家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【秋葉原殺傷事件、加藤被告が手記出版「全て説明したい」】---朝日新聞デジタルより
2012年07月19日 (木) | 編集 |
こんばんは。久しぶりに新聞など読んでいたら、昨日の朝日新聞社会面に、
秋葉原無差別通り魔殺人事件の被告のことが載っていました。

朝日デジタルのリンクはこちら
秋葉原殺傷事件、加藤被告が手記出版「全て説明したい」

7月18日付紙面より一部転載。

=============転載ここから。

 事件当日、トラックで被害者をひく瞬間も振り返っており、「目が合った。その目は『なんで?』と訴えてくるようだった。『やっぱり嫌だ』と思った時にはもう、ぶつかっていた」などと記した。
 遺族と被害者に対しては、「道具として人命を利用した、最悪の動機でした。本当に申し訳ないことで、改めて、心よりお詫び申し上げます」と謝罪の言葉も述べている。
 批評社によると、手記は被告を知る精神科医から持ち込まれた。文章は被告が拘置所内で自ら手書きしたもので、印税を遺族や被害者に支払う意向だという。
事件で重傷を負ったタクシー運転手の湯浅洋さん(58)は内容について「事件から4年たつのに、今も自分を正当化しているだけ。言葉だけの謝罪しかなく、亡くなった人への思いも感じられなかった。がっかりした」と語った。
(根岸拓朗)

=============転載ここまで。

秋葉の通り魔の被告は、私が考えるに、ですが、
ネットの中に何かを期待しすぎたのではないかと思います。
それが叶えられなかったから?・・・あんなに何人も殺害して、
傷つけた?
ネットに期待しすぎてイライラする、というのは、ありがちだとは思います。
しかし、そこから、なぜ大量殺人に向かってしまったのか、
分かりません。

最近・・・といっても少し前ですが、死刑について、
コメント欄で少しやり取りをしたのですが(リンク先のうごさんですが^^)、
秋葉の通り魔殺人とは、質の違う殺人犯もいる、
という話になりました。
確かに・・そうかも・・と、私は考えていました。

下にリンクしたのは、ライターの高橋ユキさんという方の、
「日本の殺人裁判」というブログです。

殺人:後藤良次 陽気暮らしの確定死刑囚

この、後藤良次という死刑囚は、新潮45の『凶悪 ある死刑囚の告発』という本を読んで思ったのですが、本当に、殺人を犯すのに躊躇がないというか、ほとんど「仕事」です。(「親分」に命ぜられてする「仕事」、みたいな)
秋葉原の被告とは、また違うと思いました。
ただ、「女・子供には手をかけない」という、「ポリシー」のようなものが後藤良次死刑囚にはあったらしく、それはなぜなのか・・・も、気になります。

---------------------------------

秋葉原の加藤被告(現在29歳)に戻って。
「日本の殺人裁判」の高橋ユキさんの手記なのですが、
犯罪者に魅かれるオンナたちの心理
(これがいつ書かれたのかまた調べますが、)

これによると、加藤被告の裁判には「犯罪者萌え女子」ともいうべき女性が来ていて、
どうも、加藤被告が「目当て」らしいのです。

この記事を一部転載。ここから
==============

イケメンなら、なにも被告人でなくても、探せば他にたくさんいるだろう。加藤のように寂しさをウェブにぶつけている男だって、それこそ大勢いるはずだ。なのにあえて犯罪者に萌えってしまう彼女らはやはり"犯罪を犯した"加藤であることが重要なのであって、"ウェブで寂しさを紛らわしている"だけの加藤ではダメなのだ。

 なぜか。

 犯罪者が犯罪を起こす前の孤独な境遇に共感したり、また犯罪を犯した後の孤独な境遇(勾留生活?)に共感したり、はたまた動機を勝手に推測して共感したり、"人としての一線を越えた彼"と犯罪者そのものを英雄視したりであるとか、犯罪者に何らかのシンパシーを感じての行動であることは間違いがないが、おそらくすべて「少女マンガのヒロイン気分」という一言に集約してよいのではないかと考える。

==============

「私だったら、加藤被告の気持ちを分かってあげられる」、という気分からなのか?
どうなんだろうな。
育った環境が影響したのか、とかそういうことには私は興味があるものの・・・
「萌え」るというのは、分からないというか理解できない。
大阪の児童殺害事件(8人が亡くなった)の宅間守元死刑囚にも、
同じように「宅間萌え」の女性たちがいたらしい。
あとは、外国人女性を殺害し、逃亡していた市橋被告萌え、とか。
しかし、後藤良次萌えとか、小田島鉄男(マブチモーター事件)萌え、
というのは聞いたことがない。
分からない。いるかもしれないけど。
「チャールズ・マンソン」という、アメリカの殺人犯(9人を殺害した)には、
”ファンレター”が届くそうだが・・。

