家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10月5日付の朝日新聞・「声」欄より--『人を励ます保護費こそ価値』 という投稿文について思うこと・1
2009年10月31日 (土) | 編集 |
2009年10月5日付の朝日新聞・「声」欄で気になった投稿記事。
私はこの時、母が入院していた東京の病院と家とを往復していて時間的に大変だったのだが、
この記事は心に引っかかって気になったので、
切り抜いて取っておいた。

投稿者は近畿地方都市在住の59歳男性地方公務員。

以下、全文転載します。
--------------

 生活保護のケースワーカーをしていて、心にひっかかりを感じてきた。受給が決まった人から「これで医療はタダになるのか」「いくらもらえるのか」などと聞かれるときだ。
 そういう人に言いたい。「世の中にフリーランチ(ただ飯)はない。生活保護費も医療費も、元はあなた以外の人が、あなたの自立を願って財布から出したお金だ」と。
 世の中の常識が間違っている代表例が「お金」だ。その価値は株価のように激しくうつろう。人それぞれの思い込みが頭の中で大きくなったり小さくなったりするからだ。一枚の千円札は裕福な人には昼飯代だが、ホームレスにとっては何日間かを食いつなぐ貴重な生活費になる。
 生活保護費をもらっても、自立資金と考えて努力し生活保護から抜け出す人もいれば、逆に自立する力がありながら安定収入に満足して依存してしまう人もいる。
前者の人に使われてこそ保護費のお金は生きる。人を励まし生かして使われるお金には価値があるが、人を堕落させ希望を生まないお金に価値はない。

--------------以上、転載終わり。

読み終わって、「うーん。」と考え込みました。
これを読んだ感想を書きたいのですが、もうこんな時間なので、また。

スポンサーサイト

第840回「あなたの誕生星座は?」
2009年10月29日 (木) | 編集 |
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの誕生星座は?」


天秤座です。天秤座は八方美人とか・・昔聞いたことがあるような。

精神科に行ってきたけれど、前と同じことを言われた。
「まったく一日、何も気にしないでリフレッシュできる日を作ったほうがいい」と。
「介護は大変ですからね」と言われ、思わず涙が止まらなくて困った。

しかし、一旦外に出ると、携帯も持たない私は、ブラブラ歩いてきてしまった。
車を運転しながら景色を見ると、紅葉もきれいだし、少し気分がすっきりした。
来週から母の抗がん剤治療がまた、始まるし・・・。体調を整えておかないと・・。

やっぱり、気分転換って大事だな。
洗濯物は今から干すけど(夜干し)、たまには仕方ない、まあいいか・・。

で、帰ってきて即行でパソコンを開いてブログを書いているのは、
気分転換のためです。ですねぇ・・。
あと、ここしばらく見に行けなかったブロガーさんはどうしているかなぁ・・とか。

精神科の医師には、
「母のことはいつ入院ということになるかも分からず、そういう不安もある」と話した。
♪不安な~気持ちは~~あーなたのせい~~♪
という、小田和正(?)の歌の歌詞を思い出しました。はーあ。

デパスを飲んでいるからか、気分は安定していますが、本当はそうじゃなく、
薬なんか飲まずに(頼らずに)、いつかは安定したい。
何ごとにも動じない人がうらやましい。
もっと、強くなりたい。←39女の言う事ではないね・・(-_- )

薬→脳だけではなく、心も大事で。
(読者の皆さんに分からない話ですみませんが)、
とても感謝している方がいます。なかなか私の気持ちをうまく伝えることができないですが、
☆☆さんのお言葉・・存在は、私の支えになりました。ありがとうございます。


診療の日ではないが行くことに
2009年10月29日 (木) | 編集 |
久しぶりに、「心と身体」のジャンルに投稿してみようかと・・・。

なかなか、イライラが止まらなくて。
自分に対するイライラです。
この前行った時、調剤薬局で薬剤師さんに、「デパスに依存するようになるのではないか」
と不安を話したら、
「0.5mgの錠剤なら、一日3回まで大丈夫ですよ」と言われた。
(私の、”社会不安障害”の場合かもしれない。他の病気については、分かりません)

本当は次の診療は11月初旬だが、病院へ行った方がいいような気がするので、
きのう、予約の電話をした。デパスを1日3回飲んで気を落ち着けた方がいいんだろうな・・。
でも、いつまで通うんだろうな。「もう、診察には来なくていいですよ」と言われるのは、
いつだろうか。
なぜ、3年3ヶ月も通っているのだろう。それもよく分からなくなってきたが…。


コメントありがとうございます!.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.
とっても、とても、嬉しいです。
帰ってきたらお返事書きます。

精神的肉体的に疲れてはいるのですが、
少しずつ、ブログに書きたいことが出てきたりしました。良い傾向かな。

うぴしが下のガレージで何かしているみたい・・。
まさかまたお腹ゆるゆる・・??(^ω^;)(戦々恐々)
では。


2009年10月28日 (水) | 編集 |
今日は母が、かなり長い間、昼間くらいからか、
妹の家に行っている。

12時ちょっと前くらいだったか、母が私に、玄関で声をかけているのが聞こえたが、
私は眠って起きたすぐあとで、なぁに?と言ったらもういなかった。

母の携帯に電話をしたら、姪っ子の声が聞こえる。
今日は妹が用事で3時間ほど出かけるので、父が姪っ子の世話を頼まれていたが、
母も一緒に行ったんだ、と思った。

妹の家に行けば、「ゆうこが少しは休める」・・・と思ったのかな。
母は、自分のことを、「みんなに迷惑をかけて・・」と言っていた。
月曜日は母に本当に悪いことをした。申し訳ない。


母がいる時に掃除をすると落ち着かないと思うので、
さっき、母の部屋を掃除してきた。

掃除機をかけて、ざっとテレビやテーブルの上を拭いた。
テレビの上に、地球儀がある。
母が親戚の誰かの結婚式のカタログの引き出物で、選んだもの。
ほこりを被ってしまっていた。

その地球儀が家に来た何年か前は、母はまだ太っていて元気だった。
「どの国がどこにあるか、見るの楽しいじゃんねぇ」と、
楽しそうに地球儀を回して、「へえー、ここがスペインけぇ」と
興味深そうに見ていた。
そういう母を見ていて、私も楽しかった。
「いつかそのうちに、中国のパンダちゃん見に行きたいね」
そう言っていた。

誰もいない家でひとり、私はボーっと地球儀をながめた。
「トリニダード・トバゴ・・・こんなところにあったの・・」とか、
「イースター島って、まわり海で何もないじゃん。陸と離れてるねぇ・・」とか、
ぶつぶつ言いながら。

お仏壇の掃除もした。
おばあちゃんの写真を、「おばあちゃんちょっとごめんね」とか言いながら、
もふもふが付いているクイックルワイパーミニで拭いたり。

母は今さっき、帰ってきた。


10月26日(月)
2009年10月26日 (月) | 編集 |
当事者である母に、「思っていること」全てを話してしまった。
絶対にやってはいけないことだった。
父に、「お前は自分がお母ちゃんに何を言ったか考えてみろ」と言われた。
「だって、お父さんはおむつだって替えたことないでしょ。
私は2時間おきにタイマーを掛けといて、忘れないように、ここに来ているの」と、
売り言葉に買い言葉で。
それを母の前で。
母は、「もうちょっとの辛抱だから、けんかしないで・・」 と、泣いていた。

きょうは母の通院日だった。
8時20分に出て、帰ってきたのは1時だった。
おとといと、その前の日は歯医者に・

きのう薬局に寄ったら、母は、何ヶ月も前に買った、愛犬の好物のささみふりかけのことを覚えていた。
こんな時でも、犬のことは忘れてない。

優しいんだよ・・・母は。
私は何でも合理的で冷たいところがある。ダンナは私とは反対だ。
そういう私に、眉をひそめていることだろう。
父&祖母に似たのかしら私・・。性格きついし。

私は妹と比べても、昔からそうだった。
妹は「ほうとう」」とコーンスープを作ってきてくれた。
その前の日も家に来てくれて大変だったのに。
私は、料理は嫌い。仕方なく、つくっている。
この前母に、「スープリゾット風おかゆ」をつくってあげたら、
「給食みたいでおいしくない」と言われた。
給食みたい・・確かに、自分が食べてもおいしくはない。
捨てていいよ、と言った。

もう何もかも、嫌になってきた。
もう、涙も出ない。


毛皮 ダサい フェイクファー 流行ってる??
2009年10月24日 (土) | 編集 |
皆さん、コメントありがとうございます。
お返事を書かずに、先に記事をアップしてしまってすみません。

・・・というのは・・
一つ前の記事、『毛皮 ダサい』にコメントを下さった方がいますが、
ちょっと考えるところがあったので、書かずにはいられなくなったんですねぇ・・。

ユニクロのことをあんなふうに書きましたが、
なんと、先ほどユニクロのサイトを見てみたら、
フェイクファーのマフラーがありました。
womenで、『ファーリーマフラー』という、アクリルとポリエステルでできている、
ふわふわ系です。
うーん。ユニクロでそういうのを売っていたのですね。
でも、こういうマフラーを売っているのは初めて見たかな。
はぁ~知らなかった。
うーん。

そうそう。「NO FUR」ばっか言うんじゃなくてね、代替案を出さないと、
「じゃあ、本物のふわふわ毛皮の他に何かいい物あるのかよ?」
と、思う人もいるかなぁなんて考えたのですが・・。

それとはまた別なのですが、
最近のユニクロ製品は、中国製からベトナム製に変わってきているのが少し気になります。


毛皮 ダサい
2009年10月24日 (土) | 編集 |
この時期になるとどうしても、
他人が着ているコートやジャケットのフードなんかについている毛皮を、
振り返って見てしまう私。
毛皮製品がどうやってつくられるか、というのを知ってからそういう風になってしまった。
今までこのブログにも、毛皮についてうだうだと、たくさん書いてきた。

