家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あの母親を責める気になれない
2010年08月03日 (火) | 編集 |
乳幼児が母親にマンションに置き去りにされて、一部白骨化した遺体で見つかる、
という、とても悲しい事件が起きてしまった。

大阪で、3歳の女の子と1歳9ヶ月の男の子がマンションで遺体で見つかった。
発見されるきっかけは、
逮捕された女性の同僚男性が「異臭がする」と警察に通報したから、らしい。


母親はもちろん、非難されて当然だろう。でも、責められるべきは母親だけだろうか。

以下、7月30日の毎日jpより、転載。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2幼児死体遺棄:熱気と異臭 「毎日のように泣き声」

 わずか15平方メートルのワンルーム。近くの美容院やカフェに勤める若者が多く住んでいるという。30日早朝、大阪府警西署員が室内に入った時、玄関やベランダは閉め切られ、熱気と異臭が鼻をついたという。現場と同じ3階住人のフリーターの男性(27)は「自分が仕事から帰る午前3時ごろから明け方まで、毎日のように子どもの泣き声が聞こえた。叫び声のようで尋常ではなかった」と証言した。ベランダには菓子の食べかすなどごみが散乱してハエがたかり、異臭を放っていた。虐待も頭をよぎったという男性は「最近、泣き声が止まっていた。死んでいるのかなとも思ったが、まさか本当とは……」と絶句した。

 マンション住人のデザイナーの男性(26)は「数カ月前から生ごみが腐ったようなにおいがしていた。ベランダに出ると、強烈な刺激臭で驚いた」。約1カ月前までは「うー」という子どものうめき声が聞こえていたという。

 別の住人の女性会社員(27)は「子どもを見たことはないが、今年の冬ぐらいから『痛い』とか『わー』とか泣き声がしていた」と最悪の結末に肩を落とした。

毎日新聞 2010年7月30日 21時22分

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

そして、以下7月31日のスポーツ報知より、一部抜粋。

====================================================
 
大阪市子ども相談センターによると、子どもの泣き声が聞こえたという通報を受け、担当者が3月から5月にかけて、少なくとも5回は部屋を訪れたが、下村容疑者と接触できなかった。

7月31日8時0分配信 スポーツ報知

====================================================

母親は、今年1月くらいから風俗店に勤めるようになってから、二人の子どもを置き去りにして外泊するということを繰り返していたらしい。
でも一方で、以前は元夫の母に離乳食の作り方を教わったり、そういう面もあったようだ。
子どもを引き取り、自分だけで二人を育てながら、ということに疲れてしまったのだろうか。

とても無念・残念だと思うのは、3月から5月にかけて、子ども相談センターの職員が
「少なくとも5回は部屋を訪れ」ていながら、二人の命を救えなかったこと。

複雑な心境なのは、
<虐待も頭をよぎったという男性は「最近、泣き声が止まっていた。死んでいるのかなとも思ったが、まさか本当とは……」と絶句した。 >
という部分、この男性のことも、私は責められない。
もしも自分がこの男性の立場だったら、「親に何を言われるか」を恐れて、
通報しなかったかもしれない。
それが大問題だと思う。

近所に乳幼児はいないが、どんな形でこれから自分が関わるか、分からない。
今度もしそういうことがあったら、
その時こそ私個人は、踏み込んだ行動をとらなければ、と思います。

ただ、子ども相談センターはなぜ、そこまで及び腰だったのか。
それが残念でならない。
警察に相談して鍵をこじ開けてでも、二人を救うことはできなかったのか。
児童虐待では、こういうことが繰り返されている。
「命があぶない」「命が脅かされている」 こういう場合は、
人命救助をまず、最優先にできないのか。
助かっていたかもしれないのに、本当に残念でならない。
二人の子どもの冥福を、心から祈ります。

保坂展人さんの今朝のツイートより。
おはようございます。児童虐待で痛ましい事件が起きています。実は、児童虐待防止法は、今から10年前の春に、衆議院の青少年特別委員会で私が奔走して各党の案を土台にしてまとめました。以来、2回の改正作業にも関わってきました。児童虐待の通報件数はうなぎのぼりで、現場は深刻な状況です。

