家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HNについて
2008年11月30日 (日) | 編集 |
HN(ハンドルネーム)を思い切って変えることにした。
「OK」というのは名字の一部を組み合わせたものなんだけれど、
6回目のHN。
適当で良いものを思いつかないので、苦肉の策でOKにした。
ただね・・良くないことが・・。ギクッとしてしまう。
「・・・するだけでOK」「もちろん、OKです」
日常的に、どこでも使われている言葉でもあるし。


ちょっと話がそれるけれど、ブログを始める時に、「匿名」で書くことにすごく抵抗を感じた。
自分であって自分ではないような感じ・・。
どんな名前(HN)にしても、違和感が残る。
でも、家族のことを書いていて、実名はまずいし・・

メインとは別にブログを持ってそっちに家族のことを書くとか、
FC2だったら、「ブロとも限定」にするとか、そういう方法もあると思う。
でも、自分の・・何というのかな・・人間性を知ってもらうのに、
それはしたくないな・・と私は思った。(というより面倒くさいほうが先かなU・ω・U)

昨日の朝日新聞beで、経済評論家の勝間和代さんの
「勝間式『自分ナビ』宣言」というコーナーを読んだ。
こんなことが書いてあった。

「ネット上では多少イヤなことはあるかもしれません。
しかし、それは人付き合いの輪を広げると、現実世界でも同じようなことは起きるのです」
そう・・「人付き合い」をする点で、ネットも現実世界も本当は関係ないかも。

この前、ブログのあり方やコメントについて考える上で、
ネットで色々な人の、ブログに対する考え方を読んでみた。
「HNが実名でも匿名でも、その人の人格・パーソナリティーは表れる」というような文章に目が止まった。

私は、出来るだけ正確に、自分の思っていることを伝えたいと常に考えている。
そうすると・・この「OK」という現実社会では使っていない名前は、やはり違和感がある。
自分が違和感を感じながら書くのはイヤだな・・
そんな思いや、その他にも色々考える所があって、
心機一転、HNを思い切って変えることにした。

新しいHNは「ユウコ」です。さすがに漢字にはできませんが、
普段私が、家族から呼ばれている実際の名前です。

(「甲州人」について・・
初めてブログというものを読み、コメントを入れさせてもらったのが、ここにリンクしている、
「39歳今日もひとりぼっち」のルシエンさんのブログでした。
(ルシエンさん、気さくで真面目な感じの人です)
そこで「○○市民」と、市の名前をHNにしている人がいました。
それで私も「甲州人」にしたのですが・・
ルシエンさんのところで知り合った方のブログには、HNを「甲州人」にしたりしてましたが・・
ここにリンクしている、あおぞらさんも私がブログを始める前にコメントをさせてもらったので、
HNは甲州人です。が・・「甲州人」はどうなんだろう・・そのままにしておきます(´・∀・`))

スポンサーサイト

庖丁にお腹が
2008年11月28日 (金) | 編集 |
庖丁にお腹が刺さって・・じゃなくて、お腹に庖丁(小さいの)が軽く刺さって、
ちょっと動かしている感じの痛みが昼間から襲ってきた。
(もちろん、私はお腹に庖丁が刺さったことはない)(大真面目に)グハ!(゜o゜(☆○=(-_- )ゲシッ (´・д・`)

例えるとそういう感じの痛みで、ついでに腰も痛く、メタンガスだろうか・・(キレイじゃなくてごめんなさい)
お腹がフツフツ・・またはブツブツと音を立てている。うっ・・くっ。
これはまぎれもなく、柿とミカンの食べ過ぎによるものだと思う。・・・ _| ̄|○ (・д・`)

それだけじゃなく、肩が凝っていて風邪の要素が。
胃と腸のつなぎ目(多分、そこら辺)が妙に痛い。
柿を食べ過ぎちゃダメ~と思いつつ、そういうときに限って母がケーキを買ってきてくれたり
「さつま芋干したから、食べなよ」と、干したさつま芋をくれる。
お腹が空いてないのに、見たら食べたくなり・・ご飯はちゃんと食べてその後に食べる。
ダーメー!
・・・免疫力弱ってる。
柿とミカンは体にいいのに、食べ過ぎてお腹を壊して免疫力弱るなんて(;゚∀゚) (+д+)

===========
先に記事を書いてしまいましたが、コメントありがとうございます!本当に嬉しいです(^o^)
すみません今日はもう寝ます・・。m(_ _)m
でも、明日には元気になります(`・ω・´)お返事書きますね |゚ー゚)ノ


先生に話を聞いてもらう
2008年11月28日 (金) | 編集 |
今日(27日)は精神科に行ってきた。
私の担当の先生は、本当によく話を聞いてくれる。

この前の診察で、「頭にぬるいホッカイロが入って弱った蝉が鳴いているみたいな感じで・・」
と話したのだが、その時のカルテを見ながら「その後どうですか、ご主人とはひざを交えて話をするようなことはあったのでしょうか」とか、真剣に聞いてくれた。

12,3分くらいだろうか。とても丁寧に聞いてくれるので嬉しい。
母に愚痴るわけにはいかないし、ダンナに対しては”働いていなくてしかもきちんと家事がこなせていなくて申し訳ない”と思ってしまうので、先生にはついつい、一気に話してしまう。

それに、何しろ、早くこの状態を抜け出したい・・。
(でも、もうそろそろ薬を減らしていきましょう・・とはならないのだが・・少ない量だからなのかな)
(いつも、次の予約の話になると何となく申し訳ない気分になる。
私より大変な思いをしている人はたくさんいるだろうに、私はいつまでも通っていて、先生に話を聞いてもらっていていいのだろうか・・と。考えても仕方ないんだけど)

・・もう、社会不安障害にはいいかげん疲れてきた。
いまだに、いちいち何をするにも病院の予約の電話一つ入れるのにも緊張する。
そこで考えた。もう、「あきらめよう」と。
ただし!
「あきらめる」というのは、悲観的になって投げ出す、ということではない。
極端な上がり症は以前に比べて良くなってきているのが分かる。生活に支障をきたさなくなった。
でも!
性格はなかなか、変えるのが難しい。本当はもっと、外に出なければダメなんだよね・・。
「と、いっぺんにいろいろ考え過ぎず、一つ一つ実績を積んでいきましょう」・・というニュアンスで先生には言われた。

「あきらめる」というのは私にとっては、変に上がり症でうじうじしがちな性格を外から見つめて、
付き合っていこう、ということ・・。
アトピーの時もそうだった。アトピーは原因が複雑で、急に治った時期もあったし(でもすぐ再発)何をやってもダメ、という感じで本当にてこずった。
そしてその時も、「もういいや。疲れた。治らなくてもいいや、知らん」と思ったらだんだん良くなった。
(もちろん、体の内面が良い方向にいく時期と重なったのだろうと思うけど)

SADとうじうじ性格とは、この先もしばらく付き合っていくしかなさそうだ・・。
絶対完璧に治る、なんて期待しないでいればいいや ┐(゚~゚)┌ と思う。(私は)
(それじゃイヤだな・・と思う人ももちろんいると思う。
人生は十人十色、百人百色だし・・それぞれに合った対処方法があるのだと思う)

==========
コメントありがとうございます!(´・∀・`)
お返事書きます~(=゚ω゚=)
==========
木曜洋画劇場の「オーメン666」を、うっかり最後まで観てしまった。
全然眠くならないわ( ` ゚Д゚ ´;)


そろそろ今年も・・
2008年11月27日 (木) | 編集 |
今日はもう11月27日か~。早い。
そしてこの頃になるとテレビでちらほら見聞きするのが、「今年の流行語大賞は何か」ということ。
確かもう、候補は上がっているんだったような気がするが・・。
思い返してみると、何が流行語だったかなぁ・・・なんだろう。
「グ~~!」かな。
はるな愛ちゃんの、「言うよね~」は使わないなぁ。
外に出て活動しないと、使わない言葉。

また、これは流行語ではないかもしれないが、
福田前首相が言った言葉・・「あなたとは違うんです」なんていうのも思い浮かぶかな。
あと、最近のだと、田母神さんの
「日本は侵略国家ではなかった」とか。
思い出すのは嫌な言葉ばかり・・「震災はチャンス」・・とか。

毎年京都の清水寺が「今年の一文字」として書をしたためる、あの一文字も気になる。
今年は何という字になるのだろう。

私自身の今年の一文字・・・「脂」かなw ・・・orz
去年は・・「増」。今年は「脂」・・・そう。背中と腰に肉が付いてしまった(゜д゜)
おととしはぴったりだったSサイズのジャケット着たら・・苦しい(^ω^;)・・腕が動かせない・・
来年は、「筋」にしたいけど・・というか、しないとまずいかも。
お気に入りブログのブロガーさんも触れていたが、私は、スタイルがどうのこうのよりかも、
将来寝たきりにならず、
「ピンピンコロリ」(略してPPKと言うらしいが・・あっPPKで検索で来てくれた方、違うPPKだったらすみません)と死にたいと思っている。と母に言ったら、あきれたような顔をしていた。
そう、今現在は母の方がピンピンしていて元気だw ・・・ _| ̄|○  
うーん・・まあ、病気とは気楽に付き合って、腹7分目(6分目だと寂しいので)で運動をしてストレスを溜めず・・そうか・・うぴしと同じような生活をすればいいんだ(゚∀゚)
けど、分かっちゃいるけどねぇ・・と、私は言い続けるのかそれともここで行動に出るのか、で、
これからの生活のQOLは決まってくるだろう。