だって・・・毛皮製品ってね・・
毛皮製品になる動物たちの扱い、殺し方があまりにも・・

シャレにならない・・・((( ;゚Д゚))) 
ひどすぎるよ・・・(´;ω;`)・・


と思ったからです。
毛皮製品の「つくり方」が・・・初めて知った時は、「こんなんだったのか・・」と、ショックでした。
アニマルライツセンター

そして、(私は写真を拾って貼り付け、ということができないので)
こちらのサイト様に、無断でリンクさせていただいたのですが・・・
注意:クリックすると、生きたまま皮を剥がされた動物の、残酷な画像がすぐに出ます。
毛皮産業は動物の殺害産業

ただ、自分の心の中を正直に告白すると、「毛皮ってダサい」・・・
そこまではまだ、いっていません。でも、「カッコいい」とは思わない。

とにかく、動物の飼育方法(命とは思っていない「製造」と言えるやり方)や死体を見たら、あまりにも気分が落ち込み、「こりゃもう、毛皮製品は買えないわ・・」と私は思いました。
そして、せっかく、「ああ、あの人お洒落だな」 「この服いいな」と思っても、
毛皮が全てを台無しにしているように、私には感じてしまいます。

その上に、「ラクーンファー」「ラビットファー」「フォックスファー」・・・・
値段が安すぎるものがある。ワンシーズン着て使い捨ての人もいるかも。


でも最近・・・インターネットなどで実態が少しずつ知られるようになってきたのかなぁという、
兆しが感じられるとは思う。
母が入院していた病院から帰る途中に、新宿のルミネに何回か寄ったけれど、
洋服やバッグの付属品などでは、「フェイクファー」がぼちぼち、以前よりかは見られるかな・・
と思った。
昨年秋以来の、「極端な不況」もあるのかもしれないが、
本物と見分けがつかないようなフェイクファーの帽子やジャケットなどがあった。
しかも、とてもかわいい。

「フェイクファー」っていう言い方がね・・・。
化繊で出来ている物でも、普通に「ファー」と言えばいいのかな。

思ったんだけど・・・ふわっとしたかわいい感じは、
日本の最先端技術を使ってポリエステルなどの樹脂で再現すれば、
今よりもかなり、リアルに出せるのではないか。
もしも、「ファッションのために使い捨てにされる命を生み出さないようにしよう」という風に、
メッセージとして社会に送りながら製品を出す会社があったら、
株には興味のない私でも、その会社の株を買うだろう。
(→アニマルライツセンター ここにはファーを使わない製品を売る洋服のブランドが紹介されているが、
毛皮製品を売っているのはあまり有名でないメーカーがほとんどだと思うので、そっちが何とかならないかなと思う。)

それでもね、樹脂など再現したファーでも、ある程度値段は高くていいと思う。
ちゃんとお客からお金を取って、製造する従業員にそれなりの給料を払わないと。
それは全てに言えると思う。
最近じゃ、ドンキホーテの690円ジーンズとか、安売り弁当とか、
こんなにどんどん安くして、どうするんだろう?というものが多い。

毛皮のことだけじゃなくて、考えるね・・・。
ユニクロの柳井社長は、(ドンキホーテが690円ジーンズを出した感想を聞かれた際に)
「((自社ブランド「g.u」の)990円ジーンズは、たまに履くから楽しいんです。」
みたいなことを言っていたが、どこかずれてる・・・と思った。
と言いながら私はユニクロを愛用しているが、着るもの全てを日本製のもの、またはフェアトレード製品にしたらどれだけお金がかかるんだろう、とも、考えたが・・。

あまりにも、の安売りは、使い捨て文化がさらに加速するだろう。
モノではないが、「お笑い芸人」はそんな使い捨て文化の象徴みたいな気がして。


頼れるものを本屋さんで必死に探した
2009年10月23日 (金) | 編集 |
この前の、『勝間和代さんのコトバ』の続き。

今から10日くらい前の私の心は、もしも心に足がついているとしたら、
足が折れて、倒れそうだった。

こういうときはいつも、高校の時の社会科の先生の言葉を思い出す。

「困った時には、本を読むといいんです。」

心の足が崩れ落ちないような言葉を必死で探していた。
その先生の言葉も、辛い時には取り出して、「何か本を読もう、探そう」と、
今までもそうしてきた。

本屋さんをウロウロしていたら、その前の前の日くらいに新聞の書評欄で見かけた、
ある詩集があった。著名な人。
本の装丁のきれいさに引かれ、手に取って読んでみた。

詩集というのは、どこかまどろっこしいというか、
読むのが面倒みたいな気持ちが私にはあって、本屋さんで購入しても、
「いいな」という1,2編だけ読んで後はそのまま本棚に・・
というところがあるのだが、読んでみて、その詩集は迷わず買った。

そして、山梨に向かう帰りの特急電車の中の窓側の席でひとり、
さっそく、袋から取りだして詩集を読んだ。


死。


死は、「ゆるがない」という感じがする。生きていれば、死ぬ不安に襲われるけれど、
近しい人がいなくなるかもしれない恐怖に襲われるけれど、
死は、どこか安心するみたいなところがある。変だけど。

今生きているだれもが、いつかは死ぬ。

あるサイトを辿っていって見てしまった、交通事故死者の、事故直後の遺体。
紛争、戦争で亡くなった兵士の、テレビでは映さない遺体。

その人の詩集のある一編の詩を読み、それらの遺体を思い出した。

電車は空いていて、半個室のような座席で、「死」をうたう詩を、
思わず微笑みながら読んだ。

続きはまた。

[READ MORE...]
イタ電をうまく撃退できない
2009年10月22日 (木) | 編集 |
おとといの朝、私の家に、いたずら電話とおぼしき電話がかかってきた。
ここ最近、母からの電話だと困るので留守電にしていなくて、
かかってくるとすぐに、受話器を取っている。

私「もしもし」
相「#4@☆$?:*%......ハァハァ・・」
私「ん?」
(あ、間違い電話?)と思いきや、
相「ハァハァ・・・おばちゃん・・おばちゃんが・・・

(何だ?おばちゃん?)(気持ち悪・・・でも何か、頭にきたわ)
私「どちらにおかけですか。どちら様ですか」
相「ハァハァ・・・おばちゃん・・」(すごい小さい声で)

私「・・・。すみません、何言ってるんだか聞こえないんですけど。
  どちら様ですか?
相「ハァハァ・・・・おばちゃんがね・・おばちゃんが・・・

(かなり頭に来た・・・。( -_- # )
私「あのね、聞こえないんですけど。もうちょっと大きい声で話してください凸(゚Д゚#)」
相「・・・・・。(変なため息)」

(ブチ切れそう。何か言わないと気がすまなくなってきた。)
私「だから、聞こえないんですけど!どちら様ですか。
  おばちゃんって・・

相「ガチャ」

切れた・・。

ハァハァはバカっぽくてどうでもよかったが、「おばちゃん」に頭に来た。
「おばちゃん」って何なの?うちじゃなくてランダムにイタ電かけてんの?
だから何で、「おばちゃん」なの?(^ω^#)

おとといのいたずら電話は、どうやったら相手にギャフンと思わせることができたのか・・
とか、くだらないことで考えている。なんか、悔しいなー。「負けた」気分。


オバマ大統領のノーベル平和賞は、やはり時期尚早だったのか
2009年10月21日 (水) | 編集 |
この前私は、自ブログ記事で「アメリカのオバマ大統領へのノーベル賞授与には、賛成。」
と書いたが、
でもねぇ・・。
よく考えると、本当にいいのかな?と、思う。

ノーベル賞委員会は、「核兵器のない世界へ」と言ったからには、
ちゃんとやってよね(# *´゚д゚`*) という皮肉というか、「影響力の大きさを考えなさい」
という課題を出したのか・・とかも思ったけれど・・。

でもね・・。

マザー・テレサを思い出した。ノーベル平和賞を受賞したことは知っていたが、
今wikipediaで調べたら、1979年に受賞している。
その時の、スピーチの一節。wikipediaより。

「私は受賞に値するような人間ではないけれど、
世界の最も貧しい人々に代わってこの賞を受けます。」


そして、2006年受賞のバングラディシュのグラミン銀行総裁の、ムハマド・ユヌスさんのことも、
思い出した。
ムハマド・ユヌスさんは、「マイクロクレジット事業を切り開いた実績を評価された。」
「マイクロクレジットとは、貧困層を支援する無担保長期返済の小口金融のことで、
グラミン銀行は特に女性の支援に力を入れています。」
※「」部は、『DemocracyNow! Japan』HP2008年2月12日付より。


オバマ大統領の国・アメリカで思い出されるのはやはり、
今現在、イラクやアフガニスタンで「テロとの戦い」を未だに繰り広げていること。
無人偵察機(攻撃機)による民間人の殺害(でもどこからが、”民間人”なのか)や、
放置している劣化ウラン弾による被曝で、とくに子どものがんが増えていること。
”大量破壊兵器”というキーワードでで検索したら、「燃料気化爆弾」という、使ったら人が一気に大量に死にそうな兵器も、アメリカは持っているらしいし。

私は、「どこか乾いている『核のない世界』」というブログ記事を8月末に書いた。
その時は気分をうまく説明できなかったが、そういうことだ。
乾いてる、という気がするんだよ。オバマ大統領にノーベル平和賞って。

核兵器廃絶という、並大抵でなさそうな目標を達成するために大国同士が大枠で動くためには、オバマ大統領のあの一言は大きいだろう。

でもそれはやはり、「大国同士」で、
ごく普通に暮らすという平和の中に居られない人たちは、今、私が息を吸っているこの今も、
命が奪われようとしていて・・。どうすればいいんだろうな。

私がよく見ているブログのブロガーさんの自己紹介欄に、
「環境、人権、平和にこだわっています。」という一文がある。
私も、つい、こだわってしまう。
このブログは、宇宙に例えると小さな一つの天体のようなものかもしれない。
でも、これからも疑問を感じることには、こだわろう・・。