現場は深刻な状況・・・。
私はさっき、子ども相談センターのことを「及び腰だ」と批判したけれど、
児童虐待の通報件数に職員の数が追いついていないのだろうか。
今回のことも、子ども相談センターを批判するだけじゃ、おそらく解決しない。
その他大勢の、「見て見ぬ振り」も関わっている。
政治も関わっている。

追記、加筆(重要)。時事通信、産経新聞によると、今回の事件では
今年の5月18日に
「マンション住人から「子どもが激しく泣く声がマンション南側から聞こえる」と110番通報
大阪府警西署員は泣き声を確認しようとしたが、聞こえなかったので引き返す」
とある。
警察署の人が二人の子どもの家を訪問していたことを、調べていて今知りました。
警察が目前まで行っていて引き返してしまい二人を救えなかったのは、
本当に無念というしかない。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

毛皮反対デモ行進2009
2009年10月16日 (金) | 編集 |
母が今日、帰ってきます。(午前7時台の電車で迎えに行きます。)
新宿駅の中を一人でブラブラできるのなんてこれが最後(でもないがもう当分いけないので)
なので、きのうは、またまた「ルミネ」の辺りをウロウロしてきました。
ファッションで時期的に最近目に付くのが、やはり、毛皮なんですよね・・。
「リアルファー」ですね・・。

「毛皮反対デモ行進」のことを、このブログの「ブロとも」の、ちゃむねこさんのブログ(右下にある、犬の写真のブログ)で取り上げていたので、アニマルライツセンターより、転載します。

以下、転載:::::::::::::::::::::::::

東京 毛皮反対デモ行進2009
毛皮反対デモ行進2009!今年こそ毛皮の撤廃を!

日程:2009年10月25日(日曜日)
集合場所:代々木公園B地区並木道(渋谷駅ハチ公口徒歩5分)
      NHK放送センター横のケヤキ並木道(渋谷寄り)
      地図はこちら
コース:代々木公園出発→渋谷駅→表参道→代々木公園(予定)
スケジュール:13:00 受付開始
         13:45 集会開始
         14:30 出発
持ち物:プラカード 着ぐるみ等アピールするもの(なくてもOK)
服装:黒っぽい服  歩きやすい靴
その他:小雨決行

転載終わり:::::::::::::::::::::::

ちゃむねこさんもご自身のブログで書いていますが、私もこういう「デモ」に参加する、
というのは何故か抵抗があって・・・。

海外ドラマに出ていた、私の好きな女優さんがファー付きコートを着ているのを見て、
私もファー付きダウンジャケットを買って着ていたわけですが、
その、「ファー」(毛皮)になる動物達の扱いをインターネットで知って、

「これは・・シャレにならん・・・。」

と絶句し、ショックを受けました。
あまりにひどすぎるのです。(上の、「アニマルライツセンター」のページを見てみてください)
そのファー付きダウンジャケットを、私は、ファーを取って着ることにしました。
私が着ていることで、「ああ、あの人のフードのファーいいな。私も、ああいうのが欲しいな」
と、他人に思われたら、リアルファーの宣伝になってしまうからです。

しかし・・
やはり、「毛皮反対!」と、”声高に”言うことは私には合わないような気がするのです・・
そこら辺を、また書きたいと思いますが、
もしも、毛皮に関心を持った方、このデモに参加してみたいという方がいたら、
という思いで、お知らせしました。
10月25日(日)です。

(ちょっと気になるのが、「服装:黒っぽい服」というところ…。
目立ってはいけないのか、何か理由があるのか…。)
では。


犬舎焼失 被害金額
2009年06月24日 (水) | 編集 |

このニュースはきのう、朝日新聞の社会面で見た。
被害金額、と言えばそうなのだが・・・(または、総額と書いてあったかも)

被害金額?・・金額・・・


以下、毎日jp6月23日付の茨城県版の記事より転載

:::::::::::::::::::::::::::::::::

火災:坂東で犬舎全焼、犬200匹が焼死 被害2000万~3000万/茨城

 22日午前8時半ごろ板東市逆井のブリーダー会社「ペットプラザワンダフル」(黒沢美奈子社長)
の犬舎が燃えているのを通行人が発見、119番した。
境署によると、木造平屋の犬舎6棟が全焼し、飼育中の犬約200匹が焼死した。
被害金額は犬のみで2000万~3000万円に上るという。

