家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続・『悩みのるつぼ』
2009年06月30日 (火) | 編集 |
きのうの続き、です。
たまにはこういうのもいいでしょか。

今日は、40代男性高校教師の悩みに対する、作家の車谷長吉(くるまたに・ちょうきつ)さんの回答を、
そのまま転載します。
【2009年6月13日朝日新聞 be on Saturday】10面 《悩みのるつぼ》 より
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 私は学校を出ると、東京日本橋の広告代理店に勤めた。が、この会社は安月給だったので、どんなに切り詰めても、1日2食しか飯が喰(く)えなかった。
 北海道・東北への出張を命じられると、旅費の半分は親から送ってもらえと言われた。仕方がないので、高利貸から金を借りて行っていた。生まれて初めて貧乏を経験した。2年半で辞めた。
 次に勤めたのは総会屋の会社だった。金を大企業から脅し取るのである。高給だったが、2年半で辞めた。30代の8年間は月給2万円で、料理場の下働きをしていた。この間に人の嫁はんに次々に誘われ、姦通事件を3遍起こし、人生とは何か、金とは何か、ということがよくよく分かった。

 人は普通、自分が人間に生まれたことを取り返しのつかない不幸だとは思うてません。しかし私は
不幸なことだと考えています。あなたの場合、まだ人生が始まっていないのです。
 世の多くの人は、自分の生はこの世に誕生した時に始まった、と考えていますが、実はそうではありません。生が破綻した時に、はじめて人生が始まるのです。従って破綻なく一生を終える人は、せっかく人間に生まれてきながら、人生の本当の味わいを知らずに終わってしまいます。気の毒なことです。

 あなたは自分の生が破綻することを恐れていらっしゃるのです。破綻して、職業も名誉も家庭も失った時、はじめて人間とは何かということが見えるのです。あなたは高校の教師だそうですが、好きになった女生徒と出来てしまえば、それでよいのです。そうすると、はじめて人間の生とは何かということが見え、この世の本当の姿が見えるのです。
 せっかく人間に生まれてきながら、人間とは何かということを知らずに、生が終わってしまうのは実に味気ないことです。そういう人間が世の9割です。
 私はいま作家としてこの世を生きていますが、人間とは何か、ということが少し分かり掛けたのは、
31歳で無一物になった時です。
 世の人はみな私のことを阿呆(あほう)だとあざ笑いました。でも、阿呆ほど気の楽なことはなく、
人間とは何か、ということもよく見えるようになりました。
 阿呆になることが一番よいのです。あなたは小利口な人です。

:::::::::::::::::::::::(原文は段落が無かったですが、読みやすいように私が間を空けました)

私自身いろいろ考えてしまったので、全文書いてしまおう、と思いました。
これを読んだ私の感想はまた、書きます。
続く。

スポンサーサイト

日記
2009年06月30日 (火) | 編集 |
こんにちは。・・・・。
・・・。(ため息)

きのうは昼間から頭が痛過ぎて、いろんなもの(薬)を引っ張り出してきて飲んでしまったが、
そうしたら頭痛は治まったものの、夜になったら耐えられない眠気が来て・・。
(本当はそういうことはいけないです。きのうは、たまたま。もうしません)

エアコンの掃除の見積もりに、業者さんが土曜日に来てくれた。
応対してくれた母によると、実際に掃除するのはさらにその一週間後、今週の土曜日にということ

うそ~~!!v(´=Д=`;)v 
それまで晴れが続いて~~お願い。と思ったがそんなわけはなく、雨がしとしと。

梅雨でじめじめ・・湿っぽいしダンナの顔がだんだん険しくなってくし・・・。
でもこのままエアコンかけたら、汚れた空気が一気に出そうだし。やだな。
で、きのうはとりあえず、外を拭いてフィルターを外して洗い、398円のスプレー式洗浄剤をフィンにかけ・・
終了。送風で乾かして、除湿にして・・ダンナの機嫌が戻ったので良かったが・・。
疲れた。
そして、夕ご飯を食べて歯を磨いて(すみません私の細かい日常など)あとはお風呂という時に、
『CSI 科学捜査班・6』が始まってしまい、見始めると犯人が誰かというのが気になるので見ていたが、
途中で眠ってしまった。犯人は分からなかった。
気がついたらテレビと電気が消えていた。・・・・。寒い・・。4時55分の目覚ましで目が覚める。
だるい。朝風呂に入る。熱いお湯を足して。無駄だわ~。もったいないわ~。

・・・・。はあ。

『悩みのるつぼ』より
2009年06月29日 (月) | 編集 |
すみません。こんなテーマで。(「どうしたらいいの?」というのは、fc2から選べるテーマです^^)
以前、「考え込んでしまった。続く。」と書きながらそのままだったのですが、
妹の所に通うのにも少し慣れてきて精神的余裕もできてきたので、こんな記事を。

6月13日付朝日新聞土曜日の、青のbeより、『悩みのるつぼ』。

相談者は、男性高校教師 40代。「教え子の女生徒が恋しいんです」というタイトル。
回答者は、作家の、車谷長吉(くるまたに・ちょうきつ)さん63歳。

以下、相談者の悩み転載。
:::::::::::::::::::::::::::::::
 40代の高校教師。英語を教えて25年になります。自分で言うのも何ですが、学校内で評価され、それなりの管理的立場にもつき、生徒にも人気があります。妻と子ども2人にも恵まれ、まずまずの人生だと思っています。
 でも、5年に1度くらい、自分でもコントロールできなくなるほど没入してしまう女子生徒が出現するんです。
 今がそうなんです。相手は17歳の高校2年生で、授業中に自然に振舞おうとすればするほど、その子の顔をちらちら見てしまいます。
 その子には下心を見透かされているようでもあり、私を見る表情が色っぽくてびっくりしたりもします。
 自己嫌悪に陥っています。もちろん、自制心はあるし、家庭も大事なので、自分が何か具体的な行動に出ることはないという自信はありますが、自宅でもその子のことばかり考え、落ち着きません。
 数年前には、当時好きだった生徒が、卒業後に他県で水商売をしているとのうわさを聞き、ネットで店を探しました。自分にあきれながら、実際にその街まで足を運びましたが、結局店は見つかりませんでした。見つけていたら、きっと会いに行っていたでしょう。
 教育者としてダメだと思いますが、情動を抑えられません。どうしたらいいのでしょうか。
::::::::::::::::::::::::::::::::::

まず、私の感想。
「5年に1度くらい」っていうのは何だろ??そういう気分の波があるのかな?
「5年に1度くらい」という数字が出てるのが、ちょっと笑えたが・・(^ω^;)

結婚していようがいまいが、人を好きになってしまうのは分かる。
でもねぇ・・・この文章の終わりの方、「好きだった生徒のうわさを聞いて、ネットで店を探して」・・って、
会いに行くつもりだったんだよね。・・・下心が先?それとも会いたい気持ちが先?
(まあこういう場合、男に下心が無いといえば嘘になるだろうね・・(でいいんでしょうか? ^^;))

そして、私がまず最初に思ったのは、「うーん・・でも、人を好きになるのは分かるけど、17歳の人と・・・なんていうことになると、確か、<児童福祉法違反>とか、都道府県の<青少年健全育成条例--(都道府県により名称が違うと思う--)>とか、そういう法律に違反するんじゃないかな・・(両思い(合意の上)ならいいのか、そこら辺は分からないが)」ということ。
(でもまあ、「気持ち」は法律で割り切れるものではないだろうけどね)

しかし、回答者の車谷長吉さんは、まったく違った意見を述べていた。
続く。


また安倍さんと中川さんか( ´゚д゚`)
2009年06月29日 (月) | 編集 |
どうも。こんばんは。
最近の私の日々は、なかなか大変である。母の心配をしたり姪っ子のところに行ったり、
その合間に家事・・。(うぴしのことは別なんだけどU´・∀・`U)
今日(明けて昨日)はかなりの時間、眠ってしまった・・・体も重い。
でも、一つ記事をアップしたのにもかかわらずこんなものを見つけてしまい、
書かずにいられるかという心境になってしまった。

NHK(日本放送協会)(・・正式名称を書くまでもないですが・・)が、
「日本の台湾統治を取り上げた、NHKスペシャル」の番組内容
--『アジアの”一等国”』(4月5日放送)--に対して、
「放送法や受信契約に違反する内容で精神被害を受けた」とする視聴者など約8300人から、
8300万円の損害賠償請求訴訟を起こされそうだ、という・・。

私はこの番組を見たわけではない。
ただ日本が、中国や韓国、東南アジアに対して、日中戦争、太平洋戦争の時に侵略したように、
台湾に対してもそうだったという認識は持っている。