また、マザー・テレサのことを思い出した。

車を運転していて、ゆっくり運転のおじいちゃんにイライラしない。
駐車場では、
自分のことばかり考えてスペースを確保することだけを考えない。譲る。
自分が譲られたら、「ありがとう」を顔に出す。
そして、母には今までさんざん頼ってきたのだから、
これからは、母の歩調に合わせて。(自分もいたわりつつだが)
(家族全員で)


最近のうぴしさんの様子
2009年10月21日 (水) | 編集 |
最近のうぴしさん&飼い主の様子。

まず、飼い主。

きのうは母に付き添って、地元の病院に行ってきた。
今までこんないい先生に会ったことがないわ・・近所にいたんだ・・・
と思うくらい柔軟な考えの医師だった。
よかった・・・この医者なら、遠慮せずにいろいろ言っても、
ちゃんと聞いてくれそうだと感じた。

しかし。
母が東京の病院から退院したら、私は相当大変になるぞと思っていたら、
やっぱりその通りだった。
着替えやおトイレが大変なので、一回に30分、長いと1時間はかかります・・。
それが、一日に5~6回くらい。真夜中も見に行かなければ・・という時もある。そして、
きのうは病院の外科で今日は歯医者に行ったが、
おトイレも大丈夫なようにして、着替えを手伝い、靴も履かせてあげて、
私自身の出かける仕度はそれからだということに気づく。
今まで他人事で、「大変だなぁ」とは思っていたが、大変である。

さすがにちょっと私も疲れ気味になり、新聞を読むのも忘れる始末…。
妹が、私が大変だろうと思って今日は午後から長くいてくれたので、
2時間半ほど昼寝ができた。

でも・・・これも、「こんなことがあったなぁ」というしみじみする時がくるのだろうか。
母は、退院してから精神的に日に日に良くなってきた。一緒にいられる今が幸せか。


U´・∀・`U U´・ェ・`U U´・∀・`U ミ,,゚Д゚彡

そして、うぴしさん。

この前動物病院に行ったとき、医師に、
「もうこの年だからね、好きなものを食べさせてあげて・・」といわれ、
「ああそうか、そうだよね・・食べ過ぎたらどうのとかパンはやめた方がとか、
そんな事考えないで、いっか。」
(しかしこの時、「たんぱく質が足りていない」ということに気づき、鶏肉を増やす)
と思い、
私が持っているパンを食べたそうな顔をしていたらパンをやり、
豚肉でもいいか、と豚肉をやり、おやつを考えるのが面倒な時は、
高齢犬用じゃない、適当に買ってきたレトルトのごはんをやり・・。
要するにたんぱく質だけ多めに、後は好きなものを与えていたら、なんと、
以前よりも元気になった。(※注意:ネギ類やチョコレートなど、禁忌の食べ物はあります)
「こうしなければ」、という私の気持ちを、うぴしは読んでいたのかもしれない。
今日は、うぴしは歩くのが早かった。

この前の朝、ガレージで音がするのが気になるので、「うぴし何やってるんだろ・・」
と散歩の前に見にいったら、じゃがいもに掛けてある新聞紙をビリビリに破き、
とんでもないところから顔を出して、
わにわにした(方言です:ちょっとおふざけモードという意味)顔で、私を見ていた。
しかも、歯には新聞紙が挟まっている・・・ダンボールも被害が。

「あのさあ、うぴし。こんなもん食べて・・ほら新聞紙が挟まってるよ」と、
歯に挟まって口にぶら下がっている新聞紙を取ろうとしたら、「ウウッ!」と
怒られてしまった。
うぴしぃ・・。(´ー`)うp


勝間和代さんのコトバ・2
2009年10月19日 (月) | 編集 |
きのうの続きです。
『勝間和代の人生を変えるコトバ』について。


> 自分の行動の結果として、何かいいことがあってもむやみに舞い上がりすぎず、逆に、望まないことや嫌なことがあっても、やたらと悲しがりすぎないということです。

それは分かるような気がする・・。今、自分の現状で感じることもある。
海外ドラマの登場人物を思い出す。
みんな、大変なことがあってもすごい取り乱すわけでもなく、クール。
勝間さんが海外に留学したかとか、海外で仕事をしていたのか、とか知らないのだが、
どこか欧米的だと思った。

>  なぜなら、私たちがコントロールできるのは、日々の行動だけだからです。その結果についてはコントロールできません。

まったくだよね。でも、私は嬉しがりすぎたりはあまりしなくても、
悲しがりすぎる。悲しい時は一度沈んだほうがいいような気がする。
(勝間さんは、「女偏に喜ぶ=嬉しい」という字を使っていない。
私は、よく「嬉しい」を使うが、ちょっと複雑&迷いながらである)

> 極端に私たちが舞い上がりすぎて顰蹙(ひんしゅく)を買ったり、かつ、将来に間違った成功パターンを学習することで禍根を残したりしないよう、うまくいった時にこそ、なぜうまくいったのかという要因を洗い出していきます。

極端に舞い上がりすぎてひんしゅくを買ったって、いいじゃん。「アホか」、と言われてもさ。
ただ、舞い上がりすぎてその後に「落ちる」ようなことがあった場合に備えて、
予防的に舞い上がりすぎないことは、私はあるかなぁ・・。
勝間さんとは少し違う意味で、舞い上がりすぎないかも。

> 常に結果とそこにいたるプロセスをセットで考え、自分自身でも納得がいくプロセスと結果だったときに初めて、うれしさを味わい、自分をほめることをお勧めします。

うーん。分かるけどね。(「分かるけどね」がつくんだよね)
うん。確かに冷静だ。
ここまでクールビューティー的に考えられる人はなかなか、いないと思う。
しかし、何ごとにもこの調子で・・
という意味で勝間さんはこのコラムを書いたのではないだろうが、
私は・・・面倒くさくて、こんな考え方はできないかな。

でも勝間さんのコトバは、
困った時にたまに取り出して『唱える』価値は、なくもないような気がする。
私が唯一、これはいいなと思ったのは、『まねる力』という本にあった、勝間さんの考え方。
本屋さんでちょっと手に取って見てみた。
私は、「良いとこ取り」はいいと思う。いいな、と思ったら真似をしてみる。
そこから始まることもある。

しかしねぇ・・『真似る力』じゃないところが、勝間さんなのだろうか。
確かに、『まねる』の方がひらがなで画数が少なく、本屋で見かけても取っ付き易い。
勝間さんはそこら辺を、
”無意識に”(なわけないだろうが)狙っているのかな、とか考えた。

勝間さんの言葉も、あれだけ膨大な本の中でも、唯一、『まねる力』
については、私は昔から、
「日常の小さなことでも、他人の良いとこ取りをしたい」と思っていたので同感する。

『人生を変えるコトバ』もいいとは思うが、
自分の心の中にしまって持ち歩きたい言葉の数々は、またちょっと違う。
自分が悲しくてどうしようもない時に、
「そうだ・・・あの人はこんなことを言ってたじゃないか・・」という言葉。
それを後日また、書きます。


勝間和代さんのコトバ
2009年10月18日 (日) | 編集 |
10月17日付の朝日新聞青のbe9面の、
     『勝間和代の人生を変えるコトバ』
---<うれしがらず、悲しがらない>---
を読んだ。

この人の言葉は、「良いとこ取り」をすれば、自分の考えがより良い方向に向く、
と感じることもある。
私は勝間和代さんは決して嫌いなタイプではない。
でも、どこか、この「be」シリーズの『勝間和代の人生を変える言葉』を読んでいて、
上滑りにしか頭に入らない・・・というか、すぐに忘れてしまうのはなぜだろう、と考える。
私は、勝間さんが紹介して、「この本いいですよ」という本には興味があるものの、
勝間さん自身が書いた本には、あまり興味がない。

毎回、どれどれ・・と読んでいるが、今回のは、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
と思ったので、全文、転載してみます。

::::::::::::::以下、きのうの朝日新聞青のbe9面より、転載::::::::::::::

 今回は、さまざまな偶然の結果に自分の気持ちが振り回されすぎないよう、私がふだんから唱えている言葉です。
 つまり、自分の行動の結果として、何かいいことがあってもむやみに舞い上がりすぎず、逆に、望まないことや嫌なことがあっても、やたらと悲しがりすぎないということです。
この言葉を唱えると、心が強くなり、トラブルにも対処できるようになります。
 
 なぜなら、私たちがコントロールできるのは、日々の行動だけだからです。その結果についてはコントロールできません。ふだんから、私たちは自分の行動についてベストを尽くし、その時には最適だと考えているわけですから、その結果の善し悪しは、環境やタイミングに依存していたり、あるいは偶然の結果かもしれないからです。

 うまくいった場合にうれしがりすぎると、その時の行動パターンと成功体験を過度に関連付けてしまい、何でもかんでも、その時の手法をどんなパターンにも適用しがちになってしまいます。
 その成功がタイミングや、周りの人のサポートによる力添えの結果であっても、ついつい自分の能力を過信し、周りへの感謝を忘れてしまいますから、いい時にこそ、冷静になる必要があるのです。
 逆に、結果が悪かった場合に、それを悲しみすぎると、単に環境やタイミングが悪かっただけの結果かもしれないのに、自信を失ってしまったり、再チャレンジの気合をなくしたりしてしまいます。

 もちろん、私たちには感情がありますから、うれしかったり、悲しかったりするのは自然なことです。
 しかし、大事なことは、常に、自分の行動やそれに伴う結果を見つめるもう一人の自分がいて、その自分が、なぜその結果が出たのかを分析することなのです。
 そして、極端に私たちが舞い上がりすぎて顰蹙(ひんしゅく)を買ったり、かつ、将来に間違った成功パターンを学習することで禍根を残したりしないよう、うまくいった時にこそ、なぜうまくいったのかという要因を洗い出していきます。

 常に結果とそこにいたるプロセスをセットで考え、自分自身でも納得がいくプロセスと結果だったときに初めて、うれしさを味わい、自分をほめることをお勧めします。

:::::::::::::::::以上転載終わり:::::::::::::::::::
 
