家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


色々な物が値下げされているが…
2009年03月31日 (火) | 編集 |
31日付朝日新聞1面。
「値下げ 競い合う春
景気に逆効果の心配も」
  という見出しの記事が載っている。

[ 原油や小麦などの価格高騰でモノ・サービスの値上げが相次いだ昨春とは一転し、09年春は値下げ競争が加速している。世界的な経済危機で原材料価格が急落しているのに加え、節約志向の消費者を引き付けようとの狙いからだ。消費者にとってはありがたいが、競争が行き過ぎれば企業の収益を圧迫しかねない。]

うーん・・考えてしまうねぇ・・・。
例えば、ユニクロ系ジーンズの最低価格が 1490円⇒990円に値下げ
      西友もジーンズを1990円⇒1470円に
とある。
考えるねぇ・・。ありがたいんだけれど、ジーンズは綿で出来ている。
今ではストレッチが入って軽く出来ていて、ポリウレタンやポリエステルが入っているものも多いけれど、
ほとんどは綿で出来ている。
その原材料の綿そのものは、どこから来るのか。縫製は中国やタイやベトナム、カンボジアなどで工賃を安く出来るものの(それもまたちょっと複雑な気分だが)、
やはり、インドから綿を買うのだろうか。
インドでは、綿を安く作るために農薬を大量に使うという。
「インドではいまや、全耕作面積のうち5%を占めるにすぎないコットン畑に、国内で使用される農薬の54%もの量が使われていると言います」---(『People Tree』というフェアトレードカンパニーの2009年春夏号カタログ・p40より。2007年の数字)
私はユニクロや無印、コムサ・イズムの洋服が多いけれど、
・・・・そう・・毛皮のことでも、大量生産大量消費がよくない、みたいなことを言っておきながら、
安いのでこういう量販店で買ってしまっている。

食べ物が安いのもいいけれど、牛乳なんかは、これじゃあ酪農家の取り分が少ないだろうなぁ・・と、
思ってしまう。スーパーも、卵とか牛乳とかを日曜日なんかに「目玉」として売り出しているけれど、
こんなに安くていいのかな・・と考える。
きれいごと言ってんじゃないよと自分でも頭の片隅で思ったりするが、鶏が産んだ卵(それまでにどれだけ手間がかかるか)牛のお乳(これも大変)、その対価としては安いなぁ・・と思う。

まとまらない。長文になってしまいそうなのでちょっと間をおいてまた書こう。 
スポンサーサイト

小沢さんはどうなるんだ
2009年03月31日 (火) | 編集 |
もう日付が変わってしまったが、さっきフジテレビの深夜のニュース(滝川クリステルさんが出ている番組)を何気なく見ていたら、「小沢民主党党首は、辞任した方がいいんじゃないか」という世論が強まっている、というようなことを伝えていた。

番組の右上のテロップには、『世論が”退場勧告” 狭まる小沢包囲網』と出ている。
そして次に、自民党の動向について。

麻生首相が外務大臣時代の2007年6月に出した本、『とてつもない日本』(新潮新書)が、
インターネットの掲示板「2ちゃんねる」の”祭り”という呼びかけで、支持率の低迷とともに売れ行きが伸び悩んで停滞していたが、
「3月10日に全国で爆発的に売れるという珍現象が起こった」--(ライブドア・痛いニュース2ちゃんねるより)--という。

そしてまた、番組の右上にテロップ。
『敵失で支持率回復? ”とてつもない”予兆とは?』(細部が完全一致していないかも)と出ている。

最近どうも、メディアの、今回の小沢党首についての伝え方が気になるなぁ、と感じてしまう。

これで空気がだんだん、「小沢さんけしからん」方向に向くのだろうか。

もちろん、「追及すべきは追求すべき」なのだろうが、自民党だって追及されるべき問題があるだろうに、小沢さんだけが「突っつかれている」(=やましいことがあるんでしょ)という印象を受けてしまう。

麻生首相の『とてつもない日本』という本、これまでの発行部数が20万部らしいが・・
20万部発行って、20万部売れているのかな。うーん。
『とてつもない日本』ねえ・・。”日本には底力がある”、みたいなことを言いたいらしいが、
「とてつもない」を辞書で引くと、「途方もない」とも書いてある。
そのうち国民が「途方に暮れる」・・・なんていうことにならなけりゃいいが・・
と、あの麻生首相の笑顔を見るたび、「大丈夫かよ」と思ってしまう。
(もうすでに、途方に暮れている部分が出てきてしまっているし・・。)


ぬか喜びかーーー!!!!
2009年03月30日 (月) | 編集 |
ああ・・・もうこんな時間になってしまった・・15:46。

さっきうぴしの散歩から帰ってきてうぴしの足を拭いていたら、
近所の人が来て、
「今からちょっと木を燃やすから、煙がこっちに来ると困ると思って・・洗濯物を・・」
と、わざわざ言いに来てくれた。「あ、そうなんですか~すみません大丈夫ですよ」
と言い、急いで取り込みに行ったら、違ーーう!干してないじゃんまだ!
洗濯機から出してないよ!( ゚Д゚) (TДT) きのうと今日のことがごちゃ混ぜ・・。
もういや。( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー! ・・・ああ疲れた。いいやこうなりゃ中途半端じゃなく夜で。


・・・・はあ・・ああ、そう。さっきは笑ってしまった。
気分転換に、ちゃこ(うちの白い猫)でも触りに行こうと思って母屋の方の廊下に行ったら、
何と一万円札約15枚と5千円1枚がそのまま廊下に置いてあるので、びっくりした。
「ちょっと、何このお金。干してあるじゃん。濡らしちゃったの?」
と母に聞いたら、「ナフタリン(防虫剤の)臭くてさ~。もうにおい取れたかな」と言う。
「ええええええっ!!すごいじゃん。押入れから出てきたの?
(亡くなった)おばあちゃんが奥にしまい忘れてたの?お母さんが自分で忘れちゃってたの?」
と聞いたら、
「違うよ~。お父さんが銀行にお金を下ろしに行ったら、前の人が入れたお金だかなんだか知らんけど、
ナフタリン臭くてダメじゃん」・・・って・・・

「なんだぁー( ´゚д゚`)・・私さあ、どこかしまい込んで忘れたのが出て来たのかと思ってさー」
母「そんなわけないじゃん。それじゃあどこかババーンとリッチに何か食べにでも行けるけどね」

まったくw
そうだよね~十何万もどこかに忘れておく人いないよね~
すっごく期待した私ってもういやw(  ゚,_ゝ゚)


土日の二日間(夫婦って何だろうね)
2009年03月30日 (月) | 編集 |
この前の診察で先生に、「夫と家で一緒にいるのが大変です」と言ったら、
「そうですかぁ・・ご主人と膝を交えてきちんと話しをするようなことはできないですかね・・」
と言われた。
そんな気力はないわ・・。だって私からそんなことを言って不機嫌なのが何日も続いたら、
その方が私がもっと気がおかしくなるし。

土曜日(28日)は私は出かけた。一人で。ダンナは家でゲーム。
その後、夜ダンナは飲み会へ出かけた。
私は昼間、県立美術館へ行って来た。
山梨県人所蔵の美術品(主に絵画・日本画など)の特別展を、どうしても観に行きたかった。
ダンナとは別々だな~最近。
あまりにも出かけたいところが違い過ぎることが、顕著に(言葉が堅いなw)なってきた。

でも、迫力のある絵を身近に鑑賞して、その後ちょっとブラブラして、
充実感があったなぁ。自分のペースで観られるし、絵と自分、向かい合う。それがいい。
(それにSADが一番ひどい時は一人で出かけるなんて考えられなかったのに、進歩だわ)