秋葉原の加藤被告、宅間元死刑囚とはまた違う「人気」があるな、と思うのが、
「詐欺、詐欺未遂、窃盗、殺人」(wikipediaより)の罪に問われている、
木嶋佳苗被告である。

木嶋佳苗被告の “追っかけ”ファン 「男に媚びないところに惹かれる」

木嶋佳苗被告については、私は、彼女のブログの、顔から上の部分だけ見て、
スタイル良くてすごい美人なんだろうと想像していた。しかし、違った。
どうして騙されたんだろう・・・これが「世間一般」(私も含む)の、
薄っぺらい見方。

木嶋佳苗被告のルポを書いた、ラブピースクラブの代表でライターの北原みのりさんの、
ツイッターでの発言には、私は「うーん・・」と唸ってしまった。
その通りだ・・と。
リンク先の、緑虫さんのブログ記事(2012年03月23日)
木嶋佳苗裁判についての北原みのりさんのツイート
を、参照。
私はもちろん、木嶋被告を「かっこいい女の人」などと思ったりしない。思えない。
しかし、
裁判での、男性検事の発言、北原みのりさんの見方、鋭いなぁと感じた。
通常は事件で何人もの人が死んでいる、という容疑を糾弾してしまうが、
北原さんのツイートからは、「男社会」というものが浮かび上がってくる・・。


スポンサーサイト

『日本では放送できない 報道できない 震災の裏側』 YouTube
2011年08月18日 (木) | 編集 |
『日本では放送できない 報道できない 震災の裏側』 YouTube

(再生する場合、音が出ます。音に注意してください。)
http://v.youku.com/v_show/id_XMzMxMTYyOTcy.html
(youtubeからは見ることができません。
これは、中国のサイトです。最初数十秒間、広告が流れるかもしれません。
2013年8月5日更新)

ブログ:「まめちびくらぶ」様:"忘れてはいけない…"(2011年8月11日付)で、私は初めてこの映像を見ました。
今年3月11日、被災した直後の被災地の静止画像集。
ニューヨークタイムズからの映像、ということです。

誰の歌なのでしょうか。背景に流れている、歌。
最近、薬局で流れているのを聴きました。
この映像にこの歌があったほうがいいのかどうか、分かりません・・。

「被災者」とひと括りにしてしまいがちだけれども、
地震が起きるその時までは、みんな普通に生活を送っていました。
「その時」までは・・。戦争にもいえることかも知れません・・・

何なのでしょうか、流れていく日々は。
いえ、・・流されていってしまいそうになる日々、というか。

私がまだ20代くらいだった頃、
明治維新のような大きな出来事も何もない、平穏な日々を送っていると思っていました。
だが実際は、全然そうではなかった。
「見てみぬふり」や深く学ぼうとせずにいる自分がいた。
身の周りのことで悩みながらも、平穏な日々だと錯覚していた。


すみません、まとまりません。


私自身の今。この歌の歌詞を聴いていて思ったこと。
「生きることは素晴らしいのです」
残念なのは、今の自分は、これが感じられないということ。
もしかして何かの事故で瀕死になって、それかあるいは、
母のように進行がんに侵されて初めて、そう思うのだろうか。
乾いた感情と湿った感情が行ったり来たり。
「生きている感じ」を自分で得たいと思って、もがいているのかな。
非常に個人的なことですが。




米軍の無人攻撃機 【2】-----2009年7月30日付毎日新聞の記事より
2011年01月14日 (金) | 編集 |
米軍の無人攻撃機について、昨年7月30日毎日新聞夕刊の8面(総合面)より、
転載します。
この新聞を古新聞として使うことが出来ず、私は取っておいていました。

以下、転載。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

アフガニスタン南部避難民「ゲーム感覚で人殺し」

米無人機空爆に憤り

【カブール栗田慎一】パキスタン部族地域で続く米軍の無人機によるミサイル攻撃が、武装勢力タリバンが支配するアフガニスタン南部でも多発している。無人機は今年に入って、従来の武装ヘリや戦闘機に代わって投入されるようになり、多数の市民が空爆に巻き込まれているという。攻撃で家族や家屋を失い、カブールに避難してきた人々は「ゲーム感覚で人殺しが続いている」と憤った。