これを読んだ私の感想は、また後日書きます。
ちなみに私は、特に「アンチカツマ(ー)」というわけではありません。


10月17日の母の様子
2009年10月17日 (土) | 編集 |
私は超上がり症で困るとか、社会不安障害は一生続くのかとか、
そういうことを考える時間はなくなった。
とにかく、母の看護をしなければならない。

忘れたら忘れたでいいや、と思っていた、私が飲まなければならないSADの治療薬、
「パキシル」は、忘れずに飲んだ方がいいと思った。

SADはうつ病と一緒に発病することもあるらしいが、私はうつ病ではない。
けれども、あんなに明るかった母があんなに落ち込んでいる(・・・ではなく、病的)のを見て、それに母方の親戚の人にはうつ病や統合失調症になる人が平均に比べて多いので、
私はパキシルはもういいかと自分で思っていたが、あまり簡単に考えない方がいいのか…。
私の精神科の医師は、「飲むのを忘れたんならいいけど」と言っているが、
そろそろ半分の錠剤を・・とは言わない。もう3年以上も経っているのだが…。

心の問題は難しい。
心というか、脳?でも、
あんまり、「脳が脳が」と言いたくないし。

母が帰ってきて安心したが、プレッシャーも感じる。
母の山梨での、次の通院予約を取るのに、書いてまとめないと頭の中が真っ白になるので、
書いてまとめて、電話で外来予約の人に話した。月曜日の午前中に予約が取れた。
私はその後、今日は2時間半くらい、眠ってしまった。
今になってやっと、目が覚めてきました。

あ"あ"あ"~~あ。
ああもう・・。「あ」に点々の気分ですね。

そして・・・やはり、いくら自分の母といっても、
気分的に具合の良くない人と一緒にいると、
自分自身も笑顔が無くなっていくのに気付きます。
私のダンナは、「何!?」というおやじギャグや、
(なぜか)中国人や韓国人に対して「えっ…?」ということを言い、
突っ込みどころ満載の人ですが、
そういうのにも反応できなくなりますね・・。
でも、眠ったらかなりよくなりました。眠るの大事ですね。(妹へ・・ありがとう。)
そして、社会との接点は大事だと思います。
自分の家族の身に起こったことで初めて実感しますが、
家族の誰か一人が背負い込む・・というのは良くない、と感じます。



10月16日
2009年10月17日 (土) | 編集 |
おはようございます。
きのう母は、退院しました。
・・・・。
・・何というか、疲れています。
母も疲れたことでしょう。

精神的に参りますね・・。
妹が、母の頭部のCTを撮った方がいいというのです。
そう・・。母は、表情がとても乏しくなってしまって、
それに、手足がただの筋肉の衰えではないようなところがあり・・
少し、全身が震えていて。
でも、きちんと自分の体のことなどを認知していて、
そういうことは問題ないようなのですが、
何か異変が起こっているかも。心配です。
というか、入院する前とのあまりの違いに、ショックで、
今日は大丈夫ですがきのうは帰ってきてから、涙が止まりませんでした。

妹がいろいろ支えてくれるのがありがたいです。
一人だったらとても・・。
夫も父もいますが、
やはり、ほとんどメインの看護は私で・・。
生活が激変する予感がします。もう激変してるかな。

ああ・・眠い。。(´-_-).....(´-Д-)...
まあ、本当に大変だったら、ブログなんて書いていないでしょうが。(笑)

うぴしはもう少しで16歳です。
きのうの朝は近所の人に、「よく面倒をみてやっているからだね」と言われ、
うれしかった。
うぴしのことを、「かわいいじゃん」と言ってくれた。
うれしかった。
うぴしぃ・・。うp・・。


毛皮反対デモ行進2009
2009年10月16日 (金) | 編集 |
母が今日、帰ってきます。(午前7時台の電車で迎えに行きます。)
新宿駅の中を一人でブラブラできるのなんてこれが最後(でもないがもう当分いけないので)
なので、きのうは、またまた「ルミネ」の辺りをウロウロしてきました。
ファッションで時期的に最近目に付くのが、やはり、毛皮なんですよね・・。
「リアルファー」ですね・・。

「毛皮反対デモ行進」のことを、このブログの「ブロとも」の、ちゃむねこさんのブログ(右下にある、犬の写真のブログ)で取り上げていたので、アニマルライツセンターより、転載します。

以下、転載:::::::::::::::::::::::::

東京 毛皮反対デモ行進2009
毛皮反対デモ行進2009!今年こそ毛皮の撤廃を!

日程:2009年10月25日(日曜日)
集合場所:代々木公園B地区並木道(渋谷駅ハチ公口徒歩5分)
      NHK放送センター横のケヤキ並木道(渋谷寄り)
      地図はこちら
コース:代々木公園出発→渋谷駅→表参道→代々木公園(予定)
スケジュール:13:00 受付開始
         13:45 集会開始
         14:30 出発
持ち物:プラカード 着ぐるみ等アピールするもの(なくてもOK)
服装:黒っぽい服  歩きやすい靴
その他:小雨決行

転載終わり:::::::::::::::::::::::

ちゃむねこさんもご自身のブログで書いていますが、私もこういう「デモ」に参加する、
というのは何故か抵抗があって・・・。

海外ドラマに出ていた、私の好きな女優さんがファー付きコートを着ているのを見て、
私もファー付きダウンジャケットを買って着ていたわけですが、
その、「ファー」(毛皮)になる動物達の扱いをインターネットで知って、

「これは・・シャレにならん・・・。」

と絶句し、ショックを受けました。
あまりにひどすぎるのです。(上の、「アニマルライツセンター」のページを見てみてください)
そのファー付きダウンジャケットを、私は、ファーを取って着ることにしました。
私が着ていることで、「ああ、あの人のフードのファーいいな。私も、ああいうのが欲しいな」
と、他人に思われたら、リアルファーの宣伝になってしまうからです。

しかし・・
やはり、「毛皮反対!」と、”声高に”言うことは私には合わないような気がするのです・・
そこら辺を、また書きたいと思いますが、
もしも、毛皮に関心を持った方、このデモに参加してみたいという方がいたら、
という思いで、お知らせしました。
10月25日(日)です。

(ちょっと気になるのが、「服装:黒っぽい服」というところ…。
目立ってはいけないのか、何か理由があるのか…。)
では。


きのうの夜はセブンイレブンのおでん
2009年10月15日 (木) | 編集 |
うぴし&うぴしの飼い主はとても雷が苦手です・・。
でも何とか、散歩中に降ってこなくてよかった。
すごい雷雨だった。

でも、うぴしの散歩はよくても、ダンナに、
「今日はセブンのおでんにする」と言ってしまったので、
買いに行かないと・・行ってきた。

雷もすごくて雨もすごくて、
家から車に乗る間に雷が落ちたら私死ぬじゃん・・
ダメだ今私が死ぬわけには…と思ったら怖かった。
( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!とかあああぁぁぁー!( ;゚Д゚)とか
騒ぎまくった。

最近のうぴしさん。
足がヨボヨボでもう・・・と思ってふと気がついたら、
初夏~初秋にかけて、うぴしのご飯がいい加減になっていたことに気づく。
そうだ、たんぱく質。
犬は人間よりもずっと、たんぱく質を必要とする。
そうだ、鶏肉鶏肉。
今は、かぼちゃ一口くらいに鶏肉ちょっと、
あとは動物病院のご飯とか食パンとか、
たんぱく質と野菜が少なくなり過ぎないように、
でもうぴしの好みも取り入れつつ、ご飯をやっている。

ごめんうぴし・・(^ω^;)
そしてうぴしは、寝ている時間はちょっと少なくなり、
また少し、活動的なうぴしに戻った。


はあぁ・・・。
きのうの母は、もう自分のことで精一杯な感じで、
私に、「明日は早く来て」と2回くらい言った。
では。


ネットでの敬語ってどうしてる?
2009年10月14日 (水) | 編集 |
バカ丁寧化する日本語 (光文社新書)バカ丁寧化する日本語 (光文社新書)
(2009/08/18)
野口恵子

商品詳細を見る


という本があるというのを、週刊朝日10月23日号で紹介していた。
(『新書の小径』--谷本束さん--というコーナーです)

以下、そうだよねぇ。。と感じたところをこのコーナーから抜粋してみた。

::::::::::::::::::::::::::
「敬語の間違いというのは・・・最近はどうなっているのだろうと読んでみたのがこの本。
すごいことになってます。

筆頭に挙がっているのが、”させていただきます”。
歌手は”舞台に上がらさせていただく”のだし、・・・・
この上”させていただきたいというふうに思います”などとつなげたりして、
どうも長けりゃ丁寧だと思われているフシもある。なにしろ、過剰。」
::::::::::::::::::::::::::::

そうそう。私も、気になっていた。
特に、自分がブログを書くようになってから・・。

例えば、「リンクさせていただく」・・・これは、まったくアクセスしたことのないブログのブロガーさんや、年齢がある程度分かっていて、私よりちょっと離れて上の人とか、私は使うかなぁ。または、尊敬の念を込めて。
その他にも使っているけれど、しっくりいくように、でも敬語が丁寧過ぎないように・・
という加減は、考えながら、かな。

でもね・・これは通りすがりのブログで見かけたのだが、
「迷惑コメントは削除させていただきます」なんて書いてあるのを見て、
迷惑なコメントに対してということだったら、「迷惑コメントは削除します」
でいいんじゃないかなーと思った。

ブログでの敬語は、訪問者と会ったことがない場合が多いと思われるので、
会わないことを前提にバカ丁寧に「慇懃無礼」っぽくなるのか、
なぁなぁの馴れ合いになるのか、どちらかになってしまう人もいるのかな・・と想像する。
しかし、親しいと感じているならネットでも実際でもそういう言葉遣いになるのだろうし、
あまり考え過ぎもよくないのだろう。