憲法九条改正が目的(?)というブログ
2008年11月26日 (水) | 編集 |
何ヶ月か前だけれど、すごいブログを発見した。
「隼速報」というブログ。(「隼(はやぶさ)速報」でググるとトップに出てきます)

言っていることがあまりに極端で最初は引いてしまったが、
でも面白い。反面教師にはなる。
アメリカに40年以上住んでいるというおじさんが管理人。
今度田母神さんと講演会で会うらしいから、けっこう有名な人なのかもしれない。

面白いんだけどねぇ・・。
田母神さんの論文のことで何か書いてあるだろうと思って久々に行ってみた。
そしたら、やはり田母神さんをかばうような感じだった。あの調子じゃ当然だろう。

そして、その中の記事か別のか、ちょっと忘れてしまったが、
「このブログの目指す方向性は憲法九条改正である」というようなことが書かれていた。
そうなの・・。

その隼速報の管理人さんは置いといて、そのブログにコメントを入れる人が
管理人さんへの迎合とも受け取れる書き方なのがまた気色悪い。
田母神論文に対して管理人さんの考えとは反対の意見を匿名で書き込んだ人がいたが、
感情的とも取れる言い方でその匿名意見の人を攻撃しているコメンテーターがいた。
そういうもんだろうけどね。

管理人のおじさん、えらく詳しく述べている所と、そうではないところとムラがある。
恐ろしいのは、ここを読んでいるうちにだんだん、私も、
「この人の言ってること正しいんじゃないか・・」と思ってしまいそうになるところ。
あの戦争が正当なものだとするならば、じゃあ、死んでいった大勢の人たちは、
今でも空襲や原爆の後遺症で苦しむ人の存在は何なのだろうか、
無視してもよいということになってしまう。


ブログのコメントについて・・うーん
2008年11月26日 (水) | 編集 |
(この記事の前のバトン記事は削除してしまいました。
なぜなら・・・とても狭い社会・・よく考えてみたら誰が見ているかは分からない・・)
=========

ブログを運営していると、どうしても考え込んでしまうことが出てくる。
(「運営」という言葉は当てはまるのかどうか、いつも考える)
「運営:組織・機構などを働かせること。例:国会の運営」←岩波国語辞典より

こういうことを書いてはブロガーである自分にとってはマイナスなんだろうけれど、
今書いておかないと、今現在自分の頭の中にあることを忘れてしまいそうなので書こう。

ブログのコメントについて考えること。
一つ目。
ここで言いたいのは、自分以外のブロガーさんのブログにコメントを書き込む場合。
ちょっと自省。
この前お気に入りのブログにコメントを書き込んだら、
「○○ではなく、◇◇と言ってほしかった」とお返事にありました。
そうなんだよね・・。よく考えたつもりが、ブロガーさんの心を乱してしまうこともある。
特に、心の繊細な人に対してならば、なおさらそうだろう。
そのような場合は、考えに考えてからでないと、いけないのかもしれない。
と、「何を今さら言ってるのさ」と思われそうです、すみません。

と、ここまでちょっと個人的なことになってしまったが、
どうなんだろうなぁ・・。かといって、ものすごく考え過ぎると何も書き込めない気がする。
<記事に対するコメント、だから、「コミュニケーション」ともまた違う>というようなことを、
さっきネットでどこかのブロガーさんが書いているのを読んだ。
うーん。うーん そうなんだよね (´・д・`)
「記事に対するコメント」ねぇ・・そうそう。そうだよ。そうそう。そう言われてみればね。
激しく納得。まあ、また違う意見もあろうけれども。


二つ目。
自分のブログにコメントをもらう場合。
私は、どんな反対意見でも嬉しいな。(あくまで、私自身の場合)
自分と違う考えをコメントされると嫌な人もいるだろうが、そうは思わない。
かえって、自分の考えはじゃあどうなのか・・と見直すきっかけにもなるから。
SADのことでうじうじ悩んでいても、
「そんなに考えてるよりも電話した方が気が楽でしょう」と、私がSADということに関らず、
ポーンと言ってくれた人がいた。( д )… ゜ ゜
目からうろこ。そうコメントしてくれて急に気が楽に。

(あと、これは論外だと思うけれど、アダルト系HPへ誘導するコメント。
一日に何件もになることがあるので、これを消すのがけっこう面倒。うんざり。
ただの宣伝のコメントもうんざりする。最近はないけど)

=========
ブログそのものについて。

ブログは「運営」するものなのかな・・。
日記だったら人の目を気にせずに書きなぐって終わりだけれど、
私のブログはある程度人の目を気にしているし、
リンクしている人もいるし、コメントをもらってそのコメントに対してお返事・・・
やっぱり、コミュニケーション??運・・営・・?
くわああっ!分からんよ~ 
要するに、「あまりにも考え過ぎるとよくない」ということは言えると思う。(-ι-)
そして、実生活でブログに重きを置きすぎない、時間をかけすぎないということ、かな。

社会に対して思っていることを、そのまま書きたい。
でもね・・ダイレクトに世界に通じていても、「発掘」されないとどうしようもない。
ただの「グチ・ひとり言」で終わる。
これだけの人がブログを書いていても、影響力は「しょこたん」と「上地君」みたいな人しかない日本。
または、炎上させることに必死な一部のネットユーザー。日本だからしょうがないのかな。


化学物質過敏症(CS)患者さんたちのデモ行進
2008年11月25日 (火) | 編集 |
今朝のテレ朝の「スーパーモーニング」で、
化学物質過敏症患者たちのデモ行進を取り上げていて、最初の方を少し見逃してしまったが、
デモ行進の様子を見ることができた。

私が初めて、「化学物質過敏症」(略して「CS」という病名)の病気があると知ったのは、
もう、随分前・・。7,8年くらいは経っているだろうか。
その時は外国の男の子をテレビで取り上げていた。
生まれてしばらくして(どのくらいかは覚えていないが)CSになり、
外に出られなくなり、家の中で、化学物質に絶対に触れないようなビニールハウスをつくり、
その中での生活を余儀なくされている、ということだった。想像を絶して、ショックを受けた。

そして、今から1年くらい前だったか・・テレ東の『ガイアの夜明け』という番組で、
CSに苦しんでいる親子(お母さんと娘さん)の野外生活を取材した放送を、偶然見た。
最初から最後まで、すべて見た。
この番組に出ていた娘さんは、私のブログにリンクしている『モスカルのCS日記』の管理人さんの、
モスカルさんです。
『モスカルのCS日記』に行くと、お母様のHPもリンクされています。
「CSって、何だろう・・」と思われた方、私がここで説明するよりも、モスカルさんの所を訪問した方が分かりやすく詳しく書かれているので、是非『モスカルのCS日記』を見ていただきたいと思います。
「最近のコメント」の下にリンクがあります。

デモ行進の話に戻る。
CS患者さんたちのデモ行進は、11月22日に、東京の渋谷駅周辺で行われた。
『化学物質過敏症 知ってね☆ うぉーく』と名付けられた、国内初のCS患者によるデモ行進、
ということだった。
私はどちらかというと、化学物質には反応してしまう(気分が悪くなったり)方だが、
でも、CS患者さんたちの苦しみは私の比ではない。
最初は行進に参加していた人たちは約100人だったが、排気ガスなどで体調を崩すなどして途中で抜ける人も多く、デモ行進が終わる頃には50人になってしまったそうだ。

直接、近い距離で排気ガスを吸えば気分が悪くなる人は、私のような人を含め少なからずいるだろう。
でも、ふつうに街中を歩くということが、CS患者さんたちにはとても辛いのだと思う。
吸う空気吸う空気、そこにある空気にちょっとでも車の排気ガスが混じると過敏に反応してしまう。


まだ書きたいことはあるのですが、夕方になってしまったので
とりあえずここまでにします。


激しい雨
2008年11月24日 (月) | 編集 |
今日は朝は晴れ・・昼過ぎに雲行きが怪しくなり・・
うぴしの昼の散歩の途中で、雨がぽつりぽつりと降ってきた。
何とか、うぴしを濡らさずにすんだ。

