家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一つ前の記事、ちょっと訂正
2009年09月30日 (水) | 編集 |

『きれいごとやゴタクを偉そうに並べても、路上生活の人に限らず、実際に困っている人に寄り添って活動をしているわけでもない私は、ブログでは「何か人にためになりたい」という欲求の限界を感じることがある。でもそう思いながら、偏見や偉そうな気持ち、先入観があることは否めないと思った。』

ちょっと待った。
自分の書いたことを、もう一回、家事の合間に直そうと思った。

さっきの記事、こんなことを書いたけど、
そんなこと言えば、絵を描く人、文章を書く人、音楽をする人、
「何もしていなく」ても、弱い立場の存在の、動物や人に対して心配している人、
そういう人たちのすることすべてを否定することになってしまう。

それこそ、みんなにとって、何の得にもならない。

きれいごとやゴタクを並べててもいいんだよ。

私は、うだうだでも何でも、ブログを書くことは出来る。
ブログを書いて、「少しでも」、憂えている状況が良い方向にいけばいいな。
それでいいか。プラス、自分のできる範囲で何か。


スポンサーサイト

新宿駅西口で
2009年09月30日 (水) | 編集 |
新宿駅西口に、26日(土)に行った時の感想の続きです。

かわいい猫の写真が足元にあったか、掲げていらしたのかよく覚えていないのですが、
どの方なのか、ということが今日分かりました。
ご本人のブログを訪問してみました。
とても、優しそうな方だと思いました。
西口では、しっかりとした眼差しで立っていらっしゃいました。

その人のブログを見て思い出しました。
「ビッグイシュー」という雑誌を売っていると思われる人を、私はその場所で見かけたのです。
あっ・・・あれって、テレビでたまに映っている、ビッグイシュー・・。初めて生で見た。
読んでみたいな。
すみません、ビッグイシュー買えるんですか?とか聞けば、
買えたかもしれない。
でも、それはできなかったです。・・・どうしてか。
(おそらく販売中だったのだろうけれど)売っている人とのやり取りがただ単に緊張する、
というのはあるけれど(私は一(お店の人)対一(客)が苦手です)、
その他に、「買ってはいけない」という感情が自分の心に生じていました・・。

ビッグイシューは路上生活をしている人が売る雑誌で、その売り上げの一部が、
売っている人の収入になる、とテレビで見たことがあります。
なぜか、普通の一対一のお店とは違う意味で肩に力が入っている自分がいました。
私は、「かわいそうだから、買ってあげなきゃ」という、自分が嫌だと思う嫌な自分になるのを
避けたかったのでしょう。

私がどう思おうと、雑誌が一冊売れればその方の売り上げになるので、
そんなことは関係ないのですが、
正直に言うと、路上で生活をしているその方のことを、一瞬怖いと感じてしまったのです。
ビッグイシューが傍らになければ、プラカードを持っている人に向ける目と変わらなかったかも。
でも、私は一瞬、「ビッグイシュー=路上生活者」…怖い…とも、思ってしまったのです。

..........................................

自分には、明らかに偏見・先入観があると感じた。
きれいごとやゴタクを偉そうに並べても、路上生活の人に限らず、実際に困っている人に寄り添って活動をしているわけでもない私は、ブログでは「何か人にためになりたい」という欲求の限界を感じることがある。でもそう思いながら、偏見や偉そうな気持ち、先入観があることは否めないと思った。
それでも、こうやって書かずにいられないが・・。

しかし、西口で立っていた人のブログを見て気になることが。
西口の記事にコメントを寄せている人が、「ビッグイシュー販売や(路上生活者への)炊き出しに対して非寛容な空気が強まる傾向がある・・・」みたいなことを言っている。
私が一瞬、「かわいそう」とか、「怖い」と思ったのも、同じようなことだ。
私はどこか他人事で、冷たい心も持っている。
自分が路上生活者になってしまった時、というのを想像していない。

例えば私は、あの場所に立ち、「一人でもデモ」をする資格があるかということを考えてみたが、自分にはその資格はないのではないか、と感じた。
「一人でもデモ」っていいな、なんて思っていたが。
プラカードの内容によっては話しかけてくる人もいるだろうし、その時真剣にやり取りができるのか、私自身は自分に疑問を持っている。(やはり私は、「ブログでデモ(?)」か…orz いや、つぶやき・・)
いつでも考え中で中途半端ということもあるし、偏見や先入観がどうしても、
自分の心から沸いてくるということもある。
それに、「だったら、山梨の甲府駅でそれができるか」と考えてみた。
私は人の目を気にして(緊張するということはあるがそれは抜きにしても)、
とてもじゃないが出来ないと思った・・。


今さっき、先のコメントの人の、”非寛容な空気を感じる・・”というのが気になって、
「新宿駅西口通路 ビッグイシュー 排除」で検索したら、
新宿駅やビッグイシューには関係ないものの、
「何これ・・?いやだな」という、仙台の街中に設置されている、
”ホームレス対策のベンチ”の風景画像を発見した。
これについても書こうかと思います。



新宿駅西口に行ってみました
2009年09月29日 (火) | 編集 |
26日(土)は、母への面会の帰りに、新宿駅西口地下通路に寄ってきました。
なぜに?
新宿駅地下通路かというと?

それは、ブーゲンビリアのきちきち日記のカテゴリー『新宿西口にて』の「一人でもデモ」
の風景を見たかったため、です。

でも、私、確か西口って行ったことがないような。
でも、分かるでしょ。と軽く考えていて、6時半のかいじで帰るには、西口に6時に行って
ちょっと見て、それで多分間に合うでしょうと思ったてたら……
分からん。分からんよ~西口がどっちかが書いてないよ~どっち?
ドコ?(T-T ))(( T-T)ドコ? (゚Д゚≡゚Д゚)?どこ?どっち?

一旦改札の中に入るのかな・・と思って入ったら出られなくなり、これじゃ電車に乗ってしまう
という感じで焦って、係りの人に聞いたらさっきのを取り消してくれて、ついでに西口方向を聞き、
何とか方向は分かったがすぐまた迷い、でも今度は「西口」の矢印が出てきて、
でもまた着かないよ~~と焦っていたら、時計見たら6時23分(゚д゚ )(;´・Д・`)まじ!?
引き返してもこれじゃ、帰りの特急に間に合わないわ~(指定席を取ってしまっていました)
(あずさ・かいじの指定席は乗り遅れても当日中なら、自由席で使うことができます)
と思い、いいやダンナにうぴしを頼んできたし心配ないし、
「お母さんが『ゆうこ、もうちょっといてよ』と言ったからしょうがないじゃんね」とか言い訳できるし、
後はもういいやこれくらいのことはたまにはいいだろうと思って行ってきました。


ブーゲンビリアさんの『きちきち日記』の記事でもお見かけした、
志村建世さんという方がいらっしゃいました。
そのほかに5~6人くらい立っていたでしょうか。
『きちきち日記』でお見かけしたことがある女性が二人、いらっしゃいました。
かわいい猫の写真が立てかけてあって、もう一人の方は、
「辺野古に基地はいらない」という言葉が縫い付けてある、
手作りのカラフルな布を広げて持っていました。
通路の柱自体に蛍光灯がついていて、(広告も何か貼ってあったかな)
カラフルな布は光に透けて、とてもきれいでした。

『丸木美術館』へ行こう、というプラカードも。
(そこで見て初めて知ったのですが、『丸木美術館』という美術館が埼玉県東松山市にあり、
「原爆の図」という絵があり、常設展示されているそうです)

私はそこを、2回くらいささっと往復して来ました。
もうちょっと書きたいのですが、時間がないです。
続きはまた書きます。
では。



谷垣さんがやたらに嬉しそうなのが気になるが
2009年09月28日 (月) | 編集 |
自民党の総裁選で、谷垣さんが選ばれたんだね。
さっき、テレビのニュースで見た。
谷垣さんが、喜びを抑えられないといった風な表情だったのが、
どことなく痛々しいと感じた。

谷垣さんは、おそらく総理大臣に就任する機会がないだろう。
それは決定的な気がする。
総理大臣にならない自民党総裁。正確には知らないのだが、
何年ぶり・・いや、村山政権の時に・・と思って調べたら、
今回自民党総裁選に立候補した河野太郎の父・洋平が村山政権時に総裁になっている。
それ以来なんだね。

谷垣さんはNHKのインタビューで、「国立メディア芸術総合センター」
(=別名”国営漫画喫茶”と揶揄されていたが)は必要だったのかみたいなことを聞かれて、
「ちょっと詰めが甘かったようだ」というような内容のことを、
オブラートに包んだような、しかも危機感のないのん気な物言いで話していた。
谷垣さんの「オーラ」というか、谷垣さんがかもし出す空気は、福田康夫元総理とよく似ていた。