 犬舎ではトイプードル、チワワ、ポメラニアンなど約20種の犬約200匹を飼育していた。
出火当時は、犬の出荷などで社長や従業員が不在だった。消防隊員が10匹前後を助け出したが、
残りは救出できなかったという。
犬舎の脇にある、洗った子犬をドライヤーで乾かすための乾燥室が最も激しく焼けているという。
【原田啓之】

:::::::::::::::::::::::::::::::::

私はこの記事の、「金額」と表現している書き方などを批判したいのではない。

この前朝日新聞の「声」欄で、幼い息子に、「何で命が売られているの?」と質問された母親の話が載っていた。(そういうニュアンスの話。一言一句が正確ではないのだが)
その時私は、犬が値段をつけられて売られているのは、やはりものすごく変だと気がつくのに遅かった自分の鈍感さが嫌だなと思った。犬以外の売られている動物に対してもそうだけど。
ホームセンターでずっと売れ残っていた、「アンゴラ」がこの前はいなかった。15000円くらい。
誰かの家で大切にされているのか、それとも・・・。

そして、自分自身は犬を「買いたい」と思ったことはなくても、
お金を出せば買えることに違和感を持っていても、頭のどこかで、
「やっぱそういう市場があるんだ」と思って通り過ぎていたこと。
ホームセンターで売られている子犬を、そう感じながら「かわいい」、と口に出して見ていたこと。


足利事件の冤罪被害者Sさんのこと
2009年06月18日 (木) | 編集 |
また、足利事件の冤罪被害者Sさんのことで、すごくアクセスが増えた。
”Sさんに知的障害がある”という流言はどこから出たのか、ネットで調べてみたが、
これが元々の?というのはあったけれど、正確なことは何も書いていない。
どうしてこんな流言が流れているのか。事実なのか。
だったら、どうなのか。

”Sさんは知的障害である”と書いていたあるブログは、IQがいくつとか、そんな具体的な数字まで書いてある。でも、踏み込んでいない。
踏み込んでいないからといって、私はそのブロガーさんを責めたいのではない。
Sさんの障害云々よりも、どうしてこんなにアクセスがあるのか、それが気になるが、
それは私が一時的にタイトルにアップしてそれが残っているから。
Sさんの障害云々について、書いている人が少ない。いくつかあるけれど、さっき触れたように、
ちょっと触れてあるだけ。それでここに来るのだろう。

それとはちょっとまた話が違うんだけれど、
この事件の冤罪被害者のSさんについて、
DNAが違う・・・冤罪ではないか・・と報じられてからSさんが釈放されるまで、テレビでは、
何度あの映像が流れただろう。
Sさんが「私ではないのに」という苦悩の表情で(と私は思った)首を少し横に振りながら、
警察関係者(捜査官なのか)と、連行される(なのだろうか)様子を、
証拠のDNAと違うと分かってからも、テレビに流し続けた。

Sさんの様子はきのうもテレビで伝えられていた。
新幹線に乗るのは昭和49年以来だとか、Sさんが小学生に話しかけている図を映したり。

Sさんは、テレビで自身が連行されるシーンが映っているあの映像が、全国でおびただしい回数放映されたのを知っているのだろうか。
それに、初動捜査の段階でSさんのことをセンセーショナルに取り上げたこと。
「犯人」であればセンセーショナル的で、冤罪だと分かると急に低い腰になってSさんを扱った。
でも私は、あの映像を日常の風景みたいに「ふーん」とお茶を飲みながら見ていた。
そんな自分もバカかと思う。
テレビ局関係者は、「私達はあなたの映像を、あなたが犯人だと多くの人に思わせてしまうような映像を全国に流してしまいました」とSさんに伝えたりしたのだろうか。
・・・そんなことはしていないような気がする。
私は気になるところがズレているのかもしれない。
だけど、Sさんはきっととても穏やかで人に何か頼まれたら断れない性格なのかなぁと私は想像するが、
テレビ局はそのSさんの人柄に甘え、そういう情緒的なことばかりを流して、
肝心なところを避けて通ってはいないだろうか。Sさんに、「私達マスコミは世の中に事件のことをこう伝えました。あなたのことを犯人として扱いました。間違っていました。申し訳ありませんでした」と、謝る、わびる、頭を下げる、そういうことはしないのだろうか。