そして今日(29日)。午前中に家事を片つけて、夕飯の準備を少しした。
ダンナは多分またゲームかな・・と思って母屋の方に避難しようとしたが、急に体が重くなる。
原因不明・・。あまりにもだる過ぎて、起きていられない・・・。
布団を敷いて寝ていなければ耐えられないほどのだるさで、6時近くまで寝る。
ダンナは12時ちょっと前からずっとゲームをしていた。6時間・・よく出来るなぁ、と感心する(あきれる)。
途中、洗濯物を取り込んでくれたりしてあった。ゲームの音は私に配慮してか、聞こえてこなかった。

起きるのが辛かったが、それから部屋をざっと掃除して夕ご飯作ってうぴしの散歩して・・寒い~辛い~

えらいぞ私!!( TдT) 自分で自分を褒めるぞ!ヽ(゚∀゚)ノ

・・・すみません・・小さなお子さんがいる方なんかはもっと、大変ですよね・・。
でもユウコ、えらいぞ! なんかアホみたいだなw アホキモい?アホですけどね~(の´ v `の)


アフガニスタンに行きたいって言ったらアホかな
2009年03月29日 (日) | 編集 |
桜満開のいい季節の日曜日だけど、そんなことは気にしない。

押入れにある衣装ケースを開けるたび、思い出す物がある。
アフガニスタンの女の人が作った、”リサイクルウール”でできた、ミトン(手袋)・・。
うちでは生協で食べ物を購入しているが、季節の変わり目に「フェアトレード」
のカタログが届く。
そのカタログで見て、うわ~かわいい手袋だなぁと思って、4,5年前に購入した。

アフガニスタンでも、9,11後のアメリカ軍による空襲でカブールが「陥落」して一時的に落ち着いた後、
NGOが活動をしていて、その時に現地の女の人が作った編み物のミトン。
とてもしっかり編んであって頑丈にできていて、何よりアフガニスタンの人が作った、ということで気に入っている。その団体は他にも、底が皮で出来ているルームソックスなどを作っていた。
しかし次第に治安が悪くなって、NGOはアフガンを引き揚げざるをえなくなってしまった。
それからどうしているのか・・私のミトンを編んだ人はどうしているのか・・気になる。

あの時は、ああアフガニスタン製の物が買えるなんて楽しいな、と思っていただけに、
「治安の悪化で活動を中止しなくてはならない」という知らせを見た時、残念でならなかった。

辺見庸さんの『単独発言』(文庫本は2003年)という本のはじめのほうで、辺見さんは、
「1979年にソ連軍が侵攻した時に世界は注目したがすぐに忘れ、ソ連軍撤退、ナジブラ政権崩壊という出来事も注目しては忘れ、バーミヤンの石仏爆破でまた注意が向けられるが忘れられ、”世界貿易センタービル崩壊のテロ”で、アフガニスタンという国が急にこの世に出てきたかのように、世界中の誰もが〔にわかアフガニスタン専門家〕になってしまった--下線は辺見さん自身の言葉--」(要約)
と書いている。
私も、そうだった。WTCビルへのテロで、初めてアフガニスタンの場所を正確に知った。
その前の2000年に大干ばつがあったこと、国連のアフガンへの経済制裁でアフガン国民が飢餓状態にあったこと、〔食べ物を求めて移動するうち、地雷に触れて体を破砕されたたくさんの人々がいた〕ことは、辺見さんの本で知った。

なぜソ連が、アフガニスタンに侵攻したかとか、「東西冷戦の舞台の様相を呈していた」とか、
そういうことは私にはよく分からないのだが、
それこそたくさんの尊い命を持つ人たちが殺され、体も心も深く傷ついて・・・・何十年に渡る「他の国による踏み荒らし行為」の前は、豊かに果物が実って、アフガン独特の織物文化などもあっただろうに、
そういう大切なものまでめちゃくちゃにされてしまって、本当に怒りを感じる。
「最貧国」「もうどうしようもない所」「荒涼とした地」「観光などもってのほか」という印象を、
全世界に与えてしまった。・・・その怒り、というのは日本に住む自分にも向く。


アフガニスタンではないが、2004年10月、香田証生さんという青年が「この目でイラクを見たい」、
と現地に向かい、そして武装勢力に殺された。その殺害方法が残忍で、ショックを受けた。
香田さんは「いかにも欧米の若者」のようなバック・パッカーのような恰好でイラクに行ったらしいが、
それは確かに良くなかったかもしれない。
2004年のあの時期にそんな恰好で、捕らえられて人質になって「そんなの自業自得だ」と感じた人も多かったかもしれない。(でも私は、日本のその時の、香田さんをバッシングする「空気」は怖いと思った)

今調べてみた。
「四ノ宮浩さん」という人が香田さんの死から1年経って書いた手記がある。
”わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて”と題して・・・その中から心に残った箇所を三つ。

[READ MORE...]
小さな記事
2009年03月28日 (土) | 編集 |
私のブログは、主に新聞などからの引用が多い。
気にかかったことなどを、引用して自分の考えを加えて書くスタイル。
でも、これでいいのかな・・と思うこともたまにある。

朝日新聞国際面に、「地球24時」という小さなコーナーがある。
世界の出来事のニュースが短く伝えられているのだが、きのう、うーん・・と考えてしまった記事。

--バグダッド北方--
■車が爆発、16人死亡 
「26日昼過ぎ、バグダッド北方のシャーブ地区で、商店街近くのバス停付近に停車していた自動車に仕掛けられていた爆発物が爆発し、近くにいた子どもを含む16人が死亡、35人が重傷を負った」(要約)
--アフガン南部--
■警官襲われ9人死亡
「アフガニスタン南部のヘルマンド州で26日早朝、警察の検問所が武装グループに襲撃され、
警官9人が死亡した。反政府勢力タリバーンの犯行とみられる」(要約)

この二つの記事の後に、■タイでも給付金支給 という記事が載っているが、
こちらの方が文章が長い。

もしも、ヨーロッパの大都市やアメリカで上記のイラクのような事件が起こったら、
かなりの大ニュースになると思われる。
でも、事件が起こったのがイラクだからか、とても小さな扱い。「またイラクで爆弾か。いつまでこんな感じかのかね」くらいに考えているのだろうか・・・・それは、私も含めて・・。
体がバラバラになったり、重傷を負って精神を病んだり、9.11の被害者のようになってしまう人だっているだろうに。

そして、こういうことを新聞から拾っては、ブログに書いている自分。

消費、という言葉が思い浮かぶ。

もちろん、この文章が誰かの目に止まって、いろいろ考えてくれているかもしれない、
考えるきっかけになるかもしれないという思いがあるということもあり書いているんだけれど、
このブログ記事だって、バグダッドで16人亡くなった、でもこんなに小さな扱いなんだよ、
ということを訴えてはいるけれど、
どこかで、「消費」、ひどい言い方になってしまうけど「ネタ」にしてるんじゃないか、
そんな気がしてしまう。それは、私は日本という平和な国、場所にいてこんなことを書いているから。
それに、暖衣飽食である。・・・。

うーん・・・。
いや、考えるだけでブログに書かないよりはいいのだろう・・・。
(もちろん、書かないという選択肢だってある)
思っているだけじゃなくて、せっかくこの場があるから、消費などといちいち考えないで、
私は、自分が書きたかったら書いたほうがいいのだろう・・。
と思うのだが、もどかしい。何か違う・・。「何か」って何だろうな・・。


肌寒いけど、春
2009年03月27日 (金) | 編集 |

きのうほぼ一日、うぴしの散歩を母に頼んだので、今朝は私が散歩に行った。
空気が少し湿り気を含んでいて、肌寒かったけれど、意外と気持ちよかった。
桃の枝を見たら、もうつぼみが膨らんでいた。早い種類では、咲いている木もあった。
でもねぇ、桃の花は4月になって咲いてこそ、桃の花という気がする。
もうちょっと、待っててよ、という気分かなぁ。