そしてNHKのニュースでは次に、政府の閣僚が集まっている何かの会議の映像が映ったが、
今まで自民党がずっと長い間そこにいたせいか、どうも、違和感というか、
そういうものが漂っていると感じた。
自民党の怨念?・・とはまた違う、「自民党の油膜」が官邸の壁に張り付いている、
みたいな。

あの官邸を見るたびに、「あれは自民党のものだ」という、
錯覚にもあきらめにも似た感情があったような気がする。
でも、今度はそうじゃない。これは、夢を見ているのではない。
早く、「自民党の油膜」が見えなくなるといいのだが。



今日の朝日新聞~ひととき欄~より
2009年09月27日 (日) | 編集 |
今日の朝日新聞の「ひととき」欄(生活面)は、笑えた。

------以下、全文転載------

奥様 粗末に扱ってませんか

 世の中の御主人様方に申し上げます。あなた方は、
奥様をあまりに粗末に扱ってはおられませんか。
 まだお互いが独身のころ、意中の彼女のハートを射止めんとなさっていた折は、羽を広げたクジャクよろしく、愛や理想を語っていらっしゃいましたよね。ところが結婚を境にどうでしょうか、その変わりようは。
 あなた方が家族を養うため、外で懸命に働いていらっしゃるのはよく理解しております。納期に追われ、上司に叱責され、取引先のクレームに平身低頭。本当に大きなストレスを抱えつつも、毎日、ご出勤になっている。誠に頭が下がります。
 しかしながら、だからといって奥様に対し、無関心で無遠慮な振舞いをなさるのはいかがかと存じます。いまだに封建時代のような思想を捨てきれない男性の何と多いこと。
 一生、あなた様に連れ添う覚悟で結婚し、支えて下さっている女性に感謝なさっていますか。下着を別に洗われる、とお嘆きのご主人様。当然の報いでございます。いま一度、御自省なさいませ。
 奥様を大切になさっているご主人のご家庭は円満で、お子様たちもたいそうお幸せです。あなた様のご家族が、かくありますよう、心からお祈り申しております。

投稿者:46歳女性・英会話講師

---------------------

ここまでバッサリ言っていると、「よく私達を代弁して言ったくれたね。ありがとう!」
という気になったが、でもやはり笑えた。

まったくねぇ・・。なんで、旦那(これも由来は何だか知らないが)のことを、
「ご主人様」なんて言わなきゃならないんだろうね~、といつも私は思うが、まあ、
今となっては「ただの呼び方」だと思うので、そんなことはどっちでもいいとしよう。

家族を養うために身を粉にして平身低頭・・・。
「男は家族を養うものだ」という考えに、男性が縛られてしまうと、不幸になるような気がする。
「オレ一人じゃ無理だから、二人で何とかしよう。もちろん、家事も育児も(介護も)二人でね。」
というのが私の理想かな。
(そういう家庭を持つ人が、私の昔の友人(女性)にいます。まれな存在です)

「封建時代のような思想を捨てきれない男性」
・・・・それは、私の父のことである。
母は、父にどれだけストレスを与えられてきたか。もちろん父だけが悪いわけではないが、
私と妹、二人の子どもを育てるために我慢していたんだと思う。

「下着を別に洗われる、とお嘆きの・・」
年頃の娘が、「お父さんのパンツと一緒に洗わないで!」というのは分かる気もするが・・
私はそういうのは気にならなかった。
(私は、菌は洗剤や水流でほとんど取り除かれて、日の光で乾かせば完璧だ、
という現実的な人間です)
しかしね・・夫婦がね・・一緒に洗うのも嫌だと・・そこまで嫌になっちゃったのか。
(父と母はずいぶん前からそんなような気がする)
(私は、ダンナのと一緒に洗うのは平気です。やはり、適度な洗剤濃度と日光で乾燥は大事です)

自殺者の中で男性の割合が多いのは、例えば職を失った時などに、
「家族を養わなきゃならないのに申し訳ない」とか、「もうどうしようもない」と、
助けを求めずに抱え込んでしまうからか・・・。

しかし引っかかった部分が…

「奥様を大切になさっているご主人のご家庭は円満で、お子様たちもたいそう幸せです。」
・・・うーん。
まあ、そうかもしれないが・・家族や夫婦って別に、「こうあるべき」
っていうものでもないんじゃないかな・・と、私は思う。

そうそう。この前の続き。
私がダンナと本格的に「出かけよう!」と出かけたのはたしか、去年の8月くらいが最後だったが、
なぜ一緒に出かけないかというと、
ダンナにものすごく気を使って、その次の日には寝込んでしまうからです・・・。
「気を使う」というのは、例えば友人と会う時とか、親戚の集まりの時とか、
そういう気の使い方とは違うんですよね・・。

ダンナは働いているのだから、早く家事も済ませて、遊びに行って帰ってきた夕方でも、
ご飯をちゃんと用意しないと・・・と思うと、翌日はもうぐったりです。
美術館へ一人で行った時は、「何て充実してるんだろう」と思いました・・。
でも、緊張し症の私が一人で出かけられるまでに回復したのは、ダンナが稼いでくれたお金で私が病院に行くことができているからです。
ダンナ、いつもありがとう。
という気持ちは忘れないが、
「一緒に暮らしてはいるけれど、私は私、ダンナはダンナ、
お互い個人個人で、やりたい事をやってていいじゃんね。」
と思っている。
ダンナはどう思っているかしらないが・・・。
私とダンナの仲は、どうにもならないほど冷えているというわけではないけれど、
そう思うようになったのは、
ここには書けないけれど、いろいろありますね・・。




9月26日(土)
2009年09月26日 (土) | 編集 |
母屋の方のパソコンからですが、起動するのがやたらに遅いです。。
4~5分くらいかかっているだろうか。
その間にちょっと運動。

今日は久しぶりに母のところへ。

暑くならないといいんだけどな~。
では。



シルバーウィークもいいとは思うが、5連休は意外と困る…
2009年09月25日 (金) | 編集 |
土曜日も入れれば5連休の「シルバーウィーク」が終わった。
うちでは、ダンナは春~冬にかけては土曜日は休みではないので、4連休だった。

そう。それが、私が疲れる原因・・。(ダンナごめんなさい)
(なんてことは絶対に言えないがおそらく態度に出ていたと思う)
私には正確に休みと言える日はないので、ダンナが優先される。暗黙の了解・・・。

そして、困るのは病院。
動物病院も同じ。
うぴしが吐いてしまったのは22日の朝だったが、
22、23日と不安だった。

隣のsさんという家ではおじさんが持病の胆石の痛みに襲われ、
体調を崩し、「でも病院が開いてないから困るじゃんねぇ」とおばさんが言っていた。
途方に暮れていたようだったが、何とか回復したようだ。

子どもがインフルエンザや風邪にかかって、大変な親も多かっただろう。
それに、例えば高齢で持病を抱えている介護の必要な人や、その家族の人とか、
体調を崩すと不安になってしまうよねぇ。

年末年始はまだしも、ゴールデンウィークとか、お盆とか、
みんなでまとまって休みを取る日本は、そういう面が大変だなーといつも思う。

母を東京まで送って行った日の高速道路のサービスエリアは、すごく混んでいた。

なんかねぇ・・・
ちょっと話がずれるけど、みんなでいっせいに、というのはいい加減やめたらどうかな。
(でもその日しか休みが取れねえんだよ、と思われた方、ごめんなさい)

例えばクールビズは、環境大臣だった小池百合子サンが言い出して(音頭をとって)広まった。
それまでは、社会的に「冷房効きすぎだよ~」と発言できにくかったような。

お休みも、「ハッピーマンデー」とかいって、
15日だった敬老の日を土日にくっつけて、わざわざ21日にしてしまった。
景気対策のために?何のためにだろうな。
15日がもし休みだったら、13日の日曜日に休んでまた火曜日休みだけど、
私としては、体調を整えながら過ごすにはその方がよかったが…。


ところで、いったいこのブログの管理人夫婦は、一緒に出かけることなんてあるの?
どうなんだいまいち謎だぞ、と思ってらっしゃる方、それは



[READ MORE...]
超高齢犬になったうぴし
2009年09月25日 (金) | 編集 |
きのうは、うぴしはよその犬が通ると威嚇したり、お腹がすいたよ~という表情が出てきたり、
元気になってきた。
そして、
人間(私ですが)の方が疲れてしまっていたので、
うぴしを動物病院には連れて行きませんでした。

でもやはり、ウンチが形はあるもののゆるい・・という感じなので、
今日は診察してもらっておいた方がいいと思う。

この前朝、うぴしが吐いてしまったりした日には私は夜眠れなかったが、
うぴしはなんとか、元気を取り戻したようだ。よかった。
近所の、高齢犬がいたおじさんに話を聞いたが、だんだん、体が弱っていくという。

今回もうぴしは、基礎体力があったのでお腹を壊したのを乗り切れたのだと思う。

要は人間と同じで、うぴしも超高齢犬になったのだな・・と感じた。
まだ、私のそばにいてくれる。
だから、超高齢の体に対して、ご飯をまた考えて変えてあげた方がいいと思った。