そして、もう少ししたら激しい雨に変わった。

日用品の買い物を少し溜めてしまった。
こんな日にホームセンターや薬局に買い物に行かなくてはならなくなった。
ついでに、うぴしさん用の冷凍カボチャも。

何をするにも本当にギリギリになってしまう私は、出かけるのが夕方5時になってしまった。
しかも、雨足が一番強い時・・。もう~~。(っていうかさ、だったら早くでかけりゃいいのにね´∀`;)
スーパーにも寄ったんだけど、買い物を終わって車まで一気に走らないとびしょ濡れになってしまう。
もう~~疲れるわ~~。
それよりも、この雨・・どしゃ降りに近いわ・・どうしよう、うぴしの散歩。
この降りだとうぴしさんの体が濡れてしまう・・カッパ着せるしかないか・・
と心配していたら、買い物から帰ってきた頃にはもう、雨がやんだ。
そして急いでお散歩へ。うぴしは眠っていたが、小屋から出てきた。
U`・ω`・U アメガ フッテルヨ・・サムイヨ・・ という顔をしていたが、いざ散歩に行くとなると嬉しそうにしている。
でも帰ってきたら、一見、体は濡れていないように見えても、お腹と足がびしょびしょ。
タオルでざっと拭いて、ご飯を食べた後の口を拭いて(うぴし怒る)、
足を柔らかい布で乾拭きをして、そして今度は濡らした柔らかい布で拭いて、また乾拭きして・・
体を濡らした布で拭いて、タオルで乾拭き。最後はスリッカーブラシでざっとすいて、終わり。
でも本人(本犬)は・・さらに遊んで欲しいらしく、ふざけたような目で(キラキラと)私を見ている。
私「あのね、うぴしさん・・今日の業務は終了しました」
う「U`・ω・´U ダメ! アソボウヨ!」
・・・というわけで布の引張りっこをしたり、わざとうぴしを捕めないように追いかけたり。
疲れたわ~(ヽToT)ノ
さっき見に行ったら、U-д-U こんな感じで眠っていた。



もしも裁判員になったら・・
2008年11月24日 (月) | 編集 |
最近テレビや新聞などで、
「裁判員に選ばれた人に今週金曜日から一斉に通知の郵便を出す」と
報じている。
テレビを見ると、大きなテーブルを囲んで10数人くらい(かな?)の人が、
話し合いをしているような(多分)模擬裁判の映像があった。
そういうのを見ていると、もしも自分が裁判員に選ばれてしまったら・・と思うと、
とても不安を感じる。
あの場面は多分、被告の量刑などについて話し合っているのだろうが・・。
ああいう場面が、私は苦手・・。
弁護人のような人と裁判員が一人ずつ、一対一で話し合うのかなと思っていたが、
そうではないのかな。ないかもしれない。

もっとも、SADではない人には分かりづらいだろうが、
大勢の中で楽しく雑談するのが、一番苦手なんだよね。
だから、SADという病気があるのを知らなかった頃は、
友人の結婚式に呼ばれていたりすると、
あの丸テーブルを囲んで話をするのが嫌だな・・と思い、
隣に座るのが誰だろう、私に近い人が多分座るんだろうけど・・と、
結婚式のずっと前から当日まで悩んでいた。
だから、単なる雑談ではない裁判員制度の裁判の中での話し合いは、
まだマシなのかな・・。
でも、でもだよ。(・・というか詳しいことをまだよく知らないが)
人の刑罰の量刑を決める重大な現場の空気に耐えられるのかな。
それが心配だよ。

私は、初対面の人よりも、(とても仲の良い(良かった)人は別にして)
ある程度の知り合いや友人だけど、その人たちに対し自分がキャラを作って演じてしまうなぁ
というような人と話すのが、緊張する。
例えば、分かりやすく言えばダンナの実家の人達や、その親戚。緊張する。
あと、高校時代の部活の友人。

だから、裁判員になって大勢で話し合うという場面は微妙なんだけど、
デパスを飲めば大丈夫かもしれない。
「もめる可能性がある」「意見がバラバラになる可能性もある」と分かっているから。
仲良し的な空気よりかは大丈夫かも。
ただねぇ・・「選ばれたらやらなければならないこと」というのが重い。
・・人の刑罰に関することだよね・・それがね・・責任が重くて吐き気がしそう。
それに、誰にも話してはいけないとか(当然だし、理解できるけど)、
3日間かかるとか・・すごいプレッシャーとストレスだろうなぁと思うと、選ばれたくないなぁ・・。
選ばれたということは、裁判に出るのが「決まった」ということだし、
そしたらその裁判の日までずーっと、「ああ、あと何日だ・・」と考えてしまいそう。

アメリカの陪審員制度をテレビなどで見ていて、「日本もああいう方がいい」と、
単純に思っていた。
だから裁判員制度になると決まった時には「日本もやっとか」と感じたが・・
よく考えると大変だ・・。
山梨県では、甲府地方裁判所管内で1年間に選ばれる確率は7370人に1人という。
(今年8月中旬に最高裁が発表した数字)
山梨の人口は今、85万人くらいかな。当たらないでほしいけど・・。


よく分からない調子悪さ
2008年11月23日 (日) | 編集 |
どうしてか、やたらに調子が悪い。
午前中は3時間半も眠ってしまった。
そして、頭が重く・・。
原因は何だろうな。吐き気とめまいもする。
貧血かな。(金欠?・・それもあるかも( ゜д゜))

私の腎臓は完璧ではないらしいが・・
だから貧血になるのか、貧血だからフラフラするのか。
困ったニャー (=^・∀^・=)←こんな顔ができた

4年前、息切れが続いて「運動不足」だと思っていた。
そして、定期健診で病院へ行き、血液検査。
そしたら・・血が試験管の中でものすごく透き通っている・・
あら~私の血ドロドロじゃないんだよかった~(´o`)
と思ったらひどい貧血だった。(TДT )
そういえば貧血対策をずっと忘れていた・・。
薬飲むか・・。

゚☆,。・:*:・゚★,。・:*:・☆゚☆,。・:*:・゚★,。・:*:・☆゚

嫌な事件が続いている。
そしてマスコミは次から次へと、「センセーショナルに」事件を報じる。
情報過多で、一日に脳を通過する情報の量はどのくらいになるだろう。
ブログを書いているからかな、ニュースは気になる。
でももし、知らないで済んでいたら・・?

昔(私が子どもだった頃くらい)に比べて、
いろいろな問題が複雑になっていると感じる。

どこどこのコンビニの、売り上げの増加率が去年に比べて低いという。
でももう、そんなにずっと売り上げが上がっていくはずなんてないのに、
そんなに悲観的にならなくてもいいんじゃないかな、と思う・・。
「売る」ことを考えるのもいいんだけれどね・・。

物は飽和状態で、すごく欲しいものは、私にはない。
なのに、新聞の折り込み広告をチェックして物色する。
ご飯をきちんと作らなきゃという思いから、安い時に買いだめをしてはダメにする・・無駄だ・・。
家事に要求される水準も高くなったような気がする。
そんなに汚れていないのに、洗濯をして無駄に水を使っているかも。
でもそういう生活はやめられない。

今のこの家ごと物を放り出して新しい所に引っ越したところで、
また物を増やすんだろうな。どうでもいいものを。


結局風邪なのかな
2008年11月23日 (日) | 編集 |
調子が良くないのはどうも、本物の風邪のせいかもしれない。
というのは、お腹の調子が明らかに良くない。みぞおちの辺が特に。
妹はこの前、腸感冒になったと言っていた。
おととい家に来た時には、口の周りに吹き出物ができていて、痛そうだった・・。
私もヘルペスウイルスが活発になっている感じがする。まずい。免疫力低下だ・・。
肩も妙に凝っているし。
顔と歯と耳が痛い感じがするし。
関節も、いつもより動かしにくいし。

そうそう、こたつにしてから、ついつい夜うたた寝をしてしまう。
それが良くない・・(- _ -)
そして、なにしろ柿を食べ過ぎた。毎日ついつい3個も。食べ過ぎ・・。
「マジで風邪ひく5秒前」。ならぬ5時間前か。(゜д゜)
ダメー早く寝ないと。

========

「森花子」さん(NHKの)で検索してこのブログを訪問してくださる人が意外と多いと気づきました。
その方達のために!というわけではないですが、今日(22日)の森花子さん、
衣装・・というかファッションですね^ω^; 服装が・・化粧は今日も相変わらずバッチリな感じですが、
それは置いといて、今紺色系が流行っているのかな・・色はそんな感じで、
素材がツイードのような厚めの生地で襟が大きくて・・「ゴージャスレトロ」な感じでした。
で、パールの数珠状アクセサリー。
・・・1999年くらい(微妙ですね^^;)のクラブの女の子風でした。(あえて例えると)
森花子さん、可愛いと思います。でも、外に取材に出かけたり、カジュアルな服装でスタジオにいる時があるんだけど、バッチリ決めました的な感じよりも、ラフな方が森花子さんらしさが出ているような。

今度こそ寝る。


低周波音が・・
2008年11月22日 (土) | 編集 |
はやい・・時間が経つのがはやい・・。(「早い」か「速い」か分からないのでひらがな)
どうしよう今日土曜日だからダンナがもう帰ってくるわまずい~。

私だけ別の時間が流れているような変な感覚が・・どうしてだろう。
やっぱり季節の変わり目は精神的に良くないのかな。あまりにも急激な感じで冬みたいになったからか。

(季節の・・変わりめ?
♪季~~節の変わりめで~~あなたの心を知るなんて~~(´∀`)♪
という歌、知っています?)