朝ご飯を食べたらすぐにうぴしの散歩に行かなきゃ・・と思っていたら少しうとうとして、
9時くらいになってしまった。ごめんうぴし。(うぴしはニコニコした顔で待っていた→U´・∀・`U)

きのうは病院の診察が終わった後、妹の家に寄る前に、甲府の中心部に行ってきた。
もう、春物の服がたくさん並んでいる。見て歩くだけでも楽しい。
(といいつつ、まさに桜色・・という感じのカーデを1枚、買ってきてしまった・・)
藤原紀香が空港で着ていた、白いふわふわシャツが可愛い、と思ったが、
そんなような感じの服はここ何年かずっと流行っている・・というか、定番になりつつあるようだ。
去年衝動買いしてしまって着ていないのを、今年は着てみるか。
(でも、おなかを少し引っ込ませないとね~誤解されてしまいそうw)

桃の花の絵を描きたかったんだけど・・・簡単なように思えても、全然うまく描けない。


SSRIのことが気になって
2009年03月27日 (金) | 編集 |
こんばんは。あのー・・一つ前の自ブログ記事、ちょっと文章読みにくくてすみません。
うーん・・やっぱり思っていることを・・・、書かずにいられなかったんですねぇ・・。
政治家はもっと、庶民の目線で考えて欲しいのです。


今日は・・(もう27日?)病院に行ってきた。
「メイラックス」(弱い安定剤のようなもの)という薬を減らそうとしたものの、5日くらい飲むのをやめてはイライラして一気に溜めた分を飲んでしまいます、と先生に話したら、「それはよくないですね、それなら今までどおりのほうがいいです」
と言われ、結局、パキシル10mg・メイラックス2分の1錠が続くことに。

この前、リンク先の秀峯さんが下さったコメント・・・「セロトニンの減る原因というのは何でしょうか」
そうそう、それが問題です。こんな根本的で重要なことを真剣に考えてこなくて。
確か、以前妹に言われた気はするけれど、左から右へと素通り・・・。しかも前回の診察の後、
私は重要なことに気がついた。
なんと、薬が28日分じゃなくて30日分処方されている。2年半気がつかなくて、無理して余計にパキシルを飲んでいた・・。のか。診察が28日だから28日分だと思っていたら30日。
何で2年半も気がつかないんだアホ!!こんなやつがいるか!(いるよここに~(´∀`) |ι´Д`|っ)
・・・ここで見えてくるのは、私は治療を人任せにしている傾向があるということ。
セロトニンが減る原因・・・あるなぁたくさん・・。
根本的なことに行き着いてしまうこともあるので、考え過ぎると恐ろしいが・・。


で、病院の売店にAERAが置いてあることは知っていたので、買ってきた。
『スクープ』「攻撃性」副作用の報告相次ぐ---抗うつ剤で「妻を殺害」

・・・うーん・・(この”スクープ”については、1ページ半しか割かれていなかった)
記事冒頭に40代男性の、服薬によって「凶暴性」が出て来た例が書いてあったが、今現在パキシルをどのくらいの量服用しているとか、それは書かれていない。5年ほど前に飲み始めたとあるが、
その間の経緯が不明で、
「かかりつけの精神科医に相談すると、薬を減らされた。途端に『イラつき』が消えた」とある。
(SSRI=悪、のように受け取られてしまわないか、ちょっと心配)

そして次ページ。
SSRIによる「攻撃性」の副作用が疑われる主な事例として、
「パキシル」「ルボックス」「デプロメール」「ジェイロゾフト」の4つの薬別に、
どのような副作用だったかが書かれている。
例)37歳女性:「人を殺したくなった」と訴える--パキシルの副作用が疑われる
例)16歳男性:「隣家の人に注意され、キレて怪我をさせる。『人を殺してしまう』と叫ぶ
---ルボックスの副作用の可能性大
・・という感じで・・

分かるんだけどねぇ・・でも、例えば私の社会不安障害のように良くなっている人もいるわけだから、
それも書いて欲しかったんだけどね・・。
ただ、医師が安易に抗うつ剤を処方し過ぎる、という問題はあるかもしれないと思う。


『声』欄で知ったことだが
2009年03月26日 (木) | 編集 |
これは、森元首相に関する記事を直接読んではいないのだが、
朝日新聞『声』欄からの「又聞き」という情報である。
神奈川県の82歳男性からの投稿。3月24日(火)朝刊『声』欄より全文引用。

************

専権言うなら森発言封じよ
 森喜朗元首相が、9月の任期終了まで総選挙を先送りすべきだと再三発信している。外遊先のトルコでも、会談した韓国首相が「9月いっぱいまで(解散は)ありませんね」と言ったのに対し相づちを打ったという(20日朝刊)。
 麻生首相は常々「解散は首相の専権事項で私が決める」と胸を張っているが、いかに元総理とはいえ、森氏が任期満了まで解散はないと公言し、他国の首脳に明示するとはどういうことか。内々麻生氏と話し合ったとしても、国政の重大事項を軽々に表明することは、外交上も許されてよいものか。
 首相は専権と言う以上、他者がこれを侵したら厳に注意すべきである。それとも言を左右にして解散を延ばしているのは森氏のアドバイスによるというのであれば、自分の専権事項だと胸を張るのはやめたらいい。
 百年に一度の危機という時に、有効な対策を取れない政権党が任期いっぱいまで続くのは、国民として耐えられない。

************

まだのさばってたのか「神の国」の人!《゚Д゚"》


・・・まず、森本首相はもうとっくに国会議員であるべき人ではなくなっていたのではないか、
と思う。だってさ、「日本は天皇を中心とする神の国」だよ。
麻生首相、しっかりしてくれ!もっと!・・・っていうか、麻生首相、最近見かけないな~(´・д・`)
麻生首相、元気ですか!仕事してますか?

だから、早く解散しろっつってんだよ!!

・・・すみません・・本当の私はこんなんではありません・・失礼しました。
(いえ、本当の私でもありますが)
小沢さんのこと、政治献金のこととか今解散してもどうのこうのとか言う人もいるでしょう、
でもそれらを全て吟味してみても「解散して欲しい」「私達に選ばせて欲しい」、
これは多くの人が思っているのではないでしょうか。


今日は病院に行く日です。では行って来ます。



この時期は林檎だね
2009年03月25日 (水) | 編集 |
うーんだるい~。朝はシャキーンと起きれてお弁当もご飯も作って洗濯していろいろして、
大丈夫だったのに、さっきから急に今体がどんどん重くなってきた。
重い・・・眠い・・・( -_-)( -Д-) ダメだ寝てしまうわ~ コラ気合入れろ!(゚Д゚#)ゴルァ!!
・・( ゚д゚)ハッ! (´・д・)はぁ・・(-_- )(-д-)


ええっと・・関係ないけど、この前、読みながらつい微笑んでしまった記事。

~今週月曜日の朝日新聞社会面『青鉛筆』コーナー~

「国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在中の若田光一さん(45)が米中部時間の20日、
活動中にリンゴをほおばった・・・」という話題。

ぅおお。若田さんがリンゴ食べてるよ~。すごいじゃん。
若田さんが食べているのは「一緒に打ち上げられた青森県産の10個の一つ」だという。

「リンゴは東北大と医療機器メーカーが不織布からつくった特殊なシートに包まれている。
滞在中に何回かシートから取り出して食べ、宇宙での鮮度保持力を試す。」

へえー。宇宙で生ものって、すごいねぇ。
青森のリンゴが10個、選ばれて宇宙へ・・。何か、健気だなぁリンゴ。(´∀`)
と思うと、ちょっと笑ってしまった。

でも、若田さんがリンゴをがりりと噛んだら、
リンゴの果汁がすごくちょっとでも飛んでしまわないのかな。とか心配したり想像したり。

(「がりり」というのは高村光太郎の『レモン哀歌』から拝借。
・・・・
わたしの手からとつた一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
・・・・
この部分が好きだな~。