「うぴし、私さあ、16歳になる犬と一緒にいたことがないから、分からなくてごめんね (´・д・`) 」
と言ったらうぴしは、
「ボクだって、15歳10ヶ月になるの初めてだから、分かんないよ U´・ω・`U」
という顔をしている。
・・・う、うぴしぃ・・。(何を考えているか、勝手に想像(創作?)してみた・・)

きのうの朝のうぴしの散歩の時、いつも通る川の中に、鴨がいた。
「あらまー、いい鴨だわ (゚∀゚)」(そのカモじゃないが)とブツブツひとり言を言ってしまった。
鴨は、5羽いた。
2-2、で”つがい”になっていたが、5羽目の鴨だけが離れて1羽でポツンといた。
なんとなく、さみしそう・・と思った。
でも、近くの見えないところにもう1羽、いたのかもしれないけど。

黒い小型犬(甲斐犬の血が混ざったような)が放れていて、びっくりした。
首輪がない。どこの犬だろう…。
こっちに来たらと思うと、ちょっと怖かった。
でも、向こうも私たちのことを怖がっているのか、
来なかった。
黒い犬はいつのまにか、どこかへ消えていた。
まだ日中は暑いけれど、朝晩は冷え込むようになった。




「ビールのかけ合い」は、馴れ合い?
2009年09月24日 (木) | 編集 |
今日は「ビールかけ」で検索してここに来る人が、何人かいた。
なので、
私も逆アクセスしてみた。

そしたら過去に、
「ビールかけはもったいないと思いますがどうでしょうか?」という質問箱を出している人がいた。

回答者の中には、「そんなこと言うなんて何て心の狭い人」とか、
「じゃあお墓のお供え物とか、相撲の塩、葬式の後の塩はどうなるんだ?」
「トマトを投げ合う、トマト祭りだってあるぞ」
とか言う人もいる。

まあね。それもある。私だって「もったいない」と言ってみたところで、
買い過ぎてダメにする食材も、たまにある。
だから、「もったいない」というのは自分のことを棚に上げて言っている部分がある。


あの「ビールかけ」でやはり一番目に付くのは、「品がない」「何かいや~な感じ」である。

きのう、「内輪でしか分からないような空気」と書いたけれど、スペインでやっているあのトマト祭りとは、違うんだよね・・どこか。
そりゃ確かに、今までレースを勝ち抜いて、たった6球団といえどもリーグ優勝は嬉しいだろう。
仲間と打ち上げをして、ビールかけを思いついた最初の一人がそういうことをして、
みんなでビールのかけ合い、ということになったのが発祥かもしれない(私の勝手な想像)。

炭酸水にすればいいっていうものでもなく、先の質問箱の回答者で、
「外国でもやっている」と言う人がいたが、それも違うような気がする。
きっと炭酸水でも同じような雰囲気が出るだろうし、外国でもやっているから、は関係ない、
外国は外国、と思う。(本当に外国でもやってるのか?)(F1の、「シャンパンファイト」?)
(だからそれから何が言いたいのか、を、その人は書いていなかったが)

リーグ優勝を見越して、あれだけのビールは優勝祝勝会の前に用意されていたのだろうと思う。
もちろん、優勝→ビールで乾杯、ということで用意されていても普通の流れと思うが、
「最初からビールかけ」的空気で用意されているのだろうということを想像すると、私は、
それはどうなのかな・・・という風に感じる。
だからといって、「もったいない」と批判されて報道陣に取材させないというのもおかしいし、

長いな。何で私はこんなに、ビールかけのことで書いているんだ。

えーっと。
だからね・・・あの内輪盛り上がり的雰囲気が、ダサくてどうしようもないと思う。
どことなく、気持ち悪い空気だ。(私が勝手に感じることだが)

あの選手の中には、「こういうビールかけって、本当はオレはやりたくないわ…」
と思っている人が、何人かはいるんじゃないだろうか。
でも、まあ、優勝のお祝いの空気の中で、私みたいな外野からならともかく、
その中の一員としては、とても言い出せないんだろうねぇ・・。

少しまとまった。
だから、私が嫌だと思うのは
「ビールを頭からかけ合うことで喜んで、チーム全員の一体感を出そうよ」的な、
ああいう部分だろう。そこが気持ち悪いんだな。

それを面白おかしく取材して、(本当はもしかしたら、「行くの嫌だな・・」とか思いながら?)
あの映像を「ほら、こんなに盛り上がってる!」みたいに流すテレビ局(特に読売系列)に、
「空騒ぎ」的な、どこか、「痛さ」を感じてしまうんだよねぇ・・。



うぴしさん、少し元気が戻りました
2009年09月24日 (木) | 編集 |
うぴしのことを心配してくれている読者の方もいるかもしれないというのに、
先にどうでもいい記事をアップしてしまったが…。

大丈夫かな・・と心配になっていたうぴしの体調は、今日は回復しました。
朝、ちょっと散歩に行った後に豚肉入りお粥を食べさせたのだけれど、
かなり柔らかく煮たが、それでも吐いたり下痢をしてしまうようなら、祝日でも診てくれる所に連れて行かなければと思っていた。

でも、元気がないなりにも、そういうことはなかったので、
度々下に様子を見にいったりして、一日を過ごして、夜になったら体調も戻ってきたようだった。

とはいえやはり気になるので、明日かかりつけの動物病院に行ってこようかと思います。

ビールかけをやめろ!凸(゚Д゚#)
2009年09月23日 (水) | 編集 |
夜ご飯の時に、ニュースで巨人がリーグ優勝をしたというのを見た。

そして、あのビールかけ・・。
瓶から、じゃなくて、よく工事現場にある、三角錐の「コーン」の中に入れたりとか、
何の入れ物なのか分からない四角いプラスチック容器の中に入れたりとか、
ザプーン!と、ビールをかけている選手もいる。

私は、あの「ビールかけ」が嫌い。

だってね・・まず、もったいないというのはある。
ビールはできれば、飲んで楽しみたいね。

最近はただの炭酸水をかけ合うというチームもあるようだが、
ビールなんてかけると、時間が経つとにおいがしそうでイヤだな。

優勝してうれしい、盛り上がりたいという気持ちは分かるけれども、
何というか、どことなく品が無くて嫌だ。

名古屋市長の、「河村たかし」さんを思い出した。
市長に当選した時に、テレビで、水を頭からかぶっている映像を見た。
あれにも、「品が無い」という印象を持った。

(まあそういう私も、タイトルに『ビールかけをやめろ!凸(゚Д゚#)』(←凸これが)
という言葉遣いで書いてるけど)

巨人に限らず、「ビールのかけ合い」には、内輪でしか分からないような空気を感じるし、
あんなのの取材に行かなきゃならない女性レポーターは大変だと思った。
(インタビュー中に、選手からビールをかけられていた。私がレポーターだったら絶対行きたくない)

河村たかしさんのあの「水かぶり」の映像を見て、なぜそう思うのか分からないが
どことなく「征服欲」というか「支配欲」というかそういうのを感じて、
嫌いな政治家ではなかったが、一気にあまり好きじゃなくなった。



そばにいることしかできないけど…
2009年09月23日 (水) | 編集 |
さっき起きたけれど、すぐにはうぴしのところに行けなかった。
もしも、モコモコのお腹が息をしていなかったらと思うと、怖くて。


今日はかかりつけのお医者さんがお休みだが、連絡がつくかどうか、
急患で診てくれるかを聞き、もしダメだったら、ここから車で25分くらいの、
休日でも診てくれる大きな動物病院がある。

でも、考える・・。
栄養剤を打つとか、(うぴしは人間で85歳くらいで)心臓が弱っているので
一時的に強心剤を打つとか、してもらったほうがいいのかな。
それとも、負担のかかる移動はせずに、ずっと私とうぴし、一緒に家にいる方がいいのかな。

できる限りのことをしたほうが、「悔い」はないような気がするが・・・。

と、ここまで書いてまた考えるが、
「もしかして今はただ眠くてお腹がすいていて動けなくて、
吐いたり下痢をしてしまうと体力を消耗するけど、
栄養剤を打ってもらったら、うぴしまた元気になるかな・・」
と思ったり。

判断が難しいが、
うぴしのテロメアは、あとどのくらい分裂するのだろうかとか、
テロメアと寿命は本当に関係あるんだろうかと考えたり。

犬でも人間でも、こんな時は不安でいっぱいだろうと思うので、
とにかく、うぴしと一緒にいてあげよう・・・。



[READ MORE...]
私は、「千葉景子新法相に、死刑執行の停止を強く要求する市民の共同声明」に賛同します
2009年09月23日 (水) | 編集 |
本当は、ブログなど書いている場合ではないのだろうが、
どうしても、気になったので。


”新しく法務大臣になった千葉景子さんが死刑執行を命じるかどうか”について、
9月22日付の山梨日日新聞社会面に書かれていた記事も、読んでみた。
それについても書きたいんだけれど、今は、この前私の、死刑についての記事にコメントを下さった
「ブーゲンビリアのきちきち日記」
のブーゲンビリアさんと、このブログのリンク先の緑虫さんも書かれていた
「千葉景子新法相に、死刑執行の停止を強く要求する市民の共同声明」に私も賛同するので、
取り上げてみた。

というより、私は、
「死刑について考えていて、今生きている死刑囚を死刑に科したくない」
と思っているならば、
自分自身がメールを送ることで、このブログで取り上げることで、
行動しなければ、と思った。

千葉さんは、「死刑廃止を推進する議員連盟」のメンバーで、
弁護士の資格を持ち、民主党所属の、現在4期目の参議院議員。(1986年~)--wikiより。


以下、転載します。
=======================================
【全国のみなさんへの緊急のお願い】 ※ どうか、転載・転送歓迎(ご協力ください)

「千葉景子新法相に、死刑執行の停止を強く要求する市民の共同声明」に、至急、ご賛同下さい!!