このサイトを見てみて欲しい。→『★阿修羅♪』こちら

最後の部分の、
「同番組は、永田町でも問題視されており、
自民党の安倍晋三元首相や中川昭一前財務相ら有志議員が11日、内容を検証する議員連盟
”公共放送のあり方について考える議員の会”を発足させている。」

というのには、(太字・下線の表現は私)
眉間にしわが出来てそのまま戻らなくなりそうなくらい苦虫を噛み潰したような気分になった。

”公共放送のあり方について考える議員n (ry

あのさ・・・ちょっと待った。
安倍さん・・最近ものすごく勢力的に(でいいのかしら表現)、
政治活動をなさっているのですね !(^ー^)
「放送法や受信契約に違反する内容で精神被害を受けた」人達が、困りますもんね、そりゃ。(-_ー)ウンウン
ああ・・そういえば、安倍さんが総理やってる時に「カタをつける」とか言い切ってた年金の記録や不払いの問題、未だに解決してないんだっけな・・困りますよねぇ、これも。(´・ ヘ ・`)

ああっ!中川さん!もう酔いは醒めましたか?
ダイジョーブですか?(´・д・`)
別に中川さんのことを言ってるわけじゃないですが、
本来の自分の仕事は放っておいて、(あの時眠そうだったなぁ・・)
全然カンケーないとこに口を出す人っていますよねー^^
ああ、全然中川さんのことじゃないですよ~(´・ー・`#)



私が今、憂えていること・・・心配していること・・・
まさかこの二人、
次の衆院選で当選しないよね!?

する?
立候補しないってことはないよね。
「安倍さんは頑張ってるから」
「中川さんも、反省してるから(飲酒を)」
と、選挙区の人はこの人達に投票してしまうのか?
(この二人以外にも、この人を当選させない方が・・・
という人はいると思うけど)


こういう人達が政治家をフツーに続けられてしまうのが、
ものすごく、日本の問題なところだと思うんだよねぇ。


橋下知事がもてはやされているのが気になるが・・・
2009年06月28日 (日) | 編集 |
東国原知事に、自民党の古賀さんが「選挙に出てくれないかな?」と要請しに行ったというニュースを、
この前テレビで見た。
自民党・・なりふり構わずすごいねぇ・・・と思い、「総裁選に出させてくれるなら」
と言った東国原知事は、自民党を小ばかにしてるんだな、と、私は感じていた。

でも・・・あるブログを読んで、その見方は多少間違っているかも・・テレビに乗せられてるかも・・
と感じた。というのは、
<東国原知事が、選挙で負けそうな自民党を舐めている>というよりも、
『舐められているのは、メディアと国民ではないか』という意見が書いてあるブログを、
そのブログでリンクさせて紹介していて、それを読んでみてそう感じた。

『そうやってもてはやして、「小泉フィーバー」の時のようにするのが自民党の狙いでは』と、
すごく短く要約すると、そういう内容だった。

東国原さんが目立っているかと思えば、橋下大阪府知事も、そうだね・・。
私は、自分のアタマがおめでたいと言えばおめでたいんだろうが、
橋下知事がテレ朝の「スパモニ」にコメンテーターとして出演していた時は、
<庶民の味方>のように思っていて、悪いイメージはなかった。(あくまで「イメージ」、だけどね)

けれど・・・橋下さんが知事になってから、「大きな声を出しゃいいってもんじゃないでしょ」、
と突っ込みを入れたくなることもしばしば・・・という事に気づく。
朝日新聞の何の特集かどこの面だったか覚えてはいないのだが、最近、
大阪府の職員の一人が、「橋下知事になってから、今まで隠れていた問題点も出てきて、良い面もある」
というような内容のことを言っている記事を見かけた。

だけど私は、橋下知事には何か引っかかるものを感じ・・・そう、「声を大きくして物事を通そう」、
というのを、うまく表現できないが、何か感じる。
テレビというのは、一歩間違えると怖い。
そういう橋下さんを、コメンテーターとしては、私は頼もしく感じていたのだから。

引っかかるのが、この辺→ブログ『美しい壺日記』←詳しく書かれてあるので、クリックしてみてください。
(このブログの中のMSN産経ニュース記事はリンク切れになっていますが)
橋下知事は、「共産党が意見を通そうとするのなら、多数派になってから意見してほしい」
ということを、府議会で発言したことがあるらしい。(下線は私が引きました)
共産党に対してとか、どこどこ党に対してとか、そういうの関係なく嫌な言い方だな。
きっと、普段そういうことを思っているから、言葉に出てしまうんだよね。


ヒューレット・パッカートのパソコンで見ると…
2009年06月27日 (土) | 編集 |
初めて、ジャンルを「パソコン」で投稿してみた。パソコンを理解できない私が。

妹の家のパソコン「DELL」が壊れてしまったので、年数も経っているし新しいのに買い換えたという。
「HP」とあったので「HP」ってどこの会社かな?と聞いたら、
「ヒューレット・パッカート・・・?」と、妹が自信なさ気に言う。

ああ、そうかぁ、確かに。
アメリカっぽい?かどうか知らないが、まったくの素人の私でも、
DELLの方が良かった(速い?)のかな、と思ったが、まあ仕方ないけど。

で、自分のブログを見てみたら、字が全然違う。字体というか。
何となく、イメージが崩れる・・。自分のブログじゃないみたい。気持ち悪いな~(^^;
HPで見ている人がいたら、こんな感じで見られているのかと思うと、イヤだな~。
ちょっと息抜きに他の人のブログもチェックしようどれどれ、
と思ったら、「つなぐことが出来ません」というような画面になり、
いろいろいじっておかしくしても困るので、あきらめたが・・
電源を切ろうと思ったが、切れない。自分のとは勝手が違う。

ちなみにいつも私は、ソニーのVAIO(スペルは合っているだろうか)を使っている。
自分では管理の仕方が分からないので、ダンナに頼らないとならないのが痛いところだが・・。

この文章を書いているのは、古いデスクトップ型。
「インターネット・エクスプローラーに問題が生じました」というのがでて、
しばらくするとブラウザが消える。ので、注意しないとならない。


晴れた日には
2009年06月27日 (土) | 編集 |
今日はいつもよりも、妹の家にいる時間が長くなりそう。
こんなことで・・と思われる方もいるかもしれないが、私にとってはなかなか過酷である。
主に精神的に、かな・・。

「主婦」という存在があり「専業主婦」という存在があり、
旦那さんは家事を手伝うと「良い旦那さんね」、とか「偉いわね」と褒められたりする。
「主婦」が褒められるのは稀である。

たまに、激しい無力感。
固定された、身分。
「自分で選んだんだから」、と言われればその通り。

妹は仕事を持っていて、私は持っていない。
そのことを比べても仕方ない。
それが問題なのではない。

日本は国会議員の女性の割合が最低だという。
「ジェンダーフリー」は行き過ぎた考え、とか言う人もいる。

そこが激しい無力感の原因か。

テレビで、安売りの話になると、「主婦の方にとっては朗報ですね」という。
それは、主婦だけでなくて、買い物に来る人全員にとって、でしょ、と突っ込みを入れるのにも疲れる。


・・まあでも、とにかく、気を取り直して!
では、行ってきます。(´・∀・`)ノ


「地方分権選挙」に、「出来レース」、ですか。
2009年06月26日 (金) | 編集 |
ああ・・・疲れた・・・。
家族のことは書けないですが、もう次から次へと。
こんな時に、晴れている日に布団を干して、とか、
夕ご飯どうしようとか考えている私は、偉いわ!ものすごい偉い!
と、自分で自分を褒めないとやっていけませんw
ヤケですよもうw
(私よりもっとずっと大変な人だっていると思うと
愚痴って申し訳ないんですけれども)

ところでそんなこと言いながらも朝、ご飯だけはしっかり食べたけど、
(テレ朝の「スパモニ」を見ながら)
そこで、東国原宮崎県知事の話が出てきた。
番組では、なんだか、おじさん達(誰だかよく分かんない)が出てきて、
討論していたが、
東国原知事は今度の衆議院選挙を、『地方分権選挙』と銘打っているとかいないとか・・・。
そして出てきた、「出来レース」という言葉。

私がこの言葉を見たり聞いたりしたのは、おそらく、ここ何ヶ月か・・。
「出来レース」。何だそれは、分からんぞ。という。
すみません・・ちょっと時間がなくてここにはリンクさせないですが、
意味について、や、最近での使われ方については、ググってみてください・・。