今年に入り多発

カブール郊外にある避難民キャンプ。南部のヘルマンド州やカンダハル州などからの避難民約1万3000人が暮らす。
 ヘルマンド州サンギン地区ミヤンルディ村から5月にたどり着いたヌール・モハマッドさん(28)は、血を流して横たわる我が子2人の遺体写真をポケットから取り出した。

 1月にタリバンが村にやってきて米軍の車列を銃撃。数分後、「パイロット席のない小型機」が飛来し、ミサイル攻撃を開始した。しかし、タリバンは村から逃げた後。
長男(5)と長女(4)は空爆で倒壊した家屋の下敷きになり、まもなく息を引き取った。

 「米国はなぜ我が子を殺したのか。タリバンだと言うのか」
怒りを殺した静かな口調で問いかける。
 爆撃で人口約7000人の村は壊滅状態となり、モハマッドさんは家族6人を連れてカンダハル郊外に避難。カンダハルも5月に戦闘が激化したため、カブール行きを決めた。

 今年に入ってキャンプにたどり着いた避難民たちは、米軍の攻撃が従来の有人機から無人機に代わったと口をそろえた。トカゲの頭のような前部を持つ機体や金属音を響かせる特徴から、パキスタンへの越境攻撃で使われている無人機と同タイプとみられる。アフガン南部では今、頻繁に飛び回る姿が目撃されているという。

 無人機は先端に取り付けられたカメラからの映像をもとに遠隔操作されている。
 2月に無人機による空爆で母親を失ったというサンギン地区の別の村から来たミルアジャンさん(35)は「安全な場所にいる人間が、痛みも分からずに遊び感覚で人を殺しているのだろう」と語った。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

2009年7月30日付夕刊毎日新聞に実際に載っている無人攻撃機「MQ-9」
人殺しをますますTVゲーム感覚にする無線誘導の無人攻撃機登録日: (2007年9月 03日)
詳しく図表で描かれています。
「オルタナティブ道具箱」より。

1月12日付の当ブログ記事「アメリカ、核爆撃機開発へ」に、

> お金が無いから(財政状況が悪いから)、比較的安価な無人機に切り替えるのだろうか。
> 何でも、「お金お金」で換算か。

> 無人機攻撃機って本当に卑怯だと思う。

突っ込む所はそこじゃないでしょ!(笑)


というコメントを下さった方、無人攻撃機は、はっきり言って私は卑怯だと思います。

> 突っ込む所はそこじゃないでしょ!(笑)
とおっしゃいますが、あの攻撃機で人が何千人と殺されているのですよ。
よく笑えますね。
それとも私に、軍事オタクのように、外交官のように、完璧に解説しろとでも?

論点がずれていると思われようが何だろうが、
私は、個人個人の人命、生活の安寧を最優先に考えます。思いを馳せます。
あなたは一体、どのようにお考えなのでしょう。

私を揶揄するだけのつまらないコメントをしたいだけですか?
だとしたら、呆れます。



『死にたい』と思うあなたへ。こんなことしか言えないのですが・・・
2010年07月06日 (火) | 編集 |
まず最初に。
『日本いのちの電話連盟 全国いのちの電話一覧』

...............................................

この前、韓国の俳優のパク・ヨンハさんの自殺を取り上げた記事を書きました。
その記事に、読者さんがコメントを寄せてくださいました。
その中の、「自殺は殺人だと思うから」の言葉に、私は、
いろいろ考えざるをえなくなりました。
※注:私はこの言葉の是非を言いたいのではありません。
   あまりに重く、他人事ではなく、私の心に、のしかかってきたからです。

パク・ヨンハさんは、疲れてしまったのだろうか。
韓国では若い芸能人の自殺が相次いでいるが、業界の体質や、誹謗中傷などもあったのだろうか・・・。パクさんの自殺に、そんなことを考えた。

いろいろなブログを拝見したりすると、「疲れていないだろうか」と心配な人が何人かいる。
家族を抱え、無職になってしまってやっと職を得たものの、だんだん帰宅が遅くなり、とうとう徹夜続きになってしまっている人、日曜日しか休みのない人・・
ネットで見かける、中高生や若い人の「死にたい」「消えたい」という画面の言葉。
ネットやブログで見ている人以外でも、外食産業で働く、「一体いつ休んでいるのだろう」と思ってしまうような、店長さん。
遅くまで配達している郵便局の人、宅急便の配達の人。
「病院は赤字で、給料なんて増えない」と言う、とても親切な看護師さん。
薄給で重労働をする、介護士やヘルパーの人。