〔呼びかけ人〕
浦島悦子(沖縄・名護市) 平良 修(沖縄・沖縄市、沖縄から基地をなくし世界の平和を求める市民連絡会、牧師) 西尾市郎(沖縄県那覇市、平和をつくる琉球弧活動センター、牧師) 小川みさ子(鹿児島市議会議員) 木村 朗(鹿児島大学教員) 田中信幸(熊本県熊本市、イラク訴訟元原告) 舟越耿一(市民運 動ネットワーク長崎) 梶原得三郎(大分県中津市、草の根の会) 木村眞昭(福岡県福岡市、浄土真宗本願寺派妙泉寺住職) 青柳行信(NGO人権・正義と平和連帯フォーラム福岡・代表) 筒井 修(福岡地区合同労働組合代表執行委員) 脇 義重(平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡) 渡辺ひろ子(福岡県築 上郡築城町、平和といのちをみつめる会代表) 浦部頼子(山口県山口市、「憲法を活かす市民の会・やまぐち」共同代表) 大谷正穂(山口県下関市、アイラブ・KENPO・ネットワーク) 纐纈 厚(山口県山口市、山口大学教員) 廣崎リュウ(山口県下関市、死刑廃止を求める市民の声・共同代表) 藤井純子(広島県広島市 、ピースリンク広島・呉・岩国) 宇田川健次(岡山県総社市、ハンドインハンド岡山) 安西賢誠(愛媛県松山市、真宗大谷派専念寺住職) 宮本 恵(愛媛県松山市、キリスト教牧師〔日本バプテスト道後キリスト教会/中国・四国バプテスト教会連合社会委員〕) 奥田恭子(愛媛県松山市、死刑廃止を求める市民の声・共同代表) 阿部悦子(愛媛県今治市、愛媛県議会議員) 岩崎淳子(香川県高松市、前高松市議会議員) 安斎育郎(立命館大学名誉教授) 長谷川存 古(大阪府箕面市、関西大学名誉教授) 吉田孝子(大阪府大阪市 グループ・テ) 近藤ゆり子(岐阜県大垣市、9条の会・おおがき) 山本みはぎ(愛知県名古屋市、不戦へのネットワーク) 石下直子(神奈川県横浜市、かながわ憲法フォーラム) 細井明美(神奈川県横浜市、ピースアクティビスト) 小牧みどり(神奈川 県相模原市、ブログ「ブーゲンビリアのきちきち日記」) 本野義雄(神奈川県川崎市、市民の意見30の会・東京) 石川逸子(東京都葛飾区、『ヒロシマ・ナガサキを考える』発行者、詩人) 岡田良子(東京都杉並区、西東京平和遺族会) 葛西則義(東京都府中市、市民意見広告運動) 諸橋泰樹(東京都小金井市、フェリ ス女学院大学教員) 漢人明子(東京都小金井市議会議員・みどりの未来) 田鎖麻衣子(東京都新宿区、NPO法人・監獄人権センター、弁護士) 武田隆雄(東京都渋谷区、日本山妙法寺) 辻子 実(東京都目黒区、キリスト者) 西田和子(東京都港区、市民の意見30の会・東京) 花村健一(東京都江戸川区、樹花舎代 表) 谷島光治(東京都三鷹市、アンポをつぶせ!ちょうちんデモの会) 長谷川修児(東京都世田谷区、『遊撃』発行者、詩人) 井上澄夫(埼玉県新座市、死刑廃止を求める市民の声・共同代表) 澤野耕司(埼玉県さいたま市、神父) 志茂美栄子(埼玉県新座市) 加賀谷いそみ(秋田県男鹿市、死刑廃止を求める市民の声 ・共同代表) 七尾寿子(北海道札幌市) 大嶋薫(北海道札幌市、札幌市議会議員)  〔順不同〕                       
&nbs p; 2009年9月17日

 鳩山内閣の法務大臣に千葉景子氏が就任しました。就任直後の記者会見で千葉新法相は死刑執行については「慎重に判断する」とのべ、死刑制度について「国民的な議論が必要」と表明しました。

 みなさん、死刑執行を停止させる重要なチャンスです。千葉新法相に、これ以上、死刑を執行しないよう、みんなで、強く、強く要求しようではありませんか。下記の「市民の共同声明」に、どうか、至急、ご賛同下さい。
 声明はご賛同の締めきりのすぐあと、千葉法相と鳩山首相に提出します。ご賛同の要領は次のとおりです。

◆賛同は個人・団体(グループ)を問いません。

 ▼賛同者になっていただける場合は、大まかな在住の地(たとえば、大分県中津市、岩手県岩手郡滝沢村)をお知らせ下さい。

 ▼団体(グループ)賛同の場合は所在地(たとえば、静岡県浜松市)をお知らせ下さい。「九条の会・○○」のように名称に地名がついているときはその限りではありません。

◆賛同の締めきりと連絡先
  ▼賛同の表明は【10月4日(日)までに】お願いします。

  ▼賛同表明の連絡先は次の通りです。

    「市民の声」電子メール アドレス : shikei_haishi@yahoo.co.jp
 
 ※ お名前・おおまかな住所、団体(グループ)名・所在地に加えて、必ず「声明に賛同します」とご明記下さい。なお上記メールアドレスはご賛同の連絡専用です。

 【ご協力のお願い】この共同声明にご賛同のみなさんにお願いします。このメールをみなさんのご友人やお知り合いの方々にご転送下さい。またご関係のメーリングリストやそれぞれのブログ、ホームページでご紹介下さい。どうか、よろしくお願いします。

 ◆〔個人情報の保護について〕 賛同者や賛同団体のお名前をインターネット上で公表することはありません。ただし賛同件数については、声明提出後、賛同者と賛同団体のみなさまに、運動の経過とともにご報告します。また賛同件数はインターネット上で公表いたします。 

 ◆賛同の集約と千葉法相・鳩山首相への提出は、「死刑廃止を求める市民の声」が担当します。「市民の声」の共同代表(兼事務局)は下記の4人です(順不同)。
  井上澄夫 (埼玉県新座市、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
  加賀谷いそみ (秋田県男鹿市、男鹿の自然に学ぶ会)
  奥田恭子 (愛媛県松山市、心に刻む集会・四国)
  廣崎リュウ (山口県下関市、下関のことばと行動をつなぐ『海』編集委員)


 ■■千葉景子新法相に、死刑執行の停止を強く要求する市民の共同声明 ■■

 私たちは、日本政府・法務省が現在、人権を何よりも尊重する世界の大勢に逆らって死刑の執行を強行し続けていることに、耐えがたい恥ずかしさと深い憤りを感じています。

 私たちは法務大臣に就任したあなたに、死刑執行命令を下さないよう、強く要求します。

 世界の流れは死刑廃止へと向かっています。死刑を廃止した国の数は1981年末には63カ国でしたが、1991年末には83カ国、2000年末には118カ国と年々増え、本年(2009年)6月には140カ国に達しました。192の国連加盟国中、実に72%の国々が死刑を廃止しているのです。

 最近では、3月19日に米国のニューメキシコ州が、4月27日にアフリカのブルンジ共和国が、さらに6月23日には同じくアフリカのトーゴ共和国が死刑を廃止しました。
 また昨年10月、国連の自由権規約委員会が日本政府に死刑廃止を強く勧告したことは記憶に新たなところです。そして同年12月の国連総会は死刑執行停止決議を採択しましたが、それはその前年(2007年)12月の同決議採択より多くの賛成を得てなされたのでした。

 さらに本年7月28日の森英介法相による3人の死刑執行に対しては、欧州連合(EU)が議長国声明を発して「遺憾の意」を表明するとともに、日本政府に「死刑を法的に完全に廃止するまでの間、その適用を停止するよう」要求しました。