やはり・・何をするにもやたらに時間がかかり、やらなければという思いがあるものの、
どうにもこうにも頭が重い。
車のエンジンの低周波音のような音が、どこか遠くから聞こえてきて、それがまた気持ち悪い。

と言っている場合ではなく、「今年は母はやらないだろう」と思っていた内職(季節もの)を母がこの前引き受けてきてしまい、抗がん剤を飲みながら調子悪そうにやっている・・・
「お父さんが手伝ってくれればあとちょっとで終わるのに」とか言っている・・・。私が手伝わないわけにはいかない状況だわ・・
というわけで、今日は少し手伝った。なんか・・疲れた。
こんなんで疲れてちゃダメなぁ。(`・ω・´)シャキーンとしないとねぇ・・・|ι´Д`|っ

=================

コメントありがとうございます!とても嬉しいです。
私はいただいたコメントというのがとても嬉しく、考えながら書くので、お返事つい遅くなってしまって・・。
先に記事をアップしてしまいましたが、お返事書きます(´・∀・`)ありがとうございます☆♪

 

新たな問題が・・
2008年11月21日 (金) | 編集 |
うーん。困った。うぴしが右後ろ足を、ヽU`皿´Uノ カミカミ~~ カユイ~
                         ↑すごい顔
という感じで噛んでいたので見てみたら、また新しい指から血が出てる(;゚Д゚)・・
うそでしょ・・と思ったが・・何だろう。今度は爪じゃなくて、爪に近い指の辺が湿疹のようになっている。
前の、「ひょうそ」が良くなってきたのでもうそろそろ、抗生物質をやめてもいいだろうと思っていたら
これだよ・・。どうしたもんだか。
塗り薬を塗っておとなしくしててくれれば、飲み薬をあまり長期に渡ってねぇ・・飲ませるのも。
かといって放っておくとどんどん噛み噛みして、すごくひどくなるだろうし。

ビブラマイシンをどのくらい飲ませるのか、ネットで見てみた。
そしたら、数週間から数ヶ月と。
でもさー、数ヶ月ってさ、2ヶ月でも4ヶ月でも数ヶ月だし。
うぴしは連続してビブラマイシンを11月30日で丸々3ヶ月、飲んでいることになる。

うーん。やっぱり、来週お医者さんに連れて行ったほうがいいかもしれないなぁ。
それまでは、もらった薬を継続して飲ませておいて、医者に見せるしか。あとは、腎臓と肝臓にきていないか、血液検査かな。

「飼い主さんが焦ると、犬はそれを感じ取ります。
犬の皮膚病は治りにくいものです。焦らずに、『付き合う』という気持ちで治しましょう」
みたいなことが書いてあった。
そうなんだよ~。私がうぴしを世話するのが楽になるように、じゃなくて、
うぴしが快適に過ごせるかどうか、なんだよね・・。
食事もちょっと見直して、足と体もマッサージに時間をかけて、リラックスをさせたほうがいいかも。
15歳の犬を世話するのは初めてだからなぁ。
15歳の犬を38歳の人間が世話をする・・。
うーんと・・落ちがないね。だから何?というw
   /)/)
  U ゚ _・゚> うさぎだわこれじゃ

    ↑
これは今日2ちゃんのペット掲示板で見た。真似してみたけどうさぎだよ・・。


  / ) / )
  U ゚ _・゚ >   こんな感じかな ・・といってもうぴしは耳が垂れているんだよね・・ダメだ眠い(-_- )


「KY」または「キモい」
2008年11月21日 (金) | 編集 |
最近の自分のブログの文章を読み返してみた。
何となく・・しっくりしない部分がある。自分で書いておきながら。
特に、「悲し過ぎること」という最近の文章。
感傷的過ぎないか。
「感傷的」な考えからは物事は一歩も進まないように思う。
まあ・・でも・・
「進まななければ」「~~でなければ
と、ガチガチに考えていてもね・・。
そういうことについて考えた時間が、大切かもしれない。

自分の考えた文章を公開していると、いろいろな事を考える。
「これが正解」なんてことは、考えたくはない。
ただ、ネット上に落としているだけなんだから。(と私自身はそう思う)
拾ってみてくれる人がいたら、運命の出会いかもしれない。
一期一会ということもあるだろうけれど。
少し付き合って、自然に離れることもあるだろうけれど。
または、ずっと付き合いたい人もいるかもしれない。

全く知らない人に対しても、温かみを感じることができる。
これが、ブログの良いところだろうか・・。


「KY」とか「キモい」、「ウザイ」(ウザイはもっと前かな)という言葉がここ2,3年で出てきたけれど、
自分と違う意見の人に対して、顔も姿かたちも見えないところで攻撃するような、
そういう陰険な言い方は嫌だな。(と、私自身は思う)
例えば家族でも、似ているようでも個性はバラバラ。一人一人が違って当たり前だし。
(上の三つは「言葉遊び」で使う分にはいいかもしれないが、
基本的に人に対して言ってはいけない言葉だと・・思う。特に、何年も同じクラスのメンバーが続く、
なんていう学生時代は・・使って欲しくないなぁ・・と感じる)

あまりに極端なことを書いているブログ(例えば右系)に、
ムカッ・・とすることもある。でも、よく考えてみたら本来自分と全く同じ人はありえない。
だから、あえてそういうブログを続けて読んでみたりもする。
ダンナと私は性格が似ているようだが、全然違う。基本的に違う人。
母と私だって。妹も、私と似ているような性格の友人も、やはりどこか違う。


ええっと・・あれ・・・何が言いたいのか分からなくなってきた・・うーんと・・
変に長くなりそうなのでここまでにしよう。

今日もまだ頭が重いなぁ・・少し。変に重い。
お寺の鐘の中の、ぐわぁーんとした音の中にいるみたいな、
頭の中をレンジで15秒チンしたような。15秒もチンしたらたんぱく質おかしくなるかな。電磁波だしね。
うーん・・例えがヘンなんだけど、例えるとそうなるんだよね(´・д・`)


第619回「ビリビリ!静電気!」
2008年11月20日 (木) | 編集 |
FC2 トラックバックテーマ:「ビリビリ!静電気!」



どうも。(「どうも」って何がどうも、なのか)こんにちは。

いきなり寒くなったのが原因か何だか、頭にホッカイロが入って蝉が鳴いている状態です。
要するにこれは・・ちょっと前にダンナと言い合いをした時のあの状態と同じような感じ・・。
でも今回は、ダンナは関係ない。
しなければならないことがあっても、体が言うことを聞いてくれない。
風邪?と思ったけれど、そうじゃない。
鉛を背負ったように(鉛背負っ(ry)体が重くて、頭が重くて、困った・・・。ご飯食べたくないし・・。
うぴしだけは放っておくわけにはいかないので、何とかうぴしに引きずられて今日は生きているという感じで。だめだこりゃ・・。寒さはやっぱり、影響するのかな。

---------
全然関係ないけど、私は「帯電質」というのか、静電気が体に溜まりやすい体質らしい。
夏の、ものすごく湿気が多い時期以外は、車のドアを手で閉めるときバチッ!となる。
この前はうぴしと私両方に静電気が溜まっていて、「バチッ」となった。うぴしは体全体だったのか反応がなかったが、私は指先に来た。うぴし毛が原因。うぴし毛超乾燥状態。
「帯電質」の体質ってあまり良くない、と聞いたことがあるけれど・・・真偽は定かではない。
---------

こうなりゃ開き直るしかないのかな。・・・いや、そうじゃない。
何だか、居てもたっても辛い。(-_- )
あああーーーっ!もうっ。でも良かったのは、乾燥して晴れていること。
洗濯も今から何とかなるかな。午後4時過ぎだけど(´д`)はあ・・やる気なし。

今ここを見ていて、
「でもお前さ、人のブログ見る時間と自分のブログ書く時間と気力はあるんじゃん(´゚д゚`)」
と心の中で突っ込みを入れた人、その通りですw そうなんですよね・・ _| ̄|○

2008年11月19日 (水) | 編集 |
私はここで何を訴えたいんだろうな・・(´ω`)

だって、そんなこと言ったら「死刑」だって理不尽な死じゃないか。
何が「敵」だか分からない戦地に送られたアメリカ兵の死だって、理不尽で。

でも、人間は犯罪を犯すものだとすれば死刑は「仕方のないもの」であって、人間は戦争をするものだとすればそれは、理不尽ではなくてやはりそれも「仕方のないもの」なのか。

私はどういう死に方をするんだろう。
いずれ死ぬことだけは、間違いない。それだけは。じゃあさ、今急に進行性の難治性の病気でもう長く生きられないと分かったら、38歳で死ぬことが分かったら、理不尽だと感じるのかな。自分自身がそんな立場にも立ったことがないくせに、私はよく偉そうにそんなことが書けたもんだと・・・。


(今日は可愛い小さなお客さんが来た。今流行りの、民族調のワイン色の服を着て。
母の居間のテレビで「おかあさんといっしょ」を一生懸命見ていた。
「もう帰るんだよ」とテレビを消すと、”まだ見たいよぉ・・”という顔をする。かわいかった(´∀`)  )


何でもかんでもいろいろ考え過ぎたら、ブログには何も書けなくなってしまうだろう。
でもね・・勝手に一人で凹んでいる。
ああっ!もう!