中国は、「世界の工場」とも言われている。
中国製品は安くて品質もいいから、私も買っているし、持っています。
自殺で思い出したのは、
「中国のアップルやホンダの工場で相次ぐ自殺やストライキが起きている。」
というニュース。
『中国のアップルやホンダの工場で相次ぐ自殺やストライキが起きている。日本人管理職は労働者に監禁されて裁判で裁かれる時が来る』

そうなんだよね。。安くて品質のいいものをずっと製造し続けて使い捨てのようにして、
そんなのがずっと続くわけがない。
自殺などは今出てきたことで、知られていないだけで、中国の、外国から委託されて安くつくる製造業などでは、従業員の人の自殺者はもっと以前からいたのでは、と想像する。
中国の食品工場で以前、ギョウザに注射針で農薬が入れられる事件があったが、
そこの会社の従業員が手作りするギョウザの数が、一人一日、4000~5000個だったという。
(NHK解説委員室ブログ(2008年2月16日(土)付)より)
「手作り」というのはあくまで「手作り風」であって、まさか本当に人が手作りで作っているとは、あの事件があるまで私は知らなかった。
一日ひたすら、何千個ものギョウザを手作り・・・非人間的過ぎて、ひどいと思った。
けれどそれを日本に輸入して、食べている。
私も、お惣菜などで買ったかもしれない。

真島昌利の歌に、『煙突のある街』という歌がある。
その中の歌詞の一部、
「工場のベルの合図で この街は動き始める
あんまり言いたくないけど 俺もそこで働いてる
工場の機械の音が 俺から耳を奪い取る
時間を殺す場所さ 自分を殺す場所さ」
を、私は時々、思い出す。

まとまらない。

死にたいと思っている人がもしもこのブログを見たら、
どこの記事でもいいので愚痴でも死にたいでも何でもいいので、
書き込んでください。
私でよければ、話を聞くぐらいしかできないけど、
死にたい気分が和らげば、と思います。
すごく死にたくなる前に。

もう一度。こういうところへ、電話相談もできます。
『日本いのちの電話連盟 全国いのちの電話一覧』


梅雨におもうこと
2010年06月30日 (水) | 編集 |
母の病気の化学療法が始まってから、約10ヶ月経った。
一日として、ほっとする日はないように思う。母本人も。家族も。
ほっとする瞬間があっても、一時間後には母はまた、泣いていたり。
でも何とか、乗り切ってきた。
辛いだろうに、本当に強い母だと思う。


雑草が、放っておくとあっという間に伸びる。
ダンナが機械でガーっとやってくれるのだが、取りきれない部分は必ずある。
母が大事にしている草花たちの間は、手で取らないとならない。

この前、私の家と真ん前の家の間に、かなり雑草が増えていることに気づいた。
あらま。これは何とかしないと・・なのだが、けっこうジャングル状態でなかなか手が出ない。
困ったのは、真ん前の家の住人はあまりにも度が過ぎた無頓着な人たちで、
垣根の木が、私の家の垣根に届きそうなくらい、伸びてボサボサになっていること。
いつもそうだが、黙って切るしかない。(ちょっと怖い人たちなので)
父はきのう、目が悪くなって2回目のレーザーを当ててもらってきた。
うちの垣根の枝も伸びている。バッツンバッツンするのは、父にはできない。
私がやるのか?そういうこと?だな。

.............................................................

この前私は、ぼーっと、
真ん前の家と細い道との境界にある、古い苔むした石を眺めていた。
この石は、この近所の人も含めて、何人を見送ってきただろう・・と、
物思いにふけってしまった。

その家は、私が小学2年生くらいの頃に建てられた。
それまでは、土間や木の雨戸や手動で井戸水をくみ上げて使う、
農家が使う古い日本家屋があった。
現在の家の新築時に取り壊されたが、その時で築70年くらいだっただろうか。

私の祖母は、その家で生まれ育った。いわば、実家。
父が取ってあった、祖父が所有していたであろう古い黒い紙のアルバムには、
縁側に、祖父と祖母が二人並んで映っている写真がある。
祖父はにこっと笑っている。祖母は、ちょっとすまし顔。
2,3度、見たことがある。
祖父のあの顔はいい笑顔で、アルバムを見なくてもすぐ思い出せる。
この写真は、戦地に行ったおじいさんが一旦帰ってきた時に撮ったものかも知れん、と、
以前父が言っていた。
それまでは何年かの間、祖父と祖母は千葉の羽田に住んでいたと聞いた。

その時から、その前から、
おそらくあの古い家が建てられた時から境界線に置かれてあったであろう、あの石。

関東大震災の時、祖母は8歳だったそうだ。「ここらでも、けっこう揺れただよ」、
と祖母から聞いたことがある。