話は戻るけど、「スパモニ」を見ながら、『地方分権選挙』と「出来レース」を使って討論しているおじさん達。
・・・何となく、距離を感じたなぁ・・。
”チホーブンケンセンキョ”→(*゚∋゚)(響きが鳥っぽいですね)に聞こえるし、
”出来レース”も、説明されないで話を進められると、馬を想像するし。

「お前アホじゃねえかブログやっててさー、そのくらいの言葉フツー知ってなくね?」と、思われた方。
そうかもしれませんねぇ。(´∀`)(´д`)
でも、別にテレ朝の「スパモニ」を全面的にどうかなぁと思っているわけではないけれど、
普段聞き慣れない言葉や分かりにくい俗語を、内輪だけで盛り上がって話されているような感じがして、
いい気分がしなかったんだよね。


ベビーシッターの仕事をするかも
2009年06月26日 (金) | 編集 |
私は、白黒つけ過ぎる性格ではないと思うけれど、
家族に、これははっきり言わないと・・という事は伝えるようにしている。

木曜日と土曜日、さらに妹の用事で姪っ子を見るのは、
ダンナのことやうぴしの世話もしながらの私にはとても大変だから、
(それにまだ母は当分車の運転ができないし、お灸にも付き添わないとならない)
「ちょっと大変になってきたし、ベビーシッターさんを早めに決めてほしいよ。
でも、週一回ならば、大丈夫だと思う。」ということを、妹に伝えた。
そのことは考えていたらしいが、
「それが決まったら、お姉ちゃんには週一回、ベビーシッターとして来てもらうってことにしようと思うけど」
と言う。
「ちゃんとそれなりにお金とか考えるけど」みたいなことを言っていたが・・・。

今も、妹の旦那さん(というかパートナー)がもらってきた商品券やビール券を、
使わないから持って行って、と私にくれるけれど、
姉妹だし一応は断るけれど、もちろん私もガソリン代とか夕ご飯がつくれない場合の出費はあるので、
妹はいろいろ複雑で大変なのに申し訳ないなぁ・・と思いながらも、もらって、使う。

けどねぇ・・姪っ子の面倒を見るのが仕事、みたいになってお金をもらうというのはどうなんだろうな・・・
まあ、いつかはパートでもアルバイトでも、仕事ができればと思っていたから、
無理のない週一回(5時間くらいずっと、「おかあさんといっしょ」のテンションでいるのは、私にとっては、
とても大変)ならば、いいかな・・プラス、臨時で月2回くらいあるくらいだったら。

けどね・・何となく、姉妹なのに子どもの面倒を見てお金をもらう、なんて、(麻生総理の定額給付金ではないが)「さもしい」感じもしてしまうんだよね・・。申し訳ないというか。うーん。
(定額給付金はしっかりもらったが)(ダンナはスピード違反で捕まって、ぴったり1万2000の罰金だった)
(私の1万2000円は・・税金の穴埋め・・)話が逸れた・・暗いねw(^ω^;)
必要経費だけもらえばいいのか、
それともビジネスライクにしてしまった方がいいのか、悩むところではある。

[READ MORE...]
しっかり者の妹、ボケている姉
2009年06月25日 (木) | 編集 |
ひと寝入りしてからお子守りにいかないととても持たないので、
(だって帰ってきてからうぴしの散歩に家事をし(ry)
1時間半くらい眠ったけど、・・・肩凝った。

このまえ姪っ子に、「ほらほら、とらじろうだよ~とらじろう~( ´∀`)」
と言ってぬいぐるみに指を入れて遊んでいたら妹に、
「お姉ちゃん、とらじろうじゃないよー、しまじろう。」と言われた。
・・・。そっか・・そうだ、しまじろうかぁ、これ。(^ω^;)(「しましまとらの しまじろう」?)

そして、仕事から帰ってきた妹に、
「でねぇ、飽きたら2階に行ったり、おにいさんといっしょを見たりさ~」
と言ったら「それって、おかあさんといっしょ、だよ~(´・д・`) 」と突っ込まれた。
(゜д゜) あらやだわ無意識に私ったら。
(でもおにいさんと一緒のほうがいいな私は・∀・)

・・・。では行ってきます。

最悪・・と言えるだけマシか・・
2009年06月24日 (水) | 編集 |
こんばんは。何だか、体が異常に重いです・・。
うぴし約14キロ+ちゃこ(うちの猫)4キロを足して計18キロを背中に背負っている感じ・・・。

この体の重さは・・・食べすぎ・・??
それか、ダンナが原因??まさか。

明日は母は病院に行きます。
もしかしたらまずいことに?(;゚Д゚)≡(゚Д゚;) ・・・ということも、明日分かります。
本人は何があっても仕方ないと言っていますが
それに甘えてというわけではないけど、私もそう思うことにします。
物事、やるだけやってみるというのが大事かも。(急にすごい他人事・・)
いや、他人事と考えるのは大事かも。私まで落ち込んでも仕方ない。
私が落ち込むと、余計に母に心配をかける。

母のことは置いといて。
それよりも、ダンナと私は大丈夫なんだろうかなという。
いや、私はダンナといると超疲れるという気持ちを制御できるのか、
そういう自分の気持ちを許せるのか、そっちが問題になってきた。
今のご時世マジで、気持ちで突っ走ってもシャレにならないことがある。
そう、金銭的経済的なことです。
こんな状態でキレてはいけません。いけませんよ( ・ g・)b
ダンナはここを絶対読まないので、こんなことが書けます。

・・・うーん・・はぁ・・すみませんこんな記事書いて。。。

明日はまたお子守りへ行きます。・・・けっこう精神的に重労働だという感じが・・。
母がお灸に通うので、その付き添いもあさってに・・。
まあ、これがずっと続くわけではないし、体重が減って元のジーンズが履けるようになればいいか、
と思うようにしよう・・。(まだ減ってないですが)

しかし冷静に考えてしまうわ・・。
結婚して同じ人とずっと一緒にいるって、ものすごい大変だな。
向こうもそう思っているかも。
掃除も洗濯もご飯も、私がやって当たり前なのは分かるけど、
困ったな~。今まで甘やかし過ぎたのかな。それとも、
私は働いてお金を入れていないのにわがまま言い過ぎか。←これが実は、一番考えてしまうところ。
私が働いてお金を得ていたら、こんなに肩身の狭い思いはしないだろう。
親もいるし家もつくっちゃったし無理だぞ、ともう一人の自分が言う。
みんな、よく耐えてやっているな~(´・д・`)
と言いつつも、いたって冷静です。カッカとしてしまっては、負けです。

・・・・。おやすみなさい。


犬舎焼失 被害金額
2009年06月24日 (水) | 編集 |

このニュースはきのう、朝日新聞の社会面で見た。
被害金額、と言えばそうなのだが・・・(または、総額と書いてあったかも)

被害金額?・・金額・・・


以下、毎日jp6月23日付の茨城県版の記事より転載

:::::::::::::::::::::::::::::::::

火災:坂東で犬舎全焼、犬200匹が焼死 被害2000万~3000万/茨城

 22日午前8時半ごろ板東市逆井のブリーダー会社「ペットプラザワンダフル」(黒沢美奈子社長)
の犬舎が燃えているのを通行人が発見、119番した。
境署によると、木造平屋の犬舎6棟が全焼し、飼育中の犬約200匹が焼死した。
被害金額は犬のみで2000万~3000万円に上るという。

 犬舎ではトイプードル、チワワ、ポメラニアンなど約20種の犬約200匹を飼育していた。
出火当時は、犬の出荷などで社長や従業員が不在だった。消防隊員が10匹前後を助け出したが、
残りは救出できなかったという。
犬舎の脇にある、洗った子犬をドライヤーで乾かすための乾燥室が最も激しく焼けているという。
【原田啓之】

:::::::::::::::::::::::::::::::::

私はこの記事の、「金額」と表現している書き方などを批判したいのではない。

この前朝日新聞の「声」欄で、幼い息子に、「何で命が売られているの?」と質問された母親の話が載っていた。(そういうニュアンスの話。一言一句が正確ではないのだが)
その時私は、犬が値段をつけられて売られているのは、やはりものすごく変だと気がつくのに遅かった自分の鈍感さが嫌だなと思った。犬以外の売られている動物に対してもそうだけど。
ホームセンターでずっと売れ残っていた、「アンゴラ」がこの前はいなかった。15000円くらい。
誰かの家で大切にされているのか、それとも・・・。

そして、自分自身は犬を「買いたい」と思ったことはなくても、
お金を出せば買えることに違和感を持っていても、頭のどこかで、
「やっぱそういう市場があるんだ」と思って通り過ぎていたこと。
ホームセンターで売られている子犬を、そう感じながら「かわいい」、と口に出して見ていたこと。


「キャンドルナイト」は確かにエコだろうが・・・
2009年06月24日 (水) | 編集 |
だいたい、ブログに何書いてるんだよ、って話ですが・・前の記事。

それは置いといて。

...................................