いわゆるG8の中で死刑を存置しているのは、米国と日本だけですが、米国は死刑を大幅に減らしています。

 しかし日本はこのような世界の流れにあえて挑戦するかのように、死刑の執行回数を増加させています。2006年には4人、2007年には9人、そして2008年には15人、2009年には7月までに7人の確定死刑囚に死刑が執行されました。しかも日本の法務省は隔月執行を方針とし、司法における死刑判決も2 004年以降激増しています。
 日本はまさに「死刑大国」の醜態を世界にさらしています。

 足利事件では無期懲役の判決を受けていた菅谷利和さんについて再審開始決定がなされ、菅谷さんは釈放されましたが、それが意味するものは刑事事件にも誤判がありえるということです。ところが飯塚事件で死刑判決を受けた久間三千年さんに対しては、再審請求の準備中であったにもかかわらず、昨年10月、死刑が執 行されてしまいました。
  
私たちは重ねて、あなたが死刑を執行しないことを強く要求します。あなたがなすべきことは、死刑廃止の滔々(とうとう)たる世界の大潮流に沿って、死刑制度廃止の努力を始めることです。法務大臣としてのあなたの最初の仕事が「死刑大国」の汚名を返上することであることを私たちは心から望みます。
=======================================


ちょっと長いので、肝心なところ---どこへ、どのようにメールを送ればいいか---
というのを、もう一度、書いておきますね。

■賛同は個人・グループを問わない。
■賛同者になる場合は、大まかな所在地(例えば、私の場合は山梨県山梨市)
をお知らせくださいとのこと。
■賛同表明の連絡先: shikei-haishi@yahoo.co.jp (賛同表明専用)
■賛同表明の締め切り:10月4日(日)まで
※必ず、「声名に賛同します」と、ご明記お願いします。



愛しているよと声に出して言うのが大事だと思う---言葉が通じなくても
2009年09月23日 (水) | 編集 |
最近、ここ2,3日くらい、急激にうぴしの体調が思わしくなくなってきた。
今朝は(明けて昨日22日)食べた物を吐いてあったし、
ゆるゆるなウンチも出ていたし・・。

この前お医者さんに行った時は、「夏の疲れみたいのが出てますね」というようなことを言われて
栄養剤入りの注射を打ってもらったが、今日もそんな感じかな・・・ちょっとだけ散歩に行って、
あとは何も食べさせないで様子をちょっと見ようか・・と思いながら、
自分も疲れてしまっていたので、私はうぴしのことが気になりつつも、
一通りの家事が終わると、昼間かなり眠ってしまった。

どうしようかな・・急患で診てもらえますかと電話をして、いつものところが無理でも他のところへ連れて行こうかと思ってもなかなか、私の体は動けずに横になっていたりして・・。

でも、午後2時くらいになったらうぴしが朝に比べて少し元気が出たようなので、
お腹空いたかな?と思って豚肉入りお粥をつくって食べさせてあげたら、おいしそうに
全部食べた。
よかった・・。
でも、それからはやはり、元気がない。
6時ちょっとすぎに、「散歩に少し行く?」と聞いたら、「うん、ちょっとだけなら・・U・ェ・`U」
という顔をしたので、10分くらい歩く。
でも、ご飯を食べたそうにはしていない・・・。

それからずっと気になって、下のガレージに様子を見に行っているのだが、
うぴしはいつもの元気がなく、動きが鈍く・・・・。

どんなに尽くしても悔いは残るのかな。
言葉は通じないけど、「うぴしのこと大好き。愛してるよ。」と、
気持ちを込めて茶色モコモコ頭にキスをする。

しかし・・・。

[READ MORE...]
9月21日
2009年09月22日 (火) | 編集 |
・・・なんだか、タイトルが思いつきません。
ある人のタイトルのつけ方を真似しています。
(お元気そうで安心ですが・・今は見てるだけですが・・)

きのうは、やたらに疲れてしまった。
こんなことは母には言えないけど、母がいる間はやはり、とても気を使います。
そして、母の体調などを考えると、車で行ってよかったのだけれど、
ダンナに気を使うし母がダンナに気を使わないように気を使うし疲れたけど、

うーん。なんか、複雑だな・・。
母は、家に外泊している時は大変そうだった。放射線による”お腹ゆるゆる”という副作用に、
トイレにはかなり何回も行かなくてはならないこと・・・

病院では、病気と闘って同じような症状に悩む人もいるせいか、
病室に着いたとたんに、気分的に元気になったように見えた。
複雑・・。
でもまあ、自分が同じ立場だったら、そうかもしれないけどね。

電車だと大変だから車・・・車でも、時間的に渋滞は回避できそうな時間に動けば、
大丈夫かな、と思って午前11時ちょっとすぎに家を出た。

ダンナの判断で(ワンセグケータイで情報を収集していたが)、八王子インターを降りて、
国道16号線へ。そこから旧20号線(?)をちょっと走って、20号に出て新宿へ。
そこからはなんだかよく分からないがカーナビとダンナの判断で渋滞を避け、
2回ほど休憩をしたが午後4時ごろには病院に着いた。

ダンナは1年ほど東京に住んでいて、仕事で車を運転していたことがあるからか、
都内の道にはかなり詳しい。でも、「ああ失敗した」「あっち行ってりゃよかったな」と
いちいち言うのでちょっとストレスが溜まったが、
まあ、私に都内の道など運転できるわけがないので、ありがたかった。

帰りは、今度は東京に向かう上りの渋滞が始まっていて、でも下りはガラガラだったので、
かなり楽だった。
といっても、私はほとんど眠ってしまい、ダンナは運転が楽だっただろうということだけど。


今度は私は、警視庁なんとか署まで、携帯電話を取りに行かなきゃならない。
私は携帯を約10年前に契約したけどほとんど使わないので、結局私のは母が使い、
父も1年くらい前に携帯を持つようになったが、私と同じでほとんど使わないので、
母が入院してからは、私が父のケータイを連絡用に使っていた。

この前(もう母がケータイをなくしていて病院のカード式電話からしか家にかけられない時)、
丸1日、母から家に電話がなくて心配な時があったが、私の方からは連絡の取りようが無い。
それでは困るので、母の携帯が戻るまで、母に、父のケータイを持っていてもらうようにした。
ややこしいな。(;^ω^)
・・・ということは、私はまた2,3日して母の所に行くが、その時には自分は携帯を持たずに出かけるということで・・
ほぼ毎日家にいる時は分からなかったが、ケータイがないと、けっこう不便だよね。




9月21日
2009年09月21日 (月) | 編集 |
私は「ベストセラー」などはあまり買ってまでは読まないのですが、
少し前に、姜尚中(カン・サンジュン)さんの「悩む力」などを読みました。

親が先に・・周りの人もだんだん・・・というのは、
仕方の無いことなんですよね。

元気だった頃の母しか知らないので辛いですが、
辛いと感じるのは、私が通らないとならない道・・・
そしていつかは、私も、弱っていくのでしょう・・。

だから、限りがあるからいいのかな。
あーあ何だか暗いなぁ・・。いや、暗くはない。当たり前のこと…。

みなさん、良い連休をお過ごしになってくださいね。


とか書きつつ、ブログに書こうかなぁと気になることはあるのですが。

では、行ってきます。(・ー・)ノ



理系内閣?
2009年09月20日 (日) | 編集 |
今朝、徳光さんの番組を見ていたら、「鳩山内閣は理系内閣」とか言っていた。
そうかー。理系・・。

鳩山内閣に「理系の人」が多いかどうか、そうだとしたらどのように考えたらいいのかな、と、
ちょっと今頭がもうろうとしてて、それに難しくて頭に浮かんでこないが、
「文系」と「理系」って、どう分けられるのかな。

私はどっちか。
文系、かな・・・。高校のクラスも文系だったし。

まず私は、小学校の頃から算数が苦手だった。
1年生の一番最初の算数のテストが、20点だったことは今でも覚えている。
「に、二十点・・・( ゚Д゚)」と、子どもながらにショックだったが、わりとすぐ忘れた。

そして中学の時は40~60点くらいをさまよい、
高校1年になったら、かなりついていけなくなった。
「i (アイ)」という、「虚数」が出てきたのを覚えている。

きょ、虚数・・┐(゚~゚)┌ 「あり得ないのにあり得てる」って・・・どういうことだろう?