・・・・んなこと言ってる場合じゃないな~。
もうすぐでダンナが帰ってきちゃうな~。どうしよう夜ご飯 ┐(´д`)┌



その寂しさは
2009年03月25日 (水) | 編集 |
寂しいということでは、私は一緒かもしれない。
一緒って誰と?
茨城で通り魔殺人をした金川真大被告と、秋葉原事件の加藤智大被告。
金川被告は、取材の記者が面会に行くと、はにかむような表情に、一瞬なったという。
でも、やり取りした手紙の文面からは、加藤被告は7人も殺せてうらやましいとか、
反省しているような所は感じられない。
加藤被告が今現在、何を考えているのかは分からない。
でもあの時、「寂しい」という感情が頂点に達していたのではないか。
「寂しい」という感情と、変な高揚感。警察に捕まってはじめて、「話を聞いてもらえ」る。
灼(や)けるような寂しさを感じていたのだろか。

一方で、殺された被害者のことを、もう2度とこの世に戻れない被害者のことを考えてしまう。

ただただ、「犯人が憎い」。それは、当然だと思う。
「死刑にして当然でしょう」。そういう感情が沸くのも理解できる。
あの場所で、人生が、生が、終わってしまった。

一方、金川被告・加藤被告は人生も生もまだ終わっていない。
(死刑になる可能性が高いだろうが)死刑囚として過ごすのも「人生」だろう。
その中でどれだけ、自分が殺した人々に対して、心から絞り出すように、
殺したという行為、取り返しのつかない事実を悔いることができるのだろう。
そこまでいかないまま死刑になるのだろうか。


お腹が・・
2009年03月24日 (火) | 編集 |
だったらパソコンなんかいじってないで早く寝てろ!という感じです。(まったく)
どうやら、腸感冒のようです。
お腹が痛くて目が覚めました・・。
胃と腸のつなぎ目(?)が変です。

私は脳と腸が弱いですねぇ。
脳と腸といえば・・・
確か、生物で一番早く出来上がるところ・・・?なような気がしたなぁ。

・・・寝ていよう。

SSRI は私には効いたが・・
2009年03月23日 (月) | 編集 |
今日の朝日新聞の書籍広告欄・・3月30日増大号のAERAの、見出しが気になった。

『スクープ』
抗うつ剤で「妻殺害」
人気薬SSRIで殺意や自殺/
米国では銃乱射

うーん・・。そうそう、いつだったか、吐き気とか眠気とかそういう副作用のほかに、
自殺衝動といったことが起きうる・・という新聞記事を読んだような気がする・・。

私は社会不安障害の治療で「パキシル」というSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
を飲んでいる。(ものすごく短く言うと、脳の中にセロトニンが足りないということかな)
飲み始めの頃、一時的に10mg→15mg/dayに増やしたことがある。
その後、今まで経験したことのないようなイライラ感に襲われ、そのイライラが自分に向いてしまったことはある。左上腕部に太いカッターで切ってケロイドになった痕が残った。
ただ、正確に厳密にいうと、「病院に通わなければならないのか」というイライラなのか、
SSRIそのものによるものなのか、それが分からない・・・薬の量を元に戻した後も、
イライラは続いているから・・。(波があるけど)(でも、切ってはいけない)

とても気になったのでAERAを買いに行こうと思ったが、そこまではしていない・・。
でもやはり気になる。

社会不安障害(極度の緊張症)は、私は2年半前に比べ、かなり良くなってきた。
それはSSRI(パキシル)を飲んでいるからだと思う。
もちろん、デパスを飲んだりして、スーパーなどの人ごみや美容院に行くのに、自分で「慣れなきゃ」と思って行動してきた(といってもちょっとずつだけど)ということも良くなってきた要因にあるんだけど・・。


「他人のフードをしげしげ見てしまう病」な私・7
2009年03月23日 (月) | 編集 |
動物の毛皮のことを書けば書くほど、なかなか気が重い。
私はこれを別に仕事にしているわけではないのだから、もしも負担になってしまったら、
ばっさりとブログごと切ってしまうこともできる。(そんなことできないけどね)
「リアルの世界をちゃんと生きることもできずに、何を偉そうに」と自分自身に思ったりもした。
しかし・・「これってさ、ものすごくシャレにならんような気がするよ」「まじ知らんかったわ・・」
砕けているが、檻の中のキツネの状態を初めて見て知った時点での、私の偽らざる本心である。
だから、とにかく、私自身が毛皮について考えていることを吐き出そう・・。


前回に書いた記事の、所ジョージの「アンビリーバボー」(フジテレビ)という番組で紹介されていた、
北海道在住の(おそらく40歳代かと思われる)女の人のことについて。
(番組のオンエアは今年の1月15日。今調べてみた)
その人(仮に、Aさん)は、今から10年ちょっとくらい前、家族3人でドライブ中に、大事故に巻き込まれた。旦那さんと娘さんはほとんど無傷だったらしいが、運転していたAさんは体中にひどいダメージを受け、特に脳への損傷が致命的かと思われた。植物状態が続いた。
だが旦那さんの献身的な話しかけ、看病により3ヵ月後に奇跡的に意識を取り戻した、という話だった。
その後も車椅子生活を経て人工股関節の手術、歩くリハビリ、と想像を絶する苦労は続く。

そして、今現在のAさんの姿が映し出された。娘さんはもう大きくなり、中学生に。
Aさんは、よく見てみると歩いたりするのに大変なのかな・・という印象は多少受けるものの、
娘さんと談笑しながら歩いている表情は、そんな事故にあっていたとは思えないほど、ごく普通だった。
何よりも、幸せそうだった。
でも、私がどうしても目に入って気になったのが、Aさんが着ていたコートについていた、
すぐ動物のものと分かる、毛皮だった・・。デザイン自体がとてもおしゃれな感じで、着れば気分がワクワクするかもしれないし、北海道だから、これを着ていれば暖かいだろうな・・と思った。

そうなんだよねぇ・・・。


毛皮のことで考えざるをえないのが、ファッション(どんな服を着たいか=表現にもつながるし)、
防寒着としての服、という・・・、私はそこで「うーん・・」と、頭を抱える。

リンク先のブロガーさん、みゃくうつさんが毛皮のことについてコメントを下さった。嬉しいことである。
上着についていたファーを取り外したこと、今まで考えたこともなかったけれど考えさせられた、とか。
そうなんだよね・・・上に書いた「アンビリ」の女の人の話も、詳しく書いたのはそういうことなんだけど、
単純に、「毛皮=悪」と決め付けることはできない。
ジェニファー・ロペスが毛皮好きということでいろいろ書かれたりしたが、
彼女が表現したいかもしれないであろう”威圧的な感じ”は、毛皮は道具としては合っているだろう。
シベリアの奥地や、例えばスウェーデンなど極地に近い地方では、
毛皮を着ないと命の危険にさらされるかもしれない。

じゃあやっぱり、「仕方ない」と、毛皮について考えるのをやめる?
そんなことはないです。

続き、また書きます。
「他人のフードをしげしげ見てしまう病」な私・6
[READ MORE...]
花畑牧場の生キャラメルを食べた
2009年03月22日 (日) | 編集 |
今さっき時計を見てびっくりした。朝だわ・・。
こたつで横になって、「あとちょっと・・」と思ったら朝。

きのうは結局、本を売りにブックオフまで行ってきた。
14冊。文庫本に新書に単行本。そんなに古いのってなかったけど、
全部で770円だった。770円? そんなもんか。
本当に、「捨てに行く」という感じだった。あっという間に部屋から消えた。

だいたい、「買ってはいけない本」というのが分かった。
爽やかな恋愛小説、”女性コーナー”においてある本、
(当たり前だが)衝動的に欲しくなった本、⇒でもこういうのは後で「宝物」になる可能性あり。
芥川賞受賞の本、自己啓発本・・・
私にとって、これらはほとんど読まない本であることが分かった。(今さら)