(あ・・妹よ・・Iちゃんに話したことじゃないよ。関係ない。今読んでる?ここ
そう簡単にはへこたれない性格と自分では思うけどね・・
看護師さんから見ると不安だったんだね^ω^;)

うーん・・・(´・д・`) (´・∀・`) (-_-)ゝ
それよりも夕ご飯の仕度しないとまずいわ~(゜д゜)こんなことをしてる場合じゃない~。
うぴしさんのご飯も作らないと~~((( U´・е・`U )))) サムイネ・・・

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

コメントありがとうございます!嬉しいです(^o^)
お返事書きます oU・ー・Uo

悲しすぎること
2008年11月19日 (水) | 編集 |
おとといから、あのニュースを見るたびに、悲しくなる。
新聞配達をしていた16歳の少年が車にぶつけられて6キロも引きずられて、亡くなった事件。

どうして。まだ16歳なのに・・。やりきれなくなる。
時間が戻らないものだろうか。
本気でそう考えてしまうほど、虚しい。

「誰でもいいから人をひいて殺そうと思った」
と、犯人は言った。別の事件。
24歳の銀行員の人が亡くなった・・。
どうして。

この前大阪でも、飲酒運転でひき逃げで引きずられて、
30歳の人が亡くなった。


団地で、穏やかに一人暮らしてきたおばあさんが、
ある日突然、知人に殺される・・。山梨で昨年起きた事件。

秋葉原の事件もいまだに思い出す・・。
6月に起きた時は加害者の加藤容疑者の動機が分からず、関心を持った。
でも・・・今は・・殺された人残された家族はどうしているだろう・・それが気になる。
当時も、まだこんなに若いのにこんなことで死んでしまうなんて・・と思うと虚しさを感じた。
時が経つにつれ、そういう思いは強くなる。
4人で並んで歩いていて、2人がトラックで跳ね飛ばされて・・
隣にいた2人は今・・。
亡くなった人の中で、直後にまだ息があって手を動かしている映像を当時見た。
ショックだった。「自分はもう死んでしまう」との思いがよぎっただろうか。
21歳の、携帯電話ショップで働いていた女の人も亡くなった・・


マンションに突っ込んだ電車。3年前の、JR西日本のあの事故・・
あの中で亡くなった人のことも思い出す。
老若男女・・関係なく・・


本田美奈子さん・・坂井泉さん・・深浦加奈子さん・・
9歳で小児がんで亡くなった女の子。


事故で昨年10月に亡くなった、バイクレーサーの「ノリック」こと阿部典史さん。
Uターン禁止区域で左車線から右車線にUターンしたトラックと衝突した。32歳。

パレスチナで、建物の屋上に出ただけでイスラエル兵に射殺された少年。
ガザ地区で爆撃に巻き込まれて亡くなった生後3ヶ月の赤ちゃん。



誰を憎んでいいのかね・・

殺人も戦争も飢えも飲酒運転も事故も、きっとこの世からは無くならないだろう。

病気も憎い・・
どんなに医学が進んでも、若くして病気で亡くなる人が出るのは避けられないだろう。


今の時期、落ち葉の色がとてもきれいで。
「葉っぱのフレディ」を初めて読んだのはこの頃だった。


人の理不尽な死について考えてしまい・・こういう思いはね・・なかなか消えない。



結局あの人だけが目立って・・
2008年11月19日 (水) | 編集 |
厚生労働省(旧厚生省)の元幹部の人が、夫婦で殺されるという事件が起こった(埼玉県)。
そしてまた、東京でも、厚労省元幹部の夫人が玄関先で刺されて重傷を負う事件が起きた。
くり返し、このニュースをテレビ報道で見た。

田母神さんの論文問題はいったん、この事件で目立たなくなったように感じてしまうが・・。
でもやはり、気になる。

これはあくまでも私の想像だけれど・・。
自衛隊の中では田母神さんのような考えは、ごく普通なのだろうか。
日露戦争まで遡って、「日本はすごかった」ことだけを誇りに思っているとか・・(勝手な想像です)
(自衛隊員の本当の本心までは知らない)

イラクの陸に上がった活動では、テントにこもってばかりいた印象がある。
というか・・それしか報道されていないような・・。
実際はどうだったのだろうか。知らない。

戦車を持っているのに戦場で使えないなんて・・
機関銃を持っているのにぶっ放せない(言葉は悪いけど)なんて・・
と、思っているかな。勝手な想像。

ただ、今年起きた岩手・宮城内陸地震の時、自衛隊の被災地での救助の様子を見ていて、
とても心強く感じ、大きな災害が起こってしまった時には頼もしい存在だ、と思った。
特に、旅館が埋まってしまった現場などは自衛隊の活動がなければ、どうにもならなかっただろう。


国を守る・・日本国民でありながら遠い事であり過ぎてよく分からない。
有事に備えて、って言うけどね。
でもさ・・クラスター爆弾は持ってても必要ないと思うけど。
知った時はびっくりした。何でそんなもん持ってるんだ・・と。変だよ。


またバトンをやってみた
2008年11月18日 (火) | 編集 |
何だか、調子が悪い・・。
というのは鍋を焦がしてしまい、それを洗うのに「エコ」な洗剤を使ったんだけれど、
全然エコじゃない気がする・・。
においがなんというか、頭にクラクラきて、化学物質臭が強い。
うああ・・吐き気。

でも調子が悪いのは実は、柿を4個も食べてしまったというのもある。
いや・・これは洗剤のせいじゃなく、明らかに柿の食べ過ぎのような気がする。
でもねぇ・・柿って一度食べだすと止まらなくなっちゃって。
家には柿の木があるけれど、早生の柿でまだ木が小さいので8個しか実がならなかった。
昔は大きな柿の木があったけれど、今の家を建てる時に切ってしまった。
そこで、隣の家のおばちゃんが、うちでは父と私が柿を好きだというのを知っているので
毎年、木になっているのをたくさんくれる。ありがたい。でも、今日は食べ過ぎた・・。苦しい。
ダンナには、まさか柿の食べ過ぎで調子悪い、とは言えないわ・・洗剤のせいにしておこう。

細かいことバトン

Q1 ここでは細かいことに答えてもらいます。
A1 はーい!(・ー・)
Q2 まずは緑茶でも・・・
A2 緑茶好きです。
Q3 一気に行きますよ・・・
A3 はいはい、どうぞ。
Q4 枕使ってる?
A4 使っています。
Q5 寝る前にお茶飲んでる?
A5 お茶?つくり置きの麦茶をのどが渇いたら飲みます。
Q6 利き手は?
A6 右
Q7 PCはXP?
A7 へ・・え・・ええっと・・XP?多分(^ω^;)
Q8 どこでPCやってる?
A8 メインはこたつ。
Q9 家は一軒家?
A9 はい。
Q10 髪型は?
A10 ちょっと長め
Q11 アクセサリーは?
A11 小さめのシルバーアクセが好きです。
Q12 ひとえ?ふたえ?
A12 ふたえ
Q13 でべそ?
A13 いいえw
Q14 爪切った?
A14 足の爪はたまに忘れる・・
Q15 耳くそたまってない?
A15 すごい質問ですねw
Q16 君、オタ?
A16 オタではないなw(しかし・・どこからがオタなのか?)
Q17 米派?パン派?もち派?
A17 全部好き。食いしん坊だわ。
Q18 あかぎれしてない?
A18 あかぎれはまだ。
Q19 ささくれしてない?
A19 ちょっとささくれてる。
Q20 そろそろ終わりだよ
A20 バトンはこのくらいの長さがいいね♪
Q21 さよなら~!
A21 さよなら~!ってさw バイバーイ( ´∀`)ノ~~~~~


24時間じゃなく、もうちょっと時間をクレ!щ(゚▽゚щ)
2008年11月17日 (月) | 編集 |
時間が経つのはとても早い。最近特に早いなぁ。「速い」(?)でしょうか。

昨日はまたしつこく、ブログのあれこれについて考えてみた。
私がしていることは、例えば会社で嫌なことがあった時に裏庭で、はあぁ~と一息ついて一人でブツブツ愚痴を言っているようなもの?とか、
とても明るい世界に馴染めない時にとりあえずトイレに逃げ込み、
ホッとしているようなものなのか?とか。
そして・・・前から考えていたこと・・
仮想空間のつながりは、自分から急に切ってしまうことが、いとも簡単に出来る。
どうもそういう世界に違和感を感じ・・でも・・でも・・今までブログをしてきて、
家族がいるけどなんか寂しいというのは払拭されてきたような気がする。
ということは・・やっぱ私は「かまってちゃん」か?(´゚д゚` )U・ω・U
うん。そうだよ。それでいい(´ー`)。ということに気が付いた。
「それを言っちゃあおしまいよ」ですよね。みなさん、ありがとうございます。

ところで話題がばらばらでアレなんだけど、
謎の(大根の葉のような)葉っぱ・・・あれは、父が川原から拾ってきた「カラシ菜」の種を採って、
食べるために(だと思うけど)庭にまいたらしい。そして芽が出て・・
でも「あまりにも勢いが良くて不気味だよ」、と母に言ったら、「真ん中の柔らかい所は茹でると食べられる」、という。・・・まあ、それなら・・。ペルー原産の芋のような「ヤーコン」は未だに食べていない(^ω^;

父は何でも川原から拾ってくる。この前は大量のクルミを拾ってきて洗って干して割って食べていた。
「お前も食え!」と言うのでもらって食べてみると、ああ・・懐かしい味。おいしいな。
日本のクルミを、小さい頃以来久しぶりに食べた。
ただ、川原に落ちていたという、誰が捨てたんだか分からないようなアルミ缶を大量に拾ってきた時にはびっくりした。夏だったが、「売って金にした」と言っていた。
あの時はアルミがすごく高く売れたらしいけれど、今じゃどうなんだろう・・安いのかな・・。