ブログを双方で訪問していて、コメントのやり取りもしているのにあんまり変に丁寧、
というのも、ネット上とはいえ、関係に壁ができているような気がする。
(とはいえ、自分が勝手に「馴れ合い」過ぎて相手の心に土足で踏み込む・・なんてことにならないように、気をつけないといけないと思う・・私の過去の教訓・・)


週刊朝日のこのコーナーで、そうかぁ・・とうなずけたのは、
「本書の最後にこんな三択問題がある。
漁村のおばちゃんが新鮮な魚を試食してもらおうと声をかけている。どの言い方がいいか。
著者が選ぶのは、『ほれ、うめえから、食ってけ』。
心からの気持ちと笑顔があれば、こんな素朴な言葉で暖かな敬意を表せると述べている。」
という部分。
そうだよねぇ。。
心からの温かい言葉って、いいよねぇ。


延期になった
2009年10月14日 (水) | 編集 |
水曜日は退院で迎えに行きます・・・とか言って、
延期に。
おととい夜からきのう朝にかけて(ということだと思う)、
38度台の熱が出てしまった母。
解熱剤などで、私が行ったきのう昼間は熱が下がっていたのだが、
医師は退院は明日15日になったものの、
その後の血液検査で炎症反応が強く出ていて、
「これは数日間、抗生剤を点滴した方がいいのかな・・」と。
確かに・・。無理に退院して、肺炎にでもなったら。

退院の日はまだはっきりしない。どうなるのかな。
でも、腫瘍マーカーの値はかなり下がったので、
いまの症状は抗がん剤によるものだし、
もう少し、かな・・。
そしておそらく薬疹と思われる、ひどい湿疹が太もも内側にできてしまった。
これも、薬を飲むのをやめれば治るのかな・・

母は特に精神的な落ち込みがひどいので、家に帰ってきて自分のリズムが取り戻せれば、
少し良くなると思うんだけど。

きのうは、母の昼ご飯に間に合うように行って、
私はお弁当を買ってきて、病室で一緒にご飯を食べた。
ご飯を食べて歯を磨いて、いろいろ・・母はそれだけで疲れてしまい、
ぐったり、という感じだった。
夕ご飯の時も一緒にいて欲しいと言われたが、
それだと私が家に着くのは午後10時くらいになってしまうので、
「ごめんね」と言い、帰ってきた。

妹は体調をしばらく崩していたが、ここ2週間くらいで良くなってきたらしく、
今日は妹が母の様子を見に行ってくれるという。

ここ2,3日、私は涙は止まった。
でも気力を持ち続けられるかどうかな・・。
と弱気になりつつも、疲れてしまい、”ランナーズ・ハイ”的な精神状態なのか、
何とかなるだろうと思うようにもなってきた。
何とかなるね。なるさ。なるなる。
・・母自身が一番大変なんだけどね・・・。
一人で抱えてはダメだ。
いろいろな人の手を借りて。便利な物の助けを借りて。


ブログは、私にとっては、外の世界を直に(ではないけれど)見る窓で、
書くのもそういう部分はあるけれど、皆さんのブログを見る時、
今日は、どんな人がこのブログを見に来てくれただろうかと確認する時、
ホッとしていますね…。


これから大変になるかもしれない
2009年10月13日 (火) | 編集 |
きのうは妹が、母の病院に行ってくれた。
妹のパートナーさんが東京で仕事があるとかで、行くことができたらしい。

今週水曜日(明日)に退院が決まった、という。
妹は、
「でも、お母さん自分のことが自分でできない感じで・・
抗がん剤の影響だからだんだんよくなると思うけど、この状態で帰ったら、
お姉ちゃんがすごく大変だよね・・それがちょっとね・・大丈夫かな・・」
と言っていた。
そう・・それは分かっている。というか、分かりきっていて。
私が何とかするしかない。

今年6月に父親を看取ったいとこが、きのう夕方、私に電話をくれた。
「おばちゃん元気かなぁと心配で」と・・。
お葬式で母に会った時から、母の体調が気になっていたという。
母の意向で親戚には黙っていたが、今さら隠しておいても仕方がないので、全てを話した。
いとこはショックを受けていたが、「ゆうこちゃんの体が心配だよ」と、
私を気遣ってくれた。
「話したいことがあったら、いつでも電話してね」、とも。ありがたかった。

今日も心配なので病院に行って、明日は迎えに行きます。
母が家に帰ってくれば安心なのだが、
これからも気が抜けない日々が続くのは覚悟しないとなぁ。。
では。


見知らぬ人にも優しくしたいが・・・あの時はごめんなさい
2009年10月13日 (火) | 編集 |
先週木曜日。夜に医師から電話がかかってきて、
母の余命がおおよそあと20ヶ月・・と言われ、
他人事のように聞いた。
そして、次の日。
母がひどい嘔吐と下痢で、精神状態が良くない事を知らされ、
急遽、顔だけでも見に行こうと決め、
午後5時半くらいの新宿行きの特急に乗る事に。

もう、こんな時間だから東京に向かう人なんていないだろう、
電車は空いているだろうと思ったら、
意外と、駅には人がいる。
そう。私は自分のことしか考えてなかった。
みんな、山梨から、東京かどこかに帰る人たちなんだ。

自由席の先頭は3号車で、次が4号車。
空いている方に乗ろうと思った。
待っているホームに、2歳くらいの小さな男の子と一緒にいる女性がいた。
電車が来た。
できれば、隣に誰もいないほうがいいな・・・私は、気持ちがささくれ立っていた。
(| ○○ 通路 ○○ | ←あずさとかいじはこんな風になっています)

4号車に、サラリーマン風の男性が2人、先に乗り込んだ。
案の定、二つ続いて空いている席に、2人とも、一人ずつ座った。
二つ続いて空いている席は、4号車にはもうひとつあった。

私は、私の後ろに並んだ、あの親子が気になった。
あの親子は、できれば並んだ席の方が、母親も楽だよね・・・
そう思いながら私は、
4号車で後一つ残った二つ続いて空いている席に、私一人なのに、
荷物を置いてどすん、と腰を下ろしてしまった。

あの母親の、「ああっ」という心の声が聞こえてくるようだった。
背中に刺さる。
それに続いて、
「そうだよね・・ふつうみんな、一人で二つ続いて空いてる席を使いたいよね・・」
というあきらめの気持ちも伝わってくるようだった。
小さな男の子を背負った母親は、先頭の3号車に行ってしまった。
後姿を見送りながら、私は「ごめんね・・」と思った。
二人そろって、3号車でゆったり座れればいいんだけど・・と願ったが。

私は一人だったから、その親子が二つ続きの席に乗れるようにしてあげて、
自分は誰かの隣に座ればよかったのに、
自分自身の、一人でいたいという気持ちの方を優先させてしまった。

このことをたまに思い出してしまい、何となく胸がちくちくする。
小さな子どもを連れて、夕方で、疲れて大変だっただろうに。
今度もしそういうことがあったら、譲ってあげよう・・。



アメリカのオバマ大統領にノーベル平和賞を授与すると発表されたが
2009年10月12日 (月) | 編集 |
オバマ大統領に、ノーベル平和賞を授与するというニュースを見聞きした。
現役の大統領に?異例だな・・と思ったが、
---ノルウェーのノーベル賞委員会は授賞理由を
「国際的な外交と諸国民の協力を強めることに対して並外れた努力をした。
特に『核なき世界』を目指すとする理念と取り組みを重視する」とした。

---朝日新聞10月10日(土)付け1面より。(下線は私が引きました)

要するに、それほど強くオバマ大統領に期待しているということなんだな、と思った。
ノーベル賞委員会が核の無い世界を強く希望しているというか、世界がそういう方向に行くことを望んで、影響力の大きいオバマ大統領に平和賞を与えて、期待するというか。
オバマ大統領にノーベル平和賞を授与することに関して、私は賛成する。

しかし・・。この新聞記事を夏からずっと気になって、取っておいた。
アメリカ軍の無人攻撃機。または偵察機なのかな。
偵察機というと聞こえはいいかもしれないが、攻撃もしているらしい。
一体誰に対して、「攻撃」しているんだろう・・・。


2009年7月30日(木)毎日新聞夕刊8面より。
以下、全文転載
::::::::::::::::::::::::::::

アフガン南部避難民「ゲーム感覚で人殺し」
米無人機空爆に憤り


【カブール栗田慎一】パキスタン部族地域で続く米軍の無人機によるミサイル攻撃が、武装勢力タリバンが支配するアフガニスタン南部でも多発している。無人機は今年に入って、従来の武装ヘリや戦闘機に代わって投入されるようになり、多数の市民が空爆に巻き込まれているという。攻撃で家族や家屋を失い、カブールに避難してきた人々は「ゲーム感覚で人殺しが続いている」と憤った。

今年に入り多発
 カブール郊外にある避難民キャンプ。南部のヘルマンド州やカンダハル州などからの避難民約1万3000人が暮らす。
 ヘルマンド州サンギン地区ミヤンルディ村から5月にたどり着いたヌール・モハマッドさん(28)は、血を流して横たわる我が子2人の遺体写真をポケットから取り出した。
 1月にタリバンが村にやってきて米軍の車列を銃撃。数分後、「パイロット席のない小型機」が飛来し、ミサイル攻撃を開始した。しかし、タリバンは村から逃げた後。長男(5)と長女(4)は空爆で倒壊した家屋の下敷きになり、まもなく息を引き取った。
 「米国はなぜ我が子を殺したのか。タリバンだと言うのか」。怒りを殺した静かな口調で問いかける。

 爆撃で人口約7000人の村は壊滅状態となり、モハマッドさんは家族6人を連れてカンダハル郊外に避難。カンダハルも5月に戦闘が激化したため、カブール行きを決めた。
 今年に入ってキャンプにたどり着いた避難民たちは、米軍の攻撃が従来の有人機から無人機に代わったと口をそろえた。トカゲの頭のような前部を持つ機体や金属音を響かせる特徴から、パキスタンへの越境攻撃で使われている無人機と同タイプとみられる。アフガン南部では今、頻繁に飛び回る姿が目撃されているという。