妹の家におととい行って、ピアノを弾かせてもらった。
うちにも母屋にあるけど妹のピアノの方が弾きやすい。
何年も毎日のように聴いている久石譲さんの曲をそのまま弾いたら妹が「お姉ちゃんやっぱり
耳がいいね」という。
そういわれて嬉しいけど逆に言えば音に敏感過ぎるんだよ・・。
最近は疲れている。耳が疲れる=脳が疲れる なんだよね・・
その原因はもちろんダンナ。(もちろんってw・・ダンナごめんなさい)
きのうはファイナルファンタジー7(だったかな)を買ってきたようだった。
やはり6時間はやっている。
(午前中車の洗車、家庭菜園仕事・・そしてゲーム・・・がダンナのきのうの行動)
夕方私はちょっと出かけたから良かったが夜ご飯の後でもまたやってる。
ダメだあのゲームの音・・
(ダンナごめん)最近、仕事が早く終わって4時半か4時にはもう帰ってきて
ゲームをしているので、辛い。音は辛い。からい、じゃなくてつらい。


そうだ忘れてた。
この間甲府の岡島というデパート(山梨では「デパート」は”山交”か”岡島”しかないw)で、
北海道物産展(だったかな)を開催していたが、
何と妹は姪っ子を連れて、花畑牧場のあの生キャラメルを買いに行ったという。
すごいじゃん、よく行ってきたねーと妹に言ったら、
「そうだよこういうので並んだのって初めてさー。でも、食べてみたいじゃんね」
と、12個入りを母と二人で食べるようにと、おととい遊びに行ったときに持たせてくれた。
12個で840円・・(計算すると1個70円・・)・・しかも・・小さっ!!キャラメルが小さい~~。
でもとにかく、妹に感謝。 (しかし田中義武さんは儲かるなぁ)
で、味は・・おいし~い(´∀`) 昔友達がキャラメルを手作りしてみんなに配ってくれたが、
あの味を思い出す。森永ミルクキャラメルもいいけど、全然また違う味。


本を売りに行こうか
2009年03月21日 (土) | 編集 |
本を売りに行くのは初めて・・。なんだか、緊張してしまうなぁ。
(緊張する必要のないところで緊張するのは、段々良くなってきたけど)
本というのは私にとって・・
①.多分、一生持っているであろう本
②.買ってそのまま読んでいない本
③.もう読んじゃったからいいや、という本

この三つにおおよそ分けられるが、②と③を売ろうと思ったけれど・・
今、「ブックオフ 下取り価格」でググって「教えて!yahoo」(だったかな)で見てみたら、
びっくりするような安い値段でしか買い取ってくれない、
ということを初めて知った。
ほとんど古紙同然ですよ、という人もいた。
ガソリン代にもならないかも、という人も。
そうなの・・。一気に行く気がしなくなったが・・どうしよ。

まあ、場所をとってしまうから早く何とかしたいというのはあるし、
Amazonやヤフオクに出すなんて大変すぎるし。行くしかないかな。


ダンナはさっき、「ガンダム無双」とかいうゲームを売りにいって、
また何か新しいのを買って帰ってきたようだ。多分今、ゲームをしまくっているだろう。
きのうは6時間やっていたようだ。(私は出かけて正解だった)
ダンナは家庭菜園で野菜を作ってくれたり車のタイヤを取り替えてくれたりありがたいが、
野菜はけっこう失敗が多い。
家庭菜園早7年・・いい加減失敗から学んでくれw(ダンナごめんなさい)
私は「サボテン女」なので実際は何も文句が言えないが・・。


姪っ子と遊ぼう
2009年03月20日 (金) | 編集 |
どうも。こんにちは。(ヽ´ー`)・・
何だか、頬がこけてます。げっそりです(気分的に)。(実際はジーパンきついですがw)

しっかり、天気予報を見ました。
今日の夜中は雨が降りません!嬉しい~~(T∀T)
洗濯は夜にします。夜干したっていいんです!( ´゜д゜)

何もかも考えずに、今から姪っ子のところへ行って来ます。

コメントたくさんいただいて、嬉しいです。ありがとうございます!
後でゆっくりお返事書きますね。

では行って来ます~。

どなたなのか、名乗っていただけますか?
2009年03月20日 (金) | 編集 |
このブログで最近、私しか入ることができないはずの管理画面に、
誰かが入っている、ということを確か2回くらい書いたと思う。
(19日の)夕方また、入られた。これで何回目だろう・・回数にするともう、かなりの回数。

これはあくまで私の憶測なんだけど、同一人物の可能性大?と思っている。
「ぷらら」で「千葉県」で、IPアドレスが「118.・・」で始まっているのが2回・・いやもっとあったかな。
最初に入られたのが、アクセス解析が残っていないから分からないけど、昨年10月くらい?
なような気がする。一度入られると、何度も入られるとか。
そういう、パスワードを破ることのできる「ソフト」でもあるんだろうか。
で、管理画面に入って何をしているかと思うと、私の記事を読んでいるようだ。
(それがよく分からないなw)
「テンプレートの内容を変えられた」という人もいるようだが、そこまではしていない感じだ。
・・・記事読んでるっていうのがちょっと・・。アダルトコメント入ってても「承認待ち」だしねw

何がしたいんだろうな。

~呼びかけ~

あのー、私のブログの管理画面に勝手に入っている人、
そういうことをされるのはとても不気味だし不可解な気分になるので辞めてくださいね。
そして、なぜそういうことをしているのか分かりませんが、(ホント分かんないw)
私の記事に対して感想や意見があったら、コメント欄に書いてくださいね。
もし、表示しないで欲しいなら、鍵コメントにするとか、
左に書いてあるメールアドレスに、メールをお願いします。


忘れたくないこと・・・
2009年03月19日 (木) | 編集 |
インターネットというのは、やり取りしている相手の顔が見えない。
実際に知り合いで、そこから「ブログやってるから見てね」「掲示板で話そう」というのはあるかもしれないが、
そういうのを除けば(でも中学生の「プロフ」でのいじめなんかはすごいな・・ひどい、
と思ってしまう)、例えば2ちゃんねるなんかでも、匿名(HNまたは「名無し」)である。
実際の名前と顔写真などが載っている人もいるけれど、著名人や公人、学校や病院の先生とか、
何百万(くらいかな)あるブログの中ではきっと、例外なのかなぁ。

まあもちろん、逆に、匿名だから勇気をものすごく出さないと言えないようなことも、表現できたり
書き込めたりするわけだし・・
逆に、悪質・超悪質な方向に行ってしまうこともある。

きのう判決が出た、名古屋女性拉致監禁強盗殺人事件の、3人の被告達も、
インターネットの掲示板で出会い、最悪な結末を迎えるまでになってしまった。

全然知らない者同士が文字だけのやり取りをする。
「虚勢を張って、ちょっとのことでも大きく誇張して書き込んだ。」
(いかに自分が「ワル」かをアピールする、といったニュアンスの言葉を使ったということか)
というような、捜査員とのやり取りがどこかの新聞だったか雑誌か忘れたが、ちらっと見た。
「引くに引けない状況」のような感じになってしまった、という。
3人は実際に集まってみて、それぞれにどのような印象を受けたのだろうか・・。
初めから実際に会っていたら、「おどおどしてる」とか、「嘘を言っている」とか、分かったのではないか。

以前、銃を乱射する人という、自ブログ記事を書いたことがある。(ちょっと痛い感じの記事ですが・・)
その中の、フィンランドの新聞が書いた言葉を、ちょっと忘れかけていたが最近また思い出した。

「仮想世界では、人は他者の上に立てると錯覚するのだ」

この言葉、たまに引っ張り出してきて、肝に銘じたい。
私は今、普段一番居ることが多い自分の家のこたつでこれを書いているが、ネットで繋がっている人達皆が、この向こうに実際の肉体として存在していることを忘れてはならない、と思う。
・・・思うけどね・・。