これが原点で、高校3年になったら、数学の授業全てについていけなくなり、
「この学校では、女子では聞いたことがない」とまで、言われた。
(でも、じゃあ私が初めてってこと?と、のん気にも少し嬉しくなった)

まあ、勉強やらなかったからいけないんだけどね。(今でも記録はきっと破られていない)
数学の先生にお説教をされながら、何とかギリギリで卒業できた。

えーっと。
ちょっと話がずれてしまったが、「小学生の理科離れがすすむ」とか、
「理系の技術者が育っていない」とか、報道ではそういうことを聞く。
これについてどう書けばいいのかは全然まとまらないが、鳩山内閣は国民の中の理系人間を増やしたい、
とか思っているんだろうか。

もっと、素朴な疑問を大事にして欲しいと思うけどね~。
今の小中学生、高校生の勉強の事情をほとんど知らないので私はくわしく述べられないけど、
自分を振り返ってみると、
もっと先生にしつこく聞けばよかったかな・・・とは思う。今になってね。

あと、ちょっと違うけど、
(かなり大ざっぱで範囲が広くなるけど)「芸術系」か、「科学系」か、で分けると、
私は多分、芸術(ゲージツ(?))系かな・・・。
でも、厳密に、理系・文系・科学系・芸術系、なんて、人間は分類できないよねぇ。
それらが程よくミックスされて、・・・・
今思ってしまったが、私にはもしかしてまだ埋もれている才能があるのか!?(゚∀゚)

ってなこと書いてる場合じゃなく、
ダンナがツーリングの「反省会」に行っているので、迎えに行ってきます。
明日は車で、ダンナの運転で東京まで行ってもらわなきゃならないので、
いつもは行かないけど、今日は迎えに行ってきます。



もう、秋の風が吹いているじゃんね~朝は寒い
2009年09月20日 (日) | 編集 |
きのうは母が帰ってきたが、「痛みが無いので自分ひとりで帰れる」と言ったので、
家にいた。そして駅まで母を迎えにいって、帰りにスーパーで買い物をして、
・・・それだけなのに、疲れた。
父に言われたことで母が激しく落ち込んでしまった状態を見て、
冷静ではいられたものの、以前の母よりも弱くなってしまったのを見て、
何とかならないかと、いろいろ考え過ぎてしまったんだな私。

とはいうものの、(今のところ用事でしか出かけられないのが難点だが)
(でもまあ、自由に動けるって当たり前だけどありがたいよね本当は・・)
「今日はこれ来て出かけようかな~」と考えるのも楽しく、
母を迎えに行く前に、うぴしのごはんと薬を動物病院に買いに行ったが、
その帰りにふらふらと、のん気にも「Avail」(しまむらの姉妹店みたいな)に寄ってきてしまった。

そして、あらいいわね~と思ったニットコート(2800円!安いね・・こんなに安くていいのか)
と、ヒョウ柄モコモコトートバッグ(これも2800円くらい)を買ってきてしまった。

今年は(近年?)、春からそうかもしれないが、womens(女性用)の服は、
ちょっとゆったり目で、冬でも露出が多くて、ヒラヒラフリフリ系(と表現してしまったが)
が流行っているようだ・・。(まあ、露出系はかなり若い人しか着られないだろうが)

以前、リンク先の女性ブロガーさんが、「ハイヒールって、無防備な感じがする」
というようなことを書かれていたが、
あの、ヒラヒラフリフリ系も、無防備だなぁという感じがするね。
(・・いやだわ私ったらこのオヤジくさい言い方)

まあ、ファッション的には見ていて楽しい。私も着てみたい。
でもねえ・・・ああだこうだと考えると難しくて、結局いつもの”動きやすい格好”
になる。


今朝は寒かった。山梨では、15.9℃まで最低気温が下がった。
うぴしが心配だったので見に行ったら、もうシャッターを締め切ってあるからか、
それに年を取っているとはいえ毛も多いので、穏やかに寝ていた。
うぴしぃ・・。U-д-U ←寝ているうぴし

今日はダンナは志賀方面にツーリングで行くという。
いいな~ダンナ。
でもまあね・・・母を見ていると、考えてしまう。
私は今は遊びでというのはなかなか出かけられないが、こうして自由に、
ふらっと自分の行きたいお店に寄ってくることも出来るし。

空が高くて、夜の散歩も風がさわやかで、気持ちいい。



もう、憂鬱さ加減には慣れてはきたが
2009年09月19日 (土) | 編集 |
今日は母が外泊で帰ってきた。2泊3日で、月曜日に送って行く。
放射線治療の影響でお腹がゆるくなってしまい、さらに、
家に帰ってきたとたんに、父からのストレスを受け、パニくってしまった母・・・。
ここで、
今までの私なら母と一緒に、「どうしよう」という感じになっていたが、
最近では冷静になって、さっきは父に、「本人が嫌がるこtとは言わないこと」
パニくっている母には、「父をいくら責めても余計に自分も辛くなるから、
父も反省しているし、今からどうするかが重要だよ」と、話すことが出来た・

でもね・・まだ、1ヵ月半ではなくて入院は伸びるだろうけど、家に帰ってきてから
が大変だな。
父と母だけが一緒にいて、二人でけんか・・・ということになると、
母の体に悪い影響が早く出てきてしまいそうだ・・。
そうなったら、私は一日中、間に入るしかないのかな。

まったく、いろんなことを全て放り出して、自分のしたいことだけをしたいが、
・・・全てを放り出さなくても・・まあ・・
うーん・・・気分が落ち着かない。


自分のブログなのに投稿を拒否された・・・
2009年09月18日 (金) | 編集 |
哀哭芯さんへコメントのお返事を書き終わり、
送信にしたら、スパムコメントと判断され、(長過ぎたのか・・でも今までそんなことなかったのに)
2回目ではコメント内容が重複していますと拒否された。
・・・・。
そしてためしにキャンセルを押したら、
消えた・・。
もういや(´・д・`)
(他の人のブログで書いたコメント欄で前、そういうことあったなぁそう言えば・・)
ちょっとfc2さー!

あ、失礼しました・・。
かなりショックです。
丁寧に書いたのに。


--------------

もう今日が明日になってしまったけど、今度はうまくいった。
どうしてかなー。(もう一つの緊急避難用ブログを更新したりしたからかな。分からない・・)
と思って管理画面を見てみたら、fc2さん、ご丁寧に、コメント欄を自動的にフィルタリングする機能をいつの間にかつけていたんですね・・。
でもね・・・私は自分のブログなのに自動的にフィルタリングされるのは抵抗あるので、
外しました。
不快なアダルトコメントを見つけたら、承認前に消せばそれで済むから、
自動フィルタリングじゃない方にした。


ケータイが見つかったけれども警視庁まで行かなきゃならないのが( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
2009年09月17日 (木) | 編集 |
母が土日に外泊して、日曜日病院に戻る時に、ケータイを失くしてしまった。
母は、「タクシーの中に置いてきたかも」と言っていた。
私は、「ケータイなんか落として、見つかることってあるのかな・・。もしかしたら、ダメかな・・」
と思っていたらなんと、おとといの夕方家に電話がかかってきて、
「警視庁西新井署に届けられました」と。感動した!
手間がかかっただろうに・・。届けてくれた人に、感謝しなければ。ありがとう!

・・・ということだが、・・・取りに行くのは、私しかいないじゃん・・当たり前だけど。

け、警視庁なんて行ったことないよ・・ガクガク(((((( ;゜Д゜)))))ナンダカコワイワァ
け、警視庁・・・
田舎の警察にだって、ものすごい昔に交通安全の何とかカンとかでしか行ったことが・・
け、警視庁・・き、緊張しるよ・・
といっても、ただ落し物を取りに行くだけだけど、
まず無事に目的地まで到着できること、そして無事にケータイを持って帰ってくることが、
重要である。(それだけのことでちょっと力が入り過ぎか…(^ω^;))

でもまあ、警視庁に行くなんてめったにない事だし・・。何事も経験か。

この前は山手線と間違えて京浜東北線に乗ってしまったが、
なんと、今度はケータイを取りに行くために使用することになる。
大宮方面に行き(ここが重要だよね・・反対側行きに乗ったら、ワケ分からなってしまう・・)
そして王子の駅で降りてそこからは・・・バスがあるらしいが、
時間がやたらかかるらしいので、母は「タクシーを使えし」と言っていた。
そうだよね・・・(;^ω^) 時間がかかるというのもあるけど、
そこで乗るバスを間違えて違う方面に行ったら、またダメじゃんね・・。



こんな時間に触発されてどうする
2009年09月17日 (木) | 編集 |
下書きは、きのうの真夜中に書きました。
うーんと、「命」について、です。

”(社民党の掲げる)<命を大切にする政治>
『この命の中には死刑囚より優先されるべき命がたくさんあるんじゃないの?』”
と言っている人がいた。
(このブログにリンクさせていただいている、緑虫さんのブログで、です)

死刑囚の命は、軽くていいのだろうか……
ということを、考えてしまった。

たまに耳に入る、「命は地球よりも重い」・・・では、この言葉は、一体・・
死刑囚だったら”軽く扱っていい”・・のか・・

(私の家族の言葉を借りると)--
”人を殺してんだから、さっさと死刑にしちゃえばいい”・・・
それで、殺された人とやっと「対等」になって、
バランスが取れるということなのか。