============
あっという間にもう5時過ぎで、どうしよう。
早いなぁ・・。今日はいろんなことを速く片つけたのに、・・・ああ、でも・・2時間半眠ってしまったから・・意味がないなぁ。本当、一日24時間じゃなく、あと3時間は欲しいかな。
要するにもっと、ぱっぱといろいろ出来ないとねぇ。眠い・・(-_- )


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

コメントありがとうございます!
とっても、嬉しいです(´・∀・`) お返事書きます☆☆♪
そうなんですよねぇ・・・
「いろんな人の考えを知ることが出来る」
そう思っていたのに、いつの間にか
アクセス数(だけという訳ではないけれど)が一番気になるものとなり・・。
でも、そうじゃない。
いろいろな人が書いているブログを見て、「知る」ことって、
あと、「書こう」として自分自身で考えることって、自分自身の糧になりますね・・。


ブログについて・・再考
2008年11月15日 (土) | 編集 |
そして再び、ブログについて考える。
ブログを続けているのは実は・・
私が負けず嫌いな(負けず・・?何に?--自問自答--)性格であることにも起因している。
ブログを始めたのは今年の2月。ブログ開設は何年も前からの夢だった。
でも、よほどパソコンが出来ないと難しいとダンナに言われ、
真に受けていたらどうもそうではないらしい・・・
レンタルブログがあるんじゃん!ということでこんな私でも始められたが。
始めた最大の要因・・10年前のことをどうしても引きずるので、そのことと向き合いたいと思った。
でも、精神的にそれは無理だった。無理してでも向き合う、というのはやめようと思った。
そして、自分が思っていること感じていることをそのまま書こう、となった。

ブログを始めて、一番最初にコメントをくれた人には本当にありがたくて嬉しかった。
今でも、思い出すと嬉しい。ありがとう。
少し経って私が漏らした言葉・・「いつまで続くのかな」というひとり言にその人が、
「1年間続くブログって、10%くらいみたい・・」というようなことを教えてくれた。
な、なんだと~~!?10%!? ・・・・そうなの。だったらその10%に絶対入るわ私、と思い、
(なんだと~、というのはもちろんその人に対してではない。驚きの言葉。続かない人多いんだ・・)
私がブログを続けているのは、1年間はとにかく!というのがけっこうあるかな。
でもねぇ・・そんなんじゃ、じゃあ1年以上経ってやめるの?と聞かれると・・変だよね。

えーっと・・何が言いたいのか分からなくなってきた(´_ゝ`)

仮想空間で自分の考えが発信できるということに、まだ慣れていないのかな。
私が定期的に訪問するブログの中に、もうかなり長い間続けている方がいる。
だから、ブログとの付き合い方(・・というのだろうか)も心得ていて、だからこそ、続けられるのかも。

また何が言いたいんだか分からないなぁ( ´゚д゚` )

========
うぴしさんの足の爪のケガ、よくなってきたような感じ。でも、治るのには時間かかりそうだなぁ。
寒くなったら元気になって、嬉しいな・・ミ,,゚Д゚彡ふさふさだぞゴルァ! 超ふさふさになった。
モコモコ毛布とうぴしの毛の間に手を入れてみた。
さ、最高・・(´ω`) ここで眠りたい。(*´∀`*)アッタカーイ
でも、小屋の中に顔を入れてうぴしにスリスリしていたら、「ウウッ!」と怒られてしまった。
怒らないでうぴし~~。

========
温暖化の影響か何が原因か、裏庭に大根の葉っぱのようなものがたくさん生えている。
ただ・・・直接の原因は分かっている。
父が植えた、変な野菜。ペルー原産の「ヤーコン」とかいう芋のような根菜。
あと、父が植えたのは外国系(イタリア系?)なのか、変な形のトマト。(母はまずいと言っていた^^;)
他にもたくさん、アフリカ系だか○○系だか、分からんのがたくさん。
ヤーコンの種(?なのか)があちこちに移ったのかな。あの葉っぱはヤーコン?
父はなぜか、野菜作りでダンナと張り合っている。
いろんなものを植えすぎて、庭がどんどんおかしくなっていく。

ブログに夢中になっている人は、「構ってちゃん」か?
2008年11月14日 (金) | 編集 |
私は今、はっきり言ってブログに夢中になっている。
書いていると楽しい。読んでくれる人がいる。コメントを下さる人もいる。
でも、バカだ。
アクセス解析やカウンターを見て(でも、数が違うのはどうしてなんだろ(´・д・`) )、
「ああ~アクセス数最近減ってるわ~」とか思っている。
結局、数気にしてんじゃんw

ネットで、誰かが指摘していた。
●単にカレンダーに穴を開けたくないために毎日書くブログって、見ててつまらない。

そうなんだよおおーー!ヽ(´ー`)ノ
というか、今までの自分のを読み返してみたら、何じゃこりゃ、
(言葉は悪いけど・・)一歩間違うとこれ、「垂れ流し」!?
とかねー。思っちゃってねー。痛いな。(;´∀`)・・・いたいなぁ・・・

かといって、多分ブログはやめないとは思う。
でもねぇ・・うーん。
今日、”小説とか詩とか、「編集するよりも書きたいっていう人のほうが多くて困るのよ」というグチを
知人にもらされた”、という人のブログを見た。
確かに、だよ。
私はもっと、ブロ( ゚Дメ )グヲヲヲッ書くよりも
           ↑これ、一度やってみたかったw
そう・・ブログを書くよりかも、本を読んだ方がいいのかもしれない・・。
うーん。足らんのは「読む」ことかもしれん。うーん。唸る。

( ゚Д゚)アライヤダ!!ちょっと、投げ出すの?
いいえ、安倍さんや福田さんのように投げだしゃしません。
「続きはまた書きたいと思う」と宣言した記事もあるし。
でもねえ・・正直、疲れたかも。
記事を書くこと自体じゃなくて、結局アクセス数を気にしている自分に疲れた。

ただ、ここを読んでくださっている方々、誤解しないで欲しいのは、
コメントをいただいてそれに返事を書くのに疲れた、というのは全然ないです。
むしろ、コメントもらうと楽しいし、嬉しかったです。

自分に疲れたというのはもう一つ・・
ここで愚痴っていたり、世間やお上の悪口や批判を書いていても、
何の解決にもならないのになーと、
考え込んでしまうんですよね。

うぴしさんは元気です。U´・∀・`Uノ 飼い主→(-_-)ゝ

ん?
この文章が既に、構ってちゃんだって?うん。そうかもねアルカポネ。痛いね~(´∀`)

田母神さんの論文について(2)
2008年11月14日 (金) | 編集 |
昨日の朝日新聞の『私の視点・ワイド』を読んだ感想の続き。

●北岡伸一さんの意見に対して
そうなんだよね。田母神さんの記者会見をみても、「ダダこね野郎」に見えてしまう。
「論文には確かな事実」が必要なのに(しかも「日本は本当に侵略国家であったのか」という、自衛隊関係者が書くには極めて重大な題名)、田母神さんの論文には、「引用」が多い。
だから、本当にそうなのか?と、読んでいる方としてはかなり疑問を感じる。
しかし・・・「外国でも日本でも、軍のトップには教養があり、紳士的でバランスに富んだ人が少なくない」には、ちょっと笑ってしまった。
だってさ・・アメリカの軍のトップ(最高司令官)って、ブッシュ大統領なんでしょう?
そりゃ、田母神さんよりはバカじゃないかもしれない。教養も見た目にはあるかもね。
だけどさ、紳士的って・・「紳士的」というのと「軍のトップ」は相容れないもののような気がする。
と、あまりにも酷いアフガンやイラクでのアメリカ軍のやり方を見ていると、そう思う。

●唐沢俊一さんの意見に対して
私自身は、この人の考えに一番近い。
田母神さんが自分で、その道の第一線の研究者にアクセスして取材して、確信を得たというものならば、
「トンデモ」であったとしても多少は真剣味を感じただろう。でも、そういう手間を省いて、自分の言いたいことだけを言っているように思える(「論文」で)。やはり、田母神さんはダダこね野郎という感じだ。
そしてブログをいろいろ見てみると確かに、田母神さんの論文を支持するようなブログの方が多い、ということは感じる。「田母神閣下」と表現している人もいる。ただ、そういう人達も、田母神さんが正しいという確固たる「確証」を示しているわけではない。空気として、田母神さんを応援しているように思える。この騒ぎを利用して、ただ、やいのやいの言っている印象を受ける。
さっきの「軍のトップはバランス感覚に富まなきゃ」というのは、歴史を正しく勉強しているかどうかというのも入るねぇ。航空自衛隊のトップの人がこれじゃあ、かつての「日本軍」の体質を引きずっているのかと思われる。
これは私自身の勝手な想像だが、「全然引きずっていない」ということはないんだろうな。だからこそ、私みたいに「戦争好きくない」と思っている人には、田母神さんは危ない人という印象を受ける。