今日はおでんにした
2009年03月18日 (水) | 編集 |
毎日毎日、ご飯を作る私って、なんて偉いんだ! ・゚・(つД`)・゚・ と、
自分で自分を、年がら年中褒めている。
そうでないと、とても生活全般仕切り係(もう自分を「主婦」とは呼びたくない)などやっていられない。
ダンナはいいなぁ~。私にご飯作ってもらえて洗濯も掃除もしてもらえて、いいなぁ~( =´゚ω゚=)
と思うことがしばしば・・・。
もちろん、外でお金を稼いでくるというのはとても大変である。
私の人生も背負ってくれているのも同じである。でもねぇ・・・ここから先は書けませんが・・。

よく読んでいるブログのブロガーさんが、以前、(ちょっと正確には違うかもしれないけど)
「毎日が休み、365日が休みということは、休みが無いのも同じ・・・」
そのようなニュアンスのことを書いていた。
「うんうん、そうそう、そう!」と、ものすごく、うなづいてしまった。

私は、お金を稼ぐ仕事をしていないが、ダンナと比べると、休んでいい日(休日)はない。
私が体調を崩してしまった時など、食器洗いを黙ってしておいてくれることもあるが・・・
そういうことを母に言うと、「○○(ダンナのこと)は、えらいよねえ~」という。
食器洗いをしてえらい、か。分かる。分かるよ。でも私が家事を毎日しても「当たり前」なんだよね。
ごめんなさいね、思いっきりグチってますねw 
(カテゴリを「ただのグチ」に変更しましたw)

ええっと・・眠くなってきたなぁ。
おでんのことを書こうと思ったのに、すごく話が逸れているわ。

今朝、ご飯を作っている時に、夜はおでんがいいかな・・と思いついたので、
いつも冷蔵庫にはこんにゃくがあるはずだと思って見たら、無い。スーパーに行くのは面倒だな。
いいやこんにゃくローソンで買ってそのまま足しちゃえと思って、
「ローソン おでん」でググったら、まだおでんやってるじゃん!
こんにゃくだけ買ってこようっと!と思っておでんを煮ている途中で買いに行ったら、売ってない。
おでん売ってないじゃーん( TДT)と思ったらなんとこんにゃくは売っている!
というわけで、こんにゃくを買ってきて別に煮て足した。はあ疲れた~|ι´Д`|っ 


何故死刑についてこんなに考えるのか自分でも分からないが
2009年03月18日 (水) | 編集 |
きのうの自ブログ記事の続きみたいな感じになってしまうんだけど・・
また今日も、死刑判決が言い渡された。
「また今日も」、と書いたがむろん、偶然ではあろうと思うが・・。

名古屋で07年8月、磯谷利恵さんという31歳の女性が拉致されて、車に監禁され、ハンマーで頭部を殴られ殺害され、所持金を奪われた事件。
(最初この記事をアップした時、利恵さんの「利」を「理」にしてしまいました。失礼いたしました。)

二人の被告に死刑、一人には無期懲役が言い渡された。


今朝の朝日新聞社会面、「死刑囚の心情ブログに」という記事より。

[ 東京拘置所で執行を待つ死刑囚が、日々のできごとやその日の考えたことをつづった「日記」を掲載したブログのアクセス数が急増している。投稿欄での読者同士の議論も盛んに。5月に裁判員制度が始まるのを前に、「自分たちも死刑の判断にかかわるのだから」という思いで書き込む人も多いようだ。]

もしも、このブログを見てみたいという方がいましたら、ここをクリックしてください。
死刑囚小田島 獄中ブログ

私はこれを少し読んでみた。・・感想を書こうと思ったが、時間がなくなってしまった。
落ち着いて日を改めて書こうと思う。

このブログは「07年10月の開設当初は一日十数人が見る程度だったが、鳩山法相の下で死刑執行が相次いだ08年2月ごろからアクセスが増え始め、今では1日平均500人以上。」だという。


相次いで死刑判決が言い渡されたが…
2009年03月17日 (火) | 編集 |
今朝の朝日新聞の社会面の、「祖母・姉妹殺害に死刑」という記事を読んだ。
香川県で2007年に三浦啓子さん(当時58)と孫の山下茜ちゃん(同5)、彩菜ちゃん(同3)姉妹が、三浦さんの義弟の川崎政則被告(63)に庖丁で刺されて殺された事件。
「高松地裁は16日、求刑通り死刑の判決を言い渡した。」と、ある。

死刑、か・・・。

「菊池則明裁判長は『恐怖で泣き叫ぶ罪のない子どもに攻撃を加えており、小さく弱い者に対する情など人間性のかけらも見いだせない残虐な犯行。死刑を選択する以外にない』と述べた。」

この、裁判長が述べていることは、頭では分かる、
「小さく弱い者に対する情など人間性のかけらも見いだせない残虐な犯行」、というのは・・・・。
もちろんこう表現するより他にないのだろうが、いつも、その、”人間性のかけらもない”だとか”残虐な犯行”というのが、報道からはなかなか伝わってこないのがもどかしい・・。

もし自分がこういう事件の裁判員になってしまったら。死刑にはしたくない、自分は被告を殺すのに賛成したくない・・と思うだろう。
でも、被告は人を殺している。一人とか二人とか三人とか、数を言う人がいるけれど、人数の問題ではないかもしれない。人を殺していることは事実である。
それが重い。小さい子どもを追い詰めてなら、なおさら。法廷でいろいろ現場の状況などを見せられたら、果たして私は、死刑にはしたくないと言えるのだろか。

でも、だからといってそれで死刑、となると・・・それも違うような気がする・・。
じゃあ他にどんな裁き方があるの、と問われると今のところ私は、「死刑存置派」の人を納得させられるような自分なりの考えは、まとまっていない・・。
けど、殺人を犯した者を「殺してしまえばそれでいい」のかな。もちろん、愛する人を殺された遺族が「死をもって償って欲しい」というのは理解できるような気がする。
・・でも・・・もしも殺人者が長い年月をかけて自分のしたことを心から悔いて、人間らしい優しい気持ち、悲しく思う気持ちを取り戻して、遺族に会って、心から遺族に頭を下げて謝罪した(謝った)としたら、(もしも、だけど)伝わるのだろうか・・。死刑にしてしまったら、その時間が永遠に失われてしまわないだろうか。
当然、実際には、遺族の中には「犯人になんて会いたくない」、「それよりも早く死刑にして欲しい」、
という人も出てくるだろうけれど・・。

「命は地球より重い」という言葉がある。私はこの言葉が、なんか好きじゃない。
だって、そうではない方が多いような気がするから・・。お腹の子を亡くして命の重さをいやというほど思い知った自分だって、他の命をないがしろにしている部分があるんじゃないか・・・・。


17日には、2005年1月に女性二人をハンマーで殴って殺害した高柳和也被告(43)に、
死刑判決が言い渡された。
殺された女性は二人とも、当時23歳だった。気が重い。

自分の姪っ子を、生まれた時からずっと見ている。生まれたての顔、体は命そのもので、胸が詰まった。
生まれつき殺人者なんていう人はいないだろうけれど、この世がある限り殺人はなくならないと思う。
私は考えが甘いのかもしれないが、どうすれば、人を殺してしまった人間でも、
優しい気持ち、穏やかな気持ち、悲しむ気持ちを持てるようになるのか、・・・考えてしまう。


『シベリア追跡』という本
2009年03月17日 (火) | 編集 |
シベリア追跡シベリア追跡
(1987/12)
椎名 誠

商品詳細を見る


この前毛皮のことを書いていたら、椎名さんのこの本を思い出した。
そして今日(16日)、「どこに置いたっけな」と思いながら、昔の自分の部屋を探してみた。
今はほとんど、父が自分のものを置いていて、すごい状態になっていた。
昔使っていた本棚の奥に、あった。

