家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしも、がんになったら。
2013年06月09日 (日) | 編集 |
6月7日のNHKニュース、おはよう日本で、とても心に残ったコーナーがありました。

乳がん患者になって闘病し、
「あなたの体験を私たちとともに活かしませんか?
あなたの気づきを私たちとともに社会へ届けませんか?
そして、私たちとともに、少しずつ、世の中を変えていきませんか?」

という”基本理念”を掲げて会社を設立した、
という方の話題を取り上げていました。

おはよう日本で取り上げた部分は、
こちら→乳がん | NHKニュース おはよう日本 | TVでた蔵

「TVでた蔵」から転載。
----------------------------
東京・墨田区のキャンサー・ソリューションズの桜井なおみさんは、9年前の乳がんの経験をもとに、がん患者を支える活動をしている。グループは乳がんの患者や経験者に日常生活で困っていることを尋ねたところ、肩にかけるタイプのリュックやカバンが手術の傷跡にあたると痛いと悩んでいる人が多いことがわかり、持ちやすく外出の妨げにならないものを作ろうと東京・台東区の会社に相談し、共同でカバンを開発することになった。マザーハウスの山口絵理子さんは、これ一つで悩みが解消されるということを教えて頂いた。今後もどんどんそういう声に応えていきたいと語った。
----------------------------(太字部分は私)

キャンサー・ソリューションズの桜井なおみさんは、「2004年7月6日。この日を境に、私は<がん患者>となりました。」と、会社のHPの代表挨拶で書いています。

キャンサー・ソリューションズは、
下にリンクしました
■CANSOL(代表挨拶)
■CANSOL がん経験者の方へ


先ほどの「TVでた蔵」からの転載で、NHKおはよう日本の中で、「乳がんの患者や経験者が、肩にかけるタイプのリュックやカバンが傷跡に当たると痛い」という部分、
私は、重要なことだと思いました。そういう、何げない部分が改善されれば、
気分が明るくなるかも。

共同でカバンを開発することになった、ということですが、
そのカバンの会社が、ここ→レザー・ジュートバッグのマザーハウスです。
私も、このブログで約3年前に紹介しています。
バングラディシュ製のバッグのブランド「マザー・ハウス」の紹介です。(かわいいのがたくさん♪)
この時よりも、商品数はおそらく増えていると思います。
ちょっと気になるなぁ~という方、ぜひ、ご覧になってください。

乳がんは、他人事ではないです。
私の母は大腸がんの骨盤転移が原因で亡くなりましたが、
ほぼ同時に発見された乳がんは、超早期だったので治療で転移はなかったものの、
悪性度の高い腫瘍でした。
自分は、親や親族が乳がん経験者でない人に比べると、
乳がんに罹る確立は高い・・そう思っています。覚悟、のような。
私の友人の、そのまた知り合いの方の奥様が、乳がん闘病中です。
更新されているかな、大丈夫かな…とネットでたまに見ているのですが、
抗がん剤治療のつらさ・・
それを読んだら、私は、母が乳がんの方は手術と抗がん剤で大丈夫だったといっても、つらいという気持ちを理解しようとしていたか・・理解していなかった・・
そんなことを思いました。


スポンサーサイト

化学物質過敏症(CS)の症状と内部被曝症状の似ている点
2012年01月24日 (火) | 編集 |
おはようございます。
放射性物質について、ずっと気になっていたことがありました。
内部被曝による症状と、化学物質過敏症(略・「CS」)で起こる症状が、よく似ているのではないか・・・
そんなことを思ったからです。
CSでは、鼻血が出たり、めまいがひどかったりという症状が出るというのを聞いています。
街中の、人や化学物質が多い場所を避けて、山の中など、ほとんど化学物質に接しない場所に引っ越さなければならない人もいます。
もちろん、内部被曝と、化学物質過敏症では発症のメカニズム(仕組み)は違います。
けれど、私の母が、がん闘病で腹部に放射線治療をした後や、抗がん剤治療で徐々に体力が弱っていった様子がよく似ていると感じたので、取り上げてみました。

CSと闘っている、このブログのリンク先の、モスカルさんはどうなさっているだろうか・・
と、気になっていました。
モスカルさんは化学物質過敏症(CS)で、症状の悪化に伴い自宅での生活を断念し、
屋外で、車の中で6年間避難生活を送っています。
モスカルさんのお母様の方が、症状が強く出ているようです。
「モスカルのCS日記」

モスカルさんのブログの中で、
彼女の思いが凝縮されていると感じた部分を紹介します。

皆様どうかお元気で。猛暑と闘病生活に負けないで生き抜いて。生きることは闘いです。

限られた生活スペースの中でも、見えない規制やカベだらけの日常生活の中でも、
楽しみを探すことをわすれないで。義務ではなくて、生きるのが楽しくなるように、
地獄のような日々の中でも、自分のための、趣味や時間を作って下さい。
ペン一本あれば、屋外だろうが屋内だろうが、日記がかけます。歌や詩も、絵も描けます。