「優先されるべき命」


これを考えると、私の心の中では死刑のことだけでは収まらず、
全てにつながってしまってきていた。

・お腹にいる、生まれ来る子どもが重大な遺伝病を持っていることが判明したら・・
・インフルエンザのワクチンを打つ、優先順位とか・・(優先順位が大切なことは理解しているが)
・ハンセン病で、断種手術をさせられた人や、堕胎させられた人
・生活保護を申請しても、働く場所を探して下さいと言われ、餓死した人
・世界中で、大国による理不尽な暴力で死んでも、見向きもされない人たち・・
・かつての、自分自身に対する屈折した感情・・
--専業主婦で子どももいなければ、生きている価値は無い--


「麻原ショウコウ、秋葉のカトウ」の命の優先順位は、
どこに入るのだろう。


『この命の中には死刑囚より優先されるべき命がたくさんあるんじゃないの?』
と言った人の家族がもし、人の命を奪ってしまったとしたら。
そして、死刑囚になってしまったとしたら。極端な話だが。

なぜ私は、ここまで考えるんだか。
もしかしたら、人の心が怖いと思うからなのか・・。
人によって私の心は助けられているが、
どんな人にも(自分自身にも)、(極端に言うと)「目には目を、歯には歯を」
の心があるのではと思っているからか。
(でも、「目には目を」は嫌だ、という気持ちの方が強いが)

そこまで考えるか、と、自分でもアホみたいだが、
そんなことが思い浮かんでしまった。



けっこう慣れてくるものだなぁと思う
2009年09月16日 (水) | 編集 |
母が入院してから、もう何回、病院に通ったかなぁ・・。
大変だと思っていたけれど、
うぴしとちゃこ(ねこ)の世話をしながらというのも、慣れてきた。

でもね・・・ちゃこ、ごめんね・・。
「行かないでよ、もっと遊んで」という目で、
にゃ~んと私の足にすりすりしてくる。
もっとナデナデして遊んであげたいのに、
ちゃこ、ごめん。
でも、明日は遊ぶぞ!ニャー(=`・∀・´=)~ ←猫には見えないですね(笑)

------
コメントありがとうございます!
大切にしたい気持ちで、繰り返し読んでいます。
帰ってきたらお返事書きます。


死刑には反対である が
2009年09月16日 (水) | 編集 |
「ストーカー男」が事件を起こしたのは、今年8月3日だった。
秋葉原の「耳かき店」の店員である、江尻美保さん(21)という人の東京・西新橋の自宅に、
8月3日早朝、千葉県に住む林貢二容疑者(41)が押し入った。
江尻さんの祖母が頭部を殴打されたり首を中心に庖丁で刺され、死亡した。
江尻さん本人も首を中心に刺され、意識不明の重体になっていたが9月7日午前、
「頸部損傷による全身状態の悪化」で、入院先の病院で死亡した。

この事件は、テレビで見てうっすらと覚えていた。
「またか・・」という感じだったような。
でも、ネットで偶然、事件のおおよその全体像を知ることとなったが・・・

要するに、この殺人事件を起こした犯人は、「耳かき店」の常連客で、
殺害された江尻さんを指名していたが「今年4月、江尻さんに執拗に交際を迫って断られ、
店への出入りが禁止になっていた」そうだ。
【衝撃事件の核心】”勘違い男”続出? 耳かき店の「ひざまくらマジック」は常連客をストーカーに変えた(1/5ページ) - MSN産経ニュース

こういう事件では、いつも思う・・。おそらく犯人には、死刑判決が下るのではないか・・と。
(でも、裁判員はどのように考えるのだろう・・・いずれにしても、重い)
「人を何人殺したか」というのが争点で、
「勝手な、一方的な思い込みで」というのが原因だと、判決は重くなるような。
秋葉原の「加藤」の事件みたいに。「当たり前」だろうけど。
(それでも、”人数”に関係なく死刑になる場合もあるだろうが)

私は、「死刑」について、命に関わることだからか、考えたくなくても考えるくせがある。
そういう犯人も、生まれた時はいっときも人の手を借りないと生きられない、
赤ん坊だったのに、と。考えたくなくても考える。

7月28日に3人の死刑囚の死刑が執行されたが、裁判員裁判の大々的とも思える報道に比べて、目立たなかったように思った。いや、ほとんど重要に取り上げられなかった。

今回何故こんな記事をこんな時間に書いているかといえば、
ストーカー男に殺害された江尻さんの死を知ってから、今、書こうという気持ちになったというのと、
死刑制度について書かれているブログを見て、私も書こうと思ったからである。

こんなに考えるのは嫌になるが、考えてしまう。

わたしがもしも、この事件の裁判員に選ばれたら・・
私は、この犯人を死刑にはしたくない。それはやはり、前述した「生まれたての赤ん坊」を連想させるということもある。それに、犯人の「林貢二容疑者」と、[人間:林貢二 ]を、一緒に考えたくないということもある。
しかし、そうは言っても、「罪を憎んで人を憎まず」なんてことは、この事件で、21歳で人生を強制的に終わらされた江尻さんや、江尻さんの祖母の恐怖や無念さを思うと、簡単に言える言葉ではない。

では、死刑そのものを廃止するとしたら、「無期懲役」が増えるのか。それとも「終身刑」を設けるのか。”厳罰化”傾向によって、終身刑が増えて何か問題が起こるのだろうか。
それとも、死刑は廃止せずに、死刑までの死刑囚の生活状態を改善して精神的に穏やかに過ごせるようにしたり、死刑の方法を変えればいいのか。安楽死、とか。

一番いいのは、
殺人という罪を犯した人間が、心から悔い、心を改めて被害者や遺族に「ゆるしてください」
と言える気持ちになることなのだろうか。
でももちろん、殺人事件の遺族は到底、犯人をゆるすことなど出来ない場合がほとんどだろう、
と想像するが・・。

神戸の「酒鬼薔薇事件」を思い出した。
あの事件の犯人の、今は20代後半の”元少年”を「育てなおし」、社会に復帰させたという・・。
でもやはり、被害者の親は、あの犯人を許せてはいないのではないだろうか・・と想像する。

ネットの「闇サイト」で知らない者同士で出会い、通りがかりの女性を車に拉致して頭をハンマーで殴るなどして殺害し、所持金を奪ったという事件を思い出した。
名古屋地裁の公判では、2009年1月20日に検察は3人の被告に死刑を求刑。
同年3月18日の判決公判では3人のうち、2人が死刑を言い渡され、1人は無期懲役が言い渡された。3人のうち1人は即日控訴したものの控訴を取り下げ、死刑が確定した。
死刑を言い渡されたもう1人は判決から6日後に控訴し、名古屋地検はもう1人の無期懲役は不服だとして控訴した。(wikiより)

今の社会の「厳罰化」を望む方向で行くと、”世論”が「死刑にしろ!」という流れになると、
もっと死刑が増えるのか。それとも、民主政権になって、死刑執行は減るのか。
それとも、死刑制度そのものを見直す、のか。

ちなみに私の家族・・ダンナだが・・は、「分かりやすい」考え。
どう思うか、と聞いてみた。そしたら、「人を殺したら、即、死刑」、と。
そうか、と言うしかなかったが、もちろん、いろんな意見があって当然だろう。

ここまで読んでくださった方、中途半端な書き方ですみません。
また、考えたいと思います。

イチローはなぜ、偉業を成し遂げることが出来たのか
2009年09月15日 (火) | 編集 |
アメリカの大リーグ、マリナーズのイチロー(本名:鈴木一朗)が13日、
「大リーグ史上初の9年連続200安打を達成した」、というニュースを、テレビで見た。

毎年毎年、記録を出し続けることは、並大抵では出来ないと思う。
良い状態、記録を出せる力を「どうやって維持するか」にかかっている。
どうすれば、その「持久力」が保てるのだろう。

NHKかどこかで、解説していた人がいたが、「脳」に関わっているのだろうか。
イチローは、昔からやっていたことを大リーグに行ってからも、変わらず続けている、という。
バッターボックスに入る前に屈伸をする、とか。
たしかに、ずっと昔のイチローと、変わっていない。
もう、長い間だよね。それが、すごいなぁと思う。

凡人とイチローの違いは。

実は、そんなに違わないのではないだろうか。

もちろん、もって生まれた才能というのも、イチローには備わっているものと思われる。
でも、きっと、「その日一日一日をしっかりと過ごす」ということが、
凡人にも大事かもしれない。

「ああ・・今日出来なかったから、あしたこれやろう・・」とか、私はそういうのがい多い気がする。

母のこともあるかもしれないが、最近私は、自分が変わりたい、と思うときがある。

イチローを科学的に見ると、自分が変わりたい、
と思うことへのヒントが見つかるかもしれない・・・。



darkness
2009年09月14日 (月) | 編集 |
最近私は、眠れる時と眠れない時の差がとても激しいです。
この前私が処方してもらった睡眠導入剤は、とてもよく効きます。
あの、「落ちる」感じがたまらないが、あれは医者の処方箋がないと手に入らない。
落ちる・・・。
以前、手術で全身麻酔をかけられた時、落ちる感じはこんなにもいいかと思った。