私は本を購入した時、裏表紙にその年月日を書く癖がある。
1989,2,4 と書いてあった。(ダンナは、私のそういうところがオヤジみたい、と言う(´・д・`) )
そうか・・そんなに昔だったんだ。まだ14,5年しか経っていないかと思っていたら。
最後にこの本を手にしたのが、そのくらい前だったのかな。

で、中身を読んでいたら・・著者の椎名さんがシベリアに行ったのは1984年。
初出は『週刊ポスト昭和60年8月16日号~昭和61年3月14日号』と、ある。
・・・というともちろんまだロシアは「ソ連」だし、ベルリンの壁があるし、冷戦真っ只中・・な感じか・・
と、感慨にふけってしまった。

この本でよく覚えていたのは、零下58℃の中を椎名さんたちが馬に乗るシーン。
あと、ロシアの「大衆便所(公衆便所、じゃなくて)」が「圧倒的決定的に」汚かった・・というところ。
---それはひとことでいうと<<ソ連全土における大衆便所の想像を絶する非革命的残虐恐怖型鼻曲(はなまがり)汚(お)わい卒倒状況の赤裸々な現実と今後の果てしなき課題>>というようなものである----
という、ここでは書かないけれども、「筆舌に尽くしがたい---もう二度と同じことは書けないと思う」という内容を読んだが確かにすごい。

そして、椎名さんが「ロシア式馬ションビール」と表現している、「うまいというと嘘になるけど飲めないほどまずいというわけでもない」、藁(ワラ)の臭いのするビール。
まなぬるくなると、このワラの臭いがより強烈になり、「色あいといい、アブクの状態といい、本当に馬のションベンもかくや、というような感じになってきた」・・・飲むのにはけっこう勇気が要るだろうけど、「売切れたら売り切れたでソ連当事はそのままなので(お客が困ろうが飲みたかろうがそんなこと知ったこっちゃないという大雑把さ)」、いくらロシア式馬ションビールでもそれしかないから、飲まざるをえなかったらしい。

まあこれは1984年当時のまだソ連時代のことなので、公衆トイレも「馬ションビール」も今ではそんなこともないかもしれないが、この本では私は、そういうことが特に印象に残っていた。
それと、零下58℃の世界では、「毛皮を着ないと無理」ということ・・。(温暖化で、25年後の今は気温は上がっているかもしれないが、それでも真冬は零下何十度、だろう)
そしてもう一度、パラパラっと本をざっと見てみると、その頃は気にも留めなかった毛皮のことが所々、書かれているのに気がついた。

毛皮のことはまた書こうと思います。


んー・・草食系男子か
2009年03月16日 (月) | 編集 |
こんにちは。どうも。(・・・なに挨拶してるんでしょうねw)

きのうアクセス解析で、最近は検索で、どういうキーワードで私のブログに辿り着いているのかな・・
と、「検索キーワード」で見てみたら、「草食系男子」という人が二人いた。ここ何日か、そんな感じ。

「草食系男子」ねぇ・・。
なんとなく、こういう風に分けて考えるのは好きじゃないけどな・・。
でももちろん、目くじら立てるんじゃなくて、今の世相を表わす言葉(世相か・・しっくりこないが)
としては、面白いなぁと思うけどね。
きのうの山日新聞には「草食系男子を襲う肉食系女子」みたいな記事があって、
羊のような恰好をした男の子を、ライオンの恰好をした可愛い(ちょっと露出系)女の子が食べてしまう、
みたいなイラストがあって、笑えた。

でも、この言葉が注目される背景には、「男が女をハントする」「それを女が待つ」
みたいな関係というか暗黙の了解・・(違うな)・・というかそれが普通?といった前提があって、
「それをしない男」=「草食系」=「何となく弱っちい」という、偏見みたいのがあるのかな・・
と、そこまで堅く考える必要はないだろうが何となく今日は考えてみた。
だから、「女が男をハントする」というのもいいとは思うんだけれども、男の方はそういう風にされると、
どうも引いてしまうようだね。男心は難しいのかな。うーん。


☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

昼間うぴしの散歩をしていたら、昔、内職を私と母に紹介してくれた60代女性と行き会った。
「あら、ユウコちゃん?」と呼びかけてくれたので「はーい!こんにちは」と返した。

60代おばちゃんに「ユウコちゃんは今は何してるの?(仕事という意味だなw)まだ遊んでるの?」
と聞かれた。
えっ?・・・・。遊んでる???(´゚д゚` )
・・・・私が鬼ごっこや縄跳びして遊んでいるように見えますぅぅぅぁぁぁああああ!?(゚Д゚#)ゴルァ!!
と一瞬思ってしまったが、私はうぴしに気を取られて普通に、
「はい!遊んでます~!」と言ってしまった。
60代おばちゃんは「へえ・・あ、そう・・じゃ、またね」とちょっと顔を引きつらせながら去っていった。
やだ何言ってんだろ私~と思ったが、いいやほっとけ。
(山梨、特にここらへんでは、子どもがいない又は子どもがもう大きい女の人は、「働いていないの?」とすぐ聞かれる。昔だったら、いちいち傷ついていたが今はいちいち傷ついていられない)
・・・ちょっとここにグチってしまいました。


うぴしさん
2009年03月15日 (日) | 編集 |


          ↑ これは「脚」ではなく、胸の毛です。ヘタ~

こんばんは。うぴしです。
自画像に挑戦してみましたが、難しい~
というか、気持ち悪い絵になって失敗しましたw
結局、何とか描けるのはうぴしの絵だけ・・(^ω^;)
(うぴしは描きやすい顔です)

絵がすごく下手なんですよね~

今までで一番ひどかったやつ 
これ⇒何じゃこりゃ

今度もう一回、落ち着いて自画像に挑戦してみますw


まだ立候補する気かな?
2009年03月15日 (日) | 編集 |
今朝の朝日新聞社会面より。(全文引用)

「うつで休業の教師、気が弱い」 笹川氏

[ 自民党の笹川総務会長は14日、大分市であった県党連の会合で、「学校の先生で、うつ病で休業している人が多い。国会議員には一人もいませんよ。気が弱かったら、務まりませんから」と発言した。うつ病患者への理解のない発言として、批判を受けそうだ。
 問題発言は、県連年次大会の特別講演の中で、教育問題について発言した中で飛び出した。笹川氏は、うつ病で休んでいる国会議員はいないとしたうえで、「苦しいときこそ知恵が出る」などと続けた。また、大分県内で昨年末以降、派遣社員の雇い止めや解雇が続いたことに関連し、「雇用はやっぱり必要だ。ブラブラ遊んでいたら必ず犯罪は伸びます」などと述べた。 ]


またこのおやじか!! (゚Д゚#)


もう今さら何も言う気にならないよ・・(´-o-`)=3 という人もいるかもしれない。
でも、この言葉、見過ごせないわ。
あのね・・政治家として教育について発言する資格がないんじゃね?
うつ病で休んでいる国会議員はいないって・・・あれ・・。??
そういえば今の麻生首相の前の前の、安倍元首相はあの時うつ状態みたいだったけど・・
まあ確定診断が「うつ病」というわけではないだろうし、”今、国会議員にはうつ病で休んでいる人はいない”ということだよね。ああ・・そうか。

笹川さんが国会議員を7期も続けられてきたのは、「気が強かった」からなのかな。
それとも「面の皮が厚」かったからかな。それとも人望が厚かった?(´∀`)

どんな仕事でも歳を取ったから、という理由だけで引退しろ、というのは私はどうかな・・とは思うけど、
笹川さん、73歳だけど、年齢云々よりもね、もう国会議員はなさらないほうがいいと思います。


だから、何で解散しないの?(´・д・`)
2009年03月14日 (土) | 編集 |
分からない。エライ人たちの考えていることは分からないよ。
小泉さんが麻生首相のことを批判して・・(アレはいったい何なんだと思ったが)(気持ち悪い)
まあ、小泉さんが言うまでもなく早く辞めろコールが起きて、(起きたけど何でしぼむのか)
解散、となるのかなぁと思ったらまだびーたらびーたら長引いてる内閣・・。
小沢さん事件が起こって自民党に有利になったんじゃない?で解散かと思ったらさ・・
この際自民党とか民主党とか、社民とか共産とか関係なく、政治家としてでなく、
一人の人間として、(こんな事言ってきれいごとだけどね、)みんな、怒った方が良くね?

