家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


飼い主花粉症、犬ノミ・ダニ。
2008年03月05日 (水) | 編集 |
最近、朝起きた時とか散歩から帰ってきた時、掃除や布団干しをした後に、
くしゃみ・鼻水がひどい。
まだ目にはこないけど、花粉症かなぁ。

ダンナは、けっこうひどい花粉症だ。
十数年前に、ある日突然なったという。
花粉の多い年は、毎日鼻の下がガビガビになっていて、かわいそう・・・
と思っていたら、私も3年前から花粉症になってしまった。

私は20代前半の頃から、主に顔に症状が出る重いアトピーだった。
花粉症も出ていたけど、鼻が少し詰まるくらいでたいしたことはなかった。
それにしても免疫というのはよく分からないもので、
ひどい花粉症になったとたん、アトピーは治ってしまった。

でも鼻水じゅるじゅる・・目がかゆい~。
まあ・・その代わりアトピー治ったからいいか。
でも鼻水が~。
期間限定だから、しょうがないね。


そして、うぴし。
今朝はうぴしの首に、犬用のノミ・マダニ駆除剤を塗った。
これで2ヶ月は大丈夫。
本当ならこの前塗った12月から2ヵ月後の2月に塗るんだけど、
今年は寒かったので3月にした。

犬にダニが寄生する、というガビーン!という事実を突きつけられたのは5年くらい前。
まあ、よく考えれば、ダニってどこにでもいるんだよね・・。

今はうぴしは1年を通してガレージにいるけれど、
その頃は夏は外の、大きな木の下の小屋にいた。

ある日うぴしをナデナデしていたら、6~7ミリの大きさの何かが耳に付いている。
ん?あっこれって、つる植物で根っこに小さい芋みたいのが付いてるやつ・・
何でうぴしの耳に付いてるのかな。
と思ったら、えっやだ血が出てる。そして・・芋みたいのから毛が出てる。
毛じゃない~~!足だ~!ダニだああ!

さっそく母に見せる。「あっ本当だ、ダニだこれ。」
本当はもっとずっと小さい体で、うぴしの血を吸って膨れ上がっていたのだった。
私はもうその時点で気が遠くなりそうだった。
血をこんなに吸ってたのか・・。かゆくなってきた。
母は冷静に、透明なガムテープでダニを「標本」にしていた。
「ほらほら。」
見たくないけど見てしまう。うわああ・・。

それからは、動物病院でノミ・マダニ駆除薬をもらってきて
うぴしに2ヶ月おきに塗っている。

薬を塗るときは、「よーし、薬塗るよ!」と意気込むと、感じ取って「ウウッ!」と怒るので、
ごはんを夢中で食べている時に塗る。
今日もごはんの器を、うぴしの顔の位置になるように箱の上に置いて、
食べている時に塗った。うぴしは気が付かない。

はーあ、これでノミ・ダニ対策はとりあえずよし。
あさっては、首の腫瘍を診てもらいに行かなきゃ、ね、うぴし。


スポンサーサイト

夜中に
2008年03月05日 (水) | 編集 |
トラックバックの欄に、宇宙語のような文字が並んでいる。
不条理なような、不可解な文字。
けど、見てると面白い。多分、「文字化け」?
何で文字が「化ける」んだ。怖い。



確か昨日の夜だったか、おとといか、
グアンタナモとアブグレイブの捕虜収容所での、米兵のよる虐待について、
NHK特集だったかな、取り上げていた。
ブッシュ大統領と金正日は良く似ている、と感じた。
捕虜収容所では今もかなりの無実の人が、「テロリスト」かもしれないという理由で、
拘束されているのだろう。
殺されてから、無実ということが分かった人もいた。
何とも重い気分になったけど、その後すぐ、
テレビのチャンネルをアメリカ製の海外ドラマに変える。


パレスチナのガザ地区を、イスラエル軍がそれこそ「国家による壮絶ないじめ」
という感じでメッタメタに‘踏み潰して’いる。
「half body」と書かれた写真。
‘心を痛めつつも’最低な事に私は、興味本位で見た。
文字通り、half body・・。「彼」は、スニーカーを履いていた。
元が人間だったなんて、想像できない。
怖いのは、その他の写真を見ても、「またか」という感覚が自分にあることだった。



今日だか昨日の、夕張市の屋内プールの屋根が雪の重みでつぶれてしまった、
というニュース。
財政難から、冬季は営業されていない。
以前は冬も営業していて、プールの蒸気で雪が自然に落ちていたそうだ。
でも、雪下ろしをするには、多大な労力とお金がかかるので、そのままだったようだ。
つぶれた建物を解体するのにもお金がかかるだろう。
そのまま、放置するのかな・・。朽ちていくその光景。




この寒い冬、毛布1枚も小屋に入れてもらえてない犬がいる。
ぼろい木の小屋に、奥に体を丸めて縮こまっているだけで、しのいでいる。
私が「ヒロくん」と言ったらニコニコした顔で出てきた。
人懐こくて、とても可愛い。嬉しくて、鼻を私の顔にぶつける。
去年もその前の年も、私は毛布を自分で買って入れてやりたかったが、
それができない。
毛布の値段とかそういう問題じゃない。
もし関わったら、私が後、管理する責任が生じてしまうという考え。
ヒロくんが少しでも暖かく過ごせる方が大事なのに。
まだ寒い日が続く。それとも次の冬に、私は決断できるのだろうか。