●志方俊之さんの意見に対して
この人は実際に自衛隊で幹部として仕事をしていた人である。だから、「日本は過去にひどいことをやった罪深い国だ」という”歴史観”が嫌なんだろうなというのは分かる。でもさ、実際にひどいことをやった。国が始めた太平洋戦争で、多くの国民が犠牲になった。アジアを侵略した。日本軍の兵隊が、上官に命令されて罪もない人をむやみに殺した、という証言を本で読んだことがある。
私は戦後25年経ってから生まれたので、戦争の話を聞いたり、体験が書かれた本を読んだり写真を見たりすることでしか、戦争を知ることが出来ない。もちろん今の子ども達も。(ただ、戦争・紛争そのものは今現在も世界のあちこちで起こっている)だから、日本は同じことを2度と繰り返してはいけないから、正しい歴史を知ることが大切だと思う。それは自衛隊であっても、私達と一緒じゃなきゃならないはずだと思う。「罪深い国」じゃなくて、過去にやったことが罪深い。
だから、何故、この志方さんという人は「憲法改正が不可欠だ」というのか。憲法って、国民が国家を縛るためにあるのだと思う。国家が国民に対して、「言うことを聞け」じゃ、戦前と同じになってしまう。
「普通の国」になるために、何の支障もなくアメリカにヘーコラするために、なし崩し的に憲法9条を変えた方がいい、というのだろうか。と思ってしまうけどね。



「右」、ねぇ・・
2008年11月13日 (木) | 編集 |
一つ前の記事を書いた後、ぼんやりと「右翼」のことが浮かんだ。
そう・・おととしの8月15日に私は、靖国神社に行った。
右翼の街宣車からは、かなりの音量が出ていた。それに、一般道に車を止めていたような気がする。
でもよくよく考えてみたら、警察が何も取り締まりというか、見張りをしていなかった・・

今から十数年くらい前、ある地域の右翼のトップの人と何回か会ったことがある、という人と話をして、
内部のことをざっと聞いたことがあった。(合コンで会った某組織の人)
遠い記憶をたどると、たしか、大きなボランティア団体と関係があると言っていたような。
有名なんだよね・・その団体。本部は、私も知っているある場所だと言う。そんなところに、という・・。
ということは、もう、戦前から・・つながっているということなんだ。だから天皇か。そりゃそうだよね。
その頃は、「はあ~。ふーん」と、聞いていたが。

「右」に関することは奥深い、というか根が深いようだ・・。

田母神さんの論文について(1)
2008年11月13日 (木) | 編集 |
今日の朝日新聞『私の視点』--ワイド--
で、空幕長論文問題と称して三人の論客の意見が載っていた。
三者三様、頷く点がある。(ただ・・志方さんは、「朝日新聞」(よく分からんが、”左”なの?)に載るということを意識しているのかな・・という気がした。この人もっと”右”っぽかったような・・あくまで私の見方)
この三つの意見を、私なりに「へえ、そうか」と強く思った部分を挙げてみる。

●北岡伸一さん:東京大教授(日本政治外交史)
タイトル:トップの条件欠如を露呈
「論文の条件は、たしかな事実と堅固な論理である」
「歴史で重要なのは・・・・いろいろな説や情報の中から、最も信頼できる事実を選び取る作業が重要なのだ。都合のよい説をつまみ食いしたのでは、歴史を理解したことにはならない」
「外国でも日本でも、軍のトップには教養があり、紳士的でバランスに富んだ人が少なくない。それがトップの条件だろう」

●唐沢俊一さん:評論家、「と学会」会員 (「と学会」=”トンデモ本”を研究する会)
タイトル:陰謀論にはまる危うさ
「都合のいい俗説を検証もせずに取り出し、整合性も考えずにつぎはぎにしている。時節の正当性を証明するプロセスをすっ飛ばす」
「無視出来ないのは、ブログなどで、この論文について『どこが悪いんだ』という声が多いことだ」
「田母神論文を、陳腐で幼稚だと笑い飛ばすのは簡単だが、こうした陰謀論に空幕長という要職にある人間がはまってしまうという現状の危うさにこそ、気づかなければならない」

●志方俊之さん:帝京大教授、元陸将(陸上幕僚監部人事部長、第2師団長、北部方面総監を歴任)
タイトル:隊内の長年の鬱屈示した
「日韓関係は、いまだ生々しい。生きている当事者もいる。今、空幕長の立場で論文にあるような歴史観を述べることは、日本の国益にならない」
「(論文発表の)手続きに問題がある」
「(自衛官は隊員に)厳しい訓練を課し、いざというときは国のために命を捨てろと求める。歴史観はきわめて重要だ。日本は過去にひどいことをやった罪深い国だ---では、若い隊員たちが誇りを持って命を捨てられるだろうか」
「シビリアンコントロール(文民統制)は貫かなければならない。そのためにも、日本は法治国家なのだから、首相のリーダーシップと憲法改正は不可欠だ。ただその前に、隊内で意見具申できる雰囲気はなかったのか。自衛隊は命令一下、一糸乱れず動く組織だが、上司に対して時には『それはやめたほうがいいのでは』と言える風通しの良さも求められる」


今日はどうしても、この、『私の視点』の三つの意見が気になった。
ブログでは、新聞記事を引用してそれに対して自分の感想を書く、というスタイルになってしまう。この、田母神さんの論文についてはどうしても考えてしまう部分があるので、また書いてみる。

一旦ここで。続きはまたあとで書きます。

=========
コメントありがとうございます♪お返事書きます(´・∀・`)ノ□☆


自分にとって、一番大切なものは
2008年11月13日 (木) | 編集 |
高校時代、私は暗かった。
♪十五、十六、十七と・・私の人生くらかった・・♪by藤圭子
そんな感じで暗かった。といっても、性格の根は明るい、と自分では思う。
おまけにバカなことが好きなので生きてこられた、という部分はある。

高校時代、学校で過ごすのが辛かったからか、このときのことは今でもつい、たまに振り返ってしまう。
中でも、確かクラスの文集で、「自分にとって大切なものは何ですか?」というコーナーを質問形式で書いたことを、何かある度に、思い出す。
その答えは、両親や友人、というのが多かったように思う。そしてユニークな人では「拾った時計」とか。
「物」が大事、という人は何人かいたかな。でもお遊び感覚で軽く書かれていた記憶があるけど・・定かではない。「お金」という人もいた。そうだよねぇ・・お金ないと困るし。

私は・・・なんて書いたのか、覚えていない。多分、両親か友人か、どちらか。
でも、本当はそうではなかった。
自分にとって一番大切なもの・・・私にとってその時、それは「自分」だった。
私は、人の目を気にして本心を書けなかった。自分が一番大事、なんて。

「自分」と書いていた人が何人かいた。2,3人だっただろうか。
その中でも、今でも脳裏に鮮やかに浮かんでくる、その人の文字・・
「哀しいけれど、自分自身。」と、書かれていた。
とてもサバサバした性格で、明るくて人気があって、小さい頃をアメリカで過ごしていた女の子。
自分の心に嘘をつかないで、「自分自身」と書けるその人がうらやましかった。

大人になった今でも、自分の心には嘘をついて、流されて生きていく毎日。
嘘をつき続けなくては、この先も生きていけないのだろうか。ということを、
文集にあった、あの女の子の言葉を思い出しては、ぼんやり考える。

どんな風に生きても、いいのにね。江戸時代や戦時中じゃあるまいし・・。
でもどこか、「かせ」がかかっている。自分自身でかけているのか。

==========続き
ただ、月日が経っていろんなことがあって、自分と同じくらい大切な人、大切な存在ができた。
悲しい体験や見知らぬ人の言葉も、生きていく上での、糧になる。私にとっては、大切なものである。

さっき出勤する前のダンナに、「ダンナにとって私って、どういう存在?」と聞いてみた。
(私は「太陽」でも「月」でもないな・・花(w)でもない、空気という感じでもないし・・
と思いながらも、ちょっと期待していた。(・ー・))
ダンナ「ええっとね・・核弾頭」
私「・・・。か、核弾頭~!?
ダ「うん、そう。(・∀・)♪♪~」
私「ねえ、ちょっと。核弾頭ってさ・・こういうときは普通もっと・・」
ダ「ああ、トイレ行きたいわ。トイレ~ヽ(・∀・)ノ =3 =3」
せめて・・角砂糖(・・うわ、つまらんわw)と言って欲しかったけどね。


今日の雑感
2008年11月12日 (水) | 編集 |
うぴしさんの足が、どうしても心配になってしまう。
さっきネットで調べてみたら、「ひょうそ」というのはひどくなると膿が溜まってしまい、
切開しなきゃならないとか、下手すると壊死して切断・・とか、((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル・・・。
他の3本の指は冷たいのに、けがの部分だけ熱を持ってるような気がする。
ああ・・うぴしかわいそう・・今は元気だけど、これ治るのに相当かかるかな。
もう少し様子を見て、また動物病院に行って相談した方がいいかもしれない。
うぴしは自分で「痛いよ」とも訴えられない。私がしっかりしないと。

そして午前中、コーヒー飲んだり新聞読んだりしてうとうとしていたら、外で車の音がする。
ん?お隣に浄化槽の清掃車が来たのかな。家の前の道曲がれないのかな、と思っていたら、
何とダンナが階段を上がってきて、「もう午前中仕事終わっちゃったさー」という。
うそー。うそでしょー。(TДT)(T∀T) でも、「(;´∀`)・・・お、おかえり~。よかったね」と一応笑顔で。
なんだか、そこから一気に疲れがきた。
ダンナが悪いわけじゃないんだけど。(ダンナごめん) はあー、今も疲れてるわ。