テレビでは(テレビに限らないが)、警察の捜査の怠慢などを追及して、世間に関心を持たせたという桶川ストーカー殺人事件の報道などもある。
でも、今回の足利事件にしても松本サリン事件の事にしても、最初からセンセーショナルに報道して、
人々の「何?何?」という、知りたい心にだけ向けていて、地に足が着いているとは思えなかった。というか、思えないというか。
書く時間がなくなってしまった。うまくまとまらないが・・。


化粧品の動物実験・・・
2009年04月28日 (火) | 編集 |
化粧品を作るために、動物実験がされているというのは、以前から私は知っていた。
うさぎが体を固定されて、シャンプーが目に入るとどうなるか、というのを実験していると知ったのは
かなり前だったが、初めて知ったその時はショックを受けた。確か、私がまだ若い、かなり前・・・。
ただ私は、22~35歳まで13年間、顔にアトピーが出ていたので普通の化粧水すら使えず、
病院で処方されたワセリンや亜鉛華軟膏みたいなものしか使えず、
もう一生アトピーは治らないかも・・お化粧なんてできないかも・・と諦めていたので、
動物実験とかは、自分には関係ないや・・冷たいけれどそう思っていた。

そして35歳くらいになったとき、原因は分からないが突然アトピーが治った。
(それから私の化粧品買い物依存症(衝動買い)が始まるわけだが・・)

でも私は再びメイクが出来るようになったことが嬉しくて、動物実験のことは忘れていた・・。
毛皮のこともそうなんだけれど、最近、私のブロともになって下さった、ちゃむねこさんのブログで、
化粧品の動物実験の廃止を求める署名活動があることを知った。

まずここで、「化粧品」の定義。
顔などに塗るファンデーションやリップカラーなどだけを思い浮かべがちだが、そうではない。

以下、スローコスメ・無添加化粧品コレクションより
..................................
化粧品の定義
*化粧品の定義*
化粧品の定義、化粧品を規定しているのは医薬品と同じ「薬事法」。
薬事法では「化粧品」について、次のように定義されています。

化粧品の定義
「人の体を清潔にし、美化し、魅力をまし、容貌を変え、また皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、体に塗布、散布その他類似する方法で使用されることが目的とされているもの。人体に対する作用が緩慢なものを言う。」

化粧品、という部類に、シャンプーやヘアケア用品、ボディケア用品も含まれています。また、表現方法として、薬事法により「効能をうたってはならない」と定められています。薬ではないので、効き目はあってはならないのが、化粧品なのです。あくまでも、「肌を健康的に、すこやかに保つ」ものです。
.....................................
(他のサイトでは、「染毛剤、薬用化粧品、薬用歯磨きなどは、医薬品となり、化粧品とは異なります」
と書いてある)

ちゃむねこさんのブログから、一部、転載させていただきました。
(赤い文字の文:ちゃむねこさん)
EU域内では 化粧品の動物実験は全廃・動物実験をした化粧品販売の禁止といった動きになっています。

日本でも必要のない実験は早くなくなってほしいと思います。


頭を固定して無理やり試験物質を入れられたり、

無理やり摂取させられたり・・・・・・

実験に使われた動物たちは、かなり苦しんだ後、廃棄処分されます・・・

こんなことまでして、化粧品使いたいですか?


私はこの前日焼け止めクリームを買ったのだが、資生堂・・ちょっと考えてしまう。

動物実験について、また、大手化粧品メーカーである資生堂への動物実験廃止を求める署名について、
以下を読んでみて欲しいです・・。(ちゃむねこさんのブログより)

化粧品の動物実験については→こちら

JAVA(NPO法人・動物実験の廃止を求める会)のホームページは→こちら

ウサギを救え!化粧品の動物実験反対のキャンペーンについては→こちら

ネット署名→こちら

化粧品の動物実験反対キャンペーンのところにも記されていますが、
署名集約期限は2009年6月15日(月)だそうです。

化粧品や、化粧品の動物実験のことについては、私が思っていることをまた書きます。

(あっそうそう・・全然関係ないことをコソッと・・。カテゴリにプロフィール欄加えました(・∀・)
コメント欄で書いておいてまたしつこく・・)