2011年9月19日付です。
何といっていいのか、言葉がありません・・。

「モスカルのCS日記」
HP訂正とお知らせ(2011年4月12日)
『被災地のCS患者さんのために、特設ページを立ち上げられたようです。』とあります。
3月11日の地震の被災地のCS患者さんのための、ホームページがリンクされています。

地震で被災してしまったのに、CSと闘う・・
たとえば、ドラッグストアに行っただけで、煙草を吸っている人とすれ違っただけで症状が出てしまうことを考えると、想像を絶します・・。

今日はちょっと中途半端になってしまったのですが、化学物質過敏症がどのようなものか、ということと、闘病されている方のブログを紹介します。


=======化学物質過敏症とは=======
化学物質過敏症に関する覚え書き

====CS患者の方のブログ====
「化学物質鈍感症と化学物質過敏症の方に読んで欲しい」
------環境汚染が原因なのか?それとも、弱い体質が原因なのか?------(ブログ副題)
(ブログの管理人は、白鳥沙羅(しらとり さら)さまです。)


「ぬいぐるみ療法」で検索して来てくれた人、ありがとう。。。
2011年03月28日 (月) | 編集 |
今、NHKを見ているのですが、福島第一原発、2号機のタービン建屋の「トレンチ」(配電用・縦穴・深さ16メートル)に水が溜まり、水の表面から1000㍉シーベルト/hの放射線が測定されているようで(トンネルのようになっており、長さ76メートルで要するに、管理区域外だそうです。1号機と3号機も同じように汚染水が、と今言っています)、放射性物質でいっぱいの水が外に(海に)流れ出すおそれもあるそうです。説明を聞いていると、どうも、縦穴の「地上1メートル下まで」汚染水が来ているということは、あふれそうな感じということだと思う。
(あふれたら海に行く?)(東電によると、直接海とは接していないようです。昨日(27日午後3時ごろ)起こったようです。)
そんな状態なのと、黒澤明監督の赤い富士山の短編映画を見てから、
気分的に落ち着かないです。


そんな中・・・私のそばには白熊と茶熊の二匹のぬいぐるみがいて、癒してくれます。
私が楽しそうだと「にこっ」としているし、私が悲しいと悲しそうな顔をしているし。
茶熊はブログに載せた事はありますが、白熊は某所でプチデビューしています。

ぬいぐるみにはお金はケチりません。良い物は良いです。さすがに白熊は6万3000円だったので、
手に入れるまでは何年もかかりました。
(茶熊はユーロのレートが今とは違ったので、もう少し価格は下です。(が、高いけど)
ちょうど私が内職をしていた頃、私のところにきました)

茶熊と白熊は「歳」が7歳、離れています。
抱き心地は最高です。フニフニしていて、二匹一緒に抱くと気持ちいい。
二匹とも名前がついていて(名前は内緒^^)、
話しかけています。
二匹と私はどういう関係かというと・・・


[READ MORE...]
サバイバル
2011年02月23日 (水) | 編集 |
おはようございます。
心身ともに、体調がよくありません。
きのうは、夜にいきなり「キタ━━━━|ι´Д`|っ━━━━!!!!」
という感じで、そのまま8時半に寝ました。(また風邪のようで)

今日の目標。
実印を登録すること。
母の遺産のためです。
母が一生懸命、自分のお金のことについて話しているのに、
私はよく聞いていませんでした。
後で見たら、旅行に行きたかったんだろうなぁと思い、
このお金はもったいなくて使えません。

頭の中がギシギシする感じで、あまり新聞も読みたくない感じです。
とにかく体調を整えようと思います。


パキシル10mg→15mg 焦っている
2010年11月09日 (火) | 編集 |
プロフィールのところを直していないですが・・
最近、パキシルを増量してもらいました。
段々ショックを受けている。薬剤師さんの、
「全然効かない人には効かないのですが」という話。
うーん。もう4年経っているぞ。
いまさらどうしろと・・。
薬のみに漫然と頼っていた私も良くなかったけど
うーん。確かに、ある年齢を過ぎて次の日からパタッと良くなるなんてことも
あるわけがないしなぁ
重りをつけてマリアナ海溝の底まっしぐらな気分に・・

医師は、「あなたは誰にも迷惑をかけているわけじゃないし」と言ってくれる。
だけどね、先生・・
私はこのまま、つまらんヤツで終わるのか?
頭の中もパッとしないで。

すぐに疲れる自分とさよならしたいんだが・・
もっとも、母を見ていると、私の年齢で重い病に苦しむ人を見ると、
ぜいたくなんだよ、分かっている。
でもねえ・・こんな自分にもう、飽き飽き