 無人機は先端に取り付けられたカメラからの映像をもとに遠隔操作されている。2月に無人機による空爆で母親を失ったというサンギン地区の別の村から来たミルアジャンさん(35)は「安全な場所にいる人間が、痛みも分からずに遊び感覚で人を殺しているのだろう」と語った。

::::::::::::::::::::転載終わり::::::::::::::::

※「爆撃で人口7000人の村は壊滅状態になり」、とあるが、
タリバンに対するアメリカ軍の攻撃(空爆)に巻き込まれて、なのか、それに無人機の攻撃も含むのか。
※毎日新聞の小見出しには、<アフガン南部避難民「ゲーム感覚で人殺し」>と、
あり、また、記事最後の方のミルアジャンさんという人の「痛みも分からずに遊び感覚で人を殺しているのだろう」という話があるが、
無人機を動かしている人が本当に”遊び感覚で”なのかどうかは、分からないと思う。
しかし、戦闘機や銃を持った兵士と向かい合ってしまった場合、相手が人間なら人を撃つのに躊躇するかもと一瞬感じる場合もあるだろうが、無人機では人間の顔も目も見えない。
その無人機ににらまれた恐怖は、人間の操縦する戦闘機と比べてどうなのだろう・・・。
私は、
アフガニスタンに対する空爆そのものはもちろん、無人機攻撃も直ちにやめて欲しいと思う。


最近の、アメリカの無人攻撃機に関する記述も見つけた。
『エルエル』というサイト様より、記事を転載させてもらいました。
この記事は、『The Register』というサイトの記事が元になっているものと思われます。

:::::::::::::::::以下、『エルエル』より、一部転載:::::::::::::::::::::

2009,9,19【アフガニスタンでアメリカの無人攻撃機が暴走し、戦闘機がそれを撃墜】

英語の記事では「機械の反乱が始まった」っと、まるであのターミネーターの世界のように機械が人類を攻撃しかねないようなタイトルなワケですが、アメリカ軍の誇る無人偵察攻撃機の「The Reaper」もしくは「MQ-9」とか「プレデターB」と呼ばれる巨大無人機がアフガニスタンで遠隔操作の命令を受け付けずに操作不能となり、近隣の国などを誤って攻撃してしまうことを恐れてアメリカ軍の有人戦闘機が発進してその無人偵察攻撃機を撃墜すると言う出来事があったそうです。

この無人偵察攻撃機は5トンもの重さがある巨大なもので、戦車や建物などをこうげきすることが出来るミサイルが14発搭載可能でアフガニスタンではアメリカとイギリスによって使用されているそうです。

USAFCENT(USA Air Force Central、空軍司令部って言うのかな)によると、その無人偵察航空機がアフガニスタンの北を飛行しているときにアメリカ軍の戦闘機によって撃墜され、山の中腹に墜落したそうですが一般人の怪我などは報告されていないとのこと。
何の戦闘機がどのような攻撃によってこの無人偵察機を撃墜したか?と言うことに関しては公開されていないそうです。
英語の記事では「機械の反乱が始まった」っと、まるであのターミネーターの世界のように機械が人類を攻撃しかねないようなタイトルなワケですが、アメリカ軍の誇る無人偵察攻撃機の「The Reaper」もしくは「MQ-9」とか「プレデターB」と呼ばれる巨大無人機がアフガニスタンで遠隔操作の命令を受け付けずに操作不能となり、近隣の国などを誤って攻撃してしまうことを恐れてアメリカ軍の有人戦闘機が発進してその無人偵察攻撃機を撃墜すると言う出来事があったそうです。

この無人偵察攻撃機は5トンもの重さがある巨大なもので、戦車や建物などをこうげきすることが出来るミサイルが14発搭載可能でアフガニスタンではアメリカとイギリスによって使用されているそうです。

USAFCENT(USA Air Force Central、空軍司令部って言うのかな)によると、その無人偵察航空機がアフガニスタンの北を飛行しているときにアメリカ軍の戦闘機によって撃墜され、山の中腹に墜落したそうですが一般人の怪我などは報告されていないとのこと。
何の戦闘機がどのような攻撃によってこの無人偵察機を撃墜したか?と言うことに関しては公開されていないそうです。
::::::::::::::::::::::::::転載終わり:::::::::::::::::::::::::::


オバマ大統領、こういうことについていは、どう思っているのだろう。
確かに、私達は、『核なき世界』をオバマ大統領に主導して欲しいと願っている。

けれど、アフガニスタンへの攻撃というか、空爆が続いているらしい。
<アフガニスタンとパキスタンの国境付近で支援を続けるNGO「ペシャワール会」の・・・
・・(中略)いま現地に残るのは現地代表の中村哲医師ひとりだ。
「受賞するなら、直ちに攻撃をやめて犠牲者や被害者に謝罪し、農業を中心とした民生支援を」と願う。>---朝日新聞10圧10日付社会面より抜粋---(下線は私が引きました)

また、
---「まだこれから成果を出さなければならない人なのに」とNGO「日本イラク医療支援ネットワーク」の佐藤真紀(まき)・事務局長(48)は驚いた。イラクでは、米軍が残した劣化ウラン弾によって小児がんが増えているといわれる。
「理想だけでなく、現実に存在する『核問題』に責任を果してほしい」と指摘する。
---同・抜粋---(同)

参照・・
私の中途半端な思いを書いた記事→どこか乾いている『核兵器のない世界』

私はオバマ大統領が日本に来たら、広島や長崎を訪れて、
1945年8月6日と8月9日にアメリカが原爆を投下した、その原子爆弾の下にいた人の話を、
じかに聞いて欲しいと思う。



レギンスにチュニックにブーツが流行り?
2009年10月11日 (日) | 編集 |


FC2トラックバックテーマ  第827回「普段よく履く靴はどんな靴ですか?」



おはようございます。きのうは母のことを思って泣きまくりましたが、
24時間も涙は続かないということを感じました・・。

気分転換に、トラックバックしてみました。


・・うーん。普段履く靴ねぇ。
最近、レギンスにチュニック、そしてローヒールのパンプス系、
というファッションの人が、特に若い女性で、とても多いように思う。
(母のところに行く途中で、いろんな人のファッションを見かける。
おしゃれだなぁ・・と思う人をついついじーっと見てしまう^^)
あれは難しい着こなしだなぁ・・。
ああいう靴、かわいいんだけどね。
憧れてばかりで、私が履くのは動きやすいのばかり。

スニーカーは、難しい。
一歩間違えると、ウォーキングおばちゃん、または一昔(二昔)前の野暮ったい女子大生、
みたいになってしまいますね(^ω^;)。
私が履いているのは、”オニツカタイガー”の白いスニーカーです。
他の部分を削っても、靴は年齢的に、安いスニーカーを履くとヤバイ感じが出てしまいます。
ので、靴は気合を入れないといけないかなぁ。
(とか言いながら全身的に私のファッションセンスがいいかどうかは、別です・・(^^;)

あとは、私はショートブーツが多いかな。
(ショートブーツは、ドイツのメーカーで、「ara」というメーカーのが履きやすいです。
または、国内のメーカーの、「SAYA」もいい感じな。
値段も、すごく高いブランド物に比べたらお手頃です。(SAYAはちょっと高いです))

おととい自分の診察の日の帰りに、とうとうブーツらしいブーツを買ってきてしまった。
ロングでもなく、ショートでもない、ちょっとゴツめのファー付き(もちろんフェイクファー)の、
黒いブーツ。(「足ながおじさん」というメーカーというか、ブランドです)
靴は、歩きやすさが一番かな。

今日もまた、母の顔を見にいってこようと思います。
きのうは電話の声が少し、おとといよりは良くなっている気がしたけど・・。
ではでは。^^


今日は今から行きます
2009年10月09日 (金) | 編集 |
きのうは自分が病院へ行き・・医師に話を聞いてもらった。
がん患者さんの家族が元気でいることは、とても大事なのだそうだ。
・・・言えてる・・。

そして夜遅く、9時くらいだったか、母の主治医から電話があった。
なんだろう・・。
一応土曜日が退院予定だったから多分いろいろそのことだと思ったが…
[READ MORE...]
えらいことになってきたのか・・どうしよ
2009年10月07日 (水) | 編集 |
最近物忘れがひどい私・・SAD(社会不安障害)の治療薬であるパキシルを飲み忘れすぎて、
溜まってきている。
でも、意外と平気だからこのままやめちゃっても大丈夫かな。
しかし・・・
緊張はやはりでてくるので、デパスは必要だ・・。

困ったことに、母までがデパスを日常的に使わないとだめかもという状況に。
というか、今日の母の様子を見て、母はあまりにも気分が滅入りすぎている・・という状況をすでに超えているような気がする。
その母を私が支えられるのか。
はひふへほ・・・
明日は自分が病院へ行かなきゃならないわ。

光市母子殺害事件のルポルタージュ本、タイトルも被告の実名入りで思うこと・2
2009年10月07日 (水) | 編集 |
”2ちゃんねるで書き込まれていることは便所の落書きみたいなもの”という風に
言った人がいたが、それが意外とそうでもないと、私は感じる。
私が読んでいる朝日新聞の声欄の「朝日川柳」や「かたえくぼ」なんかには、
うんそうだよね確かに・・と思う句なんかがあるけれど、
2ちゃんねるでもたまに、「その通りじゃん・・鋭いな」というのがある。

きのう見たのをもう一度転載。

52 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 17:22:22 0
素人に懲戒請求煽って    
自分はトンズラしたバカがいましたね
   あれも死刑囚を利用した
      売名なんでしょうね

橋下大阪府知事がまだ府知事になっていない時に、橋下さんは元少年の弁護団に対して懲戒請求をテレビ番組の中で呼びかけた。
橋下さんの1~10までもが悪いということはないが、テレビ番組で懲戒請求呼びかけは幼稚な行動だと思った。
『○○君を殺して何になる』の増田さんは完全に「売名行為」だとも思わないが、
そう感じる部分は、ある程度あるような気がする。


81 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 20:42:36 0
>>70

そんなの人の生死観による


僕の姉は酔っ払いに車ではねられて死んだけど、その酔っ払いは謝罪も残さずに
自殺したらしい。

罪の意識から逃れるために簡単に「死」を選ぶ人もいる。そういった連中は
殺してしまうより、暗い独房で一生罪の意識を持ちながら、人知れず死んでほしい。

”死刑になりたかったから殺人をした”という理由で人を殺した人がいる。
「そんな奴は当然死刑でいい」という声が聞こえそうだが、
やはり私は、そういう殺人犯でも「死刑」にはしたくない。
外国では死刑を廃止している国が多いとかいう話を出す人もいるが、確かにこの時代、国際社会でいろいろな国と付き合っていくためにも、日本の人権意識が問われるということはあると思う。
外国云々・・そういうことだけじゃない。
(それにしちゃ欧米(オーベー)は人殺しの道具を持ち過ぎている気がするけど)
世の中から自殺はなくならないだろうが、私自身はそれでも一人も自殺してほしくはないと思う、というのと似ている。奇麗事と言われようがね。



104 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:19:48 O
このままA君が死刑になるのと本当に心から改心するのとではどっちがいいんだ?

