こんなヤツです。m(_ _)m ろくなこと考えてません。
あ、いや・・もしかしてかなりの人がこんなようなこと思い浮かべてたりして?

石原都知事が考えたらしいのだが、
また、なんちゅう名前にしたんだか。w
(石原さん・・本当に作家(元作家?よく知らんが)なの?(´・д・`) )

なにしろ、笑ってしまいました。
予想だにしないことで・・。
人生に笑いは必要です。


------------------------

すみません、ちょっと連絡事項です。
リンク先のyoshiさん、コメントを下さったのに「承認」
をしていなくて申し訳ありませんでした。
今見たら、チェックしていないコメントがある・・??
と思ったら、yoshiさんでした。
ダメです、最近私どこか抜けていて・・(昔からか・・)
yoshiさん、ただの私の「うっかり」でした。
失礼いたしました。m(_ _)m
(管理画面からコメントヘのお返事を書いたので、
つい無意識に・・)


執行人、立会人、傍観者
2010年04月06日 (火) | 編集 |
中国で麻薬密輸という犯罪を犯した日本人に対し、今日午前9時半、
死刑が執行されたというニュース。

毎日jpより、以下転載。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

中国:日本人の死刑執行 国交正常化後初、麻薬密輸罪で

 【大連(中国遼寧省)浦松丈二】中国遼寧省高級人民法院(高裁)は6日午前9時半(日本時間同10時半)、麻薬密輸罪で死刑判決が確定した赤野光信死刑囚(65)=大阪府出身=の刑を大連市看守所で執行した。中国で日本人の死刑が執行されたのは1972年の日中国交正常化以降初めて。日本外務省によると、戦後、海外で刑事犯として日本人の死刑が執行された記録はないとしている。

 死刑執行から5分後、同法院から在瀋陽日本総領事館大連出張駐在官事務所に連絡があった。新華社通信によると、中国最高人民法院(最高裁)は声明を発表し、「麻薬密輸について疑いのない証拠があり、法に基づいて死刑を宣告し、執行した」と説明、死刑執行の正当性を強調した。

 判決によると、赤野死刑囚は06年9月に大連の空港で、共犯の石田育敬受刑囚(同罪で懲役15年確定)と、約2・5キロの覚せい剤を日本に密輸しようとして警察に拘束され、1審判決を経て昨年4月に同法院で死刑が確定していた。

同罪で死刑が確定した、名古屋市の武田輝夫(67)▽岐阜県の鵜飼博徳(48)▽福島県の森勝男(67)の3死刑囚についても、中国政府は8日にも刑を執行すると日本政府に通告している。

 日本政府はいずれの刑執行にも「刑が重すぎる」と懸念を表明しているが、中国政府は麻薬犯罪には厳罰で臨む姿勢をみせている。一方、赤野死刑囚と家族らの面会を執行前日に認め、執行を1日延期するなど配慮も示していた。

 中国は昨年12月にも麻薬密輸罪で死刑が確定した英国人死刑囚の刑を執行し、英政府や人権団体から厳しい批判を受けた。

(毎日新聞 2010年4月6日 東京夕刊)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。






(家のガレージから格子越しに垣根を撮影。おととい午後4時)





死ぬことが決まっているって、どんな気分なんだろう。
「どんな気分」どころじゃないよね。・・・。
日本で死刑になるのと、外国で死刑になるのと、気分はどう違うのだろう。
・・・。そんなこと考えたって、仕方ないか。違わないか。


山梨日日新聞4月5日付社会面より、一部抜粋。(私が気になった部分)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

きょうにも邦人死刑執行【大連共同】
 日本政府は中国側が3月29日に赤野死刑囚の刑執行を通告してきたことを受け、中国外務省に「懸念」を表明。今月3日にも菅直人副総理兼財務相が温家宝首相に対し懸念を表明した。しかし、温首相は「中国の法律に基づくことで重大な犯罪だ」と述べており、執行決定の撤回は困難な状況だ。
--------
 犯罪者の処罰は基本的に当事国の内政問題に属する上、中国と同様に日本も死刑存置国であることから、日本政府は今回「刑の執行停止」までは求めていない。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::抜粋終わり。


そして、
朝日新聞4月6日付社会面より、一部抜粋。(私が気になった部分)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

中国当局「きょう死刑」【大連(中国遼寧省=西村大輔)】
 中国当局は5日、麻薬密輸罪で死刑執行が確定している日本人、赤野光信死刑囚(65)=大阪府出身=に対する刑を6日に執行すると日本側関係者に伝えた。
---------
 執行された場合は、中国で日本人の死刑は1972年の日中国交正常化以来、初めて。日本政府は中国当局に対し、死刑執行による日本の国民感情や邦人保護の観点から懸念を表明してきた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::抜粋終わり。


「死刑執行による日本の国民感情や・・・懸念を表明してきた。」
なんて、よく言えたもんだな・・。
だってさ、日本は8割の人が死刑制度存置派なんでしょ。
よく言えるよ、そんなこと。


中国では2009年12月イギリス人男性に対し、麻薬密輸の罪で死刑を執行した。
その時、
『イギリスのブラウン首相は声明を出し、「最も強い言葉で処刑を非難する。そして、非常に愕然としている。温情ある対応を望むという、我々の持続的な要請が聞き入れられなかったことに失望した」と強い抗議と共に、激しい落胆を表した。』
(以上、ネットサイト:「サーチナ」2009.12.30 より)(下線は私)

イギリスでは、1998年に死刑を全廃したそうだ。


与謝野さんは何故、新党立ち上げを読売新聞の渡辺さんに報告するのか分からない。
2010年04月06日 (火) | 編集 |
タイトルが長くてすみません。

このテンプレには、自分でつくったカテゴリしか表示されないが、
fc2のジャンルには「政治・経済」、テーマは「龍馬の独り言」で投稿してみた。
(適当。)

自民党の与謝野元財務相が新党結成に向けて動いているらしいが、
誰かが言った言葉じゃないが
「老人党だよ。」
・・・。私もそう思うなぁ。

それよりも訳が分からないのは、
与謝野さんは何故このことを、読売新聞主筆の渡辺恒雄さんにいちいち、
報告というか説明する必要があるのだろうか?
訳わかんない。

ナベツネ(渡辺恒雄)さんといえば、
自民党と民主党の大連立を当時の福田総理に持ちかけた・・
ということをその時ちらっと聞いて、
「何を勘違いしているのだろうか、このおじさん。」と思ってしまったが、
今回も同じだよ・・。説明 or(報告)(相談?)を聞くほうも聞くほうだ・・。
エライおっさんの考えてることはよく分からん。
それに与謝野さんは、政界を引退した91歳の中曽根元総理にも相談というか報告というか説明したらしいが、いちいち「上の方」(w)にお伺いを立てないとダメなの?
「上の方」と書いたが、ナベツネさんは報道機関の人間でしょ?
だから、ワケ分からないんだよ。

私の今の気持ちを甲州弁(山梨の言葉)で表現すると、
「おっちゃん(与謝野さん)、へえ(もう)やめとけし(やめなよ)。」
となる。