また全然話が違うんだけれど、麻生さんの「経済対策」(?)(なのか?)である、「定額給付金」、
どうしてあんなことを考えちゃったんだか、と私は思ってしまう。
給付するにしてもねぇ・・給付するためのお金と時間がどのくらいかかるのかなぁ。
だったら、道路特定財源の暫定税率を廃止するとか・・・。そっちの方がいいのかな、と思った。
(だって、1ヶ月だけ暫定税率がなかった時があったが、助かった人が多かったんじゃないかな。
手間もそんなに、かからなかったようだし)
(それか消費税5%を食料品だけ3%にするとかもいいな、と思ったけれど、業界の負担とか膨大になってしまうだろうし。現実的には無理かな)
それに、今日の山梨日日新聞には「高所得者に辞退促す」---『年1800万円』目安---
とあるけれど、辞退する人なんているのかねぇ。辞退を前提に考えている所がねぇ・・。
解せないのは、その麻生さんの政策を「評価する」という人がいること。ひょうかひょうか。(そうかそうか)
                                           ↑故・赤塚不二夫さんのギャグです 
そりゃ、全く何もやらないよりはマシ、かもしれない。いろんな考えの人もいるだろう。
でも給付金もらっても、貯金してしまう人も少なからずいるだろうし。効果あるのかなぁ。

食欲の秋とは言うけれど
2008年11月11日 (火) | 編集 |
今日は午前中にうぴしを動物病院に連れて行ったからか、眠くてしょうがない。
いくらでも眠ってしまう。うぴしの昼のおしっこも忘れ、
隣のおばちゃんが「○子ちゃーん、いる?これもらいものだけど食べる?」と、
私の家のチャイムを押すまで、12時~2時まで眠り、
お腹がすいて食べてまた眠り、今起きて、洗濯物をたたみながらこれを書いて・・。眠い~。
もうろうとしている。今からご飯・・食べすぎてお腹いっぱいになってしまった。面倒~。
なんてことはダンナに口が避けても言えるわけはなく、気合で晩御飯作るしかないわ。
といっても、焼き魚に焼き油揚げに大根おろしに・・何だろう・・みかん。みかん・・。?
じゃなくて後はお茶漬けにでもしよう。大丈夫。

どうしよう・・。食べて寝ていたら、一時期減った体重はあっという間に元に戻り・・( ゚Д゚)マズー
何とかしないと、と言いつつどうしてこんなに実行力がないんだろうね私。
ダンナが怒らせてくれればまた、「んだとおぉー!」と思って体が動くのかな。怒りは原動力なり。
昨日は別の意味でダンナに言われた言葉で悲しくなったが・・書くと余計に傷付くのでやめる。


全然話題が違うけれど、あの、田母神前航空幕僚長の論文を読んでみた。
専門家によると、事実的には”間違っている”そうだが、中身の正誤も大事なんだけれど、
それ以前に「日本は侵略国家ではなかった」という、田母神さんが一番主張したいことが、
読んでいて全然伝わってこない。
私は紙に書き殴る日記ではなく、こうやってブログに文章を書いていて楽しいが、
理路整然としていて内容がうまく人に伝わっているかどうか、という点では、
私の文章は「上手な文章」とは言えないと思う。
でも、人の文章を読んで、「この人は言いたいことが伝わる」「この人は何言ってるんだか分からない」
と判断というか判定(なんてエラそうだが)するのは、割と得意である。
具体的に言うと、「加藤周一さん」という評論家(だったと思う)の文章が難しいようでいて読みやすい。
でも、田母神さんの文章はいまいちまとまりがなくて、読みにくい。
何となく、事情を知っている「身内」にだけ話しているような印象を受ける。
(よく分からないが実際そうなのか?)(と、勘ぐってしまう)
『日本は侵略国家だったのか』という題名の論文の芯の部分、「日本は侵略国家ではなかった」という考えが「普通なもの」としての「認識」がある人が読めば分かるのかもしれないが、
この論文で大賞で賞金300万円か・・・と思ってしまった。

----続き。
心に伝わる文章、というのは漢字が多いとか論文とか、平易であるとか、
そういうことはまったく関係ないと思う。
(友人Kさん、話題にしてごめん)例えば私の「友人Kさん」(「」つきです)は以前よく手紙をくれたが、
枚数が多いわりに中身はほとんどないといっていいものだった。当たり障りのないことばかり。
でも、これはまた別の人の話だが、もらった一枚の手紙でも、とても心を打つものがあった。
そして、あるブログに紹介されていた、中学生の女の子の言葉。私の、宝物にしたい言葉となった。
中でも難しいのは、思いを詩にすること、だと私は思う。言葉を凝縮するのは難しいなぁ。

ただねぇ・・あの田母神さんの論文は内容の正誤にも、問題ありなんだろうか・・・という気がする。

治療終了
2008年11月11日 (火) | 編集 |
うぴしを連れて、病院に行ってきた。
爪が伸びていて爪が何かに引っかかって、そして「ひょうそ」(このパソコンでは出ない)
----”指先から化膿してくる炎症”---になっているという。
まず爪を切ってもらって、イソジンを塗り、後は出してもらった薬の説明を受けてきた。
抗生物質を飲ませていることを話したら、同じ薬を出してくれた。
ただし、中途半端に途中で止めるのは耐性が出来るが、あまり長期過ぎても内蔵に負担がかかるという。
とてもいい先生で、丁寧に説明してくれた。
うぴしはブルブル震えていた。((( U;゚Д゚U )))) でも、女性看護師さんにはフレンドリーなうぴし。
とにかく、原因と対処法が分かって、よかった・・。ほっ。



ところで・・すみません突然。私信で。
♪いもーうとよ~
見てる?今。これ。びっくりした?(・∀・)

で、見てなかったらちょっとバカだけど・・。
多分今、仕事中?だよね。
まあ、これ見ているのがIちゃんならば、別に全然大丈夫と思いました。
というか、私のブログはどんな感じでしょうか。今度感想を聞かせて欲しいな~( ・ g・)
よく考えたら何という、アホな姉なんだろうねw(´・∀・`)
「兄のブログのアドレスを踏んで速攻でブログを引っ越した」という人がいましたが、
面倒くさそう。そんなことはわたしゃしませんよ~。

第613回「次の日の準備、ちゃんとしてから寝ますか?」
2008年11月11日 (火) | 編集 |
FC2 トラックバックテーマ:「次の日の準備、ちゃんとしてから寝ますか?」


次の日の準備・・・しますねぇ。お弁当の入れ物とか、うぴしの朝ごはんとか。

本当は今そんなこと言ってる場合じゃなくて、うぴしが大変なことに。
夜の散歩の後に気が付いたんだけど、以前からずっと治っていない右後ろ足の傷、
そこではなくて、右後ろ足の一番内側の指が、ものすごく腫れている。
昼はどうだったかな・・よく見ればよかったが・・今そんなこと言ってても仕方ない。
朝の散歩で変なものでも踏んだのかな・・分からないけど・・それが原因かな。
でも、指の毛がそこだけすごく抜けているから、ずっと前から?分からない。
母は明日、妹の家にどうしても行かなければならないが、午前中に私と一緒に、
うぴしを動物病院に連れて行ってくれるという。よかった。
抗生剤を素人判断でずっと飲ませていたが・・そういうことも全部、説明しないと。
これからうぴしは、どんどん年をとっていく。私がしっかりしないと。
私は母ではないけれど、母は強し、でいなければ。うぴし~~、まだ死んじゃイヤ~~!
と言いつつ、生きているものには全て死が平等に訪れる、ということは受け入れなきゃね。
U-д-U zzz.......でもまだ元気か。ごめんうぴしw

=================

最近、「月刊現代」の、一部分だけどうしても読みたいところがあったので買ってきたのだが、
面白いのでついでに他のも・・と思ってさっきページをめくっていると・・公明党について嫌な事を知った。
私は公明党があまり好きではない。
というのは、創価学会に対して個人的に恨みがあるから。
最近、「総選挙」のためか、あちこちにポスターが貼られている。
ポスターの貼られている家は学会員がいるのだろう。
どの政党を支持しようと自由、どんな宗教を信仰しようと自由、もちろんそれは保障されなくてはならない。
何を言いたいんだか分からなくなってしまった。
とにかく、月刊現代を読んで公明党がそこまでひどいとは知らなかった。
私が世間知らずなのかも。多くの人が既に知っている事実かもしれない。
ああ公明党嫌い。創価学会も嫌いだ・・。
でもこのままここの書きっぱなしでは、「何なの?コイツ」なイヤな感じになるので、
公明党のどこがどのように嫌でどうして創価学会も嫌いなのか、今度また書きます。

===============

コメントありがとうございます(´・∀・`)♪嬉しいですU・ー・U
お返事書きますよ~^^

先に記事を書いてしまいましたが・・記事というより、吐き出してしまった感じだけれど・・。

ブログをしていて何が良いかというと、双方向でやり取りができることかな・・。
うぴしの誕生日の時には、すごく温かいコメントをいただいた。じーんと温まりました。ありがたいです。
だから、うぴしが具合悪くなっても、私がしっかりしないと。