106 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:31:41 i
心から改心して重労働で被害者に賠償金を貢ぎ続けるなら許容されるかも

108 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:50:38 0
>>106
さだまさし「償い」
*ただし鬼畜殺人犯は許されない

117 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 10:58:10 0
>>104
お前がムショに行って、つきっきりで改心させてやれ。自費でな。
お前が主観で「改心した」と感じても、塀の外には出すな。
Aが死ぬまで、一生おまえが自費で養え。

やったこと、裁判の経緯を知っている者から言わせたら、
こいつが反省して、しかもマジメに社会に寄与して生を全うできる性分の人間とは
到底思えない。

そうかもしれない。この、「元少年」(という言葉もよく考えれば変だが)が今の時点で本当に反省しているかどうかなんて、誰にも分からないだろう。
そして、死刑を存続させるほうがいいという人の中からは、必ず「生かしておくなんて税金の無駄」という言い方が、時々出てくる。

「厳罰化」というか、「世間が重罪に対して厳罰を科したい空気」というのは以前よりさらに、広がっていると思う。それは被害者感情・遺族感情からすると分かる気がするけれど、それとこれ(被害者や遺族のケア・更生という面)とは分けた方がいいと私は思う。
でも、裁判員裁判で殺人事件を裁くとなると、死刑判決を避けたがる人が多くなるのかなという気がするが・・。(検察側、弁護側の持って行きかたも関係してくるのだろうか。)


123 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 21:29:36 0
犯人の処刑台の処刑ボタンを被害者ないし被害者の遺族にさせればいいのに

124 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 22:22:34 O
>>123
てか一般国民も加えればいいと思う
携帯死刑執行ボタンみたいなのをすべての成人に持たせて、
一定以上の数を押されたら即座に死刑囚の足元の床が割れるとか

123:それでは江戸時代に戻ってしまう。
124:私の夫はそんなようなことを言っていた。国民の中で選ばれた人が何十人も死刑執行ボタンを持って、”「こいつ死刑」と思ったら押させる”とか。


153 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/10/03(土) 19:41:23 0
>>1
少なくとも妻と乳飲み子の娘を無残に殺したガキを殺せば、被害者の
本村氏の心情も多少楽になるだろう。
私見だが、私なら妻と乳飲み子を殺したガキがこの世に生き続ける
ことを許さないがな。まして、被害者の無念を差し置いてガキを擁護
するようなことを公の目に曝すようなセカンドレイプは断じて許されない
と思うが。死刑反対派の弁護士といい、この野田という屑といい、
こんな奴等がのうのうと暮らしてるなんてな。世の中間違っているよ。

そこまでは斬り捨て過ぎだと思う。「153」の人は単純に見すぎているように感じる。

死刑反対派の弁護士については、読めば読むほど法律的なことが出てきて難しい。あくまで私の考えでしか言えないが、
ただ単に、「死刑反対派の弁護士」ということで反発している人もいるかもしれないが、
元少年には殺意がなく、誤って殺してしまったように説明したあの記者会見・・・私は、あそこで出てきた和田さんという弁護士の”異常さ”が目に付いた。
死刑反対派の弁護士がいてもいいと思うし、いても当たり前だと思う。
でも、元少年を死刑にしないために「事実を捻じ曲げているのではないか」という印象を持った。弁護士はただ無罪を勝ち取るためだけにいるのではないと私は思う。少年は弁護を受ける権利は当然ある。でも、それとこれとは別問題で、安田さんの行動は理解できなかった。”「死刑反対派」だから”無罪にしたいとでもいう思いが伝わってきて、あの会見は不快だった。そしてもちろん、橋下知事が以前行った行動も理解できない。


163 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/10/04(日) 16:17:58 O
凶悪犯罪者をダラダラと生かしておくのは税金の無駄だろ?
執行しないならキチガイ法相の個人資産で連中の食費を賄え。

こういう風に言う人が必ず出てくる。
死刑制度とは、ただ税金の無駄遣いとかそういう問題ではないだろう。


いちばん最初の52に戻って、
この、『○○君を殺して何になる』という本を出した増田さんという人、名前を売りたいという気があるかどうかは知らないが、
元少年の名前を出す必要はないと感じる。
「東電OL殺人事件」という、佐野真一さんというノンフィクションライターが書いた本では、殺された被害者の実名が記されていた。
「被害者○○さん」という匿名ではなく、実名で書いてこそ・・みたいなことが書いてあったが、読み終わってみれば、ただ単に「晒した」だけという感じだった。作家自身の思い入れが強過ぎる。
佐野さんの本と『○○君を殺して何になる』という本は違うかもしれないが、確かに名前を出すのは法律に違反しているだろうが(だから弁護団が出版差し止めを請求しているんだろうけど)、
実名を出せばいいというものでもないような。

その前に、元少年の名前は、2ちゃんねるの掲示板でフルネームで○○△△と実名で出ているのを、たまに2ちゃんねるを見る程度の私でさえ、何回も見た。もう彼はすでに、十分晒され過ぎている。
だから、増田さんという著者や弁護団は何となく、「ずれている」という感じがしてしまうが…。


付け加えて、「犯罪者本人が見せ物になることが君のお役目だ」とコメントくださった方、
それはどうかな・・と私は思います。

のりピー(酒井法子さん)が覚せい剤で逮捕されて保釈された時のあのカメラのフラッシュのすごさ、スマップの草なぎ君が全裸になって逮捕され、移送された時の騒ぎ・・・
それらと、何か不祥事を起こして事務机を並べてその前で頭を深々と下げるお偉いさんたち・・・
それをテレビで流すテレビ局、テレビで受け取って溜飲を下げる視聴者・・・
そういう風景を私は思い出しました。
「晒せ」と「死刑にしろ」は似ていて、うまく言えないのですが、そういうところに日本人の幼稚な国民性を感じます。私自身も、そういうところがあるのは否めないということを承知で言っています。



(一つ前の記事、もっと、書く覚悟が要ったのに)(と思ったが)
2009年10月07日 (水) | 編集 |
10月6日は、42IPアドレスのアクセスがありました。
以前、平均で毎日40人くらいアクセスが・・と書いたことがあるけれど、
平均では24人くらいでした。
(すごく詳しくは見ていなかったので、ちょっと違っていた。)

42人のうちの23人の方が、光市母子殺害事件のルポルタージュ本のついてのキーワードで検索してこのブログに来ました。
かなりの割合です。

逆アクセスして、元少年の元弁護団のある人のことが書かれているHPを見てみたり、
千葉法務大臣に死刑執行停止を求める署名の記事を書いたときに、来栖宥子さんがこのブログにコメントを下さいましたが、来栖さんのHPに書かれている、光市の事件について、弁護団についてなど、読んでみました。

私は法律的なことや解釈が難しいと感じ、それに、自分自身がこの事件の裁判の「本質」についてよく分かっていないのでは・・と感じました。
だから、元少年の弁護団がルポルタージュ本の出版差し止め仮申請を請求したことについて、私などが書いていいのだろうか…と、早く寝なきゃいけないのにこんな時間にこんなことを考えてしまって。

しかし、考え直した…。法律に詳しくなくても、人の考えを見た後でも、自分の考えをそのまま書けばいいではないか。そのために、自分のブログがあるんじゃん、と。

すみません。何言ってるんでしょう。
もう寝よう。おやすみなさい。


光市母子殺害事件のルポルタージュ本、タイトルも被告の実名入りで出版で思うこと・1
2009年10月06日 (火) | 編集 |
以下、MSN産経ニュースより、転載。
:::::::::::::::::::::::::::::::::

【光市母子殺害】実名表記ルポ、出版差し止めへ仮処分申請
2009.10.6 13:54

 山口県光市の母子殺害事件で殺人などの罪に問われ2審広島高裁で死刑判決を受けた男性被告(28)=事件当時(18)、上告中=を実名表記したルポルタージュの単行本が出版されることになり、被告の弁護団が出版差し止めを求める仮処分を広島地裁に申し立てたことが6日、分かった。

 本は「A(実名)君を殺して何になる」(インシデンツ刊)で、大学職員の増田美智子さん(28)が被告や元同級生などを取材して執筆。「私が会った人間の存在を感じてもらうため、名前は重要な要素」と主張している。

 弁護団の一人は「仮処分は被告の意思。事前に原稿を見せてもらい、内容に間違いなければという話だったので、実名表記は承諾していない」と話した。

 少年時の事件で家裁の審判を受けたり起訴されたりした人の氏名は少年法61条により報道が禁止されている。

::::::::::::::::::::::::::::::