ちょっと話は違うけど、「落ちる」と言えば・・・
あの変態男・・・
白い靴下に性的興奮を覚えたという、
ネット自殺志願者殺人事件のあいつの考えていたことは、
私は理解できない。

しかしあいつは、7月28日に死刑にされた。
国によって、吊るされた。
彼は、「私を研究材料にして欲しい」と言っていたらしい。

「あいつ」とは、今年7月28日に死刑にされた、
前上博元死刑囚のことです。
【衝撃事件の核心】 「白い靴下」「他人の窒息」に興奮する性癖はなぜ生まれたのか~処刑された自殺サイト殺人の前上博死刑囚 2009.8.2.18:00 msn.産経ニュースより

秋葉のあの犯人、加藤被告のことも「あいつ」、と書いたことがある。
前上元死刑囚に対しても、別に私は憎しみなど感じない。
でも、呼称としては、なぜか「あいつ」、になる。

前上元死刑囚が殺人事件を起こしたのは、4年前、平成17年の2月から6月にかけて、だそうだ。
そして彼は、4年後の今年の7月に死刑台に吊るされた。
姉妹二人を殺害した、山地悠紀夫という若い人も。

7月28日には他に、中国人死刑囚1人も死刑が執行されたが、
「のりピー事件」に比べて、あまり話題にもならなかった。
死刑執行の報道も、「ただ流した」感じが否めないと私は思った。
私の好きじゃない政治家がよく使う、「粛々と」、
でもいたって野蛮に処理された、抹消された、そんな感じ。

何故、前上という人は、何故、山地という人は、「人を殺す」というところまでいったのか。
そして自分自身も、殺された。

死刑のことは、考えたくなくても、つい考える。
辺見庸さんの著書の、
「歩けなくなって車椅子生活になった老人の死刑囚の首にもロープをかける」、
という旨の部分を読んでから、そのことはなかなか頭から離れない。



第812回「季節の服は先取りしますか?」
2009年09月13日 (日) | 編集 |
第812回「季節の服は先取りしますか?」



寒くなってきました・・。温度差がすごい上に、電車(特にあずさとかかいじ)の中は
けっこう冷房が効いていて、昼間は外が暑いのに、寒いくらい。


季節の服は、新宿で「ルミネ」なんかでぶらっと見る時間があることもあります。
「ルミネ」ってキラキラし過ぎてて、歩いている人も若くてかわいくて、気後れするけど、
おしゃれな人を見ると、ものすごいじーーっと見てしまいます。(笑)
おしゃれは真似から始まるのかな。(もうちょっと、私も体型がきれいだといいのですが^^;)

動きやすい服・・・となると、どうしてもデニムにシャツに+カーディガン・・
という、マンネリになりやすい。たまに上だけ、ふわっと系のチュニックなんかを着ます。
ヒールが高くて、華奢な靴は苦手です。歩きにくそうだし腰に悪そう・・・
なんてこと言ってちゃ、おしゃれからは遠ざかるかな。

一度は、超派手系メイクに、イケイケ( `゚д゚`)ハッ!(死語だわね!)ねーちゃんみたいな服に
ヒールが高い服でカツカツ(これも死語?)ツカツカ歩いてみたい。気分変わるだろうな~。


とはいえ、うぴしもちゃこもいるとなると、「枠」からはみ出て新宿から出てもっとどこか遠くへ、
と行けないところがなかなか、今は辛い。
家にいても同じで、精神科の医師は「時間をつくってでも、気分転換をした方がいい」
と言うけれど、
(ブログはとても気分転換になります。ここだけなんだけど、こうして、みなさんとつながることが出来るから。心の支えです。他の方のブログも、毎日読んでいます。ブログがなかったらとても寂しいです)
どこかへぴよーーん!と飛んで家に好きな時間に帰ってくる・・のが出来ないのがね・・。
本当は、せっかく東京に行ってるのだから行きたいところがあるんだけど。美術館とか。
でもね!
何とかして時間をつくりたい。精神衛生上、ストレスを発散するのは大事です!( ゚Д゚)b

・・・・とか言いながらね・・持病の「顎関節症」が悪化してしまった。
たまに、物忘れもひどいし、あたまの中溶け溶けな感じがあるし・・頑張ろう・・・

午後は、母を病院まで送ってきます。
「一人でいいよ」と言ったけど、次は外泊なんていつになるか・・
こんな機会はないので、私が一緒に行って安心させてあげたいです。
今日はダンナが一日家にいるので、うぴしを安心して任せられるので、
少しはいいが・・・でもダンナのご飯も考えとかないと・・。



きのうのこと
2009年09月13日 (日) | 編集 |
母の居るへやに、猫のちゃこがいる。
きれいに掃除したり、自分の家の家事も普通にやって。
けっこう大変だったけど、母が帰ってくるのはやはり嬉しかった。
母は、痛み止めを飲んだり放射線で骨盤が少し良くなったからか、
一人で帰ってきた。
駅まで迎えにいって、スーパーで一緒に買い物をしてきた。
母とスーパーで買い物、なんて久しぶり・・・。
母と一緒に買い物が出来て嬉しかった。こんな当たり前のことが。

ちゃこは、母がいると安心するみたい。
私がいつも行ってもしないような、安心した顔。
「にゃ~」と鳴きもしないで、くつろいで知らん顔をしている。
笑ってしまった。

ちゃこだけでなく、母が向こうの家にいると、私も安心する。
きのうは、枝豆を茹でてエプロン姿でこちらの家に持って来てくれた。
ダメだ・・ここまで書いて涙・・。



日記・nikki・にっき
2009年09月11日 (金) | 編集 |
母のいる病棟の患者さんたちは、がんの種類に関わらず、
化学療法や放射線療法などの治療を受け、病気と闘っている。

そして、母のことだけど・・・
医師は「だいたい1ヵ月半くらいの入院」と言っていたが、
「ポート」という、通常の腕からの点滴ではなく、胸に埋め込んで自由に動き回れる状態の施術(30分くらいの手術ということになる)をして、48時間かけて、
抗がん剤をポートにセットして、体内に送り込めるようにする、
そして3方向からの放射線治療、というのが今回の入院の目的だが、
「これはとても1ヵ月半の入院では済まないのでは・・・」
と思っていたら、やはり、もっとずっと、時間がかかるかもしれない、
ということだった。
(本当は、ポートは先週には埋め込む予定だったのだが、
吐き気やその他の副作用などが出て、埋め込みを見送った)
母も、入院しているいろいろな人から聞いて、分かっているようだった。

母と同室の患者さんの中には、血中の白血球の値が500、300、などという低い人もいて、
珍しくはないらしいのだが、母はまだ抗がん剤投与は一回だけで、
今日の血液検査では白血球は2900あるという。
なので、次の抗がん剤治療まで少し時間があるので、土日の外泊を許可されたという。
「今回を逃したら、もう当分帰ってこられないと思うから」
と母は言っているが、決して悲観的というわけではなく、「がんをやっつけたい」
という決意を固めたという感じだと思う。


と、「・・・当分帰ってこられないと思うから」
まで書いたところで、父が、「おい、ゆうこ~、うぴしがウン●まみれになってるぞ~」
と私を呼んで

[READ MORE...]
今日は世界自殺予防デーだという
2009年09月10日 (木) | 編集 |
9月10日は、「世界自殺予防デー」、だという。
日本は1998年から2008年まで11年連続で、自殺者が3万人を越えたそうだ。

自殺者が、3万人を越えた・・・それぞれの年は、
細かくは何人なのだろうな・・。数の向こうに、ひとりひとりがいる。

この前は、静岡で女子中学生二人が、一緒に飛び降り自殺をした。
その前には、愛知で男子中学生が焼身自殺をした。
「ちょっと待ってよ・・」と思った。

自殺の理由は、経済的なことや健康のこと、人間関係での悩みや将来に希望が持てないとか、そういうことがあるだろうが、
「一人で抱え込んでしまう」ということが、あるのかな・・と思う。
最後の手段としての自殺だったのだと思うけれど、「一人で抱え込まなければ・・」
というケースは多いのではないか。

もしも「追い込まれてる」「自殺するしかない」と思ったら、騒ぎまくっていれば誰かが、「どうしたの?」と話を聞いてくれるだろう。きっと誰か一人でも、いると思う。

辛い、と訴えることが出来る人は、まだ良いと思うが・・・
でも、一人きりで悩むのは辛過ぎるよね。


---------

母は、私が来るのを楽しみにしているみたいです。そうだよねぇ。
私も、母の笑顔を見ると安心する。
今日は、妹の家で採れた、プチトマトを持っていこう。喜ぶだろうな。
では、行ってきます。