・・というよりもこの人たち(自民党の・・マスコミが「キングメーカー」と呼んでる人とか、
(あのーマスコミの人、ただの「追っかけ」になってちゃダメですよ!)あの人とか品性に欠ける人)は、
国民のことを何も考えていないのかな。(ないね)
もっと強く、「早く解散しろ!!」と言ってもいいと思うけれど、
マスコミがあまり言わないこの空気の不気味さ加減は、何なのか。
麻生首相はよくあんなにバカみたいに笑えるなぁと思う。
まあ何もこんなに世の中がひどい状況だからといって苦虫噛み潰したような顔でいろ!
というわけじゃないけど、不気味さ加減ではあの笑顔も負けてはいない。

で、いざ衆院総選挙、となったら国民は選挙期間中の握手と笑顔と泣けるエピソードにだまされて、
「この人ってさ、絶対当選させちゃダメなんじゃね?」
というような人をまた懲りもせず、国会に送り出してしまうのか?
それとも、もういいやとあきらめて投票に行かないとか?
だったらいっそのこと、国民全員が投票に行かなきゃいいじゃん、
・・・と、今日、私はそんなことを考えていた・・。

もっと良くない事も考えた。
万が一、(本当に起こっては困るが)何か大きな事故や災害のようなことが起こって、
麻生首相が「迅速に」「適切に」対処したら自民党の支持率が上がって、そしてそのイメージで選挙に臨んだとしたら、他を引き離して議席を獲得するのだろうか、まさか。



一気に書いたら、ちょっと乱暴になりました。失礼しました。



桜が咲いたけど荒れ模様の天気
2009年03月14日 (土) | 編集 |
福岡できのう、桜の開花宣言が出された。
でも、天気は急に変わり、雪に。桜の花が、寒そう。

今年は山梨の桜は早いのかな。
といってもいつも、なかなか咲かなくて待たされる。
それにしても今日は風が強い。
散歩をしていると、うぴしの垂れ耳がめくれてしまう。
洗濯物を干したのが2時半になってしまったが、
1時間で乾いて取り込む。忙しい。

桜もいいけどね・・甲府盆地に広がる桃の花の色がいいかなぁ。
日が沈む間際が、特にいい。
少し萌え出た新緑と、薄暗さと桃の花の色・・
ちょうどご飯時の、盆地の家々から夕飯の仕度をしている音が聞こえてきそうな時間。

と書いておきながら、桃ではなく桜が登場する絵本を、ここで紹介します。

ぼんさいじいさまぼんさいじいさま
(2004/05)
木葉井 悦子

商品詳細を見る


おじいさんは田舎で、盆栽を手入れしながら、
動物たちを可愛がりながら、日々を生きている。
ある春の日、丹精込めて手入れしてきた盆栽の桜が、満開になる。
そこへ、とてもとても小さな、こびとのような男の子が、
おじいさんを迎えに来る。
おじいさんの体は男の子と同じくらいの大きさになり、
盆栽や動物たちに、「さようなら」と別れを告げる・・・
そして、家を後にする。花びらが散る中を・・・。

という内容なんだけれど、きのう久しぶりに読んだら、
大叔父(私にとって祖父のような存在だった優しかった人)を思い出し、
胸がきゅううっとなってしくしく(´;∀;`)してしまった。

ああこんな風にこの世を去ることができたらいいな・・
というのと、すべての生きているものと別れなければならないという悲しみと・・
今生きていることがうれしいという喜びと・・
ないまぜになるような、本かなぁ。


・・で・・結局、いつ解散するのだろう??┐(・д・)┌
2009年03月13日 (金) | 編集 |
定額給付金のことであれだけ発言がブレて、そこへ中川さんのもうろう会見・・。
今ひとつ、はっきりしない態度・・。
もう、誰もが麻生さんが首相でいられる時期は短いだろうと思われていたその時まさに・・・
「西松建設」問題が持ち上がって・・。

もう少しで、政権交代するかな、とにかく一度民主党に政治を託してみたいと思っていた私は、
この前も書いたけれど、小沢さんは「はめられた」のかな(「国策捜査」)、と感じてしまった。

そして、世論調査の「数字」というより「雰囲気」からすると、
無党派層は民主支持を離れたような気がする。そして、本当に無党派、という人が増えたかな。
私の母は、「小沢さんなんかさ、元々腹黒かったんでしょ」と言っている。
でも、母も父も自民党はダメだみたいに言っていたが。

小沢民主党党首が今回のことを「国策捜査」と発言したら、河村内閣官房長官が
「そんなことはありえない」(正確にはこうじゃないけど)というようなことを言っていた。
二階さんとか、自民党の議員も疑惑の目を向けられているようだが・・。
このことについては、私はいくつかネットニュースを見たり、民主党議員のブログを見たりしたが、
ちょっと難しくて分からない・・。
どこまでが大丈夫な献金で、どこからが、何がいけないのか、分からなかった・・。
NHKの週間子どもニュースを見れば分かるかな。とてもフクザツだなぁ。

にしても、今のこの、日本の政治の状態は一体何なんだろう?と思う。
麻生さんが早く解散して総選挙すれば、こうはならなかったのかな。もう、滅茶苦茶な気がする。
9月に衆議院の満期なんだよね。それまでに選挙するのかな。
ネットが発達している今日この頃では、時間が経つほど小沢さんのイメージが悪くなるのだろうか。
小沢さんはすぐに党首を辞めるほうがいいのか、どうなのか。

それでも、今日も日本は平和に、表面上はつつがなく日常を送ることができているが・・。
小沢さんは、民主党は、麻生首相は、自民党は、どうするのだろう。うーん。


ぽつーん・・(´・e・)
2009年03月12日 (木) | 編集 |
今母屋の方に来たら、誰もいないわ・・父も母も。
妹の家に行ったんだな・・。
今朝は母に、「給付金の1万2000円はちゃんと、○○(ダンナ)にあげなよ」と言われた。
「ええっ?あげるわけないでしょ。だってさ、ダンナがバイク買うときにお母さんから借りてるお金、
まだ全部返してないんだよ」と、言い返した。
「私は多分、お母さんから見たらダンナとの付き合い方がまずいんだろうけどね、
給付金に2兆円も使うお金があったら、他の方に使えばいいのにさ、って、ダンナとも話してて、
うちじゃあ給付金は、お母さんにバイクの借金返すのに全部使うよっ、て言ったらOKしたよ」
と母に言ったら、母は気に入らなかったらしく、機嫌がもろ悪かった。

一人で掃除して一人で洗濯して一人でご飯作って・・・。
・・・ダンナ、酒ばかり飲んでないで、ご飯をちゃんと食え!
私が作ったものを残すなよ!残すにしても、もっと申し訳なさそうにしてよね。

ご飯を残す男は嫌いな・ん・だ・よ!・・・それも度々。(ーーメ)

・・・・・・。(´・ヘ・)

すみませんグチりましたw

夜です。
あまりにひどすぎるので、ちょっと追記。
でも、ダンナにもいい所があるのです。優しいです。明るいです。クヨクヨしないです。
私はダンナのおかげで、元気でいられるのです・・ダンナごめんなさい。