というニュースを、今日はネットであちらこちらで見かけたので気になり、取り上げてみた。

著者の増田さんという人が、この本を出したこと自体について私は、
草薙厚子さんという人が『僕はパパを殺すことにした』という本を出したことを思い出した。
<(草薙さんは本を書くに当たって)非公開の少年審判や供述調書の内容を詳細に引用した。それが刑法の秘密漏示に当るというのだ。>下線部分:有田芳生さんのブログ『酔醒漫録』2007.9.15付より引用。

そして、橋下大阪知事がまだ知事になっていないときに、
光市母子殺害事件の弁護団への懲戒請求を、テレビ番組で呼びかけたことも思い出した。
その弁護団の、安田さんという弁護士のことも思い出した。


元少年の弁護団が本の出版差し止めの仮処分申請を求めたことについて、検索してみた。
本について書かれている2ちゃんねるのスレッドを見かけてコピーしておいたのだが、
今探してみたが、2ちゃんのどのカテゴリーかどのスレッドか分からなくなってしまったが、
気になった部分をここにアップしてみた。
これは仮処分申請の前からあるスレッドだと思う。

そして・・
私がここで書きたいのは要するに、増田さんが書いた『○○君を殺して何になる』という、実名を出してしまったことだけではなく、死刑や死刑制度そのものについてと、
あとは、元少年の弁護団の、安田さんという人の弁護の仕方には無理があったのではないか(記者会見で絵で説明、隣の人を使って首を絞めるしぐさで少年に殺意はなかったことを説明したあの言説はおかしいと感じた)、ということである。

2ちゃんねるは書きっぱなし、「言い捨て御免」という空気が流れている。
けれど、いくつか気になる書き込みがあったので、私の気になる基準で拾ってみた。
私は書き込みはここではしなかったが、それに、書き込んでいる人の年齢・性別・経歴・職業も分からないのだが、自分もそこにいるつもりでつい、見てしまった。
もう、この事件については何百スレッドもできていると思うが、
この事件について書き込まれている事は、おそらくずっと変わっていないだろう。
それは分かっている。
今は気になる書き込みについて私自身の考えを書く時間がないので、もう少ししたら。


以下、私基準の気になった部分、コピペ。
--------------
21 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 16:49:36 O
この本買った人間は、死姦して赤ちゃんまで殺す人間の肩をもつキチガイということで
要注意人物ですね

24 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 16:53:10 0
書籍の題名からして、人権屋の偽善臭がプンプンするぜ

28 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 16:56:22 0
>>書名は「A(実名)君を殺して何になる」

胸糞悪いタイトルだな。
母親を強姦して殺して、泣き叫ぶ子供を殺したんだぞ。
「殺して何になる」だあ?
「殺さなければこの国の安全」は守れねえんだよ!!奇麗事は日記にでも書いてろ!!

38 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 17:03:45 0
A君を殺して何になる?

殺すんじゃないよ、死刑にするんだよ
スカッとするのだけは間違いない

52 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 17:22:22 0
  素人に懲戒請求煽って    
  自分はトンズラしたバカがいましたね
   あれも死刑囚を利用した
      売名なんでしょうね

57 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 17:33:34 O
>>50
友達で、死刑反対!って言ってるやつがいるんだけど
そいつの理屈?は恨みの連鎖になるだけだとか
人を殺すまでに至った加害者の心の闇を考えてとか
加害者が生きてきた人生や生きる権利を他人が奪うなんて野蛮だとか
加害者を裁いていいのは殺された被害者だけだとか


頓珍漢すぎてずっと聞いてると頭がふにゃふにゃしてきた

68 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 18:33:38 0
「Aはとっとと死ぬべき」
そう思う気持ちもわからないではない

しかし遺族の気持ちをもっと深く考えてみてほしい
いまの遺族のコメントは無論Aがまだ生きている状況下でのものだ

しかし、いざ死刑が執行された後の遺族の気持ちを考えてほしい
殺された家族と鬼畜にも劣る殺人犯が同じレベルに存在している事をどう思うだろう?

70 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 18:48:17 0
>>68
殺された家族は天国 殺人犯は地獄 一緒には居ないんじゃないかね?

81 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 20:42:36 0
>>70

そんなの人の生死観による


僕の姉は酔っ払いに車ではねられて死んだけど、その酔っ払いは謝罪も残さずに
自殺したらしい。

罪の意識から逃れるために簡単に「死」を選ぶ人もいる。そういった連中は
殺してしまうより、暗い独房で一生罪の意識を持ちながら、人知れず死んでほしい。

104 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:19:48 O
このままA君が死刑になるのと本当に心から改心するのとではどっちがいいんだ?

106 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:31:41 i
心から改心して重労働で被害者に賠償金を貢ぎ続けるなら許容されるかも

108 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/27(日) 23:50:38 0
>>106
さだまさし「償い」
*ただし鬼畜殺人犯は許されない

117 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 10:58:10 0
>>104
お前がムショに行って、つきっきりで改心させてやれ。自費でな。
お前が主観で「改心した」と感じても、塀の外には出すな。
Aが死ぬまで、一生おまえが自費で養え。

やったこと、裁判の経緯を知っている者から言わせたら、
こいつが反省して、しかもマジメに社会に寄与して生を全うできる性分の人間とは
到底思えない。

118 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 11:03:31 O
>>106
本当にそんな事が出来る人間なら何度もあった裁判のときに少しは態度に出すさ

殺して何になるか→再犯防止
生かして何になるか→弁護士の売名、人権派勢力の拡大

つーか、こういう事件は犯人の処置を遺族の手に委ねたらいいのに

123 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 21:29:36 0
犯人の処刑台の処刑ボタンを被害者ないし被害者の遺族にさせればいいのに


124 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/09/28(月) 22:22:34 O
>>123
てか一般国民も加えればいいと思う
携帯死刑執行ボタンみたいなのをすべての成人に持たせて、
一定以上の数を押されたら即座に死刑囚の足元の床が割れるとか

153 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/10/03(土) 19:41:23 0
>>1
少なくとも妻と乳飲み子の娘を無残に殺したガキを殺せば、被害者の
本村氏の心情も多少楽になるだろう。
私見だが、私なら妻と乳飲み子を殺したガキがこの世に生き続ける
ことを許さないがな。まして、被害者の無念を差し置いてガキを擁護
するようなことを公の目に曝すようなセカンドレイプは断じて許されない
と思うが。死刑反対派の弁護士といい、この野田という屑といい、
こんな奴等がのうのうと暮らしてるなんてな。世の中間違っているよ。

163 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/10/04(日) 16:17:58 O
凶悪犯罪者をダラダラと生かしておくのは税金の無駄だろ?
執行しないならキチガイ法相の個人資産で連中の食費を賄え。

176 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2009/10/05(月) 23:04:50 0
あの安田弁護士で一番許せないのは、奥さんが絞め殺されたときの状況説明で
わざわざ奥さんに似せた顔のイラスト使ったこと。
具体的に説明するためとはいえ、奥さんの顔に似せる必要なんて無いはず。
ただたんに、あの旦那さんに精神的ダメージ与えて黙らせるためとしか
思えず、その下劣さに心底不快感覚えた。
どんなにエラい弁護士センセイだろうが、こいつには人間として大事な部分が
決定的に欠けている。
こんな奴、犯罪者を弁護する資格どころか、人間として生きる資格すら無いと思う。
俺は絶対認めない。
人間として、こんな奴を認めちゃ絶対にいけないんだと思う。
福田と一緒に死刑にしてほしいよ。
俺が裁判員になれば、そうしてやる。



艦長官庁干潮館長間諜( ゚Д゚ )
2009年10月06日 (火) | 編集 |
きのうの夜、うぴしに浣腸、やってみました。
出ました。
( ;´-д-`)=3ホッ よかったよ。。出てよかった。
(少しだけど)

しかし。
犬に浣腸をするなんて人生においてそんなにあるもんじゃない、と
貴重な体験をした気がした。

そして「かんちょう」を変換して初めて見た言葉。
【間諜】:敵の様子を秘密にさぐり、味方に知らせる者。間者。スパイ。(by旺文社国語辞典)
だそうだ。

そうなんだ。知らんかった。勉強になったわ。

でも、うぴしの便秘傾向はまだ続いている。
今日もやらないとダメかな。
雨は降っているし。疲れた。


うぴしさんのお腹は大丈夫か
2009年10月05日 (月) | 編集 |
きのうは移動するにも暑いな~と思いながらだったのが、今日は寒い。
寒いよ。雨が降ってる…。
寒い・・。さむ・・・

そしてうぴしが吠えている。というか、鳴いているというか。

実はうぴしさん、ここ数日ベンピ気味・・。
お腹ゆるゆるが続いて薬を出してもらって、それが効いたと思ったら今度は・・。

いつもなら吠えていても、何か音が聞こえるのかなとか、
猫が近くにいるのかなとか、あまりに気にしないんだけど、
トイレかな・・。
でも、この雨でしかも足が汚れると足の傷が心配だし。
(こういう時に、トイレトレができていないと困ってしまうなぁ)

何が原因で吠えているのか気になる。
小降りになったら少し歩かせてみようかな・・。

どうしよう。まさか、浣腸?
犬に浣腸なんて聞いたことがないし、
うぴしは年を取っているからやらない方が良いとは思うけど、
そこまでしないとダメなんだろうかな。

「犬 浣腸」で検索してみました。
うーん。犬が年をとって便秘、というのは深刻な場合もあるらしい。
うぴしは、原因不明の脱毛(甲状腺とか腎臓かも・・と医師は言っていた)や
肛門周囲腫瘍というのもある。
この前私のブログに「老犬 便秘」で来た人がいました。
やっぱ、みんな悩んでいるんだよね・・。
うぴしぃ・・・。
犬生(人生)の大波をむかえる時は、そういうことはきっと、
避けられないんだろうけど、変な話してすみません。
うぴし・・

他の人のブログを見てみた。
13歳のハスキー犬に浣腸をしてあげたら、出てよかった、と。
どうしよ・・。お腹がすっきりしないと、食べたくなくなるよね。
うぴしは、いまは食欲はきちんとあるけど。
重篤になってからじゃ困るよね・・。