家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


動物レスキュー(福島の犬・猫)への支援お願いの記事です。 (10/03)---まだ受け付けています。
2011年10月03日 (月) | 編集 |
動物レスキュー(福島の犬・猫)への支援お願いの記事です。 (09/14)
の続きです。
アニマルレスキューチーム ~happy road~さんに、
わずかながら物資をお送りしました。
ひと言、支援物資と一緒に書いて送ってくださるとうれしい、
みたいに書かれていたので、「そっかぁ^^♪」(手紙書くのは好き)と思い、
つい、ずらずらと長く書いてしまいました。
また何か、協力できることがあればしたいと思います。
(写真アップするのに一苦労)
(まずは、こうやって送りました~、という画像です)
中身は、犬用ペットシーツ(特大)、人間の赤ちゃん用&介護用ウェットティッシュ、
犬用ご飯容器、ササミジャーキー(これ重要!もっと送ればよかった)等。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

動物レスキュー(福島の犬・猫)への支援お願いの記事です。
2011年09月14日 (水) | 編集 |
福島を中心に、犬や猫の保護活動を行っている団体「アニマルレスキューチーム ~happy road~」さんです。
スタッフの中には、被災した人もいるらしいです。
そんな中、犬や猫の保護、預かり、飼育は大変だと思います。頭が下がります。

こんな大変な時に、犬や猫なんて・・・と思われる方もいるかもしれないのですが、
犬や猫は暑い・寒い・痛い・痒いなど、言葉で言い表せないので、人間が保護してあげなければなぁ・・と、私は思うのです・・。
アニマルレスキューチームのブログは、
こちら→アニマルレスキューチーム ~happy road~

もしも、支援物資を送りたいという方がいたら、お願いしたいです。
重要な点だけ、「アニマルレスキューチーム ~happy road~」から転載します。

==========================転載ここから。

【支援物資について】【9/14日現在も受け付けています】

ヤマト運輸限定 ですが、センター留めで受けつけています。
(他社の運送会社を利用する場合はメールか携帯電話でお問い合わせ下さい)

******************************************************
特定の営業所に留め置きを希望される方の送り状の記入方法
http://www.yamato-hd.co.jp/information/info/notice_1103_01_01.html
【 特定の営業所に留め置きを希望される場合 】
(1) ご依頼主様は、お届け先様に、荷物を発送した旨と、この「お問合せ伝票番号」をお伝えください。
(2) お届け先様と連絡のつく電話番号をご記入ください。
(3) 正しいセンターコードと営業所名をご記入ください。
正しいコードと名称が分からない場合は、こちらで検索するか、フリーダイヤル(0120-01-9625)または最寄りのサービスセンターにお問合せください。
******************************************************
【ヤマト運輸】(私の住所記載が必要な場合携帯までご連絡頂きたいと思います)
【お届け先】

センターコード:015150
磐梯高原センター留め
アニマルレスキュー 佐々木恵
090-5843-6033(非通知設定拒否しています)
******************************************************
皆様には大変お手数をお掛けしますが、発送連絡はメールでお願い致します

(伝票番号も一緒にお願いします)(未着を防ぐ為にご協力下さいませ)

アメブロ以外の方は・・・megusan2008@yahoo.co.jp(必ず発送連絡を頂きたいと思います)

-----------------------------

【必要な物資ですが。。。】 (賞味期限切れ、開封済みは受け付けていません)
・ペットフードドライ(犬用・猫用)(小分け袋はOKです)

・缶詰

・レトルトパウチ入りウエットフード

・おやつ類(犬用・猫用)(小分け袋はOKです)(大変不足しています)

・ペット用ミルク

・ペットシーツ(未開封の物)
・バスタオル(新品か洗濯して綺麗な状態の物)
・タオル(新品か洗濯して綺麗な状態の物)

・中型犬用~大型犬用のしっかりした首輪とリード(新品か新品同様の物)

・小型犬用の首輪とリード(新品か洗濯をして綺麗な状態の物)

・室内で使う置き型タイプの消臭剤

・う〇ち袋(ペット用の物)

・猫砂(トイレ用)(LION製・ペットキレイ・ニオイをとる砂)

こちらの商品ですと砂の飛び散りが少なく使い易いようです。


・ペット用ウエットティッシュ(シャンプータオルは十分な量集まりました)

(赤ちゃん用でもOKです)(殺菌効果のある物もお願いします)
(※ペット用ウエットティッシュは、現在かなり不足しているようです。
特に、殺菌効果のあるものがよい、とのこと。
※犬用ササミジャーキーも不足、ということです。)


・フード入れ(新品か新品同様の物)