夏至の日に、「100万人のキャンドルナイト」という、催しが各地で開催された。
電気を消して、ろうそくの火を灯して、という。いつも忘れていて、後から思い出すんだけれど。

でもまあ、うちではそういうことをしたくてもできないしね。(笑)

確かにあの催しは、日ごろを見直す行動としてはきっかけになると思う。
だけど、その日だけで終わっているような気がしてしまうが・・・。

コンビニで、賞味期限が切れたからと、ドサッと音を立てて捨てられる食べ物があり・・
安いから買っておいて、料理して食べようとして結局できなくて、捨てられる野菜があり・・(私です反省)
おしゃれでカワイイ安い服を、使い捨てのように買い・・
ダイヤモンドを無料で配るという店に列をつくり・・・(テレビで見たあの光景は何ともいえない・・)

エコか。
坂本龍一さんは「エコはエゴでいい」と言ったが・・・「エコ イズ shut !」or「ECO is shut !」
の方が、私には響くかな。
(あのぅ・・みゃくうつさん・・ちょっとこの言葉お借りしてますm(_ _)m)
 または自分に。「ゆうこ is shut !」 (# ゚Д゚)

私自身としては、心がけていたら(というか、ただ単にガソリン代をケチっているだけ)、
車の燃費が上がった。
1ℓで11キロしか走らなかったのが、何と14.5キロに。
要するに急発進・急ブレーキをやめて、エンジンに負担のかからない運転をしてたら、
燃費は上がった。うーん、・・あまりにも違い過ぎるわ。気をつけよう。

あとは、すっごい我慢することもないけど、エアコンをつけ過ぎないとか。
(これも、うちでは無理か・・(-_- ))
あとは・・・いろいろ。反省だなー。物を増やさないとか。
ただし、環境に負荷をかけないようにするのは良いと思うけれど、
生活に潤いが無くなり過ぎないように・・かな。
・・・もともと潤いがない場合は別だけど。U´・ω・`Uショボーン


「許す」ことができるか
2009年06月23日 (火) | 編集 |
こんなことブログに書くなよ~(´・д・`) と思われそうだし、いきなりなんだけど、
ダンナと私は、仲はあまり、よろしくない。
ここには書かないこともたくさんあります。
12年も一緒にいればそれは、お互いに粗(あら)が見えてきてしまいます。(見え過ぎ?)
子ども時代はダンナの方がずっと、お金持ちの家の子どもらしく過ごしたので(というか、うちが特殊)、
金銭感覚が違い過ぎるとか・・。
あと、ダンナの実家では、パック入り牛乳を皆でそのまま、コップに空けずに口から飲んでいた、
とか、えええっ!な習慣も・・。
私が嫌な顔をしたので、結婚してからそれは一度だけでしたが。(細かい話ですねw)

だけどねぇ・・・最近はね・・辛いですよはっきり言って。
些細なことが目に付くのですお互いに。そうすると、許せない。イライラする。
多分、ダンナも同じだと思う。
(何書いてんだw)

朝日新聞の青のbeで、『勝間和代の 人生を変えるコトバ』というコーナーがある。
6月6日付の<許しには、力がある>には、頷ける部分があった。
それを読んで、自分だけが被害者ぶっていないだろうか、ダンナだけを責めていないか、
とちょっと反省した。

でも、私はダンナにイライラすることが多いが、それは我慢すべきなのか、
ダンナを許せるのか、ダンナに苛立つ自分を許せるのか。・・とも考えたし・・。

2年くらい前、岡本太郎の、『自分の中に毒を持て』という本を衝動買いした。
あまりにも現実離れしていて、羨ましいがこんなことは常人にはできっこない、でも羨ましいと思った。

その本の中の一節より。
.........................................
~第3章 相手の中から引き出す自分それが愛~
 ぼくは、結婚という形式が好きじゃない。
 男と女の関係は、証明書を発行し、形式的にワクにはめられるようなものではない。
一人の男性は、すべての女性にとって、友だちであり、影響をあたえ合う存在であるし、
一人の女性は、すべての男性にとって、つながりうる存在であるはずなのだ。しかも、男の存在のしかた、女の存在のしかた、その双方がむすびついて、初めて、広がりのある”世界観”が形成されると思う。
 形式的に結婚というかたちで、男と女がたがいに他をしばりあう。2DK,3DKと、小さな境界線を立て、けちくさい空間、スペースに自らをとじ込める。
 これは卑しい考えだ。
 小市民的な平穏を、いじましくまもるだけの考えではないだろうか。
 人間には、自由という条件が必要だ。自由というのは、たんに気楽にやりたいことをやるのではない。そうではなく、できるかぎり強烈な人生体験を生きるのが、自由の条件なのだ。
...........................................

ええっと・・ああ・・私のダンナの話からは少しずれてしまうが、
朝日の青のbeの中に、「悩みのるつぼ」というコーナーがある。
この前私が読んで考え込んだのは、「40代高校教師だが、17歳の教え子を好きになってしまった。
どうしたらいいか」という相談だった。それでこの岡本太郎の本を思い出したわけだが。
続く。


一つ前の記事の続き&『一人でもデモ』 新宿駅西口にて
2009年06月22日 (月) | 編集 |
「護憲派」、「改憲派」、両方がいるのは当たり前。
ただ、どちらも自分の主張の「変える!」「変えない!」の一点張りだけだと、
不毛になってしまう。
どちらの派でも、一点張りな人だけではないと思うが、
マスコミがその人達を報じると「ゴケンハ」、「カイケンハ」となり、
右から左へ、左から右へ、耳を通過する。

何でそうなるのかな。
だって、小泉元首相のことを「ワンフレーズな人」みたいに言いながら、
テレビだってワンフレーズじゃないの?・・と感じるんだよね私は・・そんなんばっかりじゃないかもだけど。
新聞も似たようなところがあると思う時がある。
テレビや新聞の批判ばかりしていても仕方がないけど。
(テレビや新聞を見て考えさせられることもしばしばなので、全否定はしない)

日本はこの先、どこへ向かうのか不安になる。でも、自分一人ではどうにもならない。

「戦争反対」、「憲法改正反対」、と叫ぶ市民運動やデモ活動は、私自身は、自分が初対面の人と話すのが苦手というのは置いといて、あれに加わると、自分の周りに撥水加工の膜ができるのでは、と感じる。
私はそうなりがちな人間だろう。「ダメなものはダメ」になりやすいかも。改憲派を拒絶しそう。
だから、集団でのデモ活動には、私個人としては抵抗があるかな。
そういう市民運動をしている人を批判する人がいる。けれど、私は何もしないよりかはずっといいと思う。
私は市民運動を影から見て応援する。一人もデモ活動をしない社会なんて、健全ではないよね。
(ただ、青ヘルとか赤ヘルとか、”過激(?)”という感じのするサイトも見てみたがよく分からなかったけど・・・)

東京の新宿駅西口で、『一人でもデモ』活動をしている写真画像を、このブログで見かけた。
『ブーゲンビリアのきちきち日記』→ちょっとリンクがうまくいきません・・。
記事の一番下にあるので、ぜひ、ブーゲンビリアさんのブログも見ていただきたいです。
(ブーゲンビリアさん、無断でリンクさせていただきました。いつも見てます。m(_ _)m )
広い通路で、スケッチブックや大きい紙に自分が社会に訴えたいことを書いて、掲げる。
「武力で平和はつくれない」とか、「郵政民営化は疑問だらけだ 選挙で出直せ」とか、そして、
「PEACE」と書かれた、カラフルで虹のような旗を掲げる人も。

少し前の記事では、若い女性も見かけた。写真は苦手なのだろう、硬い表情に見える。
笑って映っている人は少ない。でも、一人一人が違う言葉を書いて掲げているのにもかかわらず、
その一人一人の表情や眼差しには、強さを感じた。
弱い個人個人でも、結びつくと強くなると思うが・・ブーゲンビリアさんも書いていたが、若い人が少ない。
私ぐらいの年齢の人でも見かけないかな。そういう活動ができるのはもしかしたら、余裕のある人かもしれない。それか、雨宮処凛さんが先頭に立つような他のデモには、出ているのかもしれない。
私は自分のブログで、思っていることを記事にしたり。他の人のを読んだり。
今のところ、それしかできないのだが・・・。