・おもちゃ(犬用・猫用の新品か新品同様の物)

・ペット用の洋服(新品か洗濯して綺麗な状態の物)

・オムツ(ペット用、小型犬~大型犬用)

============================転載ここまで。(赤文字の※部分は私による)

もしも、支援物資や資金を送ることができる方がいたら、よろしくお願いいたします。

「アニマルレスキューチーム~happy road~」さんは、ブログの足跡から知りました。
私も、今から援助物資を送ろうと思っています。


運命の出会いは
2011年08月04日 (木) | 編集 |
7月25日にゴールデンのラグを送り出してからはしばらく、
預かりを無事やり遂げたという安堵感や、
とても可愛がってくれそうな新しい里親さんが決まっているということもあり、
ほっとしていました。
けれど最近、ラグのことばかり思い出してしまうのです。

ラグの飼い主さんは「また犬を飼いませんか?」と優しく声をかけてくれたものの、
なかなか、踏み切れません。
その状態で、あまりにも不幸な犬猫の情報に接すると、
辛くてしょうがないんですよね。
しかし、見ずにはいられない。
捨てられた犬猫たちのことに無関心ではいられない。

「洞窟おじさん」は中学校くらいの年齢で飼い犬のシロと一緒に家出をしてそれ以来ホームレスだったらしいですが、
2年か3年一緒に暮らしたシロが死んでしまったときには、
とても落ち込んだらしいです。悲しかった、と言っていました。
ずっと前に見たテレビでは、おじさんは、「シロは自分の親も同然だったから」と言っていました。

私はあまり思いを口に出せませんが、実は母とちゃんと別れができたかというと、そうでもない。後悔することが沢山だから。
そういうことや、もうラグとは一緒に暮らせないかもという思いが私の心を渦巻いていた時に、私はラグの前で泣いてしまいました。号泣です。
ラグはいつものように寄ってきて、「何々?遊んでくれるの?」とニコニコした顔でしたが、私の顔を見て声を聞いて、一瞬口角が上がったふざけモードの顔が、少し元に戻りました。
私はラグの大きな顔を肩に乗せて抱きしめて、「よしよし」と言いました。
気持ちが落ち着きました。
犬は、とても優しいところがあります。



もう少しでお別れ・・ラグU´=∀=`Uノシノシ ご機嫌な日々
2011年07月22日 (金) | 編集 |
最近のラグです。

P1010134_convert_20110722163144.jpg

夕方、近所を散歩中のラグ。
フラッシュ撮影ではないので、少しぶれましたが、
いつもの私とラグの空気になりました。



P1010149_convert_20110722163412.jpg

ガレージの窓の外から撮影。
私がおやつを持っていると思っているラグ。(笑)



P1010137_convert_20110722162952.jpg

ラグが向いているのは、駅の方。
猫が横切りました。夕暮れ時です。
しばし、たたずむ・・・
何を思う?ラグ・・。



黒い水
2011年07月06日 (水) | 編集 |
「さらば青春」
小椋佳作詞・作曲


僕は呼びかけはしない
遠くすぎ去るものに
僕は呼びかけはしない
かたわらを行くものさえ
見るがいい
黒い水が抱き込むように 流れてく
少女よ 泣くのはお止め
風も木も川も土も
みんな みんな
たわむれの口笛を吹く

僕は呼びかけはしない
遠くすぎ去るものに
僕は呼びかけはしない
かたわらを行くものさえ
見るがいい
黒い犬がえものさがして かけて行く
少女よ 泣くのはお止め
空も海も月も星も
みんな みんな
うつろな輝きだ

------------------------------------
(すみません、日本著作権協会には無断で。)


私はこの歌が好きで、よく、ラグとお散歩のときに歌っています。
「さらば青春」っていう題名だったのですね・・今、何十年ぶりに思い出しました。
中学校の音楽の授業で習いました。


僕は呼びかけはしない
遠くすぎ去るものに
僕は呼びかけはしない
かたわらを行くものさえ
見るがいい
黒い水が抱き込むように 流れてく .......

ここまで歌って、いつもここでやめてしまいます。

「見るがいい 黒い水が抱き込むように 流れてく」

黒い水・・津波・・・

津波にのまれて亡くなった、
一人一人の人たちは・・・どんな人だったのだろう。
そんなことを思い浮かべてしまいます。
近くの小さい川の流れの音が聞こえてきて・・。


夕方~夜になって、風が吹いています。
ハァハァと嬉しそうに歩くラグと、汗で濡れた私の髪に、
さーっと気持ちい風が吹きつけてきます。


人の死には、未だに慣れず。