新宿西口の「一人でもデモ」、に参加できればいいが、すごく勇気が要りそう・・なかなか・・
または、自分が地元で「一人でもデモ」をする、ということもできる。
うーん・・だけどねぇ・・・地元でプラカード掲げてデモ、なんていう方がもっと勇気が要るかな。要るね。

やっぱり、無関心なのが一番怖いかな・・。
無関心が一番怖い。
ブーゲンビリアさんの、『ブーゲンビリアのきちきち日記』より→新宿西口にて

憲法9条を改正したら良いことがあるのかな
2009年06月22日 (月) | 編集 |
私が以前書いた、この自ブログ記事→2008.11.26に、コメントを下さった方がいた。
改めて考えてしまったので、今日はこのタイトルにしてみた・・・。

ブルーハーツの、『爆弾が落っこちる時』という歌を思い出した。

爆弾が落ちる時は、「左」の人も「右」の人も、民間人も軍人も関係ないだろう。
お金をたくさん持っている人かそうでない人か、そんなことも関係ない。
やわらかくて温かい人間の体が、一瞬にしてちぎれてしまったり、焼けただれる。

私は、だから、戦争は嫌いだな。
自分がそうなりたくないし、人間がそんな状態になっているのを見たくない。
人間以外の動物や植物も無残に死ぬだろうし。
(パレスチナのオリーブ畑がブルドーザーでつぶされる画像を見たことがあるが、
「あーあ・・・」と思った)

きれいごと? そう思う人は思うかもね。

現に、アメリカなどで使われている戦車とか、その他もろもろの戦争用品は日本の部品が結構使われているのだろう。
それを作っている工場が、日本にあるのだろう。
インド洋沖で燃料補給をして、イラクにも自衛隊を出して、もう半分足突っ込んでるじゃん、
だから今さら、「護憲」「憲法9条改正反対」を叫ぶ必要なんてないんじゃないの?、
という人も中には、いるだろう。

だけど・・・”憲法改正論議”が水面下で着々と進んでいそうな(というか、進んでる?)今、
「憲法9条は改正しない方がいいと思うよ・・」ということを言いたい。

<日本国憲法 9条>
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の武力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。


これを変える必要があるだろうか。
有名無実化してるから現状に合わせろ、(だから変えろ)と?
もっと出て行って「普通の国」にならなきゃ置いてけぼりを食うから(だから変えろ)、と?
そうかな。憲法9条変えない方がいいと思うけどね。

私は戦争は嫌いだな。だからせっかく自分のブログがあるのだから、「戦争好きくない」というカテゴリで、
たまに記事を書く。なぜ、「戦争反対」または「戦争反対!」ではなく、「戦争好きくない」という中途半端なカテゴリ名にしているか。

「ダメなものはダメ」と、以前、元社会党党首の土井たか子さんが言った。
あの時私は、「そうだよね。ダメなものはダメ!そうだよ!」と土井さんに賛同した。
でもずっとそれを言っていると、良いことだと思うのに、自分の周りに壁ができていることに気が付く。
だから、自分に似合っている表現で、「戦争好きくない」というカテゴリ名にしている。
私は憲法9条を変えない方がいいと思うけれど、自分自身の事は、「護憲派」とは表現したくない。
「戦争反対!」と叫ぶのと同じように、「護憲派」と名乗った時点で、自分の周りに壁を作ってしまったような感じを覚えるから・・・。

もう少し書きたいことがありますが、ちょっと長いですね・・
続きはまた明日(というか今日)書きます・・。


モコモコな犬・15歳7ヶ月
2009年06月20日 (土) | 編集 |


今回は3日連続で今日も妹の家へ。
忙しい方がいいのだろうか、それとも後で精神的に参るのか。
母のことも心配だし。
今度骨の検査することになったし。
(母のことは詳しく書けなくてすみませんが・・)

なのにこんなことやってる・・いえこれは、息抜き、かなぁ。

母は私のことを心配している。だから大変だなんて言えない。
「パキシルを飲むと攻撃性が出る」という情報をテレビかどこかから得て、
私のことを心配している。
心配されないようにならないとなぁ・・。
自分が頼りなくて嫌になる時があるけれど、そんなこと言っててもしょうがないし。
頼りがいのある人にならなきゃならなぁ。


うぴしのうしろ姿を描いてみましたが、微妙な動物になってしまいました。

気合を入れるのにもなかなか限界がある。(なのにブログを書く気力があるのは不思議だが)

妹は私のさりげない「先生は看護師さん入れる気ないの?」という質問にまずいと思ったらしく、
週一度はベビーシッターさんを頼むという。
これにも自分に嫌気が差す。何も私が行ってあげればいいじゃん。
・・・だけどこんなこと思っても不毛だ。私がずっと続かないのは、目に見えている。
妹がベビーシッターさんを雇うのが正しい。私もそれを希望していたんだから。

家族の誰も、私のことは理解していないだろう。
でもそれは、私も同じ。家族全員の心の内まで分かるのは難しい。でも分かろうとしたい。
言葉は大事で、私の一番理解して欲しい人はしかし、それを拒む。
疲れていても私は、自分を殺す。家にいるのに疲れてていいのかな本当私。
(ブログで愚痴っちゃいけないですが。)
そういう時は一人でふっとどこかへ行きたいけどそうもなかなかいかない。
ううん、そんなこと言ってないで出かけたい。

:::::::::::::::::::::::::::::
では、行ってきます。その前にうぴしの散歩だ。うぴしのことだけは手を抜かない。
・・うぴしとずっと一緒にいたいなぁ・・。今のうちにできるだけ、モコモコ毛を抱きしめておこう。

コメントありがとうございます!
コメレス遅れてて申し訳ないのですが、帰ってきて一休みしたら書きますね♪


姪っ子を抱いて人間の尊厳を考える
2009年06月19日 (金) | 編集 |
きのうはいつものように、姪っ子のところへ。
1歳10ヶ月だが、どんなに小さい人間とでも、人間関係だなぁと感じる。

私は子どもの頃からずっと、子どもが苦手だった。
自分の身近にいなかったというのもあるけれど、友人が次々に出産して子どもを産んで、
お祝いに行ったりしたが、心から可愛いとは思えなかった。子どもが怖い。
心の中でどこか壁を作る。友人達は独身の人も含め、皆子どもを可愛がっているようで、
母性のかけらも無いのは私だけだろうと思った。

妹の子が生まれても同じだった。子どもに接するように話せない。
でも、姪っ子と一緒にいる時間が増え、それでもいいのだと感じた。こんな私でも、成長したのかも。
「どんな仲でも、礼儀あり・・」(なんて言うとちょっと偉そうにという感じになってしまうけど)という気持ちで、
接している。
子どもも同じかなぁ。大人と違う言葉を使わなくても(使わなきゃ、と自分が思いこんでいた節もある)、
目線を同じにして思いやっていると、
(姪っ子と二人だけにされると最初は不安だった。面倒が見れないかもという理由ではない)
姪っ子は私のことを以前よりもっと、親しみをもって接してくれるようになった。

きのうは夕方、少しだけ外へ出た。妹が「車はこわいよ~」と教えているのだろう、
姪っ子は車の音がするとすぐに、私に「だっこぅー」と言って頼ってくる。
抱っこしてあげるとしがみついて、自分の足を私の腰へ絡める。可愛い。
人間関係が出来てきたと感じた。


・・・ここで急に思い出すのは、老人ホームで、ホールに集められて童謡を歌わされて、時には手だけで、
幼い子どもが幼稚園でするようなお遊戯をさせられている高齢者たち・・。
「させられて」なんて、ずいぶん決めつけた書き方をしてしまったが、もちろん、専門家から見てそういうことをするのが適している、という認知症の高齢者も中にはいるだろう。
でも私は、自分自身がおばあさんになって老人ホームに入らざるを得なくなったとしても、
認知症になったとしても、あれは嫌だなと思う。
今日のブログ記事のタイトルに、人間の尊厳という言葉が入っているのはそれを思い出したので。


人間の尊厳・・・いろいろ浮かぶ風景がある。無差別殺人、孤独死、家が無い人、子どもの教育費を捻出するため掛け持ちで仕事をして体を壊す親・・介護に疲れて自殺する人・・
日本は本当にひどく、人間の尊厳よりも経済(--「ケーザイ」という軽さを感じ--)が大事になってしまった。


医療技術の進歩は、自然に死ぬことができない人を圧倒的に増やした。
この前亡くなった伯父も、亡くなるまで1ヶ月以上は意識が無かったらしい。
糖尿病は腎臓を破壊し手足の壊死を起こし、もう回復の見込みは無かった。
でも、血圧を上げる薬、透析、酸素吸入器・・その他の医療行為によって伯父は生かされ続けた。
それが本当に伯父の望むことだったのか。(かといって家族を責めているのではない。)
伯父の苦しみを想像すると、明るくてひょうきんだった昔の伯父とはあまりにかけ離れていて、
医療を施すって何だろうと考えてしまう。

:::::::::::::::::::
「脳死は死」衆院通過
[ 臓器提供を増やすため、原則として「脳死は人の死」と定め、子どもからの提供にも道を開く臓器移植法案改正のA案が18日、衆院本会議で可決され、参院に送られた。 ]
 (6月19日付朝日新聞一面より一部抜粋)
::::::::::::::::::
ちょっと時間がなくなってしまったが、このことについても考えさせられてしまう。
時間がない。またちょっとおいて考えよう・・。
ではまた行って来ます。

2009年06月19日 (金) | 編集 |



ちょっと遊んでみた。
眠い・・(´=д=)
おやすみなさい・・・。

足利事件の冤罪被害者Sさんのこと
2009年06月18日 (木) | 編集 |
また、足利事件の冤罪被害者Sさんのことで、すごくアクセスが増えた。
”Sさんに知的障害がある”という流言はどこから出たのか、ネットで調べてみたが、
これが元々の?というのはあったけれど、正確なことは何も書いていない。
どうしてこんな流言が流れているのか。事実なのか。
だったら、どうなのか。

”Sさんは知的障害である”と書いていたあるブログは、IQがいくつとか、そんな具体的な数字まで書いてある。でも、踏み込んでいない。
踏み込んでいないからといって、私はそのブロガーさんを責めたいのではない。
Sさんの障害云々よりも、どうしてこんなにアクセスがあるのか、それが気になるが、
それは私が一時的にタイトルにアップしてそれが残っているから。
Sさんの障害云々について、書いている人が少ない。いくつかあるけれど、さっき触れたように、
ちょっと触れてあるだけ。それでここに来るのだろう。

それとはちょっとまた話が違うんだけれど、
この事件の冤罪被害者のSさんについて、
DNAが違う・・・冤罪ではないか・・と報じられてからSさんが釈放されるまで、テレビでは、
何度あの映像が流れただろう。
Sさんが「私ではないのに」という苦悩の表情で(と私は思った)首を少し横に振りながら、
警察関係者(捜査官なのか)と、連行される(なのだろうか)様子を、
証拠のDNAと違うと分かってからも、テレビに流し続けた。

Sさんの様子はきのうもテレビで伝えられていた。
新幹線に乗るのは昭和49年以来だとか、Sさんが小学生に話しかけている図を映したり。

Sさんは、テレビで自身が連行されるシーンが映っているあの映像が、全国でおびただしい回数放映されたのを知っているのだろうか。
それに、初動捜査の段階でSさんのことをセンセーショナルに取り上げたこと。
「犯人」であればセンセーショナル的で、冤罪だと分かると急に低い腰になってSさんを扱った。
でも私は、あの映像を日常の風景みたいに「ふーん」とお茶を飲みながら見ていた。
そんな自分もバカかと思う。
テレビ局関係者は、「私達はあなたの映像を、あなたが犯人だと多くの人に思わせてしまうような映像を全国に流してしまいました」とSさんに伝えたりしたのだろうか。
・・・そんなことはしていないような気がする。
私は気になるところがズレているのかもしれない。
だけど、Sさんはきっととても穏やかで人に何か頼まれたら断れない性格なのかなぁと私は想像するが、
テレビ局はそのSさんの人柄に甘え、そういう情緒的なことばかりを流して、
肝心なところを避けて通ってはいないだろうか。Sさんに、「私達マスコミは世の中に事件のことをこう伝えました。あなたのことを犯人として扱いました。間違っていました。申し訳ありませんでした」と、謝る、わびる、頭を下げる、そういうことはしないのだろうか。

テレビでは(テレビに限らないが)、警察の捜査の怠慢などを追及して、世間に関心を持たせたという桶川ストーカー殺人事件の報道などもある。
でも、今回の足利事件にしても松本サリン事件の事にしても、最初からセンセーショナルに報道して、
人々の「何?何?」という、知りたい心にだけ向けていて、地に足が着いているとは思えなかった。というか、思えないというか。
書く時間がなくなってしまった。うまくまとまらないが・・。


「大政奉還」・・?
2009年06月17日 (水) | 編集 |
・・いつも思うんだけれど、マスコミは言葉を大切にしているのだろうか、と。
今朝のテレ朝の「やじうまプラス」という番組で、画面の右上に
<自民は大政奉還すべき>という、文字があった。

16日の衆院本会議前の自民党代議士会で、自民党の古川さんという議員(郵政造反組だそうだ)が、
「鳩山政変をもってわが党は決定的に国民の信を失った。この際、大政奉還を決断し、国民の懐近くに帰り、保守政党としての原点に戻るべきだ」(msn産経ニュース)
と、発言したという。(下線は私が引きました)

でも、古川議員という人が表現した「大政奉還」とは、私が歴史の授業で習った内容とは違うような・・。
今、自民党がこの状態ではどうしようもない、と言いたいのは分かる。
でも、変に上から目線で、今ひとつ庶民の感覚からはズレているような物言い、という印象・・。
それをそのまま、「自民の若手がこういう風に自民党のことを言っている」と、”やじうまプラス”は伝えていて、それがまた、ヘンだな~、と感じてしまうよ。(テレビ朝日の人、そのまま伝えてしまうのか?)
古川議員に対しては、失礼なんだけれど、<大言を吐く> という連語を思い出してしまった・・。
(「大言」:①堂々たる意見。②えらぶって大げさに言うこと。高慢な言葉。高言。)by旺文社国語辞典

「全てのマスコミ」が、大政奉還発言を ”そのまま” 伝えているということはないだろうが、
「この人(古川議員)こんなこと言ってるけど、大政奉還とは本来こういうことですよ」
と突っ込みを入れたほうが・・・と思うけど(ブログや2chなどでもう入れられているのだろうけど)、
こんなことで引っかかる私は細かいのか?いや、引っかかっている人は多いと思うけどね・・。

マスコミ(・・全般というよりもテレビ局)って緊張感がないな~(・・自分のことは棚に上げてるけど)。
民放の朝のニュース(ショー)(show)では、政治のことにまでおどろおどろしい曲がついている。
ああいうのは、伝える姿勢に真剣味がない。白々しく感じる。(だからと言ってNHKが良いとも感じない)
(もちろん、国民が重要なことを何も知らされない北朝鮮のような国と比べれば「雲泥の差」
なんだろうけれど、そういうのは置いといて)


雷が怖いよ~~((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
2009年06月17日 (水) | 編集 |
いい年して雷が怖いってさ・・ぶりっ子(うゎ死語ですね)・・痛いわ・・と思われるかもしれないが私は、
雷が苦手である。
(ケイタイでしか「ゎ」が出ないと思って試しにやってみたら、「xwa」と入れるとパソコンでも出ますね・・
すごい・・発見。)

この前もすごかったけど、また今日も(明けて昨日)雷が。
夕方(・・というかもう夜だった)うぴし用フードを買いに行って、ホームセンターから出たらすごい雨だった。

やはりまだ体がだるく、家事をするのに時間がかかり(というかのんびりしてしまった)、
あっという間に夕飯の時間に・・。
「うっそー(`゚Д゚´)やだこんな時間。・・しょうがないわ~うぴしのご飯買いに行くついでに今日は夕ご飯をスーパーで買ってきちゃおう」と思い、出かけたが、
ホームセンターの後スーパーに寄り100均にも寄り、あと薬局にも寄ったら、疲れてしまった。

何とかダンナのご飯だけは用意。
雷と雨の中を、とにかく散歩に行かなきゃ、と思い、ダンナに半ば本気で、
「もし私が帰ってこなかったら雷が落ちたって事だから探しに来てね」と言ったらダンナは、
「はいよ~~(・∀・)ノ いてら~~( ´∀`)/~~」と普通に返事をしていたので「ちょっとま・・( #´・ o・)」
と言いかけたがやめた。
レインコートをうぴしに着せて、意を決して家を出る。・・しかし雷と雨がひどく、ピカッと光るたびに「いやぁぁぁぁぁー!」「早く、うぴしっ、早く」と、うぴしの散歩用の胴輪の背中の部分を持ち上げながら、
何とかやっとこさ、帰ってきた。

私が差している傘は上のとがっている部分がプラスチックだから、雷は落ちにくいかな~とか、
でも建物が何もないところが続くとヤバそうとか、雷が落ちたら、うぴしが体にしている金属に回っちゃうかな・・するとうぴしが死んで私は大丈夫なのか・・いやそれともどっちもダメ?とか、
いろいろ考えて縮こまりながら歩いてびしょびしょになって余計疲れた。うぴしを拭くのにも時間がかかった。
・・・・。寝よう。おやすみなさい。

郵便局は「郵便局株式会社」なんだね
2009年06月16日 (火) | 編集 |
郵政民営化は良くないんじゃない?・・などと言っておきながら、知らなかったことがある。
以前の「郵便局」が、「郵便局株式会社」になったこと。(略称は「郵便局」)
JP郵便局のロゴと、制服にばかり目がいっていたが、郵便局株式会社が正式名称ねぇ・・。
もちろん、民営化されたのだから以前の郵便局ではなく、
何か名前が変わったのだろうぐらいに考えていたが、そのまんまじゃん・・。
なんと、この前、私の家のFAXに、「関連会社」から間違いFAXが送られてきた。

桃をお客に送る「○○会」という販売所みたいな所の発注の確認書のようなものだったが、私は最初、
妹が病院の先生のお付き合い用のを間違って送ってきたのだと思った。
お客の名前と住所が書いてあって、訂正した字が妹そっくりだった。でも、違った。
しばらくして、別のFAX。
「郵便局株式会社」の名前と「郵便局株式会社カタログ販売センター」の名前があり、
間違えてお宅に送ってしまったので、必ずこちらに連絡して下さいと書いてある。
普段いつも留守電にしている電話にも、「郵便局・・」から、男性の声で録音が入っている。

電話を必ず下さいって・・かけたらヤバそうだな。怪しいなぁ・・
新種の詐欺?と、警戒してしまった。

FAXが送られてきたのは土曜日だったがこの間、2,3回やり取りがあった。
おととい日曜日、そのFAXの用紙を東京から回収に来るという電話がきた。(10件くらいの個人情報が書かれていたと記憶している)
私が、”土曜日に夜遅く帰ってきた夫が「○○会」に電話したら、「廃棄してください」というので、
破いてゴミ箱かどこかに捨てました”と言ったら、「とりあえず上の者とそちらに行きます」という。
(FAX用紙は、ゴミ箱をひっくり返して探したら出てきた。テープでくっつけて何とかなった)

で、きのう東京からはるばる、そのFAX用紙のためにカタログ販売センターの人たちが来たわけだが、
NTTグループの「テルウェル東日本株式会社」というところの人達だった。(委託かな・・)
10件ほどとはいえ、個人情報が漏れてしまったので(私とダンナが知ってしまったし、ゴミに出しても万が一誰かが盗むとも限らないということだろう)、郵便局株式会社の方にFAXの現物を出して報告しなければならないという。
特急に乗って本人と上司でここまで来られて、菓子折りまでもらってしまい、恐縮してしまった。
大変だなぁここまでしなければならないのか・・と思ったがまあ、確かに個人情報が漏れたんだし・・。
(もちろん、間違えたのは向こうとはいえ、少々気の毒になった)

それよりも、電電公社(日本電信電話公社)が民営化されて「日本電信電話株式会社」(そうかこれが正式名称か・・今さら)NTTになり、ものすごく業務が細分化されて子会社がたくさんあるように、
郵便局もそうなんだ・・・「ふるさと小包」なんかも、郵便局株式会社カタログ販売センターが業務をしているが、その業務を委託されているのがNTTグループとは・・。
そういうことを知らなかったなー私。
郵便局は総資産が3兆円を越えてて・・かんぽ生命は総資産112兆円・・・
アメリカがこのお金をハゲタカのように狙っている・・みたいなことをネットでたまに見かけるが、
よく意味が分からなかった。
が、今回のことで少しは自分の頭で考えることができた。

悔やまれるのは、2005年9月の衆院総選挙で国民は、
なぜ、「郵政民営化」を選挙の争点にした小泉自民党にあんなに票を入れてしまったのか。
(しかし小泉さんってまだけっこう人気あるんだね・・それが私には分からん)
悔やまれる・・・。
「さわやかで仕事ができそうな小泉さん」の演出に乗せられた人が多かったのだろうが、
(私はあの時自分の選挙区の候補は民主党、比例代表は社民に入れた)
何かにつけ、冷静に考えることは大事だよね。


(´-д-)....zzzz ...( -_-`)..zz..
2009年06月15日 (月) | 編集 |
こ、こんにちは・・・。
まるでうぴしを背中に背負っているように、体が重いです。U´・∀・`U ←多分、今14キロ
眠すぎるし。困った・・。

要するに5月中旬くらいからの私の生活は、いろいろと限界点を越えている。
・・・姪っ子の面倒を見ることは、自分の妹だから何とかしてあげたいが、
でも私自身が元気でいないとダメだわ・・。
きのうは、一日中ほとんど動けなくて洗濯とざっと掃除をしただけだった。

きのうは、ダンナがお昼過ぎにバイクを車検に出しに行った。
私はどうにも動けなくてうとうとしながら、
「ああ・・バイク最近動かしてなくて大丈夫かな・・。」と思っていると、
一旦止めたアイドリングをまだやっている。
私はバイクの音はそんなに嫌いではない。ただ、ダンナはマフラーを換えているので爆音である。
ちょっとー、まだ行かないの??と思っていると(ダンナごめんなさい)、

「ちょっとこっちへ来い!」という隣のおばさんの声と、
「っだよ、くそババアうるせえな!」というダンナの声がする。

「あああぁぁー?」
「もうーーー!!勘弁してよ!あのおばさんとトラブルを起こさないでよ~」
←私。目が覚めた。

隣の家は親戚だがいろいろあって付き合いがない。
ピンピンしているのに要介護認定をうまく受けて、
自分たちの要望がかなわないと理不尽なことでも市役所にも文句を言いに行って、
市内ではちょっとした有名人である。「まとも」じゃない。

だけどね・・・ダンナ・・
アイドリングはもうちょっと短い時間にした方がいいよ・・確かに近所迷惑マジでうるさい・・・
と私は思ったが言えなかった。

ダンナはいいな~(´・д・`) ・・・と思う時がある。
この前埼玉の伯母といろいろ話をした時に、「男の人は外に出れば大変だからねぇ」と言っていたが、
そりゃ男に限らんだろう女も男もどっちも大変でしょ、
と思ったが面倒なので、「そうですよね~」と言っておいた。

だからもちろんダンナも仕事でいろいろ大変なのだろうが、
私のように専業主婦でイレギュラーなことばかり強いられていると、そうも思ってしまう。
妹は妹で、「子どもの将来や幸せ」のためなら「周囲に迷惑をかけるのは当然」と思っている節がある。
いいんだよ、迷惑をかけて。
でも、「やむを得ず」と、「ただのわがまま」を取り違えるなと言いたい。分かるんだけどね。
(妹はこのブログを見ていないだろう。書いてしまった)

イレギュラーなことを”強いられている”・・・?
いや、強いられたくない。
どう考えても、「NO」なことは、はっきりと、「NO」と言えばいいんだよ。
・・・こんな勢いよく言ってて、母に頼ってばっかりだった私・・・面と向かっては言えないのでここで、
「これからは私に頼って大丈夫だから」、と。・・・・。

でも、これだけは。
一日一回は、家族の誰がどう思おうと、ブログは書きたい。


あと、ちょっと追記。
バイクと言えば、・・・

[READ MORE...]
2009年06月13日 (土) | 編集 |
今の時代では、
「ありがとう」とか「さようなら」とか、
「ごめんなさい」や「また明日」という、
シンプルな世界に戻るのは難しい。

ネットの世界にいても、私はいちいち、細かいことを考える。

山の中で木に囲まれて一人、風の中にいても、おそらく全然さみしくはないだろうに、
例えば都会に遊びに行って人ごみの中に一人でいても、全然さみしくないかもしれないのに、
ネットの中にいると、
とてつもなく独りなのではと感じることがある。

「人のいない場所で一人」より「雑踏の中で一人」の方がさみしさを感じる、
というのは長い間のテーマであるだろう。

新しく、「仮想空間の中で」が加わった。

いっそのこと、パソコンをお風呂の水の中に投げ入れてしまえとは何度も思った。
だがそうできないのは、さみしくなるのが分かっているから。

私は携帯電話は持たない方がいい。
きっと、いつでもすぐに開けるとなったら、依存症になってしまう。



2009年06月13日 (土) | 編集 |
私は役目を得たので、堂々としていてもいいことになった。
けれど皮肉なことに、その役目のせいで疲れてしまい、
自分が本当にやらなければならないことややりたいことは、
つい手抜きになった。
なのに、ネットに向かっている。
年齢や性別など関係ないのかもしれない。
「相手にしてくれる人の数」が大事で、
本当に大切にしてくれる人は傍にいるのに気がつかない。
(未だに数が大事という痛いブロガー)(否、「数も」)
(たいしたことも書いていないのに)

秋葉原事件の加藤容疑者は、携帯のサイトに出入りし過ぎたのだと思う。
彼には、仲間が、涙を見せてもいい「リアルの」仲間がいたというではないか。

仲間は、「俺たちは何だったんだ」と言っているという。


私は加藤容疑者のように庖丁で人を殺したりはしない。
そんな考えはまったく理解できないから。
でも、一度インターネットにこだわると、仮想空間を知ると、
そこで存在意義がないと、生きていても虚しいような感じさえしてしまう。

なぜだろうか。


・・・って・・バカかwww(  ゚,_ゝ゚)  (注:(w)というこの記号、好きではない人は多分大勢いますよね。
でも、しっくりくるのです、画面上では)
:::::::::
きのう開けっ放しで寝たら、お腹を壊した。
胃と腸のつなぎ目が痛い。
:::::::::
実際は、生きていても虚しいなんて言っている暇はなく、
ただ毎日が過ぎていきますよ。


モコモコ頭がライオンみたいなうぴし(画像アップしたいのになー)
2009年06月13日 (土) | 編集 |
am4:45です。
あと3時間後に出かけなくては・・。
うぴしの散歩も行って。
Fight!!

うぴしはきのう、ヨボヨボ歩いていたら(でも元気)、
近所のおばさんに
「かわいそうじゃーん」と言われた。
ん?かわいそう?何でだろう。何がだろうな。
「15歳半なんですよ~」と答えた。

U´・∀・`Uノシノシ ←しっぽ

[READ MORE...]
『骨太の方針』って、どこの言葉??
2009年06月13日 (土) | 編集 |
テレビから聞こえてくるニュース。
「いわゆる『骨太の方針』が・・・」と、キャスターが言っているが、
今日、急に、
「そういえば『骨太の方針』って、何だ?骨太?
政府が自分で言っているの?自画自賛?何語?どこの言葉?」
と、疑問符がいっぱい自分の頭の中に・・・。

まず、国語辞典で調べた。
ほね-ぶと【骨太】
①骨格のたくましいさま。(例)「---の指」
②気骨や気概のあるさま。「---の作品」
 by旺文社国語辞典

(ちなみに、近くに「骨抜き」という言葉もあったが、
「気骨」「骨っぽい」「骨無し」「骨張る」「骨身」など、「骨」を使った言葉はけっこうあるものだと思った。
しかし、政府が、国語辞典にある”「骨太」だ”と感じられたことは、
『骨太の方針』が使われてから一度も無いような気がする・・のは私だけか・・
だって頼りないんだもん日本の政府・・・年金とか医療とか介護とか教育とか)
(ちょっと付け加え・・・ただ、国民皆保険制度はいいと思うけれど・・介護をもう少し何とか)

「今現在、報道で一般的にどういう意味で使うか」と思いwikipediaで調べてみた。

骨太の方針(ほねぶとのほうしん)とは、2001年6月に答申された「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」に際して、当時の内閣総理大臣小泉純一郎が、聖域なき構造改革とともにキャッチフレーズ的に使用し、一般国民に浸透させた言葉である。・・・後略。

キャッチフレーズ的・・って、そうだったのー。・・・・。

骨太の方針2009は、毎日新聞のこの記事が私には分かりやすかった。
<骨太の方針>2009素案明らかに 赤字半減「5年以内」....毎日新聞2009年6月9日配信
 →こちら
すみません、今さら・・という感じなのですが、よく分かっていなかったです。

しかし・・・変な言葉だな~。というか、キャッチフレーズ?
ふーん。はあー。
永田町言葉?
・・・・。
居心地悪い言葉というか、気持ち悪いというか、
『骨太の方針』。


ちょっと疲れたにゃー
2009年06月11日 (木) | 編集 |
今日は、またお子守りへ。
うーん・・ちょっと疲れてるかな。
妹がこのブログを見ているかどうかが分からないから詳しく書けないけど、
いろいろどうなるんだろうな・・と思って心配な部分と、
でも、私は私で自分のことをちゃんとするのが基本、という部分と・・。

.....................................

検索キーワードを見てみたら、
このブログに、冤罪被害者のSさんのことで来る人が多い。
よく考えてみたら、その障害と冤罪について考えることは、
重要なのかもしれない。

「興味本位なのでしょうか」ということを書きながら、
偏見を持っていたのは、私の方ではないのか。
家族や友人にそういう人がいるから、とか、社会の一員として真剣に考えたい、
という思いで検索した人も、中にはいるだろう。
考えて記事にする余裕ができたら、私なりに、改めて書いてみよう・・。



まさかとは思うが、「空気」で動いているとか?
2009年06月10日 (水) | 編集 |
このブログは、「政治ブログ」になってしまったのか?
・・ウソです・・これくらいで「政治ブログ」かよ~(´゚д゚` )、と思われてしまいます。
何というか・・(syuuhouさん、ちょっとこの言葉を拝借しますが・・^^)
”ごった煮”ブログ、というか、段々そんな感じになってきていますが私のブログ・・。

日本郵政の西川さんのことが連日テレビで報道されているので、
そうか、私もブログに書いてみよう、というわけですが・・。
はっきり言って、難しい。難しいですね・・・内容が。

朝日の4コマ漫画の『ののちゃん』じゃないですが、小泉元首相が「カイカクカイカクカイカク・・・( ゚Д゚)」
と、○○の一つ覚えのように言っていましたが、

郵政民営化は、良かったのか悪かったのか。

ということは私には難しく、頭がこんがらがりそうなので、あまり深く考えることは出来ないです。
が、簡易郵便局がけっこうな勢いで減らされてしまって、特に山間地の田舎などは、
高齢者が多いのに、「見守り」の役割も担っていたのに、それをばっさり切るなんて、あんまりじゃない?
という感じはします。それが、某元首相の『美しい国へ』とは、聞いてあきれます。

だから、郵政民営化(私には、ののちゃんの漫画と同じく、「ユーセーミンエイカ」に聞こえます)
は、考え的には決して悪くなくても、バランスが悪かったのかな・・・
すごい素人考えだけれど、そう感じます。

この、日本郵政の事については、興味深い記事を見つけました。
こちら→『喜八ログ』
(『喜八ログ』の管理人である喜八様、無断でリンクさせていただきました。)

なるほど・・そうきたか・・12人で訴えるとは・・。

で?私の考えは? 
12人の国会議員の行動についてああだこうだと言えるほど、私はこの問題を深く理解しているわけではないし、どう捕らえていいかわからないので、やめておきます。

(ここから急に、です、ます調じゃないですが)
ただ、鳩山総務大臣と日本郵政の西川社長のことだけれど、109億円で79施設をオリックス不動産に譲渡しようとしていた時は、109億円って、109億円!?安すぎるじゃん!と思った。
それに待ったをかけた鳩山総務大臣の言動は分かる気がする。
だけどさあ、109億円で売ろうとするそのずっと前に、何で(今はまだ、日本郵政は「国が100%株を保有しているんだよね)そんな重大なことが分からなかったのか。
それが、変だな~と、思うけどね・・・。

で、ここのブログの管理人:ゆうこ は、郵政民営化はよかったと思っているか、否か?
特定郵便局が代々その家で受け継がれるとか、そういうのは無駄だと思うけれど、
民営化して業務が雑になってしまって、お金(経営)のことばかり考えて私達国民にしわ寄せがきてしまうとしたら(もう来ているような気がするけど・・例えば年賀状の遅配・誤配とか、山間地の高齢者の困惑)、民営化を見直す方がいいと思う。民営化しないで、無駄だけ見直したほうがいいかな。

そして、ちょっと違う方向に話が行ってしまうんだけれど、
「国営漫画喫茶」じゃなくて・・・正式には、『国立メディア芸術総合センター』の話を思い出した。

ってゆーかさ、郵政を民営化しといて、こっちで何でまた国立のもんを作らなきゃならないの~
     ┐(゚Д゚;)┌ しかも塩漬けになりそうな箱モノ・・

と、こんな顔になりながら